TED日本語 - A.J.ジェイコブス: 世界最大の親族会...皆さんもご招待!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

あなたはまだ知らないかもしれませんが、A.J.ジェイコブスはたぶんあなたの親類です(かなり遠縁ですが)。系譜学ウェブサイトを使って、彼は意外な結びつきをたどって行き、我々皆を ― かなり遠く離れていますが ― 関係づけるのです。彼の目標は、世界最大の親族会を開くことです。ではそこでお会いしましょう!

Script

6か月前 私は1通のEメールを受け取りました イスラエルの男性からです 彼はある私の本を読んで こう書いてきました 「あなたは私のことをご存じありません しかし私とあなたは 13代前の親が同一人物です」 そして 「私の家系図には 8万人が載っています あなたや カール・マルクス 何人かのヨーロッパ貴族も その中に含まれています」 私はこれをどう解釈すべきか 分かりませんでした 一方の私はこう ― まあ いいや 彼はいつ私に ナイジェリアの銀行口座へ 1万ドルを送金してと頼むかな?と ねえ? 私はまた考えました 8万人の親戚 自分にはそれが必要か? 煩わしいことは今の親類とだけで充分 もう結構です それに私は名前も覚えられないでしょう 自分でよく分かっています しかしもう一方の自分は これは注目すべきことだと言っていました オフィスでは私は一人ですが 全く一人という訳ではないのです 私は世界中の8万人とつながっている この数はマディソン・スクエア・ガーデンが4つ 親類で満杯になる数です そのうち何人かは素晴らしい存在となり 何人かには苛々させられるでしょうが 彼らは皆 自分と関係があるのです

こうしてこのEメールは私を 系譜学に飛び込ませました 私はこれは非常に退屈で 堅苦しい分野だと思っていましたが じつは魅惑的かつ物議を醸す 革命の真っただ中にあることが分かりました 一つにはこれはDNAと 遺伝子検査によるものです しかしもう一つは インターネットのためです 今や ウィキペディア的アプローチをとる 家系図のサイトがあるのです 協働とクラウドソーシングです あなたは ただ自分の 家系図を アップロードするだけです するとこのサイトは あなたの家系図上の A.J.ジェイコブスが 他の家系図のA.J.ジェイコブスと 同一人物か調べます もしそうなら あなたはそれを 結び付けることができます そうしてどんどん結び付けていき しまいにはこの巨大な 大家族の家系図ができるのです 何千人もの人々がここに載っています いや何百万人かもしれません 私は Geni というサイト上で 世界規模の家系図の一員です ここにはなんとびっくり 7千5百万人の系図登録者がいます この7千5百万人は 血がつながっているか 結婚したか 時にはその両方です (笑) ここには南極を含む全7大陸の 人々が含まれています 私はその中にいます あなた方の多くもそうです あなたが知っていようがいまいが そしてあなたはこの結びつきを 見ることができます これは私の親類 グウィネス・パルトローです 彼女は私の存在を知りません しかし我々は正式な親類なのです 我々の間には17の隔たりしかありません

そしてバラク・オバマ も親類です (笑) そして彼は叔伯母の高祖叔伯母の夫の 父の妻の雲姪孫です そう実質的には私の兄です

そして私の親類 もちろん 俳優ケヴィン・ベーコン ― (笑)― 彼は曽祖叔伯母の息子の 妻の姪の夫の従姪の夫の 姪の夫です そうケヴィン・ベーコンと 6親等の間柄です プラスマイナス数親等

私は自慢しているのではありません 誰の家系にも 有名人や歴史上の人物がいるからです なぜなら我々は皆 つながっているからです また7千5百万人は 多いと感じられるかもしれません しかし数年のうちに 我々は家系図に 地球上ほぼ全員 70億人を 入れることができるでしょう

しかしこれが何だというのでしょう? どう重要なのでしょう? 私はじつに重要だと思っています そしてその5つの理由を ごく簡単にお話しします

第一に それには 科学的価値があります これは人類の歴史を表すものとしては 前例のないもので 価値あるデータを提供しています 病気がどのように遺伝するか どのように人が移住するのか そしてMITの科学者チームがちょうど今 世界規模の家系図について 研究しています

二つ目に これは歴史を 生き生きしたものにします 私は自分がアルバート・アインシュタインと つながりがあることを発見しました それで7歳の息子にそれを教えたら 彼はすっかり魅せられました 今やアルバート・アインシュタインは あの世にいる 変な髪形の 白人の男ではないのです 彼はアルバートおじさんなのです(笑) そして息子は知りたがりました 「彼は何を言ったの? E=MCの二乗って何?」 またこれはいい知らせばかり とは限りません 私は連続殺人犯ジェフリー・ダーマーとの つながりも見つけました しかしこれは私の妻方で あることを申し上げておきます (笑)(拍手) そう これははっきりしておきたい ごめんね

3番目に 相互に つながっていることです 我々は皆同一の祖先から 生まれているのです といっても聖書の説明を 文字通りに信じなくてよく 科学者たちは Y染色体のアダムと ミトコンドリアのイブ について語っています これらは約10万から30万年前のことです 我々は彼らのDNAを ほんの少しだけ持っています 彼らは我々の曽-曽-曽-曽-曽-曽 ― これが7千回続きます ― 祖父母です つまり我々は文字通り 皆 生物学的に親類なのです 推定にはばらつきが ありますが おそらく 地球上で最も遠い親類とは 約51代前の先祖が共通しています 今や 我々が共有しているのは 先祖だけではありません 子孫もです あなたに子どもがいるように 彼らにもいます 子孫がどれだけ急速に 増えるか見てみましょう 10、12世代目になると あなたには何千人もの 子孫がいるでしょう いや何百万人もです

4番目に 人に優しい世界です 今や 家族には確執がある ことを私は知っています 私には3人息子がおり 彼らの喧嘩の様子を見ています しかし 私が思うに 人間は 他人よりも自分の家族を少しだけ 贔屓してしまうものです この家系図は偏見を持つ人には 悪い知らせだろうと思います なぜなら彼らは知ることになるからです 自らが問題視している民族に属する 何千という人々と 自分が親類であることを そして歴史を振り返ると 我々が互いにしてきた 多くのひどいことは ある集団が他の集団を 人間以下とみなすから起きるのです しかしもう そんなことはできません 我々は同じ種であるだけでなく 我々は同じ家族の一員なのです 我々はDNAの99.9%を 共有しています

そして最後の5番目です 民主化の効果です ある家系は優秀な血統です 人々がこう言うような 「おお 私は スコットランドのメアリー女王の子孫だ でもあなたは違うから 私のカントリークラブに入会不可」 しかしこういうことは もう難しくなるでしょう なぜなら全員が親戚だからです 私はスコットランド女王 メアリーの子孫です ― 結婚によってですが しかしそれでも

そう それは家族の歴史の中で 非常に魅力的なひとときです なぜならあっという間に 状況は変わるからです 同性婚や精子ドナーが現れ さらに史上例を見ないほどの規模で 異民族間結婚が行われています そして保守的な私の親類は これに対し 少しピリピリするでしょう しかしこれは良いことだと 私は思います 家族という概念が 包括的になればなるほど 良いと思うのです なぜならあなたを世話する 人が増えるからです そして私の叔伯母と 9代前の親が同一で2代違いの ヒラリー・クリントンが言うには ― (笑)― 「村中みんなで」です

そう私にはこの何百何千 何百万の新たな親類がいます 私は この情報を使って 何ができるか考えました そして私は決めたのです パーティを開いたらどうか? そう それが今私が しようとしていることです 皆さんも ご招待しますよ 来年 来年の夏です 私は願わくば 史上最大で最高の 親族会を主催するのです

(拍手) ありがとうございます ぜひ来てください ぜひ来てくださいね 場所はニューヨーク科学ホールです 最高の開催地であり しかも旧万国博覧会会場 でもあります 非常に最適な場所だと 私は思います なぜならこれは 親族会としては 万国博覧会にあたるからです 展示物や食べ物 音楽もあるでしょう ポール・マッカートニーは 私と11人離れています ですから彼がギターを持ってきて くれることを私は願っています 招待状の返事はまだですが うまくいきますように そして魅力的な親類たちが一日中 スピーチをします 早くも私は着手しています すでに何人か確保しました キャス・サンスティーン 私の親類で おそらく 最も聡明な法学者の 彼が話します 彼はオバマ政権の旧メンバーです そして政治的スペクトラムの 反対側に位置する ジョージ・H・W・ブッシュ 第41代 お父さんのほうです 彼はもう参加すると言っています それからコメディアンのニック・クロール それからドクター・オズ その他大勢の方が来ます そしてもちろん最も重要なのは あなたです 皆さんに来てほしいのです ぜひ皆さん GlobalFamilyReunion.orgにアクセスして 自分が家系図のどこにいるか見つけて下さい なぜなら家族と民族とは 重大な問題だからです しかし私は全ての答えを 知っているわけではありません それでも私には賢い親戚が たくさんいます あなたも含めてです ですから皆で考えれば 答えが出ると思います 一緒にやれば我々は この大問題を解決できるでしょう 親愛なる親類の皆様へ ありがとうございました お会いするのが待ちきれません さようなら

(拍手)

Six months ago, I got an email from a man in Israel who had read one of my books, and the email said, "You don't know me, but I'm your 12th cousin." And it said, "I have a family tree with 80,000 people on it, including you, Karl Marx, and several European aristocrats." Now I did not know what to make of this. Part of me was like, okay, when's he going to ask me to wire 10,000 dollars to his Nigerian bank, right? I also thought,80,000 relatives, do I want that? I have enough trouble with some of the ones I have already. And I won't name names, but you know who you are. But another part of me said, this is remarkable. Here I am alone in my office, but I'm not alone at all. I'm connected to 80,000 people around the world, and that's four Madison Square Gardens full of cousins. And some of them are going to be great, and some of them are going to be irritating, but they're all related to me.

So this email inspired me to dive into genealogy, which I always thought was a very staid and proper field, but it turns out it's going through a fascinating revolution, and a controversial one. Partly, this is because of DNA and genetic testing, but partly, it's because of the Internet. There are sites that now take the Wikipedia approach to family trees, collaboration and crowdsourcing, and what you do is, you load your family tree on, and then these sites search to see if the A.J. Jacobs in your tree is the same as the A.J. Jacobs in another tree, and if it is, then you can combine, and then you combine and combine and combine until you get these massive, mega-family trees with thousands of people on them, or even millions. I'm on something on Geni called the world family tree, which has no less than a jaw-dropping 75 million people. So that's 75 million people connected by blood or marriage, sometimes both. (Laughter) It's in all seven continents, including Antarctica. I'm on it. Many of you are on it, whether you know it or not, and you can see the links. Here's my cousin Gwyneth Paltrow. She has no idea I exist, but we are officially cousins. We have just 17 links between us.

And there's my cousin Barack Obama. (Laughter) And he is my aunt's fifth great-aunt's husband's father's wife's seventh great-nephew, so practically my old brother.

And my cousin, of course, the actor Kevin Bacon -- (Laughter) -- who is my first cousin's twice removed's wife's niece's husband's first cousin once removed's niece's husband. So six degrees of Kevin Bacon, plus or minus several degrees.

Now, I'm not boasting, because all of you have famous people and historical figures in your tree, because we are all connected, and 75 million may seem like a lot, but in a few years, it's quite likely we will have a family tree with all, almost all,seven billion people on Earth.

But does it really matter? What's the importance? And I do think it is important, and I'll give you five reasons why, really quickly.

First, it's got scientific value. This is an unprecedented history of the human race, and it's giving us valuable data about how diseases are inherited, how people migrate, and there's a team of scientists at MIT right now studying the world family tree.

Number two, it brings history alive. I found out I'm connected to Albert Einstein, so I told my seven-year-old son that, and he was totally engaged. Now Albert Einstein is not some dead white guy with weird hair. He's Uncle Albert. (Laughter) And my son wanted to know, "What did he say? What is E = MC squared?" Also, it's not all good news. I found a link to Jeffrey Dahmer, the serial killer, but I will say that's on my wife's side. (Laughter) (Applause) So I want to make that clear. Sorry, honey.

Number three, interconnectedness. We all come from the same ancestor, and you don't have to believe the literal Bible version, but scientists talk about Y chromosomal Adam and mitochondrial Eve, and these were about 100,000 to 300,000 years ago. We all have a bit of their DNA in us. They are our great-great-great-great-great-great -- continue that for about 7,000 times -- grandparents, and so that means we literally all are biological cousins as well, and estimates vary, but probably the farthest cousin you have on Earth is about a 50th cousin. Now, it's not just ancestors we share, descendants. If you have kids, and they have kids, look how quickly the descendants accumulate. So in 10,12 generations, you're going to have thousands of offspring, and millions of offspring.

Number four, a kinder world. Now, I know that there are family feuds. I have three sons, so I see how they fight. But I think that there's also a human bias to treat your family a little better than strangers. I think this tree is going to be bad news for bigots, because they're going to have to realize that they are cousins with thousands of people in whatever ethnic group they happen to have issues with, and I think you look back at history, and a lot of the terrible things we've done to each other is because one group thinks another group is sub-human, and you can't do that anymore. We're not just part of the same species. We're part of the same family. We share 99.9 percent of our DNA.

Now the final one is number five, a democratizing effect. Some genealogy has an elitist strain, like people say, "Oh, I'm descended from Mary Queen of Scots and you're not, so you can not join my country club." But that's really going to be hard to do now, because everyone is related. I'm descended from Mary Queen of Scots -- by marriage, but still.

So it's really a fascinating time in the history of family, because it's changing so fast. There is gay marriage and sperm donors and there's intermarriage on an unprecedented scale, and this makes some of my more conservative cousins a little nervous, but I actually think it's a good thing. I think the more inclusive the idea of family is, the better, because then you have more potential caretakers, and as my aunt's eighth cousin twice removed Hillary Clinton says -- (Laughter) -- it takes a village.

So I have all these hundreds and thousands, millions of new cousins. I thought, what can I do with this information? And that's when I decided, why not throw a party? So that's what I'm doing. And you're all invited. Next year, next summer, I will be hosting what I hope is the biggest and best family reunion in history.

(Applause) Thank you. I want you there. I want you there. It's going to be at the New York Hall of Science, which is a great venue, but it's also on the site of the former World's Fair, which is, I think, very appropriate, because I see this as a family reunion meets a world's fair. There's going to be exhibits and food, music. Paul McCartney is 11 steps away, so I'm hoping he brings his guitar. He hasn't RSVP'd yet, but fingers crossed. And there is going to be a day of speakers, of fascinating cousins. It's early, but I've already, I've got some lined up. Cass Sunstein, my cousin who is perhaps the most brilliant legal scholar, will be talking. He was a former member of the Obama administration. And on the other side of the political spectrum, George H.W. Bush, number 41, the father, he has agreed to participate, and Nick Kroll, the comedian, and Dr. Oz, and many more to come. And, of course, the most important is that you, I want you guys there, and I invite you to go to GlobalFamilyReunion.org and figure out how you're on the family tree, because these are big issues, family and tribe, and I don't know all the answers, but I have a lot of smart relatives, including you guys, so together, I think we can figure it out. Only together can we solve these big problems. So from cousin to cousin, I thank you. I can't wait to see you. Goodbye.

(Applause)

Six months ago,/ I got an email/ from a man/ in Israel/ who had read one of my books,/ and the email said,/ "You don't know me,/ but I'm your 12th cousin."//

6か月前 私は1通のEメールを受け取りました イスラエルの男性からです 彼はある私の本を読んで こう書いてきました 「あなたは私のことをご存じありません しかし私とあなたは 13代前の親が同一人物です」

And it said,/ "I have a family tree/ with 80,000 people/ on it,/ including/ you,/ Karl Marx,/ and several European aristocrats."//

そして 「私の家系図には 8万人が載っています あなたや カール・マルクス 何人かのヨーロッパ貴族も その中に含まれています」

Now/ I did not know/ what to make of this.//

私はこれをどう解釈すべきか 分かりませんでした

Part of me was like,/ okay,/ when's he/ going to ask me to wire 10,000 dollars/ to his Nigerian bank,/ right?//

一方の私はこう ― まあ いいや 彼はいつ私に ナイジェリアの銀行口座へ 1万ドルを送金してと頼むかな?と ねえ?

I also thought,/80,000 relatives,/ do I want/ that?//

私はまた考えました 8万人の親戚 自分にはそれが必要か?

I have enough trouble/ with some of the ones/ I have already.//

煩わしいことは今の親類とだけで充分 もう結構です

And I won't name names,/ but you know/ who you are.//

それに私は名前も覚えられないでしょう 自分でよく分かっています

But another part of me said,/ this is remarkable.//

しかしもう一方の自分は これは注目すべきことだと言っていました

Here/ I am alone in my office,/ but I'm not alone/ at all.//

オフィスでは私は一人ですが 全く一人という訳ではないのです

I'm connected to 80,000 people/ around the world,/ and that's four Madison Square Gardens full of cousins.//

私は世界中の8万人とつながっている この数はマディソン・スクエア・ガーデンが4つ 親類で満杯になる数です

And some of them are going to be great,/ and some of them are going to be irritating,/ but they're all related to me.//

そのうち何人かは素晴らしい存在となり 何人かには苛々させられるでしょうが 彼らは皆 自分と関係があるのです

So this email inspired me/ to dive into genealogy,/ which I always thought/ was a very staid and proper field,/ but it turns out/ it's going through a fascinating revolution,/ and a controversial one.//

こうしてこのEメールは私を 系譜学に飛び込ませました 私はこれは非常に退屈で 堅苦しい分野だと思っていましたが じつは魅惑的かつ物議を醸す 革命の真っただ中にあることが分かりました

Partly,/ this is because of DNA and genetic testing,/ but partly,/ it's because of the Internet.//

一つにはこれはDNAと 遺伝子検査によるものです しかしもう一つは インターネットのためです

There are sites/ that now take the Wikipedia approach/ to family trees,/ collaboration and crowdsourcing,/ and what you do/ is,/ you load your family tree on,/ and then/ these sites search to see/ if the A.J.// Jacobs/ in your tree is the same/ as the A.J.// Jacobs/ in another tree,/ and/ if it is,/ then/ you can combine,/ and then/ you combine and combine/ and combine/ until you get these massive, mega-family trees/ with thousands of people/ on them,/ or even/ millions.//

今や ウィキペディア的アプローチをとる 家系図のサイトがあるのです 協働とクラウドソーシングです あなたは ただ自分の 家系図を アップロードするだけです するとこのサイトは あなたの家系図上の A.J.ジェイコブスが 他の家系図のA.J.ジェイコブスと 同一人物か調べます もしそうなら あなたはそれを 結び付けることができます そうしてどんどん結び付けていき しまいにはこの巨大な 大家族の家系図ができるのです 何千人もの人々がここに載っています いや何百万人かもしれません

I'm on something/ on Geni called the world family tree,/ which has no less/ than a jaw-dropping 75 million people.//

私は Geni というサイト上で 世界規模の家系図の一員です ここにはなんとびっくり 7千5百万人の系図登録者がいます

So that's 75 million people connected by blood or marriage,/ sometimes/ both.//

この7千5百万人は 血がつながっているか 結婚したか 時にはその両方です

(Laughter)/ It's in all seven continents,/ including/ Antarctica.//

(笑) ここには南極を含む全7大陸の 人々が含まれています

I'm on it.// Many of you are on it,/ whether you know it or not,/ and you can see the links.//

私はその中にいます あなた方の多くもそうです あなたが知っていようがいまいが そしてあなたはこの結びつきを 見ることができます

Here's my cousin Gwyneth Paltrow.//

これは私の親類 グウィネス・パルトローです

She has no idea/ I exist,/ but we are officially cousins.//

彼女は私の存在を知りません しかし我々は正式な親類なのです

We have just 17 links/ between us.//

我々の間には17の隔たりしかありません

And there's my cousin Barack Obama.//

そしてバラク・オバマ も親類です

(Laughter)/ And he is my aunt's fifth great-aunt's husband's father's wife's seventh great-nephew,/ so practically/ my old brother.//

(笑) そして彼は叔伯母の高祖叔伯母の夫の 父の妻の雲姪孫です そう実質的には私の兄です

And my cousin,/ of course,/ the actor Kevin Bacon --/ (Laughter) --/ who is my first cousin's twice removed's wife's niece's husband's first cousin once removed's niece's husband.//

そして私の親類 もちろん 俳優ケヴィン・ベーコン ― (笑)― 彼は曽祖叔伯母の息子の 妻の姪の夫の従姪の夫の 姪の夫です

So six degrees of Kevin Bacon,/ plus or minus several degrees.//

そうケヴィン・ベーコンと 6親等の間柄です プラスマイナス数親等

Now,/ I'm not boasting,/ because all of you have famous people and historical figures/ in your tree,/ because we are all connected,/ and 75 million may seem like a lot,/ but in a few years,/ it's quite likely/ we will have a family tree/ with all,/ almost all,/seven billion people/ on Earth.//

私は自慢しているのではありません 誰の家系にも 有名人や歴史上の人物がいるからです なぜなら我々は皆 つながっているからです また7千5百万人は 多いと感じられるかもしれません しかし数年のうちに 我々は家系図に 地球上ほぼ全員 70億人を 入れることができるでしょう

But does it really matter?//

しかしこれが何だというのでしょう?

What's the importance?//

どう重要なのでしょう?

And I do think/ it is important,/ and I'll give you/ five reasons/ why,/ really quickly.//

私はじつに重要だと思っています そしてその5つの理由を ごく簡単にお話しします

First,/ it's got scientific value.//

第一に それには 科学的価値があります

This is an unprecedented history of the human race,/ and it's giving us/ valuable data/ about how diseases are inherited,/ how people migrate,/ and there's a team of scientists/ at MIT right now/ studying the world family tree.//

これは人類の歴史を表すものとしては 前例のないもので 価値あるデータを提供しています 病気がどのように遺伝するか どのように人が移住するのか そしてMITの科学者チームがちょうど今 世界規模の家系図について 研究しています

Number two,/ it brings history alive.//

二つ目に これは歴史を 生き生きしたものにします

I found out/ I'm connected to Albert Einstein,/ so I told my seven-year-old son/ that,/ and he was totally engaged.//

私は自分がアルバート・アインシュタインと つながりがあることを発見しました それで7歳の息子にそれを教えたら 彼はすっかり魅せられました

Now Albert Einstein is not some dead white guy/ with weird hair.//

今やアルバート・アインシュタインは あの世にいる 変な髪形の 白人の男ではないのです

He's Uncle Albert.// (Laughter)/ And my son wanted to know,/ "What did he say?// What is E = MC squared?"//

彼はアルバートおじさんなのです(笑) そして息子は知りたがりました 「彼は何を言ったの? E=MCの二乗って何?」

Also,/ it's not all good news.//

またこれはいい知らせばかり とは限りません

I found a link/ to Jeffrey Dahmer,/ the serial killer,/ but I will say/ that's on my wife's side.//

私は連続殺人犯ジェフリー・ダーマーとの つながりも見つけました しかしこれは私の妻方で あることを申し上げておきます

(Laughter) (Applause)/ So I want to make/ that clear.// Sorry,/ honey.//

(笑)(拍手) そう これははっきりしておきたい ごめんね

Number three,/ interconnectedness.//

3番目に 相互に つながっていることです

We/ all come from the same ancestor,/ and you don't have to believe/ the literal Bible version,/ but scientists talk about Y chromosomal Adam and mitochondrial Eve,/ and these were about 100,000/ to 300,000 years ago.//

我々は皆同一の祖先から 生まれているのです といっても聖書の説明を 文字通りに信じなくてよく 科学者たちは Y染色体のアダムと ミトコンドリアのイブ について語っています これらは約10万から30万年前のことです

We/ all have a bit of their DNA/ in us.//

我々は彼らのDNAを ほんの少しだけ持っています

They are our great-great-great-great-great-great --/ continue/ that for about 7,000 times --/ grandparents,/ and so/ that means we literally/ all are biological cousins as well,/ and estimates vary,/ but probably/ the farthest cousin/ you have on Earth is about a 50th cousin.//

彼らは我々の曽-曽-曽-曽-曽-曽 ― これが7千回続きます ― 祖父母です つまり我々は文字通り 皆 生物学的に親類なのです 推定にはばらつきが ありますが おそらく 地球上で最も遠い親類とは 約51代前の先祖が共通しています

Now,/ it's not just ancestors/ we share,/ descendants.//

今や 我々が共有しているのは 先祖だけではありません 子孫もです

If you have kids,/ and they have kids,/ look/ how quickly/ the descendants accumulate.//

あなたに子どもがいるように 彼らにもいます 子孫がどれだけ急速に 増えるか見てみましょう

So/ in 10,12 generations,/ you're going to have/ thousands of offspring,/ and millions of offspring.//

10、12世代目になると あなたには何千人もの 子孫がいるでしょう いや何百万人もです

Number four,/ a kinder world.//

4番目に 人に優しい世界です

Now,/ I know/ that there are family feuds.//

今や 家族には確執がある ことを私は知っています

I have three sons,/ so I see/ how they fight.//

私には3人息子がおり 彼らの喧嘩の様子を見ています

But I think/ that there's also/ a human bias/ to treat your family/ a little better/ than strangers.//

しかし 私が思うに 人間は 他人よりも自分の家族を少しだけ 贔屓してしまうものです

I think/ this tree is going to be bad news/ for bigots,/ because they're going to have to realize/ that they are cousins/ with thousands of people/ in whatever ethnic group/ they happen to have/ issues with,/ and I think/ you look back/ at history,/ and a lot of the terrible things/ we've done to each other is/ because one group thinks another group is sub-human,/ and you can't do that anymore.//

この家系図は偏見を持つ人には 悪い知らせだろうと思います なぜなら彼らは知ることになるからです 自らが問題視している民族に属する 何千という人々と 自分が親類であることを そして歴史を振り返ると 我々が互いにしてきた 多くのひどいことは ある集団が他の集団を 人間以下とみなすから起きるのです しかしもう そんなことはできません

We're not just part of the same species.//

我々は同じ種であるだけでなく

We're part of the same family.//

我々は同じ家族の一員なのです

We share 99.9 percent of our DNA.//

我々はDNAの99.9%を 共有しています

Now/ the final one is number five,/ a democratizing effect.//

そして最後の5番目です 民主化の効果です

Some genealogy has an elitist strain,/ like people say,/ "Oh,/ I'm descended from Mary Queen of Scots/ and you're not,/ so you can not join my country club."//

ある家系は優秀な血統です 人々がこう言うような 「おお 私は スコットランドのメアリー女王の子孫だ でもあなたは違うから 私のカントリークラブに入会不可」

But that's really going to be hard/ to do now,/ because everyone is related.//

しかしこういうことは もう難しくなるでしょう なぜなら全員が親戚だからです

I'm descended from Mary Queen of Scots --/ by marriage,/ but still.//

私はスコットランド女王 メアリーの子孫です ― 結婚によってですが しかしそれでも

So it's really/ a fascinating time/ in the history of family,/ because it's changing so fast.//

そう それは家族の歴史の中で 非常に魅力的なひとときです なぜならあっという間に 状況は変わるからです

There is gay marriage and sperm donors/ and there's intermarriage/ on an unprecedented scale,/ and this makes some of my more conservative cousins/ a little nervous,/ but I actually think/ it's a good thing.//

同性婚や精子ドナーが現れ さらに史上例を見ないほどの規模で 異民族間結婚が行われています そして保守的な私の親類は これに対し 少しピリピリするでしょう しかしこれは良いことだと 私は思います

I think the more inclusive/ the idea of family is,/ the better,/ because then/ you have more potential caretakers,/ and as my aunt's eighth cousin twice removed/ Hillary Clinton says --/ (Laughter) --/ it takes a village.//

家族という概念が 包括的になればなるほど 良いと思うのです なぜならあなたを世話する 人が増えるからです そして私の叔伯母と 9代前の親が同一で2代違いの ヒラリー・クリントンが言うには ― (笑)― 「村中みんなで」です

So/ I have all these hundreds and thousands,/ millions of new cousins.//

そう私にはこの何百何千 何百万の新たな親類がいます

I thought,/ what can I do with this information?//

私は この情報を使って 何ができるか考えました

And that's/ when I decided,/ why not throw a party?//

そして私は決めたのです パーティを開いたらどうか?

So that's/ what I'm doing.//

そう それが今私が しようとしていることです

And you're all invited.//

皆さんも ご招待しますよ

Next year,/ next summer,/ I will be hosting/ what I hope is the biggest and best family reunion/ in history.//

来年 来年の夏です 私は願わくば 史上最大で最高の 親族会を主催するのです

(Applause)/ Thank you.// I want you there.//

(拍手) ありがとうございます ぜひ来てください

I want you there.//

ぜひ来てくださいね

It's going to be at the New York Hall of Science,/ which is a great venue,/ but it's also/ on the site of the former World's Fair,/ which is,/ I think,/ very appropriate,/ because I see this/ as a family reunion meets a world's fair.//

場所はニューヨーク科学ホールです 最高の開催地であり しかも旧万国博覧会会場 でもあります 非常に最適な場所だと 私は思います なぜならこれは 親族会としては 万国博覧会にあたるからです

There's going to be exhibits and food,/ music.//

展示物や食べ物 音楽もあるでしょう

Paul McCartney is 11 steps away,/ so I'm hoping/ he brings his guitar.//

ポール・マッカートニーは 私と11人離れています ですから彼がギターを持ってきて くれることを私は願っています

He hasn't RSVP'd yet,/ but fingers crossed.//

招待状の返事はまだですが うまくいきますように

And there is going to be a day of speakers,/ of fascinating cousins.//

そして魅力的な親類たちが一日中 スピーチをします

It's early,/ but I've already,/ I've got some lined up.//

早くも私は着手しています すでに何人か確保しました

Cass Sunstein,/ my cousin/ who is perhaps the most brilliant legal scholar,/ will be talking.//

キャス・サンスティーン 私の親類で おそらく 最も聡明な法学者の 彼が話します

He was a former member of the Obama administration.//

彼はオバマ政権の旧メンバーです

And/ on the other side of the political spectrum,/ George H.W.// Bush,/ number 41,/ the father,/ he has agreed to participate,/ and Nick Kroll,/ the comedian,/ and Dr. Oz,/ and many more to come.//

そして政治的スペクトラムの 反対側に位置する ジョージ・H・W・ブッシュ 第41代 お父さんのほうです 彼はもう参加すると言っています それからコメディアンのニック・クロール それからドクター・オズ その他大勢の方が来ます

And,/ of course,/ the most important is/ that you,/ I want/ you guys there,/ and I invite you/ to go to GlobalFamilyReunion.org/ and figure out/ how you're on the family tree,/ because these are big issues,/ family and tribe,/ and I don't know all the answers,/ but I have a lot of smart relatives,/ including you guys,/ so together,/ I think/ we can figure it out.//

そしてもちろん最も重要なのは あなたです 皆さんに来てほしいのです ぜひ皆さん GlobalFamilyReunion.orgにアクセスして 自分が家系図のどこにいるか見つけて下さい なぜなら家族と民族とは 重大な問題だからです しかし私は全ての答えを 知っているわけではありません それでも私には賢い親戚が たくさんいます あなたも含めてです ですから皆で考えれば 答えが出ると思います

Only together can/ we solve these big problems.//

一緒にやれば我々は この大問題を解決できるでしょう

So/ from cousin/ to cousin,/ I thank you.// I can't wait to see/ you.//

親愛なる親類の皆様へ ありがとうございました お会いするのが待ちきれません

Goodbye.//

さようなら

(拍手)

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

cousin

『いとこ』

『親類』,縁者

(性質などが)よく似たもの,兄弟分

family tree

家系図

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

Marx

マルクス(『Karl~;1818‐83;ドイツの経済学者・哲学者』

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

aristocrat

『貴族』[『の一人』]

貴族的な人,貴族趣味の人

貴族政治主義者

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

okay

=OK,O.K.

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

Madison

マディソン(米国Wisconsin州の州都)

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

irritate

…‘を'『怒らせる』,『いらだたせる』

…‘を'刺激する;…‘に'炎症を起こさせる

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

genealogy

〈C〉系図,系譜

〈U〉系図(系譜)学

〈C〉子孫,血統

staid

落ち着いた,着実な,まじめな

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

continent

自制した,禁欲的な

Antarctica

南極大陸

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

officially

公選上,職務がら

公式に

形式的には,表面上は

aunt

『おば』

おばさん(年長の婦人に対する敬称)

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

great-aunt

=grandaunt

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

seventh

《the~》『第7の』,7番目の

7分の1の

《the~》『第7』,7番目[のもの],(月の)7日

〈C〉7分の1

〈C〉(音楽で)7度

practically

『実質的には』,『事実上』,ほとんど(almost)・『実際的に』,実用的に,実際的な方法で

actor

(男の)『俳優』,『男優』

行為者

Bacon

ベーコン(『Francis』『~』;1561‐1626;英国の随筆家・哲学者・政治家)

first cousin

=cousin 1

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

niece

『めい』(自分や配偶者の兄弟姉妹の娘)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

minus

…を引くと,を減ずると

《話》…なしで,を失って,のない(without)

『マイナスの』,負の(negative)

《名詞の後にのみ用いて》…より少し低い(小さい,劣る)

ゼロ以下の

(また『minus sign』)負号,マイナス記号

負数

boast

(…を)『自慢する』,鼻にかける《+『about』(『of』)+『名』(do『ing』)》

…'を'『自慢する』,鼻にかける

…'を'『誇りとして持っている』,‘が'自慢の種である

誇り

『自慢』,自慢話

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

unprecedented

先例のない,みぞうの

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

human race

人類,人間

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

datum

dataの単数形

既知の事実

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

inherit

(…から)〈財産・権利・称号など〉‘を'『相続する』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈体質・性質など〉‘を'『受け継ぐ』《+『名』+『from』+『名』》

(前任者・前代から)…‘を'受け継ぐ,継承ぐ,継承する《+『名』+『from』+『名』》

財産を相続する

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

totally

全く,完全に

engaged

《補語にのみ用いて》(…に)忙しい《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《英》(電話などが)話し中の,ふさがっている(《米》busy)

《補語にのみ用いて》約束済みの

婚約中の

交戦中の

(歯車が)かみ合った

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

serial

(雑誌などの)連載物;定期刊行物;(テレビ・ラジオなどの)続き物,連続物

続き物の,連続物の

連続している,順次の

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

literal

(訳などが)原文の語句に忠実な

(比喩(ひゆ)的でなく)文字通りの意味の

(人が)字句の意味にこだわる想像力のとぼしい

事実通りの,誇張のない

Bible

《the~》『聖書』

〈C〉《b-》権威ある書籍

〈C〉《しばしばb-》(諸宗数の)聖典

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

Adam

アダム(聖書によれば,神が天地を創造したとき,最初Adamをつくり,そのろっ骨の1本から最初の女Eveを造ったという)

Eve

イブ,エバ(神が創造した人類最初の女性;Adamの妻)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

grandparent

祖父母;その一方

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

probably

『たぶん』,『おそらく』

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

descendant

(…の)『子孫』《+『of』+『名』》

下りの,下降する

祖先伝来の,世襲の

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

accumulate

…'を'『蓄積する』,ためる

『たまる』,ふえる

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

offspring

《単数・複数扱い》(人間や動物の)『子;子孫』

(…から)生じたもの,(…の)結果,所産《+『of』+『名』》

feud

(長く続く)不和,反目

(2家族間で)反目する

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

bigot

(信仰・主義などに凝り固まった)がんこな迷信家,(人種的)偏見の持ち主

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

elitist

エリート[の一人]

strain

…‘を'『引っ張る』

(使い過ぎて)〈体など〉‘を'『痛める』,弱める

…‘を'『最大限に働かせる』,精一杯使う

〈意味・規則など〉‘を'曲げる,こじつける,拡大解釈する

〈液体〉‘を'『こす』;(液体から)〈固形分〉‘を'こして取る《+『out(off)』+『名』+『from』+『名』》

全力を尽くす,懸命に努力する

ぱんと張る

〈C〉〈U〉『張りつめること』,張る力

〈C〉『筋違い』,ねんざ,くじき

〈U〉(精神的に,極度に)緊張,重荷,過労

〈C〉骨のおれる仕事,激務

descend

(高い所から低い所へ)『下る』,『降りる』《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(古い時代から新しい時代へ)『伝わる』,系統を引く《+『from』+『名』+『to』+『名』》

身を落とす

〈人などが〉…‘を'下る,降りる;〈道などが〉…‘を'下る

(…の)子孫である

Mary

聖母マリア(また『Virgin Mary, Saint Mary』)

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

country club

カントリークラブ(ゴルフやテニスなどの設備を持つ郊外のクラブ)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

gay

『陽気な』,愉快な,うきうきした

はでな色の,華やかな

放蕩な,不身持ちの

《話》同性愛の,ホモの

sperm

〈C〉精子

〈U〉精液

donor

寄付者,寄贈者

(移植用の組織・器官の)提供者,献血者

intermarriage

異なった種族(宗教,階級)間の結婚

近親(血族)結婚

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

conservative

(人・考え方などが)『保守的な』・保守主義の

《C-》保守党の

(見積もり,評価などが)控え目の,穏健な,慎重な

保守的な人,保守主義者

《C-》保守党員

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

inclusive

『全部を含んだ』,包括的な

《数詞などの後に用いて》(勘定などに)含めて,入れて(《略》『incl.』)

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

caretaker

(家・土地などの)管理人;守衛

(また,おもに《米》『janitor』)雑役夫,掃除夫,用務員

eighth

《the ~》『第8の』,8番目の

8分の1の

《the ~》『第8』,8番目[のもの];(月の)8日

〈C〉8分の1

〈C〉(音程の)8度,オクターブ

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

reunion

〈U〉再結合すること

〈U〉(親しい者たちの)再会,同窓会

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

venue

行為地(犯罪・不法行為などの発生地) ・現場

裁判地(裁判の行われる場所)会合場所; 開催地,予定地; (仕事などの)場所 〈米〉立場、意見 「a change of venue」で「会合場所の変更・ 裁判地の変更」

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

guitar

『ギター』

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

crossed

(十字形に)交差した

十字を引いてある,線引きの

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

scholar

『学者』

《話》学のある人,博学の人

奨学生,特待生

《文・古》小学生,生徒

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

spectrum

スペクトル(光がプリズムを通過するとき生じる色の帯)

(電磁波・音波などの)範囲,スペクトル

(多様だが関連あるものの)連続[範囲]《+『of』+『名』》

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

nick

刻み目(notch)

表面だけの切り傷,かすり傷

…‘に'刻み目(傷)をつける・「in the nick of time」で「きわどい時に, ちょうどよく」

comedian

喜劇俳優,コメディアン

客を笑わせる芸人

(一般に)こっけいな人,おどけ者

oz

ounce

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

tribe

《集合的に》《単数・複数扱い》『部族』

《しばしば軽べつして》(…の)仲間,集団,連中《+of+名》

(動植物の)族(family(科)と genus(属)の間の分類単位)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

関連動画