TED日本語 - エル・シード: 希望と平和を訴えるストリートアート

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

チュニジア人の両親のもとフランスで生まれ育ち、多様な文化・言語・アイデンティティを楽しんできたエル・シードは、アラビア語の詩をストリートアートとグラフィティを活かしたスタイルで表現します。穏やかながら情熱的な講演で、アーティストでありTEDフェローでもあるシードが目指すのは、翻訳すら必要のない美しいアートです。

Script

2012年 ジャラ・モスクのミナレットに 絵を描きました チュニジア南部の 私の故郷ガベスです グラフィティで 故郷が注目されるとは 想像だにしませんでした

当初は ただ故郷の建物を 探していたのですが 94年に建てられたミナレットを見つけました 18年間も この57メートルの 建物は灰色のままでした イマームに最初に会った時 やりたいことを伝えました イマームは こう言いました 「神に感謝しよう やっと来てくれたか」 何年にもわたって 壁に何か施してくる人を 待っていたそうです このイマームの最高に素晴らしいところは 自由に描かせてくれたこと スケッチを見せてくれとか 何を書くんだとか聞かれませんでした

私が創り出す作品では メッセージを描きます やり方はカリグラフィティで カリグラフィーとグラフィティを合わせたものです 名言や詩を使います ミナレットには モスクという場所に 最もふさわしい コーランからの 文言を入れようと考えました そこで この一節を選びました 「人々よ 我は一人の男と 一人の女から あなた方を創り 民族と部族に分け隔てた 互いを知り合うようにさせるためだ」 万人への平和、寛容、許しを求めるもので 普段 メディアでは伝えられない イスラム教の善い面でしょう

現地の方々が 反応してくれたのは 驚きでした そして世界中のメデイアが ミナレットを取り上げる様子を見て 現地の人も誇りに思ってくれました イマームにとっては ただの絵ではありません もっと深い意味がありました このミナレットが街を象徴する 記念碑になればと願いました チュニジアの忘れられた場所に 再び息吹がもたらされればと メッセージの普遍性と 現在のチュニジアの政治背景 そして グラフィティという 新しい技法でコーランを描くことに 意味があったのです 現地の人々を再び結びつけました

アラビア語のカリグラフィで 人々や若い世代を集める これが私がやっていることです メッセージを書くのが このアートの本質です 面白いのは アラブ語を話す人たちでさえ 私のカリグラフィを 読み解くのに苦労します でも作品を感じるのに 意味が分からなくても大丈夫 アラビア語は目に訴える前に しっかり魂に響くと思います 意味が分からなくても そこには美しさがあります アラビア語は万人に訴える そう信じています あなたにも あなたにも あなたにも 全ての人々に そうして意味が分かれば それに繋がることができます メッセージを書く時に いつも気をつけているのは 絵を描く場所に まつわるものであることと 万人に訴える内容にすることで 世界中の誰もが 繋がるようにすることです

私はフランスのパリで 生まれ育ちました アラビア語の読み書きを 習い始めたのは18の時です カリグラフィでは アラビア語だけを使います これが私にとって 大切である理由の一つは 世界中から受けてきた さまざまな反響です

リオデジャネイロでは ポルトガル語の詩を訳しました ガブリエラ・トーラス・バルボサの詩で ファヴェーラに住まう 貧困にあえぐ方に捧げたもので これを屋根に描きました 地元の方々には 私がやっていることに 興味を持っていただきましたが カリグラフィの意味を 教えるやいなや 感謝されました 作品と繋がってもらえたのです

南アフリカのケープタウンで フィリピの人たちが 提供してくれたのは スラムにある コンクリートの壁だけでした そこは学校で 私が描いたのは ネルソン・マンデラの言葉です それは [アラビア語] 「何かをやり遂げるまでは 常にそれが不可能に見える」 すると ある人が近づいてきて 「何で英語で書かないんだい?」と 私はこう答えました 「もしこう尋ねたら ちゃんと答えるよ 『なぜズールー語で書かないんだい?』」

パリで ある催しがあって ある人が提供してくれた壁に 描くことになりました 私がアラビア語で描き始めると 感情むき出しで怒られました 壁の絵を消すようにと 私は憤り 失望しました 1週間後のことです 主催者に戻ってくるようにと頼まれて あの男性の家の前に 別の壁があると言うんです ですから あの人は ― (笑) 毎日 グラフィティを 見る羽目になりました 最初はこんな言葉を書こうとしました [アラビア語] 「ざまあみろ」って (笑) でも大人になろうと思って こうしました [アラビア語] 「心を開きなさい」という意味です

自分の文化に誇りを持っています 私が生み出す作品を通して それを伝えようとしています そして私たちの誰もが持ちうる ステレオタイプを アラビア語の美しさで壊したい 今ではアラビア語のメッセージを 壁に描きません カリグラフィの詩が 壊れて欲しくないのです これは芸術であって 意味が分からずとも大切にし 違う国の音楽のように 楽しんで欲しいからです 拒否しているとか 扉が閉ざされたと 思われる方もいるかもしれませんが 私にとっては 私の言葉 私の文化 私のアートへの 誘いだと考えています

ありがとう

(拍手)

In 2012, when I painted the minaret of Jara Mosque in my hometown of Gabes, in the south of Tunisia, I never thought that graffiti would bring so much attention to a city.

At the beginning, I was just looking for a wall in my hometown, and it happened that the minaret was built in '94. And for 18 years, those 57 meters of concrete stayed grey. When I met the imam for the first time, and I told him what I wanted to do, he was like, "Thank God you finally came," and he told me that for years he was waiting for somebody to do something on it. The most amazing thing about this imam is that he didn't ask me anything -- neither a sketch, or what I was going to write.

In every work that I create, I write messages with my style of calligraffiti -- a mix of calligraphy and graffiti. I use quotes or poetry. For the minaret, I thought that the most relevant message to be put on a mosque should come from the Quran, so I picked this verse: "Oh humankind, we have created you from a male and a female, and made you people and tribe, so you may know each other." It was a universal call for peace, tolerance, and acceptance coming from the side that we don't usually portray in a good way in the media.

I was amazed to see how the local community reacted to the painting, and how it made them proud to see the minaret getting so much attention from international press all around the world. For the imam, it was not just the painting; it was really deeper than that. He hoped that this minaret would become a monument for the city, and attract people to this forgotten place of Tunisia. The universality of the message, the political context of Tunisia at this time, and the fact that I was writing Quran in a graffiti way were not insignificant. It reunited the community.

Bringing people, future generations, together through Arabic calligraphy is what I do. Writing messages is the essence of my artwork. What is funny, actually, is that even Arabic-speaking people really need to focus a lot to decipher what I'm writing. You don't need to know the meaning to feel the piece. I think that Arabic script touches your soul before it reaches your eyes. There is a beauty in it that you don't need to translate. Arabic script speaks to anyone, I believe; to you, to you, to you, to anybody, and then when you get the meaning, you feel connected to it. I always make sure to write messages that are relevant to the place where I'm painting, but messages that have a universal dimension, so anybody around the world can connect to it.

I was born and raised in France, in Paris, and I started learning how to write and read Arabic when I was 18. Today I only write messages in Arabic. One of the reasons this is so important to me, is because of all the reaction that I've experienced all around the world.

In Rio de Janeiro, I translated this Portuguese poem from Gabriela Torres Barbosa, who was giving an homage to the poor people of the favela, and then I painted it on the rooftop. The local community were really intrigued by what I was doing, but as soon as I gave them the meaning of the calligraphy, they thanked me, as they felt connected to the piece.

In South Africa, in Cape Town, the local community of Philippi offered me the only concrete wall of the slum. It was a school, and I wrote on it a quote from Nelson Mandela, saying, "[ in Arabic ]," which means, "It seems impossible until it's done." Then this guy came to me and said, "Man, why you don't write in English?" and I replied to him, "I would consider your concern legit if you asked me why I didn't write in Zulu."

In Paris, once, there was this event, and someone gave his wall to be painted. And when he saw I was painting in Arabic, he got so mad -- actually, hysterical -- and he asked for the wall to be erased. I was mad and disappointed. But a week later, the organizer of the event asked me to come back, and he told me that there was a wall right in front of this guy's house. So, this guy -- (Laughter) like, was forced to see it every day. At the beginning, I was going to write, "[ In Arabic ]," which means, "In your face," but -- (Laughter) I decided to be smarter and I wrote, "[ In Arabic ]," which means, "Open your heart."

I'm really proud of my culture, and I'm trying to be an ambassador of it through my artwork. And I hope that I can break the stereotypes we all know, with the beauty of Arabic script. Today, I don't write the translation of the message anymore on the wall. I don't want the poetry of the calligraphy to be broken, as it's art and you can appreciate it without knowing the meaning, as you can enjoy any music from other countries. Some people see that as a rejection or a closed door, but for me, it's more an invitation -- to my language, to my culture, and to my art.

Thank you.

(Applause)

In 2012,/ when I painted the minaret of Jara Mosque/ in my hometown of Gabes,/ in the south of Tunisia,/ I never thought/ that graffiti would bring so much attention/ to a city.//

2012年 ジャラ・モスクのミナレットに 絵を描きました チュニジア南部の 私の故郷ガベスです グラフィティで 故郷が注目されるとは 想像だにしませんでした

At the beginning,/ I was just looking for a wall/ in my hometown,/ and it happened/ that the minaret was built in '94.//

当初は ただ故郷の建物を 探していたのですが 94年に建てられたミナレットを見つけました

And for 18 years,/ those 57 meters of concrete stayed grey.//

18年間も この57メートルの 建物は灰色のままでした

When I met the imam/ for the first time,/ and I told him/ what I wanted to do,/ he was like,/ "Thank God/ you finally came,/"/ and he told me that/ for years/ he was waiting for somebody/ to do something/ on it.//

イマームに最初に会った時 やりたいことを伝えました イマームは こう言いました 「神に感謝しよう やっと来てくれたか」 何年にもわたって 壁に何か施してくる人を 待っていたそうです

The most amazing thing/ about this imam is/ that he didn't ask me/ anything --/ neither a sketch,/ or what I was going to write.//

このイマームの最高に素晴らしいところは 自由に描かせてくれたこと スケッチを見せてくれとか 何を書くんだとか聞かれませんでした

In every work/ that I create,/ I write messages/ with my style of calligraffiti --/ a mix of calligraphy and graffiti.//

私が創り出す作品では メッセージを描きます やり方はカリグラフィティで カリグラフィーとグラフィティを合わせたものです

I use quotes or poetry.//

名言や詩を使います

For the minaret,/ I thought/ that the most relevant message/ to be put on a mosque should come from the Quran,/ so I picked this verse:/ "Oh humankind,/ we have created you/ from a male and a female,/ and made you/ people and tribe,/ so you may know each other."//

ミナレットには モスクという場所に 最もふさわしい コーランからの 文言を入れようと考えました そこで この一節を選びました 「人々よ 我は一人の男と 一人の女から あなた方を創り 民族と部族に分け隔てた 互いを知り合うようにさせるためだ」

It was a universal call/ for peace,/ tolerance,/ and acceptance/ coming from the side/ that we don't usually portray in a good way/ in the media.//

万人への平和、寛容、許しを求めるもので 普段 メディアでは伝えられない イスラム教の善い面でしょう

I was amazed to see/ how the local community reacted to the painting,/ and how it made them proud/ to see the minaret/ getting so much attention/ from international press all/ around the world.//

現地の方々が 反応してくれたのは 驚きでした そして世界中のメデイアが ミナレットを取り上げる様子を見て 現地の人も誇りに思ってくれました

For the imam,/ it was not just the painting;/ it was really deeper/ than that.//

イマームにとっては ただの絵ではありません もっと深い意味がありました

He hoped/ that this minaret would become a monument/ for the city,/ and attract people/ to this forgotten place of Tunisia.//

このミナレットが街を象徴する 記念碑になればと願いました チュニジアの忘れられた場所に 再び息吹がもたらされればと

The universality of the message,/ the political context of Tunisia/ at this time,/ and the fact/ that I was writing Quran/ in a graffiti way were not insignificant.//

メッセージの普遍性と 現在のチュニジアの政治背景 そして グラフィティという 新しい技法でコーランを描くことに 意味があったのです

現地の人々を再び結びつけました

Bringing people,/ future generations,/ together/ through Arabic calligraphy is/ what I do.//

アラビア語のカリグラフィで 人々や若い世代を集める これが私がやっていることです

Writing messages is the essence of my artwork.//

メッセージを書くのが このアートの本質です

What is funny,/ actually,/ is/ that even Arabic-speaking people really need to focus/ a lot/ to decipher/ what I'm writing.//

面白いのは アラブ語を話す人たちでさえ 私のカリグラフィを 読み解くのに苦労します

You don't need to know/ the meaning/ to feel the piece.//

でも作品を感じるのに 意味が分からなくても大丈夫

I think/ that Arabic script touches your soul/ before it reaches your eyes.//

アラビア語は目に訴える前に しっかり魂に響くと思います

There is a beauty/ in it/ that you don't need to translate.//

意味が分からなくても そこには美しさがあります

Arabic script speaks/ to anyone,/ I believe;/ to you,/ to you,/ to you,/ to anybody,/ and then/ when you get the meaning,/ you feel connected/ to it.//

アラビア語は万人に訴える そう信じています あなたにも あなたにも あなたにも 全ての人々に そうして意味が分かれば それに繋がることができます

I always make sure/ to write messages/ that are relevant/ to the place/ where I'm painting,/ but messages/ that have a universal dimension,/ so/ anybody/ around the world can connect to it.//

メッセージを書く時に いつも気をつけているのは 絵を描く場所に まつわるものであることと 万人に訴える内容にすることで 世界中の誰もが 繋がるようにすることです

I was born and raised in France,/ in Paris,/ and I started learning/ how to write and read Arabic/ when I was 18.//

私はフランスのパリで 生まれ育ちました アラビア語の読み書きを 習い始めたのは18の時です

Today/ I only write messages/ in Arabic.//

カリグラフィでは アラビア語だけを使います

One of the reasons/ this is so important/ to me,/ is because of all the reaction/ that I've experienced all/ around the world.//

これが私にとって 大切である理由の一つは 世界中から受けてきた さまざまな反響です

In Rio de Janeiro,/ I translated this Portuguese poem/ from Gabriela Torres Barbosa,/ who was giving an homage/ to the poor people of the favela,/ and then/ I painted it/ on the rooftop.//

リオデジャネイロでは ポルトガル語の詩を訳しました ガブリエラ・トーラス・バルボサの詩で ファヴェーラに住まう 貧困にあえぐ方に捧げたもので これを屋根に描きました

The local community were really intrigued by what I was doing,/ but as soon/ as I gave them/ the meaning of the calligraphy,/ they thanked me,/ as they felt connected to the piece.//

地元の方々には 私がやっていることに 興味を持っていただきましたが カリグラフィの意味を 教えるやいなや 感謝されました 作品と繋がってもらえたのです

In South Africa,/ in Cape Town,/ the local community of Philippi offered me/ the only concrete wall of the slum.//

南アフリカのケープタウンで フィリピの人たちが 提供してくれたのは スラムにある コンクリートの壁だけでした

It was a school,/ and I wrote on it/ a quote/ from Nelson Mandela,/ saying,/ "[ in Arabic ],/"/ which means,/ "It seems impossible/ until it's done."//

そこは学校で 私が描いたのは ネルソン・マンデラの言葉です それは [アラビア語] 「何かをやり遂げるまでは 常にそれが不可能に見える」

Then/ this guy came to me/ and said,/ "Man,/ why you don't write in English?"//

すると ある人が近づいてきて 「何で英語で書かないんだい?」と

and I replied to him,/ "I would consider your concern legit/ if you asked me/ why I didn't write in Zulu."//

私はこう答えました 「もしこう尋ねたら ちゃんと答えるよ 『なぜズールー語で書かないんだい?』」

In Paris,/ once,/ there was this event,/ and someone gave his wall/ to be painted.//

パリで ある催しがあって ある人が提供してくれた壁に 描くことになりました

And when he saw/ I was painting in Arabic,/ he got so mad --/ actually,/ hysterical --/ and he asked for the wall/ to be erased.//

私がアラビア語で描き始めると 感情むき出しで怒られました 壁の絵を消すようにと

I was mad and disappointed.//

私は憤り 失望しました

But a week later,/ the organizer of the event asked me/ to come back,/ and he told me/ that there was a wall right/ in front of this guy's house.//

1週間後のことです 主催者に戻ってくるようにと頼まれて あの男性の家の前に 別の壁があると言うんです

So,/ this guy --/ (Laughter)

ですから あの人は ― (笑)

like,/ was forced to see/ it/ every day.//

毎日 グラフィティを 見る羽目になりました

At the beginning,/ I was going to write,/ "[ In Arabic ],/"/ which means,/ "In your face,/"/ but --/ (Laughter)/

最初はこんな言葉を書こうとしました [アラビア語] 「ざまあみろ」って (笑)

I decided to be smarter/ and I wrote,/ "[ In Arabic ],/"/ which means,/ "Open your heart."//

でも大人になろうと思って こうしました [アラビア語] 「心を開きなさい」という意味です

I'm really proud of my culture,/ and I'm trying to be an ambassador of it/ through my artwork.//

自分の文化に誇りを持っています 私が生み出す作品を通して それを伝えようとしています

And I hope/ that I can break the stereotypes/ we/ all know,/ with the beauty of Arabic script.//

そして私たちの誰もが持ちうる ステレオタイプを アラビア語の美しさで壊したい

Today,/ I don't write the translation of the message anymore/ on the wall.//

今ではアラビア語のメッセージを 壁に描きません

I don't want the poetry of the calligraphy/ to be broken,/ as it's art/ and you can appreciate it/ without knowing the meaning,/ as you can enjoy any music/ from other countries.//

カリグラフィの詩が 壊れて欲しくないのです これは芸術であって 意味が分からずとも大切にし 違う国の音楽のように 楽しんで欲しいからです

Some people see/ that as a rejection or a closed door,/ but for me,/ it's more/ an invitation --/ to my language,/ to my culture, and/ to my art.//

拒否しているとか 扉が閉ざされたと 思われる方もいるかもしれませんが 私にとっては 私の言葉 私の文化 私のアートへの 誘いだと考えています

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

minaret

(イスラム教寺院の))光塔(周囲にある露台から祈りの時間を告げる)

mosque

イスラム教寺院(外部に数個の尖塔(せんとう)がある独特の建築物)

hometown

今までいちばん長く住んだ町(市);子供のとき過ごした町(市);生まれた町(市)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

Tunisia

チュニジア(アフリカ北部の共和国;首都 Tunis)

graffito

(特に,壁・便所などの)落書き

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

grey

=gray

imam

〈C〉(イスラム教の)僧,導師

《I-》イスラム教国の宗教的元首の称号

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

calligraphy

能筆,能書

筆跡,運筆

書道

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

poetry

《集合的に》(文学の一部門としての)『詩』,韻文

《集合的に》(ある詩人・国などの)詩集,詩歌

詩的なもの,詩情

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

verse

〈U〉『韻文』,詩

〈C〉詩の一行

〈C〉詩節,連

〈U〉特定の詩形

〈C〉(聖書の)節

humankind

人類(mankind)

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

tribe

《集合的に》《単数・複数扱い》『部族』

《しばしば軽べつして》(…の)仲間,集団,連中《+of+名》

(動植物の)族(family(科)と genus(属)の間の分類単位)

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

tolerance

(自分と異なる他人の意見・行動などを許す)寛大,寛容・我慢(がまん),忍耐力

(薬品・毒物などに対する)耐性,抗毒性

公差,許容誤差

acceptance

〈U〉受け取ること,認めること,受け入れられていること;同意

〈U〉(手形の)引受け;〈C〉引受済み手形

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

media

mediumの複数形

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

monument

(人物・事件などの)『記念碑』,記念像,記念婿造物《+『to』+『名』》

(故人への)墓碑(tombstone);(地所を示す)標識

遺物,遺跡;景勝地

(…の)後世に残る偉業,金字塔《+『of』+『名』》

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

universality

普遍性,一般性

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

insignificant

『無意味な』

『重要でない』,ささいな

(大きさ・量が)小さい

reunite

…‘を'再びいっしょにする;再会させる

再びしっしょになる;再会する

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

Arabic

アラビアの,アラビア人(語)の

アラビア語

essence

〈U〉(…の)『本質』,真髄《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(植物・薬物などから抽出された)精,エキス《+『of』+『名』》

〈U〉香水(perfume)

〈U〉本質,実在;〈C〉(特に)霊的実在

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

decipher

〈分かりにくい文字など〉'を'判読する

〈暗号〉'を'解読する

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

script

〈U〉手書き;筆記体

〈U〉筆記活字

(ある言語の)文字,(alphabetなどの)文字体系

台本,脚本

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

Rio de Janeiro

リオデジャネイロ(Brazilの旧首都で海港)

Portuguese

ポルトガルの;ポルトガル人(語)の

〈C〉ポルトガル人

〈U〉ポルトガル語

poem

(一編の)『詩』

詩的な美しさ(趣き)を持つもの

homage

尊敬,敬意,服従

(中世に臣下が主君に対して行った)忠誠の誓い

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

rooftop

屋根;屋上

intrigue

〈U〉陰謀を企てること

〈C〉陰謀,計略

〈C〉密通

〈人〉‘の'好奇心(興味)をそそる

(人に対して)陰謀を企てる《+『against』+『名』》

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

cape

ケープ(婦人服の短いそでなし外とう)

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

slum

《しばしばthe slums》貧民くつ,貧民街,スラム

《話》汚らしい場所

(好奇心・慈善のために)貧民街を訪れる

nelson

(レスリングの)首固め

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

reply

(…に)『答える』,返事する《+『to』+『名』》

(…に)『応じる』,応戦する《+『to』+『名』》

《reply to+名+that節》(…に)…‘と'『答える』

(…に対する)答え,回答(answer)《+『to』+『名』》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

legit

=legitimate

Zulu

(南アフリカの)ズールー族[の人]

〈U〉ズールー語

ズールー族(語)の

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

hysterical

ヒステリー[性]の;ヒステリー症にかかった(かかりやすい)

病的に興奮した

《話》爆笑を引き起こすような,非常におかしい

disappointed

当ての外れた

失望した,落胆した

organizer

組織者;設立者;(組合の)オルグ

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

ambassador

『大使』

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

stereotype

ステロ版,鉛版;ステロ版作製(印刷)

定型;決まり文句,常套手段;型にはまったイメージ

…‘を'ステロ版で印刷する

…‘を'固定させる,型にはめる

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

rejection

〈U〉〈C〉断ること,拒絶;却下

〈C〉廃棄物

invitation

〈U〉〈C〉招待,案内

〈C〉(…への)『招待状』《+『to』+『名』》

〈C〉(…を)勧誘(誘惑)するもの《+『to』+『名』》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画