TED日本語 - ウィル・マーシャル: リアルタイムで地球の変化を撮影する極小衛星群

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

衛星画像は、ほぼすべての街角の詳細な画像をネットで容易に利用可能にし、私たちの地球についての知識に革命をもたらしました。そして、Planet Labsのウィル・マーシャルは、小型化すれば、更に優れた画像を、より速く手に入れられると言います。10x10x30センチメートル程の小さな衛星なら一群で打ち上げられるので、地球全体の高解像度な衛星画像を毎日更新できるのです。

Script

地球の説明に前置きなど必要ありません その理由の一つは アポロ17号が 1972年に月の周りをまわっているとき 宇宙飛行士たちが撮った この象徴的な画像があるからです それは人類の全ての世代に 私たちが脆く限りある 宇宙船地球号に乗っていて 私たちはそれを守って いかなければならないと 気づかせました しかしこれは 美しく静的な画像ですが 実際の地球は常に変化しています 人間の活動の時間的スケールである 一日の単位で変化しています そして今日私達が目にする 衛星画像は最新のものではありません たいていは1年ほど昔のものです これは重要な点です 観察できないものは 直すことはできません 理想的なのは地球全体の映像が 毎日手に入ることです それを実現するのに 何が障害なのでしょう?

何が問題なのでしょう? これです 衛星は巨大で 高額で (開発に)時間が掛かるということです これは重さは3トン 高さ6メートル 幅4メートルです 打ち上げには ロケットのフェアリング全体を要しました 衛星1つにつき 1つのロケットです 約1千億円もの費用がかかりました こうした衛星たちは 私たちが地球を理解する上で 素晴らしい仕事をして来ました ですが私たちが地球を もっと定期的に観察するのであれば もっと多くの人工衛星が必要です そして 今のモデルでは 生産規模の拡大は不可能です

そこで私は友人とPlanet Labsを立ち上げ とてもコンパクトながら優秀な 超小型衛星を作ることにしました 私たちの衛星がどんなものか お見せしましょう これが私たちの衛星です

これは小型模型ではありません これが実際のサイズです 寸法10x10x30センチで 4キロの重さです これに最新で最先端の エレクトロニクスと センサーシステムを 詰め込みました これはとても小さいのですが 大きな衛星に比べ 10倍の解像度の画像を撮ることができます 重さはその千分の一 であるにも関わらずです 私たちはこの衛星を「ダヴ(鳩)」と呼び ― ありがとうございます (拍手) 私たちはこの衛星を「ダヴ」と呼びます なぜなら衛星には 通常 鳥にちなんだ名前が付けられるからです 普通は猛禽類にちなんだ名前 イーグル、ホーク、スゥープ、キル ― これは意味不明ですが ― ケストレルなどと名付けられます しかし これには 人道的な使命があるので 「ダブ(鳩)」と名づけました 私たちはこれらの衛星を 作っただけでなく 打ち上げました それも1つでなく 多くをです

全ては私たちのガレージから 始まりました 私たちは最初の衛星の試作機を ガレージで作りました 私たちのようなシリコンバレーの 会社にとっては極めて普通の事ですが 宇宙開発会社としては 初めてだと信じています 私たちがシリコンバレーから 学んだテクニックはこれだけではなく 私たちは衛星のプロトタイプを素早く作成し ― ソフトウェアを「早期に 頻繁に リリース」しています 私たちのリスク対策は独特です 外部にそれらを持ち出し テストします ただ テストする目的のために 衛星を宇宙空間へ打ち上げます そして私たちは衛星を大量に 製造する方法を学びました 現代的な生産技術を使用し 大量生産を可能にしました ― 多分これも初の事でしょう 私たちはこれを 「機敏な航空宇宙産業」と称しています こうやって多くの機能を 小さな箱に詰め込むことができました

長年 私たちの チームを結束させてきたのは 衛星情報へのアクセスの民主化 というアイデアです 創設者達 ― クリス、ロビーと私は 15年以上前に国連で出会いました 彼らはまさにこの問いに関する 会議を主催していたのです 「人類のために衛星を使う方法は?」 「発展途上国の人々や 気候変動の観測に 衛星を役立てる方法は?」 これらが私たちを一つにしたのです 私たちのチームは人道的な衛星の活用に 熱心に取り組んでいます 私たちは宇宙オタク その通りです でも私たちは宇宙だけを 見ているのではありません 地球上のことにも関心を抱いています

これからわずか4週間前に 私たちの2つの衛星が 国際宇宙ステーションから 発射された映像をお見せしましょう これはアニメーションではなく これは宇宙飛行士が 窓を通して撮影したビデオです 我々の2つの衛星の大きさが分かるでしょう それは史上最大の衛星から 史上最小の衛星が 発射されるといった感じです そして最後に太陽光で 太陽電池パネルがきらめきます 本当にクールです 見ていて下さい ― ブーム!イェイ! 決定的な瞬間です (笑)

我々はこの2つだけだけでは無く― 28機を打ち上げました 人類史上最大の 地球イメージング衛星の一群です これらは変化し続ける地球に関する 根本的に新しい種類の データを提供するのです これはほんの始まりです 我々はこれらの衛星100機以上を 来年中に打ち上げる予定です それは人間の歴史の中で最大の 衛星群となるでしょう そして衛星たちは 太陽と一定の角度の軌道面を周回し その下では地球が回転しています すべてのカメラは下に地球を向き 地球の回転に伴い ゆっくりとスキャンしていきます 地球は24時間ごとに回転し 24時間ごとに地球上の 全てのポイントをスキャンします 地球のラインスキャナーのようです 地球上のどこかを適当に 毎日撮るというわけではなく 地球上のあらゆる場所を 毎日撮影するのです これらは数週間前に打ち上げたばかりですが 我々はすでに人工衛星から 初期画像を手に入れました 今初めて公開します これは私たちの衛星が とらえた最初の写真です 電源を入れた時 偶然にも カリフォルニア州立大学 デービス校の キャンパス上空にいました もっと凄いことに これを同地点の何ヶ月も前の 他の最新衛星画像と比較すると 左の画像が我々の衛星写真で 建物が建設されているのが見えます つまり私たちは 全世界の全ての都市で 成長が起こる様子を 毎日追跡することができます

水の状態も同様です

ありがとうございます (拍手)

毎日 世界中の水資源の様子を 確認出来るようになることで 水資源の保全に役立ちます 水資源の保全 そして食糧の保全についても 毎日 世界中のあらゆる農場で 作物が育つ様子を追うことで 収穫量の改善に役立てることもできます これは ほんの数時間前に アルゼンチンの上空にいた 衛星が撮影した美しい画像です 要するに ― このデータには 何百、何千という応用法があり その一部をご紹介しましたが 他にも 森林伐採や溶けゆく氷冠 それら全て 地球上の木一本 一本の姿を 日々追跡することができます 今日と昨日の画像を比べると 洪水、森林火災や地震といった 世界のニュースの多くを 確認することができるでしょう そこで私たちは このようなデータを 最大限に活用する方法として 誰もがデータにアクセスできるように するという決断をしました 皆さんに見て頂きたいのです ありがとうございます (拍手) 私たちはNGO、企業や科学者 そしてジャーナリストたちが 地球に関する疑問への答えを見つける 手助けをしたいのです 開発者たちが このデータで自分のアプリを 走らせて欲しいと願っています つまり 私たちの地球に関する 情報へのアクセスを民主化したいのです

そして最初の問いに戻ります これは全く新しい 地球規模のデータとなります そして私たちは 皆が協力すれば この宇宙船地球号を大切にする事が できると信じています そして皆さんにはこのことを 考えて頂きたいのです もし地球全体の画像が 毎日 手に入るとしたら そのデータで何をしますか? どんな問題を解決したいですか? どんな探査をしたいと思いますか? 私たちと共にそれを探りましょう

ありがとうございました

(拍手)

The Earth needs no introduction. It needs no introduction in part because the Apollo 17 astronauts, when they were hurtling around the moon in 1972, took this iconic image. It galvanized a whole generation of human beings to realize that we're on Spaceship Earth, fragile and finite as it is, and that we need to take care of it. But while this picture is beautiful, it's static, and the Earth is constantly changing. It's changing on days' time scales with human activity. And the satellite imagery we have of it today is old. Typically, years old. And that's important because you can't fix what you can't see. What we'd ideally want is images of the whole planet every day. So, what's standing in our way?

What's the problem? This is the problem: Satellites are big, expensive and they're slow. This one weighs three tons. It's six meters tall,four meters wide. It took up the entire fairing of a rocket just to launch it. One satellite,one rocket. It cost 855 million dollars. Satellites like these have done an amazing job at helping us to understand our planet. But if we want to understand it much more regularly, we need lots of satellites, and this model isn't scalable.

So me and my friends, we started Planet Labs to make satellites ultra-compact and small and highly capable. I'm going to show you what our satellite looks like: This is our satellite.

This is not a scale model, this is the real size. It's 10 by 10 by 30 centimeters, it weighs four kilograms, and we've stuffed the latest and greatest electronics and sensor systems into this little package so that even though this is really small, this can take pictures 10 times the resolution of the big satellite here, even though it weighs one thousandth of the mass. And we call this satellite "Dove" -- Thank you. (Applause) We call this satellite "Dove," and we call it "Dove" because satellites are typically named after birds, but normally birds of prey: like Eagle, Hawk, Swoop, Kill, I don't know, Kestrel, these sort of things. But ours have a humanitarian mission, so we wanted to call them Doves. And we haven't just built them, though. We've launched them. And not just one, but many.

It all started in our garage. Yes, we built our first satellite prototype in our garage. Now, this is pretty normal for a Silicon Valley company that we are, but we believe it's the first time for a space company. And that's not the only trick we learned from Silicon Valley. We rapidly prototype our satellites. We use "release early, release often" on our software. And we take a different risk approach. We take them outside and test them. We even put satellites in space just to test the satellites, and we've learned to manufacture our satellites at scale. We've used modern production techniques so we can build large numbers of them, I think for the first time. We call it agile aerospace, and that's what's enabled us to put so much capability into this little box.

Now, what has bonded our team over the years is the idea of democratizing access to satellite information. In fact, the founders of our company, Chris, Robbie and I, we met over 15 years ago at the United Nations when they were hosting a conference about exactly that question: How do you use satellites to help humanity? How do you use satellites to help people in developing countries or with climate change? And this is what has bonded us. Our entire team is passionate about using satellites to help humanity. You could say we're space geeks, but not only do we care about what's up there, we care about what's down here, too.

I'm going to show you a video from just four weeks ago of two of our satellites being launched from the International Space Station. This is not an animation, this is a video taken by the astronaut looking out of the window. It gives you a bit of a sense of scale of our two satellites. It's like some of the smallest satellites ever are being launched from the biggest satellite ever. And right at the end, the solar array glints in the sun. It's really cool. Wait for it. Boom! Yeah. It's the money shot. (Laughter)

So we didn't just launch two of them like this, we launched 28 of them. It's the largest constellation of Earth-imaging satellites in human history, and it's going to provide a completely radical new data set about our changing planet. But that's just the beginning. You see, we're going to launch more than 100 of these satellites like these over the course of the next year. It's going to be the largest constellation of satellites in human history. And this is what it's going to do: Acting in a single-orbit plane that stays fixed with respect to the sun, the Earth rotates underneath. They're all cameras pointed down, and they slowly scan across as the Earth rotates underneath. The Earth rotates every 24 hours, so we scan every point on the planet every 24 hours. It's a line scanner for the planet. We don't take a picture of anywhere on the planet every day, we take a picture of every single place on the planet every day. Even though we launched these just a couple of weeks ago, we've already got some initial imagery from the satellites and I'm going to show it publicly for the first time right now. This is the very first picture taken by our satellite. It happened to be over UC-Davis' campus in California when we turned the camera on. But what's even cooler is when we compare it to the previous latest image of that area, which was taken many months ago. And the image on the left is from our satellite, and we see buildings are being built. The general point is that we will be able to track urban growth as it happens around the whole world in all cities, every day.

Water as well.

Thank you. (Applause)

We'll be able to see the extent of all water bodies around the whole world every day and help water security. From water security to food security. We'll see crops as they grow in all the fields in every farmer's field around the planet every day. and help them to improve crop yield. This is a beautiful image that was taken just a few hours ago when the satellite was flying over Argentina. The general point is there are probably hundreds and thousands of applications of this data, I've mentioned a few, but there's others: deforestation, the ice caps melting. We can track all of these things, every tree on the planet every day. If you took the difference between today's image and yesterday's image, you'd see much of the world news -- you'd see floods and fires and earthquakes. And we have decided, therefore, that the best thing that we could do with our data is to ensure universal access to it. We want to ensure everyone can see it. Thank you. (Applause) We want to empower NGOs and companies and scientists and journalists to be able to answer the questions that they have about the planet. We want to enable the developer community to run their apps on our data. In short, we want to democratize access to information about our planet.

Which brings me back to this. You see, this will be an entirely new global data set. And we believe that together, we can help to take care of our Spaceship Earth. And what I would like to leave you with is the following question: If you had access to imagery of the whole planet every single day, what would you do with that data? What problems would you solve? What exploration would you do? Well, I invite you to come and explore with us.

Thank you very much.

(Applause)

The Earth needs no introduction.//

地球の説明に前置きなど必要ありません

It needs no introduction/ in part/ because the Apollo 17 astronauts,/ when they were hurtling around the moon/ in 1972,/ took this iconic image.//

その理由の一つは アポロ17号が 1972年に月の周りをまわっているとき 宇宙飛行士たちが撮った この象徴的な画像があるからです

It galvanized a whole generation of human beings/ to realize/ that we're on Spaceship Earth,/ fragile and finite/ as it is,/ and/ that we need to take/ care of it.//

それは人類の全ての世代に 私たちが脆く限りある 宇宙船地球号に乗っていて 私たちはそれを守って いかなければならないと 気づかせました

But/ while this picture is beautiful,/ it's static,/ and the Earth is constantly changing.//

しかしこれは 美しく静的な画像ですが 実際の地球は常に変化しています

It's changing on days/' time scales/ with human activity.//

人間の活動の時間的スケールである 一日の単位で変化しています

And the satellite imagery/ we have of it/ today is old.//

そして今日私達が目にする 衛星画像は最新のものではありません

Typically,/ years old.//

たいていは1年ほど昔のものです

And that's important/ because you can't fix/ what you can't see.//

これは重要な点です 観察できないものは 直すことはできません

What we'd ideally want/ is images of the whole planet/ every day.//

理想的なのは地球全体の映像が 毎日手に入ることです

So,/ what's standing in our way?//

それを実現するのに 何が障害なのでしょう?

What's the problem?//

何が問題なのでしょう?

This is the problem:/ Satellites are big,/ expensive/ and they're slow.//

これです 衛星は巨大で 高額で (開発に)時間が掛かるということです

This one weighs three tons.//

これは重さは3トン

It's six meters tall,/four meters wide.//

高さ6メートル 幅4メートルです

It took up/ the entire fairing of a rocket just/ to launch it.//

打ち上げには ロケットのフェアリング全体を要しました

One satellite,/one rocket.//

衛星1つにつき 1つのロケットです

約1千億円もの費用がかかりました

Satellites/ like these have done an amazing job/ at helping us/ to understand our planet.//

こうした衛星たちは 私たちが地球を理解する上で 素晴らしい仕事をして来ました

But/ if we want to understand/ it much more regularly,/ we need lots of satellites,/ and this model isn't scalable.//

ですが私たちが地球を もっと定期的に観察するのであれば もっと多くの人工衛星が必要です そして 今のモデルでは 生産規模の拡大は不可能です

So me and my friends,/ we started Planet Labs/ to make satellites ultra-compact and small and highly capable.//

そこで私は友人とPlanet Labsを立ち上げ とてもコンパクトながら優秀な 超小型衛星を作ることにしました

I'm going to show/ you/ what our satellite looks like:/ This is our satellite.//

私たちの衛星がどんなものか お見せしましょう これが私たちの衛星です

This is not a scale model,/ this is the real size.//

これは小型模型ではありません これが実際のサイズです

It's 10/ by 10/ by 30 centimeters,/ it weighs four kilograms,/ and we've stuffed the latest and greatest electronics and sensor systems/ into this little package/ so that/ even though this is really small,/ this can take pictures/ 10 times the resolution of the big satellite here,/ even though it weighs one thousandth of the mass.//

寸法10x10x30センチで 4キロの重さです これに最新で最先端の エレクトロニクスと センサーシステムを 詰め込みました これはとても小さいのですが 大きな衛星に比べ 10倍の解像度の画像を撮ることができます 重さはその千分の一 であるにも関わらずです

And we call this satellite "Dove" --/ Thank you.//

私たちはこの衛星を「ダヴ(鳩)」と呼び ― ありがとうございます

(拍手)

We call this satellite "Dove,/"/ and we call it "Dove"/ because satellites are typically named after birds,/ but normally/ birds of prey:/ like Eagle,/ Hawk,/ Swoop,/ Kill,/ I don't know,/ Kestrel,/ these sort of things.//

私たちはこの衛星を「ダヴ」と呼びます なぜなら衛星には 通常 鳥にちなんだ名前が付けられるからです 普通は猛禽類にちなんだ名前 イーグル、ホーク、スゥープ、キル ― これは意味不明ですが ― ケストレルなどと名付けられます

But ours have a humanitarian mission,/ so we wanted to call/ them/ Doves.//

しかし これには 人道的な使命があるので 「ダブ(鳩)」と名づけました

And we haven't just built them,/ though.//

私たちはこれらの衛星を 作っただけでなく

We've launched them.//

打ち上げました

And not just one,/ but many.//

それも1つでなく 多くをです

It/ all started in our garage.//

全ては私たちのガレージから 始まりました

Yes, we built our first satellite prototype/ in our garage.//

私たちは最初の衛星の試作機を ガレージで作りました

Now,/ this is pretty normal/ for a Silicon Valley company/ that we are,/ but we believe/ it's the first time/ for a space company.//

私たちのようなシリコンバレーの 会社にとっては極めて普通の事ですが 宇宙開発会社としては 初めてだと信じています

And that's not the only trick/ we learned from Silicon Valley.//

私たちがシリコンバレーから 学んだテクニックはこれだけではなく

私たちは衛星のプロトタイプを素早く作成し ―

We use "release early,/ release often"/ on our software.//

ソフトウェアを「早期に 頻繁に リリース」しています

And we take a different risk approach.//

私たちのリスク対策は独特です

We take them/ outside and test them.//

外部にそれらを持ち出し テストします

We even put satellites/ in space just/ to test the satellites,/ and we've learned to manufacture/ our satellites/ at scale.//

ただ テストする目的のために 衛星を宇宙空間へ打ち上げます そして私たちは衛星を大量に 製造する方法を学びました

We've used modern production techniques/ so we can build large numbers of them,/ I think for the first time.//

現代的な生産技術を使用し 大量生産を可能にしました ― 多分これも初の事でしょう

We call it/ agile aerospace,/ and that's/ what's enabled us/ to put so much capability/ into this little box.//

私たちはこれを 「機敏な航空宇宙産業」と称しています こうやって多くの機能を 小さな箱に詰め込むことができました

Now,/ what has bonded our team/ over the years is the idea of democratizing access/ to satellite information.//

長年 私たちの チームを結束させてきたのは 衛星情報へのアクセスの民主化 というアイデアです

In fact,/ the founders of our company,/ Chris,/ Robbie and I,/ we met over 15 years ago/ at the United Nations/ when they were hosting a conference/ about exactly that question:/ How do you use satellites/ to help humanity?//

創設者達 ― クリス、ロビーと私は 15年以上前に国連で出会いました 彼らはまさにこの問いに関する 会議を主催していたのです 「人類のために衛星を使う方法は?」

How do you use satellites/ to help people/ in developing countries/ or/ with climate change?//

「発展途上国の人々や 気候変動の観測に 衛星を役立てる方法は?」

And this is/ what has bonded us.//

これらが私たちを一つにしたのです

Our entire team is passionate/ about using satellites/ to help humanity.//

私たちのチームは人道的な衛星の活用に 熱心に取り組んでいます

You could say/ we're space geeks,/ but not only do we care about what's up/ there,/ we care about what's down here,/ too.//

私たちは宇宙オタク その通りです でも私たちは宇宙だけを 見ているのではありません 地球上のことにも関心を抱いています

I'm going to show/ you/ a video/ from just four weeks ago of two of our satellites/ being launched from the International Space Station.//

これからわずか4週間前に 私たちの2つの衛星が 国際宇宙ステーションから 発射された映像をお見せしましょう

This is not an animation,/ this is a video taken by the astronaut/ looking out of the window.//

これはアニメーションではなく これは宇宙飛行士が 窓を通して撮影したビデオです

It gives you/ a bit of a sense of scale of our two satellites.//

我々の2つの衛星の大きさが分かるでしょう

It's like some of the smallest satellites ever are being launched from the biggest satellite ever.//

それは史上最大の衛星から 史上最小の衛星が 発射されるといった感じです

And right/ at the end,/ the solar array glints/ in the sun.//

そして最後に太陽光で 太陽電池パネルがきらめきます

It's really/ cool.// Wait/ for it.//

本当にクールです 見ていて下さい ―

Boom!// Yeah.// It's the money shot.//

ブーム!イェイ! 決定的な瞬間です

(笑)

So we didn't just launch two of them/ like this,/ we launched 28 of them.//

我々はこの2つだけだけでは無く― 28機を打ち上げました

It's the largest constellation of Earth-imaging satellites/ in human history,/ and it's going to provide/ a completely radical new data set about our changing planet.//

人類史上最大の 地球イメージング衛星の一群です これらは変化し続ける地球に関する 根本的に新しい種類の データを提供するのです

But that's just the beginning.//

これはほんの始まりです

You see,/ we're going to launch/ more than 100 of these satellites/ like these/ over the course of the next year.//

我々はこれらの衛星100機以上を 来年中に打ち上げる予定です

It's going to be the largest constellation of satellites/ in human history.//

それは人間の歴史の中で最大の 衛星群となるでしょう

And this is/ what it's going to do:/ Acting/ in a single-orbit plane/ that stays fixed with respect/ to the sun,/ the Earth rotates/ underneath.//

そして衛星たちは 太陽と一定の角度の軌道面を周回し その下では地球が回転しています

They're/ all cameras pointed down,/ and they slowly scan across as the Earth rotates underneath.//

すべてのカメラは下に地球を向き 地球の回転に伴い ゆっくりとスキャンしていきます

The Earth rotates every 24 hours,/ so we scan every point/ on the planet/ every 24 hours.//

地球は24時間ごとに回転し 24時間ごとに地球上の 全てのポイントをスキャンします

It's a line scanner/ for the planet.//

地球のラインスキャナーのようです

We don't take a picture of anywhere/ on the planet/ every day,/ we take a picture of every single place/ on the planet/ every day.//

地球上のどこかを適当に 毎日撮るというわけではなく 地球上のあらゆる場所を 毎日撮影するのです

Even though we launched these just a couple of weeks ago,/ we've already got some initial imagery/ from the satellites/ and I'm going to show/ it publicly/ for the first time right now.//

これらは数週間前に打ち上げたばかりですが 我々はすでに人工衛星から 初期画像を手に入れました 今初めて公開します

This is the very first picture taken by our satellite.//

これは私たちの衛星が とらえた最初の写真です

It happened to be over UC-Davis/' campus/ in California/ when we turned the camera on.//

電源を入れた時 偶然にも カリフォルニア州立大学 デービス校の キャンパス上空にいました

But what's even cooler is/ when we compare it/ to the previous latest image of that area,/ which was taken many months ago.//

もっと凄いことに これを同地点の何ヶ月も前の 他の最新衛星画像と比較すると

And the image/ on the left is from our satellite,/ and we see/ buildings are being built.//

左の画像が我々の衛星写真で 建物が建設されているのが見えます

The general point is/ that we will be able to track urban growth/ as it happens around the whole world/ in all cities,/ every day.//

つまり私たちは 全世界の全ての都市で 成長が起こる様子を 毎日追跡することができます

Water/ as well.//

水の状態も同様です

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

We'll be able to see the extent of all water bodies/ around the whole world/ every day and help water security.//

毎日 世界中の水資源の様子を 確認出来るようになることで 水資源の保全に役立ちます

From water security/ to food security.//

水資源の保全 そして食糧の保全についても

We'll see crops/ as they grow in all the fields/ in every farmer's field/ around the planet/ every day./ and help them/ to improve crop yield.//

毎日 世界中のあらゆる農場で 作物が育つ様子を追うことで 収穫量の改善に役立てることもできます

This is a beautiful image/ that was taken just a few hours ago/ when the satellite was flying over Argentina.//

これは ほんの数時間前に アルゼンチンの上空にいた 衛星が撮影した美しい画像です

The general point is there are probably hundreds and thousands of applications of this data,/ I've mentioned a few,/ but there's others:/ deforestation,/ the ice caps melting.//

要するに ― このデータには 何百、何千という応用法があり その一部をご紹介しましたが 他にも 森林伐採や溶けゆく氷冠

We can track all of these things,/ every tree/ on the planet/ every day.//

それら全て 地球上の木一本 一本の姿を 日々追跡することができます

If you took the difference/ between today's image and yesterday's image,/ you'd see much of the world news --/ you'd see floods and fires and earthquakes.//

今日と昨日の画像を比べると 洪水、森林火災や地震といった 世界のニュースの多くを 確認することができるでしょう

And we have decided,/ therefore,/ that the best thing/ that we could do with our data is to ensure universal access/ to it.//

そこで私たちは このようなデータを 最大限に活用する方法として 誰もがデータにアクセスできるように するという決断をしました

We want to ensure/ everyone can see it.//

皆さんに見て頂きたいのです

Thank you.// (Applause)/

ありがとうございます (拍手)

We want to empower/ NGOs and companies/ and scientists and journalists/ to be able to answer the questions/ that they have about the planet.//

私たちはNGO、企業や科学者 そしてジャーナリストたちが 地球に関する疑問への答えを見つける 手助けをしたいのです

We want to enable/ the developer community/ to run their apps/ on our data.//

開発者たちが このデータで自分のアプリを 走らせて欲しいと願っています

In short,/ we want to democratize/ access/ to information/ about our planet.//

つまり 私たちの地球に関する 情報へのアクセスを民主化したいのです

Which brings me back/ to this.//

そして最初の問いに戻ります

You see,/ this will be an entirely new global data set.//

これは全く新しい 地球規模のデータとなります

And we believe/ that together,/ we can help to take/ care of our Spaceship Earth.//

そして私たちは 皆が協力すれば この宇宙船地球号を大切にする事が できると信じています

And/ what I would like to leave/ you/ with is the following question:/ If you had access/ to imagery of the whole planet/ every single day,/ what would you do with that data?//

そして皆さんにはこのことを 考えて頂きたいのです もし地球全体の画像が 毎日 手に入るとしたら そのデータで何をしますか?

What problems would you solve?//

どんな問題を解決したいですか?

What exploration would you do?//

どんな探査をしたいと思いますか?

Well,/ I invite you/ to come/ and explore with us.//

私たちと共にそれを探りましょう

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

Apollo

アポロ(ギリシア・ローマ神話の太陽の神)

(宇宙船)アポロ

astronaut

宇宙飛行士

hurtle

(…に)激しくぶつかる《+『against』+『名』》

《副詞[句]を伴って》ものすごい勢いで進む

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

human being

人,人間

spaceship

=spacecraft

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

finite

限りある,有限の

=finite verb

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

imagery

《集合的に》像,心像

(文学における)比喩(ひゆ)的表現

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

ideally

理想的に,申し分なく

観念的に

planet

『惑星』,遊星

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

expensive

『費用のかかる』,高価な

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

weigh

…‘の'『重さを計る』

〈ある重さ〉‘を'『計量する』,計る

(…と比較して)…‘を'『検討する』,考慮する〈+名 against+名〉

『重さがある』,目方がかかる

(…にとって)『重要である』,(‥に)重要糸される〈+with+名〉

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

lab

実験室(laboratory)

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

electronic

『電子の』,エレクトロンの

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

thousandth

『1000番目の』

1000分の1の

《the ~》1000番目[のもの]

〈C〉1000分の1

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

dove

『ハト』(pigeonのうち比較的小さいもの;平和の象徴とされる)

《おもに米》(平和的な態度をとる)ハト派の人(政治家)

applause

『拍手かっさい』;称賛

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

bird of prey

猛禽(きん)(ワシ,タカ,ハヤブサなどの肉食鳥)

eagle

『ワシ』

ワシ印;ワシ印の旗

(ゴルフで)標準より二つ少ない打数

hawk

『タカ』

《話》(国際問題などで)強硬論者,タカ派の人

swoop

(獲物を目がけて)〈鳥などが〉さっと舞い降りる,急襲する《+down on(upon)+名》

…‘を'ひったくる,さっとさらう(snatch)《+up+名,+名+up》

さっと舞い降りる(襲いかかる)こと,不意の襲撃

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

kestrel

チョウゲンボウ(ハヤブサの一種の鳥)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

humanitarian

人道主義的な

人道主義者,博愛家

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

garage

(自動車の)『車庫』

自動車修理場

〈車〉‘を'車庫に入れる(入れておく)

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

rapidly

『速く』,『すみやかに』

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

agile

(動作が)機敏な,すばやい

(頭脳の働きが)明敏な,回転の速い

aerospace

気圏,航空宇宙(大気圏と大気圏外をまとめた名称)

気圏の,航空宇宙の

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

founder

創設者,設立者

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

space station

宇宙ステーション 宇宙基地

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

glint

きらり(ぴかり)と光る

きらめき,きらりとした光

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

shot

shootの過去・過去分詞

laughter

『笑い』,笑い声

constellation

〈C〉星座;星位

〈C〉《胚》(名士・美女などの)きら星のように並んだ集まり《+『of』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

completely

『完全に』,全く,十分に

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

datum

dataの単数形

既知の事実

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

acting

代理の,臨時の

演出用の

演出,演技

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

initial

『最初の』;語頭にある

(語の)最初の文字

《複数形で》(姓名の)『かしら文字』,イニシアル

…‘に'かしら文字で署名する(印をつける)

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

campus

(大学などの)『構内』,キャンパス;学園

《米》(大学の)分校

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

built

buildの過去・過去分詞

「(体が)…にできている,…造りの」の意を表す

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

urban

都市(都会)の

都市に住む

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

Argentina

アルゼンチン(南米南部の共和国;首都はBuenos Aires;正式名the Argentine Republic)

probably

『たぶん』,『おそらく』

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

deforestation

森林伐採,森林開拓

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

cap

(縁のない)『帽子』,制帽

(形・用途が)帽子に似たもの;万年筆のキャップ,時計の中ぶた,びんのふた,キノコのかさなど

(銃弾の)雷管;おもちゃのピストル玉

頂上,最高

…‘に'帽子をかぶせる

…‘の'頂をおおう

〈人が言った・した事〉‘の'上手(うわて)を行く,'を'しのぐ

…‘に'栄誉を与える

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

flood

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》『洪水』,大水;〈U〉(川の)はんらん

〈C〉《a~》(…の)『はんらん』,殺到《+『of』+『名』》

《the F-》ノアの洪水(旧約聖書「創世記」)

〈C〉『満潮』,上げ潮

…‘を'『あふれさせる』

〈人・物が〉…‘に'『殺到する』,どっと押し寄せる

〈川が〉はんらんする

(洪水のように)押し寄せてくる

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

earthquake

『地震』

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

journalist

ジャーナリスト

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

data

『資料』,事実;情報

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

関連動画