歌詞 - アリシア・キーズ (Alicia Keys) : Girl On Fire

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アリシア・キーズ(Alicia Keys)の5枚目のスタジオ・アルバム「ガール・オン・ファイア(Girl On Fire)」からのタイトル・トラック曲です。

ガール・オン・ファイア
Girl On Fire

作詞:

Alicia Keys, Jeff Bhasker, Salaam Remi

作曲:

Alicia Keys, Jeff Bhasker, Salaam Remi

Lyrics

シーズ ジャスト ア ガール,/ アンド シーズ オン ファイヤー//
ホッター/ ザン ア ファンタジー,/ ロンガー/ ライク ア ハイウェイ//
シーズ リビング イン ア ワールド,/ アンド イッツ オン ファイヤー//
フィーリング ザ カタストロフィ,/ バット シー ノウズ/ シー キャン フライ アウェイ//

オー,/ シー ガット ボース フィート/ オン ザ グラウンド//
アンド シーズ バーニング イット ダウン//
オー,/ シー ガット ハー ヘッド/ イン ザ クラウズ//
アンド シーズ ノット バッキング/ ダウン//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//
ディス ガール イズ オン ファイヤー//
シーズ ウォーキング オン ファイヤー//
ディス ガール イズ オン ファイヤー//

ルックス/ ライク ア ガール,/ バット シーズ ア フレーム//
ソー ブライト,/ シー キャン バーン ユア アイズ//
ベター ルック ジ アザー ウェイ//
ユー キャン トライ/ バット ユール ネヴァー フォーゲット ハー ネーム//
シーズ オン トップ オブ ザ ワールド//
ホッティスト オブ ザ ホッティスト ガールズ セイ//

オー,/ ウィ ガット アワー フィート/ オン ザ グラウンド//
アンド ウィア バーニング/ イット/ ダウン//
オー,/ ガット アワー ヘッド/ イン ザ クラウズ//
アンド ウィア ノット カミング/ ダウン//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//
ディス ガール イズ オン ファイヤー//
シーズ ウォーキング オン ファイヤー//
ディス ガール イズ オン ファイヤー//

エブリバディ スタンズ,/ アズ シー ゴーズ バイ//
コーズ/ ゼイ キャン シー ザ フレーム/ ザッツ イン ハー アイズ//
ウォッチ/ ハー/ ホエン シーズ ライティング アップ/ ザ ナイト//
ノーバディ ノウズ/ ザット シーズ ア ロンリー ガール//
アンド イッツ ア ロンリー ワールド//
バット シー/ ゴナ レット イット/ バーン,/ ベイビー,/ バーン,/ ベイビー//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//
ディス ガール イズ オン ファイヤー//
シーズ ウォーキング オン ファイヤー//
ディス ガール イズ オン ファイヤー//

オー,/ オー,/ オー ...//

シーズ ジャスト ア ガール,/ アンド シーズ オン ファイヤー//

She's just a girl, and she's on fire.
Hotter than a fantasy, longer like a highway.
She's living in a world, and it's on fire.
Feeling the catastrophe, but she knows she can fly away.

Oh, she got both feet on the ground.
And she's burning it down.
Oh, she got her head in the clouds.
And she's not backing down.

This girl is on fire.
This girl is on fire.
She's walking on fire.
This girl is on fire.

Looks like a girl, but she's a flame.
So bright, she can burn your eyes.
Better look the other way.
You can try but you'll never forget her name.
She's on top of the world.
Hottest of the hottest girls say.

Oh, we got our feet on the ground.
And we're burning it down.
Oh, got our head in the clouds.
And we're not coming down.

This girl is on fire.
This girl is on fire.
She's walking on fire.
This girl is on fire.

Everybody stands, as she goes by.
'Cause they can see the flame that's in her eyes.
Watch her when she's lighting up the night.
Nobody knows that she's a lonely girl.
And it's a lonely world.
But she gonna let it burn, baby, burn, baby.

This girl is on fire.
This girl is on fire.
She's walking on fire.
This girl is on fire.

Oh, oh, oh ...

She's just a girl, and she's on fire.

She's just a girl,/ and she's on fire.//

シーズ ジャスト ア ガール,/ アンド シーズ オン ファイヤー//

Hotter/ than a fantasy,/ longer/ like a highway.//

ホッター/ ザン ア ファンタジー,/ ロンガー/ ライク ア ハイウェイ//

She's living in a world,/ and it's on fire.//

シーズ リビング イン ア ワールド,/ アンド イッツ オン ファイヤー//

Feeling the catastrophe,/ but she knows/ she can fly away.//

フィーリング ザ カタストロフィ,/ バット シー ノウズ/ シー キャン フライ アウェイ//

Oh,/ she got both feet/ on the ground.//

オー,/ シー ガット ボース フィート/ オン ザ グラウンド//

And she's burning it down.//

アンド シーズ バーニング イット ダウン//

Oh,/ she got her head/ in the clouds.//

オー,/ シー ガット ハー ヘッド/ イン ザ クラウズ//

And she's not backing/ down.//

アンド シーズ ノット バッキング/ ダウン//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

She's walking on fire.//

シーズ ウォーキング オン ファイヤー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

Looks/ like a girl,/ but she's a flame.//

ルックス/ ライク ア ガール,/ バット シーズ ア フレーム//

So bright,/ she can burn your eyes.//

ソー ブライト,/ シー キャン バーン ユア アイズ//

Better look the other way.//

ベター ルック ジ アザー ウェイ//

You can try/ but you'll never forget her name.//

ユー キャン トライ/ バット ユール ネヴァー フォーゲット ハー ネーム//

She's on top of the world.//

シーズ オン トップ オブ ザ ワールド//

Hottest of the hottest girls say.//

ホッティスト オブ ザ ホッティスト ガールズ セイ//

Oh,/ we got our feet/ on the ground.//

オー,/ ウィ ガット アワー フィート/ オン ザ グラウンド//

And we're burning/ it/ down.//

アンド ウィア バーニング/ イット/ ダウン//

Oh,/ got our head/ in the clouds.//

オー,/ ガット アワー ヘッド/ イン ザ クラウズ//

And we're not coming/ down.//

アンド ウィア ノット カミング/ ダウン//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

She's walking on fire.//

シーズ ウォーキング オン ファイヤー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

Everybody stands,/ as she goes by.//

エブリバディ スタンズ,/ アズ シー ゴーズ バイ//

'Cause/ they can see the flame/ that's in her eyes.//

コーズ/ ゼイ キャン シー ザ フレーム/ ザッツ イン ハー アイズ//

Watch/ her/ when she's lighting up/ the night.//

ウォッチ/ ハー/ ホエン シーズ ライティング アップ/ ザ ナイト//

Nobody knows/ that she's a lonely girl.//

ノーバディ ノウズ/ ザット シーズ ア ロンリー ガール//

And it's a lonely world.//

アンド イッツ ア ロンリー ワールド//

But she/ gonna let it/ burn,/ baby,/ burn,/ baby.//

バット シー/ ゴナ レット イット/ バーン,/ ベイビー,/ バーン,/ ベイビー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

She's walking on fire.//

シーズ ウォーキング オン ファイヤー//

This girl is on fire.//

ディス ガール イズ オン ファイヤー//

Oh,/ oh,/ oh ...//

オー,/ オー,/ オー ...//

She's just a girl,/ and she's on fire.//

シーズ ジャスト ア ガール,/ アンド シーズ オン ファイヤー//

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

catastrophe

(突然の)大変動,大災害

悲劇的結末,破局

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

flame

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『炎』

〈U〉炎のような輝き;炎色

〈C〉《おもに文》(…の)(燃えるような)情熱,激情《+『of』+『名』》

『炎をあげて燃える』,燃えさかる《+『up』》

(炎のように)照え映える《+『up』》

〈怒り・情熱などが〉燃え上がる;〈人が〉かっと怒り出す《+『out』(『up, forth』)》

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

'cause

=because

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

lonely

(人が)『ひとりの』,孤独の

『寂しい』,心細い

(物が)孤立した;場所が)人里離れた,人があまり実かない

gon na

going toの縮約形

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

洋楽歌詞: