TED日本語 - エディ・カルタヤ: 氷河洞窟の発見

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「スノー・ドラゴン」「ピュア・イマジネーション」「フローズン・ミノタウルス」これらはエディ・カルタヤと、彼の登山パートナーであるブレント・マクレガーが初めて発見・探検した氷河洞窟に付けた名前です。オレゴン州にあるサンディ氷河は、フッド山の斜面をゆっくりと滑り落ちていく一方、上から注ぎ込む温かい水と下から流れ込む温かい空気の流れにより、洞穴は年々新たな形を造っていきます。カルタヤはTEDYouthで、氷が青や緑に輝き、遺物が長い時間をかけて天井から落ちてくる神秘の世界へとあなたをいざないます。

Script

皆さんの内 どれだけの方が洞窟に入ったことがあるでしょう? はい 何人かいらっしゃいますね 洞窟といったら大半の方は 固い岩石を貫いているトンネルを想像しますね 実際 たいていの洞窟はそうです この国の半分では ほとんどの洞窟が石灰岩でできています でも 私の出身地では溶岩の洞窟がほとんどです そこらじゅうに火山があるからです でも今日皆さんにお見せしたいのは 100%氷でできたもので オレゴン州で最も高い山である フッド山の山腹で造られた 氷河の洞窟です

フッド山は 人口200万人以上のオレゴン州最大の都市 ポートランドから 車でわずか1時間の所にあります 洞窟探検家にとって探検最大の魅力は 新しい洞窟を見つけることで そこに入った初めての人間となることです 2番目の魅力は その洞窟の地図を作る初めての人間となることです 今時 多くの方があちらこちらをハイキングしていますから 新しい洞窟を発見することはとても難しいのです だから オレゴン州最大の都市からすぐの所に 新しい洞窟を3つも発見し 誰もそこを探検しておらず 地図になっていないことが分かったとき どれだけ我々が興奮したか想像できますね 宇宙飛行士にでもなった気持ちです だって いまだかつて誰も行った事が無い場所に行って 誰も見たことがないものを見たのですから

では氷河とは何でしょう? 雪を見たり触ったりしたことがあれば それはとても軽いと分ります 微小な氷の結晶が集まってできたものでそのほとんどが空気だからです 雪を ぎゅっと握って雪玉を作ってみると ぎっしりと詰まって とても小さくそして固くなります フッド山のような所では 1年に6メートル以上の雪が積もり だんだんと空気を押し出して固くて青い氷となります 毎年 次々と氷が厚みを増していき あまりにも重くなって ついには 自重に耐えられず山の斜面を滑り落ちていき ゆっくりと流れる氷の川になります 氷がこのように一群となって移動するようになると これを氷河と呼び 名前を付けるのです 我々が発見した洞窟がある氷河は サンディ氷河といいます 毎年 氷河の上に新しい雪が積もり それが夏の日差しで解けます 解けた水が氷に沿って流れ 小さな川となり それが氷河を解かして穴を穿ち 大規模な洞穴のネットワークを作り出します 時には氷の下の岩盤まで達することがあります すごいことに氷河洞窟は 毎年新しいトンネルを作り出します 次から次へと異なった場所から水がしたたり落ち洞窟のあちらこちらで異なった流路ができます 温められた水が表面から 氷を下へと削り込む一方 山の下側で温められた空気が上昇し 洞窟に入り込み 洞窟の天井を解かしながらどんどん高くしていきます でも最も不思議なことは 洞窟全体が動いていることです 何しろ小さな都市ほどの大きさの氷河そのものが 山の斜面をゆっくりと滑り落ちていくのですから

さて 彼はブレント・マクレガー 洞窟探検のパートナーです 彼も私も洞窟探検をずいぶん長くやってきましたし 山登りもかなりやりましたが 氷河洞窟なんて探検したことはありませんでした 遡ること2011年ブレントがYoutubeで 氷河洞窟の入り口に遭遇したハイカーのビデオをみつけました GPSによる座標表示は無く 分かったのは サンディ氷河のどこかにあるということだけ そこで その年の7月 氷河に行ってみた所 大きな氷の割れ目を見つけたのです 我々は氷雪にアンカーを設置し これにロープをセットしてラペリングで穴を下降します これはクレバスの入り口を覗き込んでいる私です そして穴の底まで下りていくと 数千トンの氷河の下に 山の上方へ続く巨大なトンネルを発見しました 洞窟を1kmほど歩くと 行き止まりになりました そこから出口へと戻る時に 測量器具を使って 洞窟の3Dマッピングを行いました

洞窟の地図はどのようなものだと思いますか? それは登山地図や道路地図のようなものではありません と言うもの くぼみや穴は上下に重なっていたりするからです 洞窟の測量をする時は 洞窟の中で数フィートごとに測点を設置しなければなりません そしてレーザーを使って測点間の距離を測るのです さらにコンパスと傾斜計を使って 洞窟の向きと床と天井の傾斜を測ります 学校で習う三角関数ですが あの数学はこんな地図作りに役立ちます ある地点の高さや距離を 実際にそこに行かずに知る事ができます 実際のところ 測量が進み調査が進めば進むほど 学生時代大嫌いだった数学がとても役立つことを実感しました 測量が終わったら 全てのデーターをコンピューターに打ち込んで 図面作成の得意な人に頼むと こんな感じの地図が出来上がります 洞窟の通り道の鳥瞰図と そして アリの巣観察キットを横から見たような 断面図です 私たちはこの洞窟をスノー・ドラゴン洞窟と名付けました 洞窟が 雪の下に眠る大きな龍のように見えたからです その夏 氷河から雪が解けるにつれ さらに洞窟がみつかりこれらが全てつながっていることも分かりました

スノー・ドラゴンの測量が終わって間もなく ブレントはそれほど離れていない場所で新たに洞窟を発見しました 洞窟の内壁は氷で覆われているので クランポン(アイゼン)という大きなスパイク付のブーツを履いて 滑らないようにする必要がありました この洞窟は素晴らしいものでした 遥か上部から光が差し込み 氷を透過していくので天井が青や緑に輝いていたのです この洞窟が なぜスノー・ドラゴン洞窟よりもずっと寒いのか 行き止まりに辿りつくまで分りませんでした そこには氷河の表面に通ずる40mほどの ムーラン(氷河ひょう穴)と呼ばれる巨大な縦穴があったのです 山の頂上から冷たい風が吹きおろし 洞窟へと入って 激しく流れ込み 内部の至る所を凍らせていたのです 我々はこの新しい縦穴の発見にとても興奮し 次の年の一月にここに戻ってきました 誰よりも先にここを探検したかったのです 外は非常に寒かったので 洞穴の中で休眠をとらなければなりませんでした この入口の近くにあるスペースの左側にキャンプを張りました 次の日の朝 洞窟から登り出て 氷河の頂上まで歩いて行き そこからロープを張って ラペルで 初めて この穴を降りて行ったのです ブレントは この洞窟をピュア・イマジネーションと命名しました それは そこで我々が見たものが 想像をはるかに超える素晴らしい風景だったからでしょう

実に冷たい氷は別として洞窟内には他に何があるのでしょうか? ひどく冷え切っているので 殆ど生命なんていないでしょう 入り口は1年の内8か月ほどは雪で覆われていますから でも とてもすごいものが そこにいます 水分の中に不思議なバクテリアが潜んでいて 実は岩石を食べ消化し 氷の下で生き延びるための糧としているのです 実際 去年の夏に科学者たちが 水と氷のサンプルを採取し 好極限性細菌と称する極限環境で生きるために進化した微小生物が 氷の下で生息していないか調査しました 火星の極冠でも似たような生物が見つかるのが期待されています もう一つすごいことは 氷河の表面に落ちてきた植物の種やら鳥の屍骸が 雪の中に埋まって 徐々に氷河と一体化し 深い氷の中にどんどんと沈みこんでいくのです 洞窟が溶けて表面にまで穴ができるようになると こういった遺物が天井から降り注ぐように 床に落下し 我々がこうやって発見できるようになるのです たとえば 我々が発見したこの米樅(ベイモミ)の種は 氷の中で100年凍っていたのですが 今まさに発芽しようとしています また このマガモの羽は スノー・ドラゴン洞窟に500mほど入った所で見つけたものです このカモは氷河の表面でとても昔に息絶え その羽は 洞窟に落ちる間に30mほど沈み込んでいたのです この美しい石英の結晶も スノー・ドラゴン洞窟で見つかったものです

ブレントも私も こんな発見が まさに 自分の家の裏庭のような所に 長らく発見されずに隠されていたなんて今でも驚きの念を禁じ得ないのです 我々の住む せわしい世の中で 今どき発見をすることは 宇宙旅行でもしなければ不可能に思えますが そんなことはありません 毎年 誰にも知られていなかった 洞窟が発見されています 皆さんも 今から最初の発見者になろうと考えても遅くはありません 他の人たちがあまり行かない所に 目を向け そこを訪れ 発見に出会ったとき それに気付くように 目と意識を集中すれば良いだけなのです 新しい発見は ごく身近にあるかもしれません

どうも有難うございました

(拍手)

So how many of you have everbeen in a cave before? Okay, a few of you. When you think of a cave, most of you think of a tunnel going through solid rock, and in fact, that's how most caves are. Around this half of the country, most of your caves are made of limestone. Back where I'm from, most of ourcaves are made of lava rock, because we have a lot of volcanoes out there. But the caves I want to sharewith you today are made completely of ice, specifically glacier ice that's formed in the side of the tallest mountain in the state of Oregon, called Mount Hood.

Now Mount Hood's onlyone hour's drive from Portland, the largest city in Oregon, where over two million people live. Now the most exciting thing for a cave explorer is to find a new cave and be the first human to ever go into it. The second most exciting thing for a cave explorer is to be the first one to make a map of a cave. Now these days, with so many people hiking around, it's pretty hard to find a new cave, so you can imagine how excited we were to find three new caves within sight of Oregon's largest city and realize that they had never been explored or mapped before. It was kind of like being an astronaut, because we were getting tosee things and go places that no one had ever seen or gone to before.

So what is a glacier? Well, those of you who haveever seen or touched snow, you know that it's really light, because it's just a bunch of tiny ice crystalsclumped together, and it's mostly air. If you squish a handful of snow to make a snowball, it gets really small, hard and dense. Well, on a mountain like Hood, where it snows over 20 feet a year, it crushes the air out of it and gradually forms it into hard blue ice. Now each year, more and more icestacks up on top of it, and eventually it gets so heavy that it starts to slide down the mountain under its own weight, forming a slow-moving river of ice. When ice packed like that starts to move, we call it a glacier, and we give it a name. The name of the glacier these caves are formed in is the Sandy Glacier. Now each year, as new snow lands on the glacier, it melts in the summer sun, and it forms little rivers of wateron the flow along the ice, and they start to melt and boretheir way down through the glacier, forming big networks of caves, sometimes going all the way downto the underlying bedrock. Now the crazy thing about glacier caves is that each year, new tunnels form. Different waterfalls pop up or move around from place to place inside the cave. Warm water from the top of the ice is boring its way down, and warm air from below the mountain actually rises up, gets into the cave, and melts the ceilings back taller and taller. But the weirdest thing about glacier caves is that the entire cave is moving, because it's formed inside a block of ice the size of a small city that's slowly sliding down the mountain.

Now this is Brent McGregor, my cave exploration partner. He and I have both been exploring caves a long time and we've been climbing mountains a long time, but neither one of us had ever reallyexplored a glacier cave before. Back in 2011, Brent saw a YouTube video of a couple of hikers that stumbled acrossthe entrance to one of these caves. There were no GPS coordinates for it, and all we knew was that it was somewhere out on the Sandy Glacier. So in July of that year, we went out on the glacier, and we found a big crack in the ice. We had to build snow and ice anchors so that we could tie off ropesand rappel down into the hole. This is me looking into the entrance crevasse. At the end of this hole, we found a huge tunnel going right up the mountain underneath thousands of tons of glacier ice. We followed this cave back for about a half mile until it came to an end, and then with the help of our survey tools we made a three-dimensional map of the cave on our way back out.

So how do you map a cave? Well, cave maps aren't like trail maps or road maps because they have pits and holesgoing to overlapping levels. To make a cave map, you have to set up survey stations every few feet inside the cave, and you use a laser to measurethe distance between those stations. Then you use a compass and an inclinometer to measure the direction the cave is headed and measure the slope of the floor and the ceilings. Now those of you taking trigonometry, that particular type of math is very useful for making maps like this because it allows you to measureheights and distances without actually having to go there. In fact, the more I mapped and studied caves, the more useful I found all that math that I originally hated in school to be. So when you're done surveying, you take all this data andyou punch it into a computer and you find someone that can draw really well, and you have them draft up a map that looks something like this, and it'll show you both abird's-eye view of the passage as well as a profile view of the passage, kind of like an ant farm view. We named this cave Snow Dragon Cave because it was like a big dragonsleeping under the snow. Now later this summer, as moresnow melted off the glacier, we found more caves, and we realizedthey were all connected.

Not long after we mapped Snow Dragon, Brent discovered this new cave not very far away. The inside of it was coated with ice, so we had to wear big spikeson our feet called crampons so we could walk around without slipping. This cave was amazing. The ice in the ceiling was glowing blue anad green because the sunlight from far above was shining through the ice and lighting it all up. And we couldn't understand why this cave was so much colder than Snow Dragon until we got to the end and we found out why. There was a huge pit or shaft called a moulin going 130 feet straight upto the surface of the glacier. Cold air from the top of the mountain was flowing down this holeand blasting through the cave, freezing everything inside of it. And we were so excited about finding this new pit, we actually came back in January the following year so we could be the first ones to explore it. It was so cold outside, we actually had to sleep inside the cave. There's our camp on the left sideof this entrance room. The next morning, we climbed out of the cave and hiked all the way to the top of the glacier, where we finally rigged and rappelled this pit for the very first time. Brent named this cave Pure Imagination, I think because the beautiful sights we saw in there were beyond what we could have ever imagined.

So besides really cool ice, what else is inside these caves? Well not too much lives in thembecause they're so cold and the entrance is actually covered up with snow for about eight months of the year. But there are some really cool things in there. There's weird bacteria living in the water that actually eat and digest rocks to make their own food to live under this ice. In fact, this past summer, scientists collected samples of water and ice specifically to see if things called extremophiles, tiny lifeforms that are evolvedto live in completely hostile conditions, might be living under the ice, kind of like what they hope to findon the polar icecaps of Mars someday. Another really cool things is that, as seeds and birds land onthe surface of the glacier and die, they get buried in the snow and gradually become part of the glacier, sinking deeper and deeper into the ice. As these caves form and melttheir way up into the ice, they make these artifacts rain down from the ceiling and fall onto the cave floor, where we end up finding them. For example, this is a noble fir seed we found. It's been frozen in the ice for over 100 years, and it's just now starting to sprout. This mallard duck feather was found over 1,800 feetin the back of Snow Dragon Cave. This duck died on the surfaceof the glacier long, long ago, and its feathers have finally made itdown through over 100 feet of ice before falling inside the cave. And this beautiful quartz crystal was also found in the back of Snow Dragon.

Even now, Brent and I find it hard to believe that all these discoveries wereessentially in our own backyard, hidden away, just waiting to be found. Like I said earlier, the idea of discovering in this busy world we live in kind of seems like somethingyou can only do with space travel now, but that's not true. Every year, new caves get discovered that no one has ever been in before. So it's actually not too late for one of you to become a discoverer yourself. You just have to be willing to look and go where people don't often go and focus your eyes and your mind to recognize the discovery when you see it, because it might be in your own backyard.

Thank you very much.

(Applause)

So how many of you have everbeen in a cave/ before?//

皆さんの内 どれだけの方が洞窟に入ったことがあるでしょう?

Okay,/ a few of you.//

はい 何人かいらっしゃいますね

When you think of a cave,/ most of you think of a tunnel/ going through solid rock,/ and in fact,/ that's/ how most caves are.//

洞窟といったら大半の方は 固い岩石を貫いているトンネルを想像しますね 実際 たいていの洞窟はそうです

Around this half of the country,/ most of your caves are made of limestone.//

この国の半分では ほとんどの洞窟が石灰岩でできています

Back/ where I'm from,/ most of ourcaves are made of lava rock,/ because we have a lot of volcanoes/ out there.//

でも 私の出身地では溶岩の洞窟がほとんどです そこらじゅうに火山があるからです

But the caves/ I want to sharewith/ you/ today are made completely of ice,/ specifically glacier ice/ that's formed in the side of the tallest mountain/ in the state of Oregon,/ called Mount Hood.//

でも今日皆さんにお見せしたいのは 100%氷でできたもので オレゴン州で最も高い山である フッド山の山腹で造られた 氷河の洞窟です

Now/ Mount Hood's onlyone hour's drive/ from Portland,/ the largest city/ in Oregon,/ where over two million people live.//

フッド山は 人口200万人以上のオレゴン州最大の都市 ポートランドから 車でわずか1時間の所にあります

Now/ the most exciting thing/ for a cave explorer is to find a new cave/ and be the first human/ to ever go into it.//

洞窟探検家にとって探検最大の魅力は 新しい洞窟を見つけることで そこに入った初めての人間となることです

The second most exciting thing/ for a cave explorer is to be the first one/ to make a map of a cave.//

2番目の魅力は その洞窟の地図を作る初めての人間となることです

Now/ these days,/ with so many people/ hiking around,/ it's pretty hard/ to find a new cave,/ so you can imagine how excited/ we were to find/ three new caves/ within sight of Oregon's largest city/ and realize/ that they had never been explored or mapped before.//

今時 多くの方があちらこちらをハイキングしていますから 新しい洞窟を発見することはとても難しいのです だから オレゴン州最大の都市からすぐの所に 新しい洞窟を3つも発見し 誰もそこを探検しておらず 地図になっていないことが分かったとき どれだけ我々が興奮したか想像できますね

It was kind of like being an astronaut,/ because we were getting tosee things/ and go places/ that no one had ever seen or gone to before.//

宇宙飛行士にでもなった気持ちです だって いまだかつて誰も行った事が無い場所に行って 誰も見たことがないものを見たのですから

So/ what is a glacier?//

では氷河とは何でしょう?

Well,/ those of you/ who haveever seen or touched snow,/ you know/ that it's really light,/ because it's just a bunch of tiny ice crystalsclumped together,/ and it's mostly air.//

雪を見たり触ったりしたことがあれば それはとても軽いと分ります 微小な氷の結晶が集まってできたものでそのほとんどが空気だからです

If you squish a handful of snow/ to make a snowball,/ it gets really/ small, hard and dense.//

雪を ぎゅっと握って雪玉を作ってみると ぎっしりと詰まって とても小さくそして固くなります

Well,/ on a mountain/ like Hood,/ where it snows over 20 feet/ a year,/ it crushes the air out of it/ and gradually forms it/ into hard blue ice.//

フッド山のような所では 1年に6メートル以上の雪が積もり だんだんと空気を押し出して固くて青い氷となります

Now/ each year,/ more and more icestacks up/ on top of it,/ and eventually/ it gets so heavy/ that it starts to slide down/ the mountain/ under its own weight,/ forming a slow-moving river of ice.//

毎年 次々と氷が厚みを増していき あまりにも重くなって ついには 自重に耐えられず山の斜面を滑り落ちていき ゆっくりと流れる氷の川になります

When ice packed like that starts to move,/ we call it/ a glacier,/ and we give it/ a name.//

氷がこのように一群となって移動するようになると これを氷河と呼び 名前を付けるのです

The name of the glacier/ these caves are formed in is the Sandy Glacier.//

我々が発見した洞窟がある氷河は サンディ氷河といいます

Now/ each year,/ as new snow lands/ on the glacier,/ it melts in the summer sun,/ and it forms little rivers of wateron/ the flow/ along the ice,/ and they start to melt/ and boretheir way down/ through the glacier,/ forming big networks of caves,/ sometimes/ going all the way/ downto the underlying bedrock.//

毎年 氷河の上に新しい雪が積もり それが夏の日差しで解けます 解けた水が氷に沿って流れ 小さな川となり それが氷河を解かして穴を穿ち 大規模な洞穴のネットワークを作り出します 時には氷の下の岩盤まで達することがあります

Now/ the crazy thing/ about glacier caves is/ that each year,/ new tunnels form.//

すごいことに氷河洞窟は 毎年新しいトンネルを作り出します

Different waterfalls pop up/ or move around/ from place/ to place inside the cave.//

次から次へと異なった場所から水がしたたり落ち洞窟のあちらこちらで異なった流路ができます

Warm water/ from the top of the ice is boring its way down,/ and warm air/ from below the mountain actually rises up,/ gets into the cave,/ and melts/ the ceilings back taller and taller.//

温められた水が表面から 氷を下へと削り込む一方 山の下側で温められた空気が上昇し 洞窟に入り込み 洞窟の天井を解かしながらどんどん高くしていきます

But the weirdest thing/ about glacier caves is/ that the entire cave is moving,/ because it's formed inside a block of ice/ the size of a small city/ that's slowly sliding/ down the mountain.//

でも最も不思議なことは 洞窟全体が動いていることです 何しろ小さな都市ほどの大きさの氷河そのものが 山の斜面をゆっくりと滑り落ちていくのですから

Now/ this is Brent McGregor,/ my cave exploration partner.//

さて 彼はブレント・マクレガー 洞窟探検のパートナーです

He and I have/ both been exploring caves/ a long time/ and we've been climbing mountains/ a long time,/ but neither one of us had ever reallyexplored/ a glacier cave before.//

彼も私も洞窟探検をずいぶん長くやってきましたし 山登りもかなりやりましたが 氷河洞窟なんて探検したことはありませんでした

Back/ in 2011,/ Brent saw a YouTube video of a couple of hikers/ that stumbled acrossthe entrance/ to one of these caves.//

遡ること2011年ブレントがYoutubeで 氷河洞窟の入り口に遭遇したハイカーのビデオをみつけました

There were no GPS coordinates for it,/ and all we knew/ was/ that it was somewhere out/ on the Sandy Glacier.//

GPSによる座標表示は無く 分かったのは サンディ氷河のどこかにあるということだけ

So/ in July of that year,/ we went out/ on the glacier,/ and we found a big crack/ in the ice.//

そこで その年の7月 氷河に行ってみた所 大きな氷の割れ目を見つけたのです

We had to build/ snow and ice anchors/ so that we could tie off/ ropesand rappel down/ into the hole.//

我々は氷雪にアンカーを設置し これにロープをセットしてラペリングで穴を下降します

This is me/ looking into the entrance crevasse.//

これはクレバスの入り口を覗き込んでいる私です

At the end of this hole,/ we found a huge tunnel/ going right/ up the mountain underneath thousands of tons of glacier ice.//

そして穴の底まで下りていくと 数千トンの氷河の下に 山の上方へ続く巨大なトンネルを発見しました

We followed this cave back/ for about a half mile/ until it came to an end,/ and then/ with the help of our survey tools/ we made a three-dimensional map of the cave/ on our way back out.//

洞窟を1kmほど歩くと 行き止まりになりました そこから出口へと戻る時に 測量器具を使って 洞窟の3Dマッピングを行いました

So/ how do you map a cave?//

洞窟の地図はどのようなものだと思いますか?

Well,/ cave/ maps aren't like trail maps/ or road maps/ because they have pits/ and holesgoing to overlapping levels.//

それは登山地図や道路地図のようなものではありません と言うもの くぼみや穴は上下に重なっていたりするからです

To make a cave map,/ you have to set up/ survey stations/ every few feet/ inside the cave,/ and you use a laser/ to measurethe distance/ between those stations.//

洞窟の測量をする時は 洞窟の中で数フィートごとに測点を設置しなければなりません そしてレーザーを使って測点間の距離を測るのです

Then/ you use a compass/ and an inclinometer/ to measure the direction/ the cave is headed/ and measure the slope of the floor and the ceilings.//

さらにコンパスと傾斜計を使って 洞窟の向きと床と天井の傾斜を測ります

Now/ those of you/ taking trigonometry,/ that particular type of math is very useful/ for making maps/ like this/ because it allows you/ to measureheights and distances/ without actually/ having to go there.//

学校で習う三角関数ですが あの数学はこんな地図作りに役立ちます ある地点の高さや距離を 実際にそこに行かずに知る事ができます

In fact,/ the more/ I mapped and studied caves,/ the more useful/ I found all that math/ that I originally hated in school/ to be.//

実際のところ 測量が進み調査が進めば進むほど 学生時代大嫌いだった数学がとても役立つことを実感しました

So/ when you're done surveying,/ you take all this data/ andyou punch it/ into a computer/ and you find someone/ that can draw really well,/ and you have them/ draft up/ a map/ that looks something/ like this,/ and it'll show you both abird's-eye view of the passage/ as well as/ a profile view of the passage,/ kind of like an ant farm/ view.//

測量が終わったら 全てのデーターをコンピューターに打ち込んで 図面作成の得意な人に頼むと こんな感じの地図が出来上がります 洞窟の通り道の鳥瞰図と そして アリの巣観察キットを横から見たような 断面図です

We named this cave Snow Dragon Cave/ because it was like a big dragonsleeping/ under the snow.//

私たちはこの洞窟をスノー・ドラゴン洞窟と名付けました 洞窟が 雪の下に眠る大きな龍のように見えたからです

Now/ later this summer,/ as moresnow melted off the glacier,/ we found more caves,/ and we/ realizedthey were all connected.//

その夏 氷河から雪が解けるにつれ さらに洞窟がみつかりこれらが全てつながっていることも分かりました

Not long/ after we mapped Snow Dragon,/ Brent discovered this new cave not very far away.//

スノー・ドラゴンの測量が終わって間もなく ブレントはそれほど離れていない場所で新たに洞窟を発見しました

The inside of it was coated with ice,/ so we had to wear/ big spikeson/ our feet called crampons/ so we could walk around/ without slipping.//

洞窟の内壁は氷で覆われているので クランポン(アイゼン)という大きなスパイク付のブーツを履いて 滑らないようにする必要がありました

This cave was amazing.//

この洞窟は素晴らしいものでした

The ice/ in the ceiling was glowing blue anad green/ because the sunlight/ from far above was shining through the ice/ and lighting it all up.//

遥か上部から光が差し込み 氷を透過していくので天井が青や緑に輝いていたのです

And we couldn't understand/ why this cave was so much colder/ than Snow Dragon/ until we got to the end/ and we found out/ why.//

この洞窟が なぜスノー・ドラゴン洞窟よりもずっと寒いのか 行き止まりに辿りつくまで分りませんでした

There was a huge pit or shaft called a moulin/ going 130 feet/ straight upto the surface of the glacier.//

そこには氷河の表面に通ずる40mほどの ムーラン(氷河ひょう穴)と呼ばれる巨大な縦穴があったのです

Cold air/ from the top of the mountain was flowing down/ this holeand/ blasting through the cave,/ freezing everything/ inside of it.//

山の頂上から冷たい風が吹きおろし 洞窟へと入って 激しく流れ込み 内部の至る所を凍らせていたのです

And we were so excited/ about finding this new pit,/ we actually came back/ in January/ the following year/ so we could be the first ones/ to explore it.//

我々はこの新しい縦穴の発見にとても興奮し 次の年の一月にここに戻ってきました 誰よりも先にここを探検したかったのです

It was so cold/ outside,/ we actually had to sleep/ inside the cave.//

外は非常に寒かったので 洞穴の中で休眠をとらなければなりませんでした

There's our camp/ on the left sideof/ this entrance room.//

この入口の近くにあるスペースの左側にキャンプを張りました

The next morning,/ we climbed out of the cave/ and hiked all the way/ to the top of the glacier,/ where we finally rigged and rappelled this pit/ for the very first time.//

次の日の朝 洞窟から登り出て 氷河の頂上まで歩いて行き そこからロープを張って ラペルで 初めて この穴を降りて行ったのです

Brent named this cave Pure Imagination,/ I think/ because the beautiful sights/ we saw in there were beyond what we could have ever imagined.//

ブレントは この洞窟をピュア・イマジネーションと命名しました それは そこで我々が見たものが 想像をはるかに超える素晴らしい風景だったからでしょう

So/ besides really cool ice,/ what else is inside these caves?//

実に冷たい氷は別として洞窟内には他に何があるのでしょうか?

Well not too much lives/ in thembecause they're so cold/ and the entrance is actually covered up/ with snow/ for about eight months of the year.//

ひどく冷え切っているので 殆ど生命なんていないでしょう 入り口は1年の内8か月ほどは雪で覆われていますから

But there are some really cool things/ in there.//

でも とてもすごいものが そこにいます

There's weird bacteria/ living in the water/ that actually eat and digest rocks/ to make their own food/ to live under this ice.//

水分の中に不思議なバクテリアが潜んでいて 実は岩石を食べ消化し 氷の下で生き延びるための糧としているのです

In fact,/ this past summer,/ scientists collected samples of water and ice specifically/ to see/ if things called extremophiles,/ tiny lifeforms/ that are evolvedto live/ in completely hostile conditions,/ might be living under the ice,/ kind of like/ what they hope to findon/ the polar icecaps of Mars someday.//

実際 去年の夏に科学者たちが 水と氷のサンプルを採取し 好極限性細菌と称する極限環境で生きるために進化した微小生物が 氷の下で生息していないか調査しました 火星の極冠でも似たような生物が見つかるのが期待されています

Another really cool things is/ that,/ as seeds and birds land/ onthe surface of the glacier and die,/ they get buried in the snow/ and gradually become part of the glacier,/ sinking deeper and deeper/ into the ice.//

もう一つすごいことは 氷河の表面に落ちてきた植物の種やら鳥の屍骸が 雪の中に埋まって 徐々に氷河と一体化し 深い氷の中にどんどんと沈みこんでいくのです

As these caves form and melttheir way/ up into the ice,/ they make/ these artifacts rain down/ from the ceiling/ and fall onto the cave floor,/ where we end up/ finding them.//

洞窟が溶けて表面にまで穴ができるようになると こういった遺物が天井から降り注ぐように 床に落下し 我々がこうやって発見できるようになるのです

For example,/ this is a noble fir seed/ we found.//

たとえば 我々が発見したこの米樅(ベイモミ)の種は

It's been frozen in the ice/ for over 100 years,/ and it's just now starting to sprout.//

氷の中で100年凍っていたのですが 今まさに発芽しようとしています

This mallard duck feather was found over 1,800 feetin/ the back of Snow Dragon Cave.//

また このマガモの羽は スノー・ドラゴン洞窟に500mほど入った所で見つけたものです

This duck died on the surfaceof/ the glacier long,/ long ago,/ and its feathers have finally made itdown/ through over 100 feet of ice/ before falling inside the cave.//

このカモは氷河の表面でとても昔に息絶え その羽は 洞窟に落ちる間に30mほど沈み込んでいたのです

And this beautiful quartz crystal was also found in the back of Snow Dragon.//

この美しい石英の結晶も スノー・ドラゴン洞窟で見つかったものです

Even now,/ Brent/ and I find it hard/ to believe/ that all these discoveries wereessentially/ in our own backyard,/ hidden away,/ just waiting to be found.//

ブレントも私も こんな発見が まさに 自分の家の裏庭のような所に 長らく発見されずに隠されていたなんて今でも驚きの念を禁じ得ないのです

Like/ I said earlier,/ the idea of discovering in this busy world/ we live in kind of seems like somethingyou can only do with space travel now,/ but that's not true.//

我々の住む せわしい世の中で 今どき発見をすることは 宇宙旅行でもしなければ不可能に思えますが そんなことはありません

Every year,/ new caves get discovered/ that no one has ever been in before.//

毎年 誰にも知られていなかった 洞窟が発見されています

So it's actually not too late/ for one of you/ to become a discoverer yourself.//

皆さんも 今から最初の発見者になろうと考えても遅くはありません

You just have to be willing/ to look and go/ where people don't often go and focus your eyes/ and your mind/ to recognize the discovery/ when you see it,/ because it might be in your own backyard.//

他の人たちがあまり行かない所に 目を向け そこを訪れ 発見に出会ったとき それに気付くように 目と意識を集中すれば良いだけなのです 新しい発見は ごく身近にあるかもしれません

Thank you very much.//

どうも有難うございました

(拍手)

cave

『ほら穴』,(特に)横穴

〈地盤などが〉陥没する

〈帽子など〉'を'へこます

okay

=OK,O.K.

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

tunnel

『トンネル』,地下道,坑道

〈山など〉‘に'トンネルを掘る

〈トンネルなど〉‘を'掘る

トンネルを掘る

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

limestone

石灰石

lava

(火山から噴出する高温の)溶岩;(すでに冷えた)火山岩

volcano

『火山』

completely

『完全に』,全く,十分に

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

Oregon

オレゴン州(米国太平洋岸北部の州;州都はSalem;《略》『ORE.,Oreg.,OR』)

mount

…‘を'『登る』(ascend, climb)

〈馬・車〉‘に'『乗る』,〈台の上など〉‘に'上がる,乗る

(馬などに)〈人〉‘を'『乗せる』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…の上に)…‘を'『載せる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'据え付ける,はめる,取り付ける,はる《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

〈劇〉‘に'舞台装置や衣装を用意する

〈攻撃など〉‘を'仕掛ける;〈作戦など〉‘を'展開する

『登る』,上がる《+『up』》

『馬』(乗用の動物)『に乗る』

(数・量において)ふえる,(程度において)高まる,強まる《+『up』》

乗用の動物,(特に)馬

台紙;(宝石などの)台;(顕微鏡用の)スライド板

hood

『ずきん』,フード

(馬車・自動車などの)ほろ,(電灯,煙突などの)かさ,(機械などの)おおい,(カメラのレンズ用の)フード

《米》(自動車の)ボンネット(車体のエンジン部分のおおい)(《英》bonnet)

(大学の式服などの)背の垂れ布

…‘を'ずきん(ほろ,かさなど)でおおう,‘に'ずきん(ほろ,かさなど)をつける;(ずきんなどで)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

Portland

ポートランド米国Oregon州北西部の都市

米国Maine州南西部の都市

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

exciting

(物事が)『興奮させる』

explorer

探検家

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

hike

『ハイキング』(『徒歩旅行』)『する』

…‘を'ぐいと引っ張り上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物価など〉‘を'引き上げる

『ハイキング』,徒歩旅行

《米話》(物価などの)引き上げ

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

excited

興奮した

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

astronaut

宇宙飛行士

no one

『だれも』…『ない』

glacier

氷河

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

snow

〈U〉『雪』

〈C〉《単数形で》『降雪』;《複数形で》積雪

〈U〉〈C〉雪のような物;(特に)コカイン,ヘロイン

《itを主語にして》『雪が降る』

(…に)雪のように降る《+『on』+『名』》;雪のように舞い込む《+『in』》

…‘を'雪のように降らせる

…‘を'雪でおおう(閉じ込める)《+『名』+『in』(『under, up』)》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

squish

…‘を'絞る,押しつぶす

(水・ぬかるみの中で)ビチャビチャ音をたてる

ビヂャビヂャという音

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

snowball

(雪合戦などの)雪の玉,雪つぶて

(削り氷を球にして味をつけた)スノーボール

白い球状の小花をつける低木の類(ガマズミなど)

…‘に'雪の玉を投げつける

雪げるまのように成長する(ふくれあがる);雪だるまのようにふくれ上がって(…)になる《+『into』+『名』》

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

crush

…'を'『押しつぶす』,ぺしゃんこにする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『砕く』,粉々にする;…を砕いて(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…'を'押しつける《+『名』+『against』+『名』》;(…に)…'を'押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)…'を'押しつぶして出す,しぼり出す《+『名』+『from』+『名』》

…'を'ぎゅっと抱きしめる

…'を'打ちのめす,打ちひしぐ《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

『つぶれる』,ぺしゃんこになる;くしゃくしゃになる

『砕ける』,粉々になる

(…に)押し合って入る,殺到する《+『into』(『through』)+『名』》

〈C〉《単数形で》押し合いへし合い,殺到

〈C〉《話》《単数形で》大混雑の集会,すしづめの集会

〈U〉《英》(押しつぶして出した)果汁

〈C〉《話》(…に)のぼせ上がること,(…への)べたぼれ《+『on』+『名』》;のぼせ上がった相手

gradually

『だんだんに』,徐々に

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

sandy

『砂の』;砂だらけの

砂色の,薄茶色の(yellowish brown)

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

bedrock

〈U〉(土壌・小岩片の下の)基盤[岩],床岩,岩盤

〈C〉(一般に)しっかりした基礎,根底

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

waterfall

『滝』,瀑布(ばくふ)(cascade)

(滝のように)どっとくるもの

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

bore

bear(実をつける)の過去形

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

ceiling

『天井』

いちばん高い所,頂上

(価格・賃金などの)最高限度

(航空機の)上昇限度

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

hiker

徒歩旅行者,ハイカー

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

entrance

〈C〉(建物・場所などの)『入り口』,玄関;(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(場所・建物・学校・会社などへ)『入ること』,入場《+『to』(『into,on,upon』)+『名』》

〈U〉(新しい生活・職務などに)つくこと,入ること《+『on』(『upon, into』)+『名』》

〈U〉(…へ)入る権利(資格)《+『to』(『into』)+『名』》

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

July

『7月』(《略》『Jul.,Jy.』)

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

anchor

『いかり』(錨)

(いかりのような)固定装置

頼みの綱

(またanchorman)リレーの最終走者(泳者),アンカー

〈船〉'を'いかりで留める,停泊させる

(一般に)(…に)…'を'留める,固定する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈希望など〉'を'つなぐ《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

〈船が〉いかりを降ろして停泊する;〈人が〉いかりを降ろして船を停泊させる

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

crevasse

氷河の割れ目

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

trail

…‘の'『後について行く』(follow)

…‘を'『引きずる』,引きずって行く

〈人・動物〉の跡をつける,追跡する(pursue)

〈衣服のすそなどが〉引きずる《+along(behind)》;(…の後を)引きずる《+behind+名》

〈人が〉のろのろと(足を引きずるようにして)歩く《+along(behind)》;(…の後を)のろのろと歩く《+『behind』+『名』》

〈植物が〉(地面・かきなどを)はう

(試合・競走などで)負けている

〈雲・煙などが〉たなびく

(動いているものが)後に残したもの(煙・ほこりなど),(長く続く人・車などの)流れ

(人・動物などの)足跡,跡に残したにおい,臭跡

(荒野などに自然にできた)小道,(踏みなされた)道

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

overlap

…‘を'部分的に重ねる

…‘と'一部共通(一致)する;(時間的に)…‘と'かち合う

部分的に重なり合う

部分的に共通(一致)する;〈時間が〉かち合う

〈U〉部分的に一致すること,重複

〈C〉重複部分

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

laser

レーザー(強力な可視光線を発生させる;医療,通信,軍事用)

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

compass

〈C〉『羅針盤』

《通例複数形で》(円を描く)『コンパス』

周囲;(…の)範囲,限界《+『of』+『名』》

…'を'取り囲む

…'を'ぐるりと回る

〈目的など〉'を'達成する

…'を'理解する

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

slope

『傾斜する』,坂になる

…‘を'傾斜させる,‘に'勾配をつける

〈C〉『坂』,斜面,スロープ

〈C〉〈U〉『勾配(こうばい)』,傾斜

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

trigonometry

三角法

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

datum

dataの単数形

既知の事実

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

computer

『計算機』;『電子計算機』

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

ant

『アリ』

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

dragon

『リュウ,竜』(翼とうろこがあり,火を吐く伝説上の怪獣)

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

coat

『コート』,オーバー,外とう

(男子背広・婦人スーツの)『上着』;(婦人・子供の)長上着

(動物の)毛,毛皮;(植物の)外被,皮

表面をおおうもの;(ペンキ・ニスなどの)塗り;(金属などの)めっき

〈人〉‘に'上旦を旦せる

〈ほこりなどが〉〈症など〉'を'『おおう』;(ペンキなどで)〈壁など〉'を'塗る《+『名』+『with』+『名』》

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

crampon

つかみ金(氷・材木・石などの重い物をつかむ)

《複数形で》(また『climbing irons』)アイゼン,鉄かんじき

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

glow

(炎を上げずに)『赤々と燃える』

光を放つ,輝く

〈花・木の葉などが〉燃えるような色を呈する

(運動後などに)〈顔・体が〉『ほてる』,ぽかぽかする,紅潮する

(感情・誇りなどで)燃える,熱する《+『with』+『名』》

(高温の炎が出す)『輝き』

(色彩の)『燃えるような鮮やかさ』

《時にa ~》(体の)『ほてり』,(顔の)紅潮

(感情の)高まり,熱情

満足感,喜び

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

sunlight

日光(sunshine)

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

shaft

『矢がら』,やりの柄;矢,やり,ゴルフ棒の柄,旗ざお

(車の)かじ棒

(機械の)『心棒』,軸,シャフト

(ハンマー・おのなどの)柄,取っ手

(建物の)柱体,柱身

一条の光線

(鉱山の)縦抗(エレベーターが上下する)シャフト・…‘を'あざむく

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

rig

〈船〉‘を'艤装(ぎそう)する

(マストなどを)〈船〉‘に'つける《+『名』+『with』+『名』》;(マストに)〈帆〉‘を'つける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'装備をつける;…‘を'装備する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

船の装備(帆装),艤装(ぎそう)

(特定の目的のための)道具,用具

《英話》衣服,服装(clothing)

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

bacteria

『バクテリア』,細菌

digest

〈食物〉‘を'『消化する』,こなす

…‘を'こなして自分のものとする

…‘を'系統的に整理する,要約する

〈食物が〉『消化される』,こなれる

『要展』,摘要;要約集

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

hostile

『敵の』,敵国(軍)の

『敵意のある』,敵対する

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

polar

『極地の』;南(北)極の

正反対の

icecap

(高山・極地などの)万年雪

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

artifact

(天然物と区別して)人工物,加工品;(特に)古代人が使った道具(武器,装飾品)

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

noble

高貴の;貴族の

高潔な,気高い

(姿・規模などが)壮大な,堂々とした;すばらしい

(金属が)腐食しない

《複数形で》(特に中世の)貴族

fir

モミ,モミの木(クリスマスツリーに用いられる)

モミ材

sprout

芽,新芽(bud)

《複数形で》芽キャベツ

《話》若者

芽が出る,成長し始める

(一般に)急速に成長する(出てくる)《+『up』》

…‘の'芽を出させる;…‘を'急速に成長させる

mallard

マガモ(野ガモの一種)

duck

〈C〉『アヒル』,『カモ』

〈C〉雌のカモ,雌のアヒル

〈U〉(食用にする)カモ,アヒルの肉

〈C〉《おもに英話》かわいい人

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

quartz crystal

石英結晶(一定の周期で振動するので,電子時計などに用いる)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

backyard

裏庭

家の後ろの

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

space travel

宇宙旅行

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

discoverer

発見者

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画