TED日本語 - ローレル・ブレイトマン: 強迫神経症で元気がないイヌやネコ ― 私達人間が動物の狂気から学ぶこと

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

よく目にする面白い動物ビデオの背景には、妙に人間に通じる問題が存在します。ローレル・ブレイトマンが研究するのは、強迫性障害のクマから自滅行動をするラット、ありそうもない友をもつサルまで、精神疾患のサインを示す非ヒト動物です。うつ、悲しみやその他人間同様の問題に向き合う動物を観察することから人間が学べることは何かをブレイトマンが問いかけます。

Script

オリバーはとても威勢が良く ハンサムで魅力的で じっとしていることがない 私が完全に心奪われた男性でした

(笑)

ビルマ・マウンテン・ドッグで 元夫と私が引き取りました 半年経つ頃には オリバーには手がかかることが 分かりました 別離不安症で 1匹にはしておけませんでした あるときはアパートの3階から飛び降りました 布やリサイクルごみなどを口にし 存在しないハエを追い 幻覚に苦しみました イヌ科の強迫性障害と診断されたものの それは氷山の一角だったのです

でも人間と同様 ときに 半年後 気付いたときには すでに愛する人が問題を抱えているのです (笑) 大抵の人は 付き合っている彼を 出会ったバーに連れ戻したり 紹介してくれた友達に返したり 出会いサイトに登録しなおしたりしません (笑) ともかく愛し ずっと付き合う それが私のイヌにしたことです 私は生物学を勉強しました MITで科学史の博士号をとりました もし10年前 飼いイヌや他のイヌに 感情があるか聞かれたら あると答えたでしょう でも 不安障害にかかったり 抗鬱剤・セラピストのお世話になることもあるとは 言わなかったと思います ですが オリバーを好きになって 分かったんです 自分のイヌがパニックや不安を克服する 手助けが出来るのだと それは私の人生を変えました 私の世界をぱっと開きました 実際 私は過去7年間 他の動物の精神疾患について調べたのです 人間同様に精神を病むこともあるのか あるとすれば私達にとって どんな意味があるのか そして分かったことは 動物も精神疾患にかかることがあり それを認識し 精神疾患を見つけることは 動物達のより良き友となるのに役立つと同時に 私達自身を理解するのに役立つということです

精神病疾患の診断について 少しお話ししましょう 他の動物が考えていることは分からない と多くの人は思っています 事実 正しいですが 親しい関係にある場合 少なくとも私の場合 一緒にいる誰かや 親や子供に どんな気持ちか聞いて 答えが返ってくるというものではありません 感情を上手く説明できない場合は どんな風に返していよいか分かりません 精神的苦痛を理解してもらうために 誰かに話さなければと感じるのは 近年になってからです 20世紀初頭より前には 医者の所見だけで 精神障害と診断することが多々ありました 他の動物の精神疾患を考えることは それほど拡大解釈することではないことも 明らかになりました アメリカにおける精神障害の多くは 恐怖や不安障害であり 考えてみれば 恐怖や不安は 実際とても役立つ動物的感情なのです 普通は危険な時に恐れや心配を感じ 一度感じると あらゆる危険なものから逃れようとします 問題なのは恐れや不安を 不必要に感じる場合です 気分障害も同様で 動物的感情の不運なマイナス面という だけかもしれないし 脅迫性障害もまた 身綺麗にするという 非常に健康な動物的行動の表れです 精神疾患に及ぶのは そのほんの一部で 例えば 脅迫的に手足を洗いすぎたり ある行動をしないと食事に着けないという 極端な行動をする場合です

人間には 『精神障害の診断と統計マニュアル』があり 現在の精神疾患の 診断基準となっていますが 他の動物には YouTubeがあります (笑) これは「強迫神経症 イヌ」で検索した結果ですが 皆さんには 「強迫神経症 ネコ」を見ていただきたいです ショックを受けますよ 2つだけ例をお見せします 影追いの一例です 可笑しくてどこか可愛いですよね 問題は イヌがこのような衝動行動を 一日中続けるようになった場合です 散歩にもいかず 仲間とも遊ばず 食欲もなくなるのです 強迫的に自分の尻尾を追いかけるという 病的な執着を示します

ギズモという名のネコの症例です 張り込んでいるように見えますが 一日何時間もこうしているのです 窓際に座り前足でブラインドを かき続けます 常同行為の例を もう一つお見せしましょう オークランド動物園にいるマレーグマの ティンティンです ここに居合わせたら ティンティンがただ 棒で遊んでいるだけだと思うかもしれません でもティンティンは一日中こうしているのです よく見ると そしてこの30分の動画の全てを観れば 全く同じことを 同じ順序で 毎回同じように 棒を回しているのが分かります 他にも非常によく見られる行動 特に捕われた動物に見られる行動は 行ったり来たりしたり 前後左右に体を揺さぶる常同症です 実は人間もこういった行動をします 人間は 揺れたり 左右に動きます 多くの人はときに 自分を落ち着かせるためにそうします 動物もそうだと思います

でも他の動物がするのは 常同行動だけではありません こちらはジジです ボストンの フランクリンパーク動物園にいるゴリラです ハーバード大学の精神科医から 他の症状と合わせて 気分障害の治療を 受けています 多くの動物が気分障害を発症します 多くの生物は 馬も その一例ですが 自滅行為をします 物を噛むとか 気持ちが落ち着くことをします 人間の自傷行為に 類似する行為です 人間の自傷行為に 類似する行為です

毛をむしる行為もあります 毛・羽根・皮膚があると 強迫的に自分の毛をむしることがあります オウムが研究されていますが これは現在2千万人以上のアメリカ人が苦しむ 抜毛狂について理解を深めるためです 実験用ラットも毛をむしることがあり バーバリング(毛刈り)といいます イラクやアフガニスタンで 戦争に用いられたイヌは のちにイヌPTSD(心的外傷後ストレス障害)となり 軍隊配備から戻ったとき 元の生活に戻ることが 非常に困難になります 髭のある人におびえたり 車に乗るのを怖がったりします

ここで注意したいこと 明確にしておきたいことは イヌ科のPTSDは ヒトのPTSDとは違うということです ただ私のPTSDと あなたのPTSDも違います 私の不安や悲しみは あなたのものとは違います 私達は皆違います それぞれが非常に異なる感受性を持っています なので同じ家で育った2匹のイヌが まったく同じ環境にいても 例えば 1匹がバイクを非常に怖がったり レンジの音に対して恐怖症であっても もう1匹は全く平気だということがあるでしょう

私が人によく聞かれることは これは人間が動物を狂わせている 一例なのかとか 虐待やいじめが 動物の精神疾患の一因なのかということです 結果的に実は もっと複雑であることが分かりました

私に起こっている ある素晴らしいことは 最近このテーマで本を出版したことで 毎日メールを開いたり または朗読しに行ったり カクテルパーティに行ったとき 周りの人達が出会った動物の話を 私に話してくれることです つい最近 カリフォルニアで 朗読した時のことです 講演の後1人の女性が手を挙げて言うには 「ブレイトマン先生 私のネコはPTSDだと思います」

そこで詳しくお話を伺いました

ピンという名前で 保護されたネコでした かつて年配の男性と暮らしていて ある日その男性は掃除機をかけている最中 心臓発作で苦しみ亡くなってしまいました 1週間後 アパートで発見されたピンは 飼い主の遺体のそばに寄り添っていて 掃除機は動いたままでした その出来事から2年たっても ピンは誰かが掃除している時には 怯えて家に入れませんでした 文字通り臆病ネコでした クローゼットに隠れ 自信なく震えていましたが 家族の愛情に満ちた支えと 時間の経過や辛抱で 3年後の今は 幸せで自信に満ちたネコになりました

別のトラウマと回復についての話といえば 数年前のことです 私は研究のためタイにいて ブーンルアという名前のサルに会いました ブーンルアが赤ちゃんのとき イヌの群れに襲われ 両足と片腕を引き裂かれ 身を引きずり僧院にたどりつき 僧侶に受け入れられました 僧侶が助けを求めた獣医によって 治療が施され 最終的にブーンルアは ゾウの施設に入ることになりました 飼育員がそこで世話することを決め ブーンルアの好きな食べ物は ミント味のメントスと カブトムシと卵だということが分かりました 飼育員は 社交的なブーンルアが 1匹でいるのを心配しましたが 他のサルと一緒だと 腕1本で 自分を守ることも遊ぶことさえも出来ないと判断し ウサギと一緒にすることにしました するとブーンルアはすぐに変わりました このウサギといるのがとても幸せだったのです 身繕いし合い 親友になり ウサギが子供たちを産むと ブーンルアはさらに幸せになりました ある意味 朝起きる理由を与えられたようで 実際それは 寝る間も惜しむくらいでした 子ウサギ達を極端にかばうようになり 寝るのをやめたのです そして ― ウサギ達の世話をしている間 うとうとしていました ブーンルアがあまりに執着し 愛情をかけ過ぎたので 結果的に保護区の方が 子ウサギ達を引き離したほどです あまりの執着ぶりで 親ウサギが子ウサギを傷付けるのでは と心配したのです 保護区のスタッフは 引き離した後に ブーンルアがうつになるのを心配し そうならないよう 別のウサギの友達を与えました (笑) うつ状態には見えないというのが 私の公式見解です (笑)

皆さんにこれだけはと願うことは よく知っている生き物について 皆さんには いろいろ想像する力があることを 本当に感じて欲しいということです 飼っているイヌ あるいは ― ネコかもしれないし 片腕のサルかもしれませんが 皆さんがみて 心に傷を抱えているとか元気がないとか思うなら それは多分正しいのです これは大いに擬人化することで ヒトではない動物やモノに ヒトの性格を投影できるのです それが問題だとは思いません 擬人化することができないとは思いません 動物の思考について考察するため ヒトの頭から脳を取り出し 瓶に入れて分析する というようなことではありません 他の動物の感情的な経験について 想像できる 私達は常にそういう動物なのです

二択であれば どれだけ上手に擬人化しますか? 下手に擬人化しますか? 下手に擬人化するのは あまりに一般的です (笑) コーギーに服を着せて 結婚式をするとか スピリチュアルな つながりがあると信じて エキゾチックな野生動物に 近づき過ぎることもあるでしょう 様々なことがあります でも上手く擬人化するというのは 私たち人間と他の種の 動物的類似を認めることで 他の動物の心と体験について 推測できることに 基づくと思います また上手く擬人化することによって ある意味 全体が成り立っている業界が 向精神薬の業界です

アメリカ人の5人に1人が向精神薬を服用しています 抗うつ薬・抗不安薬・抗精神病薬などです 全ての向精神薬における これまでの業績は 他の動物のおかげです 薬剤は まず人間以外の動物で試され 毒性だけでなく 行動影響も試験対象になります 広く使われている 抗精神病薬のソラジンは ラットでの作用が確認されてから 人間に用いられました 抗不安薬のリブリアムは 1950年代に 野卑であると判断されたネコに投与し 落ち着いたネコにすることができました 抗うつ薬も最初はウサギで試されました

今日ではこういう薬剤を 他の動物に 被験対象として投与するだけでなく 動物を患者として 倫理的・非倫理的に 薬を投与しています シーワールドはシャチのお母さんに 子シャチと引き離すとき 抗不安薬を投与しています 多くの動物園はゴリラに 抗精神薬や 抗不安薬を投与しています 私のオリバーのようなイヌには 抗うつ剤と抗不安薬が投与されています ビルから飛び降りたり 車道に飛び出すのを防ぐためです 最近『サイエンス』で発表された研究によれば ザリガニにさえも 抗不安薬が効くそうです より勇敢で活発になり 周りを探検するようになるのだそうです

このような薬に頼る動物の数を 把握するのは難しいですが 動物の製薬業界が巨大で 成長しているとは言えます 業界規模は 2011年の70億ドルから 2015年までには 92億5千万ドルになると予測されています

薬物治療を無期限に受けている動物もいます ミルウォーキーの動物園にいるボノボも そのうちの一頭でした 与えられたパキシルを残して 他のボノボに配り始めるまでは (笑) (拍手)

向精神薬以上に 非常にたくさんの 他の治療介入が他の生き物を救っています ここがまさに 人間の薬に向けて 動物用の薬から学べるところだと考えています 例えば脅迫的に 自分の尾を追う飼いイヌを 獣医行動学専門家の元に 連れて行くとしましょう 彼らの初動は処方箋つづりに 手を伸ばすことではなく イヌの日常について あなたに聞くことです 散歩に出かける頻度や 運動量を知りたいでしょうし 他のイヌや他の人間と 関わる時間がどれ位か訊いてきます その動物への治療歴 ― 主に行動療法について どんな風に試みてきたか尋ねるでしょう こういうことは特に向精神薬との併用で かなりの助けになることが多いのです

でも一番の救いになると思うのは 特に社交的な動物では 他の社交的な動物との時間です 多くの意味で私はオリバーに対して 介助動物になった気がします オウムがヒトを助け ヒトがオウムを助け イヌがゾウを助け ゾウが他のゾウを助けるのを見てきました 皆さんのことは分かりませんが ありそうもない動物の友情が インターネットを通じて 私に転送されてきます フェイスブックの大半を占めているのも サルがネコを育てるとか グレート・デーン犬が 親のない子シカを育てるとか ブタと友達になったウシとかいう話に思えます もしこれについて 8年か9年前に聞かれたら このような動物達の友情は すごく情に訴えるもので 間違った形で擬人化されている やらせかもしれないと答えたかもしれませんが 擬人化は大事だと今は言えます これがまともなんです オキシトシンは ― 別名 絆ホルモンとして知られ 性行為や子育て すごく好きな人が近くにいるときに 放出されますが そのオキシトシンレベルの 興味深い研究によると ヒトとイヌでも 互いに気にかけていたり 一緒に楽しんでいるとき 両者のオキシトシンレベルが上がります その上 他の研究でも 明らかになったのは オキシトシンレベルが 他の動物のペアでも上がり 例えば ヤギとイヌが仲良く一緒に遊んだ後に オキシトシンレベルが急増するのです

事実 心の健康は双方向であると 教えてくれた友人がいます 彼の名はロニー・ホッジ ベトナム戦争の退役軍人です 帰還した時 大量殺戮の生存者と 戦争の心的外傷に苦しむ多くの人達と 働き始めました 彼はPTSDと高所恐怖症もありましたが これはベトナムで 空中のヘリコプターから 懸垂下降していたからです PTSDと高所恐怖症がある彼を助ける目的で ガンダーという名のラブラドールの 介助犬が与えられました これが彼らが初めて出会った日 すばらしいです それから彼らはたくさんの時間を 一緒に過ごしています 同じような問題に苦しむ退役軍人を 訪問したりしています しかしロニーとガンダーの関係は興味深いことに 約数ヶ月後 ガンダーも高所恐怖症を発症したのです あまりに近くでロニーを見ていたためかと思われます しかしとても良いことは ガンダーがそれでも優れた介助犬であることです 両者が高所にいる時には ロニーはガンダーの安全を 憂慮して 自身の高所恐怖を忘れるのです

このような話にかなりの時間を費やし 資料を掘り起こし 文字通り何年もこの研究に費やしたことは 私を変えました 動物を種のレベルでは見られなくなり 個として見るようになり それぞれの予報システムをもとに行動し 世界との付き合い方を教えてくれる 生物として考えるようになりました この概念によって 私は 好奇心旺盛で 感情移入できる人間になりました ベッドをシェアしたり 私の皿の上に乗ったりする 動物に対しても 不安や恐怖症や 様々なことで苦しむ 知人に対してもです 私が強く信じることは ブタやパグやパートナーの 心で何が起こっているか たとえ正確に知ることが出来なくても 彼らに共感できるということです 愛している動物にできる最高のことは 擬人化することかもしれません

チャールズ・ダーウィンが父から言われたことは 誰しも正気を失くす時があるということです ありがたいことに私達は大抵正気を取り戻しますが それは互いの助けがあってこそです

ありがとうございました

(拍手)

Oliver was an extremely dashing, handsome, charming and largely unstable male that I completely lost my heart to.

(Laughter)

He was a Bernese mountain dog, and my ex-husband and I adopted him, and about six months in, we realized that he was a mess. He had such paralyzing separation anxiety that we couldn't leave him alone. Once, he jumped out of our third floor apartment. He ate fabric. He ate things, recyclables. He hunted flies that didn't exist. He suffered from hallucinations. He was diagnosed with a canine compulsive disorder and that's really just the tip of the iceberg.

But like with humans, sometimes it's six months in before you realize that the person that you love has some issues. (Laughter) And most of us do not take the person we're dating back to the bar where we met them or give them back to the friend that introduced us, or sign them back up on Match.com. (Laughter) We love them anyway, and we stick to it, and that is what I did with my dog. And I was a -- I'd studied biology. I have a Ph.D. in history of science from MIT, and had you asked me 10 years ago if a dog I loved, or just dogs generally, had emotions, I would have said yes, but I'm not sure that I would have told you that they can also wind up with an anxiety disorder, a Prozac prescription and a therapist. But then, I fell in love, and I realized that they can, and actually trying to help my own dog overcome his panic and his anxiety, it just changed my life. It cracked open my world. And I spent the last seven years, actually, looking into this topic of mental illness in other animals. Can they be mentally ill like people, and if so, what does it mean about us? And what I discovered is that I do believe they can suffer from mental illness, and actually looking and trying to identify mental illness in them often helps us be better friends to them and also can help us better understand ourselves.

So let's talk about diagnosis for a minute. Many of us think that we can't know what another animal is thinking, and that is true, but any of you in relationships -- at least this is my case -- just because you ask someone that you're with or your parent or your child how they feel doesn't mean that they can tell you. They may not have words to explain what it is that they're feeling, and they may not know. It's actually a pretty recent phenomenon that we feel that we have to talk to someone to understand their emotional distress. Before the early 20th century, physicians often diagnosed emotional distress in their patients just by observation. It also turns out that thinking about mental illness in other animals isn't actually that much of a stretch. Most mental disorders in the United States are fear and anxiety disorders, and when you think about it, fear and anxiety are actually really extremely helpful animal emotions. Usually we feel fear and anxiety in situations that are dangerous, and once we feel them, we then are motivated to move away from whatever is dangerous. The problem is when we begin to feel fear and anxiety in situations that don't call for it. Mood disorders, too, may actually just be the unfortunate downside of being a feeling animal, and obsessive compulsive disorders also are often manifestations of a really healthy animal thing which is keeping yourself clean and groomed. This tips into the territory of mental illness when you do things like compulsively over-wash your hands or paws, or you develop a ritual that's so extreme that you can't sit down to a bowl of food unless you engage in that ritual.

So for humans, we have the "Diagnostic and Statistical Manual," which is basically an atlas of the currently agreed-upon mental disorders. In other animals, we have YouTube. (Laughter) This is just one search I did for "OCD dog" but I encourage all of you to look at "OCD cat." You will be shocked by what you see. I'm going to show you just a couple examples. This is an example of shadow-chasing. I know, and it's funny and in some ways it's cute. The issue, though, is that dogs can develop compulsions like this that they then engage in all day. So they won't go for a walk, they won't hang out with their friends, they won't eat. They'll develop fixations like chasing their tails compulsively.

Here's an example of a cat named Gizmo. He looks like he's on a stakeout but he does this for many, many, many hours a day. He just sits there and he will paw and paw and paw at the screen. This is another example of what's considered a stereotypic behavior. This is a sun bear at the Oakland Zoo named Ting Ting. And if you just sort of happened upon this scene, you might think that Ting Ting is just playing with a stick, but Ting Ting does this all day, and if you pay close attention and if I showed you guys the full half-hour of this clip, you'd see that he does the exact same thing in the exact same order, and he spins the stick in the exact same way every time. Other super common behaviors that you may see, particularly in captive animals, are pacing stereotypies or swaying stereotypies, and actually, humans do this too, and in us, we'll sway, we'll move from side to side. Many of us do this, and sometimes it's an effort to soothe ourselves, and I think in other animals that is often the case too.

But it's not just stereotypic behaviors that other animals engage in. This is Gigi. She's a gorilla that lives at the Franklin Park Zoo in Boston. She actually has a Harvard psychiatrist, and she's been treated for a mood disorder among other things. Many animals develop mood disorders. Lots of creatures -- this horse is just one example -- develop self-destructive behaviors. They'll gnaw on things or do other things that may also soothe them, even if they're self-destructive, which could be considered similar to the ways that some humans cut themselves.

Plucking. Turns out, if you have fur or feathers or skin, you can pluck yourself compulsively, and some parrots actually have been studied to better understand trichotillomania, or compulsive plucking in humans, something that affects 20 million Americans right now. Lab rats pluck themselves too. In them, it's called barbering. Canine veterans of conflicts of Iraq and Afghanistan are coming back with what's considered canine PTSD, and they're having a hard time reentering civilian life when they come back from deployments. They can be too scared to approach men with beards or to hop into cars.

I want to be careful and be clear, though. I do not think that canine PTSD is the same as human PTSD. But I also do not think that my PTSD is like your PTSD, or that my anxiety or that my sadness is like yours. We are all different. We also all have very different susceptibilities. So two dogs, raised in the same household, exposed to the very same things, one may develop, say, a debilitating fear of motorcycles, or a phobia of the beep of the microwave, and another one is going to be just fine.

So one thing that people ask me pretty frequently: Is this just an instance of humans driving other animals crazy? Or, is animal mental illness just a result of mistreatment or abuse? And it turns out we're actually so much more complicated than that.

So one great thing that has happened to me is recently I published a book on this, and every day now that I open my email or when I go to a reading or even when I go to a cocktail party, people tell me their stories of the animals that they have met. And recently, I did a reading in California, and a woman raised her hand after the talk and she said, "Dr. Braitman, I think my cat has PTSD."

And I said, "Well, why? Tell me a little bit about it."

So, Ping is her cat. She was a rescue, and she used to live with an elderly man, and one day the man was vacuuming and he suffered a heart attack, and he died. A week later, Ping was discovered in the apartment alongside the body of her owner, and the vacuum had been running the entire time. For many months, up to I think two years after that incident, she was so scared she couldn't be in the house when anyone was cleaning. She was quite literally a scaredy cat. She would hide in the closet. She was un-self-confident and shaky, but with the loving support of her family, a lot of a time, and their patience, now,three years later, she's actually a happy, confident cat.

Another story of trauma and recovery that I came across was actually a few years ago. I was in Thailand to do some research. I met a monkey named Boonlua, and when Boonlua was a baby, he was attacked by a pack of dogs, and they ripped off both of his legs and one arm, and Boonlua dragged himself to a monastery, where the monks took him in. They called in a veterinarian, who treated his wounds. Eventually, Boonlua wound up at an elephant facility, and the keepers really decided to take him under their wing, and they figured out what he liked, which, it turned out, was mint Mentos and Rhinoceros beetles and eggs. But they worried, because he was social, that he was lonely, and they didn't want to put him in with another monkey, because they thought with just one arm, he wouldn't be able to defend himself or even play. And so they gave him a rabbit, and Boonlua was immediately a different monkey. He was extremely happy to be with this rabbit. They groomed each other, they become close friends, and then the rabbit had bunnies, and Boonlua was even happier than he was before, and it had in a way given him a reason to wake up in the morning, and in fact it gave him such a reason to wake up that he decided not to sleep. He became extremely protective of these bunnies, and he stopped sleeping, and he would sort of nod off while trying to take care of them. In fact, he was so protective and so affectionate with these babies that the sanctuary eventually had to take them away from him because he was so protective, he was worried that their mother might hurt them. So after they were taken away, the sanctuary staff worried that he would fall into a depression, and so to avoid that, they gave him another rabbit friend. (Laughter) My official opinion is that he does not look depressed. (Laughter)

So one thing that I would really like people to feel is that you really should feel empowered to make some assumptions about the creatures that you know well. So when it comes to your dog or your cat or maybe your one-armed monkey that you happen to know, if you think that they are traumatized or depressed, you're probably right. This is extremely anthropomorphic, or the assignation of human characteristics onto non-human animals or things. I don't think, though, that that's a problem. I don't think that we can not anthropomorphize. It's not as if you can take your human brain out of your head and put it in a jar and then use it to think about another animal thinking. We will always be one animal wondering about the emotional experience of another animal.

So then the choice becomes, how do you anthropomorphize well? Or do you anthropomorphize poorly? And anthropomorphizing poorly is all too common. (Laughter) It may include dressing your corgis up and throwing them a wedding, or getting too close to exotic wildlife because you believe that you had a spiritual connection. There's all manner of things. Anthropomorphizing well, however, I believe is based on accepting our animal similarities with other species and using them to make assumptions that are informed about other animals' minds and experiences, and there's actually an entire industry that is in some ways based on anthropomorphizing well, and that is the psychopharmaceutical industry.

One in five Americans is currently taking a psychopharmaceutical drug, from the antidepressants and antianxiety medications to the antipsychotics. It turns out that we owe this entire psychopharmaceutical arsenal to other animals. These drugs were tested in non-human animals first, and not just for toxicity but for behavioral effects. The very popular antipsychotic Thorazine first relaxed rats before it relaxed people. The antianxiety medication Librium was given to cats selected for their meanness in the 1950s and made them into peaceable felines. And even antidepressants were first tested in rabbits.

Today, however, we are not just giving these drugs to other animals as test subjects, but they're giving them these drugs as patients, both in ethical and much less ethical ways. SeaWorld gives mother orcas antianxiety medications when their calves are taken away. Many zoo gorillas have been given antipsychotics and antianxiety medications. But dogs like my own Oliver are given antidepressants and some antianxiety medications to keep them from jumping out of buildings or jumping into traffic. Just recently, actually, a study came out in "Science" that showed that even crawdads responded to antianxiety medication. It made them braver, less skittish, and more likely to explore their environment.

It's hard to know how many animals are on these drugs, but I can tell you that the animal pharmaceutical industry is immense and growing, from seven billion dollars in 2011 to a projected 9.25 billion by the year 2015.

Some animals are on these drugs indefinitely. Others, like one bonobo who lives in Milwaukee at the zoo there was on them until he started to save his Paxil prescription and then distribute it among the other bonobos. (Laughter) (Applause)

More than psychopharmaceuticals, though, there are many, many, many other therapeutic interventions that help other creatures. And here is a place where I think actually that veterinary medicine can teach something to human medicine, which is, if you take your dog, who is, say, compulsively chasing his tail, into the veterinary behaviorist, their first action isn't to reach for the prescription pad; it's to ask you about your dog's life. They want to know how often your dog gets outside. They want to know how much exercise your dog is getting. They want to know how much social time with other dogs and other humans. They want to talk to you about what sorts of therapies, largely behavior therapies, you've tried with that animal. Those are the things that often tend to help the most, especially when combined with psychopharmaceuticals.

The thing, though, I believe, that helps the most, particularly with social animals, is time with other social animals. In many ways, I feel like I became a service animal to my own dog, and I have seen parrots do it for people and people do it for parrots and dogs do it for elephants and elephants do it for other elephants. I don't know about you; I get a lot of Internet forwards of unlikely animal friendships. I also think it's a huge part of Facebook, the monkey that adopts the cat or the great dane who adopted the orphaned fawn, or the cow that makes friends with the pig, and had you asked me eight,nine years ago, about these, I would have told you that they were hopelessly sentimental and maybe too anthropomorphic in the wrong way and maybe even staged, and what I can tell you now is that there is actually something to this. This is legit. In fact, some interesting studies have pointed to oxytocin levels, which are a kind of bonding hormone that we release when we're having sex or nursing or around someone that we care for extremely, oxytocin levels raising in both humans and dogs who care about each other or who enjoy each other's company, and beyond that, other studies show that oxytocin raised even in other pairs of animals, so, say, in goats and dogs who were friends and played with each other, their levels spiked afterwards.

I have a friend who really showed me that mental health is in fact a two-way street. His name is Lonnie Hodge, and he's a veteran of Vietnam. When he returned, he started working with survivors of genocide and a lot of people who had gone through war trauma. And he had PTSD and also a fear of heights, because in Vietnam, he had been rappelling backwards out of helicopters over the skids, and he was givena service dog named Gander, a labradoodle, to help him with PTSD and his fear of heights. This is them actually on the first day that they met, which is amazing, and since then, they've spent a lot of time together visiting with other veterans suffering from similar issues. But what's so interesting to me about Lonnie and Gander's relationship is about a few months in, Gander actually developed a fear of heights, probably because he was watching Lonnie so closely. What's pretty great about this, though, is that he's still a fantastic service dog, because now, when they're both at a great height, Lonnie is so concerned with Gander's well-being that he forgets to be scared of the heights himself.

Since I've spent so much time with these stories, digging into archives, I literally spent years doing this research, and it's changed me. I no longer look at animals at the species level. I look at them as individuals, and I think about them as creatures with their own individual weather systems guiding their behavior and informing how they respond to the world. And I really believe that this has made me a more curious and a more empathetic person, both to the animals that share my bed and occasionally wind up on my plate, but also to the people that I know who are suffering from anxiety and from phobias and all manner of other things, and I really do believe that even though you can't know exactly what's going on in the mind of a pig or your pug or your partner, that that shouldn't stop you from empathizing with them. The best thing that we could do for our loved ones is, perhaps, to anthropomorphize them.

Charles Darwin's father once told him that everybody could lose their mind at some point. Thankfully, we can often find them again, but only with each other's help.

Thank you.

(Applause)

オリバーはとても威勢が良く ハンサムで魅力的で じっとしていることがない 私が完全に心奪われた男性でした

(Laughter)/ He was a Bernese mountain dog,/ and my ex-husband/ and I adopted him,/ and about six months in,/ we realized/ that he was a mess.//

(笑) ビルマ・マウンテン・ドッグで 元夫と私が引き取りました 半年経つ頃には オリバーには手がかかることが 分かりました

He had such paralyzing separation anxiety/ that we couldn't leave him alone.//

別離不安症で 1匹にはしておけませんでした

Once,/ he jumped out of our third floor apartment.//

あるときはアパートの3階から飛び降りました

He ate fabric.// He ate things,/ recyclables.//

布やリサイクルごみなどを口にし

He hunted flies/ that didn't exist.//

存在しないハエを追い

幻覚に苦しみました

He was diagnosed with a canine compulsive disorder/ and that's really/ just the tip of the iceberg.//

イヌ科の強迫性障害と診断されたものの それは氷山の一角だったのです

But like with humans,/ sometimes/ it's six months/ in before/ you realize/ that the person/ that you love has some issues.//

でも人間と同様 ときに 半年後 気付いたときには すでに愛する人が問題を抱えているのです

(Laughter)/ And most of us do not take the person/ we're dating/ back/ to the bar/ where we met them/ or give them back/ to the friend/ that introduced us,/ or sign them/ back up/ on Match.com.//

(笑) 大抵の人は 付き合っている彼を 出会ったバーに連れ戻したり 紹介してくれた友達に返したり 出会いサイトに登録しなおしたりしません

(Laughter)/ We love them anyway,/ and we stick to it,/ and that is/ what I did with my dog.//

(笑) ともかく愛し ずっと付き合う それが私のイヌにしたことです

And I was a --/ I'd studied biology.//

私は生物学を勉強しました

I have a Ph.D./ in history of science/ from MIT,/ and had/ you asked me/ 10 years ago/ if a dog/ I loved,/ or just dogs generally,/ had emotions,/ I would have said yes,/ but I'm not sure/ that I would have told you/ that they can also wind up/ with an anxiety disorder,/ a Prozac prescription and a therapist.//

MITで科学史の博士号をとりました もし10年前 飼いイヌや他のイヌに 感情があるか聞かれたら あると答えたでしょう でも 不安障害にかかったり 抗鬱剤・セラピストのお世話になることもあるとは 言わなかったと思います

But then,/ I fell in love,/ and I realized/ that they can,/ and actually trying to help/ my own dog overcome his panic and his anxiety,/ it just changed my life.//

ですが オリバーを好きになって 分かったんです 自分のイヌがパニックや不安を克服する 手助けが出来るのだと それは私の人生を変えました

It cracked open/ my world.//

私の世界をぱっと開きました

And I spent the last seven years,/ actually,/ looking into this topic of mental illness/ in other animals.//

実際 私は過去7年間 他の動物の精神疾患について調べたのです

Can/ they be mentally ill/ like people,/ and/ if so,/ what does it mean about us?//

人間同様に精神を病むこともあるのか あるとすれば私達にとって どんな意味があるのか

And what I discovered/ is/ that I do believe they can suffer from mental illness,/ and actually looking/ and trying to identify/ mental illness/ in them often helps us be better friends/ to them/ and also can help us better understand ourselves.//

そして分かったことは 動物も精神疾患にかかることがあり それを認識し 精神疾患を見つけることは 動物達のより良き友となるのに役立つと同時に 私達自身を理解するのに役立つということです

So let's talk/ about diagnosis/ for a minute.//

精神病疾患の診断について 少しお話ししましょう

Many of us think/ that we can't know/ what another animal is thinking,/ and that is true,/ but any of you/ in relationships --/ at least/ this is my case --/ just/ because you ask someone/ that you're with or your parent/ or your child/ how they feel doesn't mean/ that they can tell you.//

他の動物が考えていることは分からない と多くの人は思っています 事実 正しいですが 親しい関係にある場合 少なくとも私の場合 一緒にいる誰かや 親や子供に どんな気持ちか聞いて 答えが返ってくるというものではありません

They may not have words/ to explain/ what it is/ that they're feeling,/ and they may not know.//

感情を上手く説明できない場合は どんな風に返していよいか分かりません

It's actually/ a pretty recent phenomenon/ that we feel/ that we have to talk/ to someone/ to understand their emotional distress.//

精神的苦痛を理解してもらうために 誰かに話さなければと感じるのは 近年になってからです

Before the early 20th century,/ physicians/ often diagnosed emotional distress/ in their patients just/ by observation.//

20世紀初頭より前には 医者の所見だけで 精神障害と診断することが多々ありました

It also turns out/ that thinking about mental illness/ in other animals isn't actually/ that much of a stretch.//

他の動物の精神疾患を考えることは それほど拡大解釈することではないことも 明らかになりました

Most mental disorders/ in the United States are fear and anxiety disorders,/ and when you think about it,/ fear and anxiety are actually really/ extremely helpful animal emotions.//

アメリカにおける精神障害の多くは 恐怖や不安障害であり 考えてみれば 恐怖や不安は 実際とても役立つ動物的感情なのです

Usually/ we feel fear and anxiety/ in situations/ that are dangerous,/ and/ once we feel them,/ we then are motivated to move away/ from whatever is dangerous.//

普通は危険な時に恐れや心配を感じ 一度感じると あらゆる危険なものから逃れようとします

The problem is/ when we begin to feel/ fear and anxiety/ in situations/ that don't call for it.//

問題なのは恐れや不安を 不必要に感じる場合です

Mood disorders,/ too,/ may actually just be the unfortunate downside of being a feeling animal,/ and obsessive compulsive disorders also are often manifestations of a really healthy animal thing/ which is keeping yourself clean/ and groomed.//

気分障害も同様で 動物的感情の不運なマイナス面という だけかもしれないし 脅迫性障害もまた 身綺麗にするという 非常に健康な動物的行動の表れです

This tips into the territory of mental illness/ when you do things/ like compulsively over-wash your hands or paws,/ or you develop a ritual/ that's so extreme/ that you can't sit down/ to a bowl of food/ unless you engage in that ritual.//

精神疾患に及ぶのは そのほんの一部で 例えば 脅迫的に手足を洗いすぎたり ある行動をしないと食事に着けないという 極端な行動をする場合です

So/ for humans,/ we have the "Diagnostic and Statistical Manual,/"/ which is basically an atlas of the currently agreed-upon mental disorders.//

人間には 『精神障害の診断と統計マニュアル』があり 現在の精神疾患の 診断基準となっていますが

In other animals,/ we have YouTube.//

他の動物には YouTubeがあります

(Laughter)/ This is just one search/ I did for "OCD dog"/ but I encourage all of you/ to look at "OCD cat."//

(笑) これは「強迫神経症 イヌ」で検索した結果ですが 皆さんには 「強迫神経症 ネコ」を見ていただきたいです

You will be shocked by what you see.//

ショックを受けますよ

I'm going to show/ you/ just a couple examples.//

2つだけ例をお見せします

This is an example of shadow-chasing.//

影追いの一例です

I know,/ and it's funny/ and in some ways/ it's cute.//

可笑しくてどこか可愛いですよね

The issue,/ though,/ is/ that dogs can develop compulsions/ like this/ that they then engage in all day.//

問題は イヌがこのような衝動行動を 一日中続けるようになった場合です

So they won't go for a walk,/ they won't hang out/ with their friends,/ they won't eat.//

散歩にもいかず 仲間とも遊ばず 食欲もなくなるのです

They'll develop fixations/ like chasing their tails compulsively.//

強迫的に自分の尻尾を追いかけるという 病的な執着を示します

Here's an example of a cat named Gizmo.//

ギズモという名のネコの症例です

He looks/ like he's on a stakeout/ but he does this/ for many, many, many hours/ a day.//

張り込んでいるように見えますが 一日何時間もこうしているのです

He just sits there/ and he will paw and paw and paw/ at the screen.//

窓際に座り前足でブラインドを かき続けます

This is another example of what's considered a stereotypic behavior.//

常同行為の例を もう一つお見せしましょう

This is a sun bear/ at the Oakland Zoo named Ting Ting.//

オークランド動物園にいるマレーグマの ティンティンです

And/ if you/ just sort of happened upon this scene,/ you might think/ that Ting Ting is just playing with a stick,/ but Ting Ting does this all day,/ and/ if you pay close attention/ and/ if I showed you guys the full half-hour of this clip,/ you'd see/ that he does the exact same thing/ in the exact same order,/ and he spins the stick/ in the exact same way/ every time.//

ここに居合わせたら ティンティンがただ 棒で遊んでいるだけだと思うかもしれません でもティンティンは一日中こうしているのです よく見ると そしてこの30分の動画の全てを観れば 全く同じことを 同じ順序で 毎回同じように 棒を回しているのが分かります

Other super common behaviors/ that you may see,/ particularly/ in captive animals,/ are pacing stereotypies/ or swaying stereotypies,/ and actually,/ humans do this too,/ and in us,/ we'll sway,/ we'll move from side/ to side.//

他にも非常によく見られる行動 特に捕われた動物に見られる行動は 行ったり来たりしたり 前後左右に体を揺さぶる常同症です 実は人間もこういった行動をします 人間は 揺れたり 左右に動きます

Many of us do this,/ and sometimes/ it's an effort/ to soothe ourselves,/ and I think in other animals/ that is often the case too.//

多くの人はときに 自分を落ち着かせるためにそうします 動物もそうだと思います

But it's not just stereotypic behaviors/ that other animals engage in.//

でも他の動物がするのは 常同行動だけではありません

This is Gigi.// She's a gorilla/ that lives at the Franklin Park Zoo/ in Boston.//

こちらはジジです ボストンの フランクリンパーク動物園にいるゴリラです

She actually has a Harvard psychiatrist,/ and she's been treated for a mood disorder/ among other things.//

ハーバード大学の精神科医から 他の症状と合わせて 気分障害の治療を 受けています

多くの動物が気分障害を発症します

Lots of creatures --/ this horse is just one example --/ develop self-destructive behaviors.//

多くの生物は 馬も その一例ですが 自滅行為をします

They'll gnaw on things/ or do other things/ that may also soothe them,/ even if they're self-destructive,/ which could be considered similar/ to the ways/ that some humans cut themselves.//

物を噛むとか 気持ちが落ち着くことをします 人間の自傷行為に 類似する行為です 人間の自傷行為に 類似する行為です

Plucking.//

毛をむしる行為もあります

Turns out,/ if you have fur or feathers or skin,/ you can pluck yourself compulsively,/ and some parrots actually have been studied to better understand trichotillomania,/ or compulsive plucking/ in humans,/ something/ that affects 20 million Americans right now.//

毛・羽根・皮膚があると 強迫的に自分の毛をむしることがあります オウムが研究されていますが これは現在2千万人以上のアメリカ人が苦しむ 抜毛狂について理解を深めるためです

Lab rats pluck themselves too.//

実験用ラットも毛をむしることがあり

In them,/ it's called barbering.//

バーバリング(毛刈り)といいます

Canine veterans of conflicts of Iraq and Afghanistan are coming back/ with what's considered canine PTSD,/ and they're having/ a hard time/ reentering civilian life/ when they come back/ from deployments.//

イラクやアフガニスタンで 戦争に用いられたイヌは のちにイヌPTSD(心的外傷後ストレス障害)となり 軍隊配備から戻ったとき 元の生活に戻ることが 非常に困難になります

They can be too scared to approach/ men/ with beards/ or to hop into cars.//

髭のある人におびえたり 車に乗るのを怖がったりします

I want to be careful/ and be clear,/ though.//

ここで注意したいこと 明確にしておきたいことは

I do not think/ that canine PTSD is the same/ as human PTSD.//

イヌ科のPTSDは ヒトのPTSDとは違うということです

But I also do not think that/ my PTSD is like your PTSD,/ or/ that my anxiety/ or/ that my sadness is like yours.//

ただ私のPTSDと あなたのPTSDも違います 私の不安や悲しみは あなたのものとは違います

We are all/ different.//

私達は皆違います

We also/ all have very different susceptibilities.//

それぞれが非常に異なる感受性を持っています

So two dogs,/ raised in the same household,/ exposed to the very same things,/ one may develop,/ say,/ a debilitating fear of motorcycles,/ or a phobia of the beep of the microwave,/ and another one is going to be just fine.//

なので同じ家で育った2匹のイヌが まったく同じ環境にいても 例えば 1匹がバイクを非常に怖がったり レンジの音に対して恐怖症であっても もう1匹は全く平気だということがあるでしょう

So one thing/ that people ask me pretty frequently:/ Is this just an instance of humans/ driving other animals crazy?//

私が人によく聞かれることは これは人間が動物を狂わせている 一例なのかとか

虐待やいじめが 動物の精神疾患の一因なのかということです

And it turns out/ we're actually so much more complicated/ than that.//

結果的に実は もっと複雑であることが分かりました

So one great thing/ that has happened to me is recently I published a book/ on this,/ and every day now/ that I open my email/ or when I go to a reading/ or even/ when I go to a cocktail party,/ people tell me/ their stories of the animals/ that they have met.//

私に起こっている ある素晴らしいことは 最近このテーマで本を出版したことで 毎日メールを開いたり または朗読しに行ったり カクテルパーティに行ったとき 周りの人達が出会った動物の話を 私に話してくれることです

And recently,/ I did a reading/ in California,/ and a woman raised her hand/ after the talk/ and she said,/ "Dr. Braitman,/ I think/ my cat has PTSD."//

つい最近 カリフォルニアで 朗読した時のことです 講演の後1人の女性が手を挙げて言うには 「ブレイトマン先生 私のネコはPTSDだと思います」

And I said,/ "Well,/ why?// Tell/ me/ a little bit/ about it."//

そこで詳しくお話を伺いました

So,/ Ping is her cat.// She was a rescue,/ and she used to live/ with an elderly man,/ and one day/ the man was vacuuming/ and he suffered a heart attack,/ and he died.//

ピンという名前で 保護されたネコでした かつて年配の男性と暮らしていて ある日その男性は掃除機をかけている最中 心臓発作で苦しみ亡くなってしまいました

A week later,/ Ping was discovered in the apartment/ alongside the body of her owner,/ and the vacuum had been running the entire time.//

1週間後 アパートで発見されたピンは 飼い主の遺体のそばに寄り添っていて 掃除機は動いたままでした

For many months,/ up/ to I think two years/ after that incident,/ she was so scared/ she couldn't be in the house/ when anyone was cleaning.//

その出来事から2年たっても ピンは誰かが掃除している時には 怯えて家に入れませんでした

She was quite literally/ a scaredy cat.//

文字通り臆病ネコでした

She would hide in the closet.//

クローゼットに隠れ

She was un-self-confident and shaky,/ but with the loving support of her family,/ a lot of a time,/ and their patience,/ now,/three years later,/ she's actually/ a happy, confident cat.//

自信なく震えていましたが 家族の愛情に満ちた支えと 時間の経過や辛抱で 3年後の今は 幸せで自信に満ちたネコになりました

Another story of trauma and recovery/ that I came/ across was actually a few years/ ago.//

別のトラウマと回復についての話といえば 数年前のことです

I was in Thailand/ to do some research.//

私は研究のためタイにいて

I met/ a monkey named Boonlua,/ and when Boonlua was a baby,/ he was attacked by a pack of dogs,/ and they ripped off/ both of his legs and one arm,/ and Boonlua dragged himself/ to a monastery,/ where the monks took him/ in.//

ブーンルアという名前のサルに会いました ブーンルアが赤ちゃんのとき イヌの群れに襲われ 両足と片腕を引き裂かれ 身を引きずり僧院にたどりつき 僧侶に受け入れられました

They called in/ a veterinarian,/ who treated his wounds.//

僧侶が助けを求めた獣医によって 治療が施され

Eventually,/ Boonlua wound up/ at an elephant facility,/ and the keepers really decided to take/ him/ under their wing,/ and they figured out/ what he liked,/ which,/ it turned out,/ was mint Mentos and Rhinoceros beetles and eggs.//

最終的にブーンルアは ゾウの施設に入ることになりました 飼育員がそこで世話することを決め ブーンルアの好きな食べ物は ミント味のメントスと カブトムシと卵だということが分かりました

But they worried,/ because he was social,/ that he was lonely,/ and they didn't want to put/ him in/ with another monkey,/ because they thought with just one arm,/ he wouldn't be able to defend himself/ or even play.//

飼育員は 社交的なブーンルアが 1匹でいるのを心配しましたが 他のサルと一緒だと 腕1本で 自分を守ることも遊ぶことさえも出来ないと判断し

And/ so they gave him/ a rabbit,/ and Boonlua was immediately a different monkey.//

ウサギと一緒にすることにしました するとブーンルアはすぐに変わりました

He was extremely happy/ to be with this rabbit.//

このウサギといるのがとても幸せだったのです

They groomed each other,/ they become close friends,/ and then/ the rabbit had bunnies,/ and Boonlua was even happier/ than he was before,/ and it had in a way/ given/ him/ a reason/ to wake up/ in the morning,/ and in fact/ it gave him/ such a reason/ to wake up/ that he decided not to sleep.//

身繕いし合い 親友になり ウサギが子供たちを産むと ブーンルアはさらに幸せになりました ある意味 朝起きる理由を与えられたようで 実際それは 寝る間も惜しむくらいでした

He became extremely protective of these bunnies,/ and he stopped sleeping,/ and he would sort of nod off/ while trying to take/ care of them.//

子ウサギ達を極端にかばうようになり 寝るのをやめたのです そして ― ウサギ達の世話をしている間 うとうとしていました

In fact,/ he was so protective/ and so affectionate/ with these babies/ that the sanctuary eventually had to take/ them away/ from him/ because he was so protective,/ he was worried/ that their mother might hurt them.//

ブーンルアがあまりに執着し 愛情をかけ過ぎたので 結果的に保護区の方が 子ウサギ達を引き離したほどです あまりの執着ぶりで 親ウサギが子ウサギを傷付けるのでは と心配したのです

So/ after they were taken away,/ the sanctuary staff worried/ that he would fall into a depression,/ and so to avoid/ that,/ they gave him/ another rabbit friend.//

保護区のスタッフは 引き離した後に ブーンルアがうつになるのを心配し そうならないよう 別のウサギの友達を与えました

(Laughter)/ My official opinion is/ that he does not look depressed.//

(笑) うつ状態には見えないというのが 私の公式見解です

(Laughter)/ So one thing/ that I would really like/ people to feel is/ that you really should feel empowered to make/ some assumptions/ about the creatures/ that you know well.//

(笑) 皆さんにこれだけはと願うことは よく知っている生き物について 皆さんには いろいろ想像する力があることを 本当に感じて欲しいということです

So/ when it comes to your dog/ or your cat/ or maybe/ your one-armed monkey/ that you happen to know,/ if you think/ that they are traumatized or depressed,/ you're probably right.//

飼っているイヌ あるいは ― ネコかもしれないし 片腕のサルかもしれませんが 皆さんがみて 心に傷を抱えているとか元気がないとか思うなら それは多分正しいのです

This is extremely anthropomorphic,/ or the assignation of human characteristics/ onto non-human animals or things.//

これは大いに擬人化することで ヒトではない動物やモノに ヒトの性格を投影できるのです

I don't think,/ though,/ that that's a problem.//

それが問題だとは思いません

I don't think/ that we can not anthropomorphize.//

擬人化することができないとは思いません

It's not/ as if you can take your human brain/ out of your head/ and put it/ in a jar/ and then use it/ to think about another animal thinking.//

動物の思考について考察するため ヒトの頭から脳を取り出し 瓶に入れて分析する というようなことではありません

We will always be one animal/ wondering about the emotional experience of another animal.//

他の動物の感情的な経験について 想像できる 私達は常にそういう動物なのです

So then/ the choice becomes,/ how do you anthropomorphize well?//

二択であれば どれだけ上手に擬人化しますか?

Or do you anthropomorphize poorly?//

下手に擬人化しますか?

And anthropomorphizing poorly is all too common.//

下手に擬人化するのは あまりに一般的です

(Laughter)/ It may include dressing/ your corgis up/ and throwing them/ a wedding,/ or getting too close/ to exotic wildlife/ because you believe/ that you had a spiritual connection.//

(笑) コーギーに服を着せて 結婚式をするとか スピリチュアルな つながりがあると信じて エキゾチックな野生動物に 近づき過ぎることもあるでしょう

There's all manner of things.//

様々なことがあります

Anthropomorphizing well,/ however,/ I believe/ is based on accepting our animal similarities/ with other species/ and using them/ to make assumptions/ that are informed about other animals/' minds and experiences,/ and there's actually/ an entire industry/ that is in some ways based on anthropomorphizing well,/ and that is the psychopharmaceutical industry.//

でも上手く擬人化するというのは 私たち人間と他の種の 動物的類似を認めることで 他の動物の心と体験について 推測できることに 基づくと思います また上手く擬人化することによって ある意味 全体が成り立っている業界が 向精神薬の業界です

One/ in five Americans is currently taking a psychopharmaceutical drug,/ from the antidepressants and antianxiety medications/ to the antipsychotics.//

アメリカ人の5人に1人が向精神薬を服用しています 抗うつ薬・抗不安薬・抗精神病薬などです

It turns out/ that we owe this entire psychopharmaceutical arsenal/ to other animals.//

全ての向精神薬における これまでの業績は 他の動物のおかげです

These drugs were tested in non-human animals first,/ and not just/ for toxicity/ but/ for behavioral effects.//

薬剤は まず人間以外の動物で試され 毒性だけでなく 行動影響も試験対象になります

The very popular antipsychotic Thorazine first relaxed rats/ before it relaxed people.//

広く使われている 抗精神病薬のソラジンは ラットでの作用が確認されてから 人間に用いられました

The antianxiety medication Librium was given to cats selected for their meanness/ in the 1950s/ and made them/ into peaceable felines.//

抗不安薬のリブリアムは 1950年代に 野卑であると判断されたネコに投与し 落ち着いたネコにすることができました

And even antidepressants were first tested in rabbits.//

抗うつ薬も最初はウサギで試されました

Today,/ however,/ we are not just giving these drugs/ to other animals/ as test subjects,/ but they're giving/ them/ these drugs/ as patients,/ both in ethical and much/ less ethical ways.//

今日ではこういう薬剤を 他の動物に 被験対象として投与するだけでなく 動物を患者として 倫理的・非倫理的に 薬を投与しています

SeaWorld gives mother/ orcas antianxiety medications/ when their calves are taken away.//

シーワールドはシャチのお母さんに 子シャチと引き離すとき 抗不安薬を投与しています

Many zoo gorillas have been given antipsychotics and antianxiety medications.//

多くの動物園はゴリラに 抗精神薬や 抗不安薬を投与しています

But dogs/ like my own Oliver are given antidepressants/ and some antianxiety medications/ to keep them/ from jumping out of buildings/ or jumping into traffic.//

私のオリバーのようなイヌには 抗うつ剤と抗不安薬が投与されています ビルから飛び降りたり 車道に飛び出すのを防ぐためです

Just recently,/ actually,/ a study came out/ in "Science"/ that showed/ that even crawdads responded to antianxiety medication.//

最近『サイエンス』で発表された研究によれば ザリガニにさえも 抗不安薬が効くそうです

It made them braver,/ less skittish,/ and more likely to explore their environment.//

より勇敢で活発になり 周りを探検するようになるのだそうです

It's hard/ to know how many animals are on these drugs,/ but I can tell you/ that the animal pharmaceutical industry is immense/ and growing,/ from seven billion dollars/ in 2011/ to a projected 9.25 billion/ by the year 2015.//

このような薬に頼る動物の数を 把握するのは難しいですが 動物の製薬業界が巨大で 成長しているとは言えます 業界規模は 2011年の70億ドルから 2015年までには 92億5千万ドルになると予測されています

Some animals are on these drugs indefinitely.//

薬物治療を無期限に受けている動物もいます

Others,/ like one bonobo/ who lives in Milwaukee/ at the zoo/ there was on them/ until he started to save/ his Paxil prescription/ and then distribute it/ among the other bonobos.//

ミルウォーキーの動物園にいるボノボも そのうちの一頭でした 与えられたパキシルを残して 他のボノボに配り始めるまでは

(Laughter) (Applause) More/ than psychopharmaceuticals,/ though,/ there are many, many, many other therapeutic interventions/ that help other creatures.//

(笑) (拍手) 向精神薬以上に 非常にたくさんの 他の治療介入が他の生き物を救っています

And here is a place/ where I think actually/ that veterinary medicine can teach something/ to human medicine,/ which is,/ if you take your dog,/ who is,/ say,/ compulsively chasing/ his tail,/ into the veterinary behaviorist,/ their first action isn't to reach for the prescription pad;/ it's to ask/ you/ about your dog's life.//

ここがまさに 人間の薬に向けて 動物用の薬から学べるところだと考えています 例えば脅迫的に 自分の尾を追う飼いイヌを 獣医行動学専門家の元に 連れて行くとしましょう 彼らの初動は処方箋つづりに 手を伸ばすことではなく イヌの日常について あなたに聞くことです

They want to know/ how often/ your dog gets outside.//

散歩に出かける頻度や

They want to know/ how much exercise your dog is getting.//

運動量を知りたいでしょうし

They want to know/ how much social time/ with other dogs and other humans.//

他のイヌや他の人間と 関わる時間がどれ位か訊いてきます

They want to talk/ to you/ about what sorts of therapies,/ largely behavior therapies,/ you've tried with that animal.//

その動物への治療歴 ― 主に行動療法について どんな風に試みてきたか尋ねるでしょう

Those are the things/ that often tend to help/ the most,/ especially/ when combined with psychopharmaceuticals.//

こういうことは特に向精神薬との併用で かなりの助けになることが多いのです

The thing,/ though,/ I believe,/ that helps the most,/ particularly/ with social animals,/ is time/ with other social animals.//

でも一番の救いになると思うのは 特に社交的な動物では 他の社交的な動物との時間です

In many ways,/ I feel/ like I became a service animal/ to my own dog,/ and I have seen/ parrots do it/ for people and people do it/ for parrots and dogs do it/ for elephants and elephants do it/ for other elephants.//

多くの意味で私はオリバーに対して 介助動物になった気がします オウムがヒトを助け ヒトがオウムを助け イヌがゾウを助け ゾウが他のゾウを助けるのを見てきました

I don't know about you;/ I get a lot of Internet forwards of unlikely animal friendships.//

皆さんのことは分かりませんが ありそうもない動物の友情が インターネットを通じて 私に転送されてきます

I also think/ it's a huge part of Facebook,/ the monkey/ that adopts the cat/ or the great dane/ who adopted the orphaned fawn,/ or the cow/ that makes friends/ with the pig,/ and had/ you asked me/ eight,nine years ago,/ about these,/ I would have told you/ that they were hopelessly sentimental/ and maybe too anthropomorphic/ in the wrong way/ and maybe even staged,/ and what I can tell you now is/ that there is actually something/ to this.//

フェイスブックの大半を占めているのも サルがネコを育てるとか グレート・デーン犬が 親のない子シカを育てるとか ブタと友達になったウシとかいう話に思えます もしこれについて 8年か9年前に聞かれたら このような動物達の友情は すごく情に訴えるもので 間違った形で擬人化されている やらせかもしれないと答えたかもしれませんが 擬人化は大事だと今は言えます

This is legit.// In fact,/ some interesting studies have pointed to oxytocin levels,/ which are a kind of bonding hormone/ that we release/ when we're having/ sex or nursing/ or/ around someone/ that we care for extremely,/ oxytocin levels/ raising in both humans and dogs/ who care about each other/ or who enjoy each other's company,/ and beyond that,/ other studies show/ that oxytocin raised even/ in other pairs of animals,/ so,/ say,/ in goats and dogs/ who were friends/ and played with each other,/ their levels spiked afterwards.//

これがまともなんです オキシトシンは ― 別名 絆ホルモンとして知られ 性行為や子育て すごく好きな人が近くにいるときに 放出されますが そのオキシトシンレベルの 興味深い研究によると ヒトとイヌでも 互いに気にかけていたり 一緒に楽しんでいるとき 両者のオキシトシンレベルが上がります その上 他の研究でも 明らかになったのは オキシトシンレベルが 他の動物のペアでも上がり 例えば ヤギとイヌが仲良く一緒に遊んだ後に オキシトシンレベルが急増するのです

I have a friend/ who really showed me/ that mental health is in fact/ a two-way street.//

事実 心の健康は双方向であると 教えてくれた友人がいます

His name is Lonnie Hodge,/ and he's a veteran of Vietnam.//

彼の名はロニー・ホッジ ベトナム戦争の退役軍人です

When he returned,/ he started working/ with survivors of genocide/ and a lot of people/ who had gone through war trauma.//

帰還した時 大量殺戮の生存者と 戦争の心的外傷に苦しむ多くの人達と 働き始めました

And he had PTSD/ and also/ a fear of heights,/ because in Vietnam,/ he had been rappelling backwards/ out of helicopters/ over the skids,/ and he was givena service dog named Gander,/ a labradoodle,/ to help him/ with PTSD and his fear of heights.//

彼はPTSDと高所恐怖症もありましたが これはベトナムで 空中のヘリコプターから 懸垂下降していたからです PTSDと高所恐怖症がある彼を助ける目的で ガンダーという名のラブラドールの 介助犬が与えられました

This is them actually/ on the first day/ that they met,/ which is amazing,/ and since then,/ they've spent a lot of time together visiting/ with other veterans/ suffering from similar issues.//

これが彼らが初めて出会った日 すばらしいです それから彼らはたくさんの時間を 一緒に過ごしています 同じような問題に苦しむ退役軍人を 訪問したりしています

But what's so interesting/ to me/ about Lonnie/ and Gander's relationship is about a few months in,/ Gander actually developed a fear of heights,/ probably/ because he was watching Lonnie so closely.//

しかしロニーとガンダーの関係は興味深いことに 約数ヶ月後 ガンダーも高所恐怖症を発症したのです あまりに近くでロニーを見ていたためかと思われます

What's pretty great/ about this,/ though,/ is/ that he's still/ a fantastic service dog,/ because now,/ when they're both/ at a great height,/ Lonnie is so concerned/ with Gander's well-being/ that he forgets to be scared of the heights/ himself.//

しかしとても良いことは ガンダーがそれでも優れた介助犬であることです 両者が高所にいる時には ロニーはガンダーの安全を 憂慮して 自身の高所恐怖を忘れるのです

Since I've spent so much time/ with these stories,/ digging into archives,/ I literally spent years/ doing this research,/ and it's changed me.//

このような話にかなりの時間を費やし 資料を掘り起こし 文字通り何年もこの研究に費やしたことは 私を変えました

I no longer look at animals/ at the species level.//

動物を種のレベルでは見られなくなり

I look at them/ as individuals,/ and I think about them/ as creatures/ with their own individual weather systems/ guiding their behavior/ and informing/ how they respond to the world.//

個として見るようになり それぞれの予報システムをもとに行動し 世界との付き合い方を教えてくれる 生物として考えるようになりました

And I really believe/ that this has made me/ a more curious and a more empathetic person,/ both/ to the animals/ that share my bed/ and occasionally wind up/ on my plate,/ but also/ to the people/ that I know/ who are suffering from anxiety/ and/ from phobias and all manner of other things,/ and I really do believe/ that even though you can't know exactly/ what's going on/ in the mind of a pig or your pug or your partner,/ that that shouldn't stop you/ from empathizing with them.//

この概念によって 私は 好奇心旺盛で 感情移入できる人間になりました ベッドをシェアしたり 私の皿の上に乗ったりする 動物に対しても 不安や恐怖症や 様々なことで苦しむ 知人に対してもです 私が強く信じることは ブタやパグやパートナーの 心で何が起こっているか たとえ正確に知ることが出来なくても 彼らに共感できるということです

The best thing/ that we could do for our loved ones is,/ perhaps,/ to anthropomorphize them.//

愛している動物にできる最高のことは 擬人化することかもしれません

Charles Darwin's father once told him/ that everybody could lose their mind/ at some point.//

チャールズ・ダーウィンが父から言われたことは 誰しも正気を失くす時があるということです

Thankfully,/ we can often find them again,/ but only/ with each other's help.//

ありがたいことに私達は大抵正気を取り戻しますが それは互いの助けがあってこそです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

extremely

『極端に』,非常に過度に

dashing

威勢のよい,活発な

さっそうとした,はでな

handsome

『風采』(ふうさい)『のよい』,(通例男性が)魅力的で均整の取れた,目鼻だちの整った(good-looking),りっぱな

(形・色などが)優れた,みごとな…(趣味などが)洗練された

(数量が)かなりの,たっぷりの

《米》器用な,上手な

charming

『魅力的な』,美しい;楽しい

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

unstable

(物が)不安定な,ぐらぐらする

情緒不安定な,落ち着のない

(気候・経済などが)安定性のない,不安定な

(化合物が)分解しやすい

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

completely

『完全に』,全く,十分に

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

laughter

『笑い』,笑い声

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

hunt

〈野生の鳥・動物〉‘を'『狩る』,〈獲物のいる場所〉‘を'狩る,〈馬・犬など》‘を'狩猟に使う

〈物・仕事など〉‘を'捜す,見つけようとする

(…を求めて)〈場所〉‘を'くまなく捜す《+『名』+『for』+『名』》

(…から)…‘を'迫いやる《+『名』+『away』(+『away』+『名』)+『from』(off, out of』)+『名』》

『狩りをする』

(…を)捜し求める《+『for』(『after』)+『名』》

(…を求めて…を)くまなそ捜す《+『in』(『through』)+『名』+『for』+『名』》

『狩り』,狩猟;《英》キツネ狩り

狩猟隊(会)

(…の)捜索;追求《+『for』+『名』》

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

hallucination

〈U〉〈C〉幻覚

〈C〉(幻覚に現れる)幻影,幻

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

canine

犬の;犬のような

犬;イヌ科の動物(オオカミ,コヨーテなど)

(また『canine tooth』)犬歯

compulsive

強制的な,無理じいの

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

anyway

=anyhow

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

biology

『生物学』

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

therapist

治療専門家

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

panic

〈C〉〈U〉『あわてふためき,恐慌』,ろうばい

〈C〉経済恐慌,パニック

《単数形で》《米俗》とてもおかしなもの,珍無類なもの

あわてふためく,恐慌に陥る

…‘を'あわてさせる

《米俗》〈観客〉‘を'沸きたたせる

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

mental illness

精神病

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

mentally

精神的に,知能に関して

頭の中で,頭を使って

ill

《補語にのみ用いて》『病気で』,気分が悪い(sick)

《名詞の前にのみ用いて》不十分な,好ましくない;正常でない

《名詞の前にのみ用いて》不運な,不吉な

《名詞の前にのみ用いて》(道徳的に)『悪い』,邪悪な,敵意(悪意)のある;不きげんな

《名詞の前にのみ用いて》『有害な』,悪い,損害を与える

『悪く』,不正に;残酷に

『意地悪く』,不親切に;不満足に,不十分に

ほとんど…ない(scarcely)

《分詞と共に複合語を作って》悪く,まずく,不完全に

〈U〉

悪,罪悪

〈U〉危害,災難

〈C〉《しばしば複数形》苦しみ(悩み)の種,不幸,病気

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

diagnosis

診断[書]

(問題の原因などの)判断,分析

(問題の)解決;結論

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

distress

〈U〉(肉体的・精神的な)『激しい苦しみ』,苦痛,苦悩,非嘆

《a~》(…にとっての)悩みの種《+『to』+『名』》

〈U〉『貧苦』,窮乏

〈U〉『危険状態』,難儀

(精神的・肉体的に)〈人〉‘を'『苦しめる』,苦悩させる

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

physician

『医者』;(特に)『内科医』

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

helpful

『助けになる』,役に伝つ

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

unfortunate

『不運な』,不幸な

不適当な,不適切な

不運な人,不幸な人

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

obsessive

妄想がとりついて;強迫観念を引き起こす

=obsessional

manifestation

〈U〉表明,明示;現れ,表現;〈C〉表明されたこと

〈C〉(霊魂などの)出現

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

paw

(四つ足動物のかぎつめのある)『足』

《話》《おどけて》(人間の)手

〈四つ足動物が〉…‘を'足でたたく(ひっかく)

《話》…‘を'手荒く(無器用に)扱う

(…を)ひっかく,手荒に扱う《+『at』+『名』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

ritual

儀式の,儀式として行う

《集合的に》(宗教上の)儀式[形式];(特定の)儀式

(社会的慣習としての)礼儀,作法(おじき・脱帽・握手など)

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

bowl

『どんぶり,はち;わん』,茶わん,ボール

どんぶり(はち)1杯の量

(…の)丸くくぼんだ部分《+『of』+『名』》

《米》(はち形の)円形競技場(stadium)

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

diagnostic

診断の,診断のために役立つ

statistical

統計の,統計学上の

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

basically

基本的に,根本的に;元来は

currently

現在は;広く,一般に

OCD

Office of Civil Defense民間防空局

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

compulsion

強制,無理じい

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

fixation

固定,固着

(…に対する)愛着,執着《+『on』+『名』》

(写真のネガの)定着;(染料の)色留め

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

gizmo

仕掛け;妙案,工夫

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

Oakland

オークランド(米国California州のサンフランシスコ湾に臨む港市)

zoo

『動物園』

ting

…‘を'チリンチリナ(リンリン)と鳴らす

チリンチリン鳴る宴

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

upon

『…の上に』

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

half-hour

半時間,30分

(…時半というときの)半,30分

半時間の(から成る)

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

captive

『捕虜』

(…の)とりこになった人《+『of』+『名』》

捕らわれた,生け捕りの

pace

〈C〉『1歩』;歩幅(ほぼ75‐100cm)

〈C〉〈U〉『歩調』,速度,ペース

〈C〉《単数形で》(馬の)側対歩(同じ側の前後の脚を同時に上げ下げする歩き方)

…‘を'一定の歩調で歩き回る

…‘を'歩いて測る,歩測する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

…‘の'速度を調整する

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(普通の速さで)歩く,ゆっくりと行ったり来たりする

〈馬が〉側対歩で歩く

sway

『前後(左右)に動く,』揺れる

《方向を表す副詞[句]を伴って》(一方に)『傾く,』かしぐ

…‘を'『揺する,』揺り動かす

(方向を表す副詞[句]を伴って)…‘を'傾ける

…‘に'『影響を与える,』‘を'左右する;《古》…‘を'支配する

(…の)揺れ,動揺《+of+名》

(…の)影響;支配,統治《+of+名》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

soothe

〈人・神経など〉‘を'なだめる,静める

〈痛みなど〉‘を'和らげる

gorilla

ゴリラ

Franklin

フランクリン(Benjamin Franklin;1706‐90; 米国の政治家・外交官・著述家・物理学者、避雷針の発明者)

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

psychiatrist

精神病医,精神病学者

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

gnaw

〈動物が〉…‘を'『かじる』;…‘を'かじり取る《+『away』(『off』)+『名』,+『名』+『away』(『off』)》

(…に)〈穴〉‘を'かじってあける《+『名』+『through』(『in』)+『名』》

〈心労・病気などが〉〈人・心など〉‘を『悩ます』,苦しめる(torment)

〈動物が〉(…を)『かじる』《+『at』(『on,through』)+『名』》

〈心労・病気などが〉(人・心などを)苦しめる,悩ます《+『at』(『in』)+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

fur

〈U〉(ウサギ・ミンク・キツネなどの柔らかな)『毛皮』

《集合的に》柔らかな毛をした動物

〈C〉《しばしば複数形で》(外とう・えり巻きなどの)『毛皮製品』;(服装用の)毛皮

〈U〉(舌にできる)舌ごけ

〈U〉(やかんなどにつく)湯あか

〈衣服〉‘に'毛皮の裏(へり)をつける

〈舌〉‘に'舌ごけをつける

〈やかんなど〉‘に'湯あかをつける

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

pluck

〈花・果物など〉‘を'『摘む』,もぐ(pick)

(…から)〈羽毛など〉‘を'『むしる』,引き抜く《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

…‘を'羽毛を引き抜く

(指・つめなどで)〈楽器の弦〉‘を'はじく,かき鳴らす

(…を)ぐいと引く,引っ張る《+『at』+『名』》

〈C〉ぐいと引くこと

〈U〉(特に危険や困難に際して見せる)勇気,胆力

〈U〉《the~》(動物の)臓物

parrot

『オウム』

《軽べつして》(訳が分からずに)まねをする人

《軽べつして》〈人の言葉など〉‘を'訳も分からず繰り返す,おうむ返しに言う

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

veteran

(仕事・活動などの)『老練者』,古つわもの,ベテラン

『古参兵』,老兵

《米》(また《話》vet)退役軍人,在郷軍人兵

使い古したもの,中古品

(仕事に)経験豊かな,老練な

(軍事に)熟達した,経験の多い)

使い古した,中古の

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

deployment

(兵などの)展開,散開

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

beard

〈C〉(人の)『あごひげ』

(動物の)あごひげ;(一般に)ひげ状のもの

…‘に'勇敢に立ち向かう

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

sadness

悲嘆(sorrow)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

debilitate

〈病気などが〉〈人・体〉'を'衰弱させる

motorcycle

オートバイ

オートバイで行く

phobia

(…に対する)恐怖症,病的恐怖(嫌悪)《+『about』+『名』(do『ing』)》

beep

(車の警笛,ラジオの時報;無線の発信音などの)ビーという音

〈車などが〉警笛を鳴らす;〈無線受信器が〉ビーという発信音を出す

〈警笛〉を鳴らす《+『out』+『名』+『out』》

microwave

(無線電信・電話の)極超短波,マイクロウェーブ(波長1m以下の電波;レーダーなどに使用する)

frequently

『しばしば』,たびたび

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

mistreatment

虐待

abuse

〈U〉〈C〉(自分の,あるいは人の権利などの)『乱用』,悪用《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》悪習,悪弊

〈U〉『悪口』,悪態,ののしり

〈地位・権力など〉'を'『乱用する』,悪用する

…'を'『虐待する』(maltreat),酷使する

…'を'『ののしる』,‘の'悪口をいう

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

cocktail party

カクテルパーティー

met

meetの過去・過去分詞

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

ping

(小銃弾などの)ピュー(ブーン)という音

ピュー(ブーン)と音がする

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

elderly

かなり年配の,初老の

vacuum

真空

《単数形で》‘空虚',‘空所',空白

(現実から隔離された)孤立状態

《米》=vacuum cleaner

‘…を'電気そうじ機でそうじする

電気掃除機をかける

heart attack

心臓発作,心臓まひ

alongside

そばに,並んで

…のそばに,と並んで

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

owner

『持ち主』,所有者

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

cleaning

きれいにすること,掃除;クリーニング

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

closet

《おもに米》(衣類・食料などを入れる)『戸棚』,物置き,納戸(なんど)

《まれ》(一般に読書・打ち合わせ,特に祈り・瞑想に用いる)小室,小部屋

《古》便所

…'を'私室に閉じ込める

私室で使う(楽しむ)のにふさわしい

shaky

(体・声などが)揺れる,震える

こわれそうな,安定していない

不碓実な,あてにならない

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

patience

(苦しみに耐える)『忍耐』,忍耐力,しんぼう

《英》=solitaire

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

trauma

外傷

精神的外傷(心に永久的な傷を残すような衝撃)

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

Thailand

タイ(東南アジア中部の王国;首都は Bangkok)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

rip

…‘を'『裂く』,破る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈穴など〉‘を'裂いて(破って)作る

…‘を'裂いて(はうって)取る《+『out』(『off, away』)+『名,』+『名』+『out』(『off, away』)》;(…から)…‘を'破って取る《+『名』+『out of』(『off, away from』)+『名』》

〈木材〉‘を'縦びきする

裂ける,破れる

裂け目,破れ目

引き裂くこと

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

monastery

〈C〉男子修道院

〈U〉《集合的に》修道僧

monk

(一般に)修道僧,僧侶(そうりょ);(キリスト教の)修道士,道士

veterinarian

獣医(《英》veterinary surgeon)

wound

windの過去・過去分詞

elephant

『ゾウ』

(共和党の象徴としての)象

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

keeper

《しばしば複合語を作って》『守る人』,管理人,番人;店主,経営者

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

mint

〈U〉ハッカ

〈C〉ハッカ入りのキャンデー(ガム)

rhinoceros

サイ

beetle

甲虫,カブトムシ;(一般に)甲虫に似た虫類(ゴキブリなど)

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

lonely

(人が)『ひとりの』,孤独の

『寂しい』,心細い

(物が)孤立した;場所が)人里離れた,人があまり実かない

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

rabbit

〈C〉ウサギ;《米》(一般にhareも含めて)ウサギ

〈U〉ウサギの毛皮(肉)

〈C〉《英話》(ゴルフ・クリケット,特にテニスの)へたなプレーヤー

ウサギを狩る

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

groom

『馬丁』

=bridegroom

〈馬〉‘の'手入れをする

〈身なり,頭髪など〉‘を'きちんと整える,身づくろいする

(公職・役柄などのために)〈人〉‘を'仕込む,訓練する《+『名』+『for』+『名』》

bunny

《小児語》ウサちゃん(rabbit)

=bunny girl

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

protective

保護の,保護する;(…を)保護する《+『toward』+『名』》

nod

(承諾・あいさつ・合図などで)『うなずく』,会釈する

(眠くて)『こっくりする』,(油断して)うとうとする《+off》

〈草木・穂などが〉揺れる

(承諾・あいさつなどで)〈頭〉‘を'『うなずかせる』

…‘を'うなずいて示す

《副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'うなずいて示す

《同意・承諾・あいさつ・命令など,また時には拒絶を表して》(…に対する)『うなずき』,『会釈』《+『to』+『名』》;(眠気による)こっくり

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

affectionate

愛情のこもった,優しい

sanctuary

〈C〉(教会・寺院など)神聖な場所,聖所

〈C〉(教会・寺院などで)最も神聖な場所,聖域(教会堂の内陣,ユダヤ教会の至聖所など)

〈C〉(犯罪者の)隠れ場,(一般に)安らかな場所

〈U〉保護,避難

〈C〉(鳥・獣の)保護区,禁猟地

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

depressed

元気のない,憂うつな

(力・価値などの)低下した,弱められた

不景気の,不況の;(特に)貧困にあぇぐ

押し下げられた;抑圧された

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

one-armed

片腕しかない,片腕の

depress

…‘の'『元気をなくさせる』,‘を'落胆させる

〈力・活動など〉‘を'弱める,衰えさせる

…‘を'押し下げる,下へ押す

〈相場・市場など〉‘を'下落させる,不景気にする

probably

『たぶん』,『おそらく』

anthropomorphic

擬人説の,神人同形説(法)の

assignation

割当て;指定

恋人との密会

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

jar

(広口の)『つぼ』,かめ,びん,ジャー

一つぼ(びん)(の…)《+『of』+『名』》

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

poorly

『貧しく』,乏しく,不十分に

『へたに』,まずく

健康がすぐれない,病身な

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

corgi

コーギー犬(短足・銅長の小型犬)

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

wedding

(特に,教会で誓いを済ませた後で宴会のある)結婚式,婚礼

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

wildlife

野生生物(特に野生動物)

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

similarity

〈U〉類似,相似(resemblance)

〈C〉類似点

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

antidepressant

抗抑鬱(うつ)剤(鬱病の治療薬)

medication

〈C〉〈U〉薬剤,医薬品

〈U〉薬剤を添加(投入)すること;薬物治療

owe

…‘を'『借りている』,借金している

…‘の'『おかげをこうむっている』

…‘を'与える義務がある

(…に対して)借りがある,借金をしている《+for+名》

arsenal

兵器庫;兵器工場

《集合的に》兵器の蓄え

(一般に)蓄え,集積

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

toxicity

毒性,有毒性

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

meanness

〈U〉不親切,意地悪;(生まれ・社会的地位などの)卑しさ

〈C〉卑劣な行為

peaceable

平和を好む;おとなしい

平和な,平和的な(peaceful)

feline

ネコ科(属)の,猫の

猫のような

ネコ科の動物(猫・トラ・ヒョウなど)

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

calf

{C}『子牛』

〈C〉(象・鯨・アザラシ・鹿などの)幼獣

〈U〉=calfskin

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

skittish

(特に馬が)驚きやすい,ものおじする

気まぐれな,移り気な

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

immense

(大きさ・広がり・程度などが)『巨大な』,多大な,測り知れない

《話》すばらしい,すてきな

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

indefinitely

『漠然と』,あいまいに

Milwaukee

ミルウォーキー(米国Wisconsin州の都市)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

applause

『拍手かっさい』;称賛

therapeutic

治療[上]の

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

veterinary

家畜の病気に関する

=veterinarian

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

pad

(衝撃・摩擦などを防ぐ)《当て物》,クッション,詰め物;(洋服の肩などの)パッド,(球技用の)胸当て:すね当て;(いすなどの)敷き物

はぎ取り式の帳面,用紙つづり

(また『inkpad』)スタンプ台,インク台

(犬・ウサギなどの)足裏の柔らかいふくらみの部分

(スイレンナドの)大きな浮き葉

(ロケットなどの)発射台(launching pad)

《俗》(自分が住む)部屋,家

《俗》《the pad》わいろ

(…で)…‘に'『当て物をする』,詰め物をする,パッドを入れる《+『名』+『with』+『名』》

(不必要な文句を入れて)〈文など〉‘を'引き延ばす《+『out』+『名』+『with』+『名』》

(費用などを)〈帳薄など〉‘に'水増しして記帳する《+『名』+『with』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

especially

『特に』,特別に;きわだって

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

unlikely

《補語にのみ用いて》『ありそうもない』,考えられない

うまくいきそうもない,見込み(将来性)のない

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

fawn

〈C〉(1歳以下の)子ジカ,(特に)黄ジカの1歳児

〈U〉淡黄茶色

淡黄茶色の

cow

『雌牛』,乳牛

(鯨・象・サイなどの)雌

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

hopelessly

希望を失って,絶望的に

sentimental

『感情的迭』,情的な

(人が)『感情的な』,情にもろい

(歌・物語などが)感情的な

stag

雄ジカ

《米話》(社交的な集まりに)婦人を同伴しない男

男性用の,男性のみ出席する,男性向けの

女性を同謀しないで

legit

=legitimate

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

hormone

ホルモン

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

nursing

(預かった子を)養育(保育)する

授乳する

{名}〈U〉

(職業としての)看護

保育

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

spike

大くぎ;(鉄道用)いぬくぎ

(へいの忍び返しなどの)先のとがった突起

スパイク(野救・陸上競技用の靴底の金具)

(…に)…‘を'大くぎで打ちつける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'大くぎ(スパイク)を打ちつける

〈人〉‘を'すぱいくしゅ‐ずで傷つける;すぱいくする

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

two-way

両面交通の

(ラジオなど)(送信・受信)2方向の

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

survivor

生存者

genocide

(人種・民族などを絶滅させる目的の)大虐殺,集団虐殺

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

helicopter

『ヘリコプター』

skid

(車・車輪などの)横滑り;スリップ

(坂を下るときの)車の歯止め,滑り止め

《複数形で》(重いものを上に載せて滑らせる)滑り材;下敷き支材,枕木

〈人〉を急がせる

〈自動車などが〉横滑りする,スリップする

…に滑り止めを掛ける;…‘を'滑り材の上に置く(の上を滑らせる)

gander

ガチョウの雄

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

concerned

《通例名詞の後に用いて》関係のある,かかわりのある

心配そうな,気づかっている

well-being

幸福な状態,(特に)健康

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

occasionally

『たまに』,時おり

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

pug

パグ(顔がブルドッグに似た小型犬)

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

empathize

(…に)感情移入する《+『with』+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

関連動画