TED日本語 - エディス・ウィダー: いかにして巨大イカを見つけたか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。

Script

クラーケンは恐ろしい怪物で 人間や船やクジラを飲み込むと言われていました また あまりの巨大さゆえに島と間違えられることもありました そのような物語の真偽を判定する際には おとぎ話と船乗りの伝説の違いを心に留めておくのが賢明です その違いとは出だしだけ おとぎ話は「昔々…」で始まるのに対し 船乗りの伝説は「これはマジな話だぜ」で始まることだけの違いです (笑)

逃がした魚には 尾ひれがついて回るものです それでも海には確かに巨大な生き物が生息しており 証拠のビデオも手にすることが出来たのです ディスカバリーチャンネルでご覧になった方はご存じのことでしょう

私は 昨年夏に日本沖で行われた調査に 参加した3人の科学者の1人でした 背が低いのが私です あとの2人は窪寺恒己博士とスティーブ・オシェイ博士です

この歴史的な出来事に参加できたのは TEDのおかげです 2010年に シルビア・アールのTED wishを叶えるため ガラパゴス諸島のリンドブラッド・エクスプローラ号上で ミッション・ブルーというTEDイベントが開かれました 私は海洋探索の新しい方法について話しました 動物を怯えて逃げさせるのではなく引き寄せることに着目した方法です マイク・ディグリーも招待され 大いなる情熱をもって海への愛を語ってくれました 彼が長年携わっているダイオウイカ探しに 私のアプローチを適用することも 話し合いました ディスカバリーチャンネルのイカ専門家たちの会合である イカ・サミットに私を招待してくれたのはマイクです その夏のサメ週間でのことでした (笑)

私は 深海に棲息するイカを光で寄せ集めて 静かに観察することを提案しました 静かで耳障りでない機器で 探査することが重要だと強調しました 何百回も潜った経験から気づいたことですが さまざまな機材を用いて 漆黒の深海で過ごす中で 深海潜水調査艇で潜ったときの方が どの遠隔操作艇を使ったときよりも もっと多くの動物を見たという印象でした ただ深海潜水艇の視野が広いせいというだけかもしれません それでもティブロンを使ったほうがヴェンタナの時よりもたくさんの動物を見た気がしたのです その2つの潜水艇の視野は同じですが 推進システムは異なります

そこで 騒音レベルと関係があるのではないかと疑い始めました 水中マイクを海底に設置し それぞれの潜水艇を同じスピードで走らせ 同じ距離から 発した音を録音しました ジョンソン・シーリンクからの音は ここではほとんど聞こえないでしょう 電気推進装置を使っておりとても静かです ティブロンも電気推進装置を使っていて こちらもまあ静かですが少々騒がしくなります しかし最近の遠隔操作艇のほとんどには水力推進装置が用いられ ヴェンタナのような音がします これが多くの動物を怖がらせ逃げられてしまう原因だと考えました

そこで 深海イカ狩りのために 光るルアーを カメラに 取り付けることを提案しました 推進装置やモーターを持たない ただのバッテリー式のカメラです 照明は赤い光だけなので もっぱら青を見るために適応した ほとんどの深海生物には見えません 私たちの目には見える赤は 深海では赤外線と同等なのです メデューサと名づけたこの撮影装置は 船尾から海に投げ込みます 600メートル以上のケーブルで海面のブイに繋がれており 海の流れのままに漂い 光るルアーの青い光だけが 深海の生物の目に入ります 私たちはそのルアーを電子クラゲ (e-jelly) と呼んでいました 深海に多数生息するクラゲであるアトーラの 生物発光を模して作られたからです

アトーラが発するこの光の風車は 生物発光警報機として知られていますが 自己防衛の一種です 電子クラゲがルアーとして活用可能な理由は ダイオウイカがクラゲを補食するからではありません このクラゲは捕食者に食べられそうになっている時にだけ 光を放つのです そしてさらに大きな捕食者の 注意を引くことで最初の捕食者が襲われれば この隙に逃げ出すチャンスが 生まれるかもしれないからです 助けを求める叫び土壇場での最後のあがきであり 深海では一般的な自己防衛の形なのです

このアプローチはうまくいきました 以前の探査では ダイオウイカは一瞬たりとも ビデオに収められませんでした 今回は6 回も成功しました初回の映像から猛烈に興奮しました

エディス・ウィダー: 何てこと!本当に?科学者: おお、つかまってる!

まるで おかしなダンスを踊って私たちをからかっているようでした 出て来ては隠れるような そんなからかうような仕草を4回繰り返し 5回目にはカメラの近くにやってきて私たちは歓声を上げました

(音楽) 見ろよ

科学者: バン!何てこった!

(拍手)

全身が見えました

私が本当に驚いたのは ダイオウイカがe-jellyに覆いかぶさるようにして その隣の巨大なものを攻撃したことです おそらくe-jellyの捕食者だと勘違いしたのでしょう

さらに驚愕したのは トライトンで撮影された映像です ディスカバリーの映像にはでてきませんが 窪寺博士が餌として使ったイカは 体長1メートルのソデイカに ライトを取り付けた イカのルアーです これは はえ縄漁でも用いられます ダイオウイカはこの光に おびき寄せられたんだと思います

今ご覧頂いているのは 赤い照明で写した超高感度カメラの映像です ダイオウイカがやって来たとき窪寺博士にはこれだけしか見えていませんでした これを見て彼はとても興奮し もっとよく見たいと思い懐中電灯をつけましたが それでもダイオウイカは逃げませんでした 博士は思い切って潜水艇の白色ランプをつけて 歴史を覆う霧を払い 伝説の生き物を高解像度の映像で捉えたのです まさに息を飲む瞬間でした もしこの生き物が触手を完全な状態で保持しており それを伸ばしたなら 2階建ての家ほどになったことでしょう

どうしてこんな巨大な生物が 海に生息しているのに今まで撮影されずにいれたのでしょう? 海の探査はほんの5パーセントしかカバーできていません まだまだ発見は尽きません 何百万年もの進化を経た素晴らしい生物もいるでしょう 生物活性のある化合物が 想像もつかないような恩恵をもたらすかもしれません しかしながら 私たちが海洋探索に 注ぎ込んだ資金は 宇宙開発と比べてほんのわずかに過ぎません 海洋探索にもNASAのような組織が必要です この地球上の生命システムを 解明し 保護する必要があるからです

必要なのは ― ありがとう(拍手)

探検はイノベーションの原動力です イノベーションは経済成長の原動力です 皆さん 探検に出かけましょう しかし 動物が怖がって逃げないような方法で進めましょう マイク・ディグリーがかつて言ったように 「現実から逃れ 新しいものを見たり 誰も見たことのないものをぜひ見たいのなら 潜水艦に乗りなさい」 マイクはこの冒険に一緒に来るはずでした 彼の冥福を祈ります (拍手)

The Kraken, a beast so terrifying it was said to devour men and ships and whales, and so enormous it could be mistaken for an island. In assessing the merits of such tales, it's probably wise to keep in mind that old sailor's saw that the only difference between a fairytale and a sea story is a fairytale begins, "Once upon a time," and a sea story begins, "This ain't no shit." (Laughter)

Every fish that gets away grows with every telling of the tale. Nevertheless, there are giants in the ocean, and we now have video proof, as those of you that saw the Discovery Channel documentary are no doubt aware.

I was one of the three scientists on this expedition that took place last summer off Japan. I'm the short one. The other two are Dr. Tsunemi Kubodera and Dr. Steve O'Shea.

I owe my participation in this now-historic event to TED. In 2010, there was a TED event called Mission Blue held aboard the Lindblad Explorer in the Galapagos as part of the fulfillment of Sylvia Earle's TED wish. I spoke about a new way of exploring the ocean,one that focuses on attracting animals instead of scaring them away. Mike deGruy was also invited, and he spoke with great passion about his love of the ocean, and he also talked to me about applying my approach to something he's been involved with for a very long time, which is the hunt for the giant squid. It was Mike that got me invited to the squid summit, a gathering of squid experts at the Discovery Channel that summer during Shark Week. (Laughter)

I gave a talk on unobtrusive viewing and optical luring of deep sea squid in which I emphasized the importance of using quiet, unobtrusive platforms for exploration. This came out of hundreds of dives I have made, farting around in the dark using these platforms, and my impression that I saw more animals working from the submersible than I did with either of the remote-operated vehicles. But that could just be because the submersible has a wider field of view. But I also felt like I saw more animals working with the Tiburon than the Ventana,two vehicles with the same field of view but different propulsion systems.

So my suspicion was that it might have something to do with the amount of noise they make. So I set up a hydrophone on the bottom of the ocean, and I had each of these fly by at the same speed and distance and recorded the sound they made. The Johnson Sea-Link -- (whirring noise) -- which you can probably just barely hear here, uses electric thrusters -- very, very quiet. The Tiburon also uses electric powered thrusters. It's also pretty quiet, but a bit noisier. (Louder whirring noise) But most deep-diving ROVs these days use hydraulics and they sound like the Ventana. (Loud beeping noise) I think that's got to be scaring a lot of animals away.

So for the deep sea squid hunt, I proposed using an optical lure attached to a camera platform with no thrusters, no motors, just a battery-powered camera, and the only illumination coming from red light that's invisible to most deep-sea animals that are adapted to see primarily blue. That's visible to our eye, but it's the equivalent of infrared in the deep sea. So this camera platform, which we called the Medusa, could just be thrown off the back of the ship, attached to a float at the surface with over 2,000 feet of line, it would just float around passively carried by the currents, and the only light visible to the animals in the deep would be the blue light of the optical lure, which we called the electronic jellyfish, or e-jelly, because it was designed to imitate the bioluminescent display of the common deep sea jellyfish Atolla.

Now, this pinwheel of light that the Atolla produces is known as a bioluminescent burglar alarm and is a form of defense. The reason that the electronic jellyfish worked as a lure is not because giant squid eat jellyfish, but it's because this jellyfish only resorts to producing this light when it's being chewed on by a predator and its only hope for escape may be to attract the attention of a larger predator that will attack its attacker and thereby afford it an opportunity for escape. It's a scream for help, a last-ditch attempt for escape, and a common form of defense in the deep sea.

The approach worked. Whereas all previous expeditions had failed to garner a single video glimpse of the giant, we managed six, and the first triggered wild excitement.

Edith Widder (on video): Oh my God. Oh my God! Are you kidding me? Other scientists: Oh ho ho! That's just hanging there.

EW: It was like it was teasing us, doing a kind of fan dance -- now you see me, now you don't -- and we had four such teasing appearances, and then on the fifth, it came in and totally wowed us.

(Music) Narrator: (Speaking in Japanese)

Scientists: Ooh. Bang! Oh my God! Whoa!

(Applause)

EW: The full monty.

What really wowed me about that was the way it came in up over the e-jelly and then attacked the enormous thing next to it, which I think it mistook for the predator on the e-jelly.

But even more incredible was the footage shot from the Triton submersible. What was not mentioned in the Discovery documentary was that the bait squid that Dr. Kubodera used, a one-meter long diamondback squid had a light attached to it, a squid jig of the type that longline fishermen use, and I think it was this light that brought the giant in.

Now, what you're seeing is the intensified camera's view under red light, and that's all Dr. Kubodera could see when the giant comes in here. And then he got so excited, he turned on his flashlight because he wanted to see better, and the giant didn't run away, so he risked turning on the white lights on the submersible, bringing a creature of legend from the misty history into high-resolution video. It was absolutely breathtaking, and had this animal had its feeding tentacles intact and fully extended, it would have been as tall as a two-story house.

How could something that big live in our ocean and yet remain unfilmed until now? We've only explored about five percent of our ocean. There are great discoveries yet to be made down there, fantastic creatures representing millions of years of evolution and possibly bioactive compounds that could benefit us in ways that we can't even yet imagine. Yet we have spent only a tiny fraction of the money on ocean exploration that we've spent on space exploration. We need a NASA-like organization for ocean exploration, because we need to be exploring and protecting our life support systems here on Earth.

We need - thank you. (Applause)

Exploration is the engine that drives innovation. Innovation drives economic growth. So let's all go exploring, but let's do it in a way that doesn't scare the animals away, or, as Mike deGruy once said, "If you want to get away from it all and see something you've never seen, or have an excellent chance of seeing something that no one's ever seen, get in a sub." He should have been with us for this adventure. We miss him. (Applause)

The Kraken,/ a beast so/ terrifying it was said to devour/ men and ships and whales,/ and so enormous/ it could be mistaken for an island.//

クラーケンは恐ろしい怪物で 人間や船やクジラを飲み込むと言われていました また あまりの巨大さゆえに島と間違えられることもありました

In assessing the merits of such tales,/ it's probably wise/ to keep in mind/ that old sailor's saw/ that the only difference/ between a fairytale/ and a sea story is a fairytale begins,/ "Once/ upon a time,/"/ and a sea story begins,/ "This ain't no shit."// (Laughter)//

そのような物語の真偽を判定する際には おとぎ話と船乗りの伝説の違いを心に留めておくのが賢明です その違いとは出だしだけ おとぎ話は「昔々…」で始まるのに対し 船乗りの伝説は「これはマジな話だぜ」で始まることだけの違いです (笑)

Every fish/ that gets/ away grows with every telling of the tale.//

逃がした魚には 尾ひれがついて回るものです

Nevertheless,/ there are giants/ in the ocean,/ and we now have video proof,/ as those of you/ that saw/ the Discovery Channel documentary are no doubt aware.//

それでも海には確かに巨大な生き物が生息しており 証拠のビデオも手にすることが出来たのです ディスカバリーチャンネルでご覧になった方はご存じのことでしょう

I was one of the three scientists/ on this expedition/ that took place/ last summer/ off Japan.//

私は 昨年夏に日本沖で行われた調査に 参加した3人の科学者の1人でした

I'm the short one.//

背が低いのが私です

The other two are Dr.// Tsunemi Kubodera and Dr.// Steve O'Shea.//

あとの2人は窪寺恒己博士とスティーブ・オシェイ博士です

I owe my participation/ in this now-historic event/ to TED.//

この歴史的な出来事に参加できたのは TEDのおかげです

In 2010,/ there was/ a TED event called Mission Blue held aboard the Lindblad Explorer/ in the Galapagos/ as part of the fulfillment of Sylvia Earle's TED wish.//

2010年に シルビア・アールのTED wishを叶えるため ガラパゴス諸島のリンドブラッド・エクスプローラ号上で ミッション・ブルーというTEDイベントが開かれました

I spoke about a new way of exploring the ocean,/one/ that focuses on attracting animals/ instead of/ scaring them away.//

私は海洋探索の新しい方法について話しました 動物を怯えて逃げさせるのではなく引き寄せることに着目した方法です

Mike deGruy was also invited,/ and he spoke with great passion/ about his love of the ocean,/ and he also talked to me/ about applying my approach/ to something/ he's been involved with for a very long time,/ which is the hunt/ for the giant squid.//

マイク・ディグリーも招待され 大いなる情熱をもって海への愛を語ってくれました 彼が長年携わっているダイオウイカ探しに 私のアプローチを適用することも 話し合いました

It was/ Mike/ that got me invited to the squid summit,/ a gathering of squid experts/ at the Discovery Channel/ that summer/ during Shark Week.// (Laughter)//

ディスカバリーチャンネルのイカ専門家たちの会合である イカ・サミットに私を招待してくれたのはマイクです その夏のサメ週間でのことでした (笑)

I gave a talk/ on unobtrusive viewing/ and optical luring of deep sea squid/ in which I emphasized the importance of using quiet, unobtrusive platforms/ for exploration.//

私は 深海に棲息するイカを光で寄せ集めて 静かに観察することを提案しました 静かで耳障りでない機器で 探査することが重要だと強調しました

This came out of hundreds of dives/ I have made,/ farting around/ in the dark/ using these platforms,/ and my impression/ that I saw more animals/ working from the submersible/ than I did with either of the remote-operated vehicles.//

何百回も潜った経験から気づいたことですが さまざまな機材を用いて 漆黒の深海で過ごす中で 深海潜水調査艇で潜ったときの方が どの遠隔操作艇を使ったときよりも もっと多くの動物を見たという印象でした

But that could just be/ because the submersible has a wider field of view.//

ただ深海潜水艇の視野が広いせいというだけかもしれません

But I also felt/ like I saw more animals/ working with the Tiburon/ than the Ventana,/two vehicles/ with the same field of view but different propulsion systems.//

それでもティブロンを使ったほうがヴェンタナの時よりもたくさんの動物を見た気がしたのです その2つの潜水艇の視野は同じですが 推進システムは異なります

So my suspicion was/ that it might have something/ to do with the amount of noise/ they make.//

そこで 騒音レベルと関係があるのではないかと疑い始めました

So I set up/ a hydrophone/ on the bottom of the ocean,/ and I had each of these fly/ by at the same speed and distance/ and recorded the sound/ they made.//

水中マイクを海底に設置し それぞれの潜水艇を同じスピードで走らせ 同じ距離から 発した音を録音しました

The Johnson Sea-Link --/ (whirring noise) --/ which you can probably just barely hear here,/ uses electric thrusters --/ very,/ very quiet.//

ジョンソン・シーリンクからの音は ここではほとんど聞こえないでしょう 電気推進装置を使っておりとても静かです

The Tiburon also uses electric powered thrusters.//

ティブロンも電気推進装置を使っていて

It's also pretty quiet,/ but a bit noisier.// (Louder/ whirring noise)/ But most deep-diving ROVs/ these days use hydraulics/ and they sound like the Ventana.// (Loud/ beeping noise)/ I think/ that's got to be scaring a lot of animals away.//

こちらもまあ静かですが少々騒がしくなります しかし最近の遠隔操作艇のほとんどには水力推進装置が用いられ ヴェンタナのような音がします これが多くの動物を怖がらせ逃げられてしまう原因だと考えました

So/ for the deep sea squid hunt,/ I proposed using/ an optical lure attached to a camera platform/ with no thrusters,/ no motors,/ just a battery-powered camera,/ and the only illumination/ coming from red light/ that's invisible/ to most deep-sea animals/ that are adapted to see primarily blue.//

そこで 深海イカ狩りのために 光るルアーを カメラに 取り付けることを提案しました 推進装置やモーターを持たない ただのバッテリー式のカメラです 照明は赤い光だけなので もっぱら青を見るために適応した ほとんどの深海生物には見えません

That's visible/ to our eye,/ but it's the equivalent of infrared in the deep sea.//

私たちの目には見える赤は 深海では赤外線と同等なのです

So this camera platform,/ which we called the Medusa,/ could just be thrown off the back of the ship,/ attached to a float/ at the surface/ with over 2,000 feet of line,/ it would just float around passively carried by the currents,/ and the only light visible/ to the animals/ in the deep would be the blue light of the optical lure,/ which we called the electronic jellyfish,/ or e-jelly,/ because it was designed to imitate/ the bioluminescent display of the common deep sea jellyfish/ Atolla.//

メデューサと名づけたこの撮影装置は 船尾から海に投げ込みます 600メートル以上のケーブルで海面のブイに繋がれており 海の流れのままに漂い 光るルアーの青い光だけが 深海の生物の目に入ります 私たちはそのルアーを電子クラゲ (e-jelly) と呼んでいました 深海に多数生息するクラゲであるアトーラの 生物発光を模して作られたからです

Now,/ this pinwheel of light/ that the Atolla produces/ is known as a bioluminescent burglar alarm/ and is a form of defense.//

アトーラが発するこの光の風車は 生物発光警報機として知られていますが 自己防衛の一種です

The reason/ that the electronic jellyfish worked as a lure is not/ because giant squid eat jellyfish,/ but it's/ because this jellyfish only resorts to producing this light/ when it's being chewed on/ by a predator/ and its only hope/ for escape may be to attract the attention of a larger predator/ that will attack its attacker/ and thereby afford it/ an opportunity/ for escape.//

電子クラゲがルアーとして活用可能な理由は ダイオウイカがクラゲを補食するからではありません このクラゲは捕食者に食べられそうになっている時にだけ 光を放つのです そしてさらに大きな捕食者の 注意を引くことで最初の捕食者が襲われれば この隙に逃げ出すチャンスが 生まれるかもしれないからです

It's a scream/ for help,/ a last-ditch attempt/ for escape,/ and a common form of defense/ in the deep sea.//

助けを求める叫び土壇場での最後のあがきであり 深海では一般的な自己防衛の形なのです

The approach worked.//

このアプローチはうまくいきました

Whereas all previous expeditions had failed to garner/ a single video glimpse of the giant,/ we managed six,/ and the first triggered wild excitement.//

以前の探査では ダイオウイカは一瞬たりとも ビデオに収められませんでした 今回は6 回も成功しました初回の映像から猛烈に興奮しました

Edith Widder (on video):/ Oh/ my God.// Oh my God!// Are you kidding me?// Other scientists:/ Oh/ ho ho!// That's just hanging/ there.//

エディス・ウィダー: 何てこと!本当に?科学者: おお、つかまってる!

EW:/ It was/ like it was teasing us,/ doing a kind of fan dance --/ now/ you see me,/ now/ you don't --/ and we had four such teasing appearances,/ and then/ on the fifth,/ it came in and totally wowed us.//

まるで おかしなダンスを踊って私たちをからかっているようでした 出て来ては隠れるような そんなからかうような仕草を4回繰り返し 5回目にはカメラの近くにやってきて私たちは歓声を上げました

(Music)/ Narrator:/ (Speaking in Japanese)//

(音楽) 見ろよ

Scientists:/ Ooh.// Bang!// Oh my God!// Whoa!//

科学者: バン!何てこった!

(拍手)

EW:/ The full monty.//

全身が見えました

What really wowed me/ about that was the way/ it came in up/ over the e-jelly/ and then attacked the enormous thing/ next/ to it,/ which I think/ it mistook for the predator/ on the e-jelly.//

私が本当に驚いたのは ダイオウイカがe-jellyに覆いかぶさるようにして その隣の巨大なものを攻撃したことです おそらくe-jellyの捕食者だと勘違いしたのでしょう

But even more incredible was the footage shot/ from the Triton submersible.//

さらに驚愕したのは トライトンで撮影された映像です

What was not mentioned in the Discovery documentary was/ that the bait squid/ that Dr.// Kubodera used,/ a one-meter long diamondback squid had/ a light attached to it,/ a squid jig of the type/ that longline fishermen use,/ and I think/ it was this light/ that brought the giant in.//

ディスカバリーの映像にはでてきませんが 窪寺博士が餌として使ったイカは 体長1メートルのソデイカに ライトを取り付けた イカのルアーです これは はえ縄漁でも用いられます ダイオウイカはこの光に おびき寄せられたんだと思います

Now,/ what you're seeing/ is the intensified camera's view/ under red light,/ and that's all Dr.// Kubodera could see/ when the giant comes in here.//

今ご覧頂いているのは 赤い照明で写した超高感度カメラの映像です ダイオウイカがやって来たとき窪寺博士にはこれだけしか見えていませんでした

And then/ he got so excited,/ he turned on/ his flashlight/ because he wanted to see better,/ and the giant didn't run away,/ so he risked turning/ on the white lights/ on the submersible,/ bringing a creature of legend/ from the misty history/ into high-resolution video.//

これを見て彼はとても興奮し もっとよく見たいと思い懐中電灯をつけましたが それでもダイオウイカは逃げませんでした 博士は思い切って潜水艇の白色ランプをつけて 歴史を覆う霧を払い 伝説の生き物を高解像度の映像で捉えたのです

It was absolutely breathtaking,/ and had/ this animal had its feeding tentacles intact and fully extended,/ it would have been as tall/ as a two-story house.//

まさに息を飲む瞬間でした もしこの生き物が触手を完全な状態で保持しており それを伸ばしたなら 2階建ての家ほどになったことでしょう

How could something/ that big live/ in our ocean/ and yet remain unfilmed/ until now?//

どうしてこんな巨大な生物が 海に生息しているのに今まで撮影されずにいれたのでしょう?

We've only explored about five percent of our ocean.//

海の探査はほんの5パーセントしかカバーできていません

There are great discoveries yet/ to be made down/ there,/ fantastic creatures/ representing millions of years of evolution/ and possibly bioactive compounds/ that could benefit us/ in ways/ that we can't even yet imagine.//

まだまだ発見は尽きません 何百万年もの進化を経た素晴らしい生物もいるでしょう 生物活性のある化合物が 想像もつかないような恩恵をもたらすかもしれません

Yet we have spent only a tiny fraction of the money/ on ocean exploration/ that we've spent on space exploration.//

しかしながら 私たちが海洋探索に 注ぎ込んだ資金は 宇宙開発と比べてほんのわずかに過ぎません

We need a NASA-like organization/ for ocean exploration,/ because we need to be exploring and protecting our life support systems here/ on Earth.//

海洋探索にもNASAのような組織が必要です この地球上の生命システムを 解明し 保護する必要があるからです

We need -/ thank you.// (Applause)//

必要なのは ― ありがとう(拍手)

探検はイノベーションの原動力です

イノベーションは経済成長の原動力です

So let's all go exploring,/ but let's do it/ in a way/ that doesn't scare the animals away,/ or,/ as Mike deGruy once said,/ "If you want to get away/ from it/ all/ and see something/ you've never seen,/ or have an excellent chance of seeing something/ that no one's ever seen,/ get in a sub."//

皆さん 探検に出かけましょう しかし 動物が怖がって逃げないような方法で進めましょう マイク・ディグリーがかつて言ったように 「現実から逃れ 新しいものを見たり 誰も見たことのないものをぜひ見たいのなら 潜水艦に乗りなさい」

He should have been with us/ for this adventure.//

マイクはこの冒険に一緒に来るはずでした

We miss him.//

彼の冥福を祈ります

(拍手)

beast

《文》(人間以外の)『動物』,(特に鳥・魚に対して)四足獣;(人間に対する)『けもの』,畜生

(けもののように)粗暴な人

《英話》《~a》(…の)とてもいやなこと(物)《+『of』+『名』》

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

devour

…‘を'『むさぼり食う』,がつがつ食う

〈疫病・火事・水などが〉…‘を'飲み込むようにして滅ぼす,飲み込む

…‘を'むさぼるように読む(聞き入る,見詰める)

《しばしば受動態で》〈感情が〉〈人〉‘を'とりこにする

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

whale

鯨: 捕鯨に従事する 〔話〕 非常に大きい[すごい]もの (a ~ at [for, on] …の得意[熱心]な人)

enormous

『巨大な』,ばく大な

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

assess

(課税額を決定するために)(…の金額に)〈財産・収入など〉'を'評価する,査定する《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈税金・料金など〉'を'課する,割り当てる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

…'を'評価する,判断する

merit

〈U〉『価値』,優秀さ;〈C〉《しばしば複数形で》(賞賛・ほうびに値する)功績,手柄,美点

〈C〉《複数形で》(訴訟などで,物事の)理非(問題になっている事柄そのものの良し悪し,ありのままの事実)

〈賞・罰・非難など〉‘に'値する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

tale

(事実・伝説・架空の)『話』,物語

作り話,うそ

《複数形で》告げ口,中傷

probably

『たぶん』,『おそらく』

wise

(人・行為などが)『賢い』,賢明な,思慮分別のある

『博識な』,学識豊かな;事情に詳しい,物事が分かっている

《俗》生意気な

…‘を'気づかせる,…‘に'教える《+up+『名』,+『名』+up》

(…に)気づく,(…を)知る《+up to+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

sailor

『水夫』,船員,海員

(海軍士官に対して)水兵

《形容詞を伴って》船に…な人

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

fairytale

おとぎ話,妖精物語

作り話

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

upon

『…の上に』

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

laughter

『笑い』,笑い声

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

telling

効きめのある,有効な

(秘密・正体などを)明らかにする,知らせる

nevertheless

『それでもやはり』

『それにもかかわらず』

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

no doubt

確かに,きっと,恐らく

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

expedition

〈C〉(一定の目的をもって組職された集団が行う)『遠征』,探検

〈C〉『遠征隊』,探検隊

〈U〉《文》急速,迅速

owe

…‘を'『借りている』,借金している

…‘の'『おかげをこうむっている』

…‘を'与える義務がある

(…に対して)借りがある,借金をしている《+for+名》

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

aboard

(船・航空機・列車などに)『乗って』

(船・航空機・列車など)の中へ(に)

explorer

探検家

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

instead

『その代りとして』,それよりも

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

mike

=microphone

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

hunt

〈野生の鳥・動物〉‘を'『狩る』,〈獲物のいる場所〉‘を'狩る,〈馬・犬など》‘を'狩猟に使う

〈物・仕事など〉‘を'捜す,見つけようとする

(…を求めて)〈場所〉‘を'くまなく捜す《+『名』+『for』+『名』》

(…から)…‘を'迫いやる《+『名』+『away』(+『away』+『名』)+『from』(off, out of』)+『名』》

『狩りをする』

(…を)捜し求める《+『for』(『after』)+『名』》

(…を求めて…を)くまなそ捜す《+『in』(『through』)+『名』+『for』+『名』》

『狩り』,狩猟;《英》キツネ狩り

狩猟隊(会)

(…の)捜索;追求《+『for』+『名』》

squid

ヤリイカ

summit

=something

gathering

〈U〉(…を)集めること,(…が)集まること《+『of』+『名』》

〈C〉集められた(集まった)もの;(特に)集会,群衆

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

shark

サメ,フカ

詐欺師,ぺてん師

《米俗》名人,達人

unobtrusive

控え目な,目立たない

optical

視覚の,視力の

光学用の

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

fart

おならをする

おなら,屁(へ)・いやな奴・愚かな人・むかつく奴・ろくでなし・「old fart」として「糞じじい・糞ばばあ」

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

submersible

水中に沈められる;水中用の

潜航(潜水)できる

潜水艦

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

propulsion

推進すること;推進力

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

suspicion

〈U〉〈C〉(…の)『疑い』,疑惑,嫌疑《+of+名》

〈C〉(…という)漠然とした感じ《that節》

〈U〉《しばしば a~》(…の)ほんの少し,気味《+of+名》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

hydrophone

水中聴音器;(医学用の)通水聴診器

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

thruster

(宇宙船の)高度制御ロケット

《英俗》(キツネ狩りで)猟犬に近づき過ぎる狩猟家

《話》でしゃばり屋

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

hydraulic

水(油)力の,水(油)圧の

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

beep

(車の警笛,ラジオの時報;無線の発信音などの)ビーという音

〈車などが〉警笛を鳴らす;〈無線受信器が〉ビーという発信音を出す

〈警笛〉を鳴らす《+『out』+『名』+『out』》

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

lure

『誘惑するもの』,魅力

《おもに英》(魚釣り用の)にせ餌(え);(他の鳥をおびき寄せるための)おとり

‘を'『誘惑する』,おびき寄せる《+『名』+『on』》

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

illumination

〈U〉照明

〈U〉照度

〈C〉《複数形で》《おもに英》電飾,イルミネーション

〈C〉《複数形で》(写本などの)彩飾

〈U〉解明,啓示

red light

(危険信号の)赤ランプ

(停止信号の)赤ランプ

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

deep-sea

深海の,遠洋の

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

electronic

『電子の』,エレクトロンの

jellyfish

クラゲ

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

imitate

…‘を'『見習う』,手本にする

…‘の'『まねをする』

…‘を'『模写(模造)する』,‘に'似せて作る

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

pinwheel

(また《米》windmill)おもちゃの風車

火輪花火

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

burglar alarm

盗難警報機

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

resort

《『resort』『to』+『名』(do『ing』)+『for』+『名』》(…に…を)やむを得ず訴える(頼る)

《『resort』 『to』+『名』》(…へ)よく行く,しげしげと通う

〈C〉『行楽地』,『保養地』

〈C〉(人が)よく集まる場所《+『of』+『名』》

〈C〉頼りになる人(物),頼みの網

〈U〉(…に)頼ること,訴えること《+『to』+『名』》

chew

〈食物〉'を'『かむ』,かみくだく

…'を'かんで作る

かむ,かみこなす

かむこと;〈C〉かみ,一口

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

thereby

それによって(by that means)

それに関連して

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

opportunity

『機会』,好機

scream

(恐怖・苦痛などで)〈人が〉『悲鳴をあげる』,金切り声を出す

〈鳥・気笛などが〉『かん高い音を出す』

どなる,わめく,金切り声で言う

…‘を'『金切り声で言う』,大声で叫ぶ・金切り声,かん高い(鋭い)音

《俗》とてもおもしろおかしい人(物)

last-ditch

絶体絶命の,死力を尽くした

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

garner

〈穀物など〉‘を'蓄える,貯蔵する;…‘を'集める

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

ho

ほう(驚き・賞賛・冷笑などの発声);お‐い(呼びかけ・注意などの発声)

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

tease

〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう

《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる

〈布〉‘に'毛羽を立てる

(紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく

人(動物)をしつこくいじめる(からかう)

いじめる人,からかう人

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

totally

全く,完全に

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

whoa

(特に馬に対して)どおどお,止まれ(stop)

applause

『拍手かっさい』;称賛

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

footage

(映画フィルム・木材などの)フィート数,全長

(映画の)場面

shot

shootの過去・過去分詞

Triton

トリトン(ギリシャ神話で半人半魚の海神)

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

bait

〈U〉〈C〉(つり針・わなに仕掛ける)『餌』(え),『えさ』

〈C〉おとり,わな,誘惑

〈つり針・わな〉‘に'えさをつける

…‘に'犬をけしかける

〈人〉'を'いじめる,なぶる

diamondback

ヒシモンガラガラヘビ(ひし形の斑(はん)点がある毒蛇)

jig

ジッグ(動きが速く活発な,通例3拍子のダンス)

ジッグ舞曲

ジッグを踊る

上下にすばやく動く

…‘を'上下にすばやく動かす

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

fisherman

『漁夫』,漁師

(楽しみとして)釣りをする人;釣り人(びと)

excited

興奮した

flashlight

《おもに米》懐中電灯(《英》torch)

=flash bulb

(灯台などの)信号灯

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

legend

〈C〉『伝説』,言い伝え;〈U〉伝説文学

〈C〉伝説上の人物

〈C〉(メダルなどの)題銘,銘(inscription)

〈C〉(地図・図表などの)説明,凡例(はんれい)

misty

霧の深い,霧に包まれた

(目が涙などで)かすんだ

(輪郭などが)ぼんやりした;(記憶・考えなどが)おぼろげな,もうろうとした(vague)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

breathtaking

かたずをのませるような,あっといわせるような

tentacle

(タコ・クラゲなどの)触手;(一般に)触手のようなもの

intact

手をつけない,損なわれない

fully

『十分に』,完全に

まるまる

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

fraction

『破片』,断片;(…の)一部,わずか《+『of』+『名』》

『分数』

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

life support system

生命保持装置(宇宙船内で生命を維持するための装置)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

economic

『経済の』

『経済学の』

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

scare

…‘を'『おびえさせる』,こわがらせる(frighten)

『おびえる』,驚く

《単数形で》おびえ,どきりとすること

(社会的な)恐慌[状態]

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

no one

『だれも』…『ない』

sub

=submarine

(おもにスポーツで)=substitute

=subordinate

《英》=sublieutenant

=subeditor

《英》給料の前払い分

(…の)代役を勤める,代りとなる《+for+名》

《英》給料を前借り(前貸し)する

〈給料〉‘を'前借り(前貸し)する

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

関連動画