TED日本語 - エレン・ヨルゲンセン: 個人でもできるバイオハッキング

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私たちはPCを使っていますが、パーソナル・バイオテクノロジーも使ってみませんか?生物学者エレン・ヨルゲンセンとその仲間はそう自問し、非営利 DIY (Do-It-Yourself) バイオラボであるジェンスペースを開設しました。そこでは市民に科学の門戸を開き、素人でもバイオテクノロジーを使うことができます。ジェンスペースは一部の人が思い浮かべるような怪物を産みだしてしまったフランケンシュタインの実験室とは程遠く、楽しく創造的かつ実践的なDIYバイオの利用方法をたくさん紹介してくれます。

Script

分子生物学者になるのに こんな良い時代はありません (笑) DNAを読み書きするのは より容易に そしてより安価になりつつあります 今年中には 30億文字のヒトゲノムを 1日のうちに1,000ユーロ以下で解読できるようになるでしょう おそらく生物工学は最も期待され 最も急速に進歩している技術分野です 化石燃料に取って代わったり 医学に革命をもたらしたり 日常生活のあらゆる面に影響を及ぼしたりする可能性を秘めています

では誰がするのでしょう? こんな人がしているなら 我々も安心できるかと思いますが こんな人だったらどうでしょう? (笑) (笑)

2009年にDIY (Do It Yourself)バイオのことを初めて知りました DIYバイオは バイオテクノロジーを 科学者や研究機関従事者に限らず あらゆる人のものにする運動です 源となるアイデアは 科学の門戸を開き 様々なグループが参加できるようにすれば イノベーションが促進されるというものです エンドユーザーは自分が何を必要とするか 最も良く分かっているので技術を彼らの手に行き渡らせることは 良いアイデアでしょう 素晴らしい技術が開発されつつあり それらには常に社会的・道徳的・倫理的問題がつきまとうのに対し 私たち科学者は 世間に ラボで何を行っているかきちんと説明するのが下手なんです 技術を学びそれを実践できるような場が身近にあれば 素晴らしいと思いませんか? 私は素晴らしいことだと思います

そこで3年前に 私は 同じ大志を抱く友人と共同で ジェンスペースを設立しました ニューヨーク市ブルックリンにある非営利の市民向けバイオテクノロジー研究所です 人々がオープンかつフレンドリーな雰囲気で 講義を受講したり ラボ内をうろうろしたり できるようにとの思いから設立しました

初の経験だったので その後起こることは 予想だにしていませんでした何だと思います? 報道機関からの電話がひっきりなしに鳴るようになったのです 科学リテラシーを養うことの素晴らしさを話せば話すほど 私たちが次のフランケンシュタインを 造り出そうとしていると 声高に叫ぶようになり その結果 その後6ヶ月間に渡り 私の名前をグーグルで検索すると 私が執筆した科学論文の代わりに これが出てきました 「私はバイオハザードなの?」 (笑) ひどく気が滅入りました そんな辛い期間を乗り越えるときに唯一の拠り所となったのは 私たちと同じことをしようとしている人が 世界中にいるということでした バイオハッカー(マニア)のための空間を作ろうとする中で 私たちより大きな困難に直面している人もいました 制約はより厳しく 資源はより少なかったのです しかし3年経った今 私たちはここまで来ました ハッカーのコミュニティは 世界的に活気づいておりますが これは始まりに過ぎません これら大規模なものの他にも 多数あり その数は日々に増えています おそらくモスクワにも 韓国にも 設立する動きがあるでしょう 素晴らしいのは それぞれのラボが その地域 独特の趣向を 持っているということです

ちょっと見てみましょう バイオハッカーは1人で活動しますが 私たちはグループで活動します 大都市でも (笑) 小さな村でも ラボの設備をリバースエンジニアリングすることもあれば バクテリアの遺伝子操作をすることもあります ハードウェアも ソフトウェアも 実験装置も もちろん生命のコードもハックの対象です 私たちはものづくりが好きです ものを分解するのも好きです 私たちはものを育てます 私たちはものを光らせます そして私たちは細胞にダンスをさせます

このラボの精神はオープンで前向きなものですが 人々が私たちのことを考えた際に 最も気にするのが生物的な安全性や セキュリティなどの負の側面です そのような不安を過小評価しようというのではありません 威力のある技術というものは本質的に諸刃の剣で 合成生物学やナノバイオテクノロジーのような技術が利用可能になれば 素人だけでなく 専門家たちにも 気を配らなければいけなくなります 専門家たちはより良いインフラや設備を持ち 病原菌を手にすることも可能だからです

そこで国連は調査を行い つい最近 これ全体に関する報告書を発表し この技術の持つ力の正の側面は 負のリスクを大きく上回っていると結論付けました また特にDIYバイオコミュニティに注目し 驚くことではありませんが報道機関が一貫して 私たちの能力を過大評価し 倫理を過小評価する傾向にあると述べました 実際のところ DIYを実践する人は昨年 アメリカやヨーロッパなど世界中から集まり 倫理協定を締結しました 従来の科学よりもずっと先を行っています

現在私たちは 州や地域の規約に則っています 廃棄物は適切に処理しますし 安全手順にも従い 病原菌は扱っていません 病原菌を扱っている様な人は 残念ですが バイオハッカーではなく バイオテロリストです たまに人々は私にこう質問します 「事故についてはどうなの?」と 私たちが通常使うような安全な生物を使って 誰かが誤って超細菌を作り出してしまうといった 事故がおこる可能性は サハラ砂漠の中心で吹雪が起こるくらいありえないことです 確かに可能性は0ではありませんが それを気にしてやるつもりはありません

実は個人的に これとは別のリスクを取ることを決め パーソナル・ゲノム・プロジェクトなるものに登録しました ハーバード大学での研究ですが その研究の終わりには 私の全ゲノム配列や 医療情報 個人情報を取得し 誰もが見れるようにオンラインで公開されます インフォームドコンセントで説明をうけたリスクには いろいろありましたが 一番おもしろいと思ったのは 誰かが私の配列をダウンロードし ラボに戻って 偽のエレンのDNAを合成し 犯罪現場に残すというものです (笑) しかしDIYバイオ同様 このような研究の 有用性や可能性などの正の側面は リスクを大きく上回ります

「バイオラボなんかで 何ができるんだろう」と 疑問に思っておられるかもしれません 「パソコンなんかで何ができるのだろう?」と 疑問を抱いていたのはそう遠い昔の話ではありません これは始まったばかりです 私たちはDNAという氷山の一角を見ているに過ぎません 現在できることをお見せしましょう ドイツに住む 本職はジャーナリストのバイオハッカーは 道路にいつもプレゼントを置いていくのは誰の犬か見つけようとしました (笑) (拍手) そう ご想像の通りです 彼はテニスボールで 近所の全ての犬と遊び 付着した唾液を分析し 犯人の犬を特定し飼い主に証拠を突きつけました (笑) (拍手) うちの庭にある種の虫が大量発生しました テントウ虫に見えるでしょう? 実は日本のマメコガネなんです 同じ類の技術を使って? DNAバーコーディングという凄い技術です? キャビアが本当にチョウザメの卵なのか寿司ネタが本当にマグロなのか 大金をはたいて買ったヤギのチーズが本当にヤギのものなのか といったことを調べるのに 使うことができます バイオハッカーの空間では 自分のゲノムに存在する変異を解析することができます 朝食のシリアルの遺伝子組み換えを調べることも 自分の先祖を辿ることもできます 成層圏に気球を飛ばして 微生物を集め そこに何が生息しているのかを調べることもできます 酵母からバイオセンサーをつくり 水中の汚染物質を検出することもできます 生物燃料電池のようなものをつくることもできます いろいろな事ができるんです 芸術と科学を融合させたプロジェクトも可能です 中にはとても壮大なものもあり 独自の視点から 社会問題や環境問題に注目しています 実に素晴らしいことです

なぜ 私がこんな事に関わるのか尋ねる人もいます 正統派の科学をやってキャリアを積むことも出来たはずです でも この様なラボは 他のどこにもないものを 社会に提供しているんです そこには何か神聖なるものがあります 大きな利益を生む可能性や 人類を救う可能性 果てには実現可能性などを 誰かに説いて プロジェクトの正当性を訴える必要はありません 安全性のガイドラインにさえ従えばいいのです このような空間が世界中にあれば 誰がバイオテクノロジーをする権利があるのかという 認識を改めることができるでしょう パソコンを普及させたのはこのような空間の存在です パーソナル・バイオテクノロジーでもそうしませんか? この部屋にいる皆さんが参加すれば すごい事ができるかもしれません これは全く新しい分野でありブルックリン風に言えば you ain't seen nothin' yet. (笑)(お楽しみはこれからです ) (拍手)

It's a great time to be a molecular biologist. (Laughter) Reading and writing DNA code is getting easier and cheaper. By the end of this year, we'll be able to sequence the three million bits of information in your genome in less than a day and for less than 1,000 euros. Biotech is probably the most powerful and the fastest-growing technology sector. It has the power, potentially, to replace our fossil fuels, to revolutionize medicine, and to touch every aspect of our daily lives.

So who gets to do it? I think we'd all be pretty comfortable with this guy doing it. But what about that guy? (Laughter) (Laughter)

In 2009, I first heard about DIYbio. It's a movement that -- it advocates making biotechnology accessible to everyone, not just scientists and people in government labs. The idea is that if you open up the science and you allow diverse groups to participate, it could really stimulate innovation. Putting technology in the hands of the end user is usually a good idea because they've got the best idea of what their needs are. And here's this really sophisticated technology coming down the road, all these associated social, moral, ethical questions, and we scientists are just lousy at explaining to the public just exactly what it is we're doing in those labs. So wouldn't it be nice if there was a place in your local neighborhood where you could go and learn about this stuff, do it hands-on? I thought so.

So,three years ago, I got together with some friends of mine who had similar aspirations and we founded Genspace. It's a nonprofit, a community biotech lab in Brooklyn, New York, and the idea was people could come, they could take classes and putter around in the lab in a very open, friendly atmosphere.

None of my previous experience prepared me for what came next. Can you guess? The press started calling us. And the more we talked about how great it was to increase science literacy, the more they wanted to talk about us creating the next Frankenstein, and as a result, for the next six months, when you Googled my name, instead of getting my scientific papers, you got this. [ "Am I a biohazard?" ] (Laughter) It was pretty depressing. The only thing that got us through that period was that we knew that all over the world, there were other people that were trying to do the same thing that we were. They were opening biohacker spaces, and some of them were facing much greater challenges than we did, more regulations, less resources. But now,three years later, here's where we stand. It's a vibrant, global community of hackerspaces, and this is just the beginning. These are some of the biggest ones, and there are others opening every day. There's one probably going to open up in Moscow,one in South Korea, and the cool thing is they each have their own individual flavor that grew out of the community they came out of.

Let me take you on a little tour. Biohackers work alone. We work in groups, in big cities - (Laughter) - and in small villages. We reverse engineer lab equipment. We genetically engineer bacteria. We hack hardware, software, wetware, and, of course, the code of life. We like to build things. Then we like to take things apart. We make things grow. We make things glow. And we make cells dance.

The spirit of these labs, it's open, it's positive, but, you know, sometimes when people think of us, the first thing that comes to mind is bio-safety, bio-security, all the dark side stuff. I'm not going to minimize those concerns. Any powerful technology is inherently dual use, and, you know, you get something like synthetic biology, nanobiotechnology, it really compels you, you have to look at both the amateur groups but also the professional groups, because they have better infrastructure, they have better facilities, and they have access to pathogens.

So the United Nations did just that, and they recently issued a report on this whole area, and what they concluded was the power of this technology for positive was much greater than the risk for negative, and they even looked specifically at the DIYbio community, and they noted, not surprisingly, that the press had a tendency to consistently overestimate our capabilities and underestimate our ethics. As a matter of fact, DIY people from all over the world, America, Europe, got together last year, and we hammered out a common code of ethics. That's a lot more than conventional science has done.

Now, we follow state and local regulations. We dispose of our waste properly, we follow safety procedures, we don't work with pathogens. You know, if you're working with a pathogen, you're not part of the biohacker community, you're part of the bioterrorist community, I'm sorry. And sometimes people ask me, "Well, what about an accident?" Well, working with the safe organisms that we normally work with, the chance of an accident happening with somebody accidentally creating, like, some sort of superbug, that's literally about as probable as a snowstorm in the middle of the Sahara Desert. Now, it could happen, but I'm not going to plan my life around it.

I've actually chosen to take a different kind of risk. I signed up for something called the Personal Genome Project. It's a study at Harvard where, at the end of the study, they're going to take my entire genomic sequence, all of my medical information, and my identity, and they're going to post it online for everyone to see. There were a lot of risks involved that they talked about during the informed consent portion. The one I liked the best is, someone could download my sequence, go back to the lab, synthesize some fake Ellen DNA, and plant it at a crime scene. (Laughter) But like DIYbio, the positive outcomes and the potential for good for a study like that far outweighs the risk.

Now, you might be asking yourself, "Well, you know, what would I do in a biolab?" Well, it wasn't that long ago we were asking, "Well, what would anyone do with a personal computer?" So this stuff is just beginning. We're only seeing just the tip of the DNA iceberg. Let me show you what you could do right now. A biohacker in Germany, a journalist, wanted to know whose dog was leaving little presents on his street? (Laughter) (Applause) Yep, you guessed it. He threw tennis balls to all the neighborhood dogs, analyzed the saliva, identified the dog, and confronted the dog owner. (Laughter) (Applause) I discovered an invasive species in my own backyard. Looked like a ladybug, right? It actually is a Japanese beetle. And the same kind of technology -- it's called DNA barcoding, it's really cool -- You can use it to check if your caviar is really beluga, if that sushi is really tuna, or if that goat cheese that you paid so much for is really goat's. In a biohacker space, you can analyze your genome for mutations. You can analyze your breakfast cereal for GMO's, and you can explore your ancestry. You can send weather balloons up into the stratosphere, collect microbes, see what's up there. You can make a biocensor out of yeast to detect pollutants in water. You can make some sort of a biofuel cell. You can do a lot of things. You can also do an art science project. Some of these are really spectacular, and they look at social, ecological problems from a completely different perspective. It's really cool.

Some people ask me, well, why am I involved? I could have a perfectly good career in mainstream science. The thing is, there's something in these labs that they have to offer society that you can't find anywhere else. There's something sacred about a space where you can work on a project, and you don't have to justify to anyone that it's going to make a lot of money, that it's going to save mankind, or even that it's feasible. It just has to follow safety guidelines. If you had spaces like this all over the world, it could really change the perception of who's allowed to do biotech. It's spaces like these that spawned personal computing. Why not personal biotech? If everyone in this room got involved, who knows what we could do? This is such a new area, and as we say back in Brooklyn, you ain't seen nothin' yet. (Laughter) (Applause)

It's a great time/ to be a molecular biologist.// (Laughter)/ Reading and writing DNA code is getting easier/ and cheaper.//

分子生物学者になるのに こんな良い時代はありません (笑) DNAを読み書きするのは より容易に そしてより安価になりつつあります

By the end of this year,/ we'll be able to sequence the three million bits of information/ in your genome/ in less/ than a day and for less than 1,000 euros.//

今年中には 30億文字のヒトゲノムを 1日のうちに1,000ユーロ以下で解読できるようになるでしょう

Biotech is probably the most powerful and the fastest-growing technology sector.//

おそらく生物工学は最も期待され 最も急速に進歩している技術分野です

It has the power,/ potentially,/ to replace our fossil fuels,/ to revolutionize medicine,/ and to touch every aspect of our daily lives.//

化石燃料に取って代わったり 医学に革命をもたらしたり 日常生活のあらゆる面に影響を及ぼしたりする可能性を秘めています

So/ who gets to do it?//

では誰がするのでしょう?

I think/ we'd all be pretty comfortable/ with this guy/ doing it.//

こんな人がしているなら 我々も安心できるかと思いますが

But what about that guy?// (Laughter) (Laughter)//

こんな人だったらどうでしょう? (笑) (笑)

In 2009,/ I first heard about DIYbio.//

2009年にDIY (Do It Yourself)バイオのことを初めて知りました

It's a movement/ that --/ it advocates making/ biotechnology accessible/ to everyone,/ not just scientists and people/ in government labs.//

DIYバイオは バイオテクノロジーを 科学者や研究機関従事者に限らず あらゆる人のものにする運動です

The idea is/ that if you open up/ the science/ and you allow diverse groups/ to participate,/ it could really stimulate innovation.//

源となるアイデアは 科学の門戸を開き 様々なグループが参加できるようにすれば イノベーションが促進されるというものです

Putting technology/ in the hands of the end user is usually a good idea/ because they've got the best idea of what their needs are.//

エンドユーザーは自分が何を必要とするか 最も良く分かっているので技術を彼らの手に行き渡らせることは 良いアイデアでしょう

And here's this really sophisticated technology/ coming down the road,/ all these associated social, moral, ethical questions,/ and we/ scientists are just lousy/ at explaining to the public just exactly/ what it is we're doing in those labs.//

素晴らしい技術が開発されつつあり それらには常に社会的・道徳的・倫理的問題がつきまとうのに対し 私たち科学者は 世間に ラボで何を行っているかきちんと説明するのが下手なんです

So wouldn't it be nice/ if there was a place/ in your local neighborhood/ where you could go/ and learn about this stuff,/ do it hands-on?//

技術を学びそれを実践できるような場が身近にあれば 素晴らしいと思いませんか? 私は素晴らしいことだと思います

I thought so.//

So,/three years ago,/ I got together/ with some friends of mine/ who had similar aspirations/ and we founded Genspace.//

そこで3年前に 私は 同じ大志を抱く友人と共同で ジェンスペースを設立しました

It's a nonprofit,/ a community biotech lab/ in Brooklyn,/ New York,/ and the idea was people could come,/ they could take classes/ and putter around/ in the lab/ in a very open, friendly atmosphere.//

ニューヨーク市ブルックリンにある非営利の市民向けバイオテクノロジー研究所です 人々がオープンかつフレンドリーな雰囲気で 講義を受講したり ラボ内をうろうろしたり できるようにとの思いから設立しました

None of my previous experience prepared me/ for what came next.// Can you guess?//

初の経験だったので その後起こることは 予想だにしていませんでした何だと思います?

The press started calling/ us.//

報道機関からの電話がひっきりなしに鳴るようになったのです

And the more/ we talked about how great/ it was to increase science literacy,/ the more/ they wanted to talk/ about us/ creating the next Frankenstein, and/ as a result,/ for the next six months,/ when you Googled my name,/ instead of getting my scientific papers,/ you got this.//

科学リテラシーを養うことの素晴らしさを話せば話すほど 私たちが次のフランケンシュタインを 造り出そうとしていると 声高に叫ぶようになり その結果 その後6ヶ月間に渡り 私の名前をグーグルで検索すると 私が執筆した科学論文の代わりに これが出てきました

[ "Am I a biohazard?"// ] (Laughter)/ It was pretty depressing.//

「私はバイオハザードなの?」 (笑) ひどく気が滅入りました

The only thing/ that got us/ through that period was/ that we knew/ that all/ over the world,/ there were other people/ that were trying to do/ the same thing/ that we were.//

そんな辛い期間を乗り越えるときに唯一の拠り所となったのは 私たちと同じことをしようとしている人が 世界中にいるということでした

They were opening biohacker spaces,/ and some of them were facing much greater challenges/ than we did,/ more regulations,/ less resources.//

バイオハッカー(マニア)のための空間を作ろうとする中で 私たちより大きな困難に直面している人もいました 制約はより厳しく 資源はより少なかったのです

But now,/three years later,/ here's/ where we stand.//

しかし3年経った今 私たちはここまで来ました

It's a vibrant, global community of hackerspaces,/ and this is just the beginning.//

ハッカーのコミュニティは 世界的に活気づいておりますが これは始まりに過ぎません

These are some of the biggest ones,/ and there are others/ opening every day.//

これら大規模なものの他にも 多数あり その数は日々に増えています

There's one probably going to open up/ in Moscow,/one/ in South Korea,/ and the cool thing is they/ each have their own individual flavor/ that grew out of the community/ they came out/ of.//

おそらくモスクワにも 韓国にも 設立する動きがあるでしょう 素晴らしいのは それぞれのラボが その地域 独特の趣向を 持っているということです

Let me/ take you/ on a little tour.//

ちょっと見てみましょう

Biohackers work alone.//

バイオハッカーは1人で活動しますが

We work in groups,/ in big cities - (Laughter) - and in small villages.//

私たちはグループで活動します 大都市でも (笑) 小さな村でも

ラボの設備をリバースエンジニアリングすることもあれば

We genetically engineer bacteria.//

バクテリアの遺伝子操作をすることもあります

We hack hardware,/ software,/ wetware,/ and,/ of course,/ the code of life.//

ハードウェアも ソフトウェアも 実験装置も もちろん生命のコードもハックの対象です

We like to build things.//

私たちはものづくりが好きです

Then/ we like to take/ things apart.//

ものを分解するのも好きです

We make/ things grow.//

私たちはものを育てます

We make things/ glow.//

私たちはものを光らせます

And we make cells/ dance.//

そして私たちは細胞にダンスをさせます

The spirit of these labs,/ it's open,/ it's positive,/ but,/ you know,/ sometimes/ when people think of us,/ the first thing/ that comes to mind is bio-safety,/ bio-security,/ all the dark side stuff.//

このラボの精神はオープンで前向きなものですが 人々が私たちのことを考えた際に 最も気にするのが生物的な安全性や セキュリティなどの負の側面です

I'm not going to minimize/ those concerns.//

そのような不安を過小評価しようというのではありません

Any powerful technology is inherently dual use,/ and,/ you know,/ you get something/ like synthetic biology,/ nanobiotechnology,/ it really compels you,/ you have to look/ at both the amateur groups/ but also/ the professional groups,/ because they have better infrastructure,/ they have better facilities,/ and they have access/ to pathogens.//

威力のある技術というものは本質的に諸刃の剣で 合成生物学やナノバイオテクノロジーのような技術が利用可能になれば 素人だけでなく 専門家たちにも 気を配らなければいけなくなります 専門家たちはより良いインフラや設備を持ち 病原菌を手にすることも可能だからです

So the United Nations did just that,/ and they recently issued a report/ on this whole area,/ and what they concluded/ was the power of this technology/ for positive was much greater/ than the risk/ for negative,/ and they even looked specifically/ at the DIYbio community,/ and they noted,/ not surprisingly,/ that the press had a tendency/ to consistently overestimate our capabilities/ and underestimate our ethics.//

そこで国連は調査を行い つい最近 これ全体に関する報告書を発表し この技術の持つ力の正の側面は 負のリスクを大きく上回っていると結論付けました また特にDIYバイオコミュニティに注目し 驚くことではありませんが報道機関が一貫して 私たちの能力を過大評価し 倫理を過小評価する傾向にあると述べました

As a matter of fact,/ DIY people/ from all/ over the world,/ America,/ Europe,/ got together/ last year,/ and we hammered out/ a common code of ethics.//

実際のところ DIYを実践する人は昨年 アメリカやヨーロッパなど世界中から集まり 倫理協定を締結しました

That's a lot more/ than conventional science has done.//

従来の科学よりもずっと先を行っています

現在私たちは 州や地域の規約に則っています

We dispose of our waste properly,/ we follow safety procedures,/ we don't work with pathogens.//

廃棄物は適切に処理しますし 安全手順にも従い 病原菌は扱っていません

You know,/ if you're working/ with a pathogen,/ you're not part of the biohacker community,/ you're part of the bioterrorist community,/ I'm sorry.//

病原菌を扱っている様な人は 残念ですが バイオハッカーではなく バイオテロリストです

And sometimes/ people ask me,/ "Well,/ what about an accident?"//

たまに人々は私にこう質問します 「事故についてはどうなの?」と

Well,/ working with the safe organisms/ that we normally work with,/ the chance of an accident/ happening with somebody accidentally creating,/ like,/ some sort of superbug,/ that's literally about as probable/ as a snowstorm/ in the middle of the Sahara Desert.//

私たちが通常使うような安全な生物を使って 誰かが誤って超細菌を作り出してしまうといった 事故がおこる可能性は サハラ砂漠の中心で吹雪が起こるくらいありえないことです 確かに可能性は0ではありませんが

Now,/ it could happen,/ but I'm not going to plan/ my life/ around it.//

それを気にしてやるつもりはありません

I've actually chosen to take/ a different kind of risk.//

実は個人的に これとは別のリスクを取ることを決め

I signed up/ for something called the Personal Genome Project.//

パーソナル・ゲノム・プロジェクトなるものに登録しました

It's a study/ at Harvard/ where,/ at the end of the study,/ they're going to take/ my entire genomic sequence,/ all of my medical information,/ and my identity,/ and they're going to post/ it online/ for everyone/ to see.//

ハーバード大学での研究ですが その研究の終わりには 私の全ゲノム配列や 医療情報 個人情報を取得し 誰もが見れるようにオンラインで公開されます

There were a lot of risks involved/ that they talked about/ during the informed consent portion.//

インフォームドコンセントで説明をうけたリスクには いろいろありましたが

The one/ I liked/ the best is,/ someone could download my sequence,/ go back/ to the lab,/ synthesize some fake Ellen DNA,/ and plant it/ at a crime scene.// (Laughter) But like DIYbio,/ the positive outcomes/ and the potential/ for good/ for a study/ like that far outweighs the risk.//

一番おもしろいと思ったのは 誰かが私の配列をダウンロードし ラボに戻って 偽のエレンのDNAを合成し 犯罪現場に残すというものです (笑) しかしDIYバイオ同様 このような研究の 有用性や可能性などの正の側面は リスクを大きく上回ります

Now,/ you might be asking yourself,/ "Well,/ you know,/ what would I do in a biolab?"//

「バイオラボなんかで 何ができるんだろう」と 疑問に思っておられるかもしれません

Well,/ it wasn't/ that long ago/ we were asking,/ "Well,/ what would anyone do with a personal computer?"//

「パソコンなんかで何ができるのだろう?」と 疑問を抱いていたのはそう遠い昔の話ではありません

So this stuff is just beginning.//

これは始まったばかりです

We're only seeing/ just the tip of the DNA iceberg.//

私たちはDNAという氷山の一角を見ているに過ぎません

Let me/ show you/ what you could do right now.//

現在できることをお見せしましょう

A biohacker/ in Germany,/ a journalist,/ wanted to know/ whose dog was leaving little presents on his street?//

ドイツに住む 本職はジャーナリストのバイオハッカーは 道路にいつもプレゼントを置いていくのは誰の犬か見つけようとしました

(Laughter) (Applause)/ Yep,/ you guessed it.// He threw tennis balls/ to all the neighborhood dogs,/ analyzed the saliva,/ identified the dog,/ and confronted the dog owner.//

(笑) (拍手) そう ご想像の通りです 彼はテニスボールで 近所の全ての犬と遊び 付着した唾液を分析し 犯人の犬を特定し飼い主に証拠を突きつけました

(笑) (拍手) うちの庭にある種の虫が大量発生しました

Looked like a ladybug,/ right?//

テントウ虫に見えるでしょう?

実は日本のマメコガネなんです

And the same kind of technology --/ it's called DNA barcoding,/ it's really cool --/ You can use it/ to check/ if your caviar is really beluga,/ if that sushi is really tuna,/ or/ if that/ goat cheese/ that you paid so much/ for is really goat's.//

同じ類の技術を使って? DNAバーコーディングという凄い技術です? キャビアが本当にチョウザメの卵なのか寿司ネタが本当にマグロなのか 大金をはたいて買ったヤギのチーズが本当にヤギのものなのか といったことを調べるのに 使うことができます

In a biohacker space,/ you can analyze your genome/ for mutations.//

バイオハッカーの空間では 自分のゲノムに存在する変異を解析することができます

You can analyze your breakfast cereal/ for GMO's,/ and you can explore your ancestry.//

朝食のシリアルの遺伝子組み換えを調べることも 自分の先祖を辿ることもできます

You can send weather balloons up/ into the stratosphere,/ collect microbes,/ see/ what's up/ there.//

成層圏に気球を飛ばして 微生物を集め そこに何が生息しているのかを調べることもできます

You can make a biocensor/ out of yeast/ to detect pollutants/ in water.//

酵母からバイオセンサーをつくり 水中の汚染物質を検出することもできます

You can make some sort of a biofuel cell.//

生物燃料電池のようなものをつくることもできます

You can do a lot of things.//

いろいろな事ができるんです

You can also do an art science project.// Some of these are really spectacular,/ and they look at social, ecological problems/ from a completely different perspective.//

芸術と科学を融合させたプロジェクトも可能です 中にはとても壮大なものもあり 独自の視点から 社会問題や環境問題に注目しています

It's really cool.//

実に素晴らしいことです

Some people ask me,/ well,/ why am I involved?//

なぜ 私がこんな事に関わるのか尋ねる人もいます

I could have a perfectly good career/ in mainstream science.//

正統派の科学をやってキャリアを積むことも出来たはずです

The thing is,/ there's something/ in these labs/ that they have to offer/ society/ that you can't find anywhere else.//

でも この様なラボは 他のどこにもないものを 社会に提供しているんです

There's something sacred about a space/ where you can work on a project,/ and you don't have to justify/ to anyone/ that it's going to make/ a lot of money,/ that it's going to save/ mankind,/ or even/ that it's feasible.//

そこには何か神聖なるものがあります 大きな利益を生む可能性や 人類を救う可能性 果てには実現可能性などを 誰かに説いて プロジェクトの正当性を訴える必要はありません

It just has to follow/ safety guidelines.//

安全性のガイドラインにさえ従えばいいのです

If you had spaces/ like this all/ over the world,/ it could really change the perception of who's allowed to do biotech.//

このような空間が世界中にあれば 誰がバイオテクノロジーをする権利があるのかという 認識を改めることができるでしょう

It's spaces/ like these/ that spawned personal computing.//

パソコンを普及させたのはこのような空間の存在です

Why not personal biotech?//

パーソナル・バイオテクノロジーでもそうしませんか?

If everyone/ in this room got involved,/ who knows/ what we could do?//

この部屋にいる皆さんが参加すれば すごい事ができるかもしれません

This is such a new area,/ and/ as we say back/ in Brooklyn,/ you ain't seen nothin/' yet.// (Laughter) (Applause)//

これは全く新しい分野でありブルックリン風に言えば you ain't seen nothin' yet. (笑)(お楽しみはこれからです ) (拍手)

molecular

分子の,分子による

biologist

生物学者

laughter

『笑い』,笑い声

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

probably

『たぶん』,『おそらく』

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

lives

lifeの複数形

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

advocate

〈考え・主義・政策など〉'を'弁護(擁護)して言う,主唱する

擁護者,主唱者

弁護士

biotechnology

《米》生物工学,人間工学)人が機械で最も能率的に仕事をするための研究)(《英》ergonomics)

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

lab

実験室(laboratory)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

diverse

(…とは)別種の,違った《+『from』+『名』》

いろいろの,多様の

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

stimulate

…を『刺激する』,励ます,元気づける

刺激[剤]となる

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

lousy

シラミのたかった

《話》いやな,ひどい,下劣な,鼻持ちならない

《話》(…が)うんざりするほどある;(…で)いっぱい《+『with』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

aspiration

大望,熱望

呼気,呼吸

気音を伴って発音すること(例:penの[p],killの[k])

nonprofit

非営利的な

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

Brooklyn

ブルックリン(New York市の1区で,Long Islandの西部にある)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

putter

(…を)だらだらとする《+『at』(『over』)+『名』》

(…を)ぶらつく《+『about』(『around』)+『名』》

〈時など〉‘を'だらだらと空費する《+『名』+『away,』+『away』+『名』》

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

literacy

読み書きする能力

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

Frankenstein

〈C〉自分で創造した物に手をやいたり破滅させられたりする人

(また『Frankenstein's monster』)フランケンシュタイン,破壊的な怪物[Shell夫人の同名小説(1818)にちなんで]

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

instead

『その代りとして』,それよりも

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

vibrant

《文》振動する,響き渡る

(色・光が)生き生きした

活発な,精力的な

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

Moscow

モスクワ(ロシアの首都)

ロシア政府

South Korea

韓国(朝鮮半島の北緯38゜以南の共和国;公式名はthe Republic of Korea(大韓民国);首都Seoul)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

bacteria

『バクテリア』,細菌

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

hardware

《集合的に》金物類,鉄器類

ハードウエア(電子計算機の機械部分)

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

glow

(炎を上げずに)『赤々と燃える』

光を放つ,輝く

〈花・木の葉などが〉燃えるような色を呈する

(運動後などに)〈顔・体が〉『ほてる』,ぽかぽかする,紅潮する

(感情・誇りなどで)燃える,熱する《+『with』+『名』》

(高温の炎が出す)『輝き』

(色彩の)『燃えるような鮮やかさ』

《時にa ~》(体の)『ほてり』,(顔の)紅潮

(感情の)高まり,熱情

満足感,喜び

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

first thing

まず最初に,朝一番に

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

dual

二つの部分(2個)から成る

二重の性質がある

synthetic

総合の,統合的な

合成の,人造の

にせの,作りごとの

(言語が)総合的な(統語的関係を表すのに,独立した語より屈折形を広く用いるもの)

合成品,人造物

biology

『生物学』

compel

《『compel』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'『しいる』

(人に)…'を'『強要する』《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

amateur

(専門家に対して)アマチュア,しろうと

愛好者,ファン

未熟者,未経験者

アマチュアの,しろうとの

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

pathogen

病原菌,病原体

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

surprisingly

驚くほどに

tendency

『傾向』

『性癖』,癖

consistently

一貫して;矛盾なく,きまって

overestimate

…‘を'過大評価する,買いかぶる

〈C〉過大評価,買いかぶり

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

ethics

《単数扱い》『倫理学』

《複数扱い》『倫理』,道徳[律],規範

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

hammer

『金づち』,ハンマー

ハンマーに似た物,(銃の)撃鉄,(ピアノの弦を打つフェルトの)つち,(競売人の)木づち,(ベる・ゴングなどの)打ち子

(ハンマー投げの)ハンマー

(耳の中の)槌骨(ついこつ)

(金づち・こぶしなどで)…‘を'『こつこつとたたく』(『打つ』)《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'つちでたたいて作る《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

(人の頭に)〈考え・事柄など〉‘を'繰り返して教え込む《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《話》〈相手〉‘を'打ち負かす,やっつける

(…を)金づちで打つ;(つえやこぶしなどで)(…を)ドンドンとたたく《+『at』(『on』)+『名』》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

dispose

(…に備えて)…‘を'『配置する』,整える(arrange)《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《『dispose』+『名』+『to』 do》〈人〉‘を'(…する)『気にさせる』

(…に)〈人〉‘が'影響されやすいようにする,(…の影響を)〈人〉‘が'受けやすいようにする《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

accidentally

偶然に,思いがけなく

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

probable

『ありそうな』,起こりそうな

起こりそうなこと;何かしそうな人,予想される勝利者,有望な候補者

snowstorm

吹雪

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

Sahara

サハラ砂漠(アフリカ北部にあり世界最大)

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

portion

(…の)『部分』,一部分《+『of』+『名』》

(…の)分け前,割り当て(share)《+『of』+『名』》

(『食物の』)『1人前』,一盛り,1杯《+『of』+『名』》

《単数形》《おもに文》運命,定め

(人に)…‘を'分ける,分割する,分配する《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『between』(『among』)+『名』〈人〉》

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

outweigh

…‘より'重い

…‘より'重要である,価値がある

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

computer

『計算機』;『電子計算機』

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

journalist

ジャーナリスト

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

applause

『拍手かっさい』;称賛

yep

うん(yes)

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

saliva

だ液,つば

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

owner

『持ち主』,所有者

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

invasive

(戦争などが)侵略的な

(言葉などが)立ち入った,出過ぎた

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

backyard

裏庭

家の後ろの

ladybug

テントウムシ

Japanese beetle

マメコガネ(植物の害虫)

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

beluga

シロチョウザメ(黒海,カスピ海およびボルガ川産)

シロイルカ,シロクジラ(北極海産)

tuna

〈C〉(また tunny)マグロ

(また tunny, tuna fish)マグロの肉

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

cheese

『チーズ』

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

cereal

〈C〉《通例複数形で》『穀物』,穀類

(また《米》breakfast food)〈U〉〈C〉朝食用の穀類加工食品(oatmealやcornflakesなど)

〈C〉穀類を生ずる植物

穀類の

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

ancestry

《集合的に》先祖,祖先(ancestors)

家系,家柄(lineage)

(事物の)起源,発達史

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

balloon

『気球』,軽気球

(おもちゃの)風船

(気球のように)ふくれる《+『out』(『up』)》

(気球のように)ふくれた

stratosphere

成層圏(地上約60kmまで広がる大気層)

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

microbe

微生物,(特に)細菌

yeast

イースト,酵母(パン種・ビール醸造用などに使う)

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

pollutant

汚染物質(特に産業廃棄物など)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

ecological

生態学の

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

completely

『完全に』,全く,十分に

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

ca

circa

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

justify

〈人の行為・話など〉‘を'『正当化する』,弁明する

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

feasible

実行できる,可能性のある

もっともらしい,ありそうな

guideline

(未来の行動の)指針,誘指標《+『of』(『for』)+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

spawn

(魚・カエルなどの)卵

〈卵・子〉‘を'産む

〈物事〉‘を'生み出す,引き起こす;…‘を'大量に生じる

産卵する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

関連動画