TED日本語 - メアリー・ローチ: あなたの知らないオーガズムに関する10の事実

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「セックスと科学のイケない関係」の著者、メアリー・ローチが我々の知らない、数世紀にわたる科学的研究の歴史を徹底的に調べ上げ、オーガズムについての一風変わったものから笑いを誘うものまで10の事実を紹介します。

Script

さて これからお見せするのは 『医療超音波エコージャーナル』に掲載された 非常に面白い論文の資料写真です 私は敢えてこの論文が『医療超音波エコージャーナル』の 掲載で最も面白いものだと断言します タイトルは『胎児の子宮内マスタベーションの観察』です (笑) 左の写真の長い矢印は胎児の手を指しています その右にペニスが見えます 手はまだ宙にあります そして右の写真が 放射線科医イズラエル・マイズナーの言うところの 「マスタベーション行動に類似した形でペニスを握る手」を示しています これはエコー画像ですから 元々動画なんです

オーガズムとは自律神経反射の一種です つまり私たちの神経系のうち 意識的にコントロールできないもので 消化 心拍や性的興奮がこれにあたります (2.性器はいらない) そして驚くべき事にオーガズムは 様々な種類の刺激により引き起こされるのです 性器への刺激?…何を今更! キンゼイも実際 他人に眉毛をなでてもらう事で オーガズムに達する女性にインタビューしています 半身あるいは全身麻痺のように 脊髄を損傷した患者には しばしば損傷箇所の感覚が 非常に敏感になるという事が起こります どこでもかまわないようで 文献にはひざオーガズムといった例も見られます

私の知る中で一番面白いケースは ある女性で 歯を磨く度にオーガズムに達してしまうという人です

(笑) 歯を磨くという動作によって 起こる複雑な感覚が オーガズムを引き起こしてしまうそうです 彼女を診察した神経科医は大いに興味を持ち 調べました まず 歯磨き粉が原因ではないかと考えたのですが 歯磨き粉の種類に関係ありませんでした そこで 今度は彼女の歯ぐきを つまようじで刺激してみたのですが だめでした 歯磨きという動作自体が原因なんです それより私が驚かされた事実をお話しますと 皆さんも恐らく この女性の 歯はとてもきれいだろうとお思いでしょうが (笑) 残念ながら 論文によるとこの女性は 「自分が悪魔に憑りつかれていると信じ 歯ブラシでなくマウスウォッシュを使用するようになった」そうで もったいない事です (笑)

私は『セックスと科学のイケない関係』を執筆中 思考のみでオーガズムに達する事のできる女性をインタビューしました 彼女はラトガース大学の研究にも参加しています あの名門のラトガース大ですよ で この女性にオークランドの 寿司屋でインタビューしました そこで「今ここで すぐにできますか?」と聞いたら 「ええ でもできれば食事の後にして欲しいんですが・・・」

(笑) でも食後 彼女はわざわざレストランの外の ベンチで実演してくれました 素晴らしかったです 一分程の出来事でした 実演の後 「いつでもどこでもやってますか?」と聞きましたが (笑) 「いえ 仕事が終り家に帰る頃にはくたびれててそれどころではないんです」 (笑) 前回はディズニーランドの 路面電車の中でやったそうです (笑)

オーガズムの中枢は脊髄神経と 仙髄の神経根という所にあります 後ろのこの辺りです ここに電気的刺激を与えると オーガズムが起こります (3.死んでもオーガズムは得られる) また このような脊髄反射を 死んだ人に与える事も可能です ある特殊な条件 心臓が動いている遺体の場合です これは脳死状態で 法的には死亡と判定されたが 人工呼吸器で心肺機能を維持している状態で 移植手術までの間ドナーの臓器を 維持するための処置ですね このような状態の遺体の 正しい部位を刺激すると ある事が起きます ラザロ徴候という反射で この場でお見せしようとすると・・・もちろん死んでいない状態ですが・・・ こういう感じです ある一点を刺激すると 遺体がこういうふうに・・・動くわけです 病理検査室で働く人には怖いですよね

(笑)

ラザロ徴候をひき起こす事ができるのであれば もちろんオーガズムもできますよね? と脳死の専門家のステファニー・マンさんにメールした所 馬鹿な質問に返信をくれました

(笑) 「ひょっとして 死んだ人にオーガズムを 引き起こすことは可能ですか?」と尋ねた所 「仙髄神経に充分に酸素が送られていれば ひょっとしなくても可能です」との事でした もちろん本人にとっては面白くも何ともないんですけど やっぱりオーガズムであることには (笑) 変りはないですよね 実際 アラバマ大学のオーガズム研究者に 提案してみました 「ぜひ実験しましょうよ 大学ならば献体も使えるし やるべきですよ」と言ったら 「なら 献体使用審査会の許可を取ってきてね」と言われました (笑)

(4.オーガズムは口臭の原因) 1930年代に結婚マニュアルを書いた テオドール・ヴァン・デ・ヴェルデによると 性交後一時間以内の女性の息からは かすかに精液の臭いが確認できるそうです ヴァン・デ・ヴェルデは精液のソムリエとでもいいますか

(笑) 『理想の結婚』の著者ですよ 完全なヘテロセクシャルです この『理想の結婚』に書かれていますが 彼は若い男性と年配の男性の精液をかぎ分けられるそうで 若い男性のそれはさわやかな香りがするが 年配の男性の場合 本から引用しますと 「スペイン栗の花の香りに非常に近く 時に花のさわやかな香りだが 時に非常に鼻にツンとくる匂いである」 (笑)

(5.しゃっくりが治る) 話は変わり1999年のイスラエルにて ある男性にしゃっくりが出ました これがまたなかなか止まらないしゃっくりで 友達に教わったあらゆる民間療法でも しゃっくりが止まることはありませんでした そのまま数日がたったある日 彼はしゃっくりしながらも奥さんとセックスをしました すると驚いたことに しゃっくりが止まりました 男性が医師にこの話をした所 このお医者さんがカナダの医学雑誌に 『難治性しゃっくり治療法としての性交の可能性』 という題で報告書を投稿しました 私がこの記事を好きなのは この記事が「独身しゃっくり患者」に 治療法としてマスタベーションを提案しているからです (笑) この表現が国勢調査のカテゴリみたいでしょ 独身しゃっくり患者 (笑) 既婚者 独身者 そして独身しゃっくり患者

(6.受胎法としてのオーガズム) 1900年代初めの 大半の産婦人科医は 女性がオーガズムに達する時 収縮運動が精液を子宮口まで吸い上げて 精子が卵に早く到達するのを助けることで 受胎の確率が高まると信じていました これを『吸い上げ理論』と言いました (笑) また 古代ギリシャのヒポクラテスの時代に遡ると 女性のオーガズムは受胎を助けるだけでなく 必要不可欠のものだと信じられていました 当時の医者は男達に 妻たちを喜ばせる事が いかに重要かを説いていたわけです 結婚マニュアルの著者にして精液ソムリエの テオドール・ヴァン・デ・ヴェルデは (笑) このように書いています 私はこの人が大好きで 本もたくさん読んじゃいましたが その中にこういう文がありました ハプスブルク王朝にまつわる話とされています マリア・テレジアという女帝がおりまして 妊娠できずにいました で 宮廷医師がこう進言しました 「恐れながらも申し上げますが 神聖なる皇帝陛下の賢きあたりが 交接の前にくすぐられる必要があるかと・・・」 (笑) 元の文献は判りませんが そういう記録があるようです

マスターズとジョンソンは1950年代の研究者で 二人は吸い上げ懐疑論者でした これも面白い言葉です 二人は吸い上げ理論を信じませんでした で マスターズとジョンソンの名にかけて 徹底的に調べる事にしたわけです 彼らは女性を研究室に連れてきます 確か5人だったかと思います 彼女達の子宮口に 人工精液を入れたカップをつけました この人口精液には エックス線に反応する物質が含まれており レントゲン写真に写るようになっていました あの保守的な1950年代の話ですよ とにかく 被験者はレントゲンの前に座り マスタベーションします この方法で人工精液が吸い上げられるかどうか観察したわけです 吸い上げは確認されませんでした ところで皆さん「人工精液ってどうやって作るの?」とお思いでしょう

(笑) これには二通りの方法があります 小麦粉と水あるいはコーンスターチと水を使うのですが 文献で三つのレシピを見つけました (笑) 私が一番好きなレシピは 料理のレシピだと材料のリストがあって 出来上がりの分量が書かれてますよね? 例えば「カップケーキ2ダース分」という具合に その要領で「射精一回分」とあるものです (笑)

オーガズムで受胎率を高める方法はまだあります 今度は男性に関わるものです 精子が作られてから一週間以上 体内に留まった場合 精子に異常が生じて 卵子へのヘッドバンギング つまり侵入が難しくなります 英国の性科学者ロイ・レヴィンは これが男性が熱心かつ頻繁に マスタベーションするように進化した理由だと推測しています すなわち「出し続けていれば 精子の鮮度を保てる」というわけで なかなか面白い仮説です これで進化論に基づく立派な口実ができましたね

(笑)

(6.受胎法としてのオーガズム) さて・・・

(7.養豚家は依然) (笑)

さて 吸い上げ理論は動物の世界において実証されています 例えばブタの場合 デンマークの国立養豚委員会は メスのブタの人工授精作業中 ブタを性的に刺激しておくと 分娩率 これは生まれる子ブタの数ですが これが6%上昇することをつきとめました 委員会はいわゆる ブタの体の5箇所の 刺激計画 を作りました 養豚家には厩舎に貼るポスターが配布され DVDも作成されました 私もDVDを持ってます

(笑) これからお見せします 初公開です (笑)

さて これが映像です お兄さんがラララ~と鼻歌交じりに仕事に出かけます 無邪気なものです 彼はこれから自分の手で あることをするのですが ブタなら鼻を使う事をするわけですが…ブタに手はないですからね

(笑) これです オスのブタは不思議な求愛行動をします (笑) この行動はオスブタの体重を模倣しています (笑) ところで メスのブタのクリトリスは膣内にあります ですから今彼女を刺激しているわけですね はい 一丁上がり (笑) かわいい子ブタちゃんが生まれました (拍手) 面白いビデオでしょう このビデオの冒頭でカメラがお兄さんの 結婚指輪にズームインするのですが まるで「これはただの仕事ですよ 彼は普通に女性が好きなんですよ」とアピールしているようにも見えます (8.動物のメスは意外と楽しんでいる) (笑)

私がデンマークでお世話になったアン・マリーという女性に 「これは結局ブタのクリトリスを刺激するということですよね? 農家にそう説明したらいいんじゃない? ビデオではそういってないけど」と言いました 彼女の答えが面白いので直接引用しますが 「農家の人に ブタのアソコを触らせるまでが一苦労だったんです だから クリトリスの話は控えようということになりまして」 (笑) 恥かしいけど 冒険家の養豚家向けとして 本当に発行されました ブタ用バイブレータもあって これは受精用のチューブに取り付けて使います 先ほど申し上げましたが ブタのクリトリスは膣の中にありますからね だから 見た目よりもう少し刺激的なんだと思います また アン・マリーに 「このブタ達 すでにお気づきかと思いますが エクスタシーを感じているようには見えませんね」と聞くと 「そうとは限りませんよ」との答えが 動物は痛みや快感を 人間のように顔に出す事がないんです どちらかというと 例えばブタはイヌと同じで 顔の上半分のみを動かします 耳の感情表現はとても豊かです だから 私達にはよくわからないんですね

一方 ヒトを含む霊長類は口をよく使います これはベニガオザルの射精時の表情です

(笑) 面白いことにこの顔はメスのベニガオザルにも見られます ただし 他のメスにのしかかっている時だけですが (9.ヒトのオーガズム実験は難しい) (笑)

1950年代 マスターズとジョンソンは 人間の性的反応のサイクルを解明することにしました 男性と女性の性的な興奮からオーガズムまでのサイクルです そこで人体に起きる全ての現象を調べるわけです で 女性の場合 殆どの現象が体内で起こるわけですが そんな事であきらめるマスターズとジョンソンではありません 彼らは「人工性交マシン」を開発しました これは男性器型のカメラにモーターをつけたものです 要するに透明アクリル製の 張形にカメラと照明を仕込んだものが 取り付けられたモーターでこういう具合に動くわけです 被験者の女性はこれとセックスをするのです こういうわけです なかなかすごい代物です 残念ながら今は分解されて存在しません すごく残念です 使ってみたかったわけではなく 一目見てみたかったのに!

(9.ヒトのオーガズム実験は難しい) (笑)

(10.でも面白い) ある晴れた日 アルフレッド・キンゼイは 射精時の精液の平均飛距離を算出する事にしました これは単なる思い付きではありません キンゼイ博士は― ―これは1940年代当時広まっていた学説なのですが― 射精時に精液が 子宮口に向かって放たれる速度が 受胎率に関係するという説が デタラメだと考え それを確認したかったのです 博士は研究室に 男性300人に巻尺と動画撮影用カメラを用意しました (笑) その結果わかった事は 3/4の男性の精液は ただ下に落ちただけという事実でした ものすごい勢いで噴き出でたり 飛び出したり 射出される事はありませんでした 一方 最高記録保持者の方は 約2.4m弱の飛距離を記録しました 素晴らしいです (笑) (拍手) まったく素晴らしいものです (笑) 残念ながら彼の名前は記録になく わかりません

キンゼイ博士は 著書の中でこの実験についてこう書いています すなわち 「ペルシャじゅうたんを保護するため シーツを二枚下に敷いた」

(笑) これは私が二番目に好きな 博士の著述からの文です 一番好きなのは「交尾中のネズミの前にチーズのかけらを転がすと メスの気は散るが オスに変化はない」です (笑)

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます!

Alright. I'm going to show you a couple of images from a very diverting paper in The Journal of Ultrasound in Medicine. I'm going to go way out on a limb and say that it is the most diverting paper ever published in The Journal of Ultrasound in Medicine. The title is "Observations of In-Utero Masturbation." (Laughter) Okay. Now on the left you can see the hand -- that's the big arrow -- and the penis on the right. The hand hovering. And over here we have, in the words of radiologist Israel Meisner, "The hand grasping the penis in a fashion resembling masturbation movements." Bear in mind this was an ultrasound, so it would have been moving images.

Orgasm is a reflex of the autonomic nervous system. Now this is the part of the nervous system that deals with the things that we don't consciously control, like digestion, heart rate and sexual arousal. And the orgasm reflex can be triggered by a surprisingly broad range of input. Genital stimulation. Duh. But also Kinsey interviewed a woman who could be brought to orgasm by having someone stroke her eyebrow. People with spinal cord injuries, like paraplegias, quadriplegias, will often develop a very, very sensitive area right above the level of their injury, wherever that is. There is such a thing as a knee orgasm in the literature.

I think the most curious one that I came across was a case report of a woman who had an orgasm every time she brushed her teeth.

(Laughter) This was something in the complex sensory-motor action of brushing her teeth was triggering orgasm. And she went to a neurologist who was fascinated. He checked to see if it was something in the toothpaste, but no -- it happened with any brand. They stimulated her gums with a toothpick, to see if that was doing it. No. It was the whole, you know, motion. And the amazing thing to me is that now you would think this woman would like have excellent oral hygiene. (Laughter) Sadly she -- this is what it said in the journal paper -- "She believed that she was possessed by demons and switched to mouthwash for her oral care." It's so sad. (Laughter)

I interviewed, when I was working on the book, I interviewed a woman who can think herself to orgasm. She was part of a study at Rutgers University. You gotta love that. Rutgers. So I interviewed her in Oakland, in a sushi restaurant. And I said, "So, could you do it right here?" And she said, "Yeah, but you know I'd rather finish my meal if you don't mind."

(Laughter) But afterwards she was kind enough to demonstrate on a bench outside. It was remarkable. It took about one minute. And I said to her, "Are you just doing this all the time?" (Laughter) She said, "No. Honestly when I get home I'm usually too tired." (Laughter) She said that the last time she had done it was on the Disneyland tram. (Laughter)

The headquarters for orgasm, along the spinal nerve, is something called the sacral nerve root, which is back here. And if you trigger, if you stimulate with an electrode, the precise spot, you will trigger an orgasm. And it is a fact that you can trigger spinal reflexes in dead people -- a certain kind of dead person, a beating-heart cadaver. Now this is somebody who is brain-dead, legally dead, definitely checked out, but is being kept alive on a respirator, so that their organs will be oxygenated for transplantation. Now in one of these brain-dead people, if you trigger the right spot, you will see something every now and then. There is a reflex called the Lazarus reflex. And this is -- I'll demonstrate as best I can, not being dead. It's like this. You trigger the spot. The dead guy, or gal, goes ... like that. Very unsettling for people working in pathology labs.

(Laughter)

Now if you can trigger the Lazarus reflex in a dead person, why not the orgasm reflex? I asked this question to a brain death expert, Stephanie Mann, who was foolish enough to return my emails.

(Laughter) I said, "So, could you conceivably trigger an orgasm in a dead person?" She said, "Yes, if the sacral nerve is being oxygenated, you conceivably could." Obviously it wouldn't be as much fun for the person. But it would be an orgasm -- (Laughter) nonetheless. I actually suggested to -- there is a researcher at the University of Alabama who does orgasm research. I said to her, "You should do an experiment. You know? You can get cadavers if you work at a university." I said, "You should actually do this." She said, "You get the human subjects review board approval for this one." (Laughter)

According to 1930s marriage manual author, Theodoor van de Velde, a slight seminal odor can be detected on the breath of a woman within about an hour after sexual intercourse. Theodoor van de Velde was something of a semen connoisseur.

(Laughter) This is a guy writing a book, "Ideal Marriage," you know. Very heavy hetero guy. But he wrote in this book, "Ideal Marriage" -- he said that he could differentiate between the semen of a young man, which he said had a fresh, exhilarating smell, and the semen of mature men, whose semen smelled quote, "Remarkably like that of the flowers of the Spanish chestnut. Sometimes quite freshly floral, and then again sometimes extremely pungent." (Laughter)

Okay. In 1999, in the state of Israel, a man began hiccupping. And this was one of those cases that went on and on. He tried everything his friends suggested. Nothing seemed to help. Days went by. At a certain point, the man, still hiccupping, had sex with his wife. And lo and behold, the hiccups went away. He told his doctor, who published a case report in a Canadian medical journal under the title, "Sexual Intercourse as a Potential Treatment for Intractable Hiccups." I love this article because at a certain point they suggested that unattached hiccuppers could try masturbation. (Laughter) I love that because there is like a whole demographic: unattached hiccuppers. (Laughter) Married, single, unattached hiccupper.

In the 1900s, early 1900s gynecologists, a lot of gynecologists believed that when a woman has an orgasm the contractions serve to suck the semen up through the cervix and sort of deliver it really quickly to the egg, thereby upping the odds of conception. It was called the "upsuck" theory. (Laughter) If you go all the way back to Hippocrates, physicians believed that orgasm in women was not just helpful for conception, but necessary. Doctors back then were routinely telling men the importance of pleasuring their wives. Marriage-manual author and semen-sniffer Theodoor van de Velde -- (Laughter) has a line in his book. I loved this guy. I got a lot of mileage out of Theodoor van de Velde. He had this line in his book that supposedly comes from the Habsburg Monarchy, where there was an empress Maria Theresa, who was having trouble conceiving. And apparently the royal court physician said to her, "I am of the opinion that the vulva of your most sacred majesty be titillated for some time prior to intercourse." (Laughter) It's apparently, I don't know, on the record somewhere.

Masters and Johnson: now we're moving forward to the 1950s. Masters and Johnson were upsuck skeptics, which is also really fun to say. They didn't buy it. And they decided, being Masters and Johnson, that they would get to the bottom of it. They brought women into the lab -- I think it was five women -- and outfitted them with cervical caps containing artificial semen. And in the artificial semen was a radio-opaque substance, such that it would show up on an X-ray. This is the 1950s. Anyway these women sat in front of an X-ray device. And they masturbated. And Masters and Johnson looked to see if the semen was being sucked up. Did not find any evidence of upsuck. You may be wondering, "How do you make artificial semen?"

(Laughter) I have an answer for you. I have two answers. You can use flour and water, or cornstarch and water. I actually found three separate recipes in the literature. (Laughter) My favorite being the one that says -- you know, they have the ingredients listed, and then in a recipe it will say, for example, "Yield: two dozen cupcakes." This one said, "Yield: one ejaculate." (Laughter)

There's another way that orgasm might boost fertility. This one involves men. Sperm that sit around in the body for a week or more start to develop abnormalities that make them less effective at head-banging their way into the egg. British sexologist Roy Levin has speculated that this is perhaps why men evolved to be such enthusiastic and frequent masturbators. He said, "If I keep tossing myself off I get fresh sperm being made." Which I thought was an interesting idea, theory. So now you have an evolutionary excuse.

(Laughter)

Okay.

(Laughter)

Alrighty. There is considerable evidence for upsuck in the animal kingdom -- pigs, for instance. In Denmark, the Danish National Committee for Pig Production found out that if you sexually stimulate a sow while you artificially inseminate her, you will see a six-percent increase in the farrowing rate, which is the number of piglets produced. So they came up with this plan, this five-point stimulation plan for the sows. And they had the farmers -- there is posters they put in the barn, and they have a DVD. And I got a copy of this DVD.

(Laughter) This is my unveiling, because I am going to show you a clip. (Laughter)

So uh, okay. Now here we go in to the -- la la la, off to work. It all looks very innocent. He's going to be doing things with his hands that the boar would use his snout, lacking hands. Okay.

(Laughter) This is it. The boar has a very odd courtship repertoire. (Laughter) This is to mimic the weight of the boar. (Laughter) You should know, the clitoris of the pig, inside the vagina. So this may be sort of titillating for her. Here we go. (Laughter) And the happy result. (Applause) I love this video. There is a point in this video, towards the beginning where they zoom in for a close up of his hand with his wedding ring, as if to say, "It's okay, it's just his job. He really does like women." (Laughter)

Okay. Now I said -- when I was in Denmark, my host was named Anne Marie. And I said, "So why don't you just stimulate the clitoris of the pig? Why don't you have the farmers do that? That's not one of your five steps." She said -- I have to read you what she said, because I love it. She said, "It was a big hurdle just to get farmers to touch underneath the vulva. So we thought, let's not mention the clitoris right now." (Laughter) Shy but ambitious pig farmers, however, can purchase a -- this is true -- a sow vibrator, that hangs on the sperm feeder tube to vibrate. Because, as I mentioned, the clitoris is inside the vagina. So possibly, you know, a little more arousing than it looks. And I also said to her, "Now these sows. I mean, you may have noticed there, The sow doesn't look to be in the throes of ecstasy." And she said, you can't make that conclusion, because animals don't register pain or pleasure on their faces in the same way that we do. They tend to -- pigs, for example, are more like dogs. They use the upper half of the face; the ears are very expressive. So you're not really sure what's going on with the pig.

Primates, on the other hand, we use our mouths more. This is the ejaculation face of the stump-tailed macaque.

(Laughter) And, interestingly, this has been observed in female macaques, but only when mounting another female. (Laughter)

Masters and Johnson, in the 1950s, they decided, okay, we're going to figure out the entire human sexual response cycle, from arousal, all the way through orgasm, in men and women -- everything that happens in the human body. Okay, with women, a lot of this is happening inside. This did not stop Masters and Johnson. They developed an artificial coition machine. This is basically a penis camera on a motor. There is a phallus, clear acrylic phallus, with a camera and a light source, attached to a motor that is kind of going like this. And the woman would have sex with it. That is what they would do. Pretty amazing. Sadly, this device has been dismantled. This just kills me, not because I wanted to use it -- I wanted to see it.

(Laughter)

One fine day Alfred Kinsey decided to calculate the average distance traveled by ejaculated semen. This was not idle curiosity. Doctor Kinsey had heard -- and there was a theory kind of going around at the time, this being the 1940s -- that the force with which semen is thrown against the cervix was a factor in fertility. Kinsey thought it was bunk, so he got to work. He got together in his lab 300 men, a measuring tape, and a movie camera. (Laughter) And in fact he found that in three quarters of the men the stuff just kind of slopped out. It wasn't spurted or thrown or ejected under great force. However, the record holder landed just shy of the eight-foot mark, which is impressive. (Laughter) (Applause) Yes. Exactly. (Laughter) Sadly, he's anonymous. His name is not mentioned.

In his write-up, in his write-up of this experiment in his book, Kinsey wrote, "Two sheets were laid down to protect the oriental carpets."

(Laughter) Which is my second favorite line in the entire oeuvre of Alfred Kinsey. My favorite being, "Cheese crumbs spread before a pair of copulating rats will distract the female, but not the male." (Laughter)

Thank you very much.

(Applause)

Thanks!

Alright.// I'm going to show/ you/ a couple of images/ from a very diverting paper/ in The Journal of Ultrasound/ in Medicine.//

さて これからお見せするのは 『医療超音波エコージャーナル』に掲載された 非常に面白い論文の資料写真です

I'm going to go way out/ on a limb/ and say/ that it is the most diverting paper ever published in The Journal of Ultrasound/ in Medicine.//

私は敢えてこの論文が『医療超音波エコージャーナル』の 掲載で最も面白いものだと断言します

The title is "Observations of In-Utero Masturbation."//

タイトルは『胎児の子宮内マスタベーションの観察』です

(Laughter)/ Okay.// Now/ on the left/ you can see the hand --/ that's the big arrow --/ and the penis/ on the right.// The hand hovering.//

(笑) 左の写真の長い矢印は胎児の手を指しています その右にペニスが見えます 手はまだ宙にあります

And over here/ we have,/ in the words of radiologist Israel Meisner,/ "The hand/ grasping the penis/ in a fashion/ resembling masturbation movements."//

そして右の写真が 放射線科医イズラエル・マイズナーの言うところの 「マスタベーション行動に類似した形でペニスを握る手」を示しています

Bear/ in mind/ this was an ultrasound,/ so it would have been moving images.//

これはエコー画像ですから 元々動画なんです

オーガズムとは自律神経反射の一種です

Now/ this is the part of the nervous system/ that deals with the things/ that we don't consciously control,/ like digestion,/ heart rate and sexual arousal.//

つまり私たちの神経系のうち 意識的にコントロールできないもので 消化 心拍や性的興奮がこれにあたります

(2.性器はいらない) そして驚くべき事にオーガズムは 様々な種類の刺激により引き起こされるのです

性器への刺激?…何を今更!

But also/ Kinsey interviewed a woman/ who could be brought to orgasm/ by having someone stroke her eyebrow.//

キンゼイも実際 他人に眉毛をなでてもらう事で オーガズムに達する女性にインタビューしています

People/ with spinal cord injuries,/ like paraplegias,/ quadriplegias,/ will often develop a very, very sensitive area/ right above the level of their injury,/ wherever that is.//

半身あるいは全身麻痺のように 脊髄を損傷した患者には しばしば損傷箇所の感覚が 非常に敏感になるという事が起こります どこでもかまわないようで

There is such a thing/ as a knee orgasm/ in the literature.//

文献にはひざオーガズムといった例も見られます

I think the most curious one/ that I came across/ was a case report of a woman/ who had an orgasm/ every time/ she brushed her teeth.//

私の知る中で一番面白いケースは ある女性で 歯を磨く度にオーガズムに達してしまうという人です

(Laughter)/ This was something/ in the complex sensory-motor action of brushing her teeth was triggering orgasm.//

(笑) 歯を磨くという動作によって 起こる複雑な感覚が オーガズムを引き起こしてしまうそうです

And she went to a neurologist/ who was fascinated.//

彼女を診察した神経科医は大いに興味を持ち 調べました

He checked to see/ if it was something/ in the toothpaste,/ but no --/ it happened with any brand.//

まず 歯磨き粉が原因ではないかと考えたのですが 歯磨き粉の種類に関係ありませんでした

They stimulated her gums/ with a toothpick,/ to see/ if that was doing it.//

そこで 今度は彼女の歯ぐきを つまようじで刺激してみたのですが

No.// It was the whole,/ you know,/ motion.//

だめでした 歯磨きという動作自体が原因なんです

And the amazing thing/ to me is/ that now you would think this woman would like have excellent oral hygiene.//

それより私が驚かされた事実をお話しますと 皆さんも恐らく この女性の 歯はとてもきれいだろうとお思いでしょうが

(Laughter) Sadly/ she --/ this is/ what it said in the journal paper --/ "She believed/ that she was possessed by demons/ and switched to mouthwash for her oral care."//

(笑) 残念ながら 論文によるとこの女性は 「自分が悪魔に憑りつかれていると信じ 歯ブラシでなくマウスウォッシュを使用するようになった」そうで

It's so sad.//

もったいない事です

(笑)

I interviewed,/ when I was working on the book,/ I interviewed a woman/ who can think herself/ to orgasm.//

私は『セックスと科学のイケない関係』を執筆中 思考のみでオーガズムに達する事のできる女性をインタビューしました

She was part of a study/ at Rutgers University.//

彼女はラトガース大学の研究にも参加しています

You gotta love that.// Rutgers.//

あの名門のラトガース大ですよ

So/ I interviewed her/ in Oakland,/ in a sushi restaurant.//

で この女性にオークランドの 寿司屋でインタビューしました

And I said,/ "So,/ could you do it right here?"//

そこで「今ここで すぐにできますか?」と聞いたら

And she said,/ "Yeah,/ but you know/ I'd rather finish my meal/ if you don't mind."//

「ええ でもできれば食事の後にして欲しいんですが・・・」

(Laughter)/ But afterwards/ she was kind enough/ to demonstrate on a bench outside.//

(笑) でも食後 彼女はわざわざレストランの外の ベンチで実演してくれました

It was remarkable.// It took about one minute.//

素晴らしかったです 一分程の出来事でした

And I said to her,/ "Are you just doing this all the time?"//

実演の後 「いつでもどこでもやってますか?」と聞きましたが

(Laughter)/ She said,/ "No.// Honestly/ when I get home/ I'm usually too tired."//

(笑) 「いえ 仕事が終り家に帰る頃にはくたびれててそれどころではないんです」

(Laughter)/ She said/ that the last time/ she had done it was on the Disneyland tram.//

(笑) 前回はディズニーランドの 路面電車の中でやったそうです

(笑)

The headquarters/ for orgasm,/ along the spinal nerve,/ is something called the sacral nerve root,/ which is back here.//

オーガズムの中枢は脊髄神経と 仙髄の神経根という所にあります 後ろのこの辺りです

And/ if you trigger,/ if you stimulate with an electrode,/ the precise spot,/ you will trigger an orgasm.//

ここに電気的刺激を与えると オーガズムが起こります

And it is a fact/ that you can trigger spinal reflexes/ in dead people --/ a certain kind of dead person,/ a beating-heart cadaver.//

(3.死んでもオーガズムは得られる) また このような脊髄反射を 死んだ人に与える事も可能です ある特殊な条件 心臓が動いている遺体の場合です

Now/ this is somebody/ who is brain-dead,/ legally dead,/ definitely checked out,/ but is being kept alive/ on a respirator,/ so that their organs will be oxygenated for transplantation.//

これは脳死状態で 法的には死亡と判定されたが 人工呼吸器で心肺機能を維持している状態で 移植手術までの間ドナーの臓器を 維持するための処置ですね

Now/ in one of these brain-dead people,/ if you trigger the right spot,/ you will see something every now and then.//

このような状態の遺体の 正しい部位を刺激すると ある事が起きます

There is a reflex called the Lazarus reflex.//

ラザロ徴候という反射で

And this is --/ I'll demonstrate as best/ I can,/ not being dead.//

この場でお見せしようとすると・・・もちろん死んでいない状態ですが・・・

It's like this.// You trigger the spot.//

こういう感じです ある一点を刺激すると

The dead guy,/ or gal,/ goes ...// like that.//

遺体がこういうふうに・・・動くわけです

Very/ unsettling for people/ working in pathology labs.//

病理検査室で働く人には怖いですよね

(笑)

Now/ if you can trigger the Lazarus reflex/ in a dead person,/ why not the orgasm reflex?//

ラザロ徴候をひき起こす事ができるのであれば もちろんオーガズムもできますよね?

I asked this question/ to a brain death expert,/ Stephanie Mann,/ who was foolish enough/ to return my emails.//

と脳死の専門家のステファニー・マンさんにメールした所 馬鹿な質問に返信をくれました

(Laughter)/ I said,/ "So,/ could you conceivably trigger an orgasm/ in a dead person?"//

(笑) 「ひょっとして 死んだ人にオーガズムを 引き起こすことは可能ですか?」と尋ねた所

She said,/ "Yes, if the sacral nerve is being oxygenated,/ you conceivably could."//

「仙髄神経に充分に酸素が送られていれば ひょっとしなくても可能です」との事でした

Obviously/ it wouldn't be as much fun/ for the person.//

もちろん本人にとっては面白くも何ともないんですけど

But it would be an orgasm --/ (Laughter) nonetheless.//

やっぱりオーガズムであることには (笑) 変りはないですよね

I actually suggested to --/ there is a researcher/ at the University of Alabama/ who does orgasm research.//

実際 アラバマ大学のオーガズム研究者に 提案してみました

I said to her,/ "You should do an experiment.//

「ぜひ実験しましょうよ

You know?// You can get cadavers/ if you work at a university."//

大学ならば献体も使えるし

I said,/ "You should actually do this."//

やるべきですよ」と言ったら

She said,/ "You get/ the human subjects review board approval/ for this one."//

「なら 献体使用審査会の許可を取ってきてね」と言われました

(笑)

According/ to 1930s marriage manual author,/ Theodoor van de Velde,/ a slight seminal odor can be detected on the breath of a woman/ within about an hour/ after sexual intercourse.//

(4.オーガズムは口臭の原因) 1930年代に結婚マニュアルを書いた テオドール・ヴァン・デ・ヴェルデによると 性交後一時間以内の女性の息からは かすかに精液の臭いが確認できるそうです

Theodoor van de Velde was something of a semen connoisseur.//

ヴァン・デ・ヴェルデは精液のソムリエとでもいいますか

(Laughter)/ This is a guy/ writing a book,/ "Ideal Marriage,/"/ you know.//

(笑) 『理想の結婚』の著者ですよ

Very heavy hetero guy.//

完全なヘテロセクシャルです

But he wrote in this book,/ "Ideal Marriage" --/ he said/ that he could differentiate between the semen of a young man,/ which he said/ had a fresh,/ exhilarating smell,/ and the semen of mature men,/ whose semen smelled quote,/ "Remarkably/ like that of the flowers of the Spanish chestnut.//

この『理想の結婚』に書かれていますが 彼は若い男性と年配の男性の精液をかぎ分けられるそうで 若い男性のそれはさわやかな香りがするが 年配の男性の場合 本から引用しますと 「スペイン栗の花の香りに非常に近く

Sometimes quite freshly floral,/ and then again sometimes extremely pungent."//

時に花のさわやかな香りだが 時に非常に鼻にツンとくる匂いである」

(笑)

Okay.// In 1999,/ in the state of Israel,/ a man began hiccupping.//

(5.しゃっくりが治る) 話は変わり1999年のイスラエルにて ある男性にしゃっくりが出ました

And this was one of those cases/ that went on/ and on.//

これがまたなかなか止まらないしゃっくりで

He tried everything/ his friends suggested.//

友達に教わったあらゆる民間療法でも

Nothing seemed to help.//

しゃっくりが止まることはありませんでした

Days went by.// At a certain point,/ the man,/ still/ hiccupping,/ had sex/ with his wife.//

そのまま数日がたったある日 彼はしゃっくりしながらも奥さんとセックスをしました

And lo and behold,/ the hiccups went away.//

すると驚いたことに しゃっくりが止まりました

He told his doctor,/ who published a case report/ in a Canadian medical journal/ under the title,/ "Sexual Intercourse/ as a Potential Treatment/ for Intractable Hiccups."//

男性が医師にこの話をした所 このお医者さんがカナダの医学雑誌に 『難治性しゃっくり治療法としての性交の可能性』 という題で報告書を投稿しました

I love this article/ because at a certain point/ they suggested/ that unattached hiccuppers could try masturbation.//

私がこの記事を好きなのは この記事が「独身しゃっくり患者」に 治療法としてマスタベーションを提案しているからです

(Laughter)/ I love/ that because there is like a whole demographic:/ unattached hiccuppers.//

(笑) この表現が国勢調査のカテゴリみたいでしょ 独身しゃっくり患者

(Laughter)/ Married, single, unattached hiccupper.//

(笑) 既婚者 独身者 そして独身しゃっくり患者

In the 1900s,/ early 1900s gynecologists,/ a lot of gynecologists believed/ that/ when a woman has an orgasm/ the contractions serve to suck/ the semen up/ through the cervix and sort of deliver/ it really quickly/ to the egg,/ thereby upping/ the odds of conception.//

(6.受胎法としてのオーガズム) 1900年代初めの 大半の産婦人科医は 女性がオーガズムに達する時 収縮運動が精液を子宮口まで吸い上げて 精子が卵に早く到達するのを助けることで 受胎の確率が高まると信じていました

It was called the "upsuck"/ theory.//

これを『吸い上げ理論』と言いました

(Laughter)/ If you go all the way back/ to Hippocrates,/ physicians believed/ that orgasm/ in women was not just helpful/ for conception,/ but necessary.//

(笑) また 古代ギリシャのヒポクラテスの時代に遡ると 女性のオーガズムは受胎を助けるだけでなく 必要不可欠のものだと信じられていました

Doctors back then were routinely telling men/ the importance of pleasuring their wives.//

当時の医者は男達に 妻たちを喜ばせる事が いかに重要かを説いていたわけです

Marriage-manual author and semen-sniffer Theodoor van de Velde --/ (Laughter) has a line/ in his book.//

結婚マニュアルの著者にして精液ソムリエの テオドール・ヴァン・デ・ヴェルデは (笑) このように書いています

I loved this guy.// I got a lot of mileage/ out of Theodoor van de Velde.//

私はこの人が大好きで 本もたくさん読んじゃいましたが

He had this line/ in his book/ that supposedly comes from the Habsburg Monarchy,/ where there was an empress Maria Theresa,/ who was having trouble conceiving.//

その中にこういう文がありました ハプスブルク王朝にまつわる話とされています マリア・テレジアという女帝がおりまして 妊娠できずにいました

And apparently/ the royal court physician said to her,/ "I am of the opinion/ that the vulva of your most sacred majesty be titillated for some time prior/ to intercourse."//

で 宮廷医師がこう進言しました 「恐れながらも申し上げますが 神聖なる皇帝陛下の賢きあたりが 交接の前にくすぐられる必要があるかと・・・」

(Laughter)/ It's apparently,/ I don't know,/ on the record somewhere.//

(笑) 元の文献は判りませんが そういう記録があるようです

Masters and Johnson:/ now/ we're moving/ forward/ to the 1950s.//

マスターズとジョンソンは1950年代の研究者で

Masters and Johnson were upsuck skeptics,/ which is also really fun to say.//

二人は吸い上げ懐疑論者でした これも面白い言葉です

They didn't buy it.//

二人は吸い上げ理論を信じませんでした

And they decided,/ being Masters and Johnson,/ that they would get to the bottom of it.//

で マスターズとジョンソンの名にかけて 徹底的に調べる事にしたわけです

They brought women/ into the lab --/ I think/ it was five women --/ and outfitted them/ with cervical caps/ containing artificial semen.//

彼らは女性を研究室に連れてきます 確か5人だったかと思います 彼女達の子宮口に 人工精液を入れたカップをつけました

And in the artificial semen was a radio-opaque substance,/ such/ that it would show up/ on an X-ray.//

この人口精液には エックス線に反応する物質が含まれており レントゲン写真に写るようになっていました

This is the 1950s.//

あの保守的な1950年代の話ですよ

Anyway/ these women sat in front of an X-ray device.//

とにかく 被験者はレントゲンの前に座り

And they masturbated.//

マスタベーションします

And Masters and Johnson looked to see/ if the semen was being sucked up.//

この方法で人工精液が吸い上げられるかどうか観察したわけです

Did not find any evidence of upsuck.//

吸い上げは確認されませんでした

You may be wondering,/ "How do you make artificial semen?"//

ところで皆さん「人工精液ってどうやって作るの?」とお思いでしょう

(Laughter)/ I have an answer/ for you.// I have two answers.//

(笑) これには二通りの方法があります

You can use flour and water,/ or cornstarch and water.//

小麦粉と水あるいはコーンスターチと水を使うのですが

I actually found three separate recipes/ in the literature.//

文献で三つのレシピを見つけました

(Laughter)/ My favorite/ being the one/ that says --/ you know,/ they have/ the ingredients listed,/ and then/ in a recipe/ it will say,/ for example,/ "Yield:/ two dozen cupcakes."//

(笑) 私が一番好きなレシピは 料理のレシピだと材料のリストがあって 出来上がりの分量が書かれてますよね? 例えば「カップケーキ2ダース分」という具合に

This one said,/ "Yield:/ one ejaculate."//

その要領で「射精一回分」とあるものです

(笑)

There's another way/ that orgasm might boost fertility.//

オーガズムで受胎率を高める方法はまだあります

This one involves men.//

今度は男性に関わるものです

Sperm/ that sit around/ in the body/ for a week or more start/ to develop abnormalities/ that make them less effective/ at head-banging their way/ into the egg.//

精子が作られてから一週間以上 体内に留まった場合 精子に異常が生じて 卵子へのヘッドバンギング つまり侵入が難しくなります

British sexologist Roy Levin has speculated/ that this is perhaps/ why men evolved to be such enthusiastic and frequent masturbators.//

英国の性科学者ロイ・レヴィンは これが男性が熱心かつ頻繁に マスタベーションするように進化した理由だと推測しています

He said,/ "If I keep tossing/ myself off/ I get fresh sperm/ being made."//

すなわち「出し続けていれば 精子の鮮度を保てる」というわけで

Which I thought/ was an interesting idea,/ theory.//

なかなか面白い仮説です

So now/ you have an evolutionary excuse.//

これで進化論に基づく立派な口実ができましたね

(笑)

(6.受胎法としてのオーガズム) さて・・・

(7.養豚家は依然) (笑)

Alrighty.// There is considerable evidence/ for upsuck/ in the animal kingdom --/ pigs,/ for instance.//

さて 吸い上げ理論は動物の世界において実証されています 例えばブタの場合

In Denmark,/ the Danish National Committee/ for Pig Production found out/ that if you sexually stimulate a sow/ while you artificially inseminate her,/ you will see a six-percent increase/ in the farrowing rate,/ which is the number of piglets produced.//

デンマークの国立養豚委員会は メスのブタの人工授精作業中 ブタを性的に刺激しておくと 分娩率 これは生まれる子ブタの数ですが これが6%上昇することをつきとめました

So/ they came up/ with this plan,/ this five-point stimulation plan/ for the sows.//

委員会はいわゆる ブタの体の5箇所の 刺激計画 を作りました

And they had the farmers --/ there is posters/ they put in the barn,/ and they have a DVD.//

養豚家には厩舎に貼るポスターが配布され DVDも作成されました

And I got a copy of this DVD.//

私もDVDを持ってます

(Laughter)/ This is my unveiling,/ because I am going to show/ you/ a clip.//

(笑) これからお見せします 初公開です

(笑)

So uh,/ okay.//

さて これが映像です

Now here/ we go in/ to the --/ la la la,/ off to work.//

お兄さんがラララ~と鼻歌交じりに仕事に出かけます

It/ all looks very innocent.//

無邪気なものです

He's going to be doing things/ with his hands/ that the boar would use his snout,/ lacking hands.// Okay.//

彼はこれから自分の手で あることをするのですが ブタなら鼻を使う事をするわけですが…ブタに手はないですからね

(Laughter)/ This is it.// The boar has a very odd courtship repertoire.//

(笑) これです オスのブタは不思議な求愛行動をします

(Laughter)/ This is to mimic the weight of the boar.//

(笑) この行動はオスブタの体重を模倣しています

(Laughter)/ You should know,/ the clitoris of the pig,/ inside the vagina.//

(笑) ところで メスのブタのクリトリスは膣内にあります

So/ this may be sort of titillating for her.// Here/ we go.//

ですから今彼女を刺激しているわけですね はい 一丁上がり

(Laughter) And the happy result.//

(笑) かわいい子ブタちゃんが生まれました

(Applause)/ I love this video.//

(拍手) 面白いビデオでしょう

There is a point/ in this video,/ towards the beginning/ where they zoom in for a close up of his hand/ with his wedding ring,/ as if to say,/ "It's okay,/ it's just/ his job.// He really does like women."//

このビデオの冒頭でカメラがお兄さんの 結婚指輪にズームインするのですが まるで「これはただの仕事ですよ 彼は普通に女性が好きなんですよ」とアピールしているようにも見えます

(8.動物のメスは意外と楽しんでいる) (笑)

Okay.// Now/ I said --/ when I was in Denmark,/ my host was named Anne Marie.//

私がデンマークでお世話になったアン・マリーという女性に

And I said,/ "So/ why don't you just stimulate the clitoris of the pig?//

「これは結局ブタのクリトリスを刺激するということですよね?

Why don't you have the farmers do that?//

農家にそう説明したらいいんじゃない?

That's not one of your five steps."//

ビデオではそういってないけど」と言いました

She said --/ I have to read/ you/ what she said,/ because I love it.//

彼女の答えが面白いので直接引用しますが

She said,/ "It was a big hurdle just/ to get farmers/ to touch underneath the vulva.//

「農家の人に ブタのアソコを触らせるまでが一苦労だったんです

So/ we thought,/ let's not mention the clitoris right now."//

だから クリトリスの話は控えようということになりまして」

(Laughter)/ Shy but ambitious pig farmers,/ however,/ can purchase a --/ this is true --/ a sow vibrator,/ that hangs on the sperm feeder tube/ to vibrate.//

(笑) 恥かしいけど 冒険家の養豚家向けとして 本当に発行されました ブタ用バイブレータもあって これは受精用のチューブに取り付けて使います

Because,/ as I mentioned,/ the clitoris is inside the vagina.//

先ほど申し上げましたが ブタのクリトリスは膣の中にありますからね

So possibly,/ you know,/ a little more arousing/ than it/ looks.//

だから 見た目よりもう少し刺激的なんだと思います

And I also said to her,/ "Now/ these sows.// I mean,/ you may have noticed there,/ The sow doesn't look to be in the throes of ecstasy."//

また アン・マリーに 「このブタ達 すでにお気づきかと思いますが エクスタシーを感じているようには見えませんね」と聞くと

And she said,/ you can't make that conclusion,/ because animals don't register pain/ or pleasure on their faces/ in the same way that/ we do.//

「そうとは限りませんよ」との答えが 動物は痛みや快感を 人間のように顔に出す事がないんです

They tend to --/ pigs,/ for example,/ are more like dogs.//

どちらかというと 例えばブタはイヌと同じで

They use the upper half of the face;/ the ears are very expressive.//

顔の上半分のみを動かします 耳の感情表現はとても豊かです

So you're not really sure/ what's going on/ with the pig.//

だから 私達にはよくわからないんですね

Primates,/ on the other hand,/ we use our mouths/ more.//

一方 ヒトを含む霊長類は口をよく使います

This is the ejaculation face of the stump-tailed macaque.//

これはベニガオザルの射精時の表情です

(Laughter) And,/ interestingly,/ this has been observed in female macaques,/ but only when/ mounting another female.//

(笑) 面白いことにこの顔はメスのベニガオザルにも見られます ただし 他のメスにのしかかっている時だけですが

(9.ヒトのオーガズム実験は難しい) (笑)

Masters and Johnson,/ in the 1950s,/ they decided,/ okay,/ we're going to figure out/ the entire human sexual response cycle,/ from arousal,/ all the way/ through orgasm,/ in men and women --/ everything/ that happens in the human body.//

1950年代 マスターズとジョンソンは 人間の性的反応のサイクルを解明することにしました 男性と女性の性的な興奮からオーガズムまでのサイクルです そこで人体に起きる全ての現象を調べるわけです

Okay,/ with women,/ a lot of this is happening inside.//

で 女性の場合 殆どの現象が体内で起こるわけですが

This did not stop Masters and Johnson.//

そんな事であきらめるマスターズとジョンソンではありません

They developed an artificial coition machine.//

彼らは「人工性交マシン」を開発しました

This is basically a penis camera/ on a motor.//

これは男性器型のカメラにモーターをつけたものです

There is a phallus,/ clear acrylic phallus,/ with a camera and a light source,/ attached to a motor/ that is kind of going like this.//

要するに透明アクリル製の 張形にカメラと照明を仕込んだものが 取り付けられたモーターでこういう具合に動くわけです

And the woman would have sex/ with it.//

被験者の女性はこれとセックスをするのです

That is/ what they would do.// Pretty amazing.//

こういうわけです なかなかすごい代物です

Sadly,/ this device has been dismantled.//

残念ながら今は分解されて存在しません

This just kills me,/ not/ because I wanted to use/ it --/ I wanted to see/ it.//

すごく残念です 使ってみたかったわけではなく 一目見てみたかったのに!

(9.ヒトのオーガズム実験は難しい) (笑)

One fine day Alfred Kinsey decided to calculate/ the average distance traveled by ejaculated semen.//

(10.でも面白い) ある晴れた日 アルフレッド・キンゼイは 射精時の精液の平均飛距離を算出する事にしました

This was not idle curiosity.//

これは単なる思い付きではありません

Doctor Kinsey had heard --/ and there was a theory kind of going around/ at the time,/ this being the 1940s --/ that the force/ with which semen is thrown against the cervix was a factor/ in fertility.//

キンゼイ博士は― ―これは1940年代当時広まっていた学説なのですが― 射精時に精液が 子宮口に向かって放たれる速度が 受胎率に関係するという説が

Kinsey thought/ it was bunk,/ so he got to work.//

デタラメだと考え それを確認したかったのです

He got together/ in his lab/ 300 men,/ a measuring tape,/ and a movie camera.//

博士は研究室に 男性300人に巻尺と動画撮影用カメラを用意しました

(Laughter)/ And in fact/ he found/ that in three quarters of the men/ the stuff/ just kind of slopped out.//

(笑) その結果わかった事は 3/4の男性の精液は ただ下に落ちただけという事実でした

It wasn't spurted or thrown or ejected under great force.//

ものすごい勢いで噴き出でたり 飛び出したり 射出される事はありませんでした

However,/ the record holder landed just shy of the eight-foot mark,/ which is impressive.//

一方 最高記録保持者の方は 約2.4m弱の飛距離を記録しました 素晴らしいです

(Laughter) (Applause)/ Yes.// Exactly.//

(笑) (拍手) まったく素晴らしいものです

(Laughter) Sadly,/ he's anonymous.// His name is not mentioned.//

(笑) 残念ながら彼の名前は記録になく わかりません

In his write-up,/ in his write-up of this experiment/ in his book,/ Kinsey wrote,/ "Two sheets were laid down/ to protect the oriental carpets."//

キンゼイ博士は 著書の中でこの実験についてこう書いています すなわち 「ペルシャじゅうたんを保護するため シーツを二枚下に敷いた」

(Laughter)/ Which is my second favorite line/ in the entire oeuvre of Alfred Kinsey.//

(笑) これは私が二番目に好きな 博士の著述からの文です

My favorite being,/ "Cheese crumbs spread before a pair of copulating rats will distract the female,/ but not the male."//

一番好きなのは「交尾中のネズミの前にチーズのかけらを転がすと メスの気は散るが オスに変化はない」です

(笑)

Thank you very much.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

Thanks!//

ありがとうございます!

alright

=all right

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

diverting

気晴らしになる,楽しい

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

ultrasound

(金属のひずみなどを調べる)超音波

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

limb

(動物の)『手足』;(鳥の)翼

(木の)大枝

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

masturbation

自慰,手淫,マスターベーション

laughter

『笑い』,笑い声

okay

=OK,O.K.

arrow

『矢』

(用途・形などが)矢に似た物;(記号の)矢印(→)

penis

陰茎,ペニス

radiologist

放射線学者(技師)・(特に)放射線医学者(技師)

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

grasp

…‘を'『しっかり握る』,『ぎゅっとつかむ』

…‘を'『理解する』,把握する

(…を)捕まえ(捕らえ)ようとする《+『at』(『for』)+『名』》

《通例a~》(手などでしっかり)『捕まえること』,『つかむこと』

『理解』[『力』],知的把握[力]

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

resemble

…‘に'『似ている』,‘と'共通点がある(受動態や進行形にできない)

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

orgasm

オルガスム,性交での絶頂感

reflex

反射(刺激に対する無意識の反応)

《複数形で》反射的な動き

(光などの)反射,反射光;映像

反射性の

(カメラが)レフ鋼の,反射型の

autonomic

自律神経の

nervous system

《the ~》神経系統

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

consciously

意識して,故意に

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

digestion

〈C〉〈U〉『消化』[作用]

〈U〉(知識などの)消化力,理解

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

surprisingly

驚くほどに

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

genital

生殖の,生殖器の

stimulation

刺激,興奮;激励

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

eyebrow

眉弓(びきゅう)(目の上の弓状突起部)

『まゆ』,まゆ毛

spinal cord

せき髄

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

paraplegia

対麻痺(ついまひ)(病気による両下肢(し)の麻痺)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

brush

『ブラシ』,『はけ』,毛筆,画筆

ブラシをかけること;絵筆を使うこと,画法

ブラシに似た物;キツネのしっぽなど

小ぜり合い,いざこざ

(…が)さっとかすること《+『of』+『名』》

(モーターの)ブラシ,刷子

…‘に'『ブラシをかける』,'を'ブラシでこする(みがく,払う)

(ブラシをかけるようにして,手で)…'を'払いのける

(通りすがりに)…'を'さっとかする

(…を)かすめて通る,かする《+『past』(『by』,『against』)+『名』》

teeth

tooth の複数形

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

neurologist

神経学者,神経科医

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

toothpaste

練り歯磨き

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

stimulate

…を『刺激する』,励ます,元気づける

刺激[剤]となる

gum

〈U〉ガム,ゴム(植物から分泌される乳状の液(水に溶け,空気中で凝固する)

〈U〉ゴムのり

〈U〉=chewing gum

=gum tree

〈U〉目やに

…‘に'ゴムを塗る;…‘を'ゴムのりでつける

ゴムを分泌する;〈樹木が〉やにを出す

toothpick

つまようじ

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

oral

『口頭の』,口述の(spoken)

口の,口部の

経口の

hygiene

衛生;衛生学,衛生法

sadly

『悲しそうに』

ひどく

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

possess

(財産として)…‘を'『所有する』,持っている

(性質・特性として)…‘を'持っている,備えている

《しばしば受動態で》〈悪霊・悪い考えなどが〉〈人〉‘に'『とりつく』,‘に'乗り移る

demon

悪霊;悪魔

悪魔(鬼)のように残酷な人;(悪などの)権化

《話》(超人的な)精力家,名人,鬼才

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

mouthwash

口内洗浄剤(殺菌剤)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

herself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼女自身』,彼女自ら

《再帰用法》

《動詞・前置詞の目的語として》『彼女自身を(に)』,自分を(に)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Oakland

オークランド(米国California州のサンフランシスコ湾に臨む港市)

yeah

=yes

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

bench

『ベンチ』,長いす

〈U〉(職人・技師・科学者の)作業台,実験台,細工台

長くて狭い段丘

《the~》(スポーツの)選手席,ベンチ;《集合的に》補舌選手たち

〈C〉裁判官席;〈U〉裁判官の職(地位)

《集合的に》《the~》裁判官[たち]

〈C〉(英国議会などの)議席

〈選手〉'を'補欠としてベンチに座らせておく

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

tired

『疲れた』

《補語にのみ用いて》『飽きた』,うんざりした;(…に)飽きた《+of+名(doing)》

(文句などが)陳腐な

tram

《英》(また tramcar)=streetcar

〈C〉(鉱山用の)四輪運搬車,トロッコ

headquarters

『本部』,(軍隊の)司令部,(警察の)本署

(一般に)活動の中心,本拠,本社

《集合的に》本部員,司令部員

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

spinal

背骨の

せき髄麻酔

nerve

〈C〉『神経』

〈C〉《複数形で》『神経過敏』,いらだち

〈U〉『勇気』,度胸(courage)

〈U〉《時にa ~》厚かましさ,ずぶとさ;無礼

〈C〉葉脈;(昆虫の)翅脈(しみゃく)

〈人,特に自分〉‘に'力を与える,‘を'元気づける

sacral

聖礼の

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

electrode

電極

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

cadaver

死体(特に解剖・研究用の人間の死体)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

legally

法律上,法律的に

合法的に

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

respirator

《米》人工呼吸装置

(一般に)マスク;防毒マスク

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

oxygenate

…‘に'酸素を与える,‘を'酸素で処理する

transplantation

移植;移植した物

移住

(内臓などの)移植術

Lazarus

ラザロ(聖書の人物;キリストにより死からよみがえづた)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

gal

女の子,少女(girl)

unsettle

〈人心〉‘を'動揺させる,不安にさせる

〈固定・安定した物〉‘を'ぐらぐらにする,不安定にする

pathology

〈U〉病理学

〈C〉〈U〉病理,病状

lab

実験室(laboratory)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

Mann

マン(『Thomas~』;1875‐1955;ドイツの小説家)

foolish

『愚かな』,思慮分別のない

こっけいな,おかしい

無意味な,つまらない,ばかばかしい

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

conceivably

考えられるところでは

obviously

明らかに,明白に

nonetheless

『それでもなお』

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

researcher

研究者,調査員

Alabama

アラバマ州(米国南東部の州;州都Montgomery;{略}AL,Ala.)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

approval

(…に対する)『賛成』,是認《+『to』+『名』》

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

van

有蓋トラック,ほろつきトラック(家具・商品・家畜などの運搬用に使われる)

《英》=boxcar

slight

(量・程度が)『わずかの』,少しの

『取るに足りない』,つまらない(trivial)

(人が)『ほっそりした』,やせた

〈人〉‘を'軽んじる

〈物事〉‘を'なおざりにする

(人を)軽んじること,(物事を)なおざりにすること;悔辱,無礼

seminal

独創的な,将来性のある

(比較変化なし)精液の

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

sexual intercourse

性交

semen

精液

connoisseur

(美術品などの)鑑定家,目利き

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

differentiate

(…から)…‘を'『区別する』,識別する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'微分する

(…を)区別をつける,(…を)識別する《+『between』+『名』》

別のものとなる

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

exhilarate

〈人〉‘を'うきうきさせる,陽気にさせる

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

remarkably

著しく,目立って

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

Spanish

《the ~》《集合的に》『スペイン人』

『スペイン語』

『スペイン』[人]『の』;スペイン語の

chestnut

〈C〉『クリの実』,『クリの木』;〈U〉クリ材

〈U〉トチの実,トチの木

〈U〉くり色,赤かっ色

〈C〉くり毛の馬

〈C〉《話》古くさいしゃれ,陳腐な話

くり色の,くり毛の

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

freshly

新たに,新しく(newly)

新鮮に,すがすがしく

floral

花の,花のような,花から成る

extremely

『極端に』,非常に過度に

pungent

舌(鼻)を刺激する,ぴりっとする,つ‐んとする

(批評・機知などの)激しい,鋭い,しんらつな

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

hiccup

しゃっくり[の音]

《複数形で》しゃっくりが出ること

しゃっくりをする

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

lo and behold

なんとまあ

Canadian

『カナダの;カナダ人の』

『カナダ人』

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

intractable

(人・人の性質が)手に負えない,強情な

(物事が)処理しにくい,取り扱いにくい

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

unattached

接続(連結)されていない

婚約(結婚)していない

demographic

人口統計学の

married

『結婚した』,夫婦の,結婚で結ばれた

既婚者

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

gynecologist

婦人科医

contraction

〈U〉〈C〉(…の)収縮,短縮《+『of』+『名』》

〈U〉(通貨・資金・支出などの)縮小,節減《+『of』+『名』》

〈U〉(いやなこと・よくないことを)身に負うこと,(悪習などが)身につくこと《+『of』+『名』》

〈C〉陣痛

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

cervix

(器官の)頚(けい)部,(特に子宮の)頚管

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

thereby

それによって(by that means)

それに関連して

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

conception

〈U〉『概念』,観念,考え(idea)

〈C〉着想,思いつき,案

〈U〉妊娠,受胎

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

physician

『医者』;(特に)『内科医』

helpful

『助けになる』,役に伝つ

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

wives

wife の複数形

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

mileage

《時にa ~》(一定期時に走った)総マイル数

《時にa ~》(一定量の燃料による)自動車走行マイル数

《時にa ~》マイル当たりの費用

《話》使用[量];利益

supposedly

想像上,おそらく

monarchy

〈U〉君主政体(政治)

〈C〉君主国

empress

『女帝』;皇后

maria

mareの複数形

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

royal

《しばしばR-》『王の』,女王の,王室の

王(女王)に属する,王(女王)に仕える

王(女王)から与えられる

王(女王)にふさわしい,威厳のある,壮麗な,堂々たる

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

vulva

陰門,外陰部

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

majesty

〈U〉(人・態度などの)『威厳』,『尊厳』;(風景などの)威容《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)至高の力;)…の)最高の権威《+『of』+『名』》

〈C〉《M-》陛下

titillate

…‘を'快く刺激する,そそる

prior

(時間・順序が)『前の』先の;(重要さが)優先する

intercourse

(個人や帽団の間の)『交際』,交流,連絡,取引;(思想・気持ちなどの)(…との)相互交換,やりとり《+『between』(『with』)+『名』》

=sexual intercourse

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

masters

《米話》《しばしばM-》修士号

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

skeptic

懐疑論者,疑い深い人;キリスト教不信仰者,無神論者

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

outfit

(ある特定の目的のための)『装備一式』,道具一式《+『for』+『名』》

服装一そろい,アンサンブル

《話》(1つの)集団,隊,部隊;会社,企業

(…で)…‘に'したく(服装)を整えてやる,‘を'装備する,支給する《+『名』+『with』+『名』》

cervical

(子宮などの)頚(けい)部の(にできた)

cap

(縁のない)『帽子』,制帽

(形・用途が)帽子に似たもの;万年筆のキャップ,時計の中ぶた,びんのふた,キノコのかさなど

(銃弾の)雷管;おもちゃのピストル玉

頂上,最高

…‘に'帽子をかぶせる

…‘の'頂をおおう

〈人が言った・した事〉‘の'上手(うわて)を行く,'を'しのぐ

…‘に'栄誉を与える

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

anyway

=anyhow

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

flour

『小表粉』,メリケン粉

(一般に穀類の)粉末,粉

…‘に'粉をまぶす;〈穀物〉‘を'粉にひく

cornstarch

コーンスターチ(とうもろこしから採る澱粉(でんぷん);肉汁やソースにとろみをつけるのに使う)(《英》corn flour)

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

cupcake

カップケーキ(カップ形に焼いた小さなケーキ)

ejaculate

…‘を'急に叫ぶ,不意に言い出す

〈液〉‘を'射出する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

boost

しり押し,後押し

値上げ,増加

(後ろ・下から)…'を'押し上げる

…'を'後援する,‘に'力を入れる

〈値段など〉'を'引き上げる,増やす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

fertility

肥沃(ひよく);産出力,繁殖力;(創造力の)豊かさ

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

men

manの複数形

sperm

〈C〉精子

〈U〉精液

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

abnormality

〈U〉異常,変則

〈U〉異常なもの(事件)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

speculate

(…について)『推測する』,思い巡らす《+『about』(『on, upon』)+『名』(do『ing』)》

(株・土地などに)『投機する』《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《『speculate』+『that節』》…と推測する

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

enthusiastic

『熱狂的な』,熱烈な

frequent

『しばしば起こる』,頻繁な

『常習的な』

‘に'『しばしば行く』,常に出入りする

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

considerable

(人・意見・場所などが)『考慮に値する』,重要な

(程度・数量などが)『かなりの』,相当の

animal kingdom

動物界

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

Denmark

デンマーク(北欧の王国;首都はCopenhagen)

Danish

デンマーク(Denmark)の;デンマーク人(語)の

デーン人(Dane)の

デンマーク語

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

sow

…‘の'『種をまく』

(…の種を)〈土地〉‘に'『まく』《+『名』+『with』+『名』》

〈うわさ・紛争など〉‘の'『種をまく』

〈自〉種をまく

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

inseminate

〈思想など〉‘を'吹き込む

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

farrow

ひと腹の子豚

〈豚が〉子を生む

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

piglet

子豚

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

poster

ポスター,びら

barn

(農家の)『納家』(なや),物置

《米》家畜小屋(家畜・飼料を収容する大きな建物で,映画館ほどの大きさのものもある)

《米》電車(バス)車庫

ばかでかくてがらんとした建物

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

uh

あの‐ええその‐(ちゅうちょうなどで次の言葉が出ないときのつなぎ語)

la

ラ(全音階の第6音)

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

boar

(去勢しない)雄ブタ

=wild boar

snout

(豚などの突き出た)鼻;鼻先(口とあごも含むことがある)

鼻先に似たもの;筒口,管先など

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

courtship

〈U〉(人・動物の)求愛

〈C〉求婚期間

repertoire

上演目録,演秦曲目,レパートリー

mimic

〈人,人の話し方・しぐさなど〉‘を'まねてからかう

(欺くために)…‘に'似せる

ものまねをする人,ものまね役者

人まねをする動物;人の声をまねる鳥

《名詞の前にのみ用いて》

ものまねをする

偽りの,模擬の

擬態の

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

clitoris

クリトリス(女性器の陰核)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

vagina

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

applause

『拍手かっさい』;称賛

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

towards

toward

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

close up

(映画で)大写し,クローズアップ;近接写真

《話》精密な観察

wed

…‘と'結婚する,‘を'妻(夫)にする

結婚する

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

women

woman の複数形

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

Anne

アン女王(1665‐1714;英国の女王;在位1702‐14)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

hurdle

〈C〉(競技用)ハードル,障害物

《複数形で;単数扱い》ハードル競走

〈C〉困難,障害物

〈C〉(臨時に家畜の囲いなどに用いる移動式の)編み垣

(競技で)〈ハードルなど〉‘を'跳び越す

〈困難・障害など〉‘を'克服する,‘に'打ち勝つ(overcome)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

shy

(人が)『恥ずかしがり屋の』,内気な;(態度などが)恥ずかしそうな,引っ込み思案の・(動物が)『おく病な』,びくびくする・《補語にのみ用いて》(…を)用心する,警戒する,ためらう,いやがる《+『of』+『名』(do『ing』)》・《補語にのみ用いて》《米語》(…が)足りない,欠けている(short)《+『of』+『名』》・(…に)〈馬が〉驚いて(おびえて)後ずさりする《+『at』+『名』》;(…から)しりごみする(…に)おじける《《+『away』『from』+『名』(do『ing』)》

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

vibrator

振動するもの;マッサージ用の振動器

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

feeder

《修飾語を伴って》食う動物

飼養者;哺乳(ほにゅう)びん;えさ箱

支流,(鉄道・航空路などの)支線

材料供給装置,送り装置

よだれ掛け

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

vibrate

『振動する』,揺れる;振動音を出す,〈音が〉反響する

〈人・心などが〉(…で)『おののく』,どきどきする《+with+名》

…‘を'揺り動かす,振動させる

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

throe

《おもに文》激痛;(死ぬような)苦しみ;陣痛

(…とり)苦闘《+of+名(doing)》

ecstasy

『有頂天』,無我夢中,恍惚(こうこつ)

ca

circa

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

expressive

『表情』(『表現力』)『の豊かな』;意味深長な

primate

霊長類の動物(人間・サルを含む);《複数形で》霊長類

(英国国教会の)大主教;(カトリック教の)首座大司教

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

ejaculation

急に叫ぶこと,絶叫

(液などの)射出;射精

macaque

マカク(アジア・東インド産のサル)

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

mount

…‘を'『登る』(ascend, climb)

〈馬・車〉‘に'『乗る』,〈台の上など〉‘に'上がる,乗る

(馬などに)〈人〉‘を'『乗せる』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…の上に)…‘を'『載せる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'据え付ける,はめる,取り付ける,はる《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

〈劇〉‘に'舞台装置や衣装を用意する

〈攻撃など〉‘を'仕掛ける;〈作戦など〉‘を'展開する

『登る』,上がる《+『up』》

『馬』(乗用の動物)『に乗る』

(数・量において)ふえる,(程度において)高まる,強まる《+『up』》

乗用の動物,(特に)馬

台紙;(宝石などの)台;(顕微鏡用の)スライド板

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

phallus

(ある種の宗教で信迎の対象とされる)男根像;男根

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

acrylic

=acrylic resin

(画家用の)アクリル絵の具

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

idle

(人が)『働いていない』(unemployed),(機械などが)使われていない,(時間が)空いている

(人が)『怠惰な』,怠けている

価値のない,むだな

〈人が〉何もしないでいる,ぶらぶらと時間を過ごす《+『about』》

〈機械などが〉から回りし続ける,アイドリングする

〈時間〉‘を'空費する,ぶらぶらして過ごす《+『名』+『away』,+『away』+『名』》

〈不景気・ストライキなどが〉〈人・機械など〉‘を'遊ばせる,暇にさせる

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

bunk

(また『bunk bed』)(船・列車などの)二段式寝台

《話》寝場所

寝台(寝だな)に寝る《+『down』》

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

slop

〈U〉ぬかるみ

〈C〉こぼれた水(食べ物);はね水

〈C〉まずい食べ物(飲み物);《複数形で》(病人用の)流動食

《しばしば複数形で》(豚などに与える)残飯

《複数形で》(排水設備のない台所などで,ためておく)洗い流し水,捨て水;(人の)排せつ物

〈液体が〉(…から)こぼれる,飛び散る《+『over』+『名』》

ぬかるみをバチャバチャ歩く

〈液体〉‘を'こぼす,はねかける

spurt

〈液体などが〉噴出する,ほとばしる《+『out』》

スパートする,力走(力泳)する

〈液体など〉‘を'噴出させる,ほとばしらせる

(液体などの)噴出,ほとばしり;(感情・エネルギーなどの)激発

(レースの途中や最後の)力走,力泳,力闘

eject

(…から)〈人〉‘を'追い出す,追放する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'噴出する,排出する,放出する《+『名』+『from』+『名』》

holder

(競技の記録・不動産の権利などの)保持者,(手形の)所持者

支える(入れて持つ)物

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

impressive

『印象的な』,強い印象(感銘)を与える

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

write-up

(新聞・雑誌などでの)[好意的]論評,ほめたてた記事

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

carpet

(部屋いっぱいに敷く)『じゅうたん』,もうせん

《比喩(ひゆ)的に》『一面をおおうもの』,辺りいっぱいに広がるもの

…‘に'じゅうたんを敷く

(…で)…'を'一面におおう《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

oeuvre

《集合的に》(作家・画家・作曲家の)全作品

〈C〉個々の作品

cheese

『チーズ』

crumb

《通例複数形で》(食べるときなどこぼれ落ちる)『パンくず』,ケーキのかけら

(…の)少量,わずか《+『of』+『名』》

パンの中身(パンの皮の内側にあるふかふかした部分

…‘に'パン粉をまぶす

〈パンなど〉'を'ぼろぼろにくずす

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

copulate

(…と)交接(交尾)する《+『with』+『名』》

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

distract

(…から)〈人〉‘の'『注意』(『気持ち』,『関心』)『をそらす』,〈注意・心など〉‘を'『そらす』《+『名』+『from』+『名』》

《しばしば受動態で》〈人〉‘の'『心を乱す』,‘を'まごつかせる,当惑させる《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

関連動画