TED日本語 - ヨルバ・リチェン: ゲイ・ライツ・ムーブメントが公民権運動から学んだもの

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アフリカ系アメリカ人とLGBTの両方のコミュニティーに属する映画製作者ヨルバ・リチェンは、ゲイ・ライツ・ムーブメント(同性愛者の権利擁護運動)と公民権運動との重なり合いや緊張に興味を持っています。彼女はこのトークで、それぞれの苦闘がどのようにして絡み合い、互いを前進させているかについて探るとともに、見逃せない議論において、両者の不一致の理由とされる通説を一蹴します。私たちの誰もが、平等について関わりがあるのだと力強く思い出させてくれるトークです。

Script

2008年の大統領選挙の夜に 私は真っ二つに引き裂かれました バラク・オバマが大統領として 選出された夜です 奴隷制度の廃止から143年 ― そして投票権法が 制定されてから43年が経ち アフリカ系アメリカ人が 大統領に選出されたのです 私たちの多くがこの瞬間が訪れるまでは こんなことは起こりえないと思っていました そして色々な意味で これはアメリカにおける アフリカ系アメリカ人公民権運動の クライマックスだったのです

私はその夜 カリフォルニアにいて そこは当時始まったばかりの 別の運動の拠点でした 結婚平等運動です この時 同性婚は 住民投票事項8として 投票が行われており 開票結果の途中経過が発表されるにつれ カリフォルニア州の裁判所によって 最近認められた 同性のカップルが結婚できる権利は 失われるであろうという事実が はっきりと分かってきました ですから バラク・オバマ氏が 大統領選で歴史的な勝利を 遂げたのとまさに同じ夜 レズビアンとゲイのコミュニティーは 非常に辛い敗北を味わったのです

それから 事態はさらにひどくなりました ほぼその直後に 住民投票事項8が可決された理由として アフリカ系アメリカ人が 非難され始めたのです 非難の大半の理由は 誤った世論調査によるもので それによると 黒人の7割が賛成に投票したというのです 後に事実ではないと判明しましたが 黒人の多くが同性愛嫌悪だという考えは 浸透してしまい すぐにメディアはこれを取り上げました 私はこの報道から目を離せませんでした あるゲイのコメンテーターが 「アフリカ系アメリカ人のコミュニティーが 同性愛嫌悪の傾向にあるのは有名で 彼らが公民権を手にした今 他の人々の人権を 奪おうとしているのだ」と言っていました また 投票後に行われた ゲイ・ライツの集会参加者に対して 人種差別的な暴言を吐く人がいた という報道すらありました その一方で アフリカ系アメリカ人の中には 実際に私たちのコミュニティーに存在する 同性愛嫌悪を否定したり 無視する人もいました また ゲイ・ライツと公民権を 比較することに腹を立てる人もいて またしても 私の属している 社会的少数派の2つのグループが 互いに支え合うのではなく 対立しているのだという事実に 気持ちが沈み そして打ちのめされ 正直に言って 強い憤りを感じました

私はドキュメンタリー映画の製作者なので テレビやラジオに向かって怒鳴り 怒りを発散させる時期を過ぎた後で 次にやりたいと思ったのは 映画を製作することでした この映画製作において 道しるべとなったのは なぜこのような状況になったのか ― なぜゲイ・ライツ・ムーブメントが 公民権運動と対抗させられるように なったのかということでした これは単なる抽象的な問い ではありませんでした 私は両方の運動の受益者なので これは個人的な問いだったのです そして 2008年の住民投票の後 新たな出来事が起こりました 同性愛者の平等を追求する流れは 誰もが驚くような速さで 勢いを増し 今もこの国の法律や政策 組織や 国全体を作り変えつつあるのです 次第に 2つの運動を対抗させることは 意味をなさないということが 私には徐々にはっきりと分かってきました そして実際には 両者が相互に深く関わりあっており ゲイ・ライツ・ムーブメントが こんなにも早く成果をあげられたのは 公民権運動で初めて用いられた いくつかの戦術や戦略を 利用したことが 成功の要因なのです ここで その戦略のいくつかを 見ていきましょう

まずはじめに 実際に 目に見えて興味深いのは ― 2つの解放運動の 年表にある主要な出来事を見ると ゲイ・ライツ・ムーブメントが いかに早く結果を 収めてきたかが分かることです さて 公民権運動には 大変多くの節目がありますが 最初にお話しするのは1955年の モンゴメリー・バス・ボイコット事件です これはアラバマ州モンゴメリーで 実施されていた公共交通機関における 人種隔離政策に対する抗議運動で ローザ・パークスという1人の女性が 席を白人に明け渡すのを 拒んだことが発端でした 抗議運動は約1年続き これにより公民権運動は かつてないほどに活気づきました 私はこの戦略を 「首を足で踏みつけられることに 辟易した」戦略と呼んでいます

ゲイとレズビアンは社会というものが 生まれた当時から 社会に存在していますが 20世紀半ばまでは 同姓愛行為は ほとんどの州で違法だとされてきました モンゴメリー・バス・ボイコット事件から たった14年後に あるLGBT(性的マイノリティ)グループが これと同じ戦略を利用します ストーンウォールの反乱として 知られる この事件は 1969年にLGBTの支持グループの人々が グリニッジ・ヴィレッジのバーでの 警察の暴行に対し 応戦したことが火種となり 3日間の暴動が起きたものです 奇しくも この暴動の前線にいたのは 黒人とラテン系のLGBTの人々で 人種差別や同性愛嫌悪や性同一性 ― 警察による暴行などといった 私たちが闘っている問題が 交差している 実に興味深い例でもあります ストーンウォールの反乱の後 国のあちこちで 同性愛者解放グループが発足され 私たちが知るような現代の ゲイ・ライツ・ムーブメントが始まったのです

年表にある出来事のうち 次に注目したいのは 1963年のワシントン大行進です この出来事は公民権運動に 強い影響をもたらし このときアフリカ系アメリカ人が 司法的・経済的公正の双方を求めたのです マーティン・ルーサー・キングが 有名な 「私には夢がある」という演説をしたのですが 意外と知られていないのは この大行進を計画したのが バイヤード・ラスティンという 男性であるということです バイヤードは ゲイであることを公言し 公民権運動のもっとも優秀な戦略家の 1人であるとされています 彼は後に LGBTの人々の権利を 強く後押しする提唱者となり その人生は 苦闘や困難が交錯していることを 物語っています ワシントン大行進は 公民権運動における盛り上がりの1つで アフリカ系アメリカ人もまた アメリカの民主主義の一部になれるという 熱烈な思いが存在していました 私はこの戦略を 「私たちは目に見える存在で 数多くいるのだ」戦略と呼んでいます

初期の同性愛活動家の中には この大行進に直接感化された者や 大行進に参加した者もいました 同性愛者の先駆者である ジャック・ニコルスは言いました 「私たちマタシーン・ソサエティの7人は マーティン・ルーサー・キングと 共に歩んだ」と この団体はゲイの人権団体の 先駆者でした 「その瞬間から 我々は この大行進に匹敵するような規模の ゲイ・ライツの大行進を することが夢になったのです」と 数年後 一連の行進が行われ それぞれが同性愛者解放への勢いを 増していきました 最初の行進は1979年 ― 次にあったのが1987年でした 3つ目は1993年に行われました 約100万人が参加し この出来事に大いに活気づけられ 興奮させられた 人々が 自分のコミュニティーへと戻った後は それぞれが 政治・社会団体を立ち上げ 運動の認知度をさらに上げました 行進が行われた10月11日は その後 カミングアウトデーと名付けられ 今も世界中でお祝いされています これらの行進は 私たちが 現在アメリカ国内で目にしている 歴史的変革の礎を築いたのです

そして最後の戦略は 「ラビング(愛する)」戦略です 名前自体がその内容を物語っています 1967年 連邦最高裁は ラビング対バージニア裁判で 異人種間の結婚を禁ずる法律を すべて無効とする判決を下しました この裁判は 連邦最高裁が関わった 公民権案件の大きな出来事の 1つとされています 1996年 クリントン大統領は 結婚防衛法 通称DOMAに署名をし 連邦政府によって 男女間での結婚だけを 認めなければならないという 法律が可決されました アメリカ対ウィンザー裁判では イーディス・ウィンザーという 79歳のレズビアン女性が 亡き妻の資産の相続税を 強制的に払わされたとして 連邦政府を訴えました これは 異性同士のカップルであれば 払わなくてもよいものです この訴訟が様々な下級裁判所を 駆け巡るたびに その度に ラビング裁判が 前例として挙げられました 2013年に 連邦最高裁での審議に上ると 最高裁は原告側の主張に同意し 結婚防衛法は廃止されました 驚異的な出来事でした しかし 同性婚運動は ここ何年もの間成功を収めています 今現在までに 17の州が 同性婚を認める法律を可決しています 同性婚は同性愛者平等運動の 事実上の戦場となり それこそ毎日のように 同性婚を禁ずる法律をめぐって 法廷で争われています テキサス州やユタ州などの 誰もが予想しなかったような場所でさえ そうなのです

私が 引き裂かれるような思いをした 2008年のあの夜以来 多くのことが変わりました 例の映画も 撮ることができました ドキュメンタリー映画で 題名は『The New Black』と言い ― アフリカ系アメリカ人の コミュニティーがいかに 昨今の同性婚運動や 公民権の意味をめぐる争いを踏まえて ゲイ・ライツ・ムーブメントの問題に 向き合っているのかを探っています 私はこの時起きていた 凄まじい変化を映像に収めたいと 思っていたのですが 幸運か はたまた政治により また別の結婚をめぐる闘いが 今度はメリーランド州で ヒートアップしていました この州はアフリカ系アメリカ人が 有権者の30%を 占めています ゲイ・ライツと公民権との間に 緊張感が再び沸々と 湧き上がりつつあったのです そして 幸運にも私は この2つの運動の間に 人々がつながりを見出す姿を 映像に収めることができました この映像は 映画の登場人物である ― カレス・テイラー=ヒューズと サマンサ・マスターズの2人が ボルティモアの街に出て 有権者を説得しようとする様子を映しています

(ビデオ) サマンサ:ここに素敵な男性がいます あなたたち 投票者登録はしてるの?

男性:してない カレス:そう 今何歳?

男性:21 カレス:21? じゃ投票者登録しなきゃ

投票者登録してもらわなくちゃ

男性:俺はゲイとやらに投票なんかしねえぞ

サマンサ:そう 何で? どうして? 男性:賛同しないから

サマンサ:それはクールじゃないわ

男性:何でゲイになったんだ? サマンサ:あなたは何でストレートになったの?

何で異性愛者になったのよ? 男性2:その質問には答えられないだろ(笑)

カレス:私はあなたと同じ権利がなかったけど あなたみたいな黒人男性が 私のような 女性のために立ち上がったから 同じ機会を得ることができたの あなたも 黒人男性として 誰かのために 立ち上がる機会があるのよ ゲイであろうがなかろうが 今戦ってるのはあなたの兄妹で あなたの票を必要としてるのよ

男性2:一体 誰が他人に 誰とセックスしちゃいけないとか 一緒になれないとか言えるんだ? 奴らにそんな力はない 誰も お前はあの女と 結婚しちゃいけないとか言えないよ そんな力は誰も持ってないよ

サマンサ:知ってる? この州はあなたたちの手に その力を委ねたの あなたたちにしてもらいたいのは 投票すること 賛成票をね

男性2:わかった

サマンサ:賛成票を入れてね? 男性2:いいよ

カレス:2人とも 社会奉仕活動時間は要るの? いるのね? それなら私たちと一緒に ボランティアをすればいいわよ どう 興味ある? 食べ物なら任せて ピザをあげるから

(笑) (拍手)

ヨルバ・リチェン:ありがとう 撮影中に捉えることができた この映像の素晴らしいことは カレスが公民権運動の歴史を よく理解しながらも それに囚われていないことです 公民権運動を黒人だけのものに 限っていないのです 彼女は公民権運動をゲイやレズビアンに 権利を拡大するための 青写真として見ているのです 彼女が若い世代だからかもしれません 彼女は今25歳で こうしたことがより簡単なのかもしれませんが 実際に メリーランド州の有権者らは 結婚の平等に関する改正案を可決させ そして この結婚の平等は 有権者による直接投票で可決された 初めての事例でもあります アフリカ系アメリカ人は これまでより高い比率で この改正を支持しました カリフォルニア州の 住民投票事項8が可決された 2008年のあの夜から一転したのです 歴史的な瞬間であり そう実感しました LGBTコミュニティーにいる私たちは 病的だとみなされる誹謗の対象や 犯罪者とされる存在から 尊厳と平等を勝ち取るための 人間の大いなる旅路の一部だと 見なされるようになったのです 私たちは仕事や家族を失わないように セクシュアリティを 隠さなければいけなかった時代を経て 文字通り 大統領と同じテーブルにつき その2度目の就任式で 声高に取り上げられたのです ここで2度目の就任式での 大統領の言葉を読み上げたいと思います 「我ら人民は今日ここに もっとも明らかな真実を宣言する ― 全ての人間は生まれながらにして平等である これは星のように 我々を導き続ける指針である セネカ・フォールズや セルマやストーンウォールで 私たちの先達を導いたように」

全てが完璧ではないということは 言わずもがなです 特にLGBTの権利の問題が 国際的に どのような状況にあるかを見れば 一目瞭然です しかし 大統領が同性愛者解放の闘いを 他の偉大な解放運動の文脈で 語ったことは どれだけ前進したかを物語っています それは男女同権運動や 公民権運動といったものです 大統領の声明文は これらの運動が 相互に関連しているということだけでなく それぞれが 互いの戦略を利用し 互いに触発し合っていたことを示しています ですから マーティン・ルーサー・キングが ガンジーの市民的不服従や 非暴力といった戦略に学び それらを利用したことが 後に公民権運動の 揺るぎない基盤となったように ゲイ・ライツ・ムーブメントは公民権運動において 上手くいった方法を見て いくつかの同じ戦術や戦略を 成果をさらに早く上げるために 利用したのです

これはゲイ・ライツ・ムーブメントが 比較的速いペースで前進できた もう1つの理由かもしれません 私たちの多くが 今もなお人種によって それぞれ分かれた地域に 住んでいる一方で LGBTの人々は どこにでもいます 都会のコミュニティーや 地方のコミュニティー 有色人種や移民のコミュニティー 教会やモスク シナゴーグにも存在するのです 私たちはあなた方の母親や兄弟であり 姉妹であり そして息子なのです もしあなたの愛する人や 家族の一員がカミングアウトしたのなら 彼らの平等を勝ち取るための旅路を 応援することはもっと容易かもしれません 実際 ゲイ・ライツ・ムーブメントは 私たちに 慈愛の心から 正義と平等を 支持するように求めるものです これは もしかすると この運動がもたらした 最大で最高の贈り物かもしれません この運動は 世界共通で もっとも心の奥深くにあるものに 向き合うよう訴えかけます それは 兄弟や姉妹 ― そして隣人に対する愛です 最後に 解放運動における もっとも偉大な戦士の1人である 南アフリカ共和国の 今は亡き ネルソン・マンデラの言葉を 引用したいと思います ネルソン・マンデラは アパルトヘイトの暗黒の日々の後 法の下の人種差別という灰の中から 南アフリカ共和国を引き上げました 彼は性的指向による差別を 憲法内で禁ずる世界初の国へと 南アフリカ共和国を導いたのです マンデラはこう言いました ― 「自由になるということは 単に自らの鎖を投げ捨てるのではなく 他人の自由をも尊重し より良くするように生きることだ」と

ですから 今後もこうした運動が続き 世界中で解放を求める闘いが 続いているのですから それぞれの運動が 互いに相関するだけでなく 互いに支え合い 互いをより良くすることでこそ 私たちは真の勝利を 得ることができるのだと覚えておきましょう

ありがとうございました

(拍手)

Election night 2008 was a night that tore me in half. It was the night that Barack Obama was elected. [ One hundred and forty-three ] years after the end of slavery, and [ 43 ] years after the passage of the Voting Rights Act, an African-American was elected president. Many of us never thought that this was possible until the moment that it happened. And in many ways, it was the climax of the black civil rights movement in the United States.

I was in California that night, which was ground zero at the time for another movement: the marriage equality movement. Gay marriage was on the ballot in the form of Proposition 8, and as the election returns started to come in, it became clear that the right for same sex couples to marry, which had recently been granted by the California courts, was going to be taken away. So on the same night that Barack Obama won his historic presidency, the lesbian and gay community suffered one of our most painful defeats.

And then it got even worse. Pretty much immediately, African-Americans started to be blamed for the passage of Proposition 8. This was largely due to an incorrect poll that said that blacks had voted for the measure by something like 70 percent. This turned out not to be true, but this idea of pervasive black homophobia set in, and was grabbed on by the media. I couldn't tear myself away from the coverage. I listened to some gay commentator say that the African-American community was notoriously homophobic, and now that civil rights had been achieved for us, we wanted to take away other people's rights. There were even reports of racist epithets being thrown at some of the participants of the gay rights rallies that took place after the election. And on the other side, some African-Americans dismissed or ignored homophobia that was indeed real in our community. And others resented this comparison between gay rights and civil rights, and once again, the sinking feeling that two minority groups of which I'm both a part of were competing with each other instead of supporting each other overwhelmed and, frankly, pissed me off.

Now, I'm a documentary filmmaker, so after going through my pissed off stage and yelling at the television and radio, my next instinct was to make a movie. And what guided me in making this film was, how was this happening? How was it that the gay rights movement was being pitted against the civil rights movement? And this wasn't just an abstract question. I'm a beneficiary of both movements, so this was actually personal. But then something else happened after that election in 2008. The march towards gay equality accelerated at a pace that surprised and shocked everyone, and is still reshaping our laws and our policies, our institutions and our entire country. And so it started to become increasingly clear to me that this pitting of the two movements against each other actually didn't make sense, and that they were in fact much, much more interconnected, and that, in fact, some of the way that the gay rights movement has been able to make such incredible gains so quickly is that it's used some of the same tactics and strategies that were first laid down by the civil rights movement. Let's just look at a few of these strategies.

First off, it's really interesting to see, to actually visually see, how quick the gay rights movement has made its gains, if you look at a few of the major events on a timeline of both freedom movements. Now, there are tons of milestones in the civil rights movement, but the first one we're going to start with is the 1955 Montgomery bus boycott. This was a protest campaign against Montgomery, Alabama's segregation on their public transit system, and it began when a woman named Rosa Parks refused to give up her seat to a white person. The campaign lasted a year, and it galvanized the civil rights movement like nothing had before it. And I call this strategy the "I'm tired of your foot on my neck" strategy.

So gays and lesbians have been in society since societies began, but up until the mid-20th century, homosexual acts were still illegal in most states. So just 14 years after the Montgomery bus boycott, a group of LGBT folks took that same strategy. It's known as Stonewall, in 1969, and it's where a group of LGBT patrons fought back against police beatings at a Greenwich Village bar that sparked three days of rioting. Incidentally, black and latino LGBT folks were at the forefront of this rebellion, and it's a really interesting example of the intersection of our struggles against racism, homophobia, gender identity and police brutality. After Stonewall happened, gay liberation groups sprang up all over the country, and the modern gay rights movement as we know it took off.

So the next moment to look at on the timeline is the 1963 March on Washington. This was a seminal event in the civil rights movement and it's where African-Americans called for both civil and economic justice. And it's of course where Martin Luther King delivered his famous "I have a dream" speech, but what's actually less known is that this march was organized by a man named Bayard Rustin. Bayard was an out gay man, and he's considered one of the most brilliant strategists of the civil rights movement. He later in his life became a fierce advocate of LGBT rights as well, and his life is testament to the intersection of the struggles. The March on Washington is one of the high points of the movement, and it's where there was a fervent belief that African-Americans too could be a part of American democracy. I call this strategy the "We are visible and many in numbers" strategy.

Some early gay activists were actually directly inspired by the march, and some had taken part. Gay pioneer Jack Nichols said, "We marched with Martin Luther King,seven of us from the Mattachine Society" -- which was an early gay rights organization -- "and from that moment on, we had our own dream about a gay rights march of similar proportions." Several years later, a series of marches took place, each one gaining the momentum of the gay freedom struggle. The first one was in 1979, and the second one took place in 1987. The third one was held in 1993. Almost a million people showed up, and people were so energized and excited by what had taken place, they went back to their own communities and started their own political and social organizations, further increasing the visibility of the movement. The day of that march, October 11, was then declared National Coming Out Day, and is still celebrated all over the world. These marches set the groundwork for the historic changes that we see happening today in the United States.

And lastly, the "Loving" strategy. The name speaks for itself. In 1967, the Supreme Court ruled in Loving v. Virginia, and invalidated all laws that prohibited interracial marriage. This is considered one of the Supreme Court's landmark civil rights cases. In 1996, President Clinton signed the Defense of Marriage Act, known as DOMA, and that made the federal government only have to recognize marriages between a man and a woman. In United States v. Windsor, a 79-year-old lesbian named Edith Windsor sued the federal government when she was forced to pay estate taxes on her deceased wife's property, something that heterosexual couples don't have to do. And as the case wound its way through the lower courts, the Loving case was repeatedly cited as precedent. When it got to the Supreme Court in 2013, the Supreme Court agreed, and DOMA was thrown out. It was incredible. But the gay marriage movement has been making gains for years now. To date,17 states have passed laws allowing marriage equality. It's become the de facto battle for gay equality, and it seems like daily, laws prohibiting it are being challenged in the courts, even in places like Texas and Utah, which no one saw coming.

So a lot has changed since that night in 2008 when I felt torn in half. I did go on to make that film. It's a documentary film, and it's called "The New Black," and it looks at how the African-American community is grappling with the gay rights issue in light of the gay marriage movement and this fight over the meaning of civil rights. And I wanted to capture some of this incredible change that was happening, and as luck or politics would have it, another marriage battle started gearing up, this time in Maryland, where African-Americans make up 30 percent of the electorate. So this tension between gay rights and civil rights started to bubble up once again, and I was lucky enough to capture how some people were making the connection between the movements this time. This is a clip of Karess Taylor-Hughes and Samantha Masters,two characters in the film, as they hit the streets of Baltimore and try to convince potential voters.

(Video) Samantha Masters: That's what's up, man, this is a righteous man over here. Okay, are you registered to vote?

Man: No. Karess Taylor-Hughes: Okay. How old are you?

Man: 21. KTH: 21? You gotta get registered to vote.

We got to get you registered to vote.

Man: I ain't voting on no gay shit.

SM: Okay, why? What's up? Man: I ain't with that.

SM: That's not cool.

Man: What made you be gay? SM: So what made you be straight?

So what made you be straight? Man 2: You can't answer that question. (Laughter)

KSM: I used to not have the same rights as you, but I know that because a black man like yourself stood up for a woman like me, I know that I've got the same opportunities. So you, as a black man, have the opportunity to stand up for somebody else. Whether you're gay or not, these are your brothers and sisters out here, and they need you to represent.

Man 2: Who is you to tell somebody who they can't have sex with, who they can't be with? They ain't got that power. Nobody has that power to say, you can't marry that young lady. Who has that power? Nobody.

SM: But you know what? Our state has put the power in your hands, and so what we need you to do is vote for, you gonna vote for 6.

Man 2: I got you.

SM: Vote for 6, okay? Man 2: I got you.

KSM: All right, do y'all need community service hours? You do? All right, you can always volunteer with us to get community service hours. Y'all want to do that? We feed you. We bring you pizza.

(Laughter) (Applause)

Yoruba Richen: Thank you. What's amazing to me about that clip that we just captured as we were filming is, it really shows how Karess understands the history of the civil rights movement, but she's not restricted by it. She doesn't just limit it to black people. She sees it as a blueprint for expanding rights to gays and lesbians. Maybe because she's younger, she's like 25, she's able to do this a little bit more easily, but the fact is that Maryland voters did pass that marriage equality amendment, and in fact it was the first time that marriage equality was directly voted on and passed by the voters. African-Americans supported it at a higher level than had ever been recorded. It was a complete turnaround from that night in 2008 when Proposition 8 was passed. It was, and feels, monumental. We in the LGBT community have gone from being a pathologized and reviled and criminalized group to being seen as part of the great human quest for dignity and equality. We've gone from having to hide our sexuality in order to maintain our jobs and our families to literally getting a place at the table with the president and a shout out at his second inauguration. I just want to read what he said at that inauguration: "We the people declare today that the most evident of truths, that all of us are created equal. It is the star that guides us still, just as it guided our forebears through Seneca Falls and Selma and Stonewall."

Now we know that everything is not perfect, especially when you look at what's happening with the LGBT rights issue internationally, but it says something about how far we've come when our president puts the gay freedom struggle in the context of the other great freedom struggles of our time: the women's rights movement and the civil rights movement. His statement demonstrates not only the interconnectedness of those movements, but how each one borrowed and was inspired by the other. So just as Martin Luther King learned from and borrowed from Gandhi's tactics of civil disobedience and nonviolence, which became a bedrock of the civil rights movement, the gay rights movement saw what worked in the civil rights movement, and they used some of those same strategies and tactics to make gains at an even quicker pace.

Maybe one more other reason for the relative quick progress of the gay rights movement. Whereas a lot of us continue to still live in racially segregated spaces, LGBT folks, we are everywhere. We are in urban communities and rural communities, communities of color, immigrant communities, churches and mosques and synagogues. We are your mothers and brothers and sisters and sons. And when someone that you love or a family member comes out, it may be easier to support their quest for equality. And in fact, the gay rights movement asks us to support justice and equality from a space of love. That may be the biggest, greatest gift that the movement has given us. It calls on us to access that which is most universal and most intimate: a love of our brother and our sister and our neighbor. I just want to end with a quote by one of our greatest freedom fighters who's no longer with us, Nelson Mandela of South Africa. Nelson Mandela led South Africa after the dark and brutal days of Apartheid, and out of the ashes of that legalized racial discrimination, he led South Africa to become the first country in the world to ban discrimination based on sexual orientation within its constitution. Mandela said, "For to be free is not merely to cast off one's chains, but to live in a way that respects and enhances the freedom of others."

So as these movements continue on, and as freedom struggles around the world continue on, let's remember that not only are they interconnected, but they must support and enhance each other for us to be truly victorious.

Thank you.

(Applause)

Election night 2008 was a night/ that tore me/ in half.//

2008年の大統領選挙の夜に 私は真っ二つに引き裂かれました

It was the night/ that Barack Obama was elected.//

バラク・オバマが大統領として 選出された夜です

[ One hundred and forty-three ] years/ after the end of slavery,/ and [ 43 ]/ years/ after the passage of the Voting Rights Act,/ an African-American was elected president.//

奴隷制度の廃止から143年 ― そして投票権法が 制定されてから43年が経ち アフリカ系アメリカ人が 大統領に選出されたのです

Many of us never thought/ that this was possible/ until the moment/ that it happened.//

私たちの多くがこの瞬間が訪れるまでは こんなことは起こりえないと思っていました

And in many ways,/ it was the climax of the black civil rights movement/ in the United States.//

そして色々な意味で これはアメリカにおける アフリカ系アメリカ人公民権運動の クライマックスだったのです

I was in California/ that night,/ which was ground zero/ at the time/ for another movement:/ the marriage equality movement.//

私はその夜 カリフォルニアにいて そこは当時始まったばかりの 別の運動の拠点でした 結婚平等運動です

Gay marriage was on the ballot/ in the form of Proposition 8,/ and/ as the election returns started to come in,/ it became clear/ that the right/ for same sex couples/ to marry,/ which had recently been granted by the California courts,/ was going to be taken away.//

この時 同性婚は 住民投票事項8として 投票が行われており 開票結果の途中経過が発表されるにつれ カリフォルニア州の裁判所によって 最近認められた 同性のカップルが結婚できる権利は 失われるであろうという事実が はっきりと分かってきました

So/ on the same night/ that Barack Obama won his historic presidency,/ the lesbian and gay community suffered one of our most painful defeats.//

ですから バラク・オバマ氏が 大統領選で歴史的な勝利を 遂げたのとまさに同じ夜 レズビアンとゲイのコミュニティーは 非常に辛い敗北を味わったのです

And then/ it got even worse.//

それから 事態はさらにひどくなりました

Pretty much immediately,/ African-Americans started to be blamed for the passage of Proposition 8.//

ほぼその直後に 住民投票事項8が可決された理由として アフリカ系アメリカ人が 非難され始めたのです

This was largely due/ to an incorrect poll/ that said/ that blacks had voted for the measure/ by something/ like 70 percent.//

非難の大半の理由は 誤った世論調査によるもので それによると 黒人の7割が賛成に投票したというのです

This turned out not to be true,/ but this idea of pervasive black homophobia set in,/ and was grabbed on/ by the media.//

後に事実ではないと判明しましたが 黒人の多くが同性愛嫌悪だという考えは 浸透してしまい すぐにメディアはこれを取り上げました

I couldn't tear myself away/ from the coverage.//

私はこの報道から目を離せませんでした

I listened to some gay commentator say/ that the African-American community was notoriously homophobic,/ and now/ that civil rights had been achieved for us,/ we wanted to take away/ other people's rights.//

あるゲイのコメンテーターが 「アフリカ系アメリカ人のコミュニティーが 同性愛嫌悪の傾向にあるのは有名で 彼らが公民権を手にした今 他の人々の人権を 奪おうとしているのだ」と言っていました

There were even reports of racist epithets/ being thrown at some of the participants of the gay rights rallies/ that took place/ after the election.//

また 投票後に行われた ゲイ・ライツの集会参加者に対して 人種差別的な暴言を吐く人がいた という報道すらありました

And/ on the other side,/ some African-Americans dismissed/ or ignored homophobia/ that was indeed real/ in our community.//

その一方で アフリカ系アメリカ人の中には 実際に私たちのコミュニティーに存在する 同性愛嫌悪を否定したり 無視する人もいました

And others resented this comparison/ between gay rights and civil rights,/ and once again,/ the sinking feeling/ that two minority groups of which I'm both/ a part of were competing with each other/ instead of supporting each other overwhelmed and,/ frankly,/ pissed me off.//

また ゲイ・ライツと公民権を 比較することに腹を立てる人もいて またしても 私の属している 社会的少数派の2つのグループが 互いに支え合うのではなく 対立しているのだという事実に 気持ちが沈み そして打ちのめされ 正直に言って 強い憤りを感じました

Now,/ I'm a documentary filmmaker,/ so/ after going through my pissed off/ stage/ and yelling at the television and radio,/ my next instinct was to make a movie.//

私はドキュメンタリー映画の製作者なので テレビやラジオに向かって怒鳴り 怒りを発散させる時期を過ぎた後で 次にやりたいと思ったのは 映画を製作することでした

And what guided me/ in making this film was,/ how was this happening?//

この映画製作において 道しるべとなったのは なぜこのような状況になったのか ―

How was it/ that the gay rights movement was being pitted against the civil rights movement?//

なぜゲイ・ライツ・ムーブメントが 公民権運動と対抗させられるように なったのかということでした

And this wasn't just an abstract question.//

これは単なる抽象的な問い ではありませんでした

I'm a beneficiary of both movements,/ so this was actually personal.//

私は両方の運動の受益者なので これは個人的な問いだったのです

But then/ something else happened after that election/ in 2008.//

そして 2008年の住民投票の後 新たな出来事が起こりました

The march/ towards gay equality accelerated at a pace/ that surprised and shocked everyone,/ and is still reshaping our laws and our policies,/ our institutions and our entire country.//

同性愛者の平等を追求する流れは 誰もが驚くような速さで 勢いを増し 今もこの国の法律や政策 組織や 国全体を作り変えつつあるのです

And so/ it started to become/ increasingly clear/ to me/ that this pitting of the two movements/ against each other actually didn't make sense,/ and/ that they were in fact much,/ much more interconnected,/ and/ that,/ in fact,/ some of the way that/ the gay rights movement has been able to make such incredible gains so quickly is/ that it's used some of the same tactics and strategies/ that were first laid down/ by the civil rights movement.//

次第に 2つの運動を対抗させることは 意味をなさないということが 私には徐々にはっきりと分かってきました そして実際には 両者が相互に深く関わりあっており ゲイ・ライツ・ムーブメントが こんなにも早く成果をあげられたのは 公民権運動で初めて用いられた いくつかの戦術や戦略を 利用したことが 成功の要因なのです

Let's just look at a few of these strategies.//

ここで その戦略のいくつかを 見ていきましょう

First off,/ it's really interesting/ to see,/ to actually visually see,/ how quick/ the gay rights movement has made its gains,/ if you look at a few of the major events/ on a timeline of both freedom movements.//

まずはじめに 実際に 目に見えて興味深いのは ― 2つの解放運動の 年表にある主要な出来事を見ると ゲイ・ライツ・ムーブメントが いかに早く結果を 収めてきたかが分かることです

Now,/ there are tons of milestones/ in the civil rights movement,/ but the first one/ we're going to start/ with is the 1955 Montgomery bus boycott.//

さて 公民権運動には 大変多くの節目がありますが 最初にお話しするのは1955年の モンゴメリー・バス・ボイコット事件です

This was a protest campaign/ against Montgomery,/ Alabama's segregation/ on their public transit system,/ and it began/ when a woman named Rosa Parks refused to give up/ her seat/ to a white person.//

これはアラバマ州モンゴメリーで 実施されていた公共交通機関における 人種隔離政策に対する抗議運動で ローザ・パークスという1人の女性が 席を白人に明け渡すのを 拒んだことが発端でした

The campaign lasted a year,/ and it galvanized the civil rights movement/ like nothing had before it.//

抗議運動は約1年続き これにより公民権運動は かつてないほどに活気づきました

And I call this strategy the "I'm tired of your foot/ on my neck"/ strategy.//

私はこの戦略を 「首を足で踏みつけられることに 辟易した」戦略と呼んでいます

So gays and lesbians have been in society/ since societies began,/ but up/ until the mid-20th century,/ homosexual acts were still illegal/ in most states.//

ゲイとレズビアンは社会というものが 生まれた当時から 社会に存在していますが 20世紀半ばまでは 同姓愛行為は ほとんどの州で違法だとされてきました

So just 14 years/ after the Montgomery bus boycott,/ a group of LGBT folks took that same strategy.//

モンゴメリー・バス・ボイコット事件から たった14年後に あるLGBT(性的マイノリティ)グループが これと同じ戦略を利用します

It's known as Stonewall,/ in 1969,/ and it's/ where a group of LGBT patrons fought back/ against police beatings/ at a Greenwich Village bar/ that sparked three days of rioting.//

ストーンウォールの反乱として 知られる この事件は 1969年にLGBTの支持グループの人々が グリニッジ・ヴィレッジのバーでの 警察の暴行に対し 応戦したことが火種となり 3日間の暴動が起きたものです

Incidentally,/ black and latino LGBT folks were at the forefront of this rebellion,/ and it's a really interesting example of the intersection of our struggles/ against racism,/ homophobia,/ gender identity and police brutality.//

奇しくも この暴動の前線にいたのは 黒人とラテン系のLGBTの人々で 人種差別や同性愛嫌悪や性同一性 ― 警察による暴行などといった 私たちが闘っている問題が 交差している 実に興味深い例でもあります

After Stonewall happened,/ gay liberation groups sprang up/ all/ over the country,/ and the modern gay rights movement/ as we know/ it took off.//

ストーンウォールの反乱の後 国のあちこちで 同性愛者解放グループが発足され 私たちが知るような現代の ゲイ・ライツ・ムーブメントが始まったのです

So the next moment to look at on the timeline is the 1963 March/ on Washington.//

年表にある出来事のうち 次に注目したいのは 1963年のワシントン大行進です

This was a seminal event/ in the civil rights movement/ and it's/ where African-Americans called for both civil and economic justice.//

この出来事は公民権運動に 強い影響をもたらし このときアフリカ系アメリカ人が 司法的・経済的公正の双方を求めたのです

And it's of course/ where Martin Luther King delivered his famous "I have a dream"/ speech,/ but what's actually less known is/ that this march was organized by a man named Bayard Rustin.//

マーティン・ルーサー・キングが 有名な 「私には夢がある」という演説をしたのですが 意外と知られていないのは この大行進を計画したのが バイヤード・ラスティンという 男性であるということです

Bayard was an out gay man,/ and he's considered one of the most brilliant strategists of the civil rights movement.//

バイヤードは ゲイであることを公言し 公民権運動のもっとも優秀な戦略家の 1人であるとされています

He later/ in his life became a fierce advocate of LGBT rights as well,/ and his life is testament/ to the intersection of the struggles.//

彼は後に LGBTの人々の権利を 強く後押しする提唱者となり その人生は 苦闘や困難が交錯していることを 物語っています

The March/ on Washington is one of the high points of the movement,/ and it's/ where there was a fervent belief/ that African-Americans too could be a part of American democracy.//

ワシントン大行進は 公民権運動における盛り上がりの1つで アフリカ系アメリカ人もまた アメリカの民主主義の一部になれるという 熱烈な思いが存在していました

I call this strategy the "We are visible/ and many/ in numbers"/ strategy.//

私はこの戦略を 「私たちは目に見える存在で 数多くいるのだ」戦略と呼んでいます

Some early gay activists were actually directly inspired by the march,/ and some had taken part.//

初期の同性愛活動家の中には この大行進に直接感化された者や 大行進に参加した者もいました

Gay pioneer Jack Nichols said,/ "We marched with Martin Luther King,/seven of us/ from the Mattachine Society" --/ which was an early gay rights organization --/ "and/ from that moment on,/ we had our own dream/ about a gay rights march of similar proportions."//

同性愛者の先駆者である ジャック・ニコルスは言いました 「私たちマタシーン・ソサエティの7人は マーティン・ルーサー・キングと 共に歩んだ」と この団体はゲイの人権団体の 先駆者でした 「その瞬間から 我々は この大行進に匹敵するような規模の ゲイ・ライツの大行進を することが夢になったのです」と

Several years later,/ a series of marches took place,/ each one/ gaining the momentum of the gay freedom struggle.//

数年後 一連の行進が行われ それぞれが同性愛者解放への勢いを 増していきました

The first one was in 1979,/ and the second one took place/ in 1987.//

最初の行進は1979年 ― 次にあったのが1987年でした

The third one was held in 1993.//

3つ目は1993年に行われました

Almost a million people showed up,/ and people were so energized and excited by what had taken place,/ they went back/ to their own communities/ and started their own political and social organizations,/ further/ increasing the visibility of the movement.//

約100万人が参加し この出来事に大いに活気づけられ 興奮させられた 人々が 自分のコミュニティーへと戻った後は それぞれが 政治・社会団体を立ち上げ 運動の認知度をさらに上げました

The day of that march,/ October 11,/ was then declared National Coming Out Day,/ and is still celebrated all/ over the world.//

行進が行われた10月11日は その後 カミングアウトデーと名付けられ 今も世界中でお祝いされています

These marches set the groundwork/ for the historic changes/ that we see happening/ today/ in the United States.//

これらの行進は 私たちが 現在アメリカ国内で目にしている 歴史的変革の礎を築いたのです

And lastly,/ the "Loving"/ strategy.//

そして最後の戦略は 「ラビング(愛する)」戦略です

The name speaks/ for itself.//

名前自体がその内容を物語っています

1967年 連邦最高裁は ラビング対バージニア裁判で 異人種間の結婚を禁ずる法律を すべて無効とする判決を下しました

This is considered one of the Supreme Court's landmark civil rights cases.//

この裁判は 連邦最高裁が関わった 公民権案件の大きな出来事の 1つとされています

In 1996,/ President Clinton signed the Defense of Marriage Act,/ known as DOMA,/ and that made the federal government only have to recognize/ marriages/ between a man and a woman.//

1996年 クリントン大統領は 結婚防衛法 通称DOMAに署名をし 連邦政府によって 男女間での結婚だけを 認めなければならないという 法律が可決されました

In United States v.// Windsor,/ a 79-year-old lesbian named/ Edith Windsor sued the federal government/ when she was forced to pay/ estate taxes/ on her deceased wife's property,/ something/ that heterosexual couples don't have to do.//

アメリカ対ウィンザー裁判では イーディス・ウィンザーという 79歳のレズビアン女性が 亡き妻の資産の相続税を 強制的に払わされたとして 連邦政府を訴えました これは 異性同士のカップルであれば 払わなくてもよいものです

And/ as the case wound its way/ through the lower courts,/ the Loving case was repeatedly cited as precedent.//

この訴訟が様々な下級裁判所を 駆け巡るたびに その度に ラビング裁判が 前例として挙げられました

When it got to the Supreme Court/ in 2013,/ the Supreme Court agreed,/ and DOMA was thrown out.//

2013年に 連邦最高裁での審議に上ると 最高裁は原告側の主張に同意し 結婚防衛法は廃止されました

It was incredible.//

驚異的な出来事でした

But the gay marriage movement has been making gains/ for years now.//

しかし 同性婚運動は ここ何年もの間成功を収めています

今現在までに 17の州が 同性婚を認める法律を可決しています

It's become the de facto battle/ for gay equality,/ and it seems like daily,/ laws/ prohibiting it are being challenged in the courts,/ even/ in places/ like Texas and Utah,/ which no one saw coming.//

同性婚は同性愛者平等運動の 事実上の戦場となり それこそ毎日のように 同性婚を禁ずる法律をめぐって 法廷で争われています テキサス州やユタ州などの 誰もが予想しなかったような場所でさえ そうなのです

So a lot has changed since that night/ in 2008/ when I felt torn in half.//

私が 引き裂かれるような思いをした 2008年のあの夜以来 多くのことが変わりました

I did go on/ to make that film.//

例の映画も 撮ることができました

It's a documentary film,/ and it's called "The New Black,/"/ and it looks at how the African-American community is grappling with the gay rights issue/ in light of the gay marriage movement and this fight/ over the meaning of civil rights.//

ドキュメンタリー映画で 題名は『The New Black』と言い ― アフリカ系アメリカ人の コミュニティーがいかに 昨今の同性婚運動や 公民権の意味をめぐる争いを踏まえて ゲイ・ライツ・ムーブメントの問題に 向き合っているのかを探っています

And I wanted to capture/ some of this incredible change/ that was happening,/ and as luck or politics would have it,/ another marriage battle started gearing up,/ this time/ in Maryland,/ where African-Americans make up/ 30 percent of the electorate.//

私はこの時起きていた 凄まじい変化を映像に収めたいと 思っていたのですが 幸運か はたまた政治により また別の結婚をめぐる闘いが 今度はメリーランド州で ヒートアップしていました この州はアフリカ系アメリカ人が 有権者の30%を 占めています

So this tension/ between gay rights/ and civil rights started to bubble up/ once again,/ and I was lucky enough/ to capture/ how some people were making the connection/ between the movements/ this time.//

ゲイ・ライツと公民権との間に 緊張感が再び沸々と 湧き上がりつつあったのです そして 幸運にも私は この2つの運動の間に 人々がつながりを見出す姿を 映像に収めることができました

This is a clip of Karess Taylor-Hughes and Samantha Masters,/two characters/ in the film,/ as they hit the streets of Baltimore/ and try to convince/ potential voters.//

この映像は 映画の登場人物である ― カレス・テイラー=ヒューズと サマンサ・マスターズの2人が ボルティモアの街に出て 有権者を説得しようとする様子を映しています

(Video)/ Samantha Masters:/ That's/ what's up,/ man,/ this is a righteous man/ over here.//

(ビデオ) サマンサ:ここに素敵な男性がいます

Okay,/ are you registered to vote?//

あなたたち 投票者登録はしてるの?

Man:/ No.// Karess Taylor-Hughes:/ Okay.// How old are you?//

男性:してない カレス:そう 今何歳?

Man:/ 21.// KTH:/ 21?// You gotta get registered to vote.//

男性:21 カレス:21? じゃ投票者登録しなきゃ

We got to get/ you registered to vote.//

投票者登録してもらわなくちゃ

Man:/ I ain't voting/ on no gay shit.//

男性:俺はゲイとやらに投票なんかしねえぞ

SM:/ Okay,/ why?// What's up?// Man:/ I ain't with that.//

サマンサ:そう 何で? どうして? 男性:賛同しないから

SM:/ That's not cool.//

サマンサ:それはクールじゃないわ

Man:/ What made you be gay?// SM:/ So/ what made you be straight?//

男性:何でゲイになったんだ? サマンサ:あなたは何でストレートになったの?

So/ what made you be straight?//

何で異性愛者になったのよ?

Man 2:/ You can't answer that question.// (Laughter)/

男性2:その質問には答えられないだろ(笑)

KSM:/ I used to not have the same rights/ as you,/ but I know/ that because a black man/ like yourself stood up/ for a woman/ like me,/ I know/ that I've got the same opportunities.//

カレス:私はあなたと同じ権利がなかったけど あなたみたいな黒人男性が 私のような 女性のために立ち上がったから 同じ機会を得ることができたの

So you,/ as a black man,/ have the opportunity/ to stand up/ for somebody else.//

あなたも 黒人男性として 誰かのために 立ち上がる機会があるのよ

Whether you're gay or not,/ these are your brothers and sisters/ out here,/ and they need you/ to represent.//

ゲイであろうがなかろうが 今戦ってるのはあなたの兄妹で あなたの票を必要としてるのよ

Man 2:/ Who is you/ to tell somebody/ who they can't have sex with,/ who they can't be with?//

男性2:一体 誰が他人に 誰とセックスしちゃいけないとか 一緒になれないとか言えるんだ?

They ain't got/ that power.//

奴らにそんな力はない

Nobody has/ that power/ to say,/ you can't marry/ that young lady.//

誰も お前はあの女と 結婚しちゃいけないとか言えないよ

Who has that power?// Nobody.//

そんな力は誰も持ってないよ

SM:/ But you know/ what?//

サマンサ:知ってる?

Our state has put the power/ in your hands,/ and so/ what we need/ you to do is vote for,/ you gonna vote/ for 6.//

この州はあなたたちの手に その力を委ねたの あなたたちにしてもらいたいのは 投票すること 賛成票をね

Man 2:/ I got you.//

男性2:わかった

SM:/ Vote/ for 6,/ okay?// Man 2:/ I got you.//

サマンサ:賛成票を入れてね? 男性2:いいよ

KSM:/ All right,/ do y'all need community service hours?//

カレス:2人とも 社会奉仕活動時間は要るの?

You do?// All right,/ you can always volunteer with us/ to get community service hours.//

いるのね? それなら私たちと一緒に ボランティアをすればいいわよ

Y'all want to do that?//

どう 興味ある?

We feed you.// We bring you/ pizza.//

食べ物なら任せて ピザをあげるから

(笑) (拍手)

Yoruba Richen:/ Thank you.//

ヨルバ・リチェン:ありがとう

What's amazing/ to me/ about that clip/ that we just captured/ as we were filming is,/ it really shows/ how Karess understands the history of the civil rights movement,/ but she's not restricted by it.//

撮影中に捉えることができた この映像の素晴らしいことは カレスが公民権運動の歴史を よく理解しながらも それに囚われていないことです

She doesn't just limit it/ to black people.//

公民権運動を黒人だけのものに 限っていないのです

She sees it/ as a blueprint/ for expanding rights/ to gays and lesbians.//

彼女は公民権運動をゲイやレズビアンに 権利を拡大するための 青写真として見ているのです

Maybe/ because she's younger,/ she's like 25,/ she's able/ to do this a little bit more easily,/ but the fact is/ that Maryland voters did pass/ that marriage equality amendment,/ and in fact/ it was the first time that/ marriage equality was directly voted on and passed by the voters.//

彼女が若い世代だからかもしれません 彼女は今25歳で こうしたことがより簡単なのかもしれませんが 実際に メリーランド州の有権者らは 結婚の平等に関する改正案を可決させ そして この結婚の平等は 有権者による直接投票で可決された 初めての事例でもあります

African-Americans supported it/ at a higher level/ than had ever been recorded.//

アフリカ系アメリカ人は これまでより高い比率で この改正を支持しました

It was a complete turnaround/ from that night/ in 2008/ when Proposition 8 was passed.//

カリフォルニア州の 住民投票事項8が可決された 2008年のあの夜から一転したのです

It was,/ and feels,/ monumental.//

歴史的な瞬間であり そう実感しました

We/ in the LGBT community have gone from being a pathologized and reviled and criminalized group/ to being seen as part of the great human quest/ for dignity and equality.//

LGBTコミュニティーにいる私たちは 病的だとみなされる誹謗の対象や 犯罪者とされる存在から 尊厳と平等を勝ち取るための 人間の大いなる旅路の一部だと 見なされるようになったのです

We've gone from having to hide/ our sexuality/ in order to maintain our jobs/ and our families/ to literally getting/ a place/ at the table/ with the president/ and a shout out/ at his second inauguration.//

私たちは仕事や家族を失わないように セクシュアリティを 隠さなければいけなかった時代を経て 文字通り 大統領と同じテーブルにつき その2度目の就任式で 声高に取り上げられたのです

I just want to read/ what he said at that inauguration:/ "We/ the people declare today/ that the most evident of truths,/ that all of us are created equal.//

ここで2度目の就任式での 大統領の言葉を読み上げたいと思います 「我ら人民は今日ここに もっとも明らかな真実を宣言する ― 全ての人間は生まれながらにして平等である

It is the star/ that guides us still,/ just as it guided our forebears/ through Seneca Falls and Selma and Stonewall."//

これは星のように 我々を導き続ける指針である セネカ・フォールズや セルマやストーンウォールで 私たちの先達を導いたように」

Now/ we know/ that everything is not perfect,/ especially/ when you look at what's happening with the LGBT rights issue internationally,/ but it says something/ about how far/ we've come/ when our president puts the gay freedom struggle/ in the context of the other great freedom struggles of our time:/ the women's rights movement and the civil rights movement.//

全てが完璧ではないということは 言わずもがなです 特にLGBTの権利の問題が 国際的に どのような状況にあるかを見れば 一目瞭然です しかし 大統領が同性愛者解放の闘いを 他の偉大な解放運動の文脈で 語ったことは どれだけ前進したかを物語っています それは男女同権運動や 公民権運動といったものです

His statement demonstrates not only/ the interconnectedness of those movements,/ but how each one borrowed/ and was inspired by the other.//

大統領の声明文は これらの運動が 相互に関連しているということだけでなく それぞれが 互いの戦略を利用し 互いに触発し合っていたことを示しています

So just/ as Martin Luther King learned from and borrowed from Gandhi's tactics of civil disobedience and nonviolence,/ which became a bedrock of the civil rights movement,/ the gay rights movement saw/ what worked in the civil rights movement,/ and they used some of those same strategies and tactics/ to make gains/ at an even quicker pace.//

ですから マーティン・ルーサー・キングが ガンジーの市民的不服従や 非暴力といった戦略に学び それらを利用したことが 後に公民権運動の 揺るぎない基盤となったように ゲイ・ライツ・ムーブメントは公民権運動において 上手くいった方法を見て いくつかの同じ戦術や戦略を 成果をさらに早く上げるために 利用したのです

Maybe one more other reason/ for the relative quick progress of the gay rights movement.//

これはゲイ・ライツ・ムーブメントが 比較的速いペースで前進できた もう1つの理由かもしれません

Whereas a lot of us continue to still live in racially segregated spaces,/ LGBT folks,/ we are everywhere.//

私たちの多くが 今もなお人種によって それぞれ分かれた地域に 住んでいる一方で LGBTの人々は どこにでもいます

都会のコミュニティーや 地方のコミュニティー 有色人種や移民のコミュニティー 教会やモスク シナゴーグにも存在するのです

We are your mothers and brothers and sisters and sons.//

私たちはあなた方の母親や兄弟であり 姉妹であり そして息子なのです

And when someone/ that you love/ or a family member comes out,/ it may be easier/ to support their quest/ for equality.//

もしあなたの愛する人や 家族の一員がカミングアウトしたのなら 彼らの平等を勝ち取るための旅路を 応援することはもっと容易かもしれません

And in fact,/ the gay rights movement asks us/ to support justice and equality/ from a space of love.//

実際 ゲイ・ライツ・ムーブメントは 私たちに 慈愛の心から 正義と平等を 支持するように求めるものです

That may be the biggest, greatest gift/ that the movement has given/ us.//

これは もしかすると この運動がもたらした 最大で最高の贈り物かもしれません

It calls on us/ to access/ that/ which is most universal and most intimate:/ a love of our brother and our sister and our neighbor.//

この運動は 世界共通で もっとも心の奥深くにあるものに 向き合うよう訴えかけます それは 兄弟や姉妹 ― そして隣人に対する愛です

I just want to end/ with a quote/ by one of our greatest freedom fighters/ who's no longer/ with us,/ Nelson Mandela of South Africa.//

最後に 解放運動における もっとも偉大な戦士の1人である 南アフリカ共和国の 今は亡き ネルソン・マンデラの言葉を 引用したいと思います

Nelson Mandela led South Africa/ after the dark and brutal days of Apartheid,/ and out of the ashes of that legalized racial discrimination,/ he led South Africa/ to become the first country/ in the world/ to ban discrimination/ based/ on sexual orientation/ within its constitution.//

ネルソン・マンデラは アパルトヘイトの暗黒の日々の後 法の下の人種差別という灰の中から 南アフリカ共和国を引き上げました 彼は性的指向による差別を 憲法内で禁ずる世界初の国へと 南アフリカ共和国を導いたのです

Mandela said,/ "For to be free is not merely/ to cast off/ one's chains,/ but to live in a way/ that respects and enhances the freedom of others."//

マンデラはこう言いました ― 「自由になるということは 単に自らの鎖を投げ捨てるのではなく 他人の自由をも尊重し より良くするように生きることだ」と

So/ as these movements continue on,/ and/ as freedom struggles/ around the world continue on,/ let's remember/ that not only are they interconnected,/ but they must support and enhance each other/ for us/ to be truly victorious.//

ですから 今後もこうした運動が続き 世界中で解放を求める闘いが 続いているのですから それぞれの運動が 互いに相関するだけでなく 互いに支え合い 互いをより良くすることでこそ 私たちは真の勝利を 得ることができるのだと覚えておきましょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

election

『選挙』

当選

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

slavery

『奴隷制度』;奴隷の身分,奴隷の状態

(欲望・悪習などの)とりこになっていること《+『to』+『名』》

骨の折れる仕事,つらい労働

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

climax

〈C〉(物語・劇・行事などの)『細高潮』[『部』];(一般的に)絶頂[部]

〈U〉漸層法(しだいに文勢を強調して最高潮に達する修辞法)

絶頂に達する

…'を'絶頂に到達させる

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

equality

(数量・程度・価値・大きさなどで)『等しいこと』,均等;(特に,権利・責任などにおいて)(…間の…の)『平等』《+『of』+『名』+『between』+『名』》

gay

『陽気な』,愉快な,うきうきした

はでな色の,華やかな

放蕩な,不身持ちの

《話》同性愛の,ホモの

ballot

〈C〉投票用紙

〈U〉〈C〉無記命投票,(一般に)投票

〈C〉投票総数

《the bal・lot》投票権

投票する,投票で決める

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

proposition

『提案』,申し出

陳述,飽張

(論理学の)命題;(数学の)定理

《話》(扱わなければならない)仕事,事柄;相手

〈人〉‘に'提案する,事を持ちかける

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

historic

『歴史に残る』,歴史的,歴史上有名な

記録のある,歴史時代の

presidency

《the presidency》大統領(総裁,学長,社長など)の職(任期)

〈U〉《しばしばPresidency》米大統領の職務(地位)

lesbian

(女性間の)同性愛の

レズビアン,同性愛の女

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

incorrect

『不正確な』,誤った

適切でない

poll

〈U〉(選挙の)『投票』

《a ~》投票数

《米》《the polls》投票所

〈C〉選挙人名簿

(またopinion poll)〈C〉世論調査

(人の)頭(特に毛髪のある部分)

〈一定数の投票〉‘を'得る

《通例受動態で》…‘に'投票をさせる

(…について)〈人々〉‘の'世論調査をする《+『on(about)』+『名』》

〈頭髪・羊毛など〉‘を'刈る;〈樹木の枝先〉‘を'刈り込む

〈牛〉‘の'角(つの)を切る

(…に)投票する《+『for』+『名』》

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

pervasive

広がる,みなぎる;普及する

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

media

mediumの複数形

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

coverage

(テレビ・ラジオ・新聞などの)報道;報道範囲

《a~おおう範囲;保険の補償範囲,補償金額

commentator

注釈者

(ラジオ・てレビの)解説者,実況放送者

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

racist

民族主義者;人種差別主義者

民族主義の;人種差別主義の

epithet

(人・物の性質・属性を表す)形容辞,形容語句

あだ名,別称

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

participant

(…の)関係者,(…への)参加者《+『in』+『名』》

rally

(…のもとに)〈人〉‘を'『再び集める』《+『名』〈人〉+『around』(『to, behind』)+『名』》

(…に対して)〈気力・体力など〉‘を'『持ち直す』,もう一度奮い起こす《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

(…のもとに)『再び集まる』;(援助などのために)はせ参じる《+『around』(『to, behind』)+『名』》

(不幸・病気などから)『持ち直す』,立ち直る《+『from』+『名』》

(テニスなどで)続けて打ち合う

(次の活動のための)再結集

(悪い状態からの)『持ち直し』,回復《+『from』+『名』》

(特定の目的のための)集会,大会

(テニスの)ラリー(続けて打ち合うこと)

ラリー(長距離自動車レース)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

dismiss

…‘を'『去らせる』,行かせる

《文》(…から)〈人〉‘を'解任(解雇,免職)する《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

(心から)…‘を'追い払う《+『名』+『from』+『名』》

〈訴え・上訴など〉‘を'却下(棄却)する

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

resent

…‘に'『腹を立てる』,憤慨する

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

sinking feeling

無気力

minority

〈C〉《単数形で》(ある集団または全体を構成する,多数に対する)『少数』,(過半数に対する)半数以下

(またminority group)〈C〉(人種・宗教・政治の点で)『少数派』,少数グループ,少数民族

〈U〉未成年;未成年期

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

piss

おしっこする・…‘を'おしっこでぬらす・「piss誰々off」で「誰々を怒らせる」

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

yell

(…を求めて)『大声で叫ぶ』《+for+名》;(…に)大声をあげる《+at+名》

(…に向かって)…‘を'叫んで(大声で)言う《+out+名(+名+out)+at(to)+名》

『叫び声』金切り声,わめき

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

instinct

『本能』

〈C〉(…に対する)(生まれつきの)才能,素質,天分《+『for』+『名』(do『ing』)》

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

abstract

『抽象的な』

理論的な,観念的な

(美術において)抽象派の

〈U〉抽象

〈C〉抜粋,摘要(summary)

〈C〉抽象美術作品

(いくつかのものから)〈ある概念〉'を'抽象する,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

〈本・スピーチなど〉'を'要約する(summarize),抜粋する

(…から)〈金属など〉'を'抽出する,分離する《+『名』+『from』+『名』》

beneficiary

利益(恩恵)を受ける人

年金(保険金などの)受取人

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

towards

toward

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

pace

〈C〉『1歩』;歩幅(ほぼ75‐100cm)

〈C〉〈U〉『歩調』,速度,ペース

〈C〉《単数形で》(馬の)側対歩(同じ側の前後の脚を同時に上げ下げする歩き方)

…‘を'一定の歩調で歩き回る

…‘を'歩いて測る,歩測する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

…‘の'速度を調整する

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(普通の速さで)歩く,ゆっくりと行ったり来たりする

〈馬が〉側対歩で歩く

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

milestone

(次の町までの距離を示すために道ばたに立てられた)里程標

(歴史・人生での)重大なでき事,重大事件

Montgomery

モントゴメリー(米国Alabama州の州都)

boycott

…‘に'対して不買同盟する,(同盟して)…'を'排斥する

不買同盟,ボイコット

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

Alabama

アラバマ州(米国南東部の州;州都Montgomery;{略}AL,Ala.)

segregation

分離(隔離,差別)すること(された状態)

(特に黒人に対する)人種差別

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

transit

通過,通行

(…の)輸送,運搬《+of+名》

天体が子午線を横切ること,(小天体が)他の天体を横切ること

〈天体が〉〈太陽面〉‘を'通過する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

homosexual

同性愛の

同性愛の人

illegal

『不法の』,違法の

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

stonewall

(クリケットで)慎重に球を打つ

議事の妨害をする

(討議を長びかせたりして)〈議事など〉‘を'妨害する

patron

(個人・主義・事業などの)『後援者』,保護者,パトロール《+『of』,『名』》

(商店・レストランなどの)『お得意』,顧客《+『of』+『名』》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

beating

〈C〉打つこと;(罰としての)むち打ち

〈C〉打ち負かすこと;敗北

〈U〉(心臓の)鼓動

Greenwich Village

グレニッチビレジ(ニューヨーク市マンハッタン区端の伝統的に画家・文士などが多く住む地域)

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

incidentally

付随して

《通例文頭に用いて》ついでながら

forefront

最前部,最前線

rebellion

(統治者・政府に対する)『反乱』,(権威に対する)反抗《+『against』+『名』》

intersection

〈C〉(特に道路の)交差点

〈U〉交差

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

racism

民族主義,民族的優越感;人種差別

民族主義政策(体制)

gender

(名詞・代名詞の)性

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

brutality

〈U〉獣性,野蛮,残忍性

〈C〉野蛮な行為

liberation

解放,釈放

(ガスの)遊離

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

seminal

独創的な,将来性のある

(比較変化なし)精液の

economic

『経済の』

『経済学の』

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

martin

イワツバメ

Luther

ルーテル,ルター(『Martin~』;1483‐1546;ドイツの宗教改革者)

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

strategist

戦術(戦略)家

fierce

(性質・行動など)『凶暴な』,どう猛な

(強さ・程度などの)『激しい』,猛烈な

advocate

〈考え・主義・政策など〉'を'弁護(擁護)して言う,主唱する

擁護者,主唱者

弁護士

testament

《T-》聖書

〈C〉遺言

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

fervent

熱烈な,熱心な

熱い,燃える

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

activist

(特に政治信条の)積極行動主義者,実践主義者

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

jack

〈C〉ジャッキ,押上げ万力(まんりき)

〈C〉ジャック,プラグの差し込み口

〈C〉(また『knave』)(カードの)ジャック

《複数形で》(また『jackstones』)《単数扱い》ジャックス(一種のお手玉遊び)

(また『jackstone』)〈C〉(ジャックスで用いる)6本の角(つの)から成る金属製の駒,小石や動物の骨などの玉

《時にJ-》《話》男,やつ(fellow)

〈C〉雄のロバ(一般に動物の)雄

〈C〉(国籍を示すための)船首旗

〈U〉《俗》《通例J-》金(かね)(money)

…‘を'ジャッキで持ち上げる(動かす)《+『名』+『up』,+『op』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

proportion

《the~》(…に対する…の)『割合』,比率《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…との)『調和』,均衡《+『to』+『名』》

〈C〉部分;割り前,分け前

《複数形で》大きさ

〈U〉比例

…‘の'調和をとる;(…に)…‘を'釣り合わせる《+『名』+『to』+『名』》

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

momentum

〈U〉〈C〉運動量(運動する物体の質量と速度の相乗積)

〈U〉(一般に)勢い,はずみ

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

visibility

〈U〉目に見えること

〈U〉〈C〉可視度,視界

October

『10月』({略}『Oct.』)

declare

…'を'『宣言する』,告示する,公表する

…'を'『強調する』

〈課税品・所得額〉'を'申告する

…'を'明らかにする(reveal);…'を'表す(show)

(…に反対,賛成を)表明する,声明する《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』(do『ing』)》

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

groundwork

土台,基礎工事

根本,基本原理

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

lastly

最後に,結局

loving

(人を)『愛する』,愛情深い

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

Supreme Court

(米国連邦の,また米国各州の)最高裁判所

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

v

verb

verso

《話》very

velocity

volt[s]

volume

vide

Virginia

バージニア州(米国東部の州;州都はRichmond;《略》『VA,Va.』)

invalidate

〈遺言・協定など〉‘を'無効にする

prohibit

(法律あるいは権威をもって)…‘を'『禁止する』,禁ずる(forbid)

〈物事が〉…‘を'『妨げる』

interracial

異人種間の

人種の違った人人の[ための]

landmark

(土地の)境界標識

(航海中の船舶などからの)陸標;目印になる建物(木など)

歴史的な事件,画期的なでき事

重要文化財の建物,史跡

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

Windsor

ウィンザー(英国南部の町で歴代の王宮,ウィンザー宮殿(Windsor Castle)がある)

《the House of Windsor》ウィンザー家(1917年以降現在まで続いている英国王室の名前)

sue

(…の件で)〈人など〉‘を'告訴する,訴える《+名〈人〉+for+名》

(…の件で)告訴する,訴える《+for+名》

(…を)請う,請求する,懇願する《+for+名》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

estate

〈C〉『地所』;(特に邸宅のある広大な)屋敷(私有地)

〈U〉『財産』,(特に)遺産

〈C〉《英》住宅群,団地(《米》[housing]development)

〈U〉《文》(生涯のある)時期,年代;(ある時期の)生活状態

〈C〉(封建社会での明確に区別された)身分,階級

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

deceased

『死亡した』(dead),故人となった(late)

《名詞的に;the de・ceased》《単数扱い》《特定の》故人;《集合的に》故人たち

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

property

動産

heterosexual

異性愛の

異性愛の人

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

repeatedly

繰り返して,再三再四

cite

(作家・作品から)〈文章・句〉'を'『引用する』(quote)《+『名』+『from』+『名』》

…'を'召喚する,呼び出す(summon)

(証拠・確認などのために)…'を'引き合いに出す

…‘に'感謝状を出す,'を'表彰する

precedent

〈C〉(…の)先例,前例《+『for』+『名』》

〈U〉先例にならうこと

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

de facto

事実上[の]

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

Texas

テキサス州(米国西南部の州;州都は Austin;{略}Tex.,TX)

Utah

ユタ州(米国西部の州;州都はSalt Lake City;《略》『UT』,『Ut.』:モルモン教徒が多いので有名)・北米インディアン ユテ族の言葉「山の住民」の意

no one

『だれも』…『ない』

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

grapple

(ひっかけがぎ(grapnel)で)…‘を'引っ掛ける,ぎゅっとつかむ

(…と)つかみ合う,格闘する《+『with』+『名』》

(問題などと)取り組む《+『with』+『名』》

つかみ合い

(難問などの)取り組み

=grapnel

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

civil rights

市民権,公民権(選挙権,言論の自由,法のもとでの平等など諸権利の総称)

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

luck

『運』,巡り合わせ

『幸運』

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

gear

〈C〉(動力を伝動する)『歯車』,ギヤ

〈U〉歯車装置,伝動装置,ギヤ

〈U〉(特定の機能を果たす)装置

〈U〉(ある仕事・活動のための)道具一式

…‘に'ギヤ(伝動装置)を取り付ける

(…に)…‘を'かみ合わせる,連係させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)ギヤがかみ合う《+『into』+『名』》

Maryland

メリーランド州(米国東部の州;州都はAnnapolis;《略》『Md.,MD』)

electorate

選挙民,有権者

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

masters

《米話》《しばしばM-》修士号

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

Baltimore

ボルチモア(米国Maryland州北部の海港)

convince

〈人〉'を'『納得させる』

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

voter

投票者;有権者

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

righteous

(人が)徳の高い,正しいことをする

(行為・気持ちなどが)もっともな,道理のある・(the ~) (複数扱い) 正義の人々・《集合的に;複数扱い》正義派,正義の人々

okay

=OK,O.K.

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

laughter

『笑い』,笑い声

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

opportunity

『機会』,好機

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

gon na

going toの縮約形

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

pizza

ピッツァ,ピザ(チーズ・トマトなどをパイ皮にのせて焼いた料理)

applause

『拍手かっさい』;称賛

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

restrict

…‘を'『制限する』,限定する(limit)

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

blueprint

(建築・機械の設計図の)青写真

(詳細な)計画

…'を'青写真にとる

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

amendment

修正,改正;改心;〈C〉修正案

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

turnaround

(自動車などの)方向転換[できる場所]

(売上げなどの)好転

=turnabout

monumental

《名詞の前にのみ用いて》記念碑の[ような]

歴史に洗る;不朽の,不滅の

(大きさ・程度が)とてつもない,途方もない

revile

…をののしる,の悪日をいう

ののしる,悪口をいう

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

sexuality

(両性の)性的特質

性欲,性的関心

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

inauguration

〈U〉開始,起業

〈C〉就任式;開業(落成,発会,結党)式

evident

『明白な』,はっきりした

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

Seneca

(『Lucius Annaeus Seneca』;4BC- 65AD;ローマの哲学者・政治家)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

especially

『特に』,特別に;きわだって

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

civil disobedience

市民的不服従(政令や法律に非暴力手段で抵抗すること)

nonviolence

(戦術としての)非暴力主義(政策)

bedrock

〈U〉(土壌・小岩片の下の)基盤[岩],床岩,岩盤

〈C〉(一般に)しっかりした基礎,根底

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

segregate

…‘を'分離する;〈患者など〉‘を'隔離する

〈特定の宗派・人種・社会団体など〉‘を'差別する,差別待遇する

分かれる,分離する

(特に人種で)差別する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

urban

都市(都会)の

都市に住む

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

immigrant

(外国からの)『移住者』,移民,入植者

帰化植物

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

mosque

イスラム教寺院(外部に数個の尖塔(せんとう)がある独特の建築物)

synagogue

ユダヤ教の礼拝堂

《the ~》ユダヤ教徒の集会

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

intimate

『たいへん親しい』,親密な

個人的な(private)

(理解・知識などについて)身近によく知っている,くわしい

親友,心の許せる友

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

fighter

戦う人,戦士,闘士

プロボクサー

(またfighter plane)戦闘機

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

nelson

(レスリングの)首固め

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

brutal

『けものの』;けもののような;『残酷な』,野蛮な

apartheid

(特に南アフリカにおける)人種隔離政策

ash

〈U〉《しばしば複数形で;単数扱い》『灰』

〈U〉火山灰

《複数形で》(火葬された)遺骨,なきがら;(火事で焼けた)廃墟(はいきょ)

racial

人種[上]の,民族の,種族の

discrimination

区別(識別)すること

(…に対する)差別待遇《+『against』+『名』》

識別力,鋭く見分ける力

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

orientation

〈U〉(新しい環境などに)適応させること(すること)

〈U〉方位測定

〈C〉〈U〉(新入生などへの)オリエンテーション

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

merely

『単に』,ただ

cast

…'を'『投げる』,ほうる

…'を'『投げ捨てる』,ほうり出す《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

(…に)〈影・光〉'を'『投げ掛ける』;〈疑に・魔法など〉'を'かける《+『名』+『on』 (『upon』)+『名』》

〈目・視線など〉'を'『向ける』,投げ掛ける

〈票〉'を'『投じる』

(…に)〈名誉・祝福〉'を'与える,〈非難など〉'を'浴びせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(人に)〈役〉'を'つける《+『名』〈役〉+『to』+『名』》;(ある役に)〈人〉'を'当てる《+『名』+『for』+『名』〈役〉》

(鋳型に流し込んで)…'を'鋳造する

物を投げる,(特に)釣り糸を投げる

鋳造される

〈C〉『投げること』,(光・影・視線などを)投げかけること

〈C〉(物を)投げられる距離,射程

〈C〉(劇・映鹿を)『配役』

〈C〉(骨折した手足を固定する)ギプス

〈C〉(…の)鋳型,鋳造[物]《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物の特懲的な)外形,外観;(…の)型,傾向;性質《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)色あい,色調《+『of』+『名』》

《a cast》(材木などの)ゆがみ,そり;《まれ》(軽度の)斜視

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

enhance

…‘の'程度(仮値など)を高める

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

victorious

(人・チームなどが)『勝利を得た』

勝利の,勝利を示す,勝ち誇った

関連動画