TED日本語 - クレイトン・キャメロン: 数楽リズム―音楽のビートに隠された数学

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

さあ、一緒にその場で踊りましょう。ドラマーのクレイトン・キャメロンは、R&Bからラテン、ポップスまで、いろんな音楽をビートに分解します。ヒップホップとジャズが数学よりクールだということはありません―数学に基づいたリズムなのですから。

Script

リズムが好きな人は? オーケー、オーケー、オーケー(喝采)

(ドラム演奏)

僕は いろんなリズムが大好き ジャズも好きだし ファンクも ヒップホップ ポップスも R&Bも ラテンも演奏する アフリカ音楽も この最高のリズムは クレセントシティの伝統的パレード セカンド・ラインから (喝采)

いろんなリズムに共通していること それは数学 「数楽リズム」と呼ぶんだ 僕の後に続いて 数楽リズム ―数楽リズム

数楽リズム ―数楽リズム

数楽、数楽 ―数楽、数楽

数楽リズム ―数楽リズム

いいね こうしたリズムはすべて 4拍子でありながら 3で割れるんだ どういうこと? 3は魔法の数 3は いかした数で 3は ヒップホップみたいなもの でも 3で割り切れるってどういうこと? しかも 4拍子? こんな風に考えてみて 音楽の単位が ドルだとする 1ドルは 25セント硬貨4枚と同じだね だから 音楽は4分の4拍子で 4つの音からなる

これを どうやって割るのか? 思い浮かべてほしいのは 3ドル分の25セント硬貨 4拍のグループが3つできるね それを数えてみよう 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 一緒に

1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4

どう リズムを感じたかな? 4拍のグループ 3つを入れ替えて 3拍のグループ 4つにしてみよう 聞いてみて 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 一緒に 1、2、3、4 1、2、3、4 皆で

1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4

いいね ほら セカンド・ラインだろ 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 よし これこそ 数楽リズムなんだ さあ一緒に 数楽リズム ―数楽リズム

数楽リズム ―数楽リズム

数楽、数楽 ―数楽、数楽 数楽リズム ―数楽リズム

スイング・ビートに乗って もう一度 1、2、1、2 1、2、3、4 そう いいね 1、2、3 1、2、3 1、2、3 1、2、3

セカンド・ラインのビートと スイング・ビートを組み合せよう すると こんな感じだね

うん

数楽リズム ―数楽リズム

数楽リズム ―数楽リズム

数楽、数楽 ―数楽、数楽

数楽リズム ―数楽リズム ヒップホップだ 3拍のグループを速いテンポですると 3連音符になるんだ 3連音符 一緒に

3連音符 3連音符、3連音符

これまで聞いたリズムをすべて まとめると こんな風になるよ

数楽リズム

(拍手)

How many of you love rhythm? Oh yeah, oh yeah. Oh yeah. (Cheers)

(Drumming)

I mean, I love all kinds of rhythm. I like to play jazz, a little funk, and hip hop, a little pop, a little R & B, a little Latin, African. And this groove right here, comes from the Crescent City, the old second line. (Cheers)

Now,one thing all those rhythms have in common is math, and I call it a-rhythm-etic. Can you repeat after me? A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

Clayton Cameron: A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: A-rhythm a-rhythm. Audience: A-rhythm a-rhythm.

CC: A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: Yeah. Now all those styles of rhythm are all counted in four and then subdivided by three. What? Yeah. Three is a magic number. Three is a groovin' number. Three is a hip-hop kind of number. But what does subdividing by three mean? And counting off by four? Well, look, think of it this way. A measure of music as a dollar. Now a dollar has four quarters, right? And so does a 4/4 measure of music. It has four quarter notes.

Now, how do you subdivide? Now let's envision this: three dollars' worth of quarters. You would have three groups of four, and you would count it,a-one-two-three-four,one-two-three-four,one-two-three-four. Together.

All: A-one-two-three-four,one-two-three-four,one-two-three-four.

CC: Okay, now you feel that? Now let's take those three groups of four and make them four groups of three. And listen to this. A-one-two-three-four,one-two-three-four,one-two-three-four, with me. One-two-three-four,one-two-three, come on, y'all!

All: One-two-three-four,one-two-three-four,one-two-three-four, ah.

CC: There you go. All right, second line. One-two-three-four,one-two-three. One-two-three-four, one-two-three. One-two-three-four,one-two-three. One-two-three-four, one-two-three. Yeah. Now, that's what I call a-rhythm-etic. Can you say it? A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: A-rhythm a-rhythm. Audience: A-rhythm a-rhythm. CC: A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: Yeah. Now pick the swing beat, and do the same thing. One,two,one,two, a-one-two-three-four. Yeah. Mm. One-two-three,one-two-three,one-two-three,one-two-three. Whoo.

So I want to take the second line beat and the swing beat and put them together, and it sounds something like this.

Aha.

A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic.

CC: A-rhythm a-rhythm. Audience: A-rhythm a-rhythm.

CC: A-rhythm-etic. Audience: A-rhythm-etic. CC: Yeah. Hip-hop. Now it's using a faster group of three we call a triplet. Triplet-triplet. Say it with me.

All: Triplet-triplet. CC: Triplet-triplet. Triplet-triplet.

CC: So I'll take all the rhythms that you heard earlier, we'll put them together, and they sound like this.

A-rhythm-etic.

(Applause)

How many of you love rhythm?//

リズムが好きな人は?

Oh yeah,/ oh yeah.// Oh yeah.// (Cheers) (Drumming)/ I mean,/ I love all kinds of rhythm.//

オーケー、オーケー、オーケー(喝采) (ドラム演奏) 僕は いろんなリズムが大好き

I like to play/ jazz,/ a little funk,/ and hip hop,/ a little pop,/ a little R & B,/ a little Latin,/ African.//

ジャズも好きだし ファンクも ヒップホップ ポップスも R&Bも ラテンも演奏する アフリカ音楽も

And this groove right here,/ comes from the Crescent City,/ the old second line.//

この最高のリズムは クレセントシティの伝統的パレード セカンド・ラインから

(Cheers) Now,/one thing/ all those rhythms have in common is math,/ and I call it a-rhythm-etic.//

(喝采) いろんなリズムに共通していること それは数学 「数楽リズム」と呼ぶんだ

Can you repeat after me?// A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

僕の後に続いて 数楽リズム ―数楽リズム

Clayton Cameron:/ A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ A-rhythm a-rhythm.// Audience:/ A-rhythm a-rhythm.//

数楽、数楽 ―数楽、数楽

CC:/ A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ Yeah.//

いいね

Now/ all those styles of rhythm are all counted in four/ and then subdivided by three.//

こうしたリズムはすべて 4拍子でありながら 3で割れるんだ

What?//

どういうこと?

Yeah.// Three is a magic number.//

3は魔法の数

Three is a groovin/' number.//

3は いかした数で

Three is a hip-hop kind of number.//

3は ヒップホップみたいなもの

But what does subdividing/ by three mean?//

でも 3で割り切れるってどういうこと?

And counting off/ by four?//

しかも 4拍子?

Well,/ look,/ think of it/ this way.//

こんな風に考えてみて

A measure of music/ as a dollar.//

音楽の単位が ドルだとする

Now/ a dollar has four quarters,/ right?//

1ドルは 25セント硬貨4枚と同じだね

And so does a 4/4 measure of music.//

だから 音楽は4分の4拍子で

It has four quarter notes.//

4つの音からなる

Now,/ how do you subdivide?//

これを どうやって割るのか?

Now/ let's envision/ this:/ three dollars/' worth of quarters.//

思い浮かべてほしいのは 3ドル分の25セント硬貨

You would have three groups of four,/ and you would count it,/a-one-two-three-four,one-two-three-four,one-two-three-four.// Together.//

4拍のグループが3つできるね それを数えてみよう 1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 一緒に

All:/ A-one-two-three-four,/one-two-three-four,one-two-three-four.//

1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4

CC:/ Okay,/ now/ you feel/ that?//

どう リズムを感じたかな?

Now let's take those three groups of four/ and make them/ four groups of three.//

4拍のグループ 3つを入れ替えて 3拍のグループ 4つにしてみよう

And listen to this.//

聞いてみて

A-one-two-three-four,/one-two-three-four,one-two-three-four,/ with me.//

1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4 一緒に

One-two-three-four,one-two-three,/ come on,/ y'all!//

1、2、3、4 1、2、3、4 皆で

All:/ One-two-three-four,one-two-three-four,one-two-three-four,/ ah.//

1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4

CC:/ There/ you go.//

いいね

All right, second line.//

ほら セカンド・ラインだろ

One-two-three-four,one-two-three.//

1、2、3、4 1、2、3、4

One-two-three-four,/ one-two-three.//

1、2、3、4 1、2、3、4

One-two-three-four,one-two-three.//

1、2、3、4 1、2、3、4

One-two-three-four,/ one-two-three.// Yeah.//

1、2、3、4 1、2、3、4 よし

Now,/ that's/ what I call a-rhythm-etic.//

これこそ 数楽リズムなんだ

Can you say it?// A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

さあ一緒に 数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ A-rhythm a-rhythm.// Audience:/ A-rhythm a-rhythm.//

数楽、数楽 ―数楽、数楽

CC:/ A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ Yeah.// Now pick the swing beat,/ and do the same thing.//

スイング・ビートに乗って もう一度

One,two,one,two, a-one-two-three-four.//

1、2、1、2 1、2、3、4

Yeah.// Mm.//

そう いいね

One-two-three,/one-two-three,one-two-three,one-two-three.// Whoo.//

1、2、3 1、2、3 1、2、3 1、2、3

So I want to take/ the second line beat/ and the swing beat/ and put them together,/ and it sounds something/ like this.//

セカンド・ラインのビートと スイング・ビートを組み合せよう すると こんな感じだね

うん

A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ A-rhythm a-rhythm.// Audience:/ A-rhythm a-rhythm.//

数楽、数楽 ―数楽、数楽

CC:/ A-rhythm-etic.// Audience:/ A-rhythm-etic.//

数楽リズム ―数楽リズム

CC:/ Yeah.// Hip-hop.//

ヒップホップだ

Now/ it's using a faster group of three/ we call a triplet.//

3拍のグループを速いテンポですると 3連音符になるんだ

Triplet-triplet.// Say/ it/ with me.//

3連音符 一緒に

All:/ Triplet-triplet.//

3連音符

CC:/ Triplet-triplet.// Triplet-triplet.//

3連音符、3連音符

CC:/ So I'll take all the rhythms/ that you heard earlier,/ we'll put them together,/ and they sound like this.//

これまで聞いたリズムをすべて まとめると こんな風になるよ

A-rhythm-etic.//

数楽リズム

(拍手)

rhythm

〈U〉『律動,リズム』;韻律

〈C〉(特定の)リズム

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

funk

《a ~》《話》おじけ

おくびょう者

〈物事〉‘に'おじけづかせる

怖がる,しりごみする

hip

『腰』[の一方の側],ヒップ

= hip joint

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

Latin

〈U〉(古代ローマで用いた)『ラテン語』

〈C〉(古代ローマに住んでいた)ラティウム人,古代ローマ人

〈C〉ラテン[系]民族の人

『ラテン語の』

ラテン系民族の;ロマンス語族の言語を使う民族(諸国)の

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

groove

(石・木・金属などに刻んだ)みぞ

(レコード盤面の)みぞ

慣例,きまり

…‘に'みぞを掘る(刻む)

crescent

〈C〉三日月,弦月

〈C〉三日月形の物;《おもに英》三日月形の広場(街路);《米》三日月形パン

《the C-》(トルコの)新月旗;トルコ国(軍)

三日月形の

次第に増大する

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

subdivide

…を[さらに](…に)細分化する《+名+into+名》

[さらに]分かれる

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

quarter note

(音楽の)4分音符

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

envision

=envisage

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

okay

=OK,O.K.

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

swing

(一定の動きで)…‘を'『振る』,揺り動かす

(一点を軸にして)…‘を'『回転させる』,ぐるりと回す

〈棒など〉‘を'『振り回す』

…‘を'向きを変える

〈物〉‘を'『つるす』,掛ける

《米話》〈取引きなど〉‘を'うまく処理する,思いどおりに操る

(…から別の意見・立場などに)…‘を'変える《+from+名+to+名》

《副詞[句]を伴って》(一定の動きで)『揺れる』,揺れ動く;ぶらんこに乗る

(一点を軸にして)『回転する』,ぐるりと回る

(大きく弧を描くように)(…を)打つ《+at+名》

(…の方に)向きを変える《+on(onto,to,into)+名》

のびのびと調子よく歩く,活動的になる

《話》(…のことで)絞首刑になる《+for+名》

(別の意見・立場などに)変わる《+to(toward)+名(doing)》

《話》〈音楽が〉スイング風である(に演奏する)

〈C〉〈U〉(一定の動きを伴う)揺れ,振動;(ある方向への)揺れ動き《+toward+名》

〈C〉振幅

〈C〉『ぶらんこ』;ぶらんこ遊び

〈U〉《しばしば a~》リズミカルな動き(歩き方)

〈C〉(…を)大きく振ること,打つこと《+of+名》

〈U〉活動の自由

〈U〉スイング(1930‐40年代のジャズのリズム)

〈C〉各国・各大陸を飛び歩く

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

aha

ほほう,ほ‐ら,どんなものだ(勝利感・得意・驚き・皮肉・軽べつなどを表す声)

triplet

三つ組

3連音符

三つ子の一人

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画