TED日本語 - アッシュ・ベッカム: 誰もが抱える心の壁―勇気を出して壁を打ち破ろう

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

この感動的なトークでアッシュ・ベッカムが提案するのは、人に共感し、心を開くための新しい方法です。誰もがつらい時期を経験することがあります。そうした事実を受け入れた上で、様々な困難を乗り越えるには、心の扉を打ち開き一歩を踏み出すしかないのだと、ベッカムは訴えます。

Script

今晩 お話しするのは カミングアウトについてです いわゆる「カミングアウト」 ゲイだと打ち明けること ではありません 誰しも 心に 壁を作っています その後ろに 隠れているのは 誰かに初めて 愛の告白をすることや 妊娠したこと ガンであることを 伝えることかもしれません 他にも 私たちが 人生で経験する― さまざまな重い話が 隠れています 心の壁の向こうにあるのは 重い話です 抱える問題は 本当に さまざまでしょう でも 心に 押し込めていたものを 扉を開けて解き放つ経験は 誰しも同じです 怖いですし 嫌ですが しないといけないことです

数年前 私は サウス・サイド・ ウォールナット・カフェという 地元の食堂で 働いていました その食堂で 私は さまざまな段階を経て 過激派レズビアンに なりました 脇の処理をせず アーニー・ディフランコの 言葉を崇めました だぶだぶの カーゴパンツで 頭を剃って すぐのときには こんな質問を よくされました たいていは 小さな子どもからで

「あのー あなたは男の子? それとも女の子?」

その場は ぎこちない沈黙に包まれ 私は いつもより少しだけ固く 歯をかみしめ コーヒーポットを ここぞとばかりに 強く握りしめました 父親は あたふたと 新聞をめくり 母親は その子を ダメよという目で見ます それでも 私は何も言いませんでした ただ 心の中で 激しい感情が渦巻いていました そのうち 3~10歳の子どもがいる― テーブルへは 戦闘態勢で 臨むようになりました (笑) 最悪の気分です ですから 次こそは 何か言うぞと心に決めたのです あの重い会話を すると決めたのです

何週間も経たないうちに そのときが やってきました

「あなたは男の子? それとも女の子?」

あの沈黙が訪れます でも 心の準備はできていました 私は まさに 女性学入門の講義を 始めんばかりの 勢いでした(笑) ベティ・フリーダンの言葉も グロリア・スタイネムの言葉も さらには『ヴァギナ・モノローグス』からの 引用も用意していました 深呼吸をして 声の方を見ると 私を見上げていたのは ピンクのドレスを着た4歳の少女でした フェミニストの決闘相手に ふさわしくない ただの子どもが 知りたがっているだけ 「あなたは男の子? それとも女の子?」

もう一度 深呼吸をして そばに しゃがんで 言いました 「ねぇ 困るわよね 分かるわ 髪も短くて 男の子みたいだし 服装も男の子っぽいわね でも 女の子よ あなたも ピンクの服を 着たい時もあれば ゆったりしたパジャマを 着たい時だってあるでしょ 私はね パジャマ好きな女の子なのよ」

その子は 私の目を まっすぐ見て ひるむ様子もなく 言ったのです 「私はお魚さんがついた 紫のパジャマが好きよ パンケーキを もらえますか?」 (笑) それだけでした 「そう 女の子なんだ あのパンケーキを お願いね」って

あれほど軽く 重い話をしたのは 初めてでした なぜでしょう? パンケーキの子と私は お互いに 本心でぶつかり合ったからです

皆さんも そうだと思いますが 私も いろんな思いを 壁の奥に押し込めてきました たいてい 私の壁は 虹色をしていましたが 一歩中に入れば 暗闇で 壁の色も分かりません 暗闇で 息をひそめて生きることが どんなものか分かるでしょう 結局 壁の後ろにある世界は 同じなのです―あなたのも あなたのも 一緒です もちろん 私の方が あなたよりも つらい理由なんて いくらでも あげられます でも つらさは 相対的なものではありません つらいものは つらいんです 自己破産をしたことを 告白する方が 浮気を告白するより つらいなんて言えますか? あの人が 打ち明けることの方が 5歳の子どもに離婚を話すより つらいと言えるでしょうか? どちらが つらいかではなく ただ つらいんです つらさを他人と比べるのは やめないといけません 他人と比較して 安心したり落胆したりするのでなく ただ皆 つらいんだと 気持ちを寄せるのです 長い人生 誰しも 心に壁を作ることがあります その中にいれば 安全と感じるでしょう 少なくとも 扉の向こうよりマシでしょう でも 皆さんに お伝えしたいのは その壁が 何でできていようとも そこは 人が 生きる場所ではありません

ありがとう(拍手)

20年前の自分を 思い浮かべてみてください 当時 私はポニーテールで ストラップレスドレスを着て ハイヒールを 身に付けていました 当時は 過激派 レズビアンではなく カフェにいた4歳児に 立ち向かう用意もありませんでした 私は恐怖で凍りつき 壁に囲まれた真っ暗闇の中 隅っこで 丸まっていました ゲイという手りゅう弾を 手に握りしめ 筋肉をちょっと 動かすのでさえ 今までにないくらい 恐ろしく感じていました 私の家族 友人 見ず知らずの他人― 私は こうした人たちの 期待に応えるべく 生きてきました でも 今は自ら 世界をひっくり返しています わざとです 長い間 私たちが 従ってきた筋書きを すべて破り捨てて いるのです 自分の手にある手りゅう弾を 捨てなければ 死んでしまいますから

手りゅう弾を手放した中で 最高だったのが 姉の結婚式での 手りゅう弾トスです (笑) 私がゲイだと知っている方が たくさん集まるのは 初めてだったので 花嫁の付き添いをしながら 黒いドレスで ヒールを履いたまま 各テーブルを まわったのです ついに 私のことを 長年知っている― 両親の友人たちのテーブルに 行きつきました 世間話のあと ある女性が大声で言いました 「私は ネイサン・レインが好きよ」と すると皆が 親ゲイ派を アピールし出しました

「ゲイタウンのカストロ通りは 行った?」

「実はサンフランシスコに 友だちがいるのよ」

「行ったことがないけど 素晴らしいと聞いたわ」

「美容師のアントニオは 知ってるかしら? 腕は確かだし 彼女の話なんてしないのよ」

「好きなテレビ番組は? 私たちは『ふたりは友達? ウィル&グレイス』ね 誰が好きかって? ジャックよ ジャックが お気に入りなの」

ある女性は 言葉に詰まって 困っていましたが それでも なんとか応援したいと思い 私の味方だと 伝えようとして ようやく 出てきた言葉が― 「ほら 私の夫も 時々 ピンクのシャツを着るわよ」 (笑)

そのとき 私には 2つの選択肢がありました 手りゅう弾を放り出す誰もが 必ず通る道です 一つは そのまま 彼女やゲイ仲間がいるテーブルに戻り 今の出来事を バカにすることです 世間知らずで ゲイについて差別・偏見なく 話すこともできないのか と非難することもできます もう一つの選択肢は 彼らに共感して きっとこれまで体験した中でも 大変なことだったに違いない この話題を取り上げ 会話をすることで 彼らも心の壁を破ったんだ と理解することです もちろん 他人の至らなさを 指摘することは簡単ですが 彼らの立場に立ち 努力したという事実を 認めることは 実際 本当に難しいことです 結局 他人に求められるのは 努力だけでしょう 他人と 本気で 向き合うなら 自分をさらけ出さないと いけません

重い会話は まだ苦手です 私が付き合った人に 聞けば分かります でも マシになってはいます 私が大事にしているのは 「パンケーキ少女の3原則」です これからお話しすることは ゲイの立場でのことですが どんな心の壁を 破るのでも 結局は 同じなんです

第一の原則は ありのままであること 鎧をかなぐり捨て 素の自分になります カフェの あの子は 丸腰だったのに 私だけが 戦闘態勢だったんです 誰かに本気で 向き合ってほしいなら あなたも 血の通った人間だと 知ってもらうべきです

第二の原則は 単刀直入に言うこと 絆創膏は一気に剥ぎ取るのです ゲイなのであれば はっきり そう言えばいいんです 親に「ゲイかもしれない」と言えば 何かの間違いかもと 希望を持たせます そんな変な期待は させてはいけません (笑)

第三の原則は 最も重要なものです― (笑) 申し訳なく 思わないことです あなたは 真実を話しているだけ 謝る必要なんか ちっともありません もしかしたら これで 傷つく人もいるかもしれません もちろん 自分がしたことは 謝るべきです でも 自分が悪いと 思う必要はありません そうですね がっかりする人もいますね でも それは彼らの問題で あなたの問題ではありません あなたに対する 勝手な期待ですから 彼らの筋書きで あなたのものではありません 大事な筋書きは ただ一つです あなたが書きたい その筋書きだけです もしも 自分が 心の真っ暗闇にいて 手りゅう弾を握りしめているのに 気づいたら 皆が経験することだと 思ってください 孤独に感じるかもしれないけれど 決して一人ではありません つらいでしょうが 皆 あなたを必要としています どんな壁であれ 突き破らないといけません 皆 心の壁の 後ろに隠れて 鍵穴から 外をのぞいています 誰かが 扉を破るのを待っています だから 勇気を出して踏み出し 世界に見せつけてください 私たちには もっと大きな価値があり そして そんな壁の中では 誰も 真の意味で 生きることは できないのだと

ありがとうございます 素敵な夜を (拍手)

I'm going to talk to you tonight about coming out of the closet, and not in the traditional sense, not just the gay closet. I think we all have closets. Your closet may be telling someone you love her for the first time, or telling someone that you're pregnant, or telling someone you have cancer, or any of the other hard conversations we have throughout our lives. All a closet is is a hard conversation, and although our topics may vary tremendously, the experience of being in and coming out of the closet is universal. It is scary, and we hate it, and it needs to be done.

Several years ago, I was working at the South Side Walnut Cafe, a local diner in town, and during my time there I would go through phases of militant lesbian intensity: not shaving my armpits, quoting Ani DiFranco lyrics as gospel. And depending on the bagginess of my cargo shorts and how recently I had shaved my head, the question would often be sprung on me, usually by a little kid:

"Um, are you a boy or are you a girl?"

And there would be an awkward silence at the table. I'd clench my jaw a little tighter, hold my coffee pot with a little more vengeance. The dad would awkwardly shuffle his newspaper and the mom would shoot a chilling stare at her kid. But I would say nothing, and I would seethe inside. And it got to the point where every time I walked up to a table that had a kid anywhere between three and 10 years old, I was ready to fight. (Laughter) And that is a terrible feeling. So I promised myself, the next time, I would say something. I would have that hard conversation.

So within a matter of weeks, it happens again.

"Are you a boy or are you a girl?"

Familiar silence, but this time I'm ready, and I am about to go all Women's Studies 101 on this table. (Laughter) I've got my Betty Friedan quotes. I've got my Gloria Steinem quotes. I've even got this little bit from "Vagina Monologues" I'm going to do. So I take a deep breath and I look down and staring back at me is a four-year-old girl in a pink dress, not a challenge to a feminist duel, just a kid with a question: "Are you a boy or are you a girl?"

So I take another deep breath, squat down to next to her, and say, "Hey, I know it's kind of confusing. My hair is short like a boy's, and I wear boy's clothes, but I'm a girl, and you know how sometimes you like to wear a pink dress, and sometimes you like to wear your comfy jammies? Well, I'm more of a comfy jammies kind of girl."

And this kid looks me dead in the eye, without missing a beat, and says, "My favorite pajamas are purple with fish. Can I get a pancake, please?" (Laughter) And that was it. Just, "Oh, okay. You're a girl. How about that pancake?"

It was the easiest hard conversation I have ever had. And why? Because Pancake Girl and I, we were both real with each other.

So like many of us, I've lived in a few closets in my life, and yeah, most often, my walls happened to be rainbow. But inside, in the dark, you can't tell what color the walls are. You just know what it feels like to live in a closet. So really, my closet is no different than yours or yours or yours. Sure, I'll give you 100 reasons why coming out of my closet was harder than coming out of yours, but here's the thing: Hard is not relative. Hard is hard. Who can tell me that explaining to someone you've just declared bankruptcy is harder than telling someone you just cheated on them? Who can tell me that his coming out story is harder than telling your five-year-old you're getting a divorce? There is no harder, there is just hard. We need to stop ranking our hard against everyone else's hard to make us feel better or worse about our closets and just commiserate on the fact that we all have hard. At some point in our lives, we all live in closets, and they may feel safe, or at least safer than what lies on the other side of that door. But I am here to tell you, no matter what your walls are made of, a closet is no place for a person to live.

Thanks. (Applause)

So imagine yourself 20 years ago. Me, I had a ponytail, a strapless dress, and high-heeled shoes. I was not the militant lesbian ready to fight any four-year-old that walked into the cafe. I was frozen by fear, curled up in the corner of my pitch-black closet clutching my gay grenade, and moving one muscle is the scariest thing I have ever done. My family, my friends, complete strangers -- I had spent my entire life trying to not disappoint these people, and now I was turning the world upside down on purpose. I was burning the pages of the script we had all followed for so long, but if you do not throw that grenade, it will kill you.

One of my most memorable grenade tosses was at my sister's wedding. (Laughter) It was the first time that many in attendance knew I was gay, so in doing my maid of honor duties, in my black dress and heels, I walked around to tables and finally landed on a table of my parents' friends, folks that had known me for years. And after a little small talk,one of the women shouted out, "I love Nathan Lane!" And the battle of gay relatability had begun.

"Ash, have you ever been to the Castro?"

"Well, yeah, actually, we have friends in San Francisco."

"Well, we've never been there but we've heard it's fabulous."

"Ash, do you know my hairdresser Antonio? He's really good and he has never talked about a girlfriend."

"Ash, what's your favorite TV show? Our favorite TV show? Favorite: Will & Grace. And you know who we love? Jack. Jack is our favorite."

And then one woman, stumped but wanting so desperately to show her support, to let me know she was on my side, she finally blurted out, "Well, sometimes my husband wears pink shirts." (Laughter)

And I had a choice in that moment, as all grenade throwers do. I could go back to my girlfriend and my gay-loving table and mock their responses, chastise their unworldliness and their inability to jump through the politically correct gay hoops I had brought with me, or I could empathize with them and realize that that was maybe one of the hardest things they had ever done, that starting and having that conversation was them coming out of their closets. Sure, it would have been easy to point out where they felt short. It's a lot harder to meet them where they are and acknowledge the fact that they were trying. And what else can you ask someone to do but try? If you're going to be real with someone, you gotta be ready for real in return.

So hard conversations are still not my strong suit. Ask anybody I have ever dated. But I'm getting better, and I follow what I like to call the three Pancake Girl principles. Now, please view this through gay-colored lenses, but know what it takes to come out of any closet is essentially the same.

Number one: Be authentic. Take the armor off. Be yourself. That kid in the cafe had no armor, but I was ready for battle. If you want someone to be real with you, they need to know that you bleed too.

Number two: Be direct. Just say it. Rip the Band-Aid off. If you know you are gay, just say it. If you tell your parents you might be gay, they will hold out hope that this will change. Do not give them that sense of false hope. (Laughter)

And number three, and most important -- (Laughter) Be unapologetic. You are speaking your truth. Never apologize for that. And some folks may have gotten hurt along the way, so sure, apologize for what you've done, but never apologize for who you are. And yeah, some folks may be disappointed, but that is on them, not on you. Those are their expectations of who you are, not yours. That is their story, not yours. The only story that matters is the one that you want to write. So the next time you find yourself in a pitch-black closet clutching your grenade, know we have all been there before. And you may feel so very alone, but you are not. And we know it's hard but we need you out here, no matter what your walls are made of, because I guarantee you there are others peering through the keyholes of their closets looking for the next brave soul to bust a door open, so be that person and show the world that we are bigger than our closets and that a closet is no place for a person to truly live.

Thank you, Boulder. Enjoy your night. (Applause)

I'm going to talk/ to you tonight/ about coming out of the closet, and not in the traditional sense,/ not just the gay closet.//

今晩 お話しするのは カミングアウトについてです いわゆる「カミングアウト」 ゲイだと打ち明けること ではありません

I think we/ all have closets.//

誰しも 心に 壁を作っています

Your closet may be telling someone/ you love her/ for the first time,/ or telling someone/ that you're pregnant,/ or telling someone/ you have cancer,/ or any of the other hard conversations/ we have throughout our lives.//

その後ろに 隠れているのは 誰かに初めて 愛の告白をすることや 妊娠したこと ガンであることを 伝えることかもしれません 他にも 私たちが 人生で経験する― さまざまな重い話が 隠れています

All a closet is is a hard conversation,/ and/ although our topics may vary tremendously,/ the experience of being in and coming out of the closet is universal.//

心の壁の向こうにあるのは 重い話です 抱える問題は 本当に さまざまでしょう でも 心に 押し込めていたものを 扉を開けて解き放つ経験は 誰しも同じです

It is scary,/ and we hate it,/ and it needs to be done.//

怖いですし 嫌ですが しないといけないことです

Several years ago,/ I was working at the South Side Walnut Cafe,/ a local diner/ in town,/ and during my time/ there/ I would go through phases of militant lesbian intensity:/ not shaving my armpits,/ quoting Ani DiFranco lyrics/ as gospel.//

数年前 私は サウス・サイド・ ウォールナット・カフェという 地元の食堂で 働いていました その食堂で 私は さまざまな段階を経て 過激派レズビアンに なりました 脇の処理をせず アーニー・ディフランコの 言葉を崇めました

And depending on the bagginess of my cargo shorts/ and how recently/ I had shaved my head,/ the question would often be sprung on me,/ usually/ by a little kid:/ "Um,/ are you a boy/ or are you a girl?"//

だぶだぶの カーゴパンツで 頭を剃って すぐのときには こんな質問を よくされました たいていは 小さな子どもからで 「あのー あなたは男の子? それとも女の子?」

And there would be an awkward silence/ at the table.//

その場は ぎこちない沈黙に包まれ

I'd clench my jaw/ a little tighter,/ hold my coffee pot/ with a little more vengeance.//

私は いつもより少しだけ固く 歯をかみしめ コーヒーポットを ここぞとばかりに 強く握りしめました

The dad would awkwardly shuffle his newspaper/ and the mom would shoot a chilling stare/ at her kid.//

父親は あたふたと 新聞をめくり 母親は その子を ダメよという目で見ます

But I would say nothing,/ and I would seethe inside.//

それでも 私は何も言いませんでした ただ 心の中で 激しい感情が渦巻いていました

And it got to the point/ where every time/ I walked up/ to a table/ that had a kid/ anywhere between three and 10 years old,/ I was ready/ to fight.//

そのうち 3~10歳の子どもがいる― テーブルへは 戦闘態勢で 臨むようになりました

(Laughter)/ And that is a terrible feeling.//

(笑) 最悪の気分です

So I promised myself,/ the next time,/ I would say something.//

ですから 次こそは 何か言うぞと心に決めたのです

I would have/ that hard conversation.//

あの重い会話を すると決めたのです

So/ within a matter of weeks,/ it happens again.//

何週間も経たないうちに そのときが やってきました

"Are you a boy/ or are you a girl?"//

「あなたは男の子? それとも女の子?」

Familiar silence,/ but this time/ I'm ready,/ and I am about to go all/ Women's Studies/ 101/ on this table.// (Laughter)/ I've got my Betty Friedan quotes.//

あの沈黙が訪れます でも 心の準備はできていました 私は まさに 女性学入門の講義を 始めんばかりの 勢いでした(笑) ベティ・フリーダンの言葉も

I've got my Gloria Steinem quotes.//

グロリア・スタイネムの言葉も

I've even got this little bit/ from "Vagina Monologues"/ I'm going to do.//

さらには『ヴァギナ・モノローグス』からの 引用も用意していました

So I take a deep breath/ and I look down/ and staring back/ at me is a four-year-old girl/ in a pink dress, not a challenge/ to a feminist duel,/ just a kid/ with a question:/ "Are you a boy/ or are you a girl?"//

深呼吸をして 声の方を見ると 私を見上げていたのは ピンクのドレスを着た4歳の少女でした フェミニストの決闘相手に ふさわしくない ただの子どもが 知りたがっているだけ 「あなたは男の子? それとも女の子?」

So I take another deep breath,/ squat down to next/ to her,/ and say,/ "Hey,/ I know/ it's kind of confusing.//

もう一度 深呼吸をして そばに しゃがんで 言いました 「ねぇ 困るわよね 分かるわ

My hair is short/ like a boy's,/ and I wear boy's clothes,/ but I'm a girl,/ and you know/ how sometimes/ you like to wear/ a pink dress,/ and sometimes/ you like to wear/ your comfy jammies?//

髪も短くて 男の子みたいだし 服装も男の子っぽいわね でも 女の子よ あなたも ピンクの服を 着たい時もあれば ゆったりしたパジャマを 着たい時だってあるでしょ

Well,/ I'm more of a comfy jammies kind of girl."//

私はね パジャマ好きな女の子なのよ」

And this kid looks me dead/ in the eye,/ without missing a beat,/ and says,/ "My favorite pajamas are purple/ with fish.//

その子は 私の目を まっすぐ見て ひるむ様子もなく 言ったのです 「私はお魚さんがついた 紫のパジャマが好きよ

Can/ I get a pancake,/ please?"//

パンケーキを もらえますか?」

(Laughter)/ And that was it.// Just,/ "Oh,/ okay.// You're a girl.//

(笑) それだけでした 「そう 女の子なんだ

How about that pancake?"//

あのパンケーキを お願いね」って

It was the easiest hard conversation/ I have ever had.//

あれほど軽く 重い話をしたのは 初めてでした

And why?// Because Pancake Girl and I,/ we were both real/ with each other.//

なぜでしょう? パンケーキの子と私は お互いに 本心でぶつかり合ったからです

So/ like many of us,/ I've lived in a few closets/ in my life,/ and yeah,/ most often,/ my walls happened to be rainbow.//

皆さんも そうだと思いますが 私も いろんな思いを 壁の奥に押し込めてきました たいてい 私の壁は 虹色をしていましたが

But inside,/ in the dark,/ you can't tell/ what color the walls are.//

一歩中に入れば 暗闇で 壁の色も分かりません

You just know/ what it feels like/ to live in a closet.//

暗闇で 息をひそめて生きることが どんなものか分かるでしょう

So really,/ my closet is no different/ than yours or yours or yours.//

結局 壁の後ろにある世界は 同じなのです―あなたのも あなたのも 一緒です

Sure,/ I'll give you/ 100 reasons/ why coming out of my closet was harder/ than coming out of yours,/ but here's the thing:/ Hard is not relative.//

もちろん 私の方が あなたよりも つらい理由なんて いくらでも あげられます でも つらさは 相対的なものではありません

Hard is hard.//

つらいものは つらいんです

Who can tell me/ that explaining to someone/ you've just declared bankruptcy is harder than telling someone/ you just cheated on them?//

自己破産をしたことを 告白する方が 浮気を告白するより つらいなんて言えますか?

Who can tell me/ that his coming out/ story is harder than telling your five-year-old/ you're getting/ a divorce?//

あの人が 打ち明けることの方が 5歳の子どもに離婚を話すより つらいと言えるでしょうか?

There is no harder,/ there is just hard.//

どちらが つらいかではなく ただ つらいんです

We need to stop ranking/ our hard/ against everyone else's hard/ to make us feel better or worse/ about our closets/ and just commiserate on the fact/ that we/ all have hard.//

つらさを他人と比べるのは やめないといけません 他人と比較して 安心したり落胆したりするのでなく ただ皆 つらいんだと 気持ちを寄せるのです

At some point/ in our lives,/ we/ all live in closets,/ and they may feel safe,/ or at least safer/ than what lies on the other side of that door.//

長い人生 誰しも 心に壁を作ることがあります その中にいれば 安全と感じるでしょう 少なくとも 扉の向こうよりマシでしょう

But I am here to tell you,/ no matter/ what your walls are made of,/ a closet is no place/ for a person/ to live.//

でも 皆さんに お伝えしたいのは その壁が 何でできていようとも そこは 人が 生きる場所ではありません

Thanks.// (Applause) So imagine yourself/ 20 years ago.//

ありがとう(拍手) 20年前の自分を 思い浮かべてみてください

Me,/ I had a ponytail,/ a strapless dress,/ and high-heeled shoes.//

当時 私はポニーテールで ストラップレスドレスを着て ハイヒールを 身に付けていました

I was not the militant lesbian ready/ to fight any four-year-old/ that walked into the cafe.//

当時は 過激派 レズビアンではなく カフェにいた4歳児に 立ち向かう用意もありませんでした

I was frozen by fear,/ curled up/ in the corner of my pitch-black closet/ clutching my gay grenade,/ and moving one muscle is the scariest thing/ I have ever done.//

私は恐怖で凍りつき 壁に囲まれた真っ暗闇の中 隅っこで 丸まっていました ゲイという手りゅう弾を 手に握りしめ 筋肉をちょっと 動かすのでさえ 今までにないくらい 恐ろしく感じていました

My family,/ my friends,/ complete strangers --/ I had spent my entire life/ trying to not disappoint these people,/ and now/ I was turning the world upside down/ on purpose.//

私の家族 友人 見ず知らずの他人― 私は こうした人たちの 期待に応えるべく 生きてきました でも 今は自ら 世界をひっくり返しています わざとです

I was burning the pages of the script/ we had all followed for so long,/ but/ if you do not throw that grenade,/ it will kill you.//

長い間 私たちが 従ってきた筋書きを すべて破り捨てて いるのです 自分の手にある手りゅう弾を 捨てなければ 死んでしまいますから

One of my most memorable grenade tosses was at my sister's wedding.//

手りゅう弾を手放した中で 最高だったのが 姉の結婚式での 手りゅう弾トスです

(Laughter)/ It was/ the first time that many in attendance knew I was gay,/ so/ in doing my maid of honor duties,/ in my black dress and heels,/ I walked around/ to tables/ and finally landed on a table of my parents/' friends,/ folks/ that had known me/ for years.//

(笑) 私がゲイだと知っている方が たくさん集まるのは 初めてだったので 花嫁の付き添いをしながら 黒いドレスで ヒールを履いたまま 各テーブルを まわったのです ついに 私のことを 長年知っている― 両親の友人たちのテーブルに 行きつきました

And/ after a little small talk,/one of the women shouted out,/ "I love Nathan Lane!"//

世間話のあと ある女性が大声で言いました 「私は ネイサン・レインが好きよ」と

And the battle of gay relatability had begun.//

すると皆が 親ゲイ派を アピールし出しました

"Ash,/ have you ever been to the Castro?"//

「ゲイタウンのカストロ通りは 行った?」

"Well,/ yeah,/ actually,/ we have friends/ in San Francisco."//

「実はサンフランシスコに 友だちがいるのよ」

"Well,/ we've never been there/ but we've heard it's fabulous."//

「行ったことがないけど 素晴らしいと聞いたわ」

"Ash,/ do you know my hairdresser Antonio?//

「美容師のアントニオは 知ってるかしら?

He's really good/ and he has never talked about a girlfriend."//

腕は確かだし 彼女の話なんてしないのよ」

"Ash,/ what's your favorite TV show?//

「好きなテレビ番組は?

Our favorite TV show?// Favorite:/ Will & Grace.//

私たちは『ふたりは友達? ウィル&グレイス』ね

And you know/ who we love?// Jack.//

誰が好きかって? ジャックよ

Jack is our favorite."//

ジャックが お気に入りなの」

And then/ one woman,/ stumped/ but wanting so desperately/ to show her support,/ to let me know/ she was on my side,/ she finally blurted out,/ "Well,/ sometimes/ my husband wears pink shirts."//

ある女性は 言葉に詰まって 困っていましたが それでも なんとか応援したいと思い 私の味方だと 伝えようとして ようやく 出てきた言葉が― 「ほら 私の夫も 時々 ピンクのシャツを着るわよ」

(Laughter)/ And I had a choice/ in that moment,/ as all grenade throwers do.//

(笑) そのとき 私には 2つの選択肢がありました 手りゅう弾を放り出す誰もが 必ず通る道です

I could go back/ to my girlfriend/ and my gay-loving table/ and mock their responses,/ chastise their unworldliness/ and their inability/ to jump through the politically correct gay hoops/ I had brought with me,/ or I could empathize with them/ and realize/ that that was maybe one of the hardest things/ they had ever done,/ that starting and having that conversation was them/ coming out of their closets.//

一つは そのまま 彼女やゲイ仲間がいるテーブルに戻り 今の出来事を バカにすることです 世間知らずで ゲイについて差別・偏見なく 話すこともできないのか と非難することもできます もう一つの選択肢は 彼らに共感して きっとこれまで体験した中でも 大変なことだったに違いない この話題を取り上げ 会話をすることで 彼らも心の壁を破ったんだ と理解することです

Sure,/ it would have been easy/ to point out/ where they felt short.//

もちろん 他人の至らなさを 指摘することは簡単ですが

It's a lot harder/ to meet them/ where they are and acknowledge the fact/ that they were trying.//

彼らの立場に立ち 努力したという事実を 認めることは 実際 本当に難しいことです

And what else can you ask someone/ to do but try?//

結局 他人に求められるのは 努力だけでしょう

If you're going to be real/ with someone,/ you gotta be ready/ for real/ in return.//

他人と 本気で 向き合うなら 自分をさらけ出さないと いけません

So hard conversations are still not my strong suit.//

重い会話は まだ苦手です

Ask anybody/ I have ever dated.//

私が付き合った人に 聞けば分かります

But I'm getting/ better,/ and I follow/ what I like to call/ the three Pancake Girl principles.//

でも マシになってはいます 私が大事にしているのは 「パンケーキ少女の3原則」です

Now,/ please view/ this/ through gay-colored lenses,/ but know/ what it takes to come out of any closet is essentially the same.//

これからお話しすることは ゲイの立場でのことですが どんな心の壁を 破るのでも 結局は 同じなんです

第一の原則は ありのままであること

Take the armor off.// Be yourself.//

鎧をかなぐり捨て 素の自分になります

That kid/ in the cafe had no armor,/ but I was ready/ for battle.//

カフェの あの子は 丸腰だったのに 私だけが 戦闘態勢だったんです

If you want someone/ to be real/ with you,/ they need to know/ that you bleed too.//

誰かに本気で 向き合ってほしいなら あなたも 血の通った人間だと 知ってもらうべきです

Number two:/ Be direct.// Just say it.// Rip/ the Band-Aid off.//

第二の原則は 単刀直入に言うこと 絆創膏は一気に剥ぎ取るのです

If you know/ you are gay,/ just say it.//

ゲイなのであれば はっきり そう言えばいいんです

If you tell your parents/ you might be gay,/ they will hold out/ hope/ that this will change.//

親に「ゲイかもしれない」と言えば 何かの間違いかもと 希望を持たせます

Do not give them/ that sense of false hope.//

そんな変な期待は させてはいけません

(Laughter) And number three,/ and most important --/ (Laughter)/ Be unapologetic.//

(笑) 第三の原則は 最も重要なものです― (笑) 申し訳なく 思わないことです

You are speaking your truth.//

あなたは 真実を話しているだけ

Never apologize for that.//

謝る必要なんか ちっともありません

And some folks may have gotten hurt along the way,/ so sure,/ apologize for what you've done,/ but never apologize for who you are.//

もしかしたら これで 傷つく人もいるかもしれません もちろん 自分がしたことは 謝るべきです でも 自分が悪いと 思う必要はありません

And yeah,/ some folks may be disappointed,/ but that is on them, not on you.//

そうですね がっかりする人もいますね でも それは彼らの問題で あなたの問題ではありません

Those are their expectations of who you are,/ not yours.//

あなたに対する 勝手な期待ですから

That is their story,/ not yours.//

彼らの筋書きで あなたのものではありません

The only story/ that matters is the one/ that you want to write.//

大事な筋書きは ただ一つです あなたが書きたい その筋書きだけです

So the next time/ you find yourself/ in a pitch-black closet/ clutching your grenade,/ know/ we have all been there before.//

もしも 自分が 心の真っ暗闇にいて 手りゅう弾を握りしめているのに 気づいたら 皆が経験することだと 思ってください

And you may feel so very alone,/ but you are not.//

孤独に感じるかもしれないけれど 決して一人ではありません

And we know/ it's hard/ but we need you out here,/ no matter/ what your walls are made of,/ because I guarantee you/ there are others/ peering through the keyholes of their closets/ looking for the next brave soul/ to bust a door open,/ so be/ that person/ and show the world/ that we are bigger/ than our closets/ and/ that a closet is no place/ for a person/ to truly live.//

つらいでしょうが 皆 あなたを必要としています どんな壁であれ 突き破らないといけません 皆 心の壁の 後ろに隠れて 鍵穴から 外をのぞいています 誰かが 扉を破るのを待っています だから 勇気を出して踏み出し 世界に見せつけてください 私たちには もっと大きな価値があり そして そんな壁の中では 誰も 真の意味で 生きることは できないのだと

Thank you,/ Boulder.// Enjoy/ your night.// (Applause)//

ありがとうございます 素敵な夜を (拍手)

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

closet

《おもに米》(衣類・食料などを入れる)『戸棚』,物置き,納戸(なんど)

《まれ》(一般に読書・打ち合わせ,特に祈り・瞑想に用いる)小室,小部屋

《古》便所

…'を'私室に閉じ込める

私室で使う(楽しむ)のにふさわしい

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

gay

『陽気な』,愉快な,うきうきした

はでな色の,華やかな

放蕩な,不身持ちの

《話》同性愛の,ホモの

pregnant

(比較変化なし)『妊娠している』

《名詞の前にのみ用いて》含みのある

《補語にのみ用いて》(…を)いっぱいに含んだ,はらんだ《+『with』+『名』》

《文》想像(工夫)に富んだ

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

lives

lifeの複数形

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

tremendously

途方もなく;恐ろしく;とても,非常に

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

walnut

『クルミ』

クルミの木

クルミ材

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

diner

食事をする人,正餐(せいさん)客

《米》=dining car

(食堂車を固定し,あるいはこれに似せた)簡易食堂

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

militant

(目的・主義のために)攻撃的な,好戦的な,闘争的な

好戦的な人,闘争家

lesbian

(女性間の)同性愛の

レズビアン,同性愛の女

intensity

(感情・行動・熱・色などの)『強烈さ』,熱烈さ,強度

shave

〈ひげなど〉‘を'『そる』《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

…‘を'削り落とす,うすく削り取る,〈木板〉‘に'かんなをかける

《話》…‘を'かする,すれすれに通る

『ひげをそる』,かみそりをあてる

(…を)かすめる《+『past』+『名』》

『ひげそり』

すれすれに通ること,辛うじて逃れること

armpit

わきの下《形容詞的に》『armpit hair』

わき毛

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

lyric

叙情[詩]の;叙情的な

歌の,歌を用いた

叙情詩

《複数形で》《特に歌謡曲の》歌詞

gospel

〈U〉『福音』(ふくいん);キリスト教の教義

《G-》『福音書』(新約聖書のMatthew,Mark,Luke,Johnの4福音書の一つ)

〈U〉〈C〉《おどけて》金科玉条;主義,信条

〈C〉安心して信じられるもの

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

bagginess

かさばること,だぶだぶ

cargo

(船・飛行機の)『積荷』,貨物

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

clench

〈歯〉'を'くいしばる,〈こぶし・物など〉'を'固く握り締める,〈口〉'を'きっと結ぶ

〈打ち込んだくぎなどの先〉'を'折り曲げる,つぶす

歯をくいしばること,(くやしい時の)歯ぎしり

jaw

〈C〉(上・下の)『あご』

《複数形で》口

〈C〉下あごのかっこう(感じ)

《複数形で》あごに似た物;(谷・海峡などの)狭い入口

〈U〉《話》おしゃべり;(長い)お説教

(人に)しゃべる,(特に)くどくど言う;(人に)お説教をする《+『at』+『名』〈人〉》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

pot

〈C〉(金属・陶器・ガラス製などの)『つぼ』,かめ,鉢(はち);深なべ・〈C〉びん・つぼ・かめ・なべなどの)1杯分(の分量)《+『of』+『名』》

〈C〉室内用便器(chamber pot)

〈C〉《話》優勝カップ

〈U〉《the pot》《おもに米》(ポーカーなどの)1回の総賭(か)け金

〈C〉《しばしば複数形で》《話》多額[の金]

〈U〉《the pot》《米》(仲間が共同で使えるように出し合う)基金

〈C〉《話》《おもに英》お偉方,大物

〈U〉《属》マリファナ(marijuana)

=potbelly

〈植物〉‘を'鉢植えにする

〈食物〉‘を'容器に入れて保存する

(食用・スポーツとして)〈獲物〉‘を'撃ち殺す

《話》〈子供〉‘を'室内便器に坐らせる

vengeance

〈U〉『復しゅう』,仕返し

〈U〉《しばしば a~》復しゅうの行為,あだ討ち

dad

『おとうちゃん』

awkwardly

無器用に,ぶざまに,きまりわるく

shuffle

〈足〉‘を'引きずる,引きずって歩く

〈カード〉‘を'混ぜて切る;〈物〉‘を'混ぜる

《副詞[句]を半って》〈物〉‘を'あちこちに動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》足を引きずる,足を引きずって歩く

カードを切る

(…を)無器用に(ぞんざいに,あわてて)する《+『through』+『名』》

言い逃れをする,あいまいな態度をとる

足を引きずること;(ダンスの)すり足

{C}(カードなどを)切ること;切る権利(順番)

(大臣などの)更迭(こうてつ)

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

mom

=mother

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

chill

『寒気』,冷気・冷たさ

『寒さ』,悪寒

興ざめ,いや気,失意

‥'を'『冷やす』

‥'を'『ぞっとさせる』,‘に'寒けを覚えさせる

〈興味・意気込み〉'を'くじく,そぐ

令える,寒けを覚える

『冷たい』,こんやりする;寒けのする

『冷淡な』,よそよそしい

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

seethe

沸騰する,煮立つ;〈波などが〉あわ立つ,うず巻く

(…で)〈人・場所などが〉騒然とする,沸き返る《+『with』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

laughter

『笑い』,笑い声

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

women

woman の複数形

gloria

(神をたたえる)栄光の賛歌,グロリア曲

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

vagina

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

feminist

博女同権主義者,女性解放論者

duel

決闘

(2者・2集団などの間の)闘争,抗争

決闘する

…‘と'決闘する

squat

しゃがむ,うずくまる(crouch)《+『down』》

〈動物などが〉地に伏す,身をひそめる

(他人の土地に)無断で定住する

(所有権獲得の目的で政府の規制に従いながら)公有地に定住する

《英話》座る(sit)

しゃがんだ

ずんぐりした

うずくまること;しゃがんだ姿勢

confusing

乱混させる[ような],当惑させる

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

comfy

=comfortable

jammy

ジャムのような,べたつく

《英俗》簡単な,楽な

運のよい,ついている

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

purple

〈U〉『紫色』

〈U〉(特に,昔の王家や高位の人がつけた)紫布,紫衣

《the ~》王位,高位

『紫色の』

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

pancake

パンケーキ(牛乳・卵・小麦粉で作った薄くて柔らかい食べ物)

okay

=OK,O.K.

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

rainbow

『にじ』

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

declare

…'を'『宣言する』,告示する,公表する

…'を'『強調する』

〈課税品・所得額〉'を'申告する

…'を'明らかにする(reveal);…'を'表す(show)

(…に反対,賛成を)表明する,声明する《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』(do『ing』)》

bankruptcy

破産[状態],倒産

(性格などの)破たん

cheat

〈人〉'を'『だます』,欺く

《文》…'を'うまくのがれる

(…で)〈人が〉『不正をする』,カンニングする《+『at』(『on, in』)+『名』》

《話》(浮帰などで夫または妻を)裏切る《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉詐欺,ぺてん

〈C〉ずるいやつ,詐欺師,やま師

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

rank

〈C〉〈U〉『階級』,等級;)相対的な)『順位』,地位:

〈U〉高い地位(身分)

〈C〉〈U〉(人・物の)『列』,並び;(兵隊)の横列

《the ranks》(また『rank and file』)(将校たちに対して)兵卒,下士官

…‘を'『並べる』

…‘を'『位置づける』,評価する

《米》…‘より'上位にある

『位置する』・「pull one's rank on 誰々」で「(誰々に)地位を悪用する; (意見が衝突したような場合に)階級をかさに着て(誰々に)命令を押しつける」

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

commiserate

(…に)同情する,(…を)哀れむ《+『with』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

applause

『拍手かっさい』;称賛

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

ponytail

ポニーテール(髪を後ろで結んでたらす結い方)

strapless

肩つりひものない

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

curl

〈C〉『巻き毛』カール;《複数形で》巻き毛の髪

〈C〉うず巻き[状のもの],うねり

〈C〉〈C〉カールすること,ねじれ

〈頭髪〉'を'カールさせる

|'を'曲げる,ねじる

〈頭髪が〉カールする

〈煙が〉うず巻く

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

pitch-black

まっ黒な

clutch

…'を'『ぐいとつかむ』,しっかり握る

(…を)『つかもうとする』,握ろうとする《+『at』+『名』》

(…を)『ぐいとつかむこと』,しっかり握ること《+『at』+『名』》

《複数形で》(…の)『手中』,把握力,支配力《+『of』+『名』》

(自動車などの)クラッチ

《米話》《単数形で》重大な局面,危機

grenade

手りゅう弾;擲(てき)弾筒の弾;消火弾

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

disappoint

《人を》‘を'『失望させる』,がっかりさせる

〈約束・期待〉‘を'『破る』;〈希望・計画など〉‘を'だめにする,くつがえす

upside

上側,上部,上方

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

script

〈U〉手書き;筆記体

〈U〉筆記活字

(ある言語の)文字,(alphabetなどの)文字体系

台本,脚本

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

so long

さようなら

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

memorable

忘れられない,記憶に値する

注目すべき,きわだった

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

wedding

(特に,教会で誓いを済ませた後で宴会のある)結婚式,婚礼

attendance

〈U〉(…への)『出席』,参列《+『at』+『名』》;〈C〉出席回数

《集合的に》(…への)『出席者』,列席者,参列者;(…の)出席者数《+『at』+『名』》

〈U〉(…への)付き添い,看護,奉仕《+『on』+『名』》

maid

《文》《古》『少女』,おとめ;処女

『未婚の女性』

『お伝いさん』女中

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

heel

(人間の足の)『かかと』

(人間以外の脊椎(せきつい)動物の)かかと

(手首に近い)手のひらの縁の肉の盛り上がった部分

(靴・靴下などの)かかとを包む部分

(靴の裏の)かかと,ヒール;《複数形で》ヒールのついた靴;ハイヒール

(形・用途・位置などの)かかと状のもの

《おもに米俗》卑劣な男

…‘の'すぐ後に付いて行く

〈靴〉‘に'かかとをつける

すぐ後から付いて行く

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

small talk

世間話,よもやま話,雑談

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

begun

beginの過去分詞形

ash

〈U〉《しばしば複数形で;単数扱い》『灰』

〈U〉火山灰

《複数形で》(火葬された)遺骨,なきがら;(火事で焼けた)廃墟(はいきょ)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

hairdresser

=beautician

girlfriend

女友だち,ガールフレンド,(女の)恋人

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

jack

〈C〉ジャッキ,押上げ万力(まんりき)

〈C〉ジャック,プラグの差し込み口

〈C〉(また『knave』)(カードの)ジャック

《複数形で》(また『jackstones』)《単数扱い》ジャックス(一種のお手玉遊び)

(また『jackstone』)〈C〉(ジャックスで用いる)6本の角(つの)から成る金属製の駒,小石や動物の骨などの玉

《時にJ-》《話》男,やつ(fellow)

〈C〉雄のロバ(一般に動物の)雄

〈C〉(国籍を示すための)船首旗

〈U〉《俗》《通例J-》金(かね)(money)

…‘を'ジャッキで持ち上げる(動かす)《+『名』+『up』,+『op』+『名』》

stump

(木の)『切り株』

(一般に主要部分を除いた)『残部』,残片;(特に手足の)切れ残り

(政治演説の)演壇[米国で開拓時代に切り株を演壇に用いたことから]

《話》〈人〉‘を'困惑させる,困らせる,閉口させる

《副詞[句]を伴って》ぎごちなく(重い足どりで)歩く,ドタドタ歩く

政治演説して回る,遊説する

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

blurt

…'を'なにげなく言う,うっかり口をすべらせる《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

thrower

投げる人(物)

mock

〈人,人の言動〉‘を'『あざける』,ばかにする

〈人の言動〉‘を'『ふざけてまねる』

〈努力・力など〉‘を'無視する,無にする

(…を)あざける,ばかにする(scoff)《+『at』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》にせの,ごまかしの

あざけり

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

chastise

…'を'せっかんする,打ち懲らす,きびしく罰する(とがめる)

inability

無力,無能,不能

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

hoop

(たる・おけなどの)たが

(輪回しなどの)輪

《複数形で》フープ,張り骨(スカートのすそを広げるために使われた)

…‘に'たが(フープ)を掛ける

empathize

(…に)感情移入する《+『with』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

trying

try の現在分詞

『つらい』,苦しい;腹だたしい,しゃくにさわる

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

dated

時代遅れの(out-of-date)

日付のある

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

authentic

信頼できる,確かな

本物の,ほんとうの;模写ではない

bleed

『出血する』,血を流す;血を流して死ぬ

(切り口などから)〈植物が〉樹液を出す

(…に)血の出るような思いをする《+『for』+『名』》

〈絵具・染料などが〉にじむ

(病気の治療として)〈患者〉‘から'血をとる,放血させる

(切口・開口部から)〈血・樹液など〉'を'出す

…‘から'液体(ガス)を抜きとる;(液体・ガスなどを)…‘から'抜きとる《+『名』+『of』+『名』》

《話》…‘から'金をしぼり取る

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

rip

…‘を'『裂く』,破る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈穴など〉‘を'裂いて(破って)作る

…‘を'裂いて(はうって)取る《+『out』(『off, away』)+『名,』+『名』+『out』(『off, away』)》;(…から)…‘を'破って取る《+『名』+『out of』(『off, away from』)+『名』》

〈木材〉‘を'縦びきする

裂ける,破れる

裂け目,破れ目

引き裂くこと

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

keyhole

かぎ穴

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

bust

〈C〉半身像,胸像

〈U〉《遠回しに》(婦人の)胸部

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

boulder

丸石,玉石(cobblestoneより大きいもの)

関連動画