TED日本語 - フレディ・ペセレリ: 「消えた人」を法人類学で取り戻す

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

36年に渡るグアテマラの内戦では、20万人もの民間人が殺され、4万人以上が未だに見つかっていません。法人類学者の先駆けであるフレディ・ペセレリとチームは、DNAと考古学と証言を用いて、愛する人の遺体を家族の元に取り戻す手助けをしています。現実を思い知らされる作業ですが、これによって心の平安と、時には正義がもたらされているのです。

Script

グアテマラは36年間の 武力衝突から回復中です この紛争は冷戦時代に起こりました 元々は小さな左派が起こした 反乱にすぎませんでしたが 政府による反撃は凄惨なものでした その結果 民間人の被害者は20万に及び その内の16万人は自分が暮らしていた 地元で殺されました 小さな子供に男性 女性 お年寄りに至るまでです さらに行方が分からない人々が 4万人もおり 今なお見つかっていません “Desaparecidos” 「消えた人達」と呼ばれています

さて 犠牲者の83パーセントはマヤ人で つまり犠牲者は中央アメリカの原住民の 子孫だったということです そして ヨーロッパ系の人は 17パーセントほどでした しかし ここで最も重要なことは この罪を犯したほとんどの者は 本来は私たちを守るべき 警察や軍隊だったということです

家族は情報を求めました 何が起きたのかを知りたいのです 愛する家族の遺体を取り返したいのです しかし 家族が何より知ってほしいことは 犠牲者には何の非もなかったことです

さて 私の場合ですが 父が1980年に殺害の脅迫を受けました それで家族は亡命したのです グアテマラを離れて ここへ来ました 私はニューヨークの ブルックリンで育ち ニュー・ユトレヒト高校へ通い ブルックリンカレッジを卒業しました 私はグアテマラで 何が起きているのか 本当に知りませんでした 考えないようにしていたのです あまりにも辛すぎました でも 1995年に行動することを 決意したのです 私は戻りました グアテマラに戻って遺体を探すことで そこで起きたことを理解し 自身の一部を見つけようと思ったのです

私たちはまず 人々に情報を提供しました それから親族と話して 自分たちで選んでもらいました 彼らの意思に委ねたのは 私たちに話をしてくれるか 目撃したことを教えてくれるか 家族のことを話してくれるかです また さらに重要だったのは 自分の一部を提供してくれるか どうかでした 自分が誰であるのかを示す一片です そうやって得たDNAを 遺骨のDNAと比較するのです

それと並行して 遺体を探し続けました この犯罪は約32年前に起きており 遺体はもう骨になっています 墓場を見つけると 土を取り除いて 遺体を綺麗にし 記録して掘り起こします 文字通り 骸骨を地面から 掘り出すのです

その後 市内の研究所へ運び込み 主に2つの点を分析します まず その人が死亡した原因です 例えば このように 後頭部を銃撃された傷や なたによる傷があります もう一つは どんな人だったかです それが赤ちゃんなのか 大人なのか 女性か男性かを確認します その分析が終わると 骨の一部を使って DNAを抽出します そのDNAを使って 遺族のDNAと比較するわけです

2つの実例で 説明したいと思います まずは軍事記録の例です これは1999年に密かに 持ち出された記録です この記録から分かることは 自分の国の変革を望んだ 皆さんと同じ普通の人々を 政府が追跡し その行動をひとつひとつ 記録していたことです 記録の1つは 処刑された時期でした この黄色い枠の中に コードがあります 「300」という秘密の暗号です そして日付が記されています 300 は「処刑」を 日付は執行の日を表します 後で重要になりますので 頭に入れておいてください 2003年に軍事基地の発掘を行った際 53か所の墓で220人の遺体を発見しました 9番の墓にあった骨のDNAは セルジオ・サウル・リナレスの家族と一致しました セルジオは大学の教授でした アイオワ州立大学を卒業し 国を変えるためにグアテマラに 戻っていたのです 彼が捕えられたのは1984年2月23日です そして 記録には1984年3月29日に 処刑されたとあります これでつながりました 遺体が見つかり 家族の情報とDNAもあり 何が起こったのか その記録もあります

更に重要なのはその2週間後に 同じ墓のもう一人のDNAが 一致したことです 今度はアマンシオ・ヴィヤトロでした 彼のDNAも家族のものと一致したのです そして軍事記録にも 彼の名があることが判明しました なんと 彼が処刑されたのも 1984年3月29日でした そこで私たちは考えました その墓には何人埋まっていたのか? 6人です では 1984年3月29日に 処刑された人数は? そう やはり6人でした ファン・デ・ディオスとウーゴ モイセスとソイロ 全員 同じ日に処刑され 全員 場所も月日も ばらばらに捕えられ 全員 そこに埋められました 次に必要になったのは 4人の遺族のDNAでした 私たちは遺族を探し 見つけることができました これで6人の身元が判明し 家族の元へ帰すことができたのです

もう一つ皆さんに紹介したいのが CREOMPAZという軍事基地です これはスペイン語で 「平和を信じる」という意味ですが 平和維持活動 地域訓練本部の略称です ここでグアテマラ軍が 他国の平和維持部隊を訓練します この部隊は国連に所属し ハイチやコンゴといった国に向かいます 証言によると この軍事基地には 複数の遺体や墓地があったというのです そこで私たちは捜索令状を持って行き 約2時間後に 84か所に上る墓地の1つを見つけ 最終的に533人もの遺体を見つけました 考えてみてください 平和維持部隊は 遺体の山の上で 訓練を受けていたわけです 何という皮肉でしょうか

遺体は ほとんどが うつぶせで後ろ手に縛られ 目隠しをされ 様々な外傷がありました なす術もなく処刑された人々です 533の家族が この人々を 捜しているのです その内の15番目の墓に注目したいと思います 15番の墓には女性と子供が埋められていました 全部で63人です 真っ先に私たちは どこでこのような事件が 起こったのだろうと考えました 1995年に私がグアテマラへ戻ったとき 1982年5月14日に起こった 虐殺事件の話を聞きました 軍隊がやって来て 男性を殺害した後 女性や子供をヘリコプターで どこかへ連れ去ったというのです 分かりましたね この墓の中の人々の服装は 連れ去れた女性や子供が住んでいた 地域の服装と合致したのです

そこでDNA鑑定を行ったところ マルティナ・ロハスと マニュエル・チェンだと分りました 2人ともこの事件で行方不明でしたが これで証拠がそろいました この事件が実際に起こり この軍事基地へ連れてこられたという 物的証拠を得ることができたのです マニュエル・チェンはたったの3歳でした この子の母親は隣人に息子を預けて 川へ洗濯に行っていたのです その時に軍隊がやってきて ヘリで連れ去られたので 15番の墓の中で見つけるまで 行方不明になっていました

科学と考古学 人類学と遺伝子学を利用することで 声なき人々が語ることができます しかし それだけではなく 裁判で利用できる証拠も提供しています 例えば 去年グアテマラで行われた 大虐殺の裁判で リオス・モント将軍は集団虐殺罪で 懲役80年の判決を言い渡されました

今日 皆さんに伝えたいのは 同じことが至る所で起きていることです メキシコでも目の前で 同じことが起きています 見て見ぬふりはできません 私たちは これ以上 行方不明者を出さないと 皆で決意しなければなりません 行方不明者を 二度と出してはなりません

ありがとうございました

(拍手)

Guatemala is recovering from a 36-year armed conflict. A conflict that was fought during the Cold War. It was really just a small leftist insurgency and a devastating response by the state. What we have as a result is 200,000 civilian victims,160,000 of those killed in the communities: small children, men, women, the elderly even. And then we have about 40,000 others, the missing, the ones we're still looking for today. We call them the Desaparecidos.

Now,83 percent of the victims are Mayan victims, victims that are the descendants of the original inhabitants of Central America. And only about 17 percent are of European descent. But the most important thing here is that the very people who are supposed to defend us, the police, the military, are the ones that committed most of the crimes.

Now the families, they want information. They want to know what happened. They want the bodies of their loved ones. But most of all, what they want is they want you, they want everyone to know that their loved ones did nothing wrong.

Now, my case was that my father received death threats in 1980. And we left. We left Guatemala and we came here. So I grew up in New York, I grew up in Brooklyn as a matter of fact, and I went to New Utrecht High School and I graduated from Brooklyn College. The only thing was that I really didn't know what was happening in Guatemala. I didn't care for it; it was too painful. But it wasn't till 1995 that I decided to do something about it. So I went back. I went back to Guatemala, to look for the bodies, to understand what happened and to look for part of myself as well.

The way we work is that we give people information. We talk to the family members and we let them choose. We let them decide to tell us the stories, to tell us what they saw, to tell us about their loved ones. And even more important, we let them choose to give us a piece of themselves. A piece, an essence, of who they are. And that DNA is what we're going to compare to the DNA that comes from the skeletons.

While we're doing that, though, we're looking for the bodies. And these are skeletons by now, most of these crimes happened 32 years ago. When we find the grave, we take out the dirt and eventually clean the body, document it, and exhume it. We literally bring the skeleton out of the ground.

Once we have those bodies, though, we take them back to the city, to our lab, and we begin a process of trying to understand mainly two things: One is how people died. So here you see a gunshot wound to the back of the head or a machete wound, for example. The other thing we want to understand is who they are. Whether it's a baby, or an adult. Whether it's a woman or a man. But when we're done with that analysis what we'll do is we'll take a small fragment of the bone and we'll extract DNA from it. We'll take that DNA and then we'll compare it with the DNA of the families, of course.

The best way to explain this to you is by showing you two cases. The first is the case of the military diary. Now this is a document that was smuggled out of somewhere in 1999. And what you see there is the state following individuals, people that, like you, wanted to change their country, and they jotted everything down. And one of the things that they wrote down is when they executed them. Inside that yellow rectangle, you see a code, it's a secret code: 300. And then you see a date. The 300 means "executed" and the date means when they were executed. Now that's going to come into play in a second. What we did is we conducted an exhumation in 2003, where we exhumed 220 bodies from 53 graves in a military base. Grave 9, though, matched the family of Sergio Saul Linares. Now Sergio was a professor at the university. He graduted from Iowa State University and went back to Guatemala to change his country. And he was captured on February 23,1984. And if you can see there, he was executed on March 29,1984, which was incredible. We had the body, we had the family's information and their DNA, and now we have documents that told us exactly what happened.

But most important is about two weeks later, we go another hit, another match from the same grave to Amancio Villatoro. The DNA of that body also matched the DNA of that family. And then we noticed that he was also in the diary. But it was amazing to see that he was also executed on March 29,1984. So that led us to think, hmm, how many bodies were in the grave? Six. So then we said, how many people were executed on March 29,1984? That's right,six as well. So we have Juan de Dios, Hugo, Moises and Zoilo. All of them executed on the same date, all captured at different locations and at different moments. All put in that grave. The only thing we needed now was the DNA of those four families So we went and we looked for them and we found them. And we identified those six bodies and gave them back to the families.

The other case I want to tell you about is that of a military base called CREOMPAZ. It actually means, "to believe in peace," but the acronym really means Regional Command Center for Peacekeeping Operations. And this is where the Guatemalan military trains peacekeepers from other countries, the ones that serve with the U.N. and go to countries like Haiti and the Congo. Well, we have testimony that said that within this military base, there were bodies, there were graves. So we went in there with a search warrant and about two hours after we went in, we found the first of 84 graves, a total of 533 bodies. Now, if you think about that, peacekeepers being trained on top of bodies. It's very ironic.

But the bodies -- face down, most of them, hands tied behind their backs, blindfolded, all types of trauma -- these were people who were defenseless who were being executed. People that 533 families are looking for. So we're going to focus on Grave 15. Grave 15, what we noticed, was a grave full of women and children,63 of them. And that immediately made us think, my goodness, where is there a case like this? When I got to Guatemala in 1995, I heard of a case of a massacre that happened on May 14,1982, where the army came in, killed the men, and took the women and children in helicopters to an unknown location. Well, guess what? The clothing from this grave matched the clothing from the region where these people were taken from, where these women and children were taken from.

So we conducted some DNA analysis, and guess what? We identified Martina Rojas and Manuel Chen. Both of them disappeared in that case, and now we could prove it. We have physical evidence that proves that this happened and that those people were taken to this base. Now, Manuel Chen was three years old. His mother went to the river to wash clothes, and she left him with a neighbor. That's when the army came and that's when he was taken away in a helicopter and never seen again until we found him in Grave 15.

So now with science, with archaeology, with anthropology, with genetics, what we're doing is, we're giving a voice to the voiceless. But we're doing more than that. We're actually providing evidence for trials, like the genocide trial that happened last year in Guatemala where General Rios Montt was found guilty of genocide and sentenced to 80 years.

So I came here to tell you today that this is happening everywhere -- it's happening in Mexico right in front of us today -- and we can't let it go on anymore. We have to now come together and decide that we're not going to have any more missing. So no more missing, guys. Okay? No more missing.

Thank you.

(Applause)

Guatemala is recovering from a 36-year armed conflict.//

グアテマラは36年間の 武力衝突から回復中です

A conflict/ that was fought during the Cold War.//

この紛争は冷戦時代に起こりました

It was really just a small leftist insurgency and a devastating response/ by the state.//

元々は小さな左派が起こした 反乱にすぎませんでしたが 政府による反撃は凄惨なものでした

What we have as a result is 200,000 civilian victims,/160,000 of those killed in the communities:/ small children,/ men,/ women,/ the elderly even.//

その結果 民間人の被害者は20万に及び その内の16万人は自分が暮らしていた 地元で殺されました 小さな子供に男性 女性 お年寄りに至るまでです

And then/ we have about 40,000 others,/ the missing,/ the ones/ we're still looking/ for today.//

さらに行方が分からない人々が 4万人もおり 今なお見つかっていません

We call them/ the Desaparecidos.//

“Desaparecidos” 「消えた人達」と呼ばれています

Now,/83 percent of the victims are Mayan victims,/ victims/ that are the descendants of the original inhabitants of Central America.//

さて 犠牲者の83パーセントはマヤ人で つまり犠牲者は中央アメリカの原住民の 子孫だったということです

And only about 17 percent are of European descent.//

そして ヨーロッパ系の人は 17パーセントほどでした

But the most important thing here is/ that the very people/ who are supposed to defend/ us,/ the police,/ the military,/ are the ones/ that committed most of the crimes.//

しかし ここで最も重要なことは この罪を犯したほとんどの者は 本来は私たちを守るべき 警察や軍隊だったということです

Now/ the families,/ they want information.//

家族は情報を求めました

They want to know/ what happened.//

何が起きたのかを知りたいのです

They want the bodies of their loved ones.//

愛する家族の遺体を取り返したいのです

But most of all,/ what they want/ is they want you,/ they want everyone/ to know that/ their loved ones did nothing wrong.//

しかし 家族が何より知ってほしいことは 犠牲者には何の非もなかったことです

Now,/ my case was that/ my father received death threats/ in 1980.//

さて 私の場合ですが 父が1980年に殺害の脅迫を受けました

And we left.//

それで家族は亡命したのです

We left Guatemala/ and we came here.//

グアテマラを離れて ここへ来ました

So I grew up/ in New York,/ I grew up/ in Brooklyn/ as a matter of fact,/ and I went to New Utrecht High School/ and I graduated from Brooklyn College.//

私はニューヨークの ブルックリンで育ち ニュー・ユトレヒト高校へ通い ブルックリンカレッジを卒業しました

The only thing was/ that I really didn't know/ what was happening in Guatemala.//

私はグアテマラで 何が起きているのか 本当に知りませんでした

I didn't care for it;/ it was too painful.//

考えないようにしていたのです あまりにも辛すぎました

But it wasn't till 1995/ that I decided to do/ something/ about it.//

でも 1995年に行動することを 決意したのです

So I went back.//

私は戻りました

I went back/ to Guatemala,/ to look for the bodies,/ to understand/ what happened/ and to look for part of myself/ as well.//

グアテマラに戻って遺体を探すことで そこで起きたことを理解し 自身の一部を見つけようと思ったのです

The way/ we work/ is/ that we give people/ information.//

私たちはまず 人々に情報を提供しました

We talk to the family members/ and we let them choose.//

それから親族と話して 自分たちで選んでもらいました

We let them/ decide to tell/ us/ the stories,/ to tell us/ what they saw,/ to tell us/ about their loved ones.//

彼らの意思に委ねたのは 私たちに話をしてくれるか 目撃したことを教えてくれるか 家族のことを話してくれるかです

And even more important,/ we let them/ choose to give/ us/ a piece of themselves.//

また さらに重要だったのは 自分の一部を提供してくれるか どうかでした

A piece,/ an essence,/ of who they are.//

自分が誰であるのかを示す一片です

And that DNA is/ what we're going to compare/ to the DNA/ that comes from the skeletons.//

そうやって得たDNAを 遺骨のDNAと比較するのです

While we're doing/ that,/ though,/ we're looking/ for the bodies.//

それと並行して 遺体を探し続けました

And these are skeletons/ by now,/ most of these crimes happened 32 years ago.//

この犯罪は約32年前に起きており 遺体はもう骨になっています

When we find the grave,/ we take out/ the dirt and eventually clean/ the body,/ document it,/ and exhume it.//

墓場を見つけると 土を取り除いて 遺体を綺麗にし 記録して掘り起こします

We literally bring the skeleton/ out of the ground.//

文字通り 骸骨を地面から 掘り出すのです

Once we have those bodies,/ though,/ we take them back/ to the city,/ to our lab,/ and we begin a process of trying to understand mainly/ two things:/ One is/ how people died.//

その後 市内の研究所へ運び込み 主に2つの点を分析します まず その人が死亡した原因です

So here/ you see a gunshot wound/ to the back of the head or a machete wound,/ for example.//

例えば このように 後頭部を銃撃された傷や なたによる傷があります

The other thing/ we want to understand/ is/ who they are.//

もう一つは どんな人だったかです

Whether it's a baby,/ or an adult.//

それが赤ちゃんなのか 大人なのか

Whether it's a woman or a man.//

女性か男性かを確認します

But when we're done with that analysis/ what we'll do is we'll take a small fragment of the bone/ and we'll extract DNA/ from it.//

その分析が終わると 骨の一部を使って DNAを抽出します

We'll take that DNA/ and then/ we'll compare it/ with the DNA of the families,/ of course.//

そのDNAを使って 遺族のDNAと比較するわけです

The best way to explain this/ to you is by showing you/ two cases.//

2つの実例で 説明したいと思います

The first is the case of the military diary.//

まずは軍事記録の例です

Now/ this is a document/ that was smuggled out of somewhere/ in 1999.//

これは1999年に密かに 持ち出された記録です

And what you see/ there is the state/ following/ individuals,/ people/ that,/ like you,/ wanted to change/ their country,/ and they jotted everything down.//

この記録から分かることは 自分の国の変革を望んだ 皆さんと同じ普通の人々を 政府が追跡し その行動をひとつひとつ 記録していたことです

And one of the things/ that they wrote down/ is/ when they executed them.//

記録の1つは 処刑された時期でした

Inside/ that yellow rectangle,/ you see a code,/ it's a secret code:/ 300.//

この黄色い枠の中に コードがあります 「300」という秘密の暗号です

And then/ you see a date.//

そして日付が記されています

The 300 means "executed"/ and the date means/ when they were executed.//

300 は「処刑」を 日付は執行の日を表します

Now/ that's going to come/ into play/ in a second.//

後で重要になりますので 頭に入れておいてください

What we did/ is we conducted an exhumation/ in 2003,/ where we exhumed 220 bodies/ from 53 graves/ in a military base.//

2003年に軍事基地の発掘を行った際 53か所の墓で220人の遺体を発見しました

Grave 9,/ though,/ matched the family of Sergio Saul Linares.//

9番の墓にあった骨のDNAは セルジオ・サウル・リナレスの家族と一致しました

Now Sergio was a professor/ at the university.//

セルジオは大学の教授でした

He graduted from Iowa State University/ and went back/ to Guatemala/ to change his country.//

アイオワ州立大学を卒業し 国を変えるためにグアテマラに 戻っていたのです

And he was captured on February 23,1984.//

彼が捕えられたのは1984年2月23日です

And/ if you can see there,/ he was executed on March 29,1984,/ which was incredible.//

そして 記録には1984年3月29日に 処刑されたとあります これでつながりました

We had the body,/ we had the family's information and their DNA,/ and now/ we have documents/ that told us/ exactly what happened.//

遺体が見つかり 家族の情報とDNAもあり 何が起こったのか その記録もあります

But most important is about two weeks later,/ we go another hit,/ another match/ from the same grave/ to Amancio Villatoro.//

更に重要なのはその2週間後に 同じ墓のもう一人のDNAが 一致したことです 今度はアマンシオ・ヴィヤトロでした

The DNA of that body also matched the DNA of that family.//

彼のDNAも家族のものと一致したのです

And then/ we noticed/ that he was also in the diary.//

そして軍事記録にも 彼の名があることが判明しました

But it was amazing/ to see/ that he was also executed on March 29,1984.//

なんと 彼が処刑されたのも 1984年3月29日でした

So/ that led us/ to think,/ hmm,/ how many bodies were in the grave?//

そこで私たちは考えました その墓には何人埋まっていたのか?

Six.//

6人です

So then/ we said,/ how many people were executed on March 29,1984?//

では 1984年3月29日に 処刑された人数は?

That's right,/six/ as well.//

そう やはり6人でした

So/ we have Juan de Dios,/ Hugo,/ Moises and Zoilo.//

ファン・デ・ディオスとウーゴ モイセスとソイロ

All of them executed on the same date,/ all captured at different locations/ and/ at different moments.//

全員 同じ日に処刑され 全員 場所も月日も ばらばらに捕えられ

All put/ in that grave.//

全員 そこに埋められました

The only thing/ we needed/ now was the DNA of those four families/ So we went/ and we looked for them/ and we found them.//

次に必要になったのは 4人の遺族のDNAでした 私たちは遺族を探し 見つけることができました

And we identified those six bodies/ and gave them back/ to the families.//

これで6人の身元が判明し 家族の元へ帰すことができたのです

The other case/ I want to tell/ you/ about is that of a military base called CREOMPAZ.//

もう一つ皆さんに紹介したいのが CREOMPAZという軍事基地です

It actually means,/ "to believe in peace,/"/ but the acronym really means Regional Command Center/ for Peacekeeping Operations.//

これはスペイン語で 「平和を信じる」という意味ですが 平和維持活動 地域訓練本部の略称です

And this is/ where the Guatemalan military trains peacekeepers/ from other countries,/ the ones/ that serve with the U.N./ and go to countries/ like Haiti and the Congo.//

ここでグアテマラ軍が 他国の平和維持部隊を訓練します この部隊は国連に所属し ハイチやコンゴといった国に向かいます

Well,/ we have testimony/ that said/ that within this military base,/ there were bodies,/ there were graves.//

証言によると この軍事基地には 複数の遺体や墓地があったというのです

So we went in there/ with a search warrant/ and about two hours/ after we went in,/ we found the first of 84 graves,/ a total of 533 bodies.//

そこで私たちは捜索令状を持って行き 約2時間後に 84か所に上る墓地の1つを見つけ 最終的に533人もの遺体を見つけました

Now,/ if you think about that,/ peacekeepers/ being trained on top of bodies.//

考えてみてください 平和維持部隊は 遺体の山の上で 訓練を受けていたわけです

It's very ironic.//

何という皮肉でしょうか

But the bodies --/ face down,/ most of them,/ hands tied behind their backs,/ blindfolded,/ all types of trauma --/ these were people/ who were defenseless/ who were being executed.//

遺体は ほとんどが うつぶせで後ろ手に縛られ 目隠しをされ 様々な外傷がありました なす術もなく処刑された人々です

People/ that 533 families are looking for.//

533の家族が この人々を 捜しているのです

So/ we're going to focus/ on Grave 15.//

その内の15番目の墓に注目したいと思います

Grave 15,/ what we noticed,/ was a grave full of women and children,/63 of them.//

15番の墓には女性と子供が埋められていました 全部で63人です

And that immediately made us/ think,/ my goodness,/ where is there a case/ like this?//

真っ先に私たちは どこでこのような事件が 起こったのだろうと考えました

When I got to Guatemala/ in 1995,/ I heard of a case of a massacre/ that happened on May 14,1982,/ where the army came in,/ killed the men,/ and took the women and children/ in helicopters/ to an unknown location.//

1995年に私がグアテマラへ戻ったとき 1982年5月14日に起こった 虐殺事件の話を聞きました 軍隊がやって来て 男性を殺害した後 女性や子供をヘリコプターで どこかへ連れ去ったというのです

Well,/ guess/ what?//

分かりましたね

The clothing/ from this grave matched the clothing/ from the region/ where these people were taken from,/ where these women and children were taken from.//

この墓の中の人々の服装は 連れ去れた女性や子供が住んでいた 地域の服装と合致したのです

So/ we conducted some DNA analysis,/ and guess/ what?//

そこでDNA鑑定を行ったところ

We identified Martina Rojas and Manuel Chen.//

マルティナ・ロハスと マニュエル・チェンだと分りました

Both of them disappeared in that case,/ and now/ we could prove it.//

2人ともこの事件で行方不明でしたが これで証拠がそろいました

We have physical evidence/ that proves/ that this happened/ and/ that those people were taken to this base.//

この事件が実際に起こり この軍事基地へ連れてこられたという 物的証拠を得ることができたのです

Now,/ Manuel Chen was three years old.//

マニュエル・チェンはたったの3歳でした

His mother went to the river/ to wash clothes,/ and she left him/ with a neighbor.//

この子の母親は隣人に息子を預けて 川へ洗濯に行っていたのです

That's/ when the army came/ and that's/ when he was taken away/ in a helicopter/ and never seen again/ until we found him/ in Grave 15.//

その時に軍隊がやってきて ヘリで連れ去られたので 15番の墓の中で見つけるまで 行方不明になっていました

So now/ with science,/ with archaeology,/ with anthropology,/ with genetics,/ what we're doing/ is,/ we're giving/ a voice/ to the voiceless.//

科学と考古学 人類学と遺伝子学を利用することで 声なき人々が語ることができます

But we're doing/ more/ than that.//

しかし それだけではなく

We're actually providing/ evidence/ for trials,/ like the genocide trial/ that happened last year/ in Guatemala/ where General Rios Montt was found guilty of genocide/ and sentenced to 80 years.//

裁判で利用できる証拠も提供しています 例えば 去年グアテマラで行われた 大虐殺の裁判で リオス・モント将軍は集団虐殺罪で 懲役80年の判決を言い渡されました

So I came here/ to tell you/ today/ that this is happening everywhere --/ it's happening in Mexico right/ in front of us/ today --/ and we can't let/ it go on anymore.//

今日 皆さんに伝えたいのは 同じことが至る所で起きていることです メキシコでも目の前で 同じことが起きています 見て見ぬふりはできません

We have to now come together/ and decide/ that we're not going to have/ any more missing.//

私たちは これ以上 行方不明者を出さないと 皆で決意しなければなりません

So no more missing, guys.//

行方不明者を

Okay?// No/ more missing.//

二度と出してはなりません

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Guatemala

グアテマラ(中米の共和国;その首都)

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

cold war

冷戦

leftist

左派(革新派)の人,左翼政党員

左派の,左翼の,革新派の

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

elderly

かなり年配の,初老の

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

missing

粉失した,行方不明の

欠けている,ない(lacking)

《the ~;名詞的に》行方不明者

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

descendant

(…の)『子孫』《+『of』+『名』》

下りの,下降する

祖先伝来の,世襲の

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

inhabitant

『住人』,居住者,生息するもの

Central America

中央アメリカ(北米大陸の南端でメキシコと南米の間の地域)

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

descent

〈U〉〈C〉『降下』

〈C〉『下り坂』,下り傾斜

〈U〉『家系』,血統,家柄

〈C〉急襲,不意の訪問

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

Brooklyn

ブルックリン(New York市の1区で,Long Islandの西部にある)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

essence

〈U〉(…の)『本質』,真髄《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(植物・薬物などから抽出された)精,エキス《+『of』+『名』》

〈U〉香水(perfume)

〈U〉本質,実在;〈C〉(特に)霊的実在

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

skeleton

(人間・動物の)『骨格』,がい骨

(建物・船などの)『骨組み』

(文芸作品などの)骨子,粗筋,概要

必要最小限のもの

《話》(骨と皮ばかりに)やせこけた人(動物)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

grave

『墓穴』;(一般に)埋葬所,墓

《しばしばthe grave》死(death);滅亡

dirt

『不潔な物』,汚物;泥,ほこり,ごみ

土(soil)

無価値なもの

わい談,春画,わいせつ本(pornography)

《話》卑わいな言葉;(特に)卑わいな悪口

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

exhume

(調べるために)〈埋葬されているもの,特に死体〉‘を'発掘する

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

lab

実験室(laboratory)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

gunshot

〈C〉射撃,砲撃

〈U〉着弾距離,射程

wound

windの過去・過去分詞

machete

なた(中南米で砂糖キビを切ったり,また武器として用いる)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

fragment

(…の)『破片』,断片《+『of』+『名』》

(特に詩文などの)未完の部分,断章《+『of』+『名』》

ばらばらになる,砕ける

…‘を'ばらばらに壊す

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

diary

『日記』,日記帳,日誌

smuggle

(…へ,…から)…‘を'密輸する,こっそり運ぶ《+『名』+『into(out of)』+『名』》

密輸する,こっそり運ぶ

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

jot

ごくわずか,微量;ごくわずか(の…)《+『of』+『名』》

…‘を'ちょっと書き留める,手早くメモする《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

execute

〈計画・任務など〉‘を'『実行する』,遂行する

(…の罪で,…犯として)…‘の'『死刑を執行する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)

+『名』+『as』+『名』》

〈芸術品〉‘を'制作する;〈曲〉‘を'演奏する

〈法律・契約など〉‘を'執行する;〈証書など〉‘を'署名することによって完成する

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

rectangle

矩形(くけい),長方形

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

Saul

サウル(旧約聖書でイスラエル初代の王;新約聖書で使従パウロのもとの名)

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Iowa

アイオワ州(米国中西部の州;州都はDes Moines;{略}『IA』,『Ia』.)

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

February

『2月』(《略》『Feb.』)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

Hugo

ユーゴー(Victor Hugo;180285;フランスノ詩人・小説家・劇作家)

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

acronym

かしら文字語(数語の最初の1字を組み合わせた語;通例は普通の名詞のように発音される;『NATO』=North Atlantic Treaty Organization)

regional

地方の,地域の;地方に特有の,局地的な

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

peacekeeping

平和維持;(国連軍などの)平和維持活動

平和維持のための

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

Haiti

ハイチ(西インド諸島中にある共和国)

Congo

コンゴ川(中部あふりか流れ大西洋に注ぐ世界第2の大河)

コンゴ(アフリカ中部にある二つの共和国);コンゴ共和国(1960年フランスから独立;首都Brazzaville);コンゴ民主共和国(1960年ベルギーから独立,Zaire共和国の旧称,首都Kinshasa)

testimony

〈C〉〈U〉(法廷の証人台での)『証言』

〈U〉(…の)証拠,しるし《+of+名》

(信仰などの)公然とした表明

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

search warrant

捜索令状

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

blindfold

(特に布切れで)…‘に'目隠しをする

目隠しされた(されて)

目隠し[の布切れ]

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

trauma

外傷

精神的外傷(心に永久的な傷を残すような衝撃)

defenseless

防備のない,防御できない

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

massacre

大虐殺,皆殺し

…‘を'虐殺する,皆殺しにする

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

helicopter

『ヘリコプター』

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

clothing

『衣類』,衣料品

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

anthropology

人類学

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

voiceless

声のない,口がきけない,無言の

(子音が)無声音の

意見を言えない(言わない)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

genocide

(人種・民族などを絶滅させる目的の)大虐殺,集団虐殺

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

Mexico

メキシコ合衆国

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

okay

=OK,O.K.

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画