TED日本語 - ユバル・ノア・ハラーリ: 人類の台頭はいかにして起こったか?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

7万年前、人類の祖先は取るに足らない程のちっぽけな存在で、アフリカ大陸の片隅で他の動物と同様、ただ生きるのに精一杯でした。しかし、今や人類が地球を支配しているということに異を唱える人はほぼいないでしょう。地球全土において、ほか全ての動物の運命(ひょっとしたら地球自体の運命さえも)を左右しています。いかにして、そんなちっぽけな存在から地球を支配するような存在に至ったのか?歴史学者のユバル氏が、人類が台頭したその驚くべき理由を提示します。

Script

7万年前 我々人類の祖先は 取るに足りない程のちっぽけな動物でした 先史時代の人類について知っておくべき 最も重要なことは 人類は重要な存在でなかったということです 人類がおよぼす地球への影響は クラゲやホタルやキツツキと 大して変らなかったのです ところが 今日では 人間がこの地球をコントロールしています ここで疑問が湧きます いかに その先史時代から ここまでに至ったのか? アフリカ大陸の片隅で 自分たちが生きるのに精一杯な 取るに足らない存在の類人猿から 地球の支配者になったのか

大抵 この疑問に対し 人間とそのほか全ての動物を比較して 個々の違いに目を向けます 我々が信じたいのは ― 私が信じたいのは 人間には 特別な何かがあるということです 人間の身体や脳に 犬や豚やチンパンジーより ずっと優れている 特別な何かがあると信じたがります しかし 実は 個々の能力のレベルでは 恥ずかしながら チンパンジーと差はないのです さらに言えば もし私ひとりと一匹のチンパンジーを 孤島に置き去りにした場合 生き残りをかけて必死になりますが どちらが上手く生き延びる可能性があるか ― 私なら チンパンジーに賭けますね これは私に問題があるわけではなくて ほとんどの人が たった一人で チンパンジーと孤島に置かれたら チンパンジーの方が よっぽど生存可能性が高いでしょうね

人間とそのほか全ての動物の 本当の違いは 個々の能力のレベルではなく 集団としての違いにあるのです 人間が地球をコントロールしているのは 人間が唯一 柔軟かつ大勢で協働できる動物だからです さて ほかの動物でも 蜂や蟻のような社会性のある 昆虫がいますね 多数で協働しています ただ 柔軟性があるわけではないんです 彼らの協働は とても柔軟性に欠けています ミツバチの巣は基本的に ひとつの方法でのみ機能しています もし ミツバチが 新しい環境や 初めて遭遇する危険に出くわしても 一夜にして 新しい社会システムに 作り変えることはできません 例えば 女王蜂を処刑して ミツバチ共和国を設立したり 働き蜂の共産主義独裁政権を設立したり そんなことはできません

ほかにも 社会性のある哺乳類はいます オオカミや象やイルカやチンパンジーです 彼らは もっと柔軟に協働できます でも それは少数に限っての場合です というのも チンパンジーの協働は チンパンジー同士がお互いを よく知っていなければ成立しません 私はチンパンジー あなたもチンパンジー あなたと一緒に協働したいんです あなたのことをよく知る必要があります あんたはどんなチンパンジー? 善良なチンパンジー? それとも悪いヤツ? 信頼していい? あんたのことをよく知りもしないで 協働なんてできるわけないでしょ?

ふたつの能力を持ち合わせ 柔軟性を持って 大勢でも 協働できるのは 唯一我々 ホモ・サピエンスだけなのです 1対1 あるいは 10対10なら チンパンジーの方が良い成果を出す場合もあります しかし 1,000人の人間に対し 1,000匹のチンパンジーなら 容易に人間が勝ちます 理由は簡単です 数が1,000匹となると チンパンジーは協働できないからです 10万匹のチンパンジーを オックスフォード・ストリートや ウェンブリー・スタジアム はたまた 天安門広場やバチカンに 連れてきて押し込んだら もうそこは完全なるカオスです 想像してみてください ウェンブリー・スタジアムに10万匹のチンパンジー 大混乱ですよね

対照的に 何万もの人が普通に スタジアムに集まりますが それでもカオスにはなりませんよね その代わりに 極めて洗練された 効率的な協力の輪を築きます これまで人類が成し遂げた偉業は ピラミッドであれ 月への飛行であれ それらは全て 個人の才能によるものではなく 大勢が柔軟性をもって協働できるという 人間の能力によるものなのです

このプレゼンテーションひとつを とってもそうです 今 300から400人の観衆の皆さんの前に 立っていますが ほとんどの方が 私にとって初めて お会いする方々です 同様に このイベントを 運営している人々のことも 私はよく知ってるわけではありません 昨日 飛行機でロンドンまで来ましたが 操縦していたパイロットや搭乗員のことも 私はよく知りません プレゼンを録画している このマイクやあのカメラを 発明した人や製造した人も 私は知りません このプレゼンを準備するのに本や論文を 読みましたが その著者たちのことを 私は知りません そして インターネットで このプレゼンを見る人々 ブエノスアイレスやニューデリーのどこかで 見ている人々のことを 私は もちろん知りません

それにもかかわらず お互いに知らない同士でも ここでアイデアをグローバルに交換するために 私達は協働することができます チンパンジーにはこれはできません もちろん チンパンジーも お互いにコミュニケーションをしますが 遠く離れたチンパンジーの群れに バナナや象や その他チンパンジーが興味が ありそうなことについて 遠路はるばるプレゼンしにやってくる チンパンジーなんていません たしかに 協働がいつも良いわけではありません これまで人間がしてきた忌まわしいことも 実際 我々がしてきた酷いことも 大規模な協力から生まれたものです 監獄も 協力体制の上に成り立っていますし 大虐殺もそうですし 強制収容所も然りです チンパンジーの世界には 大虐殺も監獄も強制収容所もありません

皆さんは納得されるでしょう 人間は大勢でも柔軟性をもって 協働することができるから 地球をコントロールするまでになったと すると 探究心のある方々は すぐに 次の疑問が湧いてきますよね まさにどうやって 協働しているのか ほかの動物にはできないような協働を 可能にするのは何か 答えはズバリ 想像力です 人間は 無数の知らない人たちとも 柔軟性をもって協働することができます それは この地球上で人間だけが唯一 想像したり架空の物語を作り それを信じることができるからです 全員が 同じフィクションを信じれば 同じルールや基準や価値観に従って 全員が行動します

その他の動物が行うコミュニケーションは 事実を伝えることだけに使います チンパンジーの場合 「見て!ライオンがいる!逃げろ!」とか 「見て!あっちにバナナの木がある!バナナ取りに行こう!」とかです 対して 人間は事実を伝えるためだけではなく 新しい現実や 架空の現実を創り出すために 言葉を使うのです 人間は「ほら 雲の上に神様がいる もし私の言う通りにしなかったら 死んだ時に 罰として地獄に 送られてしまうよ」と言えるのです もし全員が 今私が作ったこの話を信じたら 同じ規範 法律 価値観に従うことになり 協働が可能になります 人間にしかできないことです バナナを渡すよう チンパンジーを 説得するのに 「死んだら 天国に行けるよ」と約束してもダメです (笑) 「その善行によって 天国で たっくさんのバナナをもらえるよ… だからバナナちょうだい」 チンパンジーは 絶対に この話を信じませんよね 人間だけが こういった話を信じる これが人間が地球をコントロールし 一方で チンパンジーが動物園や研究所の檻の中に 閉じ込められている理由です

同意いただけると思いますが 宗教では 同じフィクションを信じることで 信者は団結しています 何百万人という人が一緒になって 大聖堂やモスクを建てたり 十字軍やジハードで戦うのは 神 天国 地獄といったことを 皆が信じているからです しかし ここで強調したいのは 人間がなし得る大規模な協働は どれも まったく同じメカニズムに もとづいているということです 宗教に限ったことではないのです

法律の分野を例として挙げてみます 現在では 世界の法律制度のほとんどは 人権に対する信念を基本としています ところで 人権とは何でしょうか? 神や天国と同じように 人権も ホモ・サピエンスが作った話なのです 客観的な現実ではありません 人類になんら生物学的影響をおよぼすものでもありません 人間のカラダを切って開いて 中を見ると 心臓 腎臓 ニューロン ホルモン DNA でも人権は見つからないでしょう 人権が見つけられるのは 我々が作って ここ数世紀かけて広めてきた 話の中だけです それらは とても前向きで とてもいい話かもしれませんが やはり我々が作り上げた架空の話です

これは 政治の分野でも当てはまります 近代政治において最も重要な要素は国家です ところで 国家とは何でしょうか? これらも 客観的には実在しません 山は物理的に存在します 見ることができ 触れることができ 匂いを嗅ぐことができます しかし 国家 ― イスラエル イラン フランス ドイツなど 国家は 人間が作ったストーリーにすぎませんが その考えは非常によく定着していきます

経済の分野も同様です グローバル経済で 重要な役割を担っているのが 企業や法人です おそらく ここにいらっしゃる多くの方が どこかの法人に勤めていると思います グーグルやトヨタやマクドナルド これらって つまりは何でしょう? 法律家は これを法的擬制と呼びます 法人も 人間が考案した作り事ですが 強力な魔法使い達によって守られています まぁ 法律家たちのことですが... (笑) 法人は 一日中いったい何をやっているのか? 大部分は 金を稼ごうとしているんですよね ところで お金って何でしょう? またしても お金とは 客観的には実在せず 客観的価値もありません この緑色のドル紙幣 見てください 何の価値もありません 食べられないし 飲めないし 着ることもできません でもこれが優れた語り部の手にかかると 大手の銀行マンや 財務大臣や 首相が語ると とても説得力のある話になります 「ほら この緑色の紙が見えますね? これは 実はバナナ10本分の価値が あるんですよ」 もし 私がこれを信じたら そしてあなたも信じたら みんな信じたら 成立するのです この価値のない紙っぺらを持って スーパーマーケットに行って 会ったこともない見知らぬ人に渡して 代わりに バナナを手に入れます バナナは実際に食べられますからね 驚くべきことですよ チンパンジー相手に これはできません もちろん チンパンジーも交換はします 「ココナッツをくれたら バナナをあげるよ」 これなら あります しかし 価値のない紙っぺらを渡されて バナナをくれってどういうこと? とんでもない! 僕を人間だとでも思ってるの? (笑)

実際のところ お金は 人間が考案し 受け継がれてきたものの中で もっとも成功した例です 全ての人が信じる唯一のストーリーだからです 全員が神を信じているわけではありません 全員が人権を信じているわけではありません 全員が国家主義というわけではありません ところが お金やドルは 全員が信じるところとなっています オサマ・ビン・ラディンでさえもです 彼は アメリカの政治と宗教と文化を 憎んでいましたが アメリカ・ドルに たてつくことはありませんでした 実際のところ 相当好きだったと思います (笑)

つまりは 人間は 二重の現実にいるので 世界をコントロールしているんです 他の全ての動物は 客観的実在の世界だけに生きています 彼らの現実は 実在的に存在するもので構成されています 川や木やライオンや象のような 実在です 我々人間も 実在の世界に生きています 川や木もあれば ライオンも象もいます しかし 何世紀にもわたって この実在の世界に加えて フィクションの世界という もうひとつの層を形成していったのです 虚構の世界です 国家 神 お金 法人のようなものです そして 驚くべきことに 歴史の過程で この架空の現実が よりパワーをもつようになり 今日の世界では この架空の存在が もっとも力を有しています 今や 川や木やライオンや象が 生き残れるかどうかは まさに 架空の世界の決定や願いにかかっているのです アメリカ合衆国やグーグルや世界銀行のような 人間の想像の中だけにある存在にかかっているのです

ありがとうございました (拍手)

ブルーノ・ギウサーニ: ユバルさん 新しい本を出版されましたね 『Sapiens』出版の後 次の本を執筆して 原書はヘブライ語で まだ翻訳されていないということですが…

ハラーリ: 鋭意 翻訳に取り組んでいるところです

ギウサーニ: 私の理解が間違ってなければ この本では いま私達が経験している驚くべき ブレイクスルーについて論じていますね それは 将来的に 私達の生活を 良くする可能性を秘めているだけではなく あなたはこう記しています 「まさに産業革命のように 新しい階級や階級闘争をもたらす」と 少し説明していただけますか?

ハラーリ:はい 産業革命では 都市部に労働者階級という 新しい階級が生まれました 過去200年の政治的また社会的な歴史は この階級の扱い 新たな問題や機会 といったことが大いに関係してきました そして 今日は 「役に立たない人々」という 巨大な新しい層ができています (笑) コンピューターがより多くの分野において より高度に利用されるようになり 多くのタスクにおいて コンピューターが 人間を超越し 人間が不必要になる可能性が はっきりとしてきました そして 21世紀における 政治的かつ経済上の大きな疑問は 「何のために人間が必要なのか?」 となるでしょう 控えめに言えば 「何のために こんなにも 多くの人間が必要なのか?」

ギウサーニ:この本の中に 答えは書かれていますか?

ハラーリ:今のところ 最も妥当な答えは 彼らをハッピーにさせておくことです ドラッグとコンピューターゲームで… (笑) まぁ これはあまり好ましい将来とは 思えませんね

ギウサーニ:あなたは著書 とこの場において こう主張されていますね 著しい経済的不平等を示す傾向が 顕著になっているという議論において 我々は まだ そのプロセスの 初期段階にあると

ハラーリ:これは予言ではありませんが 我々の前に その可能性が示されてきています ひとつの可能性は 「役に立たない人々」 という新たな巨大な層の誕生です もうひとつは 今までとは違った 生物学的な階級に ― 区分されていくということです 富裕層は 仮想の神へと成り上がり 貧困層は 役立たずの層に成り下がっていくのです

ギウサーニ:1~2年の内に もう一回 TEDで お話して頂きたいものです ユバルさん 遠路はるばる ありがとうございました

ハラーリ:ありがとうございました! (拍手)

Seventy-thousand years ago, our ancestors were insignificant animals. The most important thing to know about prehistoric humans is that they were unimportant. Their impact on the world was not much greater than that of jellyfish or fireflies or woodpeckers. Today, in contrast, we control this planet. And the question is: How did we come from there to here? How did we turn ourselves from insignificant apes, minding their own business in a corner of Africa, into the rulers of planet Earth?

Usually, we look for the difference between us and all the other animals on the individual level. We want to believe -- I want to believe -- that there is something special about me, about my body, about my brain, that makes me so superior to a dog or a pig, or a chimpanzee. But the truth is that, on the individual level, I'm embarrassingly similar to a chimpanzee. And if you take me and a chimpanzee and put us together on some lonely island, and we had to struggle for survival to see who survives better, I would definitely place my bet on the chimpanzee, not on myself. And this is not something wrong with me personally. I guess if they took almost any one of you, and placed you alone with a chimpanzee on some island, the chimpanzee would do much better.

The real difference between humans and all other animals is not on the individual level; it's on the collective level. Humans control the planet because they are the only animals that can cooperate both flexibly and in very large numbers. Now, there are other animals -- like the social insects, the bees, the ants -- that can cooperate in large numbers, but they don't do so flexibly. Their cooperation is very rigid. There is basically just one way in which a beehive can function. And if there's a new opportunity or a new danger, the bees can not reinvent the social system overnight. They can not, for example, execute the queen and establish a republic of bees, or a communist dictatorship of worker bees.

Other animals, like the social mammals -- the wolves, the elephants, the dolphins, the chimpanzees -- they can cooperate much more flexibly, but they do so only in small numbers, because cooperation among chimpanzees is based on intimate knowledge,one of the other. I'm a chimpanzee and you're a chimpanzee, and I want to cooperate with you. I need to know you personally. What kind of chimpanzee are you? Are you a nice chimpanzee? Are you an evil chimpanzee? Are you trustworthy? If I don't know you, how can I cooperate with you?

The only animal that can combine the two abilities together and cooperate both flexibly and still do so in very large numbers is us, Homo sapiens. One versus one, or even 10 versus 10, chimpanzees might be better than us. But, if you pit 1,000 humans against 1,000 chimpanzees, the humans will win easily, for the simple reason that a thousand chimpanzees can not cooperate at all. And if you now try to cram 100,000 chimpanzees into Oxford Street, or into Wembley Stadium, or Tienanmen Square or the Vatican, you will get chaos, complete chaos. Just imagine Wembley Stadium with 100,000 chimpanzees. Complete madness.

In contrast, humans normally gather there in tens of thousands, and what we get is not chaos, usually. What we get is extremely sophisticated and effective networks of cooperation. All the huge achievements of humankind throughout history, whether it's building the pyramids or flying to the moon, have been based not on individual abilities, but on this ability to cooperate flexibly in large numbers.

Think even about this very talk that I'm giving now: I'm standing here in front of an audience of about 300 or 400 people, most of you are complete strangers to me. Similarly, I don't really know all the people who have organized and worked on this event. I don't know the pilot and the crew members of the plane that brought me over here, yesterday, to London. I don't know the people who invented and manufactured this microphone and these cameras, which are recording what I'm saying. I don't know the people who wrote all the books and articles that I read in preparation for this talk. And I certainly don't know all the people who might be watching this talk over the Internet, somewhere in Buenos Aires or in New Delhi.

Nevertheless, even though we don't know each other, we can work together to create this global exchange of ideas. This is something chimpanzees can not do. They communicate, of course, but you will never catch a chimpanzee traveling to some distant chimpanzee band to give them a talk about bananas or about elephants, or anything else that might interest chimpanzees. Now cooperation is, of course, not always nice; all the horrible things humans have been doing throughout history -- and we have been doing some very horrible things -- all those things are also based on large-scale cooperation. Prisons are a system of cooperation; slaughterhouses are a system of cooperation; concentration camps are a system of cooperation. Chimpanzees don't have slaughterhouses and prisons and concentration camps.

Now suppose I've managed to convince you perhaps that yes, we control the world because we can cooperate flexibly in large numbers. The next question that immediately arises in the mind of an inquisitive listener is: How, exactly, do we do it? What enables us alone, of all the animals, to cooperate in such a way? The answer is our imagination. We can cooperate flexibly with countless numbers of strangers, because we alone, of all the animals on the planet, can create and believe fictions, fictional stories. And as long as everybody believes in the same fiction, everybody obeys and follows the same rules, the same norms, the same values.

All other animals use their communication system only to describe reality. A chimpanzee may say, "Look! There's a lion, let's run away!" Or, "Look! There's a banana tree over there! Let's go and get bananas!" Humans, in contrast, use their language not merely to describe reality, but also to create new realities, fictional realities. A human can say, "Look, there is a god above the clouds! And if you don't do what I tell you to do, when you die, God will punish you and send you to hell." And if you all believe this story that I've invented, then you will follow the same norms and laws and values, and you can cooperate. This is something only humans can do. You can never convince a chimpanzee to give you a banana by promising him, "... after you die, you'll go to chimpanzee heaven ..." (Laughter) "... and you'll receive lots and lots of bananas for your good deeds. So now give me this banana." No chimpanzee will ever believe such a story. Only humans believe such stories, which is why we control the world, whereas the chimpanzees are locked up in zoos and research laboratories.

Now you may find it acceptable that yes, in the religious field, humans cooperate by believing in the same fictions. Millions of people come together to build a cathedral or a mosque or fight in a crusade or a jihad, because they all believe in the same stories about God and heaven and hell. But what I want to emphasize is that exactly the same mechanism underlies all other forms of mass-scale human cooperation, not only in the religious field.

Take, for example, the legal field. Most legal systems today in the world are based on a belief in human rights. But what are human rights? Human rights, just like God and heaven, are just a story that we've invented. They are not an objective reality; they are not some biological effect about homo sapiens. Take a human being, cut him open, look inside, you will find the heart, the kidneys, neurons, hormones, DNA, but you won't find any rights. The only place you find rights are in the stories that we have invented and spread around over the last few centuries. They may be very positive stories, very good stories, but they're still just fictional stories that we've invented.

The same is true of the political field. The most important factors in modern politics are states and nations. But what are states and nations? They are not an objective reality. A mountain is an objective reality. You can see it, you can touch it, you can ever smell it. But a nation or a state, like Israel or Iran or France or Germany, this is just a story that we've invented and became extremely attached to.

The same is true of the economic field. The most important actors today in the global economy are companies and corporations. Many of you today, perhaps, work for a corporation, like Google or Toyota or McDonald's. What exactly are these things? They are what lawyers call legal fictions. They are stories invented and maintained by the powerful wizards we call lawyers. (Laughter) And what do corporations do all day? Mostly, they try to make money. Yet, what is money? Again, money is not an objective reality; it has no objective value. Take this green piece of paper, the dollar bill. Look at it -- it has no value. You can not eat it, you can not drink it, you can not wear it. But then came along these master storytellers -- the big bankers, the finance ministers, the prime ministers -- and they tell us a very convincing story: "Look, you see this green piece of paper? It is actually worth 10 bananas." And if I believe it, and you believe it, and everybody believes it, it actually works. I can take this worthless piece of paper, go to the supermarket, give it to a complete stranger whom I've never met before, and get, in exchange, real bananas which I can actually eat. This is something amazing. You could never do it with chimpanzees. Chimpanzees trade, of course: "Yes, you give me a coconut, I'll give you a banana." That can work. But, you give me a worthless piece of paper and you except me to give you a banana? No way! What do you think I am, a human? (Laughter)

Money, in fact, is the most successful story ever invented and told by humans, because it is the only story everybody believes. Not everybody believes in God, not everybody believes in human rights, not everybody believes in nationalism, but everybody believes in money, and in the dollar bill. Take, even, Osama Bin Laden. He hated American politics and American religion and American culture, but he had no objection to American dollars. He was quite fond of them, actually. (Laughter)

To conclude, then: We humans control the world because we live in a dual reality. All other animals live in an objective reality. Their reality consists of objective entities, like rivers and trees and lions and elephants. We humans, we also live in an objective reality. In our world, too, there are rivers and trees and lions and elephants. But over the centuries, we have constructed on top of this objective reality a second layer of fictional reality, a reality made of fictional entities, like nations, like gods, like money, like corporations. And what is amazing is that as history unfolded, this fictional reality became more and more powerful so that today, the most powerful forces in the world are these fictional entities. Today, the very survival of rivers and trees and lions and elephants depends on the decisions and wishes of fictional entities, like the United States, like Google, like the World Bank -- entities that exist only in our own imagination.

Thank you. (Applause)

Bruno Giussani: Yuval, you have a new book out. After Sapiens, you wrote another one, and it's out in Hebrew, but not yet translated into ...

Yuval Noah Harari: I'm working on the translation as we speak.

BG: In the book, if I understand it correctly, you argue that the amazing breakthroughs that we are experiencing right now not only will potentially make our lives better, but they will create -- and I quote you -- "... new classes and new class struggles, just as the industrial revolution did." Can you elaborate for us?

YNH: Yes. In the industrial revolution, we saw the creation of a new class of the urban proletariat. And much of the political and social history of the last 200 years involved what to do with this class, and the new problems and opportunities. Now, we see the creation of a new massive class of useless people. (Laughter) As computers become better and better in more and more fields, there is a distinct possibility that computers will out-perform us in most tasks and will make humans redundant. And then the big political and economic question of the 21st century will be, "What do we need humans for?", or at least, "What do we need so many humans for?"

BG: Do you have an answer in the book?

YNH: At present, the best guess we have is to keep them happy with drugs and computer games ... (Laughter) but this doesn't sound like a very appealing future.

BG: Ok, so you're basically saying in the book and now, that for all the discussion about the growing evidence of significant economic inequality, we are just kind of at the beginning of the process?

YNH: Again, it's not a prophecy; it's seeing all kinds of possibilities before us. One possibility is this creation of a new massive class of useless people. Another possibility is the division of humankind into different biological castes, with the rich being upgraded into virtual gods, and the poor being degraded to this level of useless people.

BG: I feel there is another TED talk coming up in a year or two. Thank you, Yuval, for making the trip.

YNH: Thanks! (Applause)

Seventy-thousand years ago,/ our ancestors were insignificant animals.//

7万年前 我々人類の祖先は 取るに足りない程のちっぽけな動物でした

The most important thing to know about prehistoric humans is/ that they were unimportant.//

先史時代の人類について知っておくべき 最も重要なことは 人類は重要な存在でなかったということです

Their impact/ on the world was not much greater/ than that of jellyfish or fireflies or woodpeckers.//

人類がおよぼす地球への影響は クラゲやホタルやキツツキと 大して変らなかったのです

Today,/ in contrast,/ we control this planet.//

ところが 今日では 人間がこの地球をコントロールしています

And the question is:/ How did we come from there/ to here?//

ここで疑問が湧きます いかに その先史時代から ここまでに至ったのか?

How did we turn ourselves/ from insignificant apes,/ minding their own business/ in a corner of Africa,/ into the rulers of planet Earth?//

アフリカ大陸の片隅で 自分たちが生きるのに精一杯な 取るに足らない存在の類人猿から 地球の支配者になったのか

Usually,/ we look for the difference/ between us and all the other animals/ on the individual level.//

大抵 この疑問に対し 人間とそのほか全ての動物を比較して 個々の違いに目を向けます

We want to believe --/ I want to believe --/ that there is something special/ about me,/ about my body,/ about my brain,/ that makes me so superior/ to a dog or a pig,/ or a chimpanzee.//

我々が信じたいのは ― 私が信じたいのは 人間には 特別な何かがあるということです 人間の身体や脳に 犬や豚やチンパンジーより ずっと優れている 特別な何かがあると信じたがります

But the truth is/ that,/ on the individual level,/ I'm embarrassingly similar/ to a chimpanzee.//

しかし 実は 個々の能力のレベルでは 恥ずかしながら チンパンジーと差はないのです

And/ if you take me/ and a chimpanzee/ and put us together/ on some lonely island,/ and we had to struggle/ for survival/ to see/ who survives better,/ I would definitely place my bet/ on the chimpanzee, not on myself.//

さらに言えば もし私ひとりと一匹のチンパンジーを 孤島に置き去りにした場合 生き残りをかけて必死になりますが どちらが上手く生き延びる可能性があるか ― 私なら チンパンジーに賭けますね

And this is not something wrong/ with me personally.//

これは私に問題があるわけではなくて

I guess/ if they took almost any one of you,/ and placed you alone/ with a chimpanzee/ on some island,/ the chimpanzee would do much better.//

ほとんどの人が たった一人で チンパンジーと孤島に置かれたら チンパンジーの方が よっぽど生存可能性が高いでしょうね

The real difference/ between humans/ and all other animals is not on the individual level;/ it's on the collective level.//

人間とそのほか全ての動物の 本当の違いは 個々の能力のレベルではなく 集団としての違いにあるのです

Humans control the planet/ because they are the only animals/ that can cooperate both flexibly and in very large numbers.//

人間が地球をコントロールしているのは 人間が唯一 柔軟かつ大勢で協働できる動物だからです

Now,/ there are other animals --/ like the social insects,/ the bees,/ the ants --/ that can cooperate in large numbers,/ but they don't do/ so flexibly.//

さて ほかの動物でも 蜂や蟻のような社会性のある 昆虫がいますね 多数で協働しています ただ 柔軟性があるわけではないんです

Their cooperation is very rigid.//

彼らの協働は とても柔軟性に欠けています

There is basically just one way/ in which a beehive can function.//

ミツバチの巣は基本的に ひとつの方法でのみ機能しています

And/ if there's a new opportunity or a new danger,/ the bees can not reinvent the social system overnight.//

もし ミツバチが 新しい環境や 初めて遭遇する危険に出くわしても 一夜にして 新しい社会システムに 作り変えることはできません

They can not,/ for example,/ execute the queen/ and establish a republic of bees,/ or a communist dictatorship of worker bees.//

例えば 女王蜂を処刑して ミツバチ共和国を設立したり 働き蜂の共産主義独裁政権を設立したり そんなことはできません

Other animals,/ like the social mammals --/ the wolves,/ the elephants,/ the dolphins,/ the chimpanzees --/ they can cooperate much more flexibly,/ but they do so only/ in small numbers,/ because cooperation/ among chimpanzees is based on intimate knowledge,/one of the other.//

ほかにも 社会性のある哺乳類はいます オオカミや象やイルカやチンパンジーです 彼らは もっと柔軟に協働できます でも それは少数に限っての場合です というのも チンパンジーの協働は チンパンジー同士がお互いを よく知っていなければ成立しません

I'm a chimpanzee/ and you're a chimpanzee,/ and I want to cooperate/ with you.//

私はチンパンジー あなたもチンパンジー あなたと一緒に協働したいんです

I need to know/ you personally.//

あなたのことをよく知る必要があります

What kind of chimpanzee are you?//

あんたはどんなチンパンジー?

Are you a nice chimpanzee?//

善良なチンパンジー?

Are you an evil chimpanzee?//

それとも悪いヤツ?

Are you trustworthy?//

信頼していい?

If I don't know you,/ how can I cooperate with you?//

あんたのことをよく知りもしないで 協働なんてできるわけないでしょ?

The only animal/ that can combine the two abilities together/ and cooperate/ both flexibly/ and still do so/ in very large numbers is us,/ Homo sapiens.//

ふたつの能力を持ち合わせ 柔軟性を持って 大勢でも 協働できるのは 唯一我々 ホモ・サピエンスだけなのです

One/ versus one,/ or even 10 versus 10,/ chimpanzees might be better/ than us.//

1対1 あるいは 10対10なら チンパンジーの方が良い成果を出す場合もあります

But,/ if you pit 1,000 humans/ against 1,000 chimpanzees,/ the humans will win easily,/ for the simple reason/ that a thousand chimpanzees can not cooperate at all.//

しかし 1,000人の人間に対し 1,000匹のチンパンジーなら 容易に人間が勝ちます 理由は簡単です 数が1,000匹となると チンパンジーは協働できないからです

And/ if you now try to cram 100,000 chimpanzees/ into Oxford Street,/ or/ into Wembley Stadium,/ or Tienanmen Square or the Vatican,/ you will get chaos,/ complete chaos.//

10万匹のチンパンジーを オックスフォード・ストリートや ウェンブリー・スタジアム はたまた 天安門広場やバチカンに 連れてきて押し込んだら もうそこは完全なるカオスです

Just imagine Wembley Stadium/ with 100,000 chimpanzees.//

想像してみてください ウェンブリー・スタジアムに10万匹のチンパンジー

大混乱ですよね

In contrast,/ humans normally gather there/ in tens of thousands,/ and what we get/ is not chaos,/ usually.//

対照的に 何万もの人が普通に スタジアムに集まりますが それでもカオスにはなりませんよね

その代わりに 極めて洗練された 効率的な協力の輪を築きます

All the huge achievements of humankind/ throughout history,/ whether it's building the pyramids/ or flying to the moon,/ have been based not on individual abilities,/ but on this ability to cooperate flexibly/ in large numbers.//

これまで人類が成し遂げた偉業は ピラミッドであれ 月への飛行であれ それらは全て 個人の才能によるものではなく 大勢が柔軟性をもって協働できるという 人間の能力によるものなのです

Think even/ about this very talk/ that I'm giving/ now:/ I'm standing/ here/ in front of an audience of about 300 or 400 people,/ most of you are complete strangers/ to me.//

このプレゼンテーションひとつを とってもそうです 今 300から400人の観衆の皆さんの前に 立っていますが ほとんどの方が 私にとって初めて お会いする方々です

Similarly,/ I don't really know all the people/ who have organized/ and worked on this event.//

同様に このイベントを 運営している人々のことも 私はよく知ってるわけではありません

I don't know the pilot/ and the crew members of the plane/ that brought me/ over here,/ yesterday,/ to London.//

昨日 飛行機でロンドンまで来ましたが 操縦していたパイロットや搭乗員のことも 私はよく知りません

I don't know the people/ who invented and manufactured this microphone and these cameras,/ which are recording/ what I'm saying.//

プレゼンを録画している このマイクやあのカメラを 発明した人や製造した人も 私は知りません

I don't know the people/ who wrote all the books and articles/ that I read in preparation/ for this talk.//

このプレゼンを準備するのに本や論文を 読みましたが その著者たちのことを 私は知りません

And I certainly don't know all the people/ who might be watching this talk/ over the Internet,/ somewhere/ in Buenos Aires/ or/ in New Delhi.//

そして インターネットで このプレゼンを見る人々 ブエノスアイレスやニューデリーのどこかで 見ている人々のことを 私は もちろん知りません

Nevertheless,/ even though we don't know each other,/ we can work together/ to create this global exchange of ideas.//

それにもかかわらず お互いに知らない同士でも ここでアイデアをグローバルに交換するために 私達は協働することができます

This is something chimpanzees can not do.//

チンパンジーにはこれはできません

They communicate,/ of course,/ but you will never catch a chimpanzee/ traveling to some distant chimpanzee band/ to give them/ a talk/ about bananas/ or/ about elephants,/ or anything else/ that might interest chimpanzees.//

もちろん チンパンジーも お互いにコミュニケーションをしますが 遠く離れたチンパンジーの群れに バナナや象や その他チンパンジーが興味が ありそうなことについて 遠路はるばるプレゼンしにやってくる チンパンジーなんていません

Now/ cooperation is,/ of course,/ not always nice;/ all the horrible things humans have been doing throughout history --/ and we have been doing some very horrible things --/ all those things are also based on large-scale cooperation.//

たしかに 協働がいつも良いわけではありません これまで人間がしてきた忌まわしいことも 実際 我々がしてきた酷いことも 大規模な協力から生まれたものです

監獄も 協力体制の上に成り立っていますし 大虐殺もそうですし 強制収容所も然りです

チンパンジーの世界には 大虐殺も監獄も強制収容所もありません

Now suppose/ I've managed to convince/ you perhaps/ that yes,/ we control the world/ because we can cooperate flexibly/ in large numbers.//

皆さんは納得されるでしょう 人間は大勢でも柔軟性をもって 協働することができるから 地球をコントロールするまでになったと

The next question/ that immediately arises in the mind of an inquisitive listener is:/ How,/ exactly,/ do we do it?//

すると 探究心のある方々は すぐに 次の疑問が湧いてきますよね まさにどうやって 協働しているのか

What enables us alone,/ of all the animals,/ to cooperate in such a way?//

ほかの動物にはできないような協働を 可能にするのは何か

The answer is our imagination.//

答えはズバリ 想像力です

We can cooperate flexibly/ with countless numbers of strangers,/ because we alone,/ of all the animals/ on the planet,/ can create and believe fictions,/ fictional stories.//

人間は 無数の知らない人たちとも 柔軟性をもって協働することができます それは この地球上で人間だけが唯一 想像したり架空の物語を作り それを信じることができるからです

And as long/ as everybody believes in the same fiction,/ everybody obeys and follows the same rules,/ the same norms,/ the same values.//

全員が 同じフィクションを信じれば 同じルールや基準や価値観に従って 全員が行動します

All other animals use their communication system only/ to describe reality.//

その他の動物が行うコミュニケーションは 事実を伝えることだけに使います

A chimpanzee may say,/ "Look!// There's a lion,/ let's run away!"//

チンパンジーの場合 「見て!ライオンがいる!逃げろ!」とか

Or,/ "Look!// There's a banana tree over there!// Let's go and get bananas!"//

「見て!あっちにバナナの木がある!バナナ取りに行こう!」とかです

Humans,/ in contrast,/ use their language not merely/ to describe reality,/ but also to create new realities,/ fictional realities.//

対して 人間は事実を伝えるためだけではなく 新しい現実や 架空の現実を創り出すために 言葉を使うのです

A human can say,/ "Look,/ there is a god/ above the clouds!//

人間は「ほら 雲の上に神様がいる

And/ if you don't do/ what I tell you/ to do,/ when you die,/ God will punish you/ and send you/ to hell."//

もし私の言う通りにしなかったら 死んだ時に 罰として地獄に 送られてしまうよ」と言えるのです

And/ if you all believe this story/ that I've invented,/ then/ you will follow the same norms and laws and values,/ and you can cooperate.//

もし全員が 今私が作ったこの話を信じたら 同じ規範 法律 価値観に従うことになり 協働が可能になります

This is something/ only humans can do.//

人間にしかできないことです

You can never convince a chimpanzee/ to give you/ a banana/ by promising him,/ "...// after you die,/ you'll go to chimpanzee heaven ..."//

バナナを渡すよう チンパンジーを 説得するのに 「死んだら 天国に行けるよ」と約束してもダメです

(笑)

"...// and you'll receive lots and lots of bananas/ for your good deeds.//

「その善行によって 天国で たっくさんのバナナをもらえるよ…

So now give me/ this banana."//

だからバナナちょうだい」

No chimpanzee will ever believe such a story.//

チンパンジーは 絶対に この話を信じませんよね

Only/ humans believe such stories,/ which is/ why we control the world,/ whereas the chimpanzees are locked up/ in zoos and research laboratories.//

人間だけが こういった話を信じる これが人間が地球をコントロールし 一方で チンパンジーが動物園や研究所の檻の中に 閉じ込められている理由です

Now/ you may find it acceptable/ that yes,/ in the religious field,/ humans cooperate by believing in the same fictions.//

同意いただけると思いますが 宗教では 同じフィクションを信じることで 信者は団結しています

Millions of people come together/ to build a cathedral or a mosque or fight/ in a crusade or a jihad,/ because they/ all believe in the same stories/ about God and heaven and hell.//

何百万人という人が一緒になって 大聖堂やモスクを建てたり 十字軍やジハードで戦うのは 神 天国 地獄といったことを 皆が信じているからです

But what I want to emphasize/ is/ that exactly the same mechanism underlies all other forms of mass-scale human cooperation,/ not only/ in the religious field.//

しかし ここで強調したいのは 人間がなし得る大規模な協働は どれも まったく同じメカニズムに もとづいているということです 宗教に限ったことではないのです

Take,/ for example,/ the legal field.//

法律の分野を例として挙げてみます

Most legal systems/ today/ in the world are based on a belief/ in human rights.//

現在では 世界の法律制度のほとんどは 人権に対する信念を基本としています

But what are human rights?//

ところで 人権とは何でしょうか?

Human rights,/ just like God and heaven,/ are just a story/ that we've invented.//

神や天国と同じように 人権も ホモ・サピエンスが作った話なのです

They are not an objective reality;/ they are not some biological effect/ about homo sapiens.//

客観的な現実ではありません 人類になんら生物学的影響をおよぼすものでもありません

Take a human being,/ cut him/ open,/ look inside,/ you will find the heart,/ the kidneys,/ neurons,/ hormones,/ DNA,/ but you won't find any rights.//

人間のカラダを切って開いて 中を見ると 心臓 腎臓 ニューロン ホルモン DNA でも人権は見つからないでしょう

The only place/ you find/ rights are in the stories/ that we have invented and spread around/ over the last few centuries.//

人権が見つけられるのは 我々が作って ここ数世紀かけて広めてきた 話の中だけです

They may be very positive stories,/ very good stories,/ but they're still/ just fictional stories/ that we've invented.//

それらは とても前向きで とてもいい話かもしれませんが やはり我々が作り上げた架空の話です

The same is true of the political field.//

これは 政治の分野でも当てはまります

The most important factors/ in modern politics are states and nations.//

近代政治において最も重要な要素は国家です

But what are states and nations?//

ところで 国家とは何でしょうか?

They are not an objective reality.//

これらも 客観的には実在しません

山は物理的に存在します

You can see it,/ you can touch it,/ you can ever smell it.//

見ることができ 触れることができ 匂いを嗅ぐことができます

But a nation or a state,/ like Israel or Iran or France or Germany,/ this is just a story/ that we've invented/ and became extremely attached/ to.//

しかし 国家 ― イスラエル イラン フランス ドイツなど 国家は 人間が作ったストーリーにすぎませんが その考えは非常によく定着していきます

The same is true of the economic field.//

経済の分野も同様です

The most important actors/ today/ in the global economy are companies and corporations.//

グローバル経済で 重要な役割を担っているのが 企業や法人です

Many of you/ today,/ perhaps,/ work/ for a corporation,/ like Google or Toyota or McDonald's.//

おそらく ここにいらっしゃる多くの方が どこかの法人に勤めていると思います グーグルやトヨタやマクドナルド

What exactly are these things?//

これらって つまりは何でしょう?

They are/ what lawyers call legal fictions.//

法律家は これを法的擬制と呼びます

They are stories invented and maintained by the powerful wizards/ we call lawyers.//

法人も 人間が考案した作り事ですが 強力な魔法使い達によって守られています まぁ 法律家たちのことですが...

(笑)

And what do corporations do all day?//

法人は 一日中いったい何をやっているのか?

Mostly,/ they try to make/ money.//

大部分は 金を稼ごうとしているんですよね

Yet,/ what is money?//

ところで お金って何でしょう?

Again,/ money is not an objective reality;/ it has no objective value.//

またしても お金とは 客観的には実在せず 客観的価値もありません

Take this green piece of paper,/ the dollar bill.//

この緑色のドル紙幣

Look/ at it --/ it has no value.//

見てください 何の価値もありません

You can not eat it,/ you can not drink it,/ you can not wear it.//

食べられないし 飲めないし 着ることもできません

But then came along these master storytellers --/ the big bankers,/ the finance ministers,/ the prime ministers --/ and they tell us/ a very convincing story:/ "Look,/ you see this green piece of paper?//

でもこれが優れた語り部の手にかかると 大手の銀行マンや 財務大臣や 首相が語ると とても説得力のある話になります 「ほら この緑色の紙が見えますね?

It is actually worth/ 10 bananas."//

これは 実はバナナ10本分の価値が あるんですよ」

And/ if I believe it,/ and you believe it,/ and everybody believes it,/ it actually works.//

もし 私がこれを信じたら そしてあなたも信じたら みんな信じたら 成立するのです

I can take this worthless piece of paper,/ go to the supermarket,/ give it/ to a complete stranger/ whom I've never met before,/ and get,/ in exchange,/ real bananas/ which I can actually eat.//

この価値のない紙っぺらを持って スーパーマーケットに行って 会ったこともない見知らぬ人に渡して 代わりに バナナを手に入れます バナナは実際に食べられますからね

This is something/ amazing.//

驚くべきことですよ

You could never do it/ with chimpanzees.//

チンパンジー相手に これはできません

Chimpanzees trade,/ of course:/ "Yes, you give me/ a coconut,/ I'll give you/ a banana."//

もちろん チンパンジーも交換はします 「ココナッツをくれたら バナナをあげるよ」

That can work.//

これなら あります

But,/ you give me/ a worthless piece of paper/ and you/ except me/ to give you/ a banana?//

しかし 価値のない紙っぺらを渡されて バナナをくれってどういうこと?

No way!//

とんでもない!

What do you think/ I am,/ a human?//

僕を人間だとでも思ってるの?

(笑)

Money,/ in fact,/ is the most successful story ever invented and told by humans,/ because it is the only story everybody believes.//

実際のところ お金は 人間が考案し 受け継がれてきたものの中で もっとも成功した例です 全ての人が信じる唯一のストーリーだからです

Not/ everybody believes in God, not everybody believes in human rights, not everybody believes in nationalism,/ but everybody believes in money,/ and in the dollar bill.//

全員が神を信じているわけではありません 全員が人権を信じているわけではありません 全員が国家主義というわけではありません ところが お金やドルは 全員が信じるところとなっています

Take,/ even,/ Osama Bin Laden.//

オサマ・ビン・ラディンでさえもです

彼は アメリカの政治と宗教と文化を 憎んでいましたが アメリカ・ドルに たてつくことはありませんでした

He was quite fond of them,/ actually.//

実際のところ 相当好きだったと思います

(笑)

To conclude,/ then:/ We humans control the world/ because we live in a dual reality.//

つまりは 人間は 二重の現実にいるので 世界をコントロールしているんです

All other animals live in an objective reality.//

他の全ての動物は 客観的実在の世界だけに生きています

Their reality consists of objective entities,/ like rivers and trees and lions/ and elephants.//

彼らの現実は 実在的に存在するもので構成されています 川や木やライオンや象のような 実在です

We/ humans,/ we also live in an objective reality.//

我々人間も 実在の世界に生きています

In our world,/ too,/ there are rivers and trees and lions and elephants.//

川や木もあれば ライオンも象もいます

But over the centuries,/ we have constructed on top of this objective reality/ a second layer of fictional reality,/ a reality made of fictional entities,/ like nations,/ like gods,/ like money,/ like corporations.//

しかし 何世紀にもわたって この実在の世界に加えて フィクションの世界という もうひとつの層を形成していったのです 虚構の世界です 国家 神 お金 法人のようなものです

And what is amazing is/ that as history unfolded,/ this fictional reality became more and more powerful/ so that today,/ the most powerful forces/ in the world are these fictional entities.//

そして 驚くべきことに 歴史の過程で この架空の現実が よりパワーをもつようになり 今日の世界では この架空の存在が もっとも力を有しています

Today,/ the very survival of rivers and trees and lions and elephants depends on the decisions and wishes of fictional entities,/ like the United States,/ like Google,/ like the World Bank --/ entities/ that exist only/ in our own imagination.//

今や 川や木やライオンや象が 生き残れるかどうかは まさに 架空の世界の決定や願いにかかっているのです アメリカ合衆国やグーグルや世界銀行のような 人間の想像の中だけにある存在にかかっているのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Bruno Giussani:/ Yuval,/ you have a new book out.//

ブルーノ・ギウサーニ: ユバルさん 新しい本を出版されましたね

After Sapiens,/ you wrote another one,/ and it's out/ in Hebrew,/ but not yet translated into ...//

『Sapiens』出版の後 次の本を執筆して 原書はヘブライ語で まだ翻訳されていないということですが…

Yuval Noah Harari:/ I'm working/ on the translation/ as we speak.//

ハラーリ: 鋭意 翻訳に取り組んでいるところです

BG:/ In the book,/ if I understand it correctly,/ you argue/ that the amazing breakthroughs/ that we are experiencing right now not only will potentially make our lives better,/ but they will create --/ and I quote you --/ "...// new classes and new class struggles,/ just as the industrial revolution did."//

ギウサーニ: 私の理解が間違ってなければ この本では いま私達が経験している驚くべき ブレイクスルーについて論じていますね それは 将来的に 私達の生活を 良くする可能性を秘めているだけではなく あなたはこう記しています 「まさに産業革命のように 新しい階級や階級闘争をもたらす」と

Can you elaborate for us?//

少し説明していただけますか?

YNH:/ Yes.// In the industrial revolution,/ we saw the creation of a new class of the urban proletariat.//

ハラーリ:はい 産業革命では 都市部に労働者階級という 新しい階級が生まれました

And much of the political and social history of the last 200 years involved/ what to do with this class,/ and the new problems/ and opportunities.//

過去200年の政治的また社会的な歴史は この階級の扱い 新たな問題や機会 といったことが大いに関係してきました

Now,/ we see the creation of a new massive class of useless people.//

そして 今日は 「役に立たない人々」という 巨大な新しい層ができています

(笑)

As computers become better and better/ in more and more fields,/ there is a distinct possibility/ that computers will out-perform us/ in most tasks/ and will make humans redundant.//

コンピューターがより多くの分野において より高度に利用されるようになり 多くのタスクにおいて コンピューターが 人間を超越し 人間が不必要になる可能性が はっきりとしてきました

And then/ the big political and economic question of the 21st century will be,/ "What do we need humans for?"//,/ or at least,/ "What do we need so many humans for?"//

そして 21世紀における 政治的かつ経済上の大きな疑問は 「何のために人間が必要なのか?」 となるでしょう 控えめに言えば 「何のために こんなにも 多くの人間が必要なのか?」

BG:/ Do you have an answer/ in the book?//

ギウサーニ:この本の中に 答えは書かれていますか?

YNH:/ At present,/ the best guess/ we have/ is to keep them happy/ with drugs and computer games ...//

ハラーリ:今のところ 最も妥当な答えは 彼らをハッピーにさせておくことです ドラッグとコンピューターゲームで…

(笑)

but this doesn't sound like a very appealing future.//

まぁ これはあまり好ましい将来とは 思えませんね

BG:/ Ok,/ so you're basically saying/ in the book/ and now,/ that/ for all the discussion/ about the growing evidence of significant economic inequality,/ we are just kind of at the beginning of the process?//

ギウサーニ:あなたは著書 とこの場において こう主張されていますね 著しい経済的不平等を示す傾向が 顕著になっているという議論において 我々は まだ そのプロセスの 初期段階にあると

YNH:/ Again,/ it's not a prophecy;/ it's seeing all kinds of possibilities/ before us.//

ハラーリ:これは予言ではありませんが 我々の前に その可能性が示されてきています

One possibility is this creation of a new massive class of useless people.//

ひとつの可能性は 「役に立たない人々」 という新たな巨大な層の誕生です

Another possibility is the division of humankind/ into different biological castes,/ with the rich/ being upgraded into virtual gods,/ and the poor/ being degraded to this level of useless people.//

もうひとつは 今までとは違った 生物学的な階級に ― 区分されていくということです 富裕層は 仮想の神へと成り上がり 貧困層は 役立たずの層に成り下がっていくのです

BG:/ I feel/ there is another TED talk/ coming up/ in a year or two.//

ギウサーニ:1~2年の内に もう一回 TEDで お話して頂きたいものです

Thank/ you,/ Yuval,/ for making the trip.//

ユバルさん 遠路はるばる ありがとうございました

YNH:/ Thanks!//

ハラーリ:ありがとうございました!

(拍手)

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

insignificant

『無意味な』

『重要でない』,ささいな

(大きさ・量が)小さい

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

unimportant

『重要でない』,取るに足りない

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

jellyfish

クラゲ

firefly

ホタル

woodpecker

キツツキ

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

planet

『惑星』,遊星

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

ape

サル(monkey);(特に,チンパンジー・ゴリラなどの)尾なしザル,類人猿

人まねをする人

…のまねをする,'を'まねる(mimic)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

ruler

『支配者』,統治者

『定規』

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

superior

(程度・質が)『普通(平均)以上に優れた』,優秀な

(地位・階級などが)『上位の』,上級の,目上の

(数量的に)勝る,優勢な

(用動が)偉ぶった,高慢な

《補語にのみ用いて》(…に)屈しない,動じない《+to+名》

《名詞の前にのみ用いて》(動・植物の器官や部分が)上位の,上についている

(地位・階級などが)『上位の人』,上役,上司,先輩

『いっそう優れた人』

《しばしば S-》修道院長

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

chimpanzee

黒ショウジョウ,チンパンジー

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

lonely

(人が)『ひとりの』,孤独の

『寂しい』,心細い

(物が)孤立した;場所が)人里離れた,人があまり実かない

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

cooperate

『協力する』,共同する

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

insect

『昆虫』;(一般に)虫

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

ant

『アリ』

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

cooperation

『協力』,『協同』

協業

rigid

(簡単には曲がらないほど)『堅い』(stiff)

(考えなど)『変わらない』;(…が)変わらない《+『in』+『名』》

『厳しい』,厳格な

basically

基本的に,根本的に;元来は

beehive

=hive 1

人の混み合っている場所

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

execute

〈計画・任務など〉‘を'『実行する』,遂行する

(…の罪で,…犯として)…‘の'『死刑を執行する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)

+『名』+『as』+『名』》

〈芸術品〉‘を'制作する;〈曲〉‘を'演奏する

〈法律・契約など〉‘を'執行する;〈証書など〉‘を'署名することによって完成する

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

republic

『共和国』;共和政体

《R-》(フランス革命から喚代までの,フランスの)共和制

communist

『共産主義者』

《しばしばC-》共産党員

共産主義[者]の;《しばしばC-》共産党の

dictatorship

〈U〉独裁者の職(任期)

〈U〉独裁政治

〈C〉独裁国

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

mammal

哺(ほ)乳動物

wolf

〈C〉『オオカミ』

〈U〉オオカミの毛皮

〈C〉(オオカミのようにひどく)どん欲な人,残忍な人

〈C〉女たらし,色魔

(オオカミのように)…‘を'がつがつ食う,むさぼり食う《+down+名,+名+down》

elephant

『ゾウ』

(共和党の象徴としての)象

dolphin

『イルカ』

シイラ(温帯水域に産する大型の細長い魚)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

intimate

『たいへん親しい』,親密な

個人的な(private)

(理解・知識などについて)身近によく知っている,くわしい

親友,心の許せる友

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

trustworthy

(人・言明など)信頼に値する,信頼できる

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

Homo sapiens

ヒト,人類(動物学での学名)

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

cram

(…に)…'を'ぎっしり詰める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…で)〈物〉'を'いっぱいにする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'(…の)詰め込み勉強をさせる《+『名』+『with』+『名』》;〈学科〉'を'詰め込む

(…の)詰め込み勉強をする《+『for』+『名』》

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

stadium

『競技場』,スタジアム,球場

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

Vatican

バチカン宮殿(ローマ教皇の宮殿でバチカン市内にある)

ローマ教皇庁;教皇権,教皇政治

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

chaos

〈U〉(天地創造以前の)混とん

〈U〉(一般に)『混乱状態』,無秩序;〈C〉混乱したもの

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

madness

『狂気』;狂気のさた

(…に対する)熱狂,狂喜《+『for』+『名』》

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

extremely

『極端に』,非常に過度に

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

humankind

人類(mankind)

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

pyramid

(エジプト・メキシコなどの)『ピラミッド』

ピラミッド形の物

(幾何の)角錐(かくすい)

ピラミッド形になる

〈物価などが〉上昇する,増加する

…‘を'ピラミッド形にする(積み上げる)

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

crew

(船・飛行機の)『乗組員』[全員];(高級船員を除いた)船員,(高級乗務員を除いた)搭乗(とうじょう)員

(共同の仕事をする)従業員[全員],作業団[全員]

(ボートレースの)クルー

《話》仲間,連中

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

preparation

〈U〉《a ~》(…の)『用意』《+『of+名』》

〈C〉《複数形で》(…のための)準備《+『for+名』》

〈U〉準備されている状態

〈U〉《英》宿題;予宿

〈C〉(調理した)食品,(調合した)薬剤

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

Buenos Aires

ブエノスアイレス(アルゼンチン共和国の首都)

New Delhi

ニューデリー(インド北部都市;インド共和国の首都)

nevertheless

『それでもやはり』

『それにもかかわらず』

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

banana

『バナナ』;バナナの木

《米俗》ドル

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

slaughterhouse

屠殺場

concentration camp

(政治犯・捕虜などの)強制収容所

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

inquisitive

むやみに知りたがる,せんさく好の

listener

耳を傾ける人,聞き手;(ラジオ)聴取者

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

countless

数えきれないほどの無数の(innumerable)

fiction

〈C〉〈U〉『作り話』,作り事,虚構

〈U〉(文学様式の)『小説』,創作

fictional

作り事の,架空の;小説の

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

obey

〈人〉‘に'『服従する』

〈命令・法律など〉‘に'『従う』,‘を'守る

…‘に'従って動く

服従する;命令に従う

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

lion

『ライオン』,しし

(ライオンのように)勇猛な人

名士,人気者,花形

(英国の象徴としての)ライオン;しし紋

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

merely

『単に』,ただ

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

heaven

〈C〉《通例複数形で》『天』,『空』

〈U〉(神・天使などが住む)天国,極楽

〈U〉《H-》『神』(God)

〈C〉〈U〉《話》天国のような場所;非常な幸せ

laughter

『笑い』,笑い声

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

deed

『行為』,行動

(正式の)捺印証書,権利書

…'を'証書を作製して譲渡する

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

zoo

『動物園』

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

acceptable

受け入れられる,認められる;人に喜ばれる

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

cathedral

(bishopが統轄する)『大寺院』,大聖堂,大伽藍(がらん)

(一般の)大教会

mosque

イスラム教寺院(外部に数個の尖塔(せんとう)がある独特の建築物)

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

crusade

《通例C-》『十字軍』

(社会の悪習に対する)撲滅(改革)運動《+『against』+『名』》;(良いものに対する)支持闘争《+『for』+『名』》

十字軍(聖戦)に加わる

(…の)改革(撲滅)運動に加わる《+『against』+『名』》

jihad

(イスラム教を守るための)聖戦

(思想や主義のための)運動

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

human rights

人権(発言・行動・労働などの自由を保障する権利)

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

sapiens

(古代化石人類と対照して)現生人類の,現人に関する

human being

人,人間

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

kidney

腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓

《文》気質,性質,たち(nature)

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

hormone

ホルモン

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

economic

『経済の』

『経済学の』

actor

(男の)『俳優』,『男優』

行為者

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

lawyer

『弁護士』;法律学者

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

wizard

(男の)魔法使い

名人,鬼才

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

storyteller

物語をする人,物語作家

(特に子供の)うそつき(liar)

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

minister

『聖職者』,牧師

(英国・欧州諸国・日本の)『大臣』

(…駐在)『公使』(大使(ambassador)の次の位で,大使が派遣されていない国において自国政府を代表する)《+『to』+『名』》

(人の)面倒を見る,(…に)尽くす,仕える《+『to』+『名』》

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

convincing

(人を)納得させる,説得力のある

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

bananas

《米俗》頭のおかしい

worthless

『価値のない』,つまらない;役に立たない

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

nationalism

愛国心;国家主義

(植民地などの)典族芝義,独立自治主義

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

laden

ladeの過去分詞

荷を積んだ;(…を)積み込んだ《+『with』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…の重さで)押し下げられた《+『with』+『名』》

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

objection

(…に対する)『反対』,異議,異論《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh-節』)》

(…に対する)嫌悪,不満《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh』‐『節』)》

(…に)反対する理由(根拠)《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh』‐『節』)》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

fond

《補語にのみ用いて》(…を)『好んで』,好きで《+『of』+『名』(do『ing』)》

《名詞の前にのみ用いて》『優しい』,愛情のある(loving)

《名詞の前にのみ用いて》優しすぎる,甘い

《名詞の前にのみ用いて》(希望など)深く心に抱いた,ひとりよがりの

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

dual

二つの部分(2個)から成る

二重の性質がある

consist

《『consist of』+『名』》〈団体・物・事が〉(…から)『成る』,(…で)成り立っいる受動態にできない;

《『consist in』+『名』(do『ing』)》〈事の本質が〉(…に)ある,含まれている(受動態にできない)

《『consist with』+『名』》〈事柄が〉(…と)一致する,両立する

entity

実在するもの,実体

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

construct

(一定の計画・設計に従って)…'を'『組み立てる』,建造する,建設する

〈文・理論など〉'を'構成する,考案する

(幾何で)〈図形〉'を'描く,作図する

(心の中の)複合概念

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

World Bank

世界銀行(1944年創立)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

applause

『拍手かっさい』;称賛

Hebrew

〈C〉ヘブライ人,イスラエル人,ユダヤ人

〈U〉古代ヘブライ語(旧約聖書はほとんどこの言語で書かれた);現代ヘブライ語

(またHebraic)ヘブライ人の,ヘブライ語の,ヘブライ文化の

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

Noah

ノア(ユダヤの信仰厚い家長;大洪水(the Flood)のとき,神の命により箱舟(ark)を作り,家族とすべての動物一つがいずつを入れて難を逃れた:旧約聖書「創世記」)

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

correctly

正しく,正確に;正確に言えば

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

breakthrough

敵陣突破[作戦];(ある事態・線の)突破

(科学などの)新機軸,新発見,成功,大躍進

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

class struggle

階級対立

(マルクス主義で)階級闘争

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

elaborate

『入念な』,手の込んだ

…‘を'念入りに仕上げる,練り上げる

(…について)詳細に述べる《+『on』(『upon, about』)+『名』(do『ing』)》

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

urban

都市(都会)の

都市に住む

proletariat

無産(労働者)階級,プロレタリアート

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

useless

『無益な』,むだな

『役に立たない』,使いものにならない

computer

『計算機』;『電子計算機』

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

redundant

余計な; 冗長な, くどい; 豊富な; 〔英〕 解雇された, (労働力が)余剰な・余分な表現が多い・(物などが)余分な,必要以上の

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

appealing

心を動かす,魅力的な

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

prophecy

予言;神のお告げ

〈U〉予言すること

division

〈U〉分けること,『分割』,分離;『分配』

〈C〉(分割された)部分

〈U〉(意見・感情の相違による)分裂,不一致,不和

〈U〉割り算

〈C〉仕切り;境界線

〈C〉(官庁・会社の)『部門』;(大学の)学部

〈C〉《集合的に》(陸軍で)師団;(海軍で)分艦隊

〈C〉(英議会の)票決,採決

caste

カースト(僧侶・士族・平民・どれいの4階級からなるインドの世襲的階級)

世襲的な社会階級[制度]

世襲による社会的地位(身分)

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

upgrade

上りこうばい,上り坂

上り坂の,上り坂にある

〈人〉‘を'昇格させる

…‘の'品質を改良する

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

関連動画