TED日本語 - クリスタ・ドナルドソン: 人生が変わる、80ドルのプラスチックの足

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

近年、我々は目覚ましい技術発展を遂げたものの、もっぱら幸運な特定の人々だけがその恩恵を享受しているのは問題です。エンジニアであるクリスタ・ドナルドソンが「ReMotion knee」という装具を紹介します。これは、大腿を失ってしまった人たちが使用する人工義肢で、ユーザの多くは稼ぎが一日4ドル以下です。最高クラスの技術が盛り込まれていながら、市販の他の義肢と比べてずっと安価なのです。

Script

9年前 私は アメリカ政府の元 イラクで 電気インフラの再建設を 支援していました そこで働いていたのは テクノロジーによって人の生活を 変えられると信じていたらからです ある日の午後 バグダッドのアッラシード・ホテルで 店主とお茶をしていた時にこう言われたのです 「君たちアメリカ人は月に 人を飛ばせるけど 今夜オレは家に帰っても 電気をつけることすら出来ないんだよ」と この時 アメリカ政府は 20億ドル以上の資金を電気インフラの再建設に 費やしていました どうすれば確実にテクノロジーがユーザーに届くのでしょうか? どうすれば彼らの元に 役立つように届けることが出来るのでしょうか?

それは同僚と私が D-Revで考えていたことでした D-Revとはデザインレボリューションの略称です 4年前 私はこの組織を引き継ぎました ここでは実際にユーザーの手元に届く製品を 開発することに注力していました また 単なるユーザーではなく 1日4ドル以下で生活する人たちです 最近私たちが取り組んでいることの一つに 医療機器があります しかしこれは イラクの電力供給網と共通点があるということは あまり知られていないかもしれません いくぶん共通した特徴があるのです それは 先進技術を持ってしても それが最も必要な人の元へは届いていない ということです

私たちが現在取り組む プロジェクトの一つについてお話します ReMotion Knee つまり人工義肢です 大腿を失った人のためのものです このプロジェクトのきっかけは ジャイプール・フットという 世界最大の義肢提供団体でした ある日ベイエリアでこんな発言をしたのです 「もっといい人工義肢がほしい」と もしあなたが一日4ドル以下で生活していたとして 足を切断していたとしたら 大抵交通事故で 足をなくしているのです 地雷が原因と思われがちですが しかし実際は交通事故です あなたは道の端を歩いていて トラックに轢かれてしまう あるいは 走り出した電車に飛び乗ろうとして 仕事に遅れそうになっていて ズボンの足が引っかかってしまった もし十分なお金がなければ現実はこうなります ちょうどここにいるカマルという若者のように お金がないので 竹の杖で歩き回るしかないのです これはどれほど大きな問題なのでしょうか? 毎年300万人以上の切断患者がいます 彼らは新しい足を必要としています

どんな選択肢があるでしょうか? これは最高級の義足です いわゆる"ハイテク義足"で マイクロプロセッサが内蔵されています これを装着すれば大体のことはできます しかし2万ドルもします どんな人がこれを装着するかというと アフガニスタンやイラクから帰ってきた米国退役軍人です 彼らにはぴったりのようです これは低価格のチタンの義足です 複雑な義足で つまり 四軸構造で より本物の人間の足に近いのです しかし1400ドルもするので カマルのような人たちには まだ手が出ません 最後に こちらは最も安い義足です これは 特に貧しい人向けに デザインされた義足です お手頃である一方 機能性には欠けます 構造としては 単軸で ドアの蝶番に似ています どれだけ不安定かお分かりでしょう ジャイプール・フットは

このタイプのものを使っており 良い義足を探し始めたのです さて 義足がどんなものか理解して 頂ければと思います いろいろな義足をお見せしても 全体像が分からないでしょうから 最上部にソケットがあり これを残肢に被せます しかし足は人それぞれ違います そして 膝があり 膝の関節は単軸性になっています どんな風に回転するかお分かりでしょう ここは仮義足で ここは足です 私たちは義足を開発してきました 複雑な義足 本物の人間の足のように動き 人間の歩き方をまねた義足です 80ドルです

(拍手)

しかし 素晴らしい発明や デザインも出来たところで 重要なのは どのように これを最も必要な人に届けるかなのです どのように 彼らの生活向上を 保証できるでしょうか?

そこで D-Revでは 私たちは別のプロジェクトを開始しました 私たちは3つのことに注目しました これにより テクノロジーを 義足を必要としている顧客、ユーザー、人々へ 届けられると信じています

1つ目は 製品がワールドクラスである必要がある ということです 市場の最良製品と同等 もしくは それ以上である必要があります 収入レベルにかかわらず あなたは目の前にある最も美しく 最もよい製品をほしいと思います アッシュという男性のビデオをお見せしましょう 彼が歩いているのが見えます 彼はここにある単軸の義足と 同じシステムの義足を装着しています 彼は10メートルの歩行テストを行っています 彼は歩行中 不安定で苦しんでいるのに気づくでしょう はっきりとは分かりませんが 転倒しないよう 神経をすり減らしているように見受けられます 今度はカマルのビデオです 先ほどのカマルを覚えているでしょう 竹の杖を握っていました 彼は私たちの旧型の義足を使っています 彼もまた同様に10メートルの歩行テストを行っています 彼の方がずっと安定していることが分かるでしょう

つまり ワールドクラスなのは 単なる技術パフォーマンスだけでなく 人間のパフォーマンスも然りです 私たちが見てきた大半の医療機器は 本当に西洋人 西洋の裕福な人々のために 作られたものです でも実際 私たちのユーザー、顧客は あぐらをかいて座ったり しゃがんだり 跪いてお祈りをしたりします 私たちは 市場のどの義足よりも 幅広い動きができるよう 自分たちの義足をデザインしました

ですので 私たちが学んだ次のポイントは 今の話からつながる次のポイントは 製品はユーザー中心であるべき ということです D-Revでは 私たちはさらに踏み込んで ユーザー執心であるべき としています エンドユーザーだけを考えるのではなく プロジェクトに関わる全ての人 例えば 義肢を装着させる義肢装具士も指します 義肢が装着される状況も重要です 地元の市場とはどのようなものでしょうか? これら全ての部品は どのように病院に届くのか? すべて時間通りに届くサプライチェーンか? こんなあらゆる要素について 製品をエンドユーザーに届けるために考え システマチックに機能させて初めて 使われるようになります

初期のジャイプール・ニーをもとに 改良を重ねたものをいくつか紹介いたします ちょうどここにあります (カチッという音) 何か気づきましたか? カチッと音が鳴ります 私たちは ユーザーが実際にこれを調節していたことを見てきました ちょうどここに黒い細長いものが見えるでしょう? これは自家製の騒音緩衝材です 私たちは ユーザーが別の方法で これを調節していたのを見ていました こちらの切断患者をご覧ください 彼は足の周りに包帯を巻きました 見た目を良くしたのです 膝を見ると 角が出ていますよね? もしズボンやスカート、サリーなどを はいていれば 人工義肢を装着していることは 明らかです 障害が恥だとされる社会では こうしたことをとても気にします

そこで私たちが行った改善をお見せしましょう 私たちはこのことや他の課題についても 試作を何度も繰り返しました しかしここでバージョン3 ReMotion Kneeが出てきます ここを見てもらうと 騒音緩衝材があるのが分かるでしょう  静かです その他としては 外形をなめらかに より細くしました 見た目では分かりませんが 大量生産向けに設計されています

このことは最後のポイントに繋がります 私たちは本当に こう信じています ユーザーに必要なだけ 製品を届けるためには 市場主導型である必要があります マーケット主導型は 製品が売られることを意味します 寄付ではありません 補助金を多く受けることでもありません 私たちの製品はエンドユーザーに価値を提供するために 作る必要があります また 非常にお手頃に作らなければなりません しかし顧客にとって価値のある製品は 顧客によって使用され 使用することは大きな影響を生み出します デザイナーとして 私たちは顧客に責任を負っています 製造を集中化することにより 品質管理を一定にし 80ドルという価格を実現しました 利鞘込みです そして今 それらの利鞘は決定的です もし世界中の義肢を必要とする 全ての人々に届けようとするなら 経済的に持続できる必要があります

ここで私たちの現状をお話しましょう 私たちは5000人を超える切断患者に義肢を装着させてきました そして 私たちが向かっている大きな指針は もちろん 生活を向上できるか?ということです そこで 基準となるのは 義肢を6ヶ月以上装着しているか ということです 業界平均は約65%です 私たちは79%です さらに高くしたいと願っています 現在 私たちの義肢は12カ国で使用されています 今後3年間での 達成目標として 2015年には影響力を2倍にしようとしています その後 私たちは一年ごとに2倍にしていく予定です しかし私たちは新たな壁に直面しました 義肢を装着できる 腕のある義肢装具士の数です

では プリニマの話で締めくくりたいと思います プリニマは18歳でした 交通事故で足を失ったとき 彼女は列車に12時間乗って 義肢を装着するためにクリニックにやってきました 私たちの義肢を装着するすべての切断患者から デザイナーである私たちは大きな影響を受けます 彼女はエンジニア また女性として とりわけ私にとって意味がありました なぜなら彼女は学生であり ちょうど工学を学ぶために 学校に入ったところでした 彼女は言いました 「再び歩けるようになったお陰で 学校へ戻り 勉学を終えることができます」 私にとって彼女は 次世代のエンジニアを象徴する人です 問題解決し 有意義な技術を 確かにユーザーに届けてくれる 次世代のエンジニアです

ありがとうございました

(拍手)

Nine years ago, I worked for the U.S. government in Iraq, helping rebuild the electricity infrastructure. And I was there, and I worked in that job because I believe that technology can improve people's lives. One afternoon, I had tea with a storekeeper at the Al Rasheed Hotel in Baghdad, and he said to me, "You Americans, you can put a man on the moon, but when I get home tonight, I won't be able to turn on my lights." At the time, the U.S. government had spent more than two billion dollars on electricity reconstruction. How do you ensure technology reaches users? How do you put it in their hands so that it is useful?

So those are the questions that my colleagues and I at D-Rev ask ourselves. And D-Rev is short for Design Revolution. And I took over the organization four years ago and really focused it on developing products that actually reach users, and not just any users, but customers who live on less than four dollars a day. One of the key areas we've been working on recently is medical devices, and while it may not be obvious that medical devices have something in common with Iraq's electricity grid then, there are some commonalities. Despite the advanced technology, it's not reaching the people who need it most.

So I'm going to tell you about one of the projects we've been working on, the ReMotion Knee, and it's a prosthetic knee for above-knee amputees. And this project started when the Jaipur Foot Organization, the largest fitter of prosthetic limbs in the world, came to the Bay Area and they said, "We need a better knee." Chances are, if you're living on less than four dollars a day, and you're an amputee, you've lost your limb in a vehicle accident. Most people think it's land mines, but it's a vehicle accident. You're walking by the side of the road and you're hit by a truck, or you're trying to to jump on a moving train, you're late for work, and your pant leg gets caught. And the reality is that if you don't have much money, like this young named Kamal right here, the option you really have is a bamboo staff to get around. And how big a problem is this? There's over three million amputees every year who need a new or replacement knee.

And what are their options? This is a high-end. This is what we'd call a "smart knee." It's got a microprocessor inside. It can pretty much do anything, but it's 20,000 dollars, and to give you a sense of who wears this, veterans, American veterans coming back from Afghanistan or Iraq would be fit with something like this. This is a low-end titanium knee. It's a polycentric knee, and all that that means is the mechanism, is a four-bar mechanism, that mimics a natural human knee. But at 1,400 dollars, it's still too expensive for people like Kamal. And lastly, here you see a low-end knee. This is a knee that's been designed specifically for poor people. And while you have affordability, you've lost on functionality. The mechanism here is a single axis, and a single axis is like a door hinge. So you can think about how unstable that would be. And this is the type of mechanism

that the Jaipur Foot Organization was using when they were looking for a better knee, and I just wanted to give you a sense of what a leg system looks like, because I'm showing you all these knees and I imagine it's hard to think how it all fits together. So at the top you have a socket, and this fits over someone's residual limb, and everyone's residual limb is a little bit different. And then you have the knee, and here I've got a single axis on the knee so you can see how it rotates, and then a pylon, and then a foot. And we've been able to develop a knee, a polycentric knee, so that type of knee that acts like a human knee, mimics human gait, for 80 dollars retail.

(Applause)

But the key is, you can have this great invention, you can have this great design, but how do you get it to the people who most need it? How do you ensure it gets to them and it improves their lives?

So at D-Rev, we've done some other projects, and we looked at three things that we really believe gets technologies to customers, to users, to people who need it.

And the first thing is that the product needs to be world class. It needs to perform on par or better than the best products on the market. Regardless of your income level, you want the most beautiful, the best product that there is. I'm going to show you a video now of a man named Ash. You can see him walking. He's wearing the same knee system here with a single axis knee. And he's doing a 10-meter walk test. And you'll notice that he's struggling with stability as he's walking. And something that's not obvious, that you can't see, is that it's psychologically draining to walk and to be preventing yourself from falling. Now this is a video of Kamal. You remember Kamal earlier, holding the bamboo staff. He's wearing one of the earlier versions of our knee, and he's doing that same 10-meter walk test. And you can see his stability is much better.

So world class isn't just about technical performance. It's also about human performance. And most medical devices, we've learned, as we've dug in, are really designed for Westerners, for wealthier economies. But the reality is our users, our customers, they do different things. They sit cross-legged more. We see that they squat. They kneel in prayer. And we designed our knee to have the greatest range of motion of almost any other knee on the market.

So the second thing we learned, and this leads into my second point, which is that we believe that products need to be designed to be user-centric. And at D-Rev, we go one step further and we say you need to be user-obsessed. So it's not just the end user that you're thinking about, but everyone who interacts with the product, so, for example, the prosthetist who fits the knee, but also the context in which the knee is being fit. What is the local market like? How do all these components get to the clinic? Do they all get there on time? The supply chain. Everything that goes into ensuring that this product gets to the end user, and it goes in as part of the system, and it's used.

So I wanted to show you some of the iterations we did between the first version, the Jaipur Knee, so this is it right here. (Clicking) Notice anything about it? It clicks. We'd seen that users had actually modified it. So do you see that black strip right there? That's a homemade noise dampener. We also saw that our users had modified it in other ways. You can see there that that particular amputee, he had wrapped bandages around the knee. He'd made a cosmesis. And if you look at the knee, it's got those pointy edges, right? So if you're wearing it under pants or a skirt or a sari, it's really obvious that you're wearing a prosthetic limb, and in societies where there's social stigma around being disabled, people are particularly acute about this.

So I'm going to show you some of the modifications we did. We did a lot of iterations, not just around this, but some other things. But here we have the version three, the ReMotion Knee, but if you look in here, you can see the noise dampener. It's quieter. The other thing we did is that we smoothed the profile. We made it thinner. And something that's not obvious is that we designed it for mass production.

And this goes into my last point. We really, truly believe that if a product is going to reach users at the scale that it's needed, it needs to be market-driven, and market-driven means that products are sold. They're not donated. They're not heavily subsidized. Our product needs to be designed to offer value to the end user. It also has to be designed to be very affordable. But a product that is valued by a customer is used by a customer, and use is what creates impact. And we believe that as designers, it holds us accountable to our customers. And with centralized manufacturing, you can control the quality control, and you can hit that $ 80 price point with profit margins built in. And now, those profit margins are critical, because if you want to scale, if you want to reach all the people in the world who possibly need a knee, it needs to be economically sustainable.

So I want to give you a sense of where we are at. We have fit over 5,000 amputees, and one of the big indicators we're looking at, of course, is, does it improve lives? Well, the standard is, is someone still wearing their knee six months later? The industry average is about 65 percent. Ours is 79 percent, and we're hoping to get that higher. Right now, our knees are worn in 12 countries. This is where we want to get, though, in the next three years. We'll double the impact in 2015, and we'll double it each of the following years after that. But then we hit a new challenge, and that's the number of skilled prosthetists who are able to fit knees.

So I want to end with a story of Prinima. Prinima was 18 years old when she was in a car accident where she lost her leg, and she traveled 12 hours by train to come to the clinic to be fit with a knee, and while all of the amputees who wear our knees affect us as the designers, she's particularly meaningful to me as an engineer and as a woman, because she was in school, she had just started school to study engineering. And she said, "Well, now that I can walk again, I can go back and complete my studies." And to me she represents the next generation of engineers solving problems and ensuring meaningful technologies reach their users.

So thank you.

(Applause)

Nine years ago,/ I worked for the U.S. government/ in Iraq,/ helping rebuild the electricity infrastructure.//

9年前 私は アメリカ政府の元 イラクで 電気インフラの再建設を 支援していました

And I was there,/ and I worked in that job/ because I believe/ that technology can improve people's lives.//

そこで働いていたのは テクノロジーによって人の生活を 変えられると信じていたらからです

One afternoon,/ I had tea/ with a storekeeper/ at the Al Rasheed Hotel/ in Baghdad,/ and he said to me,/ "You Americans,/ you can put a man/ on the moon,/ but when I get home tonight,/ I won't be able to turn on/ my lights."//

ある日の午後 バグダッドのアッラシード・ホテルで 店主とお茶をしていた時にこう言われたのです 「君たちアメリカ人は月に 人を飛ばせるけど 今夜オレは家に帰っても 電気をつけることすら出来ないんだよ」と

At the time,/ the U.S. government had spent more than two billion dollars/ on electricity reconstruction.//

この時 アメリカ政府は 20億ドル以上の資金を電気インフラの再建設に 費やしていました

どうすれば確実にテクノロジーがユーザーに届くのでしょうか?

How do you put it/ in their hands/ so that it is useful?//

どうすれば彼らの元に 役立つように届けることが出来るのでしょうか?

So those are the questions/ that my colleagues/ and I/ at D-Rev ask ourselves.//

それは同僚と私が D-Revで考えていたことでした

And D-Rev is short/ for Design Revolution.//

D-Revとはデザインレボリューションの略称です

And I took over/ the organization/ four years ago/ and really focused it/ on developing products/ that actually reach users,/ and not just any users,/ but customers/ who live on less than four dollars/ a day.//

4年前 私はこの組織を引き継ぎました ここでは実際にユーザーの手元に届く製品を 開発することに注力していました また 単なるユーザーではなく 1日4ドル以下で生活する人たちです

One of the key areas/ we've been working on recently is medical devices,/ and/ while it may not be obvious/ that medical devices have something/ in common/ with Iraq's electricity grid then,/ there are some commonalities.//

最近私たちが取り組んでいることの一つに 医療機器があります しかしこれは イラクの電力供給網と共通点があるということは あまり知られていないかもしれません いくぶん共通した特徴があるのです

Despite the advanced technology,/ it's not reaching/ the people/ who need it most.//

それは 先進技術を持ってしても それが最も必要な人の元へは届いていない ということです

So I'm going to tell/ you/ about one of the projects/ we've been working on,/ the ReMotion Knee,/ and it's a prosthetic knee/ for above-knee amputees.//

私たちが現在取り組む プロジェクトの一つについてお話します ReMotion Knee つまり人工義肢です 大腿を失った人のためのものです

And this project started/ when the Jaipur Foot Organization,/ the largest fitter of prosthetic limbs/ in the world,/ came to the Bay Area/ and they said,/ "We need a better knee."//

このプロジェクトのきっかけは ジャイプール・フットという 世界最大の義肢提供団体でした ある日ベイエリアでこんな発言をしたのです 「もっといい人工義肢がほしい」と

Chances are,/ if you're living/ on less than four dollars/ a day,/ and you're an amputee,/ you've lost your limb/ in a vehicle accident.//

もしあなたが一日4ドル以下で生活していたとして 足を切断していたとしたら 大抵交通事故で 足をなくしているのです

Most people think/ it's land mines,/ but it's a vehicle accident.//

地雷が原因と思われがちですが しかし実際は交通事故です

You're walking/ by the side of the road/ and you're hit by a truck,/ or you're trying to to jump/ on a moving train,/ you're late/ for work,/ and your pant leg gets caught.//

あなたは道の端を歩いていて トラックに轢かれてしまう あるいは 走り出した電車に飛び乗ろうとして 仕事に遅れそうになっていて ズボンの足が引っかかってしまった

And the reality is/ that if you don't have much money,/ like this young named Kamal right here,/ the option/ you really have/ is a bamboo staff/ to get around.//

もし十分なお金がなければ現実はこうなります ちょうどここにいるカマルという若者のように お金がないので 竹の杖で歩き回るしかないのです

And how big/ a problem is this?//

これはどれほど大きな問題なのでしょうか?

There's over three million amputees/ every year/ who need a new or replacement knee.//

毎年300万人以上の切断患者がいます 彼らは新しい足を必要としています

And what are their options?//

どんな選択肢があるでしょうか?

This is a high-end.// This is/ what we'd call a "smart knee."//

これは最高級の義足です いわゆる"ハイテク義足"で

It's got a microprocessor inside.//

マイクロプロセッサが内蔵されています

It can pretty much do anything,/ but it's 20,000 dollars,/ and to give you/ a sense of who wears this,/ veterans,/ American veterans/ coming back/ from Afghanistan or Iraq would be fit with something/ like this.//

これを装着すれば大体のことはできます しかし2万ドルもします どんな人がこれを装着するかというと アフガニスタンやイラクから帰ってきた米国退役軍人です 彼らにはぴったりのようです

This is a low-end titanium knee.//

これは低価格のチタンの義足です

It's a polycentric knee,/ and all/ that that means/ is the mechanism,/ is a four-bar mechanism,/ that mimics a natural human knee.//

複雑な義足で つまり 四軸構造で より本物の人間の足に近いのです

But at 1,400 dollars,/ it's still too expensive/ for people/ like Kamal.//

しかし1400ドルもするので カマルのような人たちには まだ手が出ません

And lastly,/ here/ you see a low-end knee.//

最後に こちらは最も安い義足です

This is a knee/ that's been designed specifically/ for poor people.//

これは 特に貧しい人向けに デザインされた義足です

And/ while you have affordability,/ you've lost on functionality.//

お手頃である一方 機能性には欠けます

The mechanism here is a single axis,/ and a single axis is like a door hinge.//

構造としては 単軸で ドアの蝶番に似ています

So you can think about how unstable/ that would be.//

どれだけ不安定かお分かりでしょう

And this is the type of mechanism/ that the Jaipur Foot Organization was using/ when they were looking for a better knee,/ and I just wanted to give/ you/ a sense of what a leg system looks like,/ because I'm showing/ you/ all these knees/ and I imagine it's hard/ to think/ how it/ all fits together.//

ジャイプール・フットは このタイプのものを使っており 良い義足を探し始めたのです さて 義足がどんなものか理解して 頂ければと思います いろいろな義足をお見せしても 全体像が分からないでしょうから

So/ at the top/ you have a socket,/ and this fits over someone's residual limb,/ and everyone's residual limb is a little bit different.//

最上部にソケットがあり これを残肢に被せます しかし足は人それぞれ違います

And then/ you have the knee,/ and here/ I've got a single axis/ on the knee/ so you can see/ how it rotates,/ and then/ a pylon,/ and then/ a foot.//

そして 膝があり 膝の関節は単軸性になっています どんな風に回転するかお分かりでしょう ここは仮義足で ここは足です

And we've been able to develop a knee,/ a polycentric knee,/ so that type of knee/ that acts like a human knee,/ mimics human gait,/ for 80 dollars/ retail.//

私たちは義足を開発してきました 複雑な義足 本物の人間の足のように動き 人間の歩き方をまねた義足です 80ドルです

(Applause)/ But the key is,/ you can have this great invention,/ you can have this great design,/ but how do you get it/ to the people/ who most need it?//

(拍手) しかし 素晴らしい発明や デザインも出来たところで 重要なのは どのように これを最も必要な人に届けるかなのです

How do you ensure it gets to them/ and it improves their lives?//

どのように 彼らの生活向上を 保証できるでしょうか?

So/ at D-Rev,/ we've done some other projects,/ and we looked at three things/ that we really believe gets technologies/ to customers,/ to users,/ to people/ who need it.//

そこで D-Revでは 私たちは別のプロジェクトを開始しました 私たちは3つのことに注目しました これにより テクノロジーを 義足を必要としている顧客、ユーザー、人々へ 届けられると信じています

And the first thing is/ that the product needs to be world class.//

1つ目は 製品がワールドクラスである必要がある ということです

It needs to perform/ on par or better/ than the best products/ on the market.//

市場の最良製品と同等 もしくは それ以上である必要があります

Regardless of your income level,/ you want the most beautiful,/ the best product/ that there is.//

収入レベルにかかわらず あなたは目の前にある最も美しく 最もよい製品をほしいと思います

I'm going to show/ you/ a video now of a man named Ash.// You can see him/ walking.//

アッシュという男性のビデオをお見せしましょう 彼が歩いているのが見えます

He's wearing the same knee system here/ with a single axis knee.//

彼はここにある単軸の義足と 同じシステムの義足を装着しています

And he's doing a 10-meter walk test.//

彼は10メートルの歩行テストを行っています

And you'll notice/ that he's struggling with stability/ as he's walking.//

彼は歩行中 不安定で苦しんでいるのに気づくでしょう

And something/ that's not obvious,/ that you can't see,/ is/ that it's psychologically draining to walk/ and to be preventing yourself/ from falling.//

はっきりとは分かりませんが 転倒しないよう 神経をすり減らしているように見受けられます

Now/ this is a video of Kamal.//

今度はカマルのビデオです

You remember Kamal earlier,/ holding the bamboo staff.//

先ほどのカマルを覚えているでしょう 竹の杖を握っていました

He's wearing one of the earlier versions of our knee,/ and he's doing/ that same 10-meter walk test.//

彼は私たちの旧型の義足を使っています 彼もまた同様に10メートルの歩行テストを行っています

And you can see/ his stability is much better.//

彼の方がずっと安定していることが分かるでしょう

So world class isn't just about technical performance.//

つまり ワールドクラスなのは 単なる技術パフォーマンスだけでなく

It's also/ about human performance.//

人間のパフォーマンスも然りです

And most medical devices,/ we've learned,/ as we've dug in,/ are really designed for Westerners,/ for wealthier economies.//

私たちが見てきた大半の医療機器は 本当に西洋人 西洋の裕福な人々のために 作られたものです

But the reality is our users,/ our customers,/ they do different things.// They sit cross-legged more.//

でも実際 私たちのユーザー、顧客は あぐらをかいて座ったり

We see/ that they squat.// They/ kneel/ in prayer.//

しゃがんだり 跪いてお祈りをしたりします

And we designed our knee/ to have the greatest range of motion of almost any other knee/ on the market.//

私たちは 市場のどの義足よりも 幅広い動きができるよう 自分たちの義足をデザインしました

So the second thing/ we learned,/ and this leads into my second point,/ which is/ that we believe/ that products need to be designed to be user-centric.//

ですので 私たちが学んだ次のポイントは 今の話からつながる次のポイントは 製品はユーザー中心であるべき ということです

And/ at D-Rev,/ we go one step further/ and we say you need to be user-obsessed.//

D-Revでは 私たちはさらに踏み込んで ユーザー執心であるべき としています

So it's not just the end user/ that you're thinking/ about,/ but everyone/ who interacts with the product,/ so,/ for example,/ the prosthetist/ who fits the knee,/ but also/ the context/ in which the knee is being fit.//

エンドユーザーだけを考えるのではなく プロジェクトに関わる全ての人 例えば 義肢を装着させる義肢装具士も指します 義肢が装着される状況も重要です

What is the local market like?//

地元の市場とはどのようなものでしょうか?

How do all these components get to the clinic?//

これら全ての部品は どのように病院に届くのか?

Do they/ all get there/ on time?// The supply chain.//

すべて時間通りに届くサプライチェーンか?

Everything/ that goes into ensuring/ that this product gets to the end user,/ and it goes in/ as part of the system,/ and it's used.//

こんなあらゆる要素について 製品をエンドユーザーに届けるために考え システマチックに機能させて初めて 使われるようになります

So I wanted to show/ you/ some of the iterations/ we did between the first version,/ the Jaipur Knee,/ so/ this is it right here.//

初期のジャイプール・ニーをもとに 改良を重ねたものをいくつか紹介いたします ちょうどここにあります

(Clicking)/ Notice anything/ about it?//

(カチッという音) 何か気づきましたか?

It clicks.//

カチッと音が鳴ります

We'd seen/ that users had actually modified it.//

私たちは ユーザーが実際にこれを調節していたことを見てきました

So do you see/ that black strip right there?//

ちょうどここに黒い細長いものが見えるでしょう?

That's a homemade noise dampener.//

これは自家製の騒音緩衝材です

We also saw/ that our users had modified it/ in other ways.//

私たちは ユーザーが別の方法で これを調節していたのを見ていました

You can see there/ that/ that particular amputee,/ he had wrapped bandages/ around the knee.//

こちらの切断患者をご覧ください 彼は足の周りに包帯を巻きました

He'd made a cosmesis.//

見た目を良くしたのです

And/ if you look at the knee,/ it's got those pointy edges,/ right?//

膝を見ると 角が出ていますよね?

So/ if you're wearing/ it/ under pants or a skirt or a sari,/ it's really obvious/ that you're wearing/ a prosthetic limb,/ and in societies/ where there's social stigma/ around being disabled,/ people are particularly acute/ about this.//

もしズボンやスカート、サリーなどを はいていれば 人工義肢を装着していることは 明らかです 障害が恥だとされる社会では こうしたことをとても気にします

So I'm going to show/ you/ some of the modifications/ we did.//

そこで私たちが行った改善をお見せしましょう

We did a lot of iterations,/ not just/ around this,/ but some other things.//

私たちはこのことや他の課題についても 試作を何度も繰り返しました

But here/ we have the version three,/ the ReMotion Knee,/ but/ if you look in here,/ you can see the noise dampener.// It's quieter.//

しかしここでバージョン3 ReMotion Kneeが出てきます ここを見てもらうと 騒音緩衝材があるのが分かるでしょう  静かです

The other thing/ we did/ is/ that we smoothed the profile.//

その他としては 外形をなめらかに

We made it thinner.//

より細くしました

And something/ that's not obvious is/ that we designed it/ for mass production.//

見た目では分かりませんが 大量生産向けに設計されています

And this goes into my last point.//

このことは最後のポイントに繋がります

We really,/ truly believe/ that if a product is going to reach/ users/ at the scale/ that it's needed,/ it needs to be market-driven,/ and market-driven means/ that products are sold.//

私たちは本当に こう信じています ユーザーに必要なだけ 製品を届けるためには 市場主導型である必要があります マーケット主導型は 製品が売られることを意味します

They're not donated.// They're not heavily subsidized.//

寄付ではありません 補助金を多く受けることでもありません

Our product needs to be designed to offer/ value/ to the end user.//

私たちの製品はエンドユーザーに価値を提供するために 作る必要があります

It also has to be designed to be very affordable.//

また 非常にお手頃に作らなければなりません

But a product/ that is valued by a customer is used by a customer,/ and use is/ what creates impact.//

しかし顧客にとって価値のある製品は 顧客によって使用され 使用することは大きな影響を生み出します

And we believe/ that as designers,/ it holds us accountable/ to our customers.//

デザイナーとして 私たちは顧客に責任を負っています

And/ with centralized manufacturing,/ you can control the quality control,/ and you can hit/ that $ 80 price point/ with profit margins built in.//

製造を集中化することにより 品質管理を一定にし 80ドルという価格を実現しました 利鞘込みです

And now,/ those profit margins are critical,/ because/ if you want to scale,/ if you want to reach/ all the people/ in the world/ who possibly need a knee,/ it needs to be economically sustainable.//

そして今 それらの利鞘は決定的です もし世界中の義肢を必要とする 全ての人々に届けようとするなら 経済的に持続できる必要があります

So I want to give/ you/ a sense of where we are at.//

ここで私たちの現状をお話しましょう

We have fit over 5,000 amputees,/ and one of the big indicators/ we're looking/ at,/ of course,/ is,/ does it improve lives?//

私たちは5000人を超える切断患者に義肢を装着させてきました そして 私たちが向かっている大きな指針は もちろん 生活を向上できるか?ということです

Well,/ the standard is,/ is someone still wearing their knee/ six months later?//

そこで 基準となるのは 義肢を6ヶ月以上装着しているか ということです

The industry average is about 65 percent.//

業界平均は約65%です

Ours is 79 percent,/ and we're hoping to get/ that/ higher.//

私たちは79%です さらに高くしたいと願っています

Right now,/ our knees are worn in 12 countries.//

現在 私たちの義肢は12カ国で使用されています

This is/ where we want to get,/ though,/ in the next three years.//

今後3年間での 達成目標として

We'll double the impact/ in 2015,/ and we'll double it/ each of the following years/ after that.//

2015年には影響力を2倍にしようとしています その後 私たちは一年ごとに2倍にしていく予定です

But then/ we hit a new challenge,/ and that's the number of skilled prosthetists/ who are able to fit knees.//

しかし私たちは新たな壁に直面しました 義肢を装着できる 腕のある義肢装具士の数です

So I want to end/ with a story of Prinima.//

では プリニマの話で締めくくりたいと思います

Prinima was 18 years old/ when she was in a car accident/ where she lost her leg,/ and she traveled 12 hours/ by train/ to come to the clinic/ to be fit with a knee,/ and/ while all of the amputees/ who wear/ our knees affect us/ as the designers,/ she's particularly meaningful/ to me/ as an engineer/ and/ as a woman,/ because she was in school,/ she had just started school/ to study engineering.//

プリニマは18歳でした 交通事故で足を失ったとき 彼女は列車に12時間乗って 義肢を装着するためにクリニックにやってきました 私たちの義肢を装着するすべての切断患者から デザイナーである私たちは大きな影響を受けます 彼女はエンジニア また女性として とりわけ私にとって意味がありました なぜなら彼女は学生であり ちょうど工学を学ぶために 学校に入ったところでした

And she said,/ "Well,/ now that I can walk again,/ I can go back/ and complete my studies."//

彼女は言いました 「再び歩けるようになったお陰で 学校へ戻り 勉学を終えることができます」

私にとって彼女は 次世代のエンジニアを象徴する人です 問題解決し 有意義な技術を 確かにユーザーに届けてくれる 次世代のエンジニアです

So thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

lives

lifeの複数形

storekeeper

店の経営者,店主(shopkeeper)

hotel

『ホテル』,旅館

Baghdad

バグダッド(トラク共和国の首都)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

lights

(羊・豚などの)肺臓

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

grid

格子(こうし);焼き網

グリッド(真空管で陽極と陰極との中間に装置する金属の格子)

高圧送電線網

(地図などの)碁盤目

despite

…『にもかかわらず』

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

amputee

(切断手術で)手足を失った人

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

fitter

(衣服の)仮縫いをする人

(機械などの)組立て工

limb

(動物の)『手足』;(鳥の)翼

(木の)大枝

bay

『湾』,『入り江』

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

pant

『あえぐ』,息を切らす

《現在分詞の形で》熱望する,強く望む

…‘を'あえぎながら言う《+『out』(『forth』)+『名,』+『名』+『out』(『forth』)》

『あえぎ』,息切れ;動悸(どうき)

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

caught

catchの過去・過去分詞

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

bamboo

『竹』;竹材;〈C〉(1本の)竹

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

replacement

置き換わること,取り替えること,元へ戻すこと;返済・置き換わる物(人),代理;補充員補充物

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

veteran

(仕事・活動などの)『老練者』,古つわもの,ベテラン

『古参兵』,老兵

《米》(また《話》vet)退役軍人,在郷軍人兵

使い古したもの,中古品

(仕事に)経験豊かな,老練な

(軍事に)熟達した,経験の多い)

使い古した,中古の

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

titanium

チタン,チタニウム(金属元素;化学記号は Ti)

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

mimic

〈人,人の話し方・しぐさなど〉‘を'まねてからかう

(欺くために)…‘に'似せる

ものまねをする人,ものまね役者

人まねをする動物;人の声をまねる鳥

《名詞の前にのみ用いて》

ものまねをする

偽りの,模擬の

擬態の

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

expensive

『費用のかかる』,高価な

lastly

最後に,結局

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

hinge

(ドアなどの)『ちょうつがい』

ちょうつがいのような働きをするもの(ひじやひざの関節など);かなめ

…‘に'ちょうつがいを付つける,‘を'ちょうつがいで取り付ける

チョウツガイで働く

(…に)よる,(…)次第である《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

unstable

(物が)不安定な,ぐらぐらする

情緒不安定な,落ち着のない

(気候・経済などが)安定性のない,不安定な

(化合物が)分解しやすい

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

socket

(物を差し込む)穴,受け口,ソケット

窩(か)(体の部分で落ちくぼんだ所)

residual

残りの,残留の

残余

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

pylon

(古代エジプトの寺院の)塔門

(飛行機操縦上の)目標塔(特にレースで用いる)

(高圧線用の)鉄塔

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

gait

歩きぶり,足どり

retail

『小売り』

小売りの

小売りで,小売り価格で

…‘を'小売りする

《文》…‘を'受け売りで話す

(…の値段で)小売りされる《+『at』(『for』)+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

first thing

まず最初に,朝一番に

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

par

〈U〉同等,同価,同水準,同程度

(また『par value』)〈U〉平価,額面価格

〈U〉(程度・質・状態・数量などの)平均,標準;(精神・健康などの)常態

〈C〉(ゴルフで)標準打数,パー

《名詞の前にのみ用いて》平均の,標準の

額面の

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

regardless

『むとんじゃくな』,不注意な;(…に)むとんじゃくな《+『of』+『名』》

とにかく(anyway)

(…に)かかわらず《+『of』+『名』》

income

(一定の)『収入』,所得

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

ash

〈U〉《しばしば複数形で;単数扱い》『灰』

〈U〉火山灰

《複数形で》(火葬された)遺骨,なきがら;(火事で焼けた)廃墟(はいきょ)

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

dug

digの過去・過去分詞

Westerner

(米国の)西部に住む人;西部出身の人

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

cross-legged

足を組んだ;あぐらを組んだ

squat

しゃがむ,うずくまる(crouch)《+『down』》

〈動物などが〉地に伏す,身をひそめる

(他人の土地に)無断で定住する

(所有権獲得の目的で政府の規制に従いながら)公有地に定住する

《英話》座る(sit)

しゃがんだ

ずんぐりした

うずくまること;しゃがんだ姿勢

kneel

(…に)『ひざまずく』,ひざをつく《+『down on』+『名』》

prayer

〈U〉『祈ること』

〈C〉『願いごと』,祈り;嘆願

〈C〉(定められた)『祈りの言葉』,祈祷(きとう)文

〈U〉《しばしばP-》(教会の)礼拝,祈祷

〈C〉《通例複数形で》(家庭などの)おつとめ

《米話》《通例否定文で》成功の機会

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

component

構成している,成分の

構成要素,成分

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

used

『使い古しの』,使用した

iteration

反復,繰り返し

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

modify

旨‘を'『修正する』,変更する

…‘を'加滅する,緩和する

〈語・句・節が〉…‘を'修飾する,限定する

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

homemade

自家製の

国産の

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

bandage

包帯

…に包帯をする《+名+up,+up+名》

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

skirt

(女性用の)『スカート』

(コート・ドレスなどの腰から下の)すそ

(車両・機械などの)すそ部,覆い,スカート

《複数形で》(…の)周辺,はずれ,郊外《+『of』+『名』》

《俗》女,娘(特にa bit of skirt,a piece of skirtの形で快楽の対象としてふざけて)

…‘の'縁(境)にある

…‘を'縁(境)に沿って行く,周辺を回って通る

〈問題など〉‘を'回避する

(…の)縁(境)にある《+『along』(『around』)+『名』》

(…の)縁(境)に沿って行く《+『along』(『around』)+『名』》

sari

サリー(インド婦人のつける巻き布の衣服)

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

stigma

汚名,恥辱

柱頭(めしべの頂)

《複数形で》聖痕(せいこん)(はりつけにされたキリストの体の傷と類似した傷跡)

disabled

身体障害の不具の,無能力になった

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

acute

(先の)『鋭い』,とがった

(痛み・感情などが)『激しい』,強い

(知力・感覚などが)『鋭い』,鋭敏な

(事態が)重大な

(病気が)急性の

(音が)高い,鋭い

鋭角の

modification

〈棟〉修正,変更)した(された)もの

〈U〉〈C〉(文法で)修飾

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

thinner

(ペンキなどを)薄める液,シンナー

mass production

大量生産

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

sold

sellの過去・過去分詞

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

designer

『設計者』,デザイナー

accountable

(物事が)説明のつく

《補語にのみ用いて》(…について)説明できる,責任を持てる《+『for』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

economically

倹約して

経済的に

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

higher

highの比較級

《名詞の前にのみ用いて》高等な,高度の;上級の

highの比較級

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

skilled

(人が)熟練した,特殊技術を持った

(仕事が)熟練を要する,特殊技術を要する

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

meaningful

有意義な,意義のある

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

engineering

『工学』

土木工事

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

関連動画