TED日本語 - ヘンリー・リン: 遥か彼方の銀河から何が学べるか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

面白く、ワクワクするトークで、インテル・サイエンスフェアの入賞者、17歳のヘンリー・リンは、遥か彼方の銀河団に目を向けます。宇宙最大の天体の性質を研究することにより、私たちの世界と銀河について、多く学べると語ります。

Script

これは ある銀河団の画像です 全く その名の通り 巨大な銀河の集団で 互いの引力で引き合っています 画面の斑点の殆どは 個々の星ではなく 星の集団 つまり銀河なのです これらの画像をご覧になると 直ぐに 銀河団はこのように 美しいものだと思って 頂けるでしょうが それだけでは ないのです 銀河団は神秘的で 驚くべきもので 有用な 宇宙最大の研究室なのです そして研究室として 銀河団を語るということは そこで行うことができる 実験を語るということです 研究対象には4つの主なタイプがあり まず最初のタイプは とても大きなものの探査です どれ程大きいかと言うと これはある銀河団の画像ですが あまりに巨大なので 通り抜ける光は 銀河団の 非常に大きな重力によって 屈折し歪められます 事実 よく注意して見ると この銀河団の周りに 輪がいくつも見えるでしょう 数字で説明すると この銀河団は 太陽の千兆倍以上もの質量があり その巨大さには驚愕させられます しかし質量だけでなく こんな特徴があります 銀河団は本質的に 孤立したシステムなのです つまり 全宇宙の縮小版だと 考えてもいいでしょう 宇宙を大きなスケールで見た時の 多くの疑問は? 例えば 重力の作用の仕方など― これら銀河団を調べると 答えが出て来るかもしれません 大きな話はここまでです 二つ目の研究はとても熱いものです 銀河団の画像から 星の光を全部取り除くと 残されるものは この大きな青い塊です これは本当の色ではありません 実はX線を見ているのです この光が銀河のものでなければ 何処から来るのでしょう? 答えは 熱ガスです 百万度のガスですが 実は プラズマなのです そんなに熱い理由は 前のスライドで説明しましたが 銀河団の強力な引力が ガス粒子を超高速に加速し その速度が超高温のガスを 生み出しているのです これが主な理論ですが 研究はまだ始まったばかりです プラズマの様々な基本的性質は 未だに わからないことが多くあり 頭を悩ませています 超高温物質の物理学的研究は これからの課題です 三つ目は極小のものの探査です これを説明するには 驚くべき事実を 話さなくてはなりません 宇宙の物質の殆どは 原子ではできていません そうではなかったのです 殆どが とても不思議なもので できているのです ダークマターと呼ばれ 重力以外のものと ほとんど作用しないもので 人々の関心を集めています あなたが素粒子物理学者なら 物をぶつけ合うと 何が起きるか知りたいでしょう ダークマタ?も 例外ではありません ではどうやってこれをぶつけるか? その質問に答えるために もう1つお聞きします 銀河団同士がぶつかったら どうなるでしょう これがその画像です 銀河団は宇宙の 縮小版見本のようなものです 主にダークマターでできています 青っぽい紫色の部分です 赤は熱ガスを示しています 多くの銀河が見えますね 銀河団が衝突すると 超巨大な 粒子加速器のような状態になります 大事なのは これにより 実験室では見つけ難いような 非常に検出が困難な微小な効果も 何重にも複雑に重なり 観測できるようになるかも しれないということです とても面白いです 銀河団により ダークマターが 分かる理由 ? 銀河団で 極小の物理が 分かる理由は 銀河団がとても巨大だからこそなのです 四つ目は とても奇妙なものの物理です 今まで話したことも 確かに奇妙なことでしたが それよりもっと奇妙なものが あるとしたなら それはダークエネルギーでしょう ボールを空中に投げ上げると 上昇していくだろうとは思いますが 上昇のスピードが 加速していくだろうとは思いません 同じように宇宙学者は 宇宙が膨張している理由を理解しても 膨張がどんどん加速している理由は 分からないのです この加速的膨張の原因となるものを ダークエネルギーと呼んでいます そして これについて もっと知りたいと思っています 特に疑問に感じているのは ダークエネルギーが 宇宙全体にどのような影響を 与えているのかということです その強さによって 宇宙の大規模構造の形成が 変わってくるでしょう 宇宙の大規模構造の問題点は 恐ろしく複雑だということです これはコンピューター シミュレーションです 単純化する必要があります 比喩を使って考えたいと思います タイタニックの沈没を 理解したいとすると 一番大切なことは 船の粉々になった破片を 全て再現することでなく 一番大きな二つの部分を 見つけ出すことです 同じように 最も大きい断片を 追跡することによって 宇宙全体について 学ぶことが出来るのです その最大な断片が 銀河団なのです ここまで話をしてきましたが 騙されているような気が するかもしれません つまり銀河団がどんなに有用か というところから話を始めて その理由を挙げましたが 実際はどんな役に立つのでしょう? その答えは 車に関して訊かれた時の ヘンリー・フォードの言葉にあります 彼はこういいました 「もし私が人に何が 欲しいかと尋ねていたら もっと速い馬が欲しいと 答えていたでしょう」 今日 私たちの社会は 多くの難しい問題に 直面しています その解決法は明確ではなく "より速い馬"では解決になりません 解決には 多大の科学的創意工夫が 必要です だから 私たちは 専心する必要があります しかし 同時に心に刻むべきなのは 革新 創意工夫 ひらめきが 起きるのは 私たちが視野を広げ 一歩離れ全体図を 見渡した時だということです そして そのための一番の方法は 私たちのいる宇宙を 探査することです  ありがとうございました (拍手)

Here are some images of clusters of galaxies. They're exactly what they sound like. They are these huge collections of galaxies, bound together by their mutual gravity. So most of the points that you see on the screen are not individual stars, but collections of stars, or galaxies. Now, by showing you some of these images, I hope that you will quickly see that galaxy clusters are these beautiful objects, but more than that, I think galaxy clusters are mysterious, they are surprising, and they're useful. Useful as the universe's most massive laboratories. And as laboratories, to describe galaxy clusters is to describe the experiments that you can do with them. And I think there are four major types, and the first type that I want to describe is probing the very big. So, how big? Well, here is an image of a particular galaxy cluster. It is so massive that the light passing through it is being bent, it's being distorted by the extreme gravity of this cluster. And, in fact, if you look very carefully you'll be able to see rings around this cluster. Now, to give you a number, this particular galaxy cluster has a mass of over one million billion suns. It's just mind-boggling how massive these systems can get. But more than their mass, they have this additional feature. They are essentially isolated systems, so if we like, we can think of them as a scaled-down version of the entire universe. And many of the questions that we might have about the universe at large scales, such as, how does gravity work? might be answered by studying these systems. So that was very big. The second things is very hot. Okay, if I take an image of a galaxy cluster, and I subtract away all of the starlight, what I'm left with is this big, blue blob. This is in false color. It's actually X-ray light that we're seeing. And the question is, if it's not galaxies, what is emitting this light? The answer is hot gas, million-degree gas -- in fact, it's plasma. And the reason why it's so hot goes back to the previous slide. The extreme gravity of these systems is accelerating particles of gas to great speeds, and great speeds means great temperatures. So this is the main idea, but science is a rough draft. There are many basic properties about this plasma that still confuse us, still puzzle us, and still push our understanding of the physics of the very hot. Third thing: probing the very small. Now, to explain this, I need to tell you a very disturbing fact. Most of the universe's matter is not made up of atoms. You were lied to. Most of it is made up of something very, very mysterious, which we call dark matter. Dark matter is something that doesn't like to interact very much, except through gravity, and of course we would like to learn more about it. If you're a particle physicist, you want to know what happens when we smash things together. And dark matter is no exception. Well, how do we do this? To answer that question, I'm going to have to ask another one, which is, what happens when galaxy clusters collide? Here is an image. Since galaxy clusters are representative slices of the universe, scaled-down versions. They are mostly made up of dark matter, and that's what you see in this bluish purple. The red represents the hot gas, and, of course, you can see many galaxies. What's happened is a particle accelerator at a huge, huge scale. And this is very important, because what it means is that very, very small effects that might be difficult to detect in the lab, might be compounded and compounded into something that we could possibly observe in nature. So, it's very funny. The reason why galaxy clusters can teach us about dark matter, the reason why galaxy clusters can teach us about the physics of the very small, is precisely because they are so very big. Fourth thing: the physics of the very strange. Certainly what I've said so far is crazy. Okay, if there's anything stranger I think it has to be dark energy. If I throw a ball into the air, I expect it to go up. What I don't expect is that it go up at an ever-increasing rate. Similarly, cosmologists understand why the universe is expanding. They don't understand why it's expanding at an ever-increasing rate. They give the cause of this accelerated expansion a name, and they call it dark energy. And, again, we want to learn more about it. So,one particular question that we have is, how does dark energy affect the universe at the largest scales? Depending on how strong it is, maybe structure forms faster or slower. Well, the problem with the large-scale structure of the universe is that it's horribly complicated. Here is a computer simulation. And we need a way to simplify it. Well, I like to think about this using an analogy. If I want to understand the sinking of the Titanic, the most important thing to do is not to model the little positions of every single little piece of the boat that broke off. The most important thing to do is to track the two biggest parts. Similarly, I can learn a lot about the universe at the largest scales by tracking its biggest pieces and those biggest pieces are clusters of galaxies. So, as I come to a close, you might feel slightly cheated. I mean, I began by talking about how galaxy clusters are useful, and I've given some reasons, but what is their use really? Well, to answer this, I want to give you a quote by Henry Ford when he was asked about cars. He had this to say: "If I had asked people what they wanted, they would have said faster horses." Today, we as a society are faced with many, many difficult problems. And the solutions to these problems are not obvious. They are not faster horses. They will require an enormous amount of scientific ingenuity. So, yes, we need to focus, yes, we need to concentrate, but we also need to remember that innovation, ingenuity, inspiration -- these things come when we broaden our field of vision when we step back when we zoom out. And I can't think of a better way to do this than by studying the universe around us. Thanks. (Applause)

Here are some images of clusters of galaxies.//

これは ある銀河団の画像です

They're exactly/ what they sound like.//

全く その名の通り

They are these huge collections of galaxies,/ bound together/ by their mutual gravity.//

巨大な銀河の集団で 互いの引力で引き合っています

So most of the points/ that you see on the screen are not individual stars,/ but collections of stars,/ or galaxies.//

画面の斑点の殆どは 個々の星ではなく 星の集団 つまり銀河なのです

Now,/ by showing you/ some of these images,/ I hope/ that you will quickly see/ that galaxy clusters are these beautiful objects,/ but more/ than that,/ I think/ galaxy clusters are mysterious,/ they are surprising,/ and they're useful.//

これらの画像をご覧になると 直ぐに 銀河団はこのように 美しいものだと思って 頂けるでしょうが それだけでは ないのです 銀河団は神秘的で 驚くべきもので 有用な

Useful/ as the universe's most massive/ laboratories.//

宇宙最大の研究室なのです

And/ as laboratories,/ to describe galaxy clusters is to describe the experiments/ that you can do with them.//

そして研究室として 銀河団を語るということは そこで行うことができる 実験を語るということです

And I think/ there are four major types,/ and the first type/ that I want to describe/ is probing the very big.//

研究対象には4つの主なタイプがあり まず最初のタイプは とても大きなものの探査です

So,/ how big?//

どれ程大きいかと言うと

Well,/ here is an image of a particular galaxy cluster.//

これはある銀河団の画像ですが

It is so massive/ that the light/ passing/ through it is being bent,/ it's being distorted by the extreme gravity of this cluster.//

あまりに巨大なので 通り抜ける光は 銀河団の 非常に大きな重力によって 屈折し歪められます

And,/ in fact,/ if you look very carefully/ you'll be able to see rings/ around this cluster.//

事実 よく注意して見ると この銀河団の周りに 輪がいくつも見えるでしょう

Now,/ to give you/ a number,/ this particular galaxy cluster has a mass of over one million billion suns.//

数字で説明すると この銀河団は 太陽の千兆倍以上もの質量があり

It's just mind-boggling how massive/ these systems can get.//

その巨大さには驚愕させられます

But more/ than their mass,/ they have this additional feature.//

しかし質量だけでなく こんな特徴があります

They are essentially isolated systems,/ so/ if we like,/ we can think of them/ as a scaled-down version of the entire universe.//

銀河団は本質的に 孤立したシステムなのです つまり 全宇宙の縮小版だと 考えてもいいでしょう

And many of the questions/ that we might have about the universe/ at large scales,/ such as,/ how does gravity work?//

宇宙を大きなスケールで見た時の 多くの疑問は? 例えば 重力の作用の仕方など―

might be answered by studying these systems.//

これら銀河団を調べると 答えが出て来るかもしれません

So/ that was very big.//

大きな話はここまでです

The second things is very hot.//

二つ目の研究はとても熱いものです

Okay,/ if I take an image of a galaxy cluster,/ and I subtract away/ all of the starlight,/ what I'm left/ with is this big, blue blob.//

銀河団の画像から 星の光を全部取り除くと 残されるものは この大きな青い塊です

This is in false color.//

これは本当の色ではありません

It's actually/ X-ray light/ that we're seeing.//

実はX線を見ているのです

And the question is,/ if it's not galaxies,/ what is emitting this light?//

この光が銀河のものでなければ 何処から来るのでしょう?

The answer is hot gas,/ million-degree gas --/ in fact,/ it's plasma.//

答えは 熱ガスです 百万度のガスですが 実は プラズマなのです

And the reason/ why it's so hot goes back/ to the previous slide.//

そんなに熱い理由は 前のスライドで説明しましたが

The extreme gravity of these systems is accelerating particles of gas/ to great speeds,/ and great speeds means great temperatures.//

銀河団の強力な引力が ガス粒子を超高速に加速し その速度が超高温のガスを 生み出しているのです

So this is the main idea,/ but science is a rough draft.//

これが主な理論ですが 研究はまだ始まったばかりです

There are many basic properties/ about this plasma/ that still confuse us,/ still puzzle us,/ and still push our understanding of the physics of the very hot.//

プラズマの様々な基本的性質は 未だに わからないことが多くあり 頭を悩ませています 超高温物質の物理学的研究は これからの課題です

Third thing:/ probing the very small.//

三つ目は極小のものの探査です

Now,/ to explain this,/ I need to tell/ you/ a very disturbing fact.//

これを説明するには 驚くべき事実を 話さなくてはなりません

Most of the universe's matter is not made up/ of atoms.//

宇宙の物質の殆どは 原子ではできていません

You were lied to.//

そうではなかったのです

Most of it is made up/ of something very, very mysterious,/ which we call dark matter.//

殆どが とても不思議なもので できているのです ダークマターと呼ばれ

Dark matter is something/ that doesn't like to interact very much,/ except through gravity, and of course/ we would like to learn/ more/ about it.//

重力以外のものと ほとんど作用しないもので 人々の関心を集めています

If you're a particle physicist,/ you want to know/ what happens/ when we smash things together.//

あなたが素粒子物理学者なら 物をぶつけ合うと 何が起きるか知りたいでしょう

And dark matter is no exception.//

ダークマタ?も 例外ではありません

Well,/ how do we do this?//

ではどうやってこれをぶつけるか?

To answer that question,/ I'm going to have to ask/ another one,/ which is,/ what happens/ when galaxy clusters collide?//

その質問に答えるために もう1つお聞きします 銀河団同士がぶつかったら どうなるでしょう

Here is an image.//

これがその画像です

Since galaxy clusters are representative slices of the universe, scaled-down versions.//

銀河団は宇宙の 縮小版見本のようなものです

They are mostly made up/ of dark matter,/ and that's/ what you see in this bluish purple.//

主にダークマターでできています 青っぽい紫色の部分です

The red represents the hot gas,/ and,/ of course,/ you can see many galaxies.//

赤は熱ガスを示しています 多くの銀河が見えますね

銀河団が衝突すると 超巨大な 粒子加速器のような状態になります

And this is very important,/ because/ what it means/ is/ that very, very small effects/ that might be difficult/ to detect in the lab,/ might be compounded and compounded into something/ that we could possibly observe in nature.//

大事なのは これにより 実験室では見つけ難いような 非常に検出が困難な微小な効果も 何重にも複雑に重なり 観測できるようになるかも しれないということです

So,/ it's very funny.//

とても面白いです

The reason/ why galaxy clusters can teach us/ about dark matter,/ the reason/ why galaxy clusters can teach us/ about the physics of the very small,/ is precisely/ because they are so/ very big.//

銀河団により ダークマターが 分かる理由 ? 銀河団で 極小の物理が 分かる理由は 銀河団がとても巨大だからこそなのです

Fourth thing:/ the physics of the very strange.//

四つ目は とても奇妙なものの物理です

Certainly/ what I've said/ so far is crazy.//

今まで話したことも 確かに奇妙なことでしたが

Okay,/ if there's anything stranger/ I think it has to be dark energy.//

それよりもっと奇妙なものが あるとしたなら それはダークエネルギーでしょう

If I throw a ball/ into the air,/ I expect it/ to go up.//

ボールを空中に投げ上げると 上昇していくだろうとは思いますが

What I don't expect/ is/ that it go up/ at an ever-increasing rate.//

上昇のスピードが 加速していくだろうとは思いません

Similarly,/ cosmologists understand/ why the universe is expanding.//

同じように宇宙学者は 宇宙が膨張している理由を理解しても

They don't understand/ why it's expanding at an ever-increasing rate.//

膨張がどんどん加速している理由は 分からないのです

They give the cause of this accelerated expansion/ a name,/ and they call it/ dark energy.//

この加速的膨張の原因となるものを ダークエネルギーと呼んでいます

And,/ again,/ we want to learn/ more/ about it.//

そして これについて もっと知りたいと思っています

So,/one particular question/ that we have/ is,/ how does dark energy affect the universe/ at the largest scales?//

特に疑問に感じているのは ダークエネルギーが 宇宙全体にどのような影響を 与えているのかということです

Depending on how strong/ it is,/ maybe/ structure forms faster or slower.//

その強さによって 宇宙の大規模構造の形成が 変わってくるでしょう

Well,/ the problem/ with the large-scale structure of the universe is/ that it's horribly complicated.//

宇宙の大規模構造の問題点は 恐ろしく複雑だということです

Here is a computer simulation.//

これはコンピューター シミュレーションです

And we need a way/ to simplify it.//

単純化する必要があります

Well,/ I like to think/ about this using an analogy.//

比喩を使って考えたいと思います

If I want to understand/ the sinking of the Titanic,/ the most important thing to do is not to model the little positions of every single little piece of the boat/ that broke off.//

タイタニックの沈没を 理解したいとすると 一番大切なことは 船の粉々になった破片を 全て再現することでなく

The most important thing to do is to track the two biggest parts.//

一番大きな二つの部分を 見つけ出すことです

Similarly,/ I can learn a lot/ about the universe/ at the largest scales/ by tracking its biggest pieces/ and those biggest pieces are clusters of galaxies.//

同じように 最も大きい断片を 追跡することによって 宇宙全体について 学ぶことが出来るのです その最大な断片が 銀河団なのです

So,/ as I come to a close,/ you might feel slightly cheated.//

ここまで話をしてきましたが 騙されているような気が するかもしれません

I mean,/ I began by talking about how galaxy clusters are useful,/ and I've given some reasons,/ but what is their use really?//

つまり銀河団がどんなに有用か というところから話を始めて その理由を挙げましたが 実際はどんな役に立つのでしょう?

Well,/ to answer this,/ I want to give/ you/ a quote/ by Henry Ford/ when he was asked about cars.//

その答えは 車に関して訊かれた時の ヘンリー・フォードの言葉にあります

He had this to say:/ "If I had asked people/ what they wanted,/ they would have said faster horses."//

彼はこういいました 「もし私が人に何が 欲しいかと尋ねていたら もっと速い馬が欲しいと 答えていたでしょう」

Today,/ we/ as a society are faced with many, many difficult problems.//

今日 私たちの社会は 多くの難しい問題に 直面しています

And the solutions/ to these problems are not obvious.//

その解決法は明確ではなく

They are not faster horses.//

"より速い馬"では解決になりません

解決には 多大の科学的創意工夫が 必要です

So,/ yes,/ we need to focus,/ yes,/ we need to concentrate,/ but we also need to remember/ that innovation,/ ingenuity,/ inspiration --/ these things come/ when we broaden our field of vision/ when we step back/ when we zoom out.//

だから 私たちは 専心する必要があります しかし 同時に心に刻むべきなのは 革新 創意工夫 ひらめきが 起きるのは 私たちが視野を広げ 一歩離れ全体図を 見渡した時だということです

And I can't think of a better way/ to do this/ than by studying the universe/ around us.// Thanks.//

そして そのための一番の方法は 私たちのいる宇宙を 探査することです  ありがとうございました

(拍手)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

mutual

『相互の』 お互いに対する

『共通の』;共同の

gravity

(地球の)『引力』,『重力』;重量(weight)

『厳粛さ』,まじめさ

『重大さ』,ゆゆしさ

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

mysterious

『神秘的な』,不思議な

理解(説明)しがたい,不可解な,なぞの

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

probe

(傷の深さを調べる)さぐり針

(…を)厳密に調べること,精査《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

(また『space probe』)(ロケットの)宇宙探測機

…‘を'厳密に調べる

〈傷〉‘を'さぐり針で調べる

(…を)厳密に調べる《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

bent

bendの過去・過去分詞

曲がった

《補語にのみ用いて》(…の)決心をした,(…に)熱中した《+on+名(doing)》

《英俗》不正直な

(…に対する)性癖,性向,好み《+for+名》

distort

〈形〉‘を'ゆがめる,ねじる

〈事実・真実など〉‘を'曲げる,ゆがめる

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

carefully

『注意深く』,気をつけて

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

mind-boggling

肝っ玉がつぶれるような,仰天させる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

okay

=OK,O.K.

subtract

(数字などについて)(…から)…を『引く』,減じる《+名+from+名》

引き算をする

starlight

星明かり,星の光

=starlit

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

blob

柔らかくてぐにゃぐにゃしたものの小さいかたまり,どろどろした液体の1滴《+『of』+『名』》

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

seeing

…ということを考えると;…であるからには,だから《+『that 節』(《話》『as節』)》

〈U〉〈C〉見ること

〈U〉視力,視覚

目の見える,目のきく

emit

〈水・熱・光・音・声など〉‘を'『出す』,『発する』

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

plasma

(また『blood plasma』)血漿,リンパ漿

原形質

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

rough

(表面が)『粗い』,ざらざらした,きめの粗い・でこぼこの

(動きなどが)『荒っぽい』;(空・海などが)荒れた

(人・態度などが)『粗野な』,荒々しい,無作法な

『おおよその』,あらましの

(ダイヤモンドなど)自然のままの,未加工の

《話》困難な,つらい,ひどい;(…に)ひどい,むごい《+『on』+『名』》

(生活が)非文化的な,不便な

毛深い,毛むくじゃらの,毛が刈ってない

…‘を'乱暴(手荒)に扱う《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈計画・作品など〉‘の'概略を書く,‘を'ざっと下書きする《+『in』(『out』)+『名,』+『名』+『in』(『out』)》

〈物の表面など〉‘を'ざらざらにする

手荒く,乱暴に

〈U〉《the rough》ラフ(ゴルフのコースで芝をはったフェアウェイ以外の部分)

〈C〉乱暴者

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

property

動産

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

physics

『物理学』

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

physicist

物理学者

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

smash

…‘を'『粉々にする』(shatter);…‘を'打ち砕いて(…に)する《+『名』+『to』(『into』)+『名』》・…‘を'ガン(ガシャン)と打つ(打ちつける);…‘の'(…を)強打する《+『名』+『on』+『名』》・…‘を'完全に壊する,打ち負かす《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(テニス・卓球などで)〈球〉‘を'スマッシュできめる・〈物が〉『粉々に砕ける』《+『up』》;砕けて(…に)なる《+『to』(『into』)+『名』》・(…に)ガン(ガシャン)とぶつかる,衝突する《+『into』(『through』,『against』)+『名』》・(テニス・卓球などで)スマッシュを打つ

(…が)『粉々になること』,粉砕,衝突;(物の)壊れる音,(衝突の)大音響《+『of』+『名』(do『ing』)》・大成功,大当たり

(テニス・卓球などで)スマッシュ・大成功の,大当たりの・ガシャンと;まともに

exception

〈U〉(…を)『除外すること』(…の)除外《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)『例外』《+『to』+『名』》

collide

(…と)『ぶつかる』,衝突する《+『with』(『against』)+『名』》

〈意志・利害・犠的などが〉(…と)一致しない,〈人が〉(…と)衝突する《+『with』+『名』》

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

purple

〈U〉『紫色』

〈U〉(特に,昔の王家や高位の人がつけた)紫布,紫衣

《the ~》王位,高位

『紫色の』

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

accelerator

加速装置;(自動車の)アクセル

(化学反応の)促進剤

(またatom smasher)粒子加速機

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

lab

実験室(laboratory)

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

horribly

恐ろしく

《話》ひどく

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

computer

『計算機』;『電子計算機』

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

simplify

…‘を'簡単にする,平易にする,単純にする

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

sinking

沈没,陥没;くぼ地

衰弱,意気消沈

titanic

巨大な,大力無双の

《Titanic》タイタン(Titan)の

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

Henry

ヘンリー(1世から8世にいたる英国王の名の一つ)

Ford

フォード(『Henry~』;1863‐1947;米国の自動車製造業者)

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

enormous

『巨大な』,ばく大な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

ingenuity

発明(くふう)の才能,創意くふう力

巧妙さ,精巧さ

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

broaden

…'を'広くする,広げる

広くなる,広がる

field of vision

視界,視域

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画