TED日本語 - ジョナサン・ハイト: 共通の脅威がいかに共通の(政治的)認識を生むか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「小惑星が地球へ衝突するのを回避するため、誰もが力を合わせて努力する」という映画でおなじみのシーンは、日常でどれほど現実的でしょうか?データに裏付けられた世界の終わりのような問題 ― 格差拡大や債務超過 ― に直面した時、私たちは派閥に分かれて罵りあい行き詰まることが多すぎます。ジョナサン・ハイトは、迫り来る現実の「小惑星」を明らかにし、人類全体が利するように、左翼と右翼が協力する上での障害、効率と可能性を説きます。

Script

ニュースを見ている方はご存知のように たくさんの巨大な小惑星が アメリカへと向かっており 50年以内にそのすべてが 衝突するとされています 岩石や金属でできた 実際の小惑星の話ではありません それなら さして問題ではないのです というのも 私たち全員の命が かかっているなら 互いの争いは二の次にして いかなる手を使ってでも 小惑星を回避する方法を見つけるでしょうから 私が言うのは 小惑星ではなく 迫り来る脅威のことです 独特の熱気とオーラに包まれていて 我々を極端に走らせ それによって麻痺してしまうものです

3月にTEDカンファレンスで NASAの科学者 ジム・ハンセン氏の講演を聴きました 彼は誰よりも早く1980年代に 地球温暖化の警鐘を鳴らし 当時彼が立てた予測は 現実のものになりつつあります 私たちはこのように地球温暖化に向かっています もしこの道をこのまま行くならば 今世紀の終わりまでに 摂氏にして4度から5度 温暖化が進みます ハンセン氏によると 5メートルの海面上昇が見込まれます 5メートル海面が上昇するとこうなります 今日生まれた子供がまだ生きているうちに 世界中の海抜の低い都市は 姿を消します ハンセン氏は最後にこう述べました 「巨大な小惑星が地球に衝突しつつある そんな様子を思い浮かべてごらんなさい それに等しい事態に 私たちは直面しているのです 小惑星を回避するため 何の行動も起こさないようでは 待てば待つほど 解決はより難しくなり よりお金がかかるようになります」 もちろん 左翼は行動を起こしたがる一方 右翼は そこに問題があることさえ 否定するのです

TEDから帰ってきたその翌週 ワシントンD.C.で ある晩餐会に招かれました ユヴァル・レヴィン氏を筆頭に たくさんの保守派の知識人と 会うことがわかっていたので 先立って『ナショナル・アフェアーズ』に レヴィン氏により寄稿されていた 論文「福祉国家を越えて」を読みました レヴィン氏は次のように書いています 「世界中の国々は 社会民主主義的な福祉国家が もはや受けいれがたく 負担しきれないものになりつつあり 怪しげな経済ロジックに頼り 時代遅れの人口統計モデルに 依存していることを受け止めつつある」と

さて 小惑星ほど怖ろしくはないけれど レヴィン氏提供のグラフを見てみましょう このグラフはアメリカの国債を 対GDP比率で示しています このように はるばる建国時まで さかのぼれば アメリカ独立戦争のため 多額の借金をしています 戦争は高くつくのです 必死で返済を重ねて返しました ところが すぐに南北戦争に入りました さらにお金がかかりました たくさん借りては返済に返済を重ね 完済に近づいたと思ったら どかん! 第一次世界大戦です 最初からまたやり直しです 今度は世界恐慌と第二次世界大戦です 天文学的な額まで借金は増え GDPの約118%までになりました とても持続可能とは言えない 実に危険な橋です しかしまた 返済を重ねてみると 今度は何でしょう? なぜ1970年代から借金額は 右肩上がりなのでしょうか? 穴埋め資金もなく 減税を実行したことが 1つの要因です しかし何よりも社会保障費の増加に原因があります 特に高齢者向けのメディケアです 私たちの債務水準は 第二次世界大戦時に近づいています ベビーブーム世代が まだ退職していないのにこの有様で 彼らが退職すると こういうことになります 連邦議会予算局のこのデータは 現在の状況と期待と傾向が続いた場合の 最も現実的な予測値を示しています

さてお気づきになったでしょうか この2つのグラフは全く同じなのです X軸やY軸や データが何を示すかではなく 倫理的・政治的な意味合いについて 同じことを示しているのです 小難しい議論を説明しましょう

「今 行動を起こさない限り 私たちの命運は尽きる 反対政党の反対側にいる諸君 一体どうした? 現実が見えないのか? 助ける気がないなら失せたまえ」

私たちにはどちらの小惑星も 回避できます 厳密にはどちらの問題も解決可能なのです 政治的信条への徹底した固執こそが 私たちの抱える問題であり悲劇です 「ほら 小惑星がある」 という単なる事実の指摘が 政党が違うだけで 「は? 何? いや 見上げたくもないね」となってしまう

なぜこうなってしまうのか そして私たちに何ができるのか その謎を紐解くためには 倫理心理学について学ぶ必要があります 私は社会心理学者で 倫理について研究しています 倫理の最も大事な原則は 倫理は人をがんじがらめにし 盲目にするということです 倫理は私たちを神聖な価値観ごとの 派閥に拘束し それによって客観的に 現実が見えなくなってしまうのです

このように考えてみてください この惑星で大規模な協力が 見られることは極めて稀です ほんの一握りの種のみが それに成功しています 左はミツバチの巣 右は大きな白アリの巣です このような例を他の動物に探すと いつも同じ答えに行きつきます それは母を同じくする兄弟であるがゆえに 運命共同体なのです 彼らは栄枯盛衰いずれにおいても 常に一緒です それを血筋に関係なく実行できる この惑星にたったひとつの種 ― それが私たちです これは古代のバビロンの復興の様子で こちらはテノチティトランです

私たちはこの発展を いかに成し遂げたのでしょう? 1万年前には狩人であり 採集民であったのが この数千年で巨大な都市を 数多く建てるまでになりました 実に奇跡的です そしてそのひとつの要因として 神聖な価値観に集う能力が あったことは否めません このように古代文明では 寺院や神々が大きな役割を担っていました これはメッカのカーバ神殿 イスラム教徒が旋回している写真です その神聖な石の周りを 人々が連れだって輪を描いて歩くとき 彼らは結びつき 互いに信じ合える ひとつの存在になるのです まるで電流を生み出す磁場で 電線を動かしているかのようです 人々は輪を描いて歩くとき 電流を生み出しているのです 私たちは何かの周りを回るのが好きです 同じ旗の周りを回れば 互いに信じあえる存在になります チーム あるいは集団として 戦うことができます しかし倫理が人々を その集団やチームに結びつけるとはいえ 回り続ける行為は彼らを盲目にしてしまいます 現実を歪めてしまうからです 私たちはすべてのものごとを 善と悪の対立に分け始めます その行為はちょっとした快感です 満足感さえ覚えるでしょう しかしそれは現実の大々的な歪曲なのです

「倫理という名の電磁石」は 連邦議会に影響を及ぼしています このグラフは連邦議会での法案議決が どの程度左翼的または右翼的かの 度合を示した分布表です 議員がどの程度リベラル派か保守派か知っておくと 議員たちが議決に際し どのように投票したか正確に分かります そしてそこから分かることは 南北戦争後 数十年は 連邦議会が予想通り 異常なまでに これ以上不可能なくらいに 二極化していたということです しかし第一次世界大戦が終わると 落ち込んで行き 二極化は歴史的な低水準を 示すまでになりました まさしく超党派の黄金時代でした 政党同士が共同戦線をはって 国家の大問題を解決にあたったのです しかし1980年代から90年代にかけて 「電磁力」のスイッチが再び入り 連邦議会の二極化が進みました 保守派・穏健派・リベラル派の間にはかつて 連邦議会内での協力体制がありました 各々の立場を変え 超党派の委員会を 組織することもできましたが 倫理の「電磁波」が姿を現すと 磁場は強くなり 民主党と共和党は 互いに引き離されました 互いに交流を持つことは難しくなり 協力することも難しくなりました 退職した国会議員たちは その様子をギャングの闘争と呼びました お気付きでしょうか 3回あった討論の場のうち2回は オバマ氏は青の ロムニー氏は赤の ネクタイをつけていたのを? その色を選んだ理由がおわかりですか? 仲間のギャングが誰に投票すればいいか わかるようにです (笑)

二極化の傾向は政治エリートに 最も強く見られるものであり ワシントンで起きているのは明白です しかし その現象が有権者の中でも 起きているのではと疑われてきました この12年間で 有権者の二極化がさらに強まってきました このデータを見てください アメリカの全国選挙調査です この調査の質問形式は 「格付け温度計」と呼ばれているもので あるものに対して温かな気持ちになるか 冷やかな気持ちになるかを表します ネイティブ・アメリカンや軍人 共和党や 民主党などアメリカにおける あらゆるグループに対してです 青い線は民主党員の自分の党に対する 気持ちの温かさで 自分たち自身については随分と肯定的ですね ご覧のように 100点中70点台です 共和党は共和党が好きです 驚くにはあたりませんね しかし 党派をまたいだ評価に注目すると 先程のデータよりは低いとはいえ 実際のところ このデータを初めて見た時 私は驚きました カーターやレーガンの時代を思えば それほど悪い数字ではありません 他政党に43点や45点をつけるというのは ひどい評価とは言えません わずかに評価は低くなりつつありますが ジョージ・W・ブッシュとそれに続く オバマの政権下ではこうなりました 急落しています ここで何かが起きたのです 倫理の「電磁波」のスイッチが再び入りました 現在 もとい最近の結果によると 民主党と共和党は 互いを毛嫌いしています そして私たち有権者も変化の途上にあるのです 倫理の「電磁波」が私たちにも 働き始めたかのようです 太平洋と大西洋が両側から アメリカを引き裂こうとしているようです 右へ左へと自らの領域へ 引っ張ってゆくその様は まさしくストリートギャングです

こういったことが起こってしまう背景には 多くの理由があり その多くは取り返しのつかないものです もはや政治連合は見られないでしょう 共通の敵と戦った第二次世界大戦の経験は もはや遠くなったのです 有名な3つのテレビ局がすべて 比較的中立の視点から報道することも もうありません 多くの南部の保守的な民主党議員や 北部のリベラル派の共和党議員たちが 超党派に出てくる余地を残し 協力を促進することももはや無いでしょう 様々な理由により 第二次世界大戦後の数十年間は 歴史的にみても異例な時代でした 超党派の復権は二度と叶わないでしょう

しかし できることは多くあります 事態をより良くするために 着手すべき改革はまだまだあるのです というのも現在議会に見られる 機能不全の多くは 元をたどれば1990年代に 議会自身がもたらしたもので 内部にさらなる分裂と機能不全を創りだすに至ったからです この変化の詳細は多くの本に書かれています 私のお勧めはこの2冊では 改革政策をいくつも挙げています これらの政策を大きく3つに分類します

まず議会の過度の二極化による 機能不全を問題とするならば 解決への最初のステップは 極端な党派主義者が 当選しないようにすることです 制限予備選挙ならば 投票資格は「献身的」な一握りの 共和党員と民主党員に限られるため 最も極端な党派主義者が選ばれ 指名されてしまいます 誰でも投票できる開放予備選挙を増やせば 事態の深刻さは和らぐでしょう

とはいえ選挙における人選の誤りは 最大の問題ではありません 自らの経験に加え 議会内部の関係筋から聞いたところでは ほとんどの議員は真面目な良い人で 頭も切れて 本気で問題に 取り組もうという志を持っています しかし いったん議員になると 他党の糾弾を奨励し 個々の考えを罰するゲームに 参加させられてしまうのです 既定路線から外れれば 懲罰が待っています このような状況に対抗するため 数多くの改革が必要です

たとえば この「市民連合」体制が 大惨事だったのは 頭にお金という銃を突きつけられて もし規定から外れたり 歩み寄ろうとしたりすれば その銃が火を噴いて 莫大な資金が敵対勢力に流れ ネガティブキャンペーンによって あなたが酷い人間だと宣伝されてしまいます

そこで改革政策の3つめは 連邦議会内の社交関係に 変化をもたらすことを目指しています 私が会った政治家は誰しも外向的で 人当たりがよく 社交的な方々です そしてそれこそが政治の本質なのです 社交関係を築き 取引したり 甘言を弄したり 喜ばせたり 持ち上げたりして 自らの社交性を存分に利用する ― 政治は昔からこのように動いてきました しかし1990年代初頭 まず連邦下院議会が 立法カレンダーを変えて 基本的にすべての案件が 週の中頃に終わるよう計らいました 現在 議員は火曜日の朝に 飛行機で到着すると 2日間議論を戦わせて 木曜日の午後には空港から帰ります 彼らは首都に家族を連れてきません お互いの配偶者や 子供たちと会うこともなく 家族ぐるみでの付き合いは 廃れてしまいました 人間関係なくして議会を運営することは ガソリンなしで 車を走らせようとするのと同じです 驚くにはあたりませんが あらゆるものごとが一瞬で趣を変え 麻痺と分裂が あたり一面で起こり始めたのです 些細な立法カレンダーの変更 ― もう3週間ほど働く代わりに 後で1週間休むという程度の変更が ― 議会の社交関係を根本的に変えてしまったのです

できることはたくさんありますが 誰が議会の背中を押すのでしょうか? 多くの団体がこの問題に取り組んでいます No LabelsやCommon Causeなどは より責任ある民主主義と より効率的な連邦議会の実現に 必要な変化を起こす良い意見を持っています

しかし 私は彼らの仕事を 今からお話しする ちょっとした心理トリックで補完したいと思います 共通の脅威ほど 人を結束させるものはありません あるいは攻撃 特に外国からの侵攻となれば飛びきりです もちろん その脅威が 分裂した私たちの心に直撃しなければの話です そうすれば 私たちは簡単に 分裂させられてしまうでしょう これまで見てきたように 時には 1つの脅威から対立が生まれます それではもし私たちが直面しているのが 単純な脅威ではなく こんなものだとしたらどうでしょう? あまりにも多くのものが迫りくるので とにかく「撃ち方始め! いいから みんな どこでもいいから 撃て!」 という状況だとしたら? まさしく これが私たちの現実です 私たちの国はここまで来ているのです

さて ここでまた別の「小惑星」です 様々なバージョンで見てきた このグラフは 1979年以降の財の変化を示しており このようにアメリカの収入の ほとんどすべてが 20%の富裕層とそのトップの1%の 懐に流れています このような格差の存在は 民主主義を脅かす 数々の問題に関係してきます 特に互いの信頼関係を 壊してしまうことが挙げられます 明らかに運命共同体ではないため そのように感じることが不可能なのです 一部の人間が 安全にで静かに 大きなヨットに寝そべっていて 他の人たちは流木の切れ端に しがみついているのです 運命共同体でないということは つまり共通の利益のために 自らを犠牲にしたがる人はいないということです 左派勢力は30年にわたって この脅威を叫び続けてきました それに対して右派勢力は 「ん?え?問題ないよ」と言ってきました

さて なぜ このように 格差が広がっているのでしょうか? グローバル化の次に 大きなの理由は ― 実はそれが4つ目の 「小惑星」にあたるのですが ― ひとり親家庭の増加です このグラフは1960年以降 婚外子数が 着実に増加していることを示しています 今 ヒスパニック系と黒人の子供たちの ほとんどはシングルマザーの下に生まれます 白人層もその傾向を強めています 10年か20年後には アメリカ人の子供のほとんどは 父親のいない家庭に生まれることでしょう これは家庭の収入が少なくなることを意味します 金銭面だけではありません 家庭の安定をかけた戦いでもあるのです ブラジルでストリート・チルドレンに 接して学んだことですが 母親にできた恋人は しばしば 子供にとって極めて危険な存在です

右翼は1960年代から この「小惑星」のことを叫んできましたが 左翼は「問題ない」の一点張りでした 左翼は結婚が女性と子供にもたらす メリットに言及することに消極的だったのです 断っておくと 私は女性を責めてはいません むしろ私が批判したいのは 我が子への責任を取ろうとしない男性や 子供たちの生活費に足りる お金を稼ぐことが 難しい経済システムの方です もっとも誰に責任を求めずとも 国家の問題は国家の問題です そして一方の人々がもう一方の人々よりも 問題に懸念を抱いているのです 『ニューヨークタイムズ』紙は遂に 昨7月の一面記事で この「小惑星」に気付き 婚姻率の低下がいかに 格差につながっているかを示しました

この国は2つの階級しかない国に なりつつあります 誰もが大学を出て結婚をしていた頃は アメリカはとても低い離婚率を誇っていました 収入は多く 子供の将来に投資をし 一部の母親は子供を厳しく育て 子供たちは可能性を存分に活かして このグラフにあるような 上位2つの線になっていきます そして残りの人々は下にある線です 安定した婚姻による 社会的保護を得られない子供たちは 金銭的投資をしてもらえず したがって家庭環境も安定せず このグラフにおける底辺の3つの線へと 歩みを進めるのです

先程お話ししたように この2つのグラフは同じ現象を表しています 問題があるならば 解決しなければいけません 行動を起こさなければなりません この脅威があなた方には 見えないのはなぜでしょう?

もし誰もが派閥という名の 目隠しを取ることが出来たなら これら2つの問題は 一緒に解決すべき問題だと気付くはずです もし収入格差を憂えているならば 婚姻を奨励している 福音派のキリスト教伝道者に 相談してみるといいかもしれません しかしその方法ではすぐに問題にぶちあたります 女性は一般的には失業者とは 結婚したがりません ではもし家族の絆を改善したいなら リベラルな人々に相談しましょう 教育格差の是正のために働き 最低賃金の底上げを目指し これほどまでに多くの人々が 簡単に犯罪者の烙印を押されて 結婚の望みを生涯断たれてしまうのを 止めようとしている人々です

まとめると 少なくとも4つの小惑星が 我々に襲いかかろうとしています あなたにはいくつ見えますか? もし4つ全てが 国家の問題だと意識する方は 手を挙げて下さい 挙手をお願いします 結構です ほとんど皆さんですね

ようこそ「小惑星」クラブへ あなた方が最初の会員です 反対側の主張が正しいかもしれないと 進んで認めるアメリカ人のクラブです このクラブでは 互いの共通認識を 探すところから始めはしません 共通認識を見つけるのは とても難しいのです そこで共通の脅威を探すところから始めます そうすれば共通の脅威は 共通の認識を生んでくれます

私は世間知らずの理想主義者でしょうか? 手に携えた剣を置いて 左翼と右翼が協力できると信じることが 甘っちょろいのでしょうか? そうは思いません なぜなら実際にできるからです 頻繁ではないものの 協力を示す様々な実例があります 私たちは協力できるのです 文明が廃れてゆくことを 右翼も左翼も共に危惧しているからこそ 何十もの組織をこのような ― 国家レベルから地方レベルのものまで 立ち上げています たとえばフロリダ州タラハシーの To The Village Squareは 州のリーダーたちを招いて一緒に フロリダの問題を 解決するのに必要であった 地方と中央の人間関係を促進させました 右翼も左翼も地球規模での貧困やエイズなど 数多くの人道問題を 重大な問題として認識しています リベラル派と福音派は本来味方同士なのです 時に彼らは協力して 素晴らしい働きをした実績があります 私が最も驚かされたのは 時に犯罪刑法に対してさえ 認識を共有できることです たとえば合衆国の服役者の数 つまり刑務所内人口は 1980年の4倍にもなっています これは社会災害です リベラル派はこの問題に悩んでいます 南部貧困法律センターは 若くて貧しい若者を 刑務所に送るシステムを防ぐため 刑産複合体と頻繁に戦っています 保守派はこのシステムに 満足なのでしょうか? グローバー・ノーキスト氏は違います このシステムを維持するには 信じがたいほどのコストが必要なのです このような刑産複合体は 私たちの国を破産させ 魂を堕落させているので これを危惧した財政保守派と キリスト教保守派が集まり Right on Crime(犯罪に正当さを) という団体を立ち上げました 時に彼らは南部貧困法律センターと協力して 新たな刑務所建設に対する 反対運動を起こし より効率的かつ人道的な刑法システムに 修正するため 日夜働いています

したがって協力は可能なのです 私たちにはできるのです さあ戦場に向かいましょう 互いに戦うのではなく 襲いかかってくる小惑星を回避するために まずは連邦議会それ自体の改革を させるところから始めましょう 私たちの国にとって手遅れにならないうちに

ありがとうございました (拍手)

So if you've been following the news, you've heard that there's a pack of giant asteroids headed for the United States, all scheduled to strike within the next 50 years. Now I don't mean actual asteroids made of rock and metal. That actually wouldn't be such a problem, because if we were really all going to die, we would put aside our differences, we'd spend whatever it took, and we'd find a way to deflect them. I'm talking instead about threats that are headed our way, but they're wrapped in a special energy field that polarizes us, and therefore paralyzes us.

Last March, I went to the TED conference, and I saw Jim Hansen speak, the NASA scientist who first raised the alarm about global warming in the 1980s, and it seems that the predictions he made back then are coming true. This is where we're headed in terms of global temperature rises, and if we keep on going the way we're going, we get a four- or five-degree-Centigrade temperature rise by the end of this century. Hansen says we can expect about a five-meter rise in sea levels. This is what a five-meter rise in sea levels would look like. Low-lying cities all around the world will disappear within the lifetime of children born today. Hansen closed his talk by saying, "Imagine a giant asteroid on a collision course with Earth. That is the equivalent of what we face now. Yet we dither, taking no action to deflect the asteroid, even though the longer we wait, the more difficult and expensive it becomes." Of course, the left wants to take action, but the right denies that there's any problem.

All right, so I go back from TED, and then the following week, I'm invited to a dinner party in Washington, D.C., where I know that I'll be meeting a number of conservative intellectuals, including Yuval Levin, and to prepare for the meeting, I read this article by Levin in National Affairs called "Beyond the Welfare State." Levin writes that all over the world, nations are coming to terms with the fact that the social democratic welfare state is turning out to be untenable and unaffordable, dependent upon dubious economics and the demographic model of a bygone era.

All right, now this might not sound as scary as an asteroid, but look at these graphs that Levin showed. This graph shows the national debt as a percentage of America's GDP, and as you see, if you go all the way back to the founding, we borrowed a lot of money to fight the Revolutionary War. Wars are expensive. But then we'd pay it off, pay it off, pay it off, and then, oh, what's this? The Civil War. Even more expensive. Borrow a lot of money, pay it off, pay it off, pay it off, get down to near zero, and bang! -- World War I. Once again, the same process repeats. Now then we get the Great Depression and World War II. We rise to an astronomical level, around 118 percent of GDP, really unsustainable, really dangerous. But we pay it off, pay it off, pay it off, and then, what's this? Why has it been rising since the '70s? It's partly due to tax cuts that were unfunded, but it's due primarily to the rise of entitlement spending, especially Medicare. We're approaching the levels of indebtedness we had at World War II, and the baby boomers haven't even retired yet, and when they do, this is what will happen. This is data from the Congressional Budget Office showing its most realistic forecast of what would happen if current situations and expectations and trends are extended.

All right, now what you might notice is that these two graphs are actually identical, not in terms of the x- and y-axes, or in terms of the data they present, but in terms of their moral and political implications, they say the same thing. Let me translate for you.

"We are doomed unless we start acting now. What's wrong with you people on the other side in the other party? Can't you see reality? If you won't help, then get the hell out of the way."

We can deflect both of these asteroids. These problems are both technically solvable. Our problem and our tragedy is that in these hyper-partisan times, the mere fact that one side says, "Look, there's an asteroid," means that the other side's going to say, "Huh? What? No, I'm not even going to look up. No."

To understand why this is happening to us, and what we can do about it, we need to learn more about moral psychology. So I'm a social psychologist, and I study morality, and one of the most important principles of morality is that morality binds and blinds. It binds us into teams that circle around sacred values but thereby makes us go blind to objective reality.

Think of it like this. Large-scale cooperation is extremely rare on this planet. There are only a few species that can do it. That's a beehive. That's a termite mound, a giant termite mound. And when you find this in other animals, it's always the same story. They're always all siblings who are children of a single queen, so they're all in the same boat. They rise or fall, they live or die, as one. There's only one species on the planet that can do this without kinship, and that, of course, is us. This is a reconstruction of ancient Babylon, and this is Tenochtitlan.

Now how did we do this? How did we go from being hunter-gatherers 10,000 years ago to building these gigantic cities in just a few thousand years? It's miraculous, and part of the explanation is this ability to circle around sacred values. As you see, temples and gods play a big role in all ancient civilizations. This is an image of Muslims circling the Kaaba in Mecca. It's a sacred rock, and when people circle something together, they unite, they can trust each other, they become one. It's as though you're moving an electrical wire through a magnetic field that generates current. When people circle together, they generate a current. We love to circle around things. We circle around flags, and then we can trust each other. We can fight as a team, as a unit. But even as morality binds people together into a unit, into a team, the circling blinds them. It causes them to distort reality. We begin separating everything into good versus evil. Now that process feels great. It feels really satisfying. But it is a gross distortion of reality.

You can see the moral electromagnet operating in the U.S. Congress. This is a graph that shows the degree to which voting in Congress falls strictly along the left-right axis, so that if you know how liberal or conservative someone is, you know exactly how they voted on all the major issues. And what you can see is that, in the decades after the Civil War, Congress was extraordinarily polarized, as you would expect, about as high as can be. But then, after World War I, things dropped, and we get this historically low level of polarization. This was a golden age of bipartisanship, at least in terms of the parties' ability to work together and solve grand national problems. But in the 1980s and '90s, the electromagnet turns back on. Polarization rises. It used to be that conservatives and moderates and liberals could all work together in Congress. They could rearrange themselves, form bipartisan committees, but as the moral electromagnet got cranked up, the force field increased, Democrats and Republicans were pulled apart. It became much harder for them to socialize, much harder for them to cooperate. Retiring members nowadays say that it's become like gang warfare. Did anybody notice that in two of the three debates, Obama wore a blue tie and Romney wore a red tie? Do you know why they do this? It's so that the Bloods and the Crips will know which side to vote for. (Laughter)

The polarization is strongest among our political elites. Nobody doubts that this is happening in Washington. But for a while, there was some doubt as to whether it was happening among the people. Well, in the last 12 years it's become much more apparent that it is. So look at this data. This is from the American National Elections Survey. And what they do on that survey is they ask what's called a feeling thermometer rating. So, how warm or cold do you feel about, you know, Native Americans, or the military, the Republican Party, the Democratic Party, all sorts of groups in American life. The blue line shows how warmly Democrats feel about Democrats, and they like them. You know, ratings in the 70s on a 100-point scale. Republicans like Republicans. That's not a surprise. But when you look at cross-party ratings, you find, well, that it's lower, but actually, when I first saw this data, I was surprised. That's actually not so bad. If you go back to the Carter and even Reagan administrations, they were rating the other party 43,45. It's not terrible. It drifts downwards very slightly, but now look what happens under George W. Bush and Obama. It plummets. Something is going on here. The moral electromagnet is turning back on, and nowadays, just very recently, Democrats really dislike Republicans. Republicans really dislike the Democrats. We're changing. It's as though the moral electromagnet is affecting us too. It's like put out in the two oceans and it's pulling the whole country apart, pulling left and right into their own territories like the Bloods and the Crips.

Now, there are many reasons why this is happening to us, and many of them we can not reverse. We will never again have a political class that was forged by the experience of fighting together in World War II against a common enemy. We will never again have just three television networks, all of which are relatively centrist. And we will never again have a large group of conservative southern Democrats and liberal northern Republicans making it easy, making there be a lot of overlap for bipartisan cooperation. So for a lot of reasons, those decades after the Second World War were an historically anomalous time. We will never get back to those low levels of polarization, I believe.

But there's a lot that we can do. There are dozens and dozens of reforms we can do that will make things better, because a lot of our dysfunction can be traced directly to things that Congress did to itself in the 1990s that created a much more polarized and dysfunctional institution. These changes are detailed in many books. These are two that I strongly recommend, and they list a whole bunch of reforms. I'm just going to group them into three broad classes here.

So if you think about this as the problem of a dysfunctional, hyper-polarized institution, well, the first step is, do what you can so that fewer hyper-partisans get elected in the first place, and when you have closed party primaries, and only the most committed Republicans and Democrats are voting, you're nominating and selecting the most extreme hyper-partisans. So open primaries would make that problem much, much less severe.

But the problem isn't primarily that we're electing bad people to Congress. From my experience, and from what I've heard from Congressional insiders, most of the people going to Congress are good, hard-working, intelligent people who really want to solve problems, but once they get there, they find that they are forced to play a game that rewards hyper-partisanship and that punishes independent thinking. You step out of line, you get punished. So there are a lot of reforms we could do that will counteract this.

For example, this "Citizens United" ruling is a disaster, because it means there's like a money gun aimed at your head, and if you step out of line, if you try to reach across the aisle, there's a ton of money waiting to be given to your opponent to make everybody think that you are a terrible person through negative advertising.

But the third class of reforms is that we've got to change the nature of social relationships in Congress. The politicians I've met are generally very extroverted, friendly, very socially skillful people, and that's the nature of politics. You've got to make relationships, make deals, you've got to cajole, please, flatter, you've got to use your personal skills, and that's the way politics has always worked. But beginning in the 1990s, first the House of Representatives changed its legislative calendar so that all business is basically done in the middle of the week. Nowadays, Congressmen fly in on Tuesday morning, they do battle for two days, then they fly home Thursday afternoon. They don't move their families to the District. They don't meet each other's spouses or children. There's no more relationship there. And trying to run Congress without human relationships is like trying to run a car without motor oil. Should we be surprised when the whole thing freezes up and descends into paralysis and polarization? A simple change to the legislative calendar, such as having business stretch out for three weeks and then they get a week off to go home, that would change the fundamental relationships in Congress.

So there's a lot we can do, but who's going to push them to do it? There are a number of groups that are working on this. No Labels and Common Cause, I think, have very good ideas for changes we need to do to make our democracy more responsive and our Congress more effective.

But I'd like to supplement their work with a little psychological trick, and the trick is this. Nothing pulls people together like a common threat or a common attack, especially an attack from a foreign enemy, unless of course that threat hits on our polarized psychology, in which case, as I said before, it can actually pull us apart. Sometimes a single threat can polarize us, as we saw. But what if the situation we face is not a single threat but is actually more like this, where there's just so much stuff coming in, it's just, "Start shooting, come on, everybody, we've got to just work together, just start shooting." Because actually, we do face this situation. This is where we are as a country.

So here's another asteroid. We've all seen versions of this graph, right, which shows the changes in wealth since 1979, and as you can see, almost all the gains in wealth have gone to the top 20 percent, and especially the top one percent. Rising inequality like this is associated with so many problems for a democracy. Especially, it destroys our ability to trust each other, to feel that we're all in the same boat, because it's obvious we're not. Some of us are sitting there safe and sound in gigantic private yachts. Other people are clinging to a piece of driftwood. We're not all in the same boat, and that means nobody's willing to sacrifice for the common good. The left has been screaming about this asteroid for 30 years now, and the right says, "Huh, what? Hmm? No problem. No problem."

Now, why is that happening to us? Why is the inequality rising? Well,one of the largest causes, after globalization, is actually this fourth asteroid, rising non-marital births. This graph shows the steady rise of out-of-wedlock births since the 1960s. Most Hispanic and black children are now born to unmarried mothers. Whites are headed that way too. Within a decade or two, most American children will be born into homes with no father. This means that there's much less money coming into the house. But it's not just money. It's also stability versus chaos. As I know from working with street children in Brazil, Mom's boyfriend is often a really, really dangerous person for kids.

Now the right has been screaming about this asteroid since the 1960s, and the left has been saying, "It's not a problem. It's not a problem." The left has been very reluctant to say that marriage is actually good for women and for children. Now let me be clear. I'm not blaming the women here. I'm actually more critical of the men who won't take responsibility for their own children and of an economic system that makes it difficult for many men to earn enough money to support those children. But even if you blame nobody, it still is a national problem, and one side has been more concerned about it than the other. The New York Times finally noticed this asteroid with a front-page story last July showing how the decline of marriage contributes to inequality.

We are becoming a nation of just two classes. When Americans go to college and marry each other, they have very low divorce rates. They earn a lot of money, they invest that money in their kids, some of them become tiger mothers, the kids rise to their full potential, and the kids go on to become the top two lines in this graph. And then there's everybody else: the children who don't benefit from a stable marriage, who don't have as much invested in them, who don't grow up in a stable environment, and who go on to become the bottom three lines in that graph.

So once again, we see that these two graphs are actually saying the same thing. As before, we've got a problem, we've got to start working on this, we've got to do something, and what's wrong with you people that you don't see my threat?

But if everybody could just take off their partisan blinders, we'd see that these two problems actually are best addressed together. Because if you really care about income inequality, you might want to talk to some evangelical Christian groups that are working on ways to promote marriage. But then you're going to run smack into the problem that women don't generally want to marry someone who doesn't have a job. So if you really care about strengthening families, you might want to talk to some liberal groups who are working on promoting educational equality, who are working on raising the minimum wage, who are working on finding ways to stop so many men from being sucked into the criminal justice system and taken out of the marriage market for their whole lives.

So to conclude, there are at least four asteroids headed our way. How many of you can see all four? Please raise your hand right now if you're willing to admit that all four of these are national problems. Please raise your hands. Okay, almost all of you.

Well, congratulations, you guys are the inaugural members of the Asteroids Club, which is a club for all Americans who are willing to admit that the other side actually might have a point. In the Asteroids Club, we don't start by looking for common ground. Common ground is often very hard to find. No, we start by looking for common threats because common threats make common ground.

Now, am I being naive? Is it naive to think that people could ever lay down their swords, and left and right could actually work together? I don't think so, because it happens, not all that often, but there are a variety of examples that point the way. This is something we can do. Because Americans on both sides care about the decline in civility, and they've formed dozens of organizations, at the national level, such as this one, down to many local organizations, such as To The Village Square in Tallahassee, Florida, which tries to bring state leaders together to help facilitate that sort of working together human relationship that's necessary to solve Florida's problems. Americans on both sides care about global poverty and AIDS, and on so many humanitarian issues, liberals and evangelicals are actually natural allies, and at times they really have worked together to solve these problems. And most surprisingly to me, they sometimes can even see eye to eye on criminal justice. For example, the incarceration rate, the prison population in this country has quadrupled since 1980. Now this is a social disaster, and liberals are very concerned about this. The Southern Poverty Law Center is often fighting the prison-industrial complex, fighting to prevent a system that's just sucking in more and more poor young men. But are conservatives happy about this? Well, Grover Norquist isn't, because this system costs an unbelievable amount of money. And so, because the prison-industrial complex is bankrupting our states and corroding our souls, groups of fiscal conservatives and Christian conservatives have come together to form a group called Right on Crime. And at times they have worked with the Southern Poverty Law Center to oppose the building of new prisons and to work for reforms that will make the justice system more efficient and more humane.

So this is possible. We can do it. Let us therefore go to battle stations, not to fight each other, but to begin deflecting these incoming asteroids. And let our first mission be to press Congress to reform itself, before it's too late for our nation.

Thank you. (Applause)

So/ if you've been following the news,/ you've heard/ that there's a pack of giant asteroids headed for the United States,/ all scheduled to strike/ within the next 50 years.//

ニュースを見ている方はご存知のように たくさんの巨大な小惑星が アメリカへと向かっており 50年以内にそのすべてが 衝突するとされています

Now/ I don't mean/ actual asteroids made of rock and metal.//

岩石や金属でできた 実際の小惑星の話ではありません

That actually wouldn't be such a problem,/ because/ if we were really all going to die,/ we would put aside/ our differences,/ we'd spend/ whatever it took,/ and we'd find a way/ to deflect them.//

それなら さして問題ではないのです というのも 私たち全員の命が かかっているなら 互いの争いは二の次にして いかなる手を使ってでも 小惑星を回避する方法を見つけるでしょうから

I'm talking/ instead/ about threats/ that are headed our way,/ but they're wrapped in a special energy field/ that polarizes us,/ and therefore paralyzes us.//

私が言うのは 小惑星ではなく 迫り来る脅威のことです 独特の熱気とオーラに包まれていて 我々を極端に走らせ それによって麻痺してしまうものです

Last March,/ I went to the TED conference,/ and I saw Jim Hansen speak,/ the NASA scientist/ who first raised the alarm/ about global warming/ in the 1980s,/ and it seems/ that the predictions/ he made back/ then are coming true.//

3月にTEDカンファレンスで NASAの科学者 ジム・ハンセン氏の講演を聴きました 彼は誰よりも早く1980年代に 地球温暖化の警鐘を鳴らし 当時彼が立てた予測は 現実のものになりつつあります

This is/ where we're headed in terms of global temperature rises,/ and/ if we keep on going the way/ we're going,/ we get a four- or five-degree-Centigrade temperature rise/ by the end of this century.//

私たちはこのように地球温暖化に向かっています もしこの道をこのまま行くならば 今世紀の終わりまでに 摂氏にして4度から5度 温暖化が進みます

Hansen says/ we can expect about a five-meter rise/ in sea levels.//

ハンセン氏によると 5メートルの海面上昇が見込まれます

This is/ what a five-meter rise/ in sea levels would look like.//

5メートル海面が上昇するとこうなります

Low-lying cities all/ around the world will disappear within the lifetime of children/ born today.//

今日生まれた子供がまだ生きているうちに 世界中の海抜の低い都市は 姿を消します

Hansen closed his talk/ by saying,/ "Imagine a giant asteroid/ on a collision course/ with Earth.//

ハンセン氏は最後にこう述べました 「巨大な小惑星が地球に衝突しつつある そんな様子を思い浮かべてごらんなさい

That is the equivalent of what we face now.//

それに等しい事態に 私たちは直面しているのです

Yet we dither,/ taking no action to deflect the asteroid,/ even though the longer/ we wait,/ the more difficult and expensive/ it becomes."//

小惑星を回避するため 何の行動も起こさないようでは 待てば待つほど 解決はより難しくなり よりお金がかかるようになります」

Of course,/ the left wants to take/ action,/ but the right denies/ that there's any problem.//

もちろん 左翼は行動を起こしたがる一方 右翼は そこに問題があることさえ 否定するのです

All right,/ so I go back/ from TED,/ and then/ the following week,/ I'm invited to a dinner party/ in Washington,/ D.C.//,/ where I know/ that I'll be meeting a number of conservative intellectuals,/ including/ Yuval Levin,/ and to prepare for the meeting,/ I read this article/ by Levin/ in National Affairs called "Beyond the Welfare State."//

TEDから帰ってきたその翌週 ワシントンD.C.で ある晩餐会に招かれました ユヴァル・レヴィン氏を筆頭に たくさんの保守派の知識人と 会うことがわかっていたので 先立って『ナショナル・アフェアーズ』に レヴィン氏により寄稿されていた 論文「福祉国家を越えて」を読みました

Levin writes/ that all/ over the world,/ nations are coming to terms/ with the fact/ that the social democratic welfare state is turning out/ to be untenable and unaffordable,/ dependent/ upon dubious economics and the demographic model of a bygone era.//

レヴィン氏は次のように書いています 「世界中の国々は 社会民主主義的な福祉国家が もはや受けいれがたく 負担しきれないものになりつつあり 怪しげな経済ロジックに頼り 時代遅れの人口統計モデルに 依存していることを受け止めつつある」と

All right,/ now/ this might not sound as scary/ as an asteroid,/ but look at these graphs/ that Levin showed.//

さて 小惑星ほど怖ろしくはないけれど レヴィン氏提供のグラフを見てみましょう

This graph shows the national debt/ as a percentage of America's GDP,/ and/ as you see,/ if you go all the way back/ to the founding,/ we borrowed a lot of money/ to fight the Revolutionary War.//

このグラフはアメリカの国債を 対GDP比率で示しています このように はるばる建国時まで さかのぼれば アメリカ独立戦争のため 多額の借金をしています

Wars are expensive.// But then/ we'd pay it off,/ pay it off,/ pay it off,/ and then,/ oh,/ what's this?// The Civil War.// Even/ more expensive.//

戦争は高くつくのです 必死で返済を重ねて返しました ところが すぐに南北戦争に入りました さらにお金がかかりました

Borrow/ a lot of money,/ pay it off,/ pay it off,/ pay it off,/ get down to/ near zero,/ and bang!// --/ World War I.//

たくさん借りては返済に返済を重ね 完済に近づいたと思ったら どかん! 第一次世界大戦です

Once again,/ the same process repeats.//

最初からまたやり直しです

Now then/ we get the Great Depression and World War II.//

今度は世界恐慌と第二次世界大戦です

We rise to an astronomical level,/ around 118 percent of GDP,/ really unsustainable,/ really/ dangerous.//

天文学的な額まで借金は増え GDPの約118%までになりました とても持続可能とは言えない 実に危険な橋です

But we pay it off,/ pay it off,/ pay it off,/ and then,/ what's this?//

しかしまた 返済を重ねてみると 今度は何でしょう?

Why has it been rising/ since the '70s?//

なぜ1970年代から借金額は 右肩上がりなのでしょうか?

It's partly due/ to tax cuts/ that were unfunded,/ but it's due primarily/ to the rise of entitlement spending,/ especially/ Medicare.//

穴埋め資金もなく 減税を実行したことが 1つの要因です しかし何よりも社会保障費の増加に原因があります 特に高齢者向けのメディケアです

We're approaching/ the levels of indebtedness/ we had at World War II,/ and the baby boomers haven't even retired yet,/ and when they do,/ this is/ what will happen.//

私たちの債務水準は 第二次世界大戦時に近づいています ベビーブーム世代が まだ退職していないのにこの有様で 彼らが退職すると こういうことになります

This is data/ from the Congressional Budget Office/ showing its most realistic forecast of what would happen/ if current situations and expectations and trends are extended.//

連邦議会予算局のこのデータは 現在の状況と期待と傾向が続いた場合の 最も現実的な予測値を示しています

All right,/ now/ what you might notice/ is/ that these two graphs are actually identical,/ not in terms of the x- and y-axes,/ or in terms of the data/ they present,/ but in terms of their moral and political implications,/ they say the same thing.//

さてお気づきになったでしょうか この2つのグラフは全く同じなのです X軸やY軸や データが何を示すかではなく 倫理的・政治的な意味合いについて 同じことを示しているのです

Let me/ translate for you.//

小難しい議論を説明しましょう

"We are doomed/ unless we start acting/ now.//

「今 行動を起こさない限り 私たちの命運は尽きる

What's wrong/ with you/ people/ on the other side/ in the other party?//

反対政党の反対側にいる諸君 一体どうした?

Can't you see reality?// If you won't help,/ then get the hell/ out of the way."//

現実が見えないのか? 助ける気がないなら失せたまえ」

We can deflect both of these asteroids.//

私たちにはどちらの小惑星も 回避できます

These problems are both technically solvable.//

厳密にはどちらの問題も解決可能なのです

Our problem/ and our tragedy is/ that in these hyper-partisan times,/ the mere fact/ that one side says,/ "Look,/ there's an asteroid,/"/ means/ that the other side's going to say,/ "Huh?// What?//

政治的信条への徹底した固執こそが 私たちの抱える問題であり悲劇です 「ほら 小惑星がある」 という単なる事実の指摘が 政党が違うだけで 「は? 何?

No, I'm not even going to look/ up.// No."//

いや 見上げたくもないね」となってしまう

To understand/ why this is happening to us,/ and what we can do about it,/ we need to learn/ more/ about moral psychology.//

なぜこうなってしまうのか そして私たちに何ができるのか その謎を紐解くためには 倫理心理学について学ぶ必要があります

So I'm a social psychologist,/ and I study morality,/ and one of the most important principles of morality is/ that morality binds and blinds.//

私は社会心理学者で 倫理について研究しています 倫理の最も大事な原則は 倫理は人をがんじがらめにし 盲目にするということです

It binds us/ into teams/ that circle around sacred values/ but thereby makes us go blind/ to objective reality.//

倫理は私たちを神聖な価値観ごとの 派閥に拘束し それによって客観的に 現実が見えなくなってしまうのです

Think of it/ like this.//

このように考えてみてください

この惑星で大規模な協力が 見られることは極めて稀です

There are only a few species/ that can do it.//

ほんの一握りの種のみが それに成功しています

That's a beehive.// That's a termite mound,/ a giant termite mound.//

左はミツバチの巣 右は大きな白アリの巣です

And when you find this/ in other animals,/ it's always/ the same story.//

このような例を他の動物に探すと いつも同じ答えに行きつきます

They're always/ all siblings/ who are children of a single queen,/ so they're all/ in the same boat.//

それは母を同じくする兄弟であるがゆえに 運命共同体なのです

They rise or fall,/ they live or die,/ as one.//

彼らは栄枯盛衰いずれにおいても 常に一緒です

There's only one species/ on the planet/ that can do this/ without kinship,/ and/ that,/ of course,/ is us.//

それを血筋に関係なく実行できる この惑星にたったひとつの種 ― それが私たちです

This is a reconstruction of ancient Babylon,/ and this is Tenochtitlan.//

これは古代のバビロンの復興の様子で こちらはテノチティトランです

Now/ how did we do this?// How did we go from being hunter-gatherers/ 10,000 years ago/ to building these gigantic cities/ in just a few thousand years?//

私たちはこの発展を いかに成し遂げたのでしょう? 1万年前には狩人であり 採集民であったのが この数千年で巨大な都市を 数多く建てるまでになりました

It's miraculous,/ and part of the explanation is this ability/ to circle around sacred values.//

実に奇跡的です そしてそのひとつの要因として 神聖な価値観に集う能力が あったことは否めません

As you see,/ temples and gods play a big role/ in all ancient civilizations.//

このように古代文明では 寺院や神々が大きな役割を担っていました

This is an image of Muslims/ circling the Kaaba/ in Mecca.//

これはメッカのカーバ神殿 イスラム教徒が旋回している写真です

It's a sacred rock,/ and when people circle something together,/ they unite,/ they can trust each other,/ they become one.//

その神聖な石の周りを 人々が連れだって輪を描いて歩くとき 彼らは結びつき 互いに信じ合える ひとつの存在になるのです

It's/ as though you're moving/ an electrical wire/ through a magnetic field/ that generates current.//

まるで電流を生み出す磁場で 電線を動かしているかのようです

When people circle together,/ they generate a current.//

人々は輪を描いて歩くとき 電流を生み出しているのです

We love to circle/ around things.//

私たちは何かの周りを回るのが好きです

We circle around flags,/ and then/ we can trust each other.//

同じ旗の周りを回れば 互いに信じあえる存在になります

We can fight as a team,/ as a unit.//

チーム あるいは集団として 戦うことができます

But/ even as morality binds people together/ into a unit,/ into a team,/ the circling blinds them.//

しかし倫理が人々を その集団やチームに結びつけるとはいえ 回り続ける行為は彼らを盲目にしてしまいます

It causes them/ to distort reality.//

現実を歪めてしまうからです

We begin separating/ everything/ into good/ versus evil.//

私たちはすべてのものごとを 善と悪の対立に分け始めます

Now/ that process feels great.// It feels really/ satisfying.//

その行為はちょっとした快感です 満足感さえ覚えるでしょう

But it is a gross distortion of reality.//

しかしそれは現実の大々的な歪曲なのです

You can see the moral electromagnet/ operating in the U.S.// Congress.//

「倫理という名の電磁石」は 連邦議会に影響を及ぼしています

This is a graph/ that shows the degree/ to/ which voting in Congress falls strictly/ along the left-right axis,/ so that/ if you know/ how liberal or conservative someone is,/ you know exactly/ how they voted on all the major issues.//

このグラフは連邦議会での法案議決が どの程度左翼的または右翼的かの 度合を示した分布表です 議員がどの程度リベラル派か保守派か知っておくと 議員たちが議決に際し どのように投票したか正確に分かります

And what you can see/ is/ that,/ in the decades/ after the Civil War,/ Congress was extraordinarily polarized,/ as you would expect,/ about as high/ as can be.//

そしてそこから分かることは 南北戦争後 数十年は 連邦議会が予想通り 異常なまでに これ以上不可能なくらいに 二極化していたということです

But then,/ after World War I,/ things dropped,/ and we get this historically low level of polarization.//

しかし第一次世界大戦が終わると 落ち込んで行き 二極化は歴史的な低水準を 示すまでになりました

This was a golden age of bipartisanship,/ at least/ in terms of the parties/' ability to work together/ and solve grand national problems.//

まさしく超党派の黄金時代でした 政党同士が共同戦線をはって 国家の大問題を解決にあたったのです

But in the 1980s and '90s,/ the electromagnet turns back/ on.//

しかし1980年代から90年代にかけて 「電磁力」のスイッチが再び入り

Polarization rises.//

連邦議会の二極化が進みました

It used to be/ that conservatives and moderates and liberals could all work together/ in Congress.//

保守派・穏健派・リベラル派の間にはかつて 連邦議会内での協力体制がありました

各々の立場を変え 超党派の委員会を 組織することもできましたが 倫理の「電磁波」が姿を現すと 磁場は強くなり 民主党と共和党は 互いに引き離されました

It became much harder/ for them/ to socialize,/ much harder/ for them to cooperate.//

互いに交流を持つことは難しくなり 協力することも難しくなりました

Retiring members/ nowadays say/ that it's become like gang warfare.//

退職した国会議員たちは その様子をギャングの闘争と呼びました

Did anybody notice/ that in two of the three debates,/ Obama wore a blue tie and Romney wore a red tie?//

お気付きでしょうか 3回あった討論の場のうち2回は オバマ氏は青の ロムニー氏は赤の ネクタイをつけていたのを?

Do you know/ why they do this?//

その色を選んだ理由がおわかりですか?

It's/ so that the Bloods/ and the Crips will know/ which side/ to vote for.// (Laughter)//

仲間のギャングが誰に投票すればいいか わかるようにです (笑)

The polarization is strongest/ among our political elites.//

二極化の傾向は政治エリートに 最も強く見られるものであり

Nobody doubts/ that this is happening in Washington.//

ワシントンで起きているのは明白です

But/ for a while,/ there was some doubt/ as/ to/ whether it was happening among the people.//

しかし その現象が有権者の中でも 起きているのではと疑われてきました

Well,/ in the last 12 years/ it's become much more apparent/ that it is.//

この12年間で 有権者の二極化がさらに強まってきました

So look at this data.// This is from the American National Elections Survey.//

このデータを見てください アメリカの全国選挙調査です

And/ what they do on that survey is they ask/ what's called a feeling thermometer rating.//

この調査の質問形式は 「格付け温度計」と呼ばれているもので

So,/ how warm or cold do/ you feel about,/ you know,/ Native Americans,/ or the military,/ the Republican Party,/ the Democratic Party,/ all sorts of groups/ in American life.//

あるものに対して温かな気持ちになるか 冷やかな気持ちになるかを表します ネイティブ・アメリカンや軍人 共和党や 民主党などアメリカにおける あらゆるグループに対してです

The blue line shows/ how warmly/ Democrats feel about Democrats,/ and they like them.//

青い線は民主党員の自分の党に対する 気持ちの温かさで 自分たち自身については随分と肯定的ですね

You know,/ ratings/ in the 70s/ on a 100-point scale.//

ご覧のように 100点中70点台です

Republicans/ like Republicans.// That's not a surprise.//

共和党は共和党が好きです 驚くにはあたりませんね

But when you look at cross-party ratings,/ you find,/ well,/ that it's lower,/ but actually,/ when I first saw this data,/ I was surprised.//

しかし 党派をまたいだ評価に注目すると 先程のデータよりは低いとはいえ 実際のところ このデータを初めて見た時 私は驚きました

That's actually not so bad.// If you go back/ to the Carter and even Reagan administrations,/ they were rating the other party 43,45.// It's not terrible.//

カーターやレーガンの時代を思えば それほど悪い数字ではありません 他政党に43点や45点をつけるというのは ひどい評価とは言えません

It drifts downwards very slightly,/ but now look/ what happens under George W.// Bush and Obama.//

わずかに評価は低くなりつつありますが ジョージ・W・ブッシュとそれに続く オバマの政権下ではこうなりました

It plummets.// Something is going on/ here.//

急落しています ここで何かが起きたのです

The moral electromagnet is turning back on,/ and nowadays,/ just very recently,/ Democrats really dislike Republicans.//

倫理の「電磁波」のスイッチが再び入りました 現在 もとい最近の結果によると 民主党と共和党は 互いを毛嫌いしています

Republicans really dislike the Democrats.// We're changing.//

そして私たち有権者も変化の途上にあるのです

It's/ as though the moral electromagnet is affecting us too.//

倫理の「電磁波」が私たちにも 働き始めたかのようです

It's like put out/ in the two oceans/ and it's pulling the whole country apart,/ pulling left/ and right/ into their own territories/ like the Bloods and the Crips.//

太平洋と大西洋が両側から アメリカを引き裂こうとしているようです 右へ左へと自らの領域へ 引っ張ってゆくその様は まさしくストリートギャングです

Now,/ there are many reasons/ why this is happening to us,/ and many of them/ we can not reverse.//

こういったことが起こってしまう背景には 多くの理由があり その多くは取り返しのつかないものです

We will never again have a political class/ that was forged by the experience of fighting together/ in World War II/ against a common enemy.//

もはや政治連合は見られないでしょう 共通の敵と戦った第二次世界大戦の経験は もはや遠くなったのです

We will never again have just three television networks,/ all of which are relatively centrist.//

有名な3つのテレビ局がすべて 比較的中立の視点から報道することも もうありません

And we will never again have a large group of conservative southern Democrats/ and liberal northern Republicans/ making it easy,/ making there be a lot of overlap/ for bipartisan cooperation.//

多くの南部の保守的な民主党議員や 北部のリベラル派の共和党議員たちが 超党派に出てくる余地を残し 協力を促進することももはや無いでしょう

So/ for a lot of reasons,/ those decades/ after the Second World War were an historically anomalous time.//

様々な理由により 第二次世界大戦後の数十年間は 歴史的にみても異例な時代でした

We will never get back/ to those low levels of polarization,/ I believe.//

超党派の復権は二度と叶わないでしょう

But there's a lot/ that we can do.// There are/ dozens and dozens of reforms we can do that will make things better,/ because a lot of our dysfunction can be traced directly/ to things/ that Congress did to itself/ in the 1990s/ that created a much more polarized and dysfunctional institution.//

しかし できることは多くあります 事態をより良くするために 着手すべき改革はまだまだあるのです というのも現在議会に見られる 機能不全の多くは 元をたどれば1990年代に 議会自身がもたらしたもので 内部にさらなる分裂と機能不全を創りだすに至ったからです

These changes are detailed in many books.//

この変化の詳細は多くの本に書かれています

These are two/ that I strongly recommend,/ and they list a whole bunch of reforms.//

私のお勧めはこの2冊では 改革政策をいくつも挙げています

I'm just going to group/ them/ into three broad classes here.//

これらの政策を大きく3つに分類します

So/ if you think about this/ as the problem of a dysfunctional, hyper-polarized institution,/ well,/ the first step is,/ do/ what you can/ so that fewer hyper-partisans get elected in the first place,/ and when you have closed party primaries,/ and only the most committed Republicans and Democrats are voting,/ you're nominating and selecting/ the most extreme hyper-partisans.//

まず議会の過度の二極化による 機能不全を問題とするならば 解決への最初のステップは 極端な党派主義者が 当選しないようにすることです 制限予備選挙ならば 投票資格は「献身的」な一握りの 共和党員と民主党員に限られるため 最も極端な党派主義者が選ばれ 指名されてしまいます

So open primaries would make that problem much,/ much less severe.//

誰でも投票できる開放予備選挙を増やせば 事態の深刻さは和らぐでしょう

But the problem isn't primarily/ that we're electing/ bad people/ to Congress.//

とはいえ選挙における人選の誤りは 最大の問題ではありません

From my experience, and from what I've heard from Congressional insiders,/ most of the people/ going to Congress are good, hard-working, intelligent people/ who really want to solve/ problems,/ but/ once they get there,/ they find/ that they are forced to play/ a game/ that rewards hyper-partisanship/ and that punishes independent/ thinking.//

自らの経験に加え 議会内部の関係筋から聞いたところでは ほとんどの議員は真面目な良い人で 頭も切れて 本気で問題に 取り組もうという志を持っています しかし いったん議員になると 他党の糾弾を奨励し 個々の考えを罰するゲームに 参加させられてしまうのです

You step out of line,/ you get punished.//

既定路線から外れれば 懲罰が待っています

So there are/ a lot of reforms we could do that will counteract this.//

このような状況に対抗するため 数多くの改革が必要です

For example,/ this "Citizens United"/ ruling is a disaster,/ because it means/ there's like a money gun aimed at your head,/ and/ if you step out of line,/ if you try to reach/ across the aisle,/ there's a ton of money/ waiting to be given to your opponent/ to make everybody think/ that you are a terrible person/ through negative advertising.//

たとえば この「市民連合」体制が 大惨事だったのは 頭にお金という銃を突きつけられて もし規定から外れたり 歩み寄ろうとしたりすれば その銃が火を噴いて 莫大な資金が敵対勢力に流れ ネガティブキャンペーンによって あなたが酷い人間だと宣伝されてしまいます

But the third class of reforms is/ that we've got to change/ the nature of social relationships/ in Congress.//

そこで改革政策の3つめは 連邦議会内の社交関係に 変化をもたらすことを目指しています

The politicians/ I've met/ are generally very extroverted,/ friendly,/ very socially skillful people,/ and that's the nature of politics.// You've got to make/ relationships,/ make deals,/ you've got to cajole,/ please,/ flatter,/ you've got to use/ your personal skills,/ and that's the way/ politics has always worked.//

私が会った政治家は誰しも外向的で 人当たりがよく 社交的な方々です そしてそれこそが政治の本質なのです 社交関係を築き 取引したり 甘言を弄したり 喜ばせたり 持ち上げたりして 自らの社交性を存分に利用する ― 政治は昔からこのように動いてきました

But beginning in the 1990s,/ first/ the House of Representatives changed its legislative calendar/ so that all business is basically done in the middle of the week.//

しかし1990年代初頭 まず連邦下院議会が 立法カレンダーを変えて 基本的にすべての案件が 週の中頃に終わるよう計らいました

Nowadays,/ Congressmen fly in/ on Tuesday morning,/ they do battle/ for two days,/ then/ they fly home Thursday afternoon.//

現在 議員は火曜日の朝に 飛行機で到着すると 2日間議論を戦わせて 木曜日の午後には空港から帰ります

They don't move their families/ to the District.//

彼らは首都に家族を連れてきません

They don't meet each other's spouses or children.//

お互いの配偶者や 子供たちと会うこともなく

There's no more relationship there.//

家族ぐるみでの付き合いは 廃れてしまいました

And trying to run Congress/ without human relationships is like trying to run/ a car/ without motor oil.//

人間関係なくして議会を運営することは ガソリンなしで 車を走らせようとするのと同じです

Should we be surprised/ when the whole thing freezes up/ and descends into paralysis and polarization?//

驚くにはあたりませんが あらゆるものごとが一瞬で趣を変え 麻痺と分裂が あたり一面で起こり始めたのです

A simple change/ to the legislative calendar,/ such as having business stretch out/ for three weeks/ and then/ they get a week off/ to go home,/ that would change the fundamental relationships/ in Congress.//

些細な立法カレンダーの変更 ― もう3週間ほど働く代わりに 後で1週間休むという程度の変更が ― 議会の社交関係を根本的に変えてしまったのです

So/ there's a lot/ we can do,/ but who's going to push/ them/ to do it?//

できることはたくさんありますが 誰が議会の背中を押すのでしょうか?

There are a number of groups/ that are working on this.//

多くの団体がこの問題に取り組んでいます

No Labels and Common Cause,/ I think,/ have very good ideas/ for changes/ we need to do/ to make our democracy more responsive and our Congress more effective.//

No LabelsやCommon Causeなどは より責任ある民主主義と より効率的な連邦議会の実現に 必要な変化を起こす良い意見を持っています

But I'd like to supplement/ their work/ with a little psychological trick,/ and the trick is this.//

しかし 私は彼らの仕事を 今からお話しする ちょっとした心理トリックで補完したいと思います

Nothing pulls people together/ like a common threat or a common attack,/ especially/ an attack/ from a foreign enemy,/ unless of course/ that threat hits/ on our polarized psychology,/ in which case,/ as I said before,/ it can actually pull us apart.//

共通の脅威ほど 人を結束させるものはありません あるいは攻撃 特に外国からの侵攻となれば飛びきりです もちろん その脅威が 分裂した私たちの心に直撃しなければの話です そうすれば 私たちは簡単に 分裂させられてしまうでしょう

Sometimes/ a single threat can polarize us,/ as we saw.//

これまで見てきたように 時には 1つの脅威から対立が生まれます

But what if the situation/ we face/ is not a single threat/ but is actually more/ like this,/ where there's just so much stuff/ coming in,/ it's just,/ "Start shooting,/ come on,/ everybody,/ we've got to just work together,/ just start shooting."//

それではもし私たちが直面しているのが 単純な脅威ではなく こんなものだとしたらどうでしょう? あまりにも多くのものが迫りくるので とにかく「撃ち方始め! いいから みんな どこでもいいから 撃て!」 という状況だとしたら?

Because actually,/ we do face this situation.//

まさしく これが私たちの現実です

This is/ where we are as a country.//

私たちの国はここまで来ているのです

So here's another asteroid.//

さて ここでまた別の「小惑星」です

We've all seen versions of this graph,/ right,/ which shows the changes/ in wealth/ since 1979,/ and/ as you can see,/ almost all the gains/ in wealth have gone to the top 20 percent,/ and especially/ the top one percent.//

様々なバージョンで見てきた このグラフは 1979年以降の財の変化を示しており このようにアメリカの収入の ほとんどすべてが 20%の富裕層とそのトップの1%の 懐に流れています

Rising inequality/ like this is associated with so many problems/ for a democracy.//

このような格差の存在は 民主主義を脅かす 数々の問題に関係してきます

Especially,/ it destroys our ability/ to trust each other,/ to feel/ that we're all/ in the same boat,/ because it's obvious/ we're not.//

特に互いの信頼関係を 壊してしまうことが挙げられます 明らかに運命共同体ではないため そのように感じることが不可能なのです

Some of us are sitting there safe and sound/ in gigantic private yachts.//

一部の人間が 安全にで静かに 大きなヨットに寝そべっていて

Other people are clinging to a piece of driftwood.//

他の人たちは流木の切れ端に しがみついているのです

We're not all/ in the same boat,/ and that means nobody's willing/ to sacrifice for the common good.//

運命共同体でないということは つまり共通の利益のために 自らを犠牲にしたがる人はいないということです

The left has been screaming about this asteroid/ for 30 years now,/ and the right says,/ "Huh,/ what?// Hmm?// No problem.// No problem."//

左派勢力は30年にわたって この脅威を叫び続けてきました それに対して右派勢力は 「ん?え?問題ないよ」と言ってきました

Now,/ why is/ that happening to us?// Why is the inequality rising?//

さて なぜ このように 格差が広がっているのでしょうか?

Well,/one of the largest causes,/ after globalization,/ is actually this fourth asteroid,/ rising non-marital births.//

グローバル化の次に 大きなの理由は ― 実はそれが4つ目の 「小惑星」にあたるのですが ― ひとり親家庭の増加です

This graph shows the steady rise of out-of-wedlock births/ since the 1960s.//

このグラフは1960年以降 婚外子数が 着実に増加していることを示しています

Most Hispanic and black children are now born to unmarried mothers.//

今 ヒスパニック系と黒人の子供たちの ほとんどはシングルマザーの下に生まれます

Whites are headed/ that way too.//

白人層もその傾向を強めています

Within a decade or two,/ most American children will be born into homes/ with no father.//

10年か20年後には アメリカ人の子供のほとんどは 父親のいない家庭に生まれることでしょう

This means/ that there's much less money/ coming into the house.//

これは家庭の収入が少なくなることを意味します

But it's not just money.// It's also/ stability/ versus chaos.//

金銭面だけではありません 家庭の安定をかけた戦いでもあるのです

As I know from working with street children/ in Brazil,/ Mom's boyfriend is often a really,/ really dangerous person/ for kids.//

ブラジルでストリート・チルドレンに 接して学んだことですが 母親にできた恋人は しばしば 子供にとって極めて危険な存在です

Now/ the right has been screaming about this asteroid/ since the 1960s,/ and the left has been saying,/ "It's not a problem.// It's not a problem."//

右翼は1960年代から この「小惑星」のことを叫んできましたが 左翼は「問題ない」の一点張りでした

The left has been very reluctant/ to say/ that marriage is actually good/ for women/ and/ for children.//

左翼は結婚が女性と子供にもたらす メリットに言及することに消極的だったのです

Now let me/ be clear.// I'm not blaming/ the women here.//

断っておくと 私は女性を責めてはいません

I'm actually more critical of the men/ who won't take responsibility/ for their own children/ and of an economic system/ that makes it difficult/ for many men/ to earn enough money/ to support those children.//

むしろ私が批判したいのは 我が子への責任を取ろうとしない男性や 子供たちの生活費に足りる お金を稼ぐことが 難しい経済システムの方です

But/ even if you blame nobody,/ it still is a national problem,/ and one side has been more concerned/ about it/ than the other.//

もっとも誰に責任を求めずとも 国家の問題は国家の問題です そして一方の人々がもう一方の人々よりも 問題に懸念を抱いているのです

The New York Times finally noticed this asteroid/ with a front-page story/ last July/ showing/ how the decline of marriage contributes to inequality.//

『ニューヨークタイムズ』紙は遂に 昨7月の一面記事で この「小惑星」に気付き 婚姻率の低下がいかに 格差につながっているかを示しました

We are becoming a nation of just two classes.//

この国は2つの階級しかない国に なりつつあります

When Americans go to college and marry each other,/ they have very low divorce rates.//

誰もが大学を出て結婚をしていた頃は アメリカはとても低い離婚率を誇っていました

They earn a lot of money,/ they invest/ that money/ in their kids,/ some of them become tiger mothers,/ the kids rise to their full potential,/ and the kids go on/ to become the top two lines/ in this graph.//

収入は多く 子供の将来に投資をし 一部の母親は子供を厳しく育て 子供たちは可能性を存分に活かして このグラフにあるような 上位2つの線になっていきます

And then/ there's everybody else:/ the children/ who don't benefit from a stable marriage,/ who don't have/ as much invested in them,/ who don't grow up/ in a stable environment,/ and who go on/ to become the bottom three lines/ in that graph.//

そして残りの人々は下にある線です 安定した婚姻による 社会的保護を得られない子供たちは 金銭的投資をしてもらえず したがって家庭環境も安定せず このグラフにおける底辺の3つの線へと 歩みを進めるのです

So once again,/ we see/ that these two graphs are actually saying the same thing.//

先程お話ししたように この2つのグラフは同じ現象を表しています

As before,/ we've got a problem,/ we've got to start working/ on this,/ we've got to do/ something,/ and what's wrong/ with you/ people/ that you don't see my threat?//

問題があるならば 解決しなければいけません 行動を起こさなければなりません この脅威があなた方には 見えないのはなぜでしょう?

But/ if everybody could just take off/ their partisan blinders,/ we'd see/ that these two problems actually are best addressed together.//

もし誰もが派閥という名の 目隠しを取ることが出来たなら これら2つの問題は 一緒に解決すべき問題だと気付くはずです

Because/ if you really care about income inequality,/ you might want to talk/ to some evangelical Christian groups/ that are working on ways/ to promote marriage.//

もし収入格差を憂えているならば 婚姻を奨励している 福音派のキリスト教伝道者に 相談してみるといいかもしれません

But then/ you're going to run/ smack/ into the problem/ that women don't generally want to marry/ someone/ who doesn't have a job.//

しかしその方法ではすぐに問題にぶちあたります 女性は一般的には失業者とは 結婚したがりません

So/ if you really care about strengthening families,/ you might want to talk/ to some liberal groups/ who are working on promoting educational equality,/ who are working on raising the minimum wage,/ who are working on finding ways/ to stop so many men/ from being sucked into the criminal justice system/ and taken out of the marriage market/ for their whole lives.//

ではもし家族の絆を改善したいなら リベラルな人々に相談しましょう 教育格差の是正のために働き 最低賃金の底上げを目指し これほどまでに多くの人々が 簡単に犯罪者の烙印を押されて 結婚の望みを生涯断たれてしまうのを 止めようとしている人々です

So to conclude,/ there are at least four asteroids headed our way.//

まとめると 少なくとも4つの小惑星が 我々に襲いかかろうとしています

How many of you can see all four?//

あなたにはいくつ見えますか?

Please raise your hand right now/ if you're willing/ to admit/ that all four of these are national problems.//

もし4つ全てが 国家の問題だと意識する方は 手を挙げて下さい

Please raise your hands.//

挙手をお願いします

Okay,/ almost all of you.//

結構です ほとんど皆さんですね

Well,/ congratulations,/ you/ guys are the inaugural members of the Asteroids Club,/ which is a club/ for all Americans/ who are willing/ to admit/ that the other side actually might have a point.//

ようこそ「小惑星」クラブへ あなた方が最初の会員です 反対側の主張が正しいかもしれないと 進んで認めるアメリカ人のクラブです

In the Asteroids Club,/ we don't start by looking for common ground.//

このクラブでは 互いの共通認識を 探すところから始めはしません

Common ground is often very hard/ to find.//

共通認識を見つけるのは とても難しいのです

No, we start by looking for common threats/ because common threats make common ground.//

そこで共通の脅威を探すところから始めます そうすれば共通の脅威は 共通の認識を生んでくれます

Now,/ am I/ being naive?// Is it naive to think/ that people could ever lay down/ their swords,/ and left and right could actually work together?//

私は世間知らずの理想主義者でしょうか? 手に携えた剣を置いて 左翼と右翼が協力できると信じることが 甘っちょろいのでしょうか?

I don't think so,/ because it happens,/ not all that often,/ but there are a variety of examples/ that point the way.//

そうは思いません なぜなら実際にできるからです 頻繁ではないものの 協力を示す様々な実例があります

This is something/ we can do.//

私たちは協力できるのです

Because Americans/ on both sides care about the decline/ in civility,/ and they've formed dozens of organizations,/ at the national level,/ such as this one,/ down/ to many local organizations,/ such as/ To The Village Square/ in Tallahassee,/ Florida,/ which tries to bring/ state leaders together/ to help facilitate that sort of working together human relationship/ that's necessary/ to solve Florida's problems.//

文明が廃れてゆくことを 右翼も左翼も共に危惧しているからこそ 何十もの組織をこのような ― 国家レベルから地方レベルのものまで 立ち上げています たとえばフロリダ州タラハシーの To The Village Squareは 州のリーダーたちを招いて一緒に フロリダの問題を 解決するのに必要であった 地方と中央の人間関係を促進させました

Americans/ on both sides care about global poverty and AIDS, and/ on so many humanitarian issues, liberals and evangelicals are actually natural allies, and at times/ they really have worked together/ to solve these problems.//

右翼も左翼も地球規模での貧困やエイズなど 数多くの人道問題を 重大な問題として認識しています リベラル派と福音派は本来味方同士なのです 時に彼らは協力して 素晴らしい働きをした実績があります

And most surprisingly/ to me,/ they sometimes can even see eye/ to eye on criminal justice.//

私が最も驚かされたのは 時に犯罪刑法に対してさえ 認識を共有できることです

For example,/ the incarceration rate,/ the prison population/ in this country has quadrupled since 1980.//

たとえば合衆国の服役者の数 つまり刑務所内人口は 1980年の4倍にもなっています

Now/ this is a social disaster,/ and liberals are very concerned/ about this.//

これは社会災害です リベラル派はこの問題に悩んでいます

The Southern Poverty Law Center is often fighting the prison-industrial complex,/ fighting to prevent a system/ that's just sucking/ in more and/ more poor young men.//

南部貧困法律センターは 若くて貧しい若者を 刑務所に送るシステムを防ぐため 刑産複合体と頻繁に戦っています

But are conservatives happy/ about this?//

保守派はこのシステムに 満足なのでしょうか?

Well,/ Grover Norquist isn't,/ because this system costs an unbelievable amount of money.//

グローバー・ノーキスト氏は違います このシステムを維持するには 信じがたいほどのコストが必要なのです

And so,/ because the prison-industrial complex is bankrupting our states/ and corroding our souls,/ groups of fiscal conservatives/ and Christian conservatives have come together/ to form a group called Right/ on Crime.//

このような刑産複合体は 私たちの国を破産させ 魂を堕落させているので これを危惧した財政保守派と キリスト教保守派が集まり Right on Crime(犯罪に正当さを) という団体を立ち上げました

And at times/ they have worked with the Southern Poverty Law Center/ to oppose the building of new prisons/ and to work for reforms/ that will make the justice system more efficient and more humane.//

時に彼らは南部貧困法律センターと協力して 新たな刑務所建設に対する 反対運動を起こし より効率的かつ人道的な刑法システムに 修正するため 日夜働いています

So this is possible.// We can do it.//

したがって協力は可能なのです 私たちにはできるのです

Let us therefore go to battle/ stations,/ not to fight each other,/ but to begin deflecting these incoming asteroids.//

さあ戦場に向かいましょう 互いに戦うのではなく 襲いかかってくる小惑星を回避するために

And let/ our first mission be to press Congress/ to reform itself,/ before it's too late/ for our nation.//

まずは連邦議会それ自体の改革を させるところから始めましょう 私たちの国にとって手遅れにならないうちに

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

asteroid

星状の

(また『planetoid』)小惑星

ヒトデ

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

deflect

(…から)…'を'そらせる,偏らせる《+『名』+『from』+『名』》

それる,偏る

instead

『その代りとして』,それよりも

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

alarm

〈C〉『警報』;『警報器』

〈C〉警報装置

〈U〉(不意に危険を感じた時の)恐怖,驚愕(がく)

…‘に'『警報する』,急を告げる

…'を'『怖がらせる』,おびえさせる(frighten)

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

low-lying

低い,低地の

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

collision course

〈C〉《通例a~》そのまま行けばいずれは衝突することになる進路

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

dither

うろたえ,取り乱し

(…に)おろおろする,迷う《+『about』+『名』》

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

expensive

『費用のかかる』,高価な

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

conservative

(人・考え方などが)『保守的な』・保守主義の

《C-》保守党の

(見積もり,評価などが)控え目の,穏健な,慎重な

保守的な人,保守主義者

《C-》保守党員

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

affair

〈C〉(個人的に関心・関係のある)『事』,事柄

〈C〉『事件』,でき事

《複数形で》仕事,業務

〈C〉《話》《修飾語を伴って》物,しろもの

〈C〉(特に一時期の)恋愛事件,情事

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

welfare state

福祉国家

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

untenable

擁護(支持)できない;維持できない

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

upon

『…の上に』

dubious

疑わしい,はっきりしない(uncertain),あいまいな(ambiguous)

疑っている,不審に思っている

(人物・行動などが)いかがわしい,怪しげな

economic

『経済の』

『経済学の』

demographic

人口統計学の

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

bygone

過ぎ去った(past)

既往の事,過去

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

graph

グラフ,図表

national debt

《時にa~》国債

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

Revolutionary War

=American Revolution

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

civil war

〈C〉内乱,内戦

《the Civil War》(米国の)南北戦争(1861‐65)(英国の)Charles1世と国会との戦争(1642‐49)

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

world war

『世界大戦』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

especially

『特に』,特別に;きわだって

Medicare

老人医療保障制度(米国・カナダでは65歳以上)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

indebtedness

借金,負債額

恩義

retire

(…から)『引退する』,退職する《+『from』+『名』》

就寝する,床につく

(…へ)『引きこもる』,退く,立ち去る《+『to』+『名』》

(…から)…‘を'引退(退職)させる《+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈打者〉‘を'アウトにする

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

datum

dataの単数形

既知の事実

Congressional

(小選挙区制の)下院議員選挙区

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

forecast

…‘を'『予測する』,予想する,予報する

『予想』,予測,(天気の)予報

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

extended

伸ばした;広がった

長い,長期間にわたる

広い,広範囲に及ぶ

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

doom

(通例悪い)『運命』

『破滅』(ruin);死(death)

(神の)最後の審判

(厳しい刑罰などを)〈人〉‘に'宣告する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

《受動態で》…‘を'運命づける

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

technically

専門的に,技術的に;専門語で

solvable

解決できる,解答できる

tragedy

{C}(人生の不幸を題材とした)悲劇

{U}(演劇部門としての)悲劇

{U}{C}(人生・文学などの)悲劇的要素;悲惨なでき事,惨事

mere

『ほんの』,単なる

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

psychologist

心理学者

morality

〈U〉道徳,倫理;道徳学,倫理学

〈U〉道徳性

〈U〉品行

〈C〉教訓;寓意

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

thereby

それによって(by that means)

それに関連して

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

cooperation

『協力』,『協同』

協業

extremely

『極端に』,非常に過度に

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

planet

『惑星』,遊星

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

beehive

=hive 1

人の混み合っている場所

termite

シロアリ

mound

『盛り土』,塚;土手,古墳

(自然の)『小さい丘』,小山

(一般に)盛り上げたもの,堆積

(野球の投手の)マウンド

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

sibling

きょうだい[のひとり](兄・弟・姉・妹のどれか)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

kinship

血族関係,親類関係

近縁,類似(resemblance)

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

Babylon

バビロン(古代Babyloniaの首都)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

gigantic

『巨大な』,ものすごく大きな(huge)

miraculous

奇跡の,奇跡による

驚くべき,信じがたい

奇跡を行う力のある

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

temple

こめかみ,側頭

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

Kaaba

《the ~》カーバ神殿(メッカにあるイスラム教徒の霊所)

Mecca

メッカ(Saudi Arabiaの商業都市;Muhammadの誕生地でイスラム教の霊地)

〈C〉《しばしばm-》行ってみたい(あこがれの)所;(…の)発祥地《+『of』(『for』)+『名』》

unite

…‘を'『結合させる』,一つにする

(結婚によって)…‘を'結びつける《+名+in+名》

〈性質・才能などを〉兼ね備える,あわせ持つ

結合する

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

magnetic field

磁場,磁界

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

distort

〈形〉‘を'ゆがめる,ねじる

〈事実・真実など〉‘を'曲げる,ゆがめる

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

satisfying

満足を与える,満足な,申し分のない

gross

『全体の,総計の』(entire)

(人が)太りすぎた,でぶの

粗野な,下品な(vulgar)

(食物が)粗悪な

(誤り・誤解などが)はなはだしい,全くひどい(very bad)

(植物が)はびこった,伸びほうだいの…(霧などが)濃い,密な

グロス(12ダース,144個)

《the~》《文》全体;大部分

…の総利益をあげる

distortion

〈U〉(話・真実・事実などを)ゆがめること,曲げて伝えること

〈U〉(形の)ゆがみ,ねじれ;〈C〉ゆがんだ(ねじれた)もの

(光の)ひずみ,収差

electromagnet

電磁石

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

strictly

『厳格に』,厳重に

『厳密に』,正確に

『全く』,きっはりと,断然

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

liberal

(政治・宗教上の)『自由主義の』

『寛大な』,偏見のない,心の広い

『気前がよい』,物惜しみをしない

(物が)豊富な

(翻訳などが)字句通りでない

自由主義者

《またL-》自由党員

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

decade

『10年間』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

historically

歴史的に,歴史上

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

golden age

《the ~》(ギリシア神話の)黄金時代

〈C〉(文芸・国家などの)最盛期

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

moderate

『適度の』,度を越さない

(量・大きさ・質などが)『中くらいの』,並の

《遠回しに》並以下の,平均以下の

(天候などが)『穏やかな』,温和な(mild)

(思想・考え方などが)穏健な

(特に政治上)穏健な人,中道主義者

…‘を'適度にする,和らげる

〈集会など〉‘の'司会をする

穏やかになる,和らぐ

司会をつとめる

rearrange

(以前とは別の様式で)…‘を'整理し直す,配列し直す

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

bipartisan

2党を代表する,両党の

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

crank

クランク(往復直線運動を回転運動に変えるもの)

《話》変わり者,奇人

《米話》気むずかしい人

〈軸〉'を'クランクで回す

〈エンジン・映画のカメラなど〉'を'クランクを回して動かす

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

democrat

民主主義者,民主政体論者

《『D』‐》《米》民主党員

republican

『共和国の』;共和制[政治]の

《『R-』》《『米』》共和党の

共和制論者,共和制主義者

《『R-』》《『米』》共和党員《略》R.,Rep.,Repub.)

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

cooperate

『協力する』,共同する

retiring

内気な,引っこみがちの

退職の

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

gang

(人の)『一団』,群れ《+『of』+『名』》

(悪人の)一味,ギャング団《+『of』+『名』》

《話》親しい仲間,遊び仲間

《米》(特に他のグループと争う青少年の)非行グループ

〈人〉‘を'一団にまとめる(組織する)

一団になる,徒党を組む《+『up』》

warfare

『戦争』,交戦状態,戦争行為

『争い』,闘争

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

laughter

『笑い』,笑い声

elite

《the ~》《複数扱い》えり扱きの人々,エリート,精鋭

〈U〉エリート活字

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

apparent

『明白な』,はっきりした

『外見上の』,見かけの,うわべの

data

『資料』,事実;情報

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

election

『選挙』

当選

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

thermometer

『温度計』,寒暖計

rating

〈C〉〈U〉(品質・技量などによる)格づけ,評価

〈C〉(個人・会社の経済的な)信用度

〈C〉(トン・馬力による)(船舶・車)の等級

〈C〉(テレビ・ラジオの)視聴率

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

Republican Party

共和党(米国の二大政党の一つ)

Democratic Party

民主党

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

warmly

『暖かく』

熱心に;興奮して

心から,親に

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

surprised

驚いた,びっくりした

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

carter

荷馬車を引く人

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

drift

〈U〉『漂流』,流されること

〈U〉(海流・風などの)流れ,流れの方向(速度)

〈C〉(雪・砂などの)吹きだまり,漂流物《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉大勢,風潮,傾向

〈U〉《時にa~》主意,主旨

(水・風に)『流される』,漂う,漂流する

あてもなくさまよう

〈雪・砂などが〉吹き積もる,吹きだまりになる

〈砂・雪など〉‘を'吹き寄せる;〈場所〉‘を'吹きだまりにする

downward

(高さ・状態が)『下の方へ』,低い方へ

…『以来』,このかた

(位置・状態が)『下方への』,下り坂の,下向きの

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

plummet

まっすぐに落ちる(飛び込む)(plunge)

=plumb

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

dislike

…‘を'『嫌う』(進行形にできない)

(…を)『嫌いなこと』,いや気,嫌悪《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

forge

(かじ場の)炉

かじ屋の仕事場;鉄工場

〈金属〉‘を'鍛(きた)える;(…から)〈馬ていなど〉‘を'鍛えて作る《forge+名+from)out of)+名》

〈計画など〉‘を'作り上げる

〈文書など〉‘を'偽造する

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

centrist

中道派議員

中道派の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

overlap

…‘を'部分的に重ねる

…‘と'一部共通(一致)する;(時間的に)…‘と'かち合う

部分的に重なり合う

部分的に共通(一致)する;〈時間が〉かち合う

〈U〉部分的に一致すること,重複

〈C〉重複部分

anomalous

変則的な(irregular)

異常な(abnormal)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

reform

…‘を'編成し直す,再び作る

再編成する,再び形になる

dysfunction

機能障害,機能不全

trace

〈C〉〈U〉(過去に存在した人・物・事件などの)『跡』,形跡,痕跡;(人・動物・車などの通った)跡,足跡《+of+名》

〈C〉(…の)かすかなきざし,気味,微量《+of+名》

〈C〉(記録計器の描く)線

…‘の'『跡をつける』,‘を'追跡する,〈足跡など〉‘を'たどる

(…まで)…‘の'由来(起源,原因など)をさかのぼる《+名+back(+back+名)+to+名》

(複写紙などを使って)…‘を'『[線をたどって]書き写す』

〈線・図形〉‘を'『描く』《+out+名,+名+out》

〈文字〉‘を'ていねいに書く

'‘を'捜しあてる,見つけ出す

(…に)『さかのぼる』《+back to+名》

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

strongly

『強く』,激しく

熱心に

recommend

…‘を'『推薦する』,推奨する

〈事〉‘を'『勧める』,勧告する

〈物事が〉…‘を'好ましてものにする,‘の'とりえとなる

(神などに)…‘を'ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

committed

献身展な,忠実な;(…に)献身展な《+『to』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…すると)約束している《+『to』 do『ing』=+『to』 do》

nominate

(…の候補者として,…に)…‘を'『指名する』《+『名』+『for』+『名』》

(…に)…‘を'『任命する』(appoint)《+『名』+『to』(『as』)+『名』》

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

open primary

開放予選会(投票者が所属政党を明示する必要のない直接予備選挙)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

insider

内部の人,会員,部員

《話》内幕を知っている人,消息通

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

counteract

…‘の'影響(力)を弱める

〈薬・毒など〉'を'中和する,〈効力〉'を'消す

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

ruling

支配する,統治する

支配的な,優勢な,有力な

(法による)判決,決定

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

aisle

(教会・劇場・列車・旅客機などの)座席間の通路

側廊(教会堂で本堂(nave)の両側にある通路)

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

opponent

(討論・試合などで)(…の)『相手』;敵対者,反対者《+『of』+『名』》

相手の,反対の,敵対する

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

third class

(乗り物の)3等(普通いちばん低いクラス)

《米》第3種郵便(新聞・雑誌以外の印刷物)

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

socially

社会的に,社会によって

社交上;社交的に

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

cajole

…'を'うまい言葉でだます,だましてまき上げる

flatter

(…について)〈人〉‘に'『おせじをいう』《+『名』〈人〉+『about』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'喜ばせる,得意がらせる

〈写真・服などが〉…‘を'実物以上によく見せる

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

legislative

立法の,立法権のある

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

basically

基本的に,根本的に;元来は

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

congressman

国会議員,下院議員

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

spouse

配偶者,夫,妻

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

descend

(高い所から低い所へ)『下る』,『降りる』《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(古い時代から新しい時代へ)『伝わる』,系統を引く《+『from』+『名』+『to』+『名』》

身を落とす

〈人などが〉…‘を'下る,降りる;〈道などが〉…‘を'下る

(…の)子孫である

paralysis

(体の)麻痺(まひ),中風

(…の)停滞《+『of』+『名』》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

responsive

すぐ反応する,共鳴しやすい;応答する

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

supplement

『補足』,追加

『増補』,補遺,(雑誌などの)付録

(…で)…‘を'補う《+名+with(by)+名(doing)》;…に増補(補遺,付録)をつける

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

shooting

射撃,発射

銃猟

銃猟権

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

yacht

『ヨット』,(大型で豪華な発動機つきの)快走船

ヨットに乗る,ヨットを走らせる,ヨット競走をする

cling

『くっつく』,くっついて離れない;(…に)くっつく《+『to』+『名』》

(…を)つたって進む《+『to』+『名』》

(…に)『執着する』,固執する《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

driftwood

流木,漂流木

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

sacrifice

〈U〉〈C〉(神に…の)『いけにえをささげること』;〈C〉(神への…の)『いけにえ』《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・国家・目的などのために…を)『犠牲にすること』《+『of』+『名』+『for』(『to』)+『名』》,(…のための)犠牲的行為;〈C〉(…のために)犠牲にされるもの《+『for』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉投げ売り[値段];見切品

〈C〉(野球の)犠牲バント,犠打

(神に)〈人・動物など〉‘を'『いけにえにする』《+『名』+『to』+『名』》

(…のために)…‘を'『犠牲にする』《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《話》‘を'投げ売りする

(野球で)〈走者〉‘を'犠打で進める

(神に)いけにえをささげる《+『to』+『名』》

(野球で)犠打を打つ

scream

(恐怖・苦痛などで)〈人が〉『悲鳴をあげる』,金切り声を出す

〈鳥・気笛などが〉『かん高い音を出す』

どなる,わめく,金切り声で言う

…‘を'『金切り声で言う』,大声で叫ぶ・金切り声,かん高い(鋭い)音

《俗》とてもおもしろおかしい人(物)

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

steady

(速度・動作などが)『むらのない』,規則的な

『ぐらつかない』,しっかりした,安定した

『変わらない』,定まった

まじめな,着実な

動揺しない,落ち着いた

…‘を'安定させる,落ち着かせる

安定する,落ち着く

(婚約までは進んでいないが)決まった異性の交際相手(恋人)

Hispanic

スペインの

ラテンアメリカの

スペイン系アメリカ人

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

unmarried

未婚の,独身の

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

chaos

〈U〉(天地創造以前の)混とん

〈U〉(一般に)『混乱状態』,無秩序;〈C〉混乱したもの

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

mom

=mother

boyfriend

《話》男友だち(恋人),ボーイフレンド

男友だち(恋人),ボーイフレンド

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

reluctant

(人が)『気が進まない』,(行為などが)いやいやながらの

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

concerned

《通例名詞の後に用いて》関係のある,かかわりのある

心配そうな,気づかっている

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

front-page

重要な,新聞の一面記事に価する

July

『7月』(《略》『Jul.,Jy.』)

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

blinder

(馬の)目隠し(《英》blinkers)

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

income

(一定の)『収入』,所得

Christian

『キリスト者』(教徒)

《話》りっぱな人

『キリストの』;『キリスト教の』,キリスト教徒の

キリスト(キリスト教)を信じる

キリスト教徒にふさわしい

《話》りっぱな

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

smack

(…の)味,風味《+『of』+『名』》

(…)らしいところ《+『of』+『名』(do『ing』)》

《『smack of』+『名』》(…の)味(香り)がする;(…の)気味がある

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

strengthen

…‘を'『強くする』,

『強くなる』,力がつく

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

equality

(数量・程度・価値・大きさなどで)『等しいこと』,均等;(特に,権利・責任などにおいて)(…間の…の)『平等』《+『of』+『名』+『between』+『名』》

minimum wage

(法律が定めたまたは組合などが協定した)最低賃金

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

lives

lifeの複数形

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

okay

=OK,O.K.

congratulation

《複数形で》(また『congrats』)(…に対する)『祝いの言葉』,祝辞《+『on』+『名』》

〈U〉『祝い』,祝賀

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

inaugural

就任の;開会の

(特に大統領の)就任演説

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

common ground

共通理念,共通利害,共通基盤

naive

(若き・経験不足から)〈人・言葉などが〉無邪気な,天真らんまんな,世間知らずな

人を信じやすい,だまされやすい 日本語で「繊細な」という意味で「ナイーブ」使われることがありますが、英語では「ナイーブ」にそのようなニュアンスは含まれません。

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

sword

『刀』,剣

《the ~》武力,兵力

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

civility

〈U〉礼儀正しさ,ていねい

〈C〉ていねいな言葉,礼儀にかなった行為

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

Tallahassee

タラハシー(米国 Florida 州の州都)

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

facilitate

…‘を'容易にする,楽にする,助ける,促進する

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

humanitarian

人道主義的な

人道主義者,博愛家

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

ally

(…と)…'を'『同盟』(連合)『させる』《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

同盟国

味方

surprisingly

驚くほどに

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

incarceration

投獄,監禁

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

quadruple

4倍の;4重の;4部(4人)から成る

4倍,4倍の数(量)

4倍になる

…‘を'4倍にする

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

men

manの複数形

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

unbelievable

信どられない

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

bankrupt

『破産者』,支払い不能債務者

『破産して』

《補語にのみ用いて》(…を)欠いて,(…に)欠ける《+『of』(『in』)+『名』》

…'を'破産させる;…'を'行きづまらせる

corrode

…'を'浸食する,腐食する

腐食する

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

fiscal

国庫の

財務の,会計の

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

humane

『人道的な』,人情味のある,思いやりのある

《まれ》(学問が)人文の,教養の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

incoming

入って来る

次に来る

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画