TED日本語 - バリー・シュワルツ: 知恵の喪失

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

バリー・シュワルツは、官僚主義を突き詰め、破綻の道を進む社会の特効薬として、「実践知」が必要だと提唱します。規則は役に立たず、よかれと思って与えるインセンティブは裏目となり、そして、実際的で日々の糧となるような知恵こそ、世界を再建するのだと、バリーは力強く説きます。

Script

就任演説の中で 現在 直面している財政危機から抜け出そうと必死になっている我々に向かって オバマ大統領は1人1人がベストを尽くすよう訴えかけました でも彼は一体何を私たちに訴えたのでしょうか 幸いにも 彼は前大統領とは違い 買い物に行きましょうだとか 「我々と我が国を信頼してほしい」 「そして投資し続けよう!」とは言いませんでした オバマ大統領はそんな子供じみたことはやめようと 人間の美徳に訴えかけました 美徳とは古めかしい言葉です TEDのような最先端の環境においては場違いな言葉かもしれません それに皆さんの中には美徳って一体どんな 意味があるんだ?と思う方がいるかもしれない

1つ例を挙げてみましょう いまスクリーンに流れているのは 病院の清掃員の職務明細書です ここに書いてある項目はどれも珍しいものではありません 誰もが予想する内容です 床をモップで拭く 掃く ゴミ捨て 棚の整理 数の多さに多少驚くかもしれませんが 内容自体は至って普通です この中で1つだけ気付いていただきたいことは このとても長い職務リストの中に 他者と関わる仕事が1つもないということです 1つもです 病院内の清掃と霊安室の掃除はさほど変わりないかもしれません

しかし 病院の清掃員が自分たちの仕事をどう思っているか調査するため 心理学者が清掃員にインタビューしたところ マイクに出会いました マイクはジョーンズさんが体力作りのため少し運動したり ホールの中で軽いウォーキングをするために 床のモップがけをやめたと心理学者に語りました またシャーリーンは 毎日病院を訪れては1日中患者につきっきりの家族が 待合室でたまたま仮眠を取っていたので 上司の言いつけを無視して 待合室に掃除機をかけませんでした ルークは昏睡状態にある若者の 病室を2度掃除した話をしたそうです というのは 6ヶ月間寝ずの看病をしていた青年の父親は ルークが最初に掃除をした時に気付かず サボっているのではと怒ったのです このような清掃員や技師 看護師の行動は 運が良ければたまにこんな医者もいるでしょうが 周囲の人々の気持ちを少し和らげてくれるだけでなく 実際に患者へのケアの質を上げ 病院の運営も向上させます

もちろん清掃員の誰もがこうではありません ですが 彼らのような清掃員は人と触れ合いながら優しく気遣い 思いやることが仕事において必要不可欠な 部分だと考えているのです にもかかわらず職務明細書には他者を示唆する言葉は1つとして出てこない この清掃員たちは他者に対して正しい行いをするという倫理的な意志を持っている それ以上に 彼らは正しい行いとは何かを判断するための倫理的技術を持っている

アリストテレスは「実践知とは」 「倫理的な意志と技術の組み合わせである」と説いています 清掃員が他の目的を果たすために任務を無視する術を知っていたように 賢い者は規則に例外が必要な場合をわきまえ そして例外の設け方を知っています ルークが2度床を掃除したように 賢い者は即興で演じることができるのです 現実世界の問題の多くは曖昧模糊としており 文脈は常に変わっていっています 賢い人はジャズミュージシャンのように 譜面の音符を読むだけでなく 音符の周りで踊ります その場の状況やそこにいる人に適した組み合わせを生み出します 賢い人は正しい目的のために 倫理的な技術を使う方法を知っています 他者を操るためではなく 他者に仕えるためにです 最後に 最も重要な点ですが 生まれながらに賢い人はいない 成長と共に作られるのです 知恵は経験から生み出されます でもどんな経験も知恵となるわけではありません 仕えている人について学ぶ時間が必要になります 相手と即興で演じ 新しいことを試み 時には間違え 失敗から共に学ぶことを許されなくてはいけません そして賢い先人から教えを乞う必要もあります

もし私がお話したような行動を取る清掃員に 仕事を習得するのがどれくらい大変か訊いたら 多くの経験を要すると答えるでしょう モップがけやゴミ捨てを覚えるのに多くの経験がいるわけではありません 他人への思いやりを学ぶのに多くの経験が必要なのです TEDには類い稀なる才能が溢れています 恐ろしいほどです ありがたいのは賢くあるために有能さは必要ではないことです ですが残念なことに 知恵のない 有能さでは不十分です 頭がよくても知恵がなければ あなた自身や他人にも迷惑をかけるでしょう (拍手)

皆さんにとっては自明のことだと信じています あまりにも当然だと思っているでしょうが こんな話をご存知ですか レモネードについてのお話です 父親と11歳になる息子が球場でデトロイト・タイガースの試合を見ていました 息子は父親にレモネードをねだりました そこで父親は売店へ買いに行きました 売店にあったのは5%のアルコールが入っている 「マイクのハードレモネード」だけでした 学者であった父親は「マイクのハードレモネード」がお酒だとは知らず それを買って息子のもとに戻りました 息子がそれを飲んでいると警備員がそれに気付いて 警察を呼び 救急車も来て 息子を病院へ連れて行きました 救急治療室でその子の血中からアルコールは検出されないことが確認され 病院はその子を退院させようとしましたが

ことはそんなにスムーズには運びませんでした ウェイン地区児童福祉保護局がノーと言ったのです 子供は児童養護施設に3日間送られてしまいました この時点で 子供は家へ帰れるのでしょうか? 裁判官は父親が外泊するならば子供を帰してもよいとしました 2週間後やっとのことで この家族は元の生活に戻りました しかし児童福祉局も救急隊も裁判官も みな一様に同じことを言っていました 「こんなことしたくはないが決まった手続きに従うしかない」

こういった事はどうして起こるのでしょうか? スコット・サイモンはラジオでこの話をし こんな指摘をしています 「規則自体が私たちに命令してくるわけではないが」 「規則は私たちから考える力を奪ってしまっている」 規則は得てして強制されますが それは過去の職員の対応が甘く 子供を虐待のある家庭に戻してしまったからと言ったりします もっともです よくあることですが 何かが間違った方向にいった時 私たちは事態を収拾するために2つの方法をとります

1つは規則 よりよい規則を より多く 2つ目は報奨 よりよい報奨を より多く です 結局 他に一体何があるでしょうか? これは今の経済危機に対する私たちの対処方法にも現れています 規制に規制を重ねていったり 毎回ちょっと違った報奨を与えます しかし 規則も報奨も 何も変えてはくれません あの清掃員がしたようなことを指示する規則をどうやって作れるでしょうか? 他人に思いやりを抱くことでボーナスがもらえるでしょうか? それでは本末転倒です もし私たちがより規則に依存するようになったら 規則や報奨は一時的に状況を改善するかもしれません ですが 長期的には悪化していく 悪循環を生み出します 私達は規則に頼りすぎることで 臨機応変に状況から学ぶ機会を失い 倫理的技術を衰えさせてしまいます また 絶え間なく与えられる報奨という誘惑は 私たちの「正しい行為をしたい」という思いを奪い 倫理的意志は揺らいでいくでしょう そして私たちは無意識に 規則や報奨に頼ることで 知恵に対する戦いに巻き込まれています

いくつか例を挙げましょう レモネードの話は規則と倫理的技術をめぐる 戦いのいい例です アメリカにおける近代教育の性質も 皆さんよくご存知の通りでしょう すべて教科書に指定された横並びのカリキュラム これはシカゴの幼稚園の例です 「文学と親しみながら」 「Bで始まる単語を考えます」 「Bath(お風呂)という言葉で子供達を絨毯の上に集め」 「熱湯が危険だと教えます」 25ページの絵本に75個のアイテムがあるとします シカゴ中のあらゆる幼稚園ですべての先生が 同じ日に 同じような口調で 同じ単語を言っていることになります 私たちは教師用の教本がどうして必要かわかっています 私たちは教師それぞれの解釈や判断を 信頼していないからです こういった教本は万一の失敗を防ぐための予防策です 実際 教本のおかげでひどい事態は免れます しかし教本はあらゆるクラスを凡庸にしてしまいます (拍手)

どうぞ誤解しないでください 規則は必要です! ジャズミュージシャンも音譜がいります ほとんどのジャズミュージシャンが譜面を使います 当然 銀行家にはより多くの規則が必要です ですが規則が多過ぎると 熟練したジャズミュージシャンは 即興しづらくなります 結果 才能を発揮し切れなくなる それどころか演奏をやめてしまう

報奨についてはどうでしょう? 報奨の方が効果がありそうですね 何かをする動機があったとして 同じことをしてもらうために別の動機を与えるとしたら 動機は1つより2つあった方がいいように思えます 動機が2つある方が行動を起こしやすくなるかもしれない そうでしょう? まあ 絶対とは言えませんが 理由が2つあるとお互いサポートし合うというより 矛盾してしまう場合がありますから そうなると行動しなくなります

時間が押しているので例を1つだけお話しします 15年前にスイスで 核廃棄物をどこで処理するか議論していました 国民投票が実施される際 心理学者は街頭で世論調査をし 事態をよく理解している人に「自分の住む地域で」 「核廃棄物を引きうけてもよいか?」と尋ねました 信じられないことに50%の人がイエスと解答しました 危険を承知の上です 所有地の価値が下がるとわかっていましたが どこかで処理する必要があり それは国民の義務だと考えたのです 心理学者は質問を変えて他の人に聞いてみました 毎年6週間分の給与を払ったら自分の地域で 核廃棄物を処理しても構わないかと尋ねました 国民の責任とお金 2つの理由ができました ところが 25%の人がイエスと答えただけでした なぜかというと 報奨を与えると言った途端 我々は 「自分の責任は何か?」と問うのではなく 「どんな利益を得られるか」と考えてしまうのです 報奨の仕組みが機能しない場合 CEOが膨大なボーナスを出すために短期的な収益を追い求めるあまり 長期的な会社としての健全さを無視した場合 周りの反応はいつでも同じです よりよい報酬を得ようとします

でも本当は人に満足を与え続けられるに足る 十分な報奨の仕組みなどないのです どんな報奨制度も悪意によって堕落する可能性があります 報奨は必要です 私たちはそれで生計を立てています しかし報奨への過度な依存は 2つの意味で 労働から倫理観を奪ってしまいます まずその仕事をする人の士気を低下させます 次に仕事そのものから倫理が失われるのです

就任前オバマ氏は「利益を生み出すか否かだけでなく」 「正しいかどうか判断しなければならない」と言いました 仕事における倫理観が危機にさらされるとき その職についている人は報酬に依存し 虜となります そして「これは正しいのか?」と問わなくなる 医療の世界でも見られます 「大したことじゃないが 裁判沙汰にならないように見張っておこう」 同様にビジネスでも見られます 「今の市場で勝ち抜くためには君じゃなくもっと性格の悪い奴にしないとだめなんだ」 「この茶番の10分の1の価値もないもんに魂を売ってしまった」 明らかに誰もこんな風に働きたいとは思っていません

では私たちに何ができるでしょうか? 希望は少しあります 仕事における倫理観を取り戻すことです ですが倫理の授業を増やしても意味はありません (拍手) 倫理について伝えるべきことを何でもかんでも 学校の授業任せにしてしまうと 誰も真剣に受け取ってくれなくなります

ではどうするか? 倫理的模範を称えるのです 実際 ロースクールに行くと アティカス・フィンチ(架空の理想の弁護士)について みなが囁き合っています 10歳児はM&Aのことを学ぶためにロースクールに行きはしません 誰もが倫理的な英雄に感銘を受けます しかし成長と共に 倫理的英雄と崇める人がいることを 認めづらくなってきます どうぞ認めてください 心の中の倫理的英雄に誇りを持ってください 倫理的英雄を賞賛してください あなた方の先生にはご自分を認め 讃えるよう伝えてください これが私たちにできることです

15年前にポーラテックを作ったマサチューセッツの メルデン・ミルズの代表をやっていた もう1人の倫理的英雄 アーロン・フェウエルステインを 覚えている人はいますか? 工場が燃えてしまったんですが 従業員3000人すべてを守りました 解雇されたら従業員は路頭に迷い コミュニティ全体への打撃も大きいからです 「私たちの会社は金融街の連中にとって以前ほど書面上の価値はないかもしれない」 「でも本当は価値は上がってる ちゃんと経営できてますからね」

ここTEDでも倫理的英雄の皆さんが話してくださいました 特に感銘を受けた話が2つあります 1つはレイ・アンダーソン (拍手) 「悪の帝国の一味」を一変させ 地球環境への負担を限りなくゼロに近くしました レイはそれが正しいことだからしたのです それは思いがけないプレゼントを彼にもたらしました より一層の収益を得ることになったのです 社員はレイの努力に感動しています 正しい行いをする喜びを知っているからです 昨日 ウィリー・スミッツがインドネシアの植林運動について話してくれました (拍手)

ウィリーの話は正しい行いをしようとする意志が 何をもたらすか示す完璧な例です 膨大な技術力が求められました 植林活動を計画するためにウィリー達が必要とした 知識の量には舌を巻きました しかしこの計画を成功させるのに 最も重要だったのは地域住民を 理解することだったとウィリーは強調していました 一緒に働く人と歩調が合っていなければ 必ず失敗します 各コミュニティには異なる人々がいて 違った生活を営んでいますから 理解や支援を得るための公式などありません

ですからここTEDや色々な場所で 讃えることが山ほどあります ものすごく偉大な英雄である必要はありません 普通の英雄でいいんです 病院の清掃員も讃えるべき日常の英雄です 私たち1人1人 特別な英雄にならなくてもいいですから 普通の英雄になるべく切磋琢磨すべきです 組織のリーダーとして 私たちは倫理的技術と 倫理的意志をともに伸ばし 育てられる環境を作らねばなりません 組織において逆流に立ち向かって 泳がなければならない時は 最も賢く 善良な意志を持った人間でさえ諦めてしまうでしょう

経営者の方は決して けっして 従業員誰一人としてあの清掃員のような 職務明細書を持たせてはいけません 他者と関わる仕事は それがどんな仕事であれ 倫理的な仕事なのですから そしてあらゆる倫理的な仕事は実践知を必要とします

恐らくなにより大事なことは 教える者として 指導する相手にとって 日常の中での英雄となり 倫理の手本となることです 私たちは指導者として 自分が教えている間 常に誰かが見張っていて カメラはいつも回っている という意識を持つべきです ビル・ゲイツは教育の重要性 特にKIPPという教育プログラムについて話しました その名の通り「知識は力なり」です ビルは 貧しい地域の子供が 大学を目指せるようにするKIPPの教育について話しましたね

ビルが取り上げなかった部分をお話ししましょう 子供たちが 本当に学ぶべき唯一大事なことは 人としての品格だけだとKIPPは 気付いたのです 子供は自己を尊敬することを学ばなくてはいけません 友達を尊敬することを学ばなくてはなりません 先生を尊敬することを学ばなくてはなりません もっとも重要なのは 学ぶことをを重んじることです これが本質的な目的です これさえ押さえれば あとは自然と楽に進めます 学ぶ大切さを教えるために 教師も他の職員も毎日 1分1秒 自分たち自身が学ぶ重要性を実感しながらそれを実践していかなければいけません

オバマ大統領は人間の美徳を喚起しました 私は彼は正しいと思います そして何よりも必要な美徳は実践知です 実践知を持つことで私たちは 正直さや優しさ 勇気などの美徳を 必要な時に最適な形で示すことができるのです オバマ大統領は希望も呼び起こしました またしても正しい 希望を持つ理由がちゃんとありますから 人間は高潔でありたいと望んでいると思います

TEDはまさにその象徴です 正しい動機のもと 正しいタイミングで 正しい行いをしたいと 願っている 私たち1人1人 すべての人が注意を向け始めれば この知恵は私たちのものとなるでしょう 一番重要なのは 知恵の芽を 押しつぶすのではなく 育てるために自分たちの行動とそのプロセスに注意を払い 私たちが働いている会社などの 組織の構造に注意を向けることです

どうもありがとうございました どうもありがとう (拍手)

クリス・アンダーソン:皆さんまだ拍手していますよ

バリー・シュワルツ:どうもありがとうございました (拍手)

In his inaugural address, Barack Obama appealed to each of us to give our best as we try to extricate ourselves from this current financial crisis. But what did he appeal to? He did not, happily, follow in the footsteps of his predecessor, and tell us to just go shopping. Nor did he tell us, "Trust us. Trust your country. Invest, invest, invest." Instead, what he told us was to put aside childish things. And he appealed to virtue. Virtue is an old-fashioned word. It seems a little out of place in a cutting-edge environment like this one. And besides, some of you might be wondering, what the hell does it mean?

Let me begin with an example. This is the job description of a hospital janitor that is scrolling up on the screen. And all of the items on it are unremarkable. They're the things you would expect: mop the floors, sweep them, empty the trash, restock the cabinets. It may be a little surprising how many things there are, but it's not surprising what they are. But the one thing I want you to notice about them is this: even though this is a very long list, there isn't a single thing on it that involves other human beings. Not one. The janitor's job could just as well be done in a mortuary as in a hospital.

And yet, when some psychologists interviewed hospital janitors to get a sense of what they thought their jobs were like, they encountered Mike, who told them about how he stopped mopping the floor because Mr. Jones was out of his bed getting a little exercise, trying to build up his strength, walking slowly up and down the hall. And Charlene told them about how she ignored her supervisor's admonition and didn't vacuum the visitor's lounge because there were some family members who were there all day, every day who, at this moment, happened to be taking a nap. And then there was Luke, who washed the floor in a comatose young man's room twice because the man's father, who had been keeping a vigil for six months, didn't see Luke do it the first time, and his father was angry. And behavior like this from janitors, from technicians, from nurses and, if we're lucky now and then, from doctors, doesn't just make people feel a little better, it actually improves the quality of patient care and enables hospitals to run well.

Now, not all janitors are like this, of course. But the ones who are think that these sorts of human interactions involving kindness, care and empathy are an essential part of the job. And yet their job description contains not one word about other human beings. These janitors have the moral will to do right by other people. And beyond this, they have the moral skill to figure out what "doing right" means.

"Practical wisdom," Aristotle told us, "is the combination of moral will and moral skill." A wise person knows when and how to make the exception to every rule, as the janitors knew when to ignore the job duties in the service of other objectives. A wise person knows how to improvise, as Luke did when he re-washed the floor. Real-world problems are often ambiguous and ill-defined and the context is always changing. A wise person is like a jazz musician -- using the notes on the page, but dancing around them, inventing combinations that are appropriate for the situation and the people at hand. A wise person knows how to use these moral skills in the service of the right aims. To serve other people, not to manipulate other people. And finally, perhaps most important, a wise person is made, not born. Wisdom depends on experience, and not just any experience. You need the time to get to know the people that you're serving. You need permission to be allowed to improvise, try new things, occasionally to fail and to learn from your failures. And you need to be mentored by wise teachers.

When you ask the janitors who behaved like the ones I described how hard it is to learn to do their job, they tell you that it takes lots of experience. And they don't mean it takes lots of experience to learn how to mop floors and empty trash cans. It takes lots of experience to learn how to care for people. At TED, brilliance is rampant. It's scary. The good news is you don't need to be brilliant to be wise. The bad news is that without wisdom, brilliance isn't enough. It's as likely to get you and other people into trouble as anything else. (Applause)

Now, I hope that we all know this. There's a sense in which it's obvious, and yet, let me tell you a little story. It's a story about lemonade. A dad and his seven-year-old son were watching a Detroit Tigers game at the ballpark. His son asked him for some lemonade and Dad went to the concession stand to buy it. All they had was Mike's Hard Lemonade, which was five percent alcohol. Dad, being an academic, had no idea that Mike's Hard Lemonade contained alcohol. So he brought it back. And the kid was drinking it, and a security guard spotted it, and called the police, who called an ambulance that rushed to the ballpark, whisked the kid to the hospital. The emergency room ascertained that the kid had no alcohol in his blood. And they were ready to let the kid go.

But not so fast. The Wayne County Child Welfare Protection Agency said no. And the child was sent to a foster home for three days. At that point, can the child go home? Well, a judge said yes, but only if the dad leaves the house and checks into a motel. After two weeks, I'm happy to report, the family was reunited. But the welfare workers and the ambulance people and the judge all said the same thing: "We hate to do it but we have to follow procedure."

How do things like this happen? Scott Simon, who told this story on NPR, said, "Rules and procedures may be dumb, but they spare you from thinking." And, to be fair, rules are often imposed because previous officials have been lax and they let a child go back to an abusive household. Fair enough. When things go wrong, as of course they do, we reach for two tools to try to fix them.

One tool we reach for is rules. Better ones, more of them. The second tool we reach for is incentives. Better ones, more of them. What else, after all, is there? We can certainly see this in response to the current financial crisis. Regulate, regulate, regulate. Fix the incentives, fix the incentives, fix the incentives ... The truth is that neither rules nor incentives are enough to do the job. How could you even write a rule that got the janitors to do what they did? And would you pay them a bonus for being empathic? It's preposterous on its face. And what happens is that as we turn increasingly to rules, rules and incentives may make things better in the short run, but they create a downward spiral that makes them worse in the long run. Moral skill is chipped away by an over-reliance on rules that deprives us of the opportunity to improvise and learn from our improvisations. And moral will is undermined by an incessant appeal to incentives that destroy our desire to do the right thing. And without intending it, by appealing to rules and incentives, we are engaging in a war on wisdom.

Let me just give you a few examples, first of rules and the war on moral skill. The lemonade story is one. Second, no doubt more familiar to you, is the nature of modern American education: scripted, lock-step curricula. Here's an example from Chicago kindergarten. Reading and enjoying literature and words that begin with 'B.' "The Bath:" Assemble students on a rug and give students a warning about the dangers of hot water. Say 75 items in this script to teach a 25-page picture book. All over Chicago in every kindergarten class in the city, every teacher is saying the same words in the same way on the same day. We know why these scripts are there. We don't trust the judgment of teachers enough to let them loose on their own. Scripts like these are insurance policies against disaster. And they prevent disaster. But what they assure in its place is mediocrity. (Applause)

Don't get me wrong. We need rules! Jazz musicians need some notes -- most of them need some notes on the page. We need more rules for the bankers, God knows. But too many rules prevent accomplished jazz musicians from improvising. And as a result, they lose their gifts, or worse, they stop playing altogether.

Now, how about incentives? They seem cleverer. If you have one reason for doing something and I give you a second reason for doing the same thing, it seems only logical that two reasons are better than one and you're more likely to do it. Right? Well, not always. Sometimes two reasons to do the same thing seem to compete with one another instead of complimenting, and they make people less likely to do it.

I'll just give you one example because time is racing. In Switzerland, back about 15 years ago, they were trying to decide where to site nuclear waste dumps. There was going to be a national referendum. Some psychologists went around and polled citizens who were very well informed. And they said, "Would you be willing to have a nuclear waste dump in your community?" Astonishingly,50 percent of the citizens said yes. They knew it was dangerous. They thought it would reduce their property values. But it had to go somewhere and they had responsibilities as citizens. The psychologists asked other people a slightly different question. They said, "If we paid you six weeks' salary every year would you be willing to have a nuclear waste dump in your community?" Two reasons. It's my responsibility and I'm getting paid. Instead of 50 percent saying yes,25 percent said yes. What happens is that the second this introduction of incentive gets us so that instead of asking, "What is my responsibility?" all we ask is, "What serves my interests?" When incentives don't work, when CEOs ignore the long-term health of their companies in pursuit of short-term gains that will lead to massive bonuses, the response is always the same. Get smarter incentives.

The truth is that there are no incentives that you can devise that are ever going to be smart enough. Any incentive system can be subverted by bad will. We need incentives. People have to make a living. But excessive reliance on incentives demoralizes professional activity in two senses of that word. It causes people who engage in that activity to lose morale and it causes the activity itself to lose morality.

Barack Obama said, before he was inaugurated, "We must ask not just 'Is it profitable?' but 'Is it right?'" And when professions are demoralized, everyone in them becomes dependent on -- addicted to -- incentives and they stop asking "Is it right?" We see this in medicine. ("Although it's nothing serious, let's keep an eye on it to make sure it doesn't turn into a major lawsuit.") And we certainly see it in the world of business. ("In order to remain competitive in today's marketplace, I'm afraid we're going to have to replace you with a sleezeball.") ("I sold my soul for about a tenth of what the damn things are going for now.") It is obvious that this is not the way people want to do their work.

So what can we do? A few sources of hope: we ought to try to re-moralize work. One way not to do it: teach more ethics courses. (Applause) There is no better way to show people that you're not serious than to tie up everything you have to say about ethics into a little package with a bow and consign it to the margins as an ethics course.

What to do instead? One: Celebrate moral exemplars. Acknowledge, when you go to law school, that a little voice is whispering in your ear about Atticus Finch. No 10-year-old goes to law school to do mergers and acquisitions. People are inspired by moral heroes. But we learn that with sophistication comes the understanding that you can't acknowledge that you have moral heroes. Well, acknowledge them. Be proud that you have them. Celebrate them. And demand that the people who teach you acknowledge them and celebrate them too. That's one thing we can do.

I don't know how many of you remember this: another moral hero,15 years ago, Aaron Feuerstein, who was the head of Malden Mills in Massachusetts -- they made Polartec -- The factory burned down. 3,000 employees. He kept every one of them on the payroll. Why? Because it would have been a disaster for them and for the community if he had let them go. "Maybe on paper our company is worth less to Wall Street, but I can tell you it's worth more. We're doing fine."

Just at this TED we heard talks from several moral heroes. Two were particularly inspiring to me. One was Ray Anderson, who turned -- (Applause) -- turned, you know, a part of the evil empire into a zero-footprint, or almost zero-footprint business. Why? Because it was the right thing to do. And a bonus he's discovering is he's actually going to make even more money. His employees are inspired by the effort. Why? Because there happy to be doing something that's the right thing to do. Yesterday we heard Willie Smits talk about re-foresting in Indonesia. (Applause)

In many ways this is the perfect example. Because it took the will to do the right thing. God knows it took a huge amount of technical skill. I'm boggled at how much he and his associates needed to know in order to plot this out. But most important to make it work -- and he emphasized this -- is that it took knowing the people in the communities. Unless the people you're working with are behind you, this will fail. And there isn't a formula to tell you how to get the people behind you, because different people in different communities organize their lives in different ways.

So there's a lot here at TED, and at other places, to celebrate. And you don't have to be a mega-hero. There are ordinary heroes. Ordinary heroes like the janitors who are worth celebrating too. As practitioners each and every one of us should strive to be ordinary, if not extraordinary heroes. As heads of organizations, we should strive to create environments that encourage and nurture both moral skill and moral will. Even the wisest and most well-meaning people will give up if they have to swim against the current in the organizations in which they work.

If you run an organization, you should be sure that none of the jobs -- none of the jobs -- have job descriptions like the job descriptions of the janitors. Because the truth is that any work that you do that involves interaction with other people is moral work. And any moral work depends upon practical wisdom.

And, perhaps most important, as teachers, we should strive to be the ordinary heroes, the moral exemplars, to the people we mentor. And there are a few things that we have to remember as teachers. One is that we are always teaching. Someone is always watching. The camera is always on. Bill Gates talked about the importance of education and, in particular, the model that KIPP was providing: "Knowledge is power." And he talked about a lot of the wonderful things that KIPP is doing to take inner-city kids and turn them in the direction of college.

I want to focus on one particular thing KIPP is doing that Bill didn't mention. That is that they have come to the realization that the single most important thing kids need to learn is character. They need to learn to respect themselves. They need to learn to respect their schoolmates. They need to learn to respect their teachers. And, most important, they need to learn to respect learning. That's the principle objective. If you do that, the rest is just pretty much a coast downhill. And the teachers: the way you teach these things to the kids is by having the teachers and all the other staff embody it every minute of every day.

Obama appealed to virtue. And I think he was right. And the virtue I think we need above all others is practical wisdom, because it's what allows other virtues -- honesty, kindness, courage and so on -- to be displayed at the right time and in the right way. He also appealed to hope. Right again. I think there is reason for hope. I think people want to be allowed to be virtuous.

In many ways, it's what TED is all about. Wanting to do the right thing in the right way for the right reasons. This kind of wisdom is within the grasp of each and every one of us if only we start paying attention. Paying attention to what we do, to how we do it, and, perhaps most importantly, to the structure of the organizations within which we work, so as to make sure that it enables us and other people to develop wisdom rather than having it suppressed.

Thank you very much. Thank you. (Applause)

Chris Anderson: You have to go and stand out here a sec.

Barry Schwartz: Thank you very much. (Applause)

In his inaugural address,/ Barack Obama appealed to each of us/ to give our best/ as we try to extricate/ ourselves/ from this current financial crisis.//

就任演説の中で 現在 直面している財政危機から抜け出そうと必死になっている我々に向かって オバマ大統領は1人1人がベストを尽くすよう訴えかけました

But what did he appeal to?//

でも彼は一体何を私たちに訴えたのでしょうか

He did not,/ happily,/ follow in the footsteps of his predecessor,/ and tell us/ to just go shopping.//

幸いにも 彼は前大統領とは違い 買い物に行きましょうだとか

Nor did he tell us,/ "Trust us.// Trust/ your country.//

「我々と我が国を信頼してほしい」

「そして投資し続けよう!」とは言いませんでした

Instead,/ what he told us/ was to put aside childish things.//

オバマ大統領はそんな子供じみたことはやめようと

And he appealed to virtue.//

人間の美徳に訴えかけました

Virtue is an old-fashioned word.//

美徳とは古めかしい言葉です

It seems a little/ out of place/ in a cutting-edge environment/ like this one.//

TEDのような最先端の環境においては場違いな言葉かもしれません

And besides,/ some of you might be wondering,/ what the hell does it mean?//

それに皆さんの中には美徳って一体どんな 意味があるんだ?と思う方がいるかもしれない

Let me/ begin with an example.//

1つ例を挙げてみましょう

This is the job description of a hospital janitor/ that is scrolling up/ on the screen.//

いまスクリーンに流れているのは 病院の清掃員の職務明細書です

And all of the items/ on it are unremarkable.//

ここに書いてある項目はどれも珍しいものではありません

They're the things/ you would expect:/ mop the floors,/ sweep them,/ empty the trash,/ restock the cabinets.//

誰もが予想する内容です 床をモップで拭く 掃く ゴミ捨て 棚の整理

It may be a little surprising how many things/ there are,/ but it's not surprising/ what they are.//

数の多さに多少驚くかもしれませんが 内容自体は至って普通です

But the one thing/ I want you/ to notice about them is this:/ even though this is a very long list,/ there isn't a single thing/ on it/ that involves other human beings.//

この中で1つだけ気付いていただきたいことは このとても長い職務リストの中に 他者と関わる仕事が1つもないということです

Not one.//

1つもです

The janitor's job could just as well be done in a mortuary/ as in a hospital.//

病院内の清掃と霊安室の掃除はさほど変わりないかもしれません

And yet,/ when some psychologists interviewed hospital janitors/ to get a sense of what they thought their jobs were like,/ they encountered Mike,/ who told them/ about how he stopped mopping/ the floor/ because Mr. Jones was out of his bed/ getting a little exercise,/ trying to build up/ his strength,/ walking slowly/ up and down the hall.//

しかし 病院の清掃員が自分たちの仕事をどう思っているか調査するため 心理学者が清掃員にインタビューしたところ マイクに出会いました マイクはジョーンズさんが体力作りのため少し運動したり ホールの中で軽いウォーキングをするために 床のモップがけをやめたと心理学者に語りました

And Charlene told them/ about how she ignored her supervisor's admonition/ and didn't vacuum the visitor's lounge/ because there were some family members/ who were there all day,/ every day/ who,/ at this moment,/ happened to be taking a nap.//

またシャーリーンは 毎日病院を訪れては1日中患者につきっきりの家族が 待合室でたまたま仮眠を取っていたので 上司の言いつけを無視して 待合室に掃除機をかけませんでした

And then/ there was Luke,/ who washed the floor/ in a comatose young man's room twice/ because the man's father,/ who had been keeping a vigil/ for six months,/ didn't see/ Luke do it/ the first time,/ and his father was angry.//

ルークは昏睡状態にある若者の 病室を2度掃除した話をしたそうです というのは 6ヶ月間寝ずの看病をしていた青年の父親は ルークが最初に掃除をした時に気付かず サボっているのではと怒ったのです

And behavior/ like this/ from janitors,/ from technicians,/ from nurses and,/ if we're lucky now and then,/ from doctors,/ doesn't just make/ people feel a little better,/ it actually improves the quality of patient care/ and enables hospitals/ to run well.//

このような清掃員や技師 看護師の行動は 運が良ければたまにこんな医者もいるでしょうが 周囲の人々の気持ちを少し和らげてくれるだけでなく 実際に患者へのケアの質を上げ 病院の運営も向上させます

Now,/ not all janitors are like this,/ of course.//

もちろん清掃員の誰もがこうではありません

But the ones/ who are think/ that these sorts of human interactions/ involving kindness, care and empathy are an essential part of the job.//

ですが 彼らのような清掃員は人と触れ合いながら優しく気遣い 思いやることが仕事において必要不可欠な 部分だと考えているのです

And yet/ their job description contains not one word/ about other human beings.//

にもかかわらず職務明細書には他者を示唆する言葉は1つとして出てこない

These janitors have the moral will/ to do right/ by other people.//

この清掃員たちは他者に対して正しい行いをするという倫理的な意志を持っている

And/ beyond this,/ they have the moral skill/ to figure out/ what "doing right"/ means.//

それ以上に 彼らは正しい行いとは何かを判断するための倫理的技術を持っている

"Practical wisdom,/"/ Aristotle told us,/ "is the combination of moral will and moral skill."//

アリストテレスは「実践知とは」 「倫理的な意志と技術の組み合わせである」と説いています

A wise person knows/ when and how/ to make the exception/ to every rule,/ as the janitors knew/ when to ignore the job duties/ in the service of other objectives.//

清掃員が他の目的を果たすために任務を無視する術を知っていたように 賢い者は規則に例外が必要な場合をわきまえ そして例外の設け方を知っています

A wise person knows/ how to improvise,/ as Luke did/ when he re-washed the floor.//

ルークが2度床を掃除したように 賢い者は即興で演じることができるのです

Real-world problems are often ambiguous and ill-defined/ and the context is always changing.//

現実世界の問題の多くは曖昧模糊としており 文脈は常に変わっていっています

A wise person is like a jazz musician --/ using the notes/ on the page,/ but dancing around them,/ inventing combinations/ that are appropriate/ for the situation and the people/ at hand.//

賢い人はジャズミュージシャンのように 譜面の音符を読むだけでなく 音符の周りで踊ります その場の状況やそこにいる人に適した組み合わせを生み出します

A wise person knows/ how to use these moral skills/ in the service of the right aims.//

賢い人は正しい目的のために 倫理的な技術を使う方法を知っています

To serve other people,/ not to manipulate other people.//

他者を操るためではなく 他者に仕えるためにです

And finally,/ perhaps most important,/ a wise person is made,/ not born.//

最後に 最も重要な点ですが 生まれながらに賢い人はいない 成長と共に作られるのです

Wisdom depends on experience, and not just any experience.//

知恵は経験から生み出されます でもどんな経験も知恵となるわけではありません

You need the time/ to get to know/ the people/ that you're serving.//

仕えている人について学ぶ時間が必要になります

You need permission/ to be allowed to improvise,/ try new things,/ occasionally to fail/ and to learn from your failures.//

相手と即興で演じ 新しいことを試み 時には間違え 失敗から共に学ぶことを許されなくてはいけません

And you need to be mentored by wise teachers.//

そして賢い先人から教えを乞う必要もあります

When you ask the janitors/ who behaved like the ones/ I described how hard/ it is to learn to do/ their job,/ they tell you/ that it takes lots of experience.//

もし私がお話したような行動を取る清掃員に 仕事を習得するのがどれくらい大変か訊いたら 多くの経験を要すると答えるでしょう

And they don't mean/ it takes lots of experience/ to learn/ how to mop floors and empty trash cans.//

モップがけやゴミ捨てを覚えるのに多くの経験がいるわけではありません

It takes lots of experience/ to learn/ how to care for people.//

他人への思いやりを学ぶのに多くの経験が必要なのです

At TED,/ brilliance is rampant.//

TEDには類い稀なる才能が溢れています

It's scary.//

恐ろしいほどです

The good news is you don't need to be brilliant/ to be wise.//

ありがたいのは賢くあるために有能さは必要ではないことです

The bad news is that/ without wisdom,/ brilliance isn't enough.//

ですが残念なことに 知恵のない 有能さでは不十分です

It's as likely/ to get you/ and other people/ into trouble/ as anything else.//

頭がよくても知恵がなければ あなた自身や他人にも迷惑をかけるでしょう

(拍手)

Now,/ I hope/ that we/ all know this.//

皆さんにとっては自明のことだと信じています

There's a sense/ in which it's obvious,/ and yet,/ let me/ tell you/ a little story.//

あまりにも当然だと思っているでしょうが こんな話をご存知ですか

It's a story/ about lemonade.//

レモネードについてのお話です

A dad/ and his seven-year-old son were watching a Detroit Tigers game/ at the ballpark.//

父親と11歳になる息子が球場でデトロイト・タイガースの試合を見ていました

His son asked him/ for some lemonade/ and Dad went to the concession stand/ to buy it.//

息子は父親にレモネードをねだりました そこで父親は売店へ買いに行きました

All they had was Mike's Hard Lemonade,/ which was five percent alcohol.//

売店にあったのは5%のアルコールが入っている 「マイクのハードレモネード」だけでした

Dad,/ being an academic,/ had no idea/ that Mike's Hard Lemonade contained alcohol.//

学者であった父親は「マイクのハードレモネード」がお酒だとは知らず

So he brought it back.//

それを買って息子のもとに戻りました

And the kid was drinking it,/ and a security guard spotted it,/ and called the police,/ who called an ambulance/ that rushed to the ballpark,/ whisked the kid/ to the hospital.//

息子がそれを飲んでいると警備員がそれに気付いて 警察を呼び 救急車も来て 息子を病院へ連れて行きました

The emergency room ascertained/ that the kid had no alcohol/ in his blood.//

救急治療室でその子の血中からアルコールは検出されないことが確認され

And they were ready/ to let the kid go.//

病院はその子を退院させようとしましたが

But not so fast.//

ことはそんなにスムーズには運びませんでした

The Wayne County Child Welfare Protection Agency said no.//

ウェイン地区児童福祉保護局がノーと言ったのです

And the child was sent to a foster home/ for three days.//

子供は児童養護施設に3日間送られてしまいました

At that point,/ can the child go home?//

この時点で 子供は家へ帰れるのでしょうか?

Well,/ a judge said yes,/ but/ only if the dad leaves the house and checks/ into a motel.//

裁判官は父親が外泊するならば子供を帰してもよいとしました

After two weeks,/ I'm happy/ to report,/ the family was reunited.//

2週間後やっとのことで この家族は元の生活に戻りました

But the welfare workers/ and the ambulance people/ and the judge all said the same thing:/ "We hate to do/ it/ but we have to follow/ procedure."//

しかし児童福祉局も救急隊も裁判官も みな一様に同じことを言っていました 「こんなことしたくはないが決まった手続きに従うしかない」

How do things/ like this happen?//

こういった事はどうして起こるのでしょうか?

Scott Simon,/ who told this story/ on NPR,/ said,/ "Rules and procedures may be dumb,/ but they spare you/ from thinking."//

スコット・サイモンはラジオでこの話をし こんな指摘をしています 「規則自体が私たちに命令してくるわけではないが」 「規則は私たちから考える力を奪ってしまっている」

And,/ to be fair,/ rules are often imposed/ because previous officials have been lax/ and they let a child go back/ to an abusive household.//

規則は得てして強制されますが それは過去の職員の対応が甘く 子供を虐待のある家庭に戻してしまったからと言ったりします

もっともです

When things go wrong,/ as of course/ they do,/ we reach for two tools/ to try to fix/ them.//

よくあることですが 何かが間違った方向にいった時 私たちは事態を収拾するために2つの方法をとります

One tool/ we reach for is rules.//

1つは規則

Better ones,/ more of them.//

よりよい規則を より多く

The second tool/ we reach for is incentives.//

2つ目は報奨

Better ones,/ more of them.//

よりよい報奨を より多く です

What else,/ after all,/ is there?//

結局 他に一体何があるでしょうか?

We can certainly see this/ in response/ to the current financial crisis.//

これは今の経済危機に対する私たちの対処方法にも現れています

規制に規制を重ねていったり

Fix/ the incentives,/ fix the incentives,/ fix the incentives ...//

毎回ちょっと違った報奨を与えます

The truth is/ that neither rules nor incentives are enough/ to do the job.//

しかし 規則も報奨も 何も変えてはくれません

How could you even write a rule/ that got the janitors/ to do/ what they did?//

あの清掃員がしたようなことを指示する規則をどうやって作れるでしょうか?

And would you pay them/ a bonus/ for being empathic?//

他人に思いやりを抱くことでボーナスがもらえるでしょうか?

It's preposterous/ on its face.//

それでは本末転倒です

And what happens/ is/ that as we turn increasingly/ to rules, rules and incentives may make things better/ in the short run,/ but they create a downward spiral/ that makes them worse/ in the long run.//

もし私たちがより規則に依存するようになったら 規則や報奨は一時的に状況を改善するかもしれません ですが 長期的には悪化していく 悪循環を生み出します

Moral skill is chipped away/ by an over-reliance/ on rules/ that deprives us of the opportunity/ to improvise/ and learn from our improvisations.//

私達は規則に頼りすぎることで 臨機応変に状況から学ぶ機会を失い 倫理的技術を衰えさせてしまいます

And moral will/ is undermined by an incessant appeal/ to incentives/ that destroy our desire/ to do the right thing.//

また 絶え間なく与えられる報奨という誘惑は 私たちの「正しい行為をしたい」という思いを奪い 倫理的意志は揺らいでいくでしょう

And without intending it,/ by appealing to rules and incentives,/ we are engaging in a war/ on wisdom.//

そして私たちは無意識に 規則や報奨に頼ることで 知恵に対する戦いに巻き込まれています

Let/ me just give you/ a few examples,/ first of rules and the war/ on moral skill.//

いくつか例を挙げましょう レモネードの話は規則と倫理的技術をめぐる

The lemonade story is one.//

戦いのいい例です

Second,/ no doubt more familiar/ to you,/ is the nature of modern American education:/ scripted,/ lock-step curricula.//

アメリカにおける近代教育の性質も 皆さんよくご存知の通りでしょう すべて教科書に指定された横並びのカリキュラム

Here's an example/ from Chicago kindergarten.//

これはシカゴの幼稚園の例です

Reading/ and enjoying literature and words/ that begin with 'B.//' "The Bath:/"/ Assemble students/ on a rug/ and give students/ a warning/ about the dangers of hot water.//

「文学と親しみながら」 「Bで始まる単語を考えます」 「Bath(お風呂)という言葉で子供達を絨毯の上に集め」 「熱湯が危険だと教えます」

Say/ 75 items/ in this script to teach a 25-page picture book.//

25ページの絵本に75個のアイテムがあるとします

All/ over Chicago/ in every kindergarten class/ in the city,/ every teacher is saying the same words/ in the same way/ on the same day.//

シカゴ中のあらゆる幼稚園ですべての先生が 同じ日に 同じような口調で 同じ単語を言っていることになります

We know/ why these scripts are there.//

私たちは教師用の教本がどうして必要かわかっています

We don't trust the judgment of teachers enough/ to let them loose on their own.//

私たちは教師それぞれの解釈や判断を 信頼していないからです

こういった教本は万一の失敗を防ぐための予防策です

And they prevent disaster.//

実際 教本のおかげでひどい事態は免れます

But what they assure in its place is mediocrity.//

しかし教本はあらゆるクラスを凡庸にしてしまいます

(拍手)

Don't get me/ wrong.// We need rules!//

どうぞ誤解しないでください 規則は必要です!

Jazz musicians need some notes --/ most of them need some notes/ on the page.//

ジャズミュージシャンも音譜がいります ほとんどのジャズミュージシャンが譜面を使います

We need more rules/ for the bankers,/ God knows.//

当然 銀行家にはより多くの規則が必要です

But too many rules prevent accomplished jazz musicians/ from improvising.//

ですが規則が多過ぎると 熟練したジャズミュージシャンは 即興しづらくなります

And/ as a result,/ they lose their gifts,/ or worse,/ they stop playing/ altogether.//

結果 才能を発揮し切れなくなる それどころか演奏をやめてしまう

Now,/ how about incentives?//

報奨についてはどうでしょう?

They seem cleverer.//

報奨の方が効果がありそうですね

If you have one reason/ for doing something/ and I give you/ a second reason/ for doing the same thing,/ it seems only logical/ that two reasons are better/ than one/ and you're more likely/ to do it.//

何かをする動機があったとして 同じことをしてもらうために別の動機を与えるとしたら 動機は1つより2つあった方がいいように思えます 動機が2つある方が行動を起こしやすくなるかもしれない

Right?//

そうでしょう?

Well,/ not always.//

まあ 絶対とは言えませんが

Sometimes/ two reasons to do the same thing seem to compete/ with one/ another instead of complimenting,/ and they make people less likely/ to do it.//

理由が2つあるとお互いサポートし合うというより 矛盾してしまう場合がありますから そうなると行動しなくなります

I'll just give you/ one example/ because time is racing.//

時間が押しているので例を1つだけお話しします

In Switzerland,/ back/ about 15 years ago,/ they were trying to decide/ where to site nuclear waste dumps.//

15年前にスイスで 核廃棄物をどこで処理するか議論していました

There was going to be a national referendum.//

国民投票が実施される際 心理学者は街頭で世論調査をし

Some psychologists went around/ and polled citizens/ who were very well/ informed.//

事態をよく理解している人に「自分の住む地域で」

And they said,/ "Would you be willing to have a nuclear waste dump/ in your community?"//

「核廃棄物を引きうけてもよいか?」と尋ねました

Astonishingly,/50 percent of the citizens said yes.//

信じられないことに50%の人がイエスと解答しました

They knew/ it was dangerous.//

危険を承知の上です

They thought/ it would reduce their property values.//

所有地の価値が下がるとわかっていましたが

But it had to go somewhere/ and they had responsibilities/ as citizens.//

どこかで処理する必要があり それは国民の義務だと考えたのです

The psychologists asked other people/ a slightly different question.//

心理学者は質問を変えて他の人に聞いてみました

They said,/ "If we paid you/ six weeks/' salary/ every year would you be willing to have a nuclear waste dump/ in your community?"//

毎年6週間分の給与を払ったら自分の地域で 核廃棄物を処理しても構わないかと尋ねました

Two reasons.// It's my responsibility/ and I'm getting paid.//

国民の責任とお金 2つの理由ができました

Instead of 50 percent/ saying yes,/25 percent said yes.//

ところが 25%の人がイエスと答えただけでした

What happens/ is/ that the second/ this introduction of incentive gets us/ so that instead of asking,/ "What is my responsibility?"//

なぜかというと 報奨を与えると言った途端 我々は 「自分の責任は何か?」と問うのではなく

all we ask/ is,/ "What serves my interests?"//

「どんな利益を得られるか」と考えてしまうのです

When incentives don't work,/ when CEOs ignore the long-term health of their companies/ in pursuit of short-term gains/ that will lead to massive bonuses,/ the response is always the same.//

報奨の仕組みが機能しない場合 CEOが膨大なボーナスを出すために短期的な収益を追い求めるあまり 長期的な会社としての健全さを無視した場合 周りの反応はいつでも同じです

Get smarter incentives.//

よりよい報酬を得ようとします

The truth is/ that there are no incentives/ that you can devise/ that are ever going to be smart enough.//

でも本当は人に満足を与え続けられるに足る 十分な報奨の仕組みなどないのです

Any incentive system can be subverted by bad will.//

どんな報奨制度も悪意によって堕落する可能性があります

We need incentives.// People have to make/ a living.//

報奨は必要です 私たちはそれで生計を立てています

But excessive reliance/ on incentives demoralizes professional activity/ in two senses of that word.//

しかし報奨への過度な依存は 2つの意味で 労働から倫理観を奪ってしまいます

It causes people/ who engage in that activity/ to lose morale/ and it causes the activity/ itself/ to lose morality.//

まずその仕事をする人の士気を低下させます 次に仕事そのものから倫理が失われるのです

Barack Obama said,/ before he was inaugurated,/ "We must ask not just 'Is it profitable?'// but 'Is it right?'//"/ And when professions are demoralized,/ everyone/ in them becomes dependent on --/ addicted to --/ incentives/ and they stop asking "Is it right?"//

就任前オバマ氏は「利益を生み出すか否かだけでなく」 「正しいかどうか判断しなければならない」と言いました 仕事における倫理観が危機にさらされるとき その職についている人は報酬に依存し 虜となります そして「これは正しいのか?」と問わなくなる

We see this/ in medicine.//

医療の世界でも見られます

("Although it's nothing serious,/ let's keep an eye/ on it/ to make sure/ it doesn't turn into a major lawsuit."//)/

「大したことじゃないが 裁判沙汰にならないように見張っておこう」

And we certainly see it/ in the world of business.//

同様にビジネスでも見られます

("In order to remain competitive/ in today's marketplace,/ I'm afraid/ we're going to have to replace/ you/ with a sleezeball."//)

「今の市場で勝ち抜くためには君じゃなくもっと性格の悪い奴にしないとだめなんだ」

("I sold my soul/ for about a tenth of what the damn things are going for now."//)/

「この茶番の10分の1の価値もないもんに魂を売ってしまった」

It is obvious/ that this is not the way/ people want to do/ their work.//

明らかに誰もこんな風に働きたいとは思っていません

So/ what can we do?//

では私たちに何ができるでしょうか?

A few sources of hope:/ we ought to try to re-moralize/ work.//

希望は少しあります 仕事における倫理観を取り戻すことです

One way not to do it:/ teach more ethics courses.//

ですが倫理の授業を増やしても意味はありません

(拍手)

There is no better way/ to show people/ that you're not serious/ than to tie up/ everything/ you have to say/ about ethics/ into a little package/ with a bow/ and consign it/ to the margins/ as an ethics course.//

倫理について伝えるべきことを何でもかんでも 学校の授業任せにしてしまうと 誰も真剣に受け取ってくれなくなります

What to do instead?//

ではどうするか?

倫理的模範を称えるのです

Acknowledge,/ when you go to law school,/ that a little voice is whispering in your ear/ about Atticus Finch.//

実際 ロースクールに行くと アティカス・フィンチ(架空の理想の弁護士)について みなが囁き合っています

No 10-year-old goes to law school/ to do mergers and acquisitions.//

10歳児はM&Aのことを学ぶためにロースクールに行きはしません

People are inspired by moral heroes.//

誰もが倫理的な英雄に感銘を受けます

But we learn/ that with sophistication comes the understanding/ that you can't acknowledge/ that you have moral heroes.//

しかし成長と共に 倫理的英雄と崇める人がいることを 認めづらくなってきます

Well,/ acknowledge them.//

どうぞ認めてください

Be proud/ that you have them.//

心の中の倫理的英雄に誇りを持ってください

Celebrate them.//

倫理的英雄を賞賛してください

And demand/ that the people/ who teach/ you acknowledge them/ and celebrate them too.//

あなた方の先生にはご自分を認め 讃えるよう伝えてください

That's one thing/ we can do.//

これが私たちにできることです

I don't know how many of you remember this:/ another moral hero,/15 years ago,/ Aaron Feuerstein,/ who was the head of Malden Mills/ in Massachusetts --/ they made Polartec --/ The factory burned down.//

15年前にポーラテックを作ったマサチューセッツの メルデン・ミルズの代表をやっていた もう1人の倫理的英雄 アーロン・フェウエルステインを 覚えている人はいますか? 工場が燃えてしまったんですが

3,000 employees.// He kept every one of them/ on the payroll.//

従業員3000人すべてを守りました

Why?// Because it would have been a disaster/ for them/ and/ for the community/ if he had let them go.//

解雇されたら従業員は路頭に迷い コミュニティ全体への打撃も大きいからです

"Maybe/ on paper/ our company is worth/ less/ to Wall Street,/ but I can tell you/ it's worth more.// We're doing/ fine."//

「私たちの会社は金融街の連中にとって以前ほど書面上の価値はないかもしれない」 「でも本当は価値は上がってる ちゃんと経営できてますからね」

Just/ at this TED/ we heard talks/ from several moral heroes.//

ここTEDでも倫理的英雄の皆さんが話してくださいました

Two were particularly inspiring/ to me.//

特に感銘を受けた話が2つあります

One was Ray Anderson,/ who turned --/ (Applause)

1つはレイ・アンダーソン (拍手)

--/ turned,/ you know,/ a part of the evil empire/ into a zero-footprint,/ or almost zero-footprint business.//

「悪の帝国の一味」を一変させ 地球環境への負担を限りなくゼロに近くしました

Why?// Because it was the right thing/ to do.//

レイはそれが正しいことだからしたのです

And a bonus/ he's discovering is he's actually going to make even more money.//

それは思いがけないプレゼントを彼にもたらしました より一層の収益を得ることになったのです

His employees are inspired by the effort.//

社員はレイの努力に感動しています

Why?// Because there happy to be doing something/ that's the right thing/ to do.//

正しい行いをする喜びを知っているからです

Yesterday/ we heard Willie Smits talk/ about re-foresting/ in Indonesia.//

昨日 ウィリー・スミッツがインドネシアの植林運動について話してくれました

(拍手)

In many ways/ this is the perfect example.//

ウィリーの話は正しい行いをしようとする意志が

Because it took the will/ to do the right thing.//

何をもたらすか示す完璧な例です

God knows/ it took a huge amount of technical skill.//

膨大な技術力が求められました

I'm boggled at how much/ he/ and his associates needed to know/ in order to plot this out.//

植林活動を計画するためにウィリー達が必要とした 知識の量には舌を巻きました

But most important to make it work --/ and he emphasized this --/ is/ that it took knowing/ the people/ in the communities.//

しかしこの計画を成功させるのに 最も重要だったのは地域住民を 理解することだったとウィリーは強調していました

Unless the people/ you're working/ with are behind you,/ this will fail.//

一緒に働く人と歩調が合っていなければ 必ず失敗します

And there isn't a formula/ to tell you/ how to get the people/ behind you,/ because different people/ in different communities organize their lives/ in different ways.//

各コミュニティには異なる人々がいて 違った生活を営んでいますから 理解や支援を得るための公式などありません

So there's a lot here/ at TED, and/ at other places,/ to celebrate.//

ですからここTEDや色々な場所で 讃えることが山ほどあります

And you don't have to be a mega-hero.//

ものすごく偉大な英雄である必要はありません

There are ordinary heroes.//

普通の英雄でいいんです

Ordinary heroes/ like the janitors/ who are worth/ celebrating too.//

病院の清掃員も讃えるべき日常の英雄です

As practitioners/ each/ and every one of us should strive to be ordinary,/ if not extraordinary heroes.//

私たち1人1人 特別な英雄にならなくてもいいですから 普通の英雄になるべく切磋琢磨すべきです

As heads of organizations,/ we should strive to create/ environments/ that encourage and nurture both moral skill and moral will.//

組織のリーダーとして 私たちは倫理的技術と 倫理的意志をともに伸ばし 育てられる環境を作らねばなりません

Even the wisest and most well-meaning people will give up/ if they have to swim/ against the current/ in the organizations/ in which they work.//

組織において逆流に立ち向かって 泳がなければならない時は 最も賢く 善良な意志を持った人間でさえ諦めてしまうでしょう

If you run an organization,/ you should be sure/ that none of the jobs --/ none of the jobs --/ have job descriptions/ like the job descriptions of the janitors.//

経営者の方は決して けっして 従業員誰一人としてあの清掃員のような 職務明細書を持たせてはいけません

Because the truth is/ that any work/ that you do that involves interaction/ with other people is moral work.//

他者と関わる仕事は それがどんな仕事であれ 倫理的な仕事なのですから

そしてあらゆる倫理的な仕事は実践知を必要とします

And,/ perhaps most important,/ as teachers,/ we should strive to be the ordinary heroes,/ the moral exemplars,/ to the people/ we mentor.//

恐らくなにより大事なことは 教える者として 指導する相手にとって 日常の中での英雄となり 倫理の手本となることです

And there are a few things/ that we have to remember/ as teachers.//

私たちは指導者として 自分が教えている間

One is/ that we are always teaching.//

常に誰かが見張っていて

Someone is always watching.//

カメラはいつも回っている

The camera is always on.//

という意識を持つべきです

Bill Gates talked about the importance of education and,/ in particular,/ the model/ that KIPP was providing:/ "Knowledge is power."//

ビル・ゲイツは教育の重要性 特にKIPPという教育プログラムについて話しました その名の通り「知識は力なり」です

And he talked about a lot of the wonderful things/ that KIPP is doing to take/ inner-city kids/ and turn them/ in the direction of college.//

ビルは 貧しい地域の子供が 大学を目指せるようにするKIPPの教育について話しましたね

I want to focus/ on one particular thing KIPP is doing/ that Bill didn't mention.//

ビルが取り上げなかった部分をお話ししましょう 子供たちが

That is/ that they have come to the realization/ that the single most important thing kids need to learn/ is character.//

本当に学ぶべき唯一大事なことは 人としての品格だけだとKIPPは 気付いたのです

They need to learn to respect/ themselves.//

子供は自己を尊敬することを学ばなくてはいけません

They need to learn to respect/ their schoolmates.//

友達を尊敬することを学ばなくてはなりません

They need to learn to respect/ their teachers.//

先生を尊敬することを学ばなくてはなりません

And,/ most important,/ they need to learn to respect/ learning.//

もっとも重要なのは 学ぶことをを重んじることです

That's the principle objective.//

これが本質的な目的です

If you do that,/ the rest is just pretty much/ a coast downhill.//

これさえ押さえれば あとは自然と楽に進めます

And the teachers:/ the way/ you teach these things/ to the kids is by having the teachers and all the other staff embody/ it/ every minute of every day.//

学ぶ大切さを教えるために 教師も他の職員も毎日 1分1秒 自分たち自身が学ぶ重要性を実感しながらそれを実践していかなければいけません

Obama appealed to virtue.//

オバマ大統領は人間の美徳を喚起しました

And I think/ he was right.//

私は彼は正しいと思います

And the virtue/ I think/ we need above all others is practical wisdom,/ because it's/ what allows other virtues --/ honesty,/ kindness,/ courage/ and so on --/ to be displayed at the right time/ and in the right way.//

そして何よりも必要な美徳は実践知です 実践知を持つことで私たちは 正直さや優しさ 勇気などの美徳を 必要な時に最適な形で示すことができるのです

He also appealed to hope.//

オバマ大統領は希望も呼び起こしました

Right again.//

またしても正しい

I think/ there is reason/ for hope.//

希望を持つ理由がちゃんとありますから

I think/ people want to be allowed to be virtuous.//

人間は高潔でありたいと望んでいると思います

In many ways,/ it's/ what TED is all about.//

TEDはまさにその象徴です

Wanting to do the right thing/ in the right way/ for the right reasons.//

正しい動機のもと 正しいタイミングで 正しい行いをしたいと 願っている

This kind of wisdom is within the grasp of each and every one of us/ if only/ we start paying/ attention.//

私たち1人1人 すべての人が注意を向け始めれば この知恵は私たちのものとなるでしょう

Paying attention/ to/ what we do,/ to/ how we do it,/ and,/ perhaps most importantly,/ to the structure of the organizations/ within which we work,/ so as to make sure/ that it enables us/ and other people/ to develop wisdom/ rather than/ having it suppressed.//

一番重要なのは 知恵の芽を 押しつぶすのではなく 育てるために自分たちの行動とそのプロセスに注意を払い 私たちが働いている会社などの 組織の構造に注意を向けることです

Thank you/ very much.//

どうもありがとうございました

Thank you.//

どうもありがとう

(拍手)

Chris Anderson:/ You have to go/ and stand out/ here/ a sec.//

クリス・アンダーソン:皆さんまだ拍手していますよ

Barry Schwartz:/ Thank you very much.//

バリー・シュワルツ:どうもありがとうございました

(拍手)

inaugural

就任の;開会の

(特に大統領の)就任演説

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

extricate

(…から)…‘を'救い出す,抜け出させる《+『名』+『from』+『名』》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

happily

『幸福に』;愉快に,楽しく

幸いにも,幸運にも(luckily)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

footstep

『足音』

『足跡』(footprint)

歩幅

predecessor

2『前任者』;前のもの

shopping

『買物』・買物の,買物のための

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

childish

『子供の』;子供らしい

『幼稚な』

virtue

{U}『美徳』,徳;高潔

{U}(特に婦人の)節操,貞操

{C}(特定の)道徳,美徳

{U}{C}(物・事・人などの)(…という)『長所』,美点《+of+名(doing)》

{U}{C}(…するという)効力,ききめ《+of doing》

old-fashioned

『旧式の』,流行遅れの(out-of-date)

昔風の,昔かたぎの

オールドファッションド(カクテルの一種)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

hospital

『病院』

janitor

《おもに英》門番,守衛

《おもに米》=caretaker

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

item

『項目』;『種目』,品目;箇条

『新聞記事』;(新聞記事の)一節

(項目を数え上げるとき)一つ(…);さらにまた,同様に

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

mop

『モップ』(長い柄の付いたぞうきん)

(…の)モップ,モップ(のような…)《+『of』+『名』》

…‘を'モップでふく(掃除する)

〈涙・汗など〉‘を'ぬぐう,ふく

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

sweep

…‘を'『掃く』,掃除する

(ほうきで掃くなどして)〈ごみなど〉‘を'『取る』,集める《away(up)+名》;(…から)…‘を'取る《+《away(up)+名+from(off)+名》

(掃くように)…‘の'『上をさっと通る』,…‘を'さっとなでる(吹き抜ける);《副司句を伴って》…‘を'掃くように動かす

…‘を'押し流す,吹き飛ばす《+along(away, off)+名》;(…から)…‘を'押し流す《+『名』+『

off(from)』+『名』》

〈選挙など〉‘に'全面的に勝利をおさめる

『掃く』,掃除をする

《副詞[句]を伴って》(掃くように)『さっと通る(動く)』

《副詞[句]を伴って》〈山などが〉弓なりに伸びる

《副詞[句]を伴って》〈人が〉堂々と通り過ぎる

(…を)『掃くこと』,掃除すること,(…か)一掃《+『of』+『名』》

(…を)『さっと動かすこと』,一振り,(オールなどの)一こぎ《+of+名》

(…の)湾曲,曲線,カーブ《+of+名》

(…の及ぶ)範囲《+of+名》

(物が)押し寄せること,突進

《話》掃除人,(特に)煙突掃除人

長いオール(かい)

全面的勝利

《複数形で》=sweepstakes

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

trash

価値のないもの,役に立たないもの

《米》廃品,くず,ごみ

くだらない話,駄作,ばかげた考え

《米》人間のくず,役立たず

restock

(…を)…に補充する,再び仕入れる《+『名』+『with』+『名』》

補充する,再び仕入れる

cabinet

『キャビネット』(引出し・たな・仕切などのある箱・戸だな)

《しばしばCabinet》《集合的に》《単数・複数扱い》『内閣』,(内閣の)閣僚連

《英》閣議

《古》小さい個室

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

human being

人,人間

mortuary

(病院内の)死体仮置場;葬儀場,葬式会場(funeral home)・死の;埋葬の

psychologist

心理学者

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

mike

=microphone

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

supervisor

監督者,管理人

admonition

忠告,警告;(穏やかな)訓戒

vacuum

真空

《単数形で》‘空虚',‘空所',空白

(現実から隔離された)孤立状態

《米》=vacuum cleaner

‘…を'電気そうじ機でそうじする

電気掃除機をかける

visitor

(…からの)『訪問者』,泊り客,見物人《+from+名》,(…への)訪問者《+to+名》

lounge

(…に)ゆったりと寄り掛かる(座る,横になる)《+『against』(『on, in』)+『名』》

(…を)『ぶらぶら歩く』,ぶらつく《+『about』+(『around』)+『名』》

〈C〉(ホテル・クラブ・船などの)『休憩室』,娯楽室,社交室

〈C〉寝いす,安楽いす

〈U〉《しばしばa~》ぶらぶら歩き

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

nap

(特に日中の)『ひと眠り』,昼寝

ひと眼りする,まどろむ

Luke

(またSt.Luke)ルカ(キリストの12使徒の一人)

(新約聖書の)ルカによる福音書

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

comatose

こん睡状の;こん睡性の

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

vigil

〈U〉〈C〉不寝番,徹夜で見守ること

《the ~》《古》祭りの前夜

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

technician

(科学・職業上の)専門家,専門技術者

(音楽・美術などの)技巧派

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

kindness

〈U〉『親切』,思いやり,情け深さ

〈C〉(…に対する)『親切な行い』《+『to』+『名』》

empathy

(心理学で)感情移入,共感

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

means

〈C〉《単数・複数扱い》『方法』,『手段』

《複数扱い》『資力』,『財産』,富

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

Aristotle

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者;384‐322B.C.)

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

wise

(人・行為などが)『賢い』,賢明な,思慮分別のある

『博識な』,学識豊かな;事情に詳しい,物事が分かっている

《俗》生意気な

…‘を'気づかせる,…‘に'教える《+up+『名』,+『名』+up》

(…に)気づく,(…を)知る《+up to+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

exception

〈U〉(…を)『除外すること』(…の)除外《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)『例外』《+『to』+『名』》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

improvise

〈詩〉‘を'即席で作る;〈音楽など〉‘を'で演奏する(歌う);〈劇など〉‘を'即興で演じる

…‘を'ありあわせで作る

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

ambiguous

(意味が)いろいろな意味にとれる,多義の

(正体などが)はっきりしない;(輪郭などが)ぼんやりとした,おぼろげな

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

serving

〈C〉(飲食物の)一杯,一盛り(helping),一人前

〈U〉サービスすること

(料理の)取り分け用の;配膳用の

permission

『許可』,承諾

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

occasionally

『たまに』,時おり

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

brilliance

輝き,光沢

はなやかさ,鮮やかさ

傑出,卓越;際立った才能

rampant

(雑草などが)はびこった

(病気などが)流行した

《名詞の後に置いて》(紋章のライオンなどが)後ろ脚で立ち上がって前脚を振り上げた

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

applause

『拍手かっさい』;称賛

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

lemonade

《米》レモン水,レモネード(レモンの汁に水と砂糖を加えた飲料)

《英》レモン[ライム]ソーダ

dad

『おとうちゃん』

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

Detroit

デトロイト(米国Michigan州にある自動車製造で有名な工業都市)

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

ballpark

野球場

concession

〈U〉〈C〉(要球・結果などに対する)『譲歩』,容認《+『to』+『名』》

〈C〉譲歩事項,譲与物

〈C〉(政府・土地所有者などが与える)特権,利権;免許

〈C〉《米》(公園・劇場などでの)売り場使用権,営業権;営業所

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

alcohol

『アルコール』,酒精

『アルコール飲料』,酒

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

guard

〈C〉『見張り』,番人;歩哨(ほしょう),番兵;護衛兵

〈U〉(…を)見張ること,監視すること《+『over』+『名』》;(…を)警戒(用心)すること《+『against』+『名』》

〈C〉《英》(列車・電車の)『車掌』(《米》conductor)

《the Guards》《英》近衛(このえ)連隊

〈U〉〈C〉(ボクシング・フェンシングなどで,相手の攻撃に対する)ガード,防御

〈C〉(米式フットボール・バスケットボールの)ガード

〈C〉《しばしば複合語を作って》「(危険などを)防止する物,保護物」の輔を表す

…‘を'『見張る』,環視する

(…から)…‘を'『警戒する』,守る《+『against』(『from』)+『名』》

(…に備えて)『警戒する』,用心する《+『against』+『名』(do『ing』)》

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

ambulance

救急車

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

whisk

(ちりなどを払う)小ぼうき,毛ぼうき

(針金を輪にして組み合わせた)泡立て器

《a whisk》(手・はたきなどの)一払い《+of+名》

…‘を'さっと払うように振る

…‘を'払い落とす;さっと持っていく《+名+off(away),+off(away)+名》

〈卵・クリーム〉‘を'泡立てる

《方向を表す副詞[句]を伴って》さっといなくなる

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

ascertain

〈事実など〉'を'『確かめる』,つきとめる

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

county

《英》『州』

《米》『郡』

州民,郡民

welfare

『幸福』,繁栄

『福祉』[事業],厚生[事業]

(米政府の)生活保護

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

foster home

養家,養子さきの家

days

たいてい昼間は

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

motel

モーテル(街道沿にある自動車旅行者の宿泊所)[motorとhotelの合成語]

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

Scott

スコット(Sir Walter Scott;1771‐1832;スコットランド出身の小説家・詩人)

dumb

『物の言えない』,口をきくことができない

口をつぐんでいる,黙っている(silent)

《名詞的にthe~》口のきけない人々

《話》頭の悪い,ばかな

spare

…‘を'『容赦する』,‘の'命を助ける

《『spare』+『名』〈人〉+『名』〈労苦〉》〈苦痛・苦労まど〉‘を'〈人〉‘に'させない

《通例否定文で》〈時間・労力など〉‘を'『惜しむ』,控える

〈労力・時間など〉‘を'『さく』,割愛する;…‘を'なしですませる

(ある日的のために)…‘を'取っておく,残しておく《+『名』+『for』+『名』》

(物が)『予備の』;(時間・金が)余分の

(食事などが)質素な;乏しい

やせた(lean)

{名}予備の品(部品),スペア

(ボウリングで)2回の投球でピンを全部倒すこと

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

impose

(人・物に)〈重荷・税金など〉‘を'『課する』,負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人・物〉》

(人に)〈考えなど〉‘を'『押しつける』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

lax

(法などが)『厳格でない』,手ぬるい

だらしない,たるんだ;(…に)いいかげんな《+『about』+『名』(do『ing』)》

『ゆるんだ』

abusive

悪用された,乱用の

虐待する

ののしる,口ぎたない

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

incentive

刺激,動機,誘因

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

bonus

ボーナス,特別手当;特別配当金

桂品,おまけ

《話》思いがけない喜び[を与えるもの]

preposterous

不合理な(absurd)

(態度・外見が)非常識な,ばかげた(ridiculous)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

downward

(高さ・状態が)『下の方へ』,低い方へ

…『以来』,このかた

(位置・状態が)『下方への』,下り坂の,下向きの

spiral

らせん(helix)

らせん状のもの;らせんばね;巻き貝

(物価・賃金などの)らせん状上昇(下降)

らせん状の

… ‘を'らせん形にする

らせん形になる;らせん状に動く

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

long run

(映画・演劇の)長期興行

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

deprive

(所有しているものを)〈人〉‘から'『奪う』《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

improvisation

〈U〉即席にすること

即興誌,即興曲,即興演奏

undermine

…‘の'下を掘る,下に穴(トンネル)を掘る

(浸食作用で)…‘の'土台を壊す(削る)

〈健康・名声など〉‘を'知らないうちに(徐々に)害する,弱める

incessant

『絶え間なく続く』,ひっきりなしの

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

intend

…‘を'『意図する』,‘の'つもりである

(特定の目標に)…‘を'向ける,あてる《+『名』+『for』(『as』)+『名』》

(…で)…‘を'表そうとする《+『by』+『名』》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

no doubt

確かに,きっと,恐らく

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

Chicago

『シカゴ』(『I』Illinois州にある米国の大都市)

kindergarten

幼稚園

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

Bath

バス(英国Somersetshire州の町で昔から有名な保養地)

assemble

(ある目的で)〈人・物〉'を'『集める』,集合させる

(部品を集めて)〈機械など〉'を'『組み立てる』

…'を'整とんする,きちんと並べる

(人が)集まる,会合する(meet)

rug

(床の一部に敷く)『敷き物』,じゅうたん,もうせん

(敷物用)毛皮

(特に旅行・キャンプ用などの)ひざ掛け

warning

〈U〉〈C〉『警告』,戒め

〈C〉(…への)警告となるもの《+to+名》;(…について)注意を俗すもの《OF+名》

〈U〉《古》(雇用契約を解除する)予告,通告

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

hot water

《話》苦境,難儀

script

〈U〉手書き;筆記体

〈U〉筆記活字

(ある言語の)文字,(alphabetなどの)文字体系

台本,脚本

loose

『結んでない』,解けている,ばらの

『解き放たれた』,自由な(free)

『緩い』,だぶだぶの;ぐらぐらの

『散漫な』,不正確な,あいまいな

大ざっぱな,漠然とした

(行為などが)だらしのない,ふしだらな

(織物などが)目の粗い

…‘を'『放す』,自由にする(set free)

…‘を'緩める;〈結び目など〉‘を'解く

〈矢・弾丸など〉‘を'放つ,発射する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

assure

〈人・自分〉‘に'『確信させる』,『保証する』,分からせて安心させる

〈事柄・地位など〉'を'『確実にする』(ensure)

《英》…に保険をかける(insure)

mediocrity

〈U〉普通,並み

〈C〉並みの人

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

accomplish

〈仕事・目的など〉'を'『成し遂げる』,仕上げる(perform)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

altogether

『まったく』,全然(entirely)

『全部で』,何もかもひっくるめて(in all)

全体から見て,概して

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

logical

論理学の

論理的な

(論理上)必然の,不可避の

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

compliment

『賛辞』,ほめ言葉;おせじ

(行為・言葉による)敬意

《複数形で》あいさつの言葉

(…で)〈人〉‘に'敬意を表す《+『名』+『with』+『名』》

(…について)〈人〉'を'『ほめる』,‘に'お祝の言葉を述べる《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

racing

競走・競馬・ボートレース

競走用の;競馬[好き]の

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

dumps

憂鬱

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

referendum

国民(住民)投票

poll

〈U〉(選挙の)『投票』

《a ~》投票数

《米》《the polls》投票所

〈C〉選挙人名簿

(またopinion poll)〈C〉世論調査

(人の)頭(特に毛髪のある部分)

〈一定数の投票〉‘を'得る

《通例受動態で》…‘に'投票をさせる

(…について)〈人々〉‘の'世論調査をする《+『on(about)』+『名』》

〈頭髪・羊毛など〉‘を'刈る;〈樹木の枝先〉‘を'刈り込む

〈牛〉‘の'角(つの)を切る

(…に)投票する《+『for』+『名』》

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

informed

情報に通じた

知識のある

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

property

動産

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

salary

給料・俸給(を与える、払う)

paid

payの過去・過去分詞

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

CEO

chief executive officer

行政長官 ・最高経営責任者、企業のトップに位置する人、最高執行官、会長、代表執行役

long-term

長期の,長い目で見ての

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

pursuit

〈U〉(…を)『追うこと』,(…の)追跡《+『of』+『名』》

〈U〉(目的・快楽などの)『追求』《+『of』+『名』》

〈C〉(一般に)仕事,趣味

short-term

短期間の,短期満期の

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

subvert

〈政府など〉‘を'くつがえす,破壊する

《まれ》〈忠誠心・信孔・主義など〉‘を'破壊する,堕落させる,腐敗させる

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

excessive

『度を越した』,過度の,極端な

reliance

〈U〉(…への)『依存』;(…に対する)信頼《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉信頼できる人(物),頼みの綱

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

morale

(軍隊・国民の)士気,風紀

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

morality

〈U〉道徳,倫理;道徳学,倫理学

〈U〉道徳性

〈U〉品行

〈C〉教訓;寓意

inaugurate

《受動態で》(就任式を行って)(…として)〈人〉‘を'就任させる《+『名』+『as』+『名』》

…‘を'正式に開始する

(式を行って)〈公共施設〉‘を'正式に開く

profitable

『利益の上がる』

有益な

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

addict

《受動態で用いて》(…に)〈人〉'を'熱中させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』(do『ing』)》

(麻薬などの)常用者,中毒者

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

lawsuit

訴訟[事件]

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

competitive

競争の,競争による

marketplace

市の開かれる広場(建物)

商業界,剤界

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

tenth

《the~》『第10の』,10番目の

10分の1の

《the~》『第10』,10番則[のもの],(月の)10日

〈U〉10分の1

〈C〉(音楽で)10座[音程]

damn

…'を'『けなす』,酷評する

〈神が〉〈人〉'を'地獄に落とす,永遠に罰する

…'を'破滅させる,だめにする

…'を'のろう

〈U〉〈C〉ののしり,けなし

〈C〉《話》《否定文に用いて》《a~》少し

=damned

=damnation

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

ethic

倫理,道徳律

=ethical

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

bow

『弓』

(楽器の)弓

弓形,弓形のもの(にじなど)

(リボンなどの)ちょう結び;ちょうネクタイ(bowtie)

(めがねの)つる

〈バイオリンなど〉'を'弓でひく

consign

《文》(…に)'を'引き渡す,ゆだねる,任せる,預ける《+『名』+『to』+『名』》

(ある目的・用途に)…'を'当てる,取っておく《+『名』+『to』+『名』》

〈商品〉'を'発送する,託送する

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

exemplar

(まねすべき)手本,模範

例,典型

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

finch

スズメ科の小鳥

merger

(特に二つ以上のの会社・組織の)吸収合併

acquisition

〈U〉(…を)取得(習得)すること《+『of』+『名』》

〈C〉取得したもの;(…に)加わったもの(人)《+『to』+『名』》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

sophistication

世間ずれ,世慣れ

洗練された考え方;高尚な好み

詭弁(きべん)を用いること

(機械・方式などの)複雑さ

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

Aaron

アロン(モーセの兄;ヘブライ人最初の大祭司とされる)

mill

『製粉所』

『製粉機』;(手動の)ひき器

製造所,工場

〈穀物・コーヒーなど〉‘を'ひいて粉にする,製粉する

〈金属・鋼鉄〉‘を'圧延機(断裁機,打出機など)にかける

〈貨幣など〉‘の'へりにぎざぎざをつける

〈家畜・人の群れが〉目的もなくうろうろする;ぞろぞろ歩く《+『about(around)』》

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

factory

『工場』,製作所

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

payroll

給料支払い薄

《単数形ぃ》給料支払い総額

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

Wall Street

ウォール街(New York 市にある米国金融の中心地)

米国金融界(市場)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

inspiring

人を鼓舞する

ray

『光線』;熱線;放射線

《a ~》(希望などの)一筋(ひとすじ),ごく少量《+『of』+『名』》

放射状に突き出たもの;(ヒトデなどの)腕

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

empire

〈C〉『帝国』

〈U〉帝権,絶対支配力

〈C〉(強大な社会・経済組織としての)…帝国

《『‐』》ナポレオンの帝政期(1804‐15)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

boggle

(…に)驚いてたじろぐ,ひるむ《+『at』+『名』》

…'を'驚かせる,ひるませる

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

practitioner

開業医;弁護士

技術者,工芸家

strive

『大いに努力する』,励む

(…と)『戦う』,(…に)抵抗する《+against+『名』》

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

well-meaning

(人が)善意の,善意をもつ

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

upon

『…の上に』

mentor

指導者,師・(良き)助言者,顧問

teaching

〈U〉『教えること』,教授,授業

〈C〉〈U〉《おもに複数形で》教え,教訓(instruction)

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

schoolmate

学友,同窓生

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

downhill

丘の下へ,坂の下へ,下の方へ

なお悪い状態に,悪化して

下り坂の,下りの

《話》楽な,やさしい

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

embody

〈思相・感情など〉‘を'『具体化する』

(ある形態の中に)…‘を'まとめる,包含する

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

honesty

『正直』,実直,誠実

courage

『勇気』,度胸

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

virtuous

『徳の高い』,正しい

貞淑な,純潔な

高潔ぶった,気どった

wanting

(…に)『欠けている』,不足している《+in+名》

…のない,…を除いて(without)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

grasp

…‘を'『しっかり握る』,『ぎゅっとつかむ』

…‘を'『理解する』,把握する

(…を)捕まえ(捕らえ)ようとする《+『at』(『for』)+『名』》

《通例a~》(手などでしっかり)『捕まえること』,『つかむこと』

『理解』[『力』],知的把握[力]

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

importantly

重要性をもって;もったいぶって

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

関連動画