TED日本語 - ジム・ファロン: 殺人者の精神の探求

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

精神異常の殺人者が必見のテレビ番組に取り上げられることがありますが、一体何がそうさせるのでしょうか? 精神科学者のジム・ファロンが脳のスキャンや遺伝子分析について話をします。彼の話は、殺人者の遺伝性(や育った環境)についてのつまらない書物を明らかにするかもしれません。フィクションの意外な展開としては奇妙すぎる中、自身をぞっとさせる彼の興味深い家系について話をしてくれます。

Script

私は神経科学者で、カリフォルニア大学の教授です 過去35年間に渡り 私は行動について研究を行っています その行動は、遺伝子や 神経伝達物質やドーパミンなどに基づいています 研究は、回路分析で行っています そのような感じの研究を普段しています ところが、どういうわけか最近 ちょっと違った趣旨の研究をすることになったのです そもそも同僚との会話がきっかけでした 彼が精神異常の殺人者の脳を 分析してみたらどう? と言ったのです

これがこれからお話する内容になります 問題は「どのようにして精神異常の殺人者になるのか?」です 私が言う精神異常の殺人者というのは これからお話する人々のことを言います 私が研究した脳には 皆さんが御存じの人の脳も含まれているでしょう 私が脳を手にした時点では何を調べているのかわかりません これはブラインドテストで、正常な人の脳も含まれていました

70個ほどの脳を調べたところ いくつかのデータが抽出されました これらのデータを遺伝子、脳の損傷 脳と環境との相互作用に基づいて 理論的に調べ その仕組みがどのように機能するのか調べるのです 脳の具体的な部位 脳の最も重要な部位に興味があります これらを調べてきました 遺伝子の相互関係 後成的影響と呼ばれるもの 脳の損傷、環境 これらがどうつながっているかということです どの様に精神異常の連続殺人者になるかは いつ脳に損傷が発生したかによります まさにタイミングの問題なのです いろんなタイプの精神異常者がいます

パターンを紹介します 殺人者と連続殺人者の脳を 一人ずつ見ていったところ、共通点がありました 眼窩前頭皮質に損傷があったのです 眼窩前頭皮質とは、目のすぐ上で 眼窩と側頭葉の内部のことを言います 調査した全員に損傷がありましたが 損傷はすべて少しずつ違いました 他のタイプの脳の損傷もありました 鍵となるのは 主な暴力的な遺伝子 MAO-A遺伝子の影響です

暴力的な遺伝子は、正常な人にも存在します 皆さんの中にも、この遺伝子が存在しています この遺伝子は判性遺伝子で、X染色体上に存在します 母親からのみこの遺伝子は受け継がれます つまり、こういう理由でたいていの場合 男性が精神異常の殺人者になるか もしくは攻撃的になるのです 娘は父親から1つのX染色体を、もうひとつのX染色体は 母親から受け継ぐので、遺伝子の影響が弱くなります しかし息子の場合、母親からしか X染色体を受け継ぐことができないのです

こうして母親から息子に遺伝子が受け継がれます 発育中、脳のセロトニンに非常に関係があります セロトニンは、人を落ち着かせたりリラックスさせたりする 効果があるとされているので、とても興味深いですね しかしこの遺伝子があると 胎児の脳がセロトニンに浸されます そのため脳全体がセロトニンに反応しなくなるのです その後の人生において機能しなくなります

私はこの話をイスラエルで発表しました ちょうど昨年の事です その事はいくつかの結果をもたらしています 理論上この事が意味するのは この遺伝子が思春期よりもずっと早い段階で 暴力的な方法で現れるには ささいなストレスや叩かれたりといった事ではない 本当に心を苦しめるトラウマ的な何かに 関わっている必要があります しかし実際のところ、暴力を見たり 関わったりするのは、三次元空間の中なのです ミラーニューロンシステムが機能しています

そのため、この遺伝子を持っていて ある特定の状況で 多くの暴力を目にしたら 目も当てられない状態が起こります 私が考えていることが世界中で 絶えず暴力がある地域で起こるかもしれません 結果としてこの暴力の全てを見る 子供たちの世代となるのです もし私が少女で、暴力事件の多い地域に住む 14歳の少女だったら、仲間を求めるでしょう 自分を守ってくれるタフな男を求めるでしょう 問題は、この遺伝子が凝縮される傾向にあることです 現代の少年少女たちがこの遺伝子を持っています そのため、私は数世代後に 危険な状態になるかもしれないと考えています

これは思いつきだったのです しかし、私の母がこう言ったのです 「精神異常の殺人者について講演をしているそうね 自分が正常な家の出身であるかのように話しているのね」 私は言いました、「一体何について話しているの?」 母は私の家族の系譜について話しました もちろん、母は父方の責任だと非難しています 母の非難は問題の内の一つです 母方には暴力に 関係した人がいませんが、父方にはいたのです

母は言いました、「いいニュースと悪いニュースがあるわ あなたのいとこは、コーネル大学創設者エズラ・コーネル でも、リジー・ボーデンもあなたのいとこなの」

私は言いました、「だから?僕達の縁戚にリジーがいるだけだよ」

母が「いいえ、更に悪いの、この本を読んで」と言いました

「異常な殺し(Killed Strangely)」という本があります これは史実に基づいた本です 初めての息子による母殺しは 私の7世代前の先祖によるものです それが最初の母殺しの事件です この本はとても興味深いものです なぜなら魔女裁判や 当時の人々の考えが記されているからです

しかし、これでは終わらないのです 父方のコーネル家の7人の男性が 皆殺人者だったのです ちょっと一呼吸しましょうか (笑) 第二次世界大戦中、私の父や3人の伯父は皆 良心的兵役拒否者でおとなしい人たちでした しかし、時々リジー・ボーデンのような人が 100年に3度ほど現れるのです いわば予定されているような感じなのです (笑)

この話の教訓は 「我が身をつねって人の痛さを知れ」ですが むしろこういった感じなのです (笑) 行動を起こすべきだったのです。子供たちはそれに気付きました 子供たちは皆、大丈夫そうに見えます しかし、孫たちはここで懸念されていることになるでしょう それで家族全員のPETスキャンを 開始したのです (笑) PETスキャン・EEG・遺伝子分析をして 悪い知らせがどこかにないか見るのです 現在、一つの兄弟(息子と娘)だけが 仲が良くなかったということが判明しています 彼らのパターンは全く同じです 同じ脳・EEGを持っています 彼らは今できるだけ近くにいます しかし、悪いニュースがどこかで起こるでしょう それがいつ出現するか分かりません 私の話は以上です (笑)

I'm a neuroscientist, a professor at the University of California. And over the past 35 years, I've studied behavior on the basis of everything from genes through neurotransmitters, dopamine, things like that, all the way through circuit analysis. So that's what I normally do. But then, for some reason, I got into something else, just recently. And it all grew out of one of my colleagues asking me to analyze a bunch of brains of psychopathic killers.

And so this would be the typical talk I would give. And the question is, "How do you end up with a psychopathic killer?" What I mean by psychopathic killer are these people, these types of people. And so some of the brains that I've studied are people you know about. When I get the brains I don't know what I'm looking at. It's blind experiments. They also gave me normal people and everything.

So I've looked at about 70 of these. And what came up was a number of pieces of data. So we look at these sorts of things theoretically, on the basis of genetics, and brain damage, and interaction with environment, and exactly how that machine works. So we're interested in exactly where in the brain, and what's the most important part of the brain. So we've been looking at this: the interaction of genes, what's called epigenetic effects, brain damage, and environment, and how these are tied together. And how you end up with a psychopath, and a killer, depends on exactly when the damage occurs. It's really a very precisely timed thing. You get different kinds of psychopaths.

So we're going along with this. And here's, just to give you the pattern. The pattern is that those people, every one of them I looked at, who was a murderer, and was a serial killer, had damage to their orbital cortex, which is right above the eyes, the orbits, and also the interior part of the temporal lobe. So there is the pattern that every one of them had, but they all were a little different too. They had other sorts of brain damage. A key thing is that the major violence genes, it's called the MAO-A gene.

And there is a variant of this gene that is in the normal population. Some of you have this. And it's sex-linked. It's on the X chromosome. And so in this way you can only get it from your mother. And in fact this is probably why mostly men, boys, are psychopathic killers, or are very aggressive. Because a daughter can get one X from the father,one X from the mother, it's kind of diluted out. But for a son, he can only get the X chromosome from his mother.

So this is how it's passed from mother to son. And it has to do with too much brain serotonin during development, which is kind of interesting because serotonin is supposed to make you calm and relaxed. But if you have this gene, in utero your brain is bathed in this, so your whole brain becomes insensitive to serotonin, so it doesn't work later on in life.

And I'd given this one talk in Israel, just this past year. And it does have some consequences. Theoretically what this means is that in order to express this gene, in a violent way, very early on, before puberty, you have to be involved in something that is really traumatic -- not a little stress, not being spanked or something, but really seeing violence, or being involved in it, in 3D. Right? That's how the mirror neuron system works.

And so, if you have that gene, and you see a lot of violence in a certain situation, this is the recipe for disaster, absolute disaster. And what I think might happen in these areas of the world, where we have constant violence, you end up having generations of kids that are seeing all this violence. And if I was a young girl, somewhere in a violent area, you know, a 14 year old, and I want to find a mate, I'd find some tough guy, right, to protect me. Well what the problem is this tends to concentrate these genes. And now the boys and the girls get them. So I think after several generations, and here is the idea, we really have a tinderbox.

So that was the idea. But then my mother said to me, "I hear you've been going around talking about psychopathic killers. And you're talking as if you come from a normal family." I said, "What the hell are you talking about?" She then told me about our own family tree. Now she blamed this on my father's side, of course. This was one of these cases, because she has no violence in her background, but my father did.

Well she said, "There is good news and bad news. One of your cousins is Ezra Cornell, founder of Cornell university. But the bad news is that your cousin is also Lizzie Borden.

Now I said, "Okay, so what? We have Lizzie."

She goes, "No it gets worse, read this book."

And here is this "Killed Strangely," and it's this historical book. And the first murder of a mother by a son was my great-great-great-great-great-great-grandfather. Okay, so that's the first case of matricide. And that book is very interesting. Because it's about witch trials, and how people thought back then.

But it doesn't stop there. There were seven more men, on my father's side, starting then, Cornells, that were all murderers. Okay, now this gives one a little pause. (Laughter) Because my father himself, and my three uncles, in World War II, were all conscientious objectors, all pussycats. But every once in a while, like Lizzie Borden, like three times a century, and we're kind of due. (Laughter)

So the moral of the story is: people in glass houses shouldn't throw stones. But more likely is this. (Laughter) And we had to take action. Now our kids found out about it. And they all seemed to be OK. But our grandkids are going to be kind of concerned here. So what we've done is I've started to do PET scans of everybody in the family. (Laughter) We started to do PET scans, EEGs and genetic analysis to see where the bad news is. Now the only person -- it turns out one son and one daughter, siblings, didn't get along and their patterns are exactly the same. They have the same brain, and the same EEG. And now they are close as can be. But there's gonna be bad news somewhere. And we don't know where it's going to pop up. So that's my talk. (Laughter)

I'm a neuroscientist,/ a professor/ at the University of California.//

私は神経科学者で、カリフォルニア大学の教授です

And/ over the past 35 years,/ I've studied behavior/ on the basis of everything/ from genes/ through neurotransmitters,/ dopamine,/ things/ like that,/ all the way/ through circuit analysis.//

過去35年間に渡り 私は行動について研究を行っています その行動は、遺伝子や 神経伝達物質やドーパミンなどに基づいています 研究は、回路分析で行っています

So/ that's/ what I normally do.//

そのような感じの研究を普段しています

But then,/ for some reason,/ I got into something else,/ just/ recently.//

ところが、どういうわけか最近 ちょっと違った趣旨の研究をすることになったのです

And it/ all grew out of one of my colleagues/ asking me/ to analyze a bunch of brains of psychopathic killers.//

そもそも同僚との会話がきっかけでした 彼が精神異常の殺人者の脳を 分析してみたらどう? と言ったのです

And so/ this would be the typical talk/ I would give.//

これがこれからお話する内容になります

And the question is,/ "How do you end up/ with a psychopathic killer?"//

問題は「どのようにして精神異常の殺人者になるのか?」です

What I mean by psychopathic killer are these people,/ these types of people.//

私が言う精神異常の殺人者というのは これからお話する人々のことを言います

And so/ some of the brains/ that I've studied/ are people/ you know about.//

私が研究した脳には 皆さんが御存じの人の脳も含まれているでしょう

When I get the brains/ I don't know/ what I'm looking/ at.//

私が脳を手にした時点では何を調べているのかわかりません

It's blind experiments.// They also gave me/ normal people and everything.//

これはブラインドテストで、正常な人の脳も含まれていました

So I've looked at about 70 of these.//

70個ほどの脳を調べたところ

And/ what came up/ was a number of pieces of data.//

いくつかのデータが抽出されました

So we look at these sorts of things theoretically,/ on the basis of genetics,/ and brain damage,/ and interaction/ with environment,/ and exactly/ how that/ machine works.//

これらのデータを遺伝子、脳の損傷 脳と環境との相互作用に基づいて 理論的に調べ その仕組みがどのように機能するのか調べるのです

So we're interested/ in exactly where/ in the brain,/ and what's the most important part of the brain.//

脳の具体的な部位 脳の最も重要な部位に興味があります

So we've been looking at this:/ the interaction of genes,/ what's called epigenetic effects,/ brain damage,/ and environment,/ and how these are tied together.//

これらを調べてきました 遺伝子の相互関係 後成的影響と呼ばれるもの 脳の損傷、環境 これらがどうつながっているかということです

And how you end up/ with a psychopath,/ and a killer,/ depends on exactly/ when the damage occurs.//

どの様に精神異常の連続殺人者になるかは いつ脳に損傷が発生したかによります

It's really/ a very precisely timed thing.//

まさにタイミングの問題なのです

You get different kinds of psychopaths.//

いろんなタイプの精神異常者がいます

So we're going/ along/ with this.// And here's,/ just to give you/ the pattern.//

パターンを紹介します

The pattern is/ that those people,/ every one of them/ I looked at,/ who was a murderer,/ and was a serial killer,/ had damage/ to their orbital cortex,/ which is right/ above the eyes,/ the orbits,/ and also/ the interior part of the temporal lobe.//

殺人者と連続殺人者の脳を 一人ずつ見ていったところ、共通点がありました 眼窩前頭皮質に損傷があったのです 眼窩前頭皮質とは、目のすぐ上で 眼窩と側頭葉の内部のことを言います

So there is the pattern/ that every one of them had,/ but they/ all were a little different too.//

調査した全員に損傷がありましたが 損傷はすべて少しずつ違いました

They had other sorts of brain damage.//

他のタイプの脳の損傷もありました

A key thing is/ that the major violence genes,/ it's called the MAO-A gene.//

鍵となるのは 主な暴力的な遺伝子 MAO-A遺伝子の影響です

And there is a variant of this gene/ that is in the normal population.//

暴力的な遺伝子は、正常な人にも存在します

Some of you have this.// And it's sex-linked.//

皆さんの中にも、この遺伝子が存在しています

It's on the X chromosome.// And so/ in this way/ you can only get it/ from your mother.//

この遺伝子は判性遺伝子で、X染色体上に存在します 母親からのみこの遺伝子は受け継がれます

And in fact/ this is probably/ why mostly men,/ boys,/ are psychopathic killers,/ or are very aggressive.//

つまり、こういう理由でたいていの場合 男性が精神異常の殺人者になるか もしくは攻撃的になるのです

Because a daughter can get one X/ from the father,/one X/ from the mother,/ it's kind of diluted out.//

娘は父親から1つのX染色体を、もうひとつのX染色体は 母親から受け継ぐので、遺伝子の影響が弱くなります

But/ for a son,/ he can only get the X chromosome/ from his mother.//

しかし息子の場合、母親からしか X染色体を受け継ぐことができないのです

So this is/ how it's passed from mother/ to son.//

こうして母親から息子に遺伝子が受け継がれます

And it has to do/ with too much brain serotonin/ during development,/ which is kind of interesting/ because serotonin is supposed to make/ you calm and relaxed.//

発育中、脳のセロトニンに非常に関係があります セロトニンは、人を落ち着かせたりリラックスさせたりする 効果があるとされているので、とても興味深いですね

But/ if you have this gene,/ in utero/ your brain is bathed in this,/ so/ your whole brain becomes insensitive/ to serotonin,/ so it doesn't work later/ on/ in life.//

しかしこの遺伝子があると 胎児の脳がセロトニンに浸されます そのため脳全体がセロトニンに反応しなくなるのです その後の人生において機能しなくなります

And I'd given this one talk/ in Israel,/ just this past year.//

私はこの話をイスラエルで発表しました ちょうど昨年の事です

And it does have some consequences.//

その事はいくつかの結果をもたらしています

Theoretically/ what this means/ is/ that in order to express this gene,/ in a violent way,/ very early on,/ before puberty,/ you have to be involved in something/ that is really traumatic --/ not a little stress,/ not being spanked or something,/ but really seeing/ violence,/ or being involved in it,/ in 3D.//

理論上この事が意味するのは この遺伝子が思春期よりもずっと早い段階で 暴力的な方法で現れるには ささいなストレスや叩かれたりといった事ではない 本当に心を苦しめるトラウマ的な何かに 関わっている必要があります しかし実際のところ、暴力を見たり 関わったりするのは、三次元空間の中なのです

Right?// That's/ how the mirror neuron system works.//

ミラーニューロンシステムが機能しています

And so,/ if you have that gene,/ and you see a lot of violence/ in a certain situation,/ this is the recipe/ for disaster,/ absolute disaster.//

そのため、この遺伝子を持っていて ある特定の状況で 多くの暴力を目にしたら 目も当てられない状態が起こります

And what I think/ might happen in these areas of the world,/ where we have constant violence,/ you end up/ having generations of kids/ that are seeing all this violence.//

私が考えていることが世界中で 絶えず暴力がある地域で起こるかもしれません 結果としてこの暴力の全てを見る 子供たちの世代となるのです

And/ if I was a young girl,/ somewhere/ in a violent area,/ you know,/ a 14 year old,/ and I want to find/ a mate,/ I'd find some tough guy,/ right,/ to protect me.//

もし私が少女で、暴力事件の多い地域に住む 14歳の少女だったら、仲間を求めるでしょう 自分を守ってくれるタフな男を求めるでしょう

Well/ what the problem is this tends to concentrate/ these genes.//

問題は、この遺伝子が凝縮される傾向にあることです

And now/ the boys/ and the girls get them.//

現代の少年少女たちがこの遺伝子を持っています

So/ I think after several generations,/ and here is the idea,/ we really have a tinderbox.//

そのため、私は数世代後に 危険な状態になるかもしれないと考えています

So that was the idea.//

これは思いつきだったのです

But then/ my mother said to me,/ "I hear/ you've been going around/ talking about psychopathic killers.//

しかし、私の母がこう言ったのです 「精神異常の殺人者について講演をしているそうね

And you're talking/ as if you come from a normal family."//

自分が正常な家の出身であるかのように話しているのね」

I said,/ "What the hell are you talking about?"//

私は言いました、「一体何について話しているの?」

She then told me/ about our own family tree.//

母は私の家族の系譜について話しました

Now/ she blamed this/ on my father's side,/ of course.//

もちろん、母は父方の責任だと非難しています

This was one of these cases,/ because she has no violence/ in her background,/ but my father did.//

母の非難は問題の内の一つです 母方には暴力に 関係した人がいませんが、父方にはいたのです

Well/ she said,/ "There is good news and bad news.//

母は言いました、「いいニュースと悪いニュースがあるわ

One of your cousins is Ezra Cornell,/ founder of Cornell university.//

あなたのいとこは、コーネル大学創設者エズラ・コーネル

But the bad news is/ that your cousin is also Lizzie Borden.//

でも、リジー・ボーデンもあなたのいとこなの」

Now/ I said,/ "Okay,/ so/ what?// We have Lizzie."//

私は言いました、「だから?僕達の縁戚にリジーがいるだけだよ」

She goes,/ "No it gets worse,/ read this book."//

母が「いいえ、更に悪いの、この本を読んで」と言いました

And here is this "Killed Strangely,/"/ and it's this historical book.//

「異常な殺し(Killed Strangely)」という本があります

And the first murder of a mother/ by a son was my great-great-great-great-great-great-grandfather.//

これは史実に基づいた本です 初めての息子による母殺しは 私の7世代前の先祖によるものです

Okay,/ so that's the first case of matricide.//

それが最初の母殺しの事件です

And/ that book is very interesting.// Because it's about witch trials,/ and how people thought back then.//

この本はとても興味深いものです なぜなら魔女裁判や 当時の人々の考えが記されているからです

But it doesn't stop there.//

しかし、これでは終わらないのです

There were seven more men,/ on my father's side,/ starting then,/ Cornells,/ that were all murderers.//

父方のコーネル家の7人の男性が 皆殺人者だったのです

Okay,/ now/ this gives one/ a little pause.//

ちょっと一呼吸しましょうか

(Laughter)/ Because my father/ himself,/ and my three uncles,/ in World War II,/ were all conscientious objectors,/ all pussycats.//

(笑) 第二次世界大戦中、私の父や3人の伯父は皆 良心的兵役拒否者でおとなしい人たちでした しかし、時々リジー・ボーデンのような人が

But every once/ in a while,/ like Lizzie Borden,/ like three times/ a century,/ and we're kind of due.//

100年に3度ほど現れるのです いわば予定されているような感じなのです

(笑)

So the moral of the story is:/ people/ in glass houses shouldn't throw stones.//

この話の教訓は 「我が身をつねって人の痛さを知れ」ですが

But more likely is this.//

むしろこういった感じなのです

(Laughter)/ And we had to take action.// Now/ our kids found out/ about it.//

(笑) 行動を起こすべきだったのです。子供たちはそれに気付きました

And they all seemed to be OK.//

子供たちは皆、大丈夫そうに見えます

But our grandkids are going to be kind of concerned here.//

しかし、孫たちはここで懸念されていることになるでしょう

So/ what we've done/ is I've started to do/ PET scans of everybody/ in the family.//

それで家族全員のPETスキャンを 開始したのです

(Laughter)/ We started to do/ PET scans,/ EEGs/ and genetic analysis to see/ where the bad news is.//

(笑) PETスキャン・EEG・遺伝子分析をして 悪い知らせがどこかにないか見るのです

Now/ the only person --/ it turns out/ one son and one daughter,/ siblings,/ didn't get along/ and their patterns are exactly the same.//

現在、一つの兄弟(息子と娘)だけが 仲が良くなかったということが判明しています 彼らのパターンは全く同じです

They have the same brain,/ and the same EEG.//

同じ脳・EEGを持っています

And now/ they are close/ as can be.//

彼らは今できるだけ近くにいます

But there's gon/na be bad news somewhere.//

しかし、悪いニュースがどこかで起こるでしょう

And we don't know/ where it's going to pop up.//

それがいつ出現するか分かりません

So that's my talk.//

私の話は以上です

(笑)

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

gene

遺伝子

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

psychopathic

精神病[質]の

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

data

『資料』,事実;情報

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

theoretically

理論上,理論的に

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

psychopath

(特に粗暴性のある)精神病者

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

murderer

殺人者,人殺し,謀殺犯

serial

(雑誌などの)連載物;定期刊行物;(テレビ・ラジオなどの)続き物,連続物

続き物の,連続物の

連続している,順次の

orbital

軌道の

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

orbit

(天体・人工衛星の)『軌道』;軌道の1周

(活動・影響・知識の)範囲

(軌道に沿って)…‘の'周りを回る

〈人工衛星〉‘を'軌道に乗せる

軌道に沿って回る,軌道に乗る

interior

〈U〉(物の)『内部』,内側

〈C〉(海岸や国境から遠い)『浅地』,内陸部

〈U〉《the~》

『内部の』

『奥地の』,内陸部の

temporal

時の,時間の

この世の,現世の;俗界の

一時的な,はかない

lobe

耳たぶ

(内臓・組織の)葉(よう)(肺葉・肝葉など)

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

variant

(同種のものと)異なった,別の

異形;(同じ単語の)異なったつづり(発音など)

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

chromosome

染色体

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

probably

『たぶん』,『おそらく』

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

aggressive

侵略的な,攻撃的な

積極的な,反対を恐れない

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

bath

『入浴』;水浴び

(また《おもに米》『bathtub』,《話》『tub』)浴槽(よくそう),ふろ[がま]

『浴室』(bathroom);

《複数形で》(古代の)大浴場

(化学作用を与えるための)浴液;電解そう

‥'を'入浴させる

入浴する

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

insensitive

(精神的・感情的に)鈍感な,感受性の鈍い;(…に)鈍感な《+『to+名』》

(身体的・物質的に)無感覚な;(…を)感じない《+『to+名』》

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

puberty

(受胎能力が生じる)思春期,年ごろ

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

traumatic

外傷性の;精神的損傷の

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

spank

(罰として平手などで)…‘の'しりをピシャリと打つ

(しりへの)平手打ち

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

tinderbox

火口箱(火打ち石など点火用の品を入れた箱)

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

family tree

家系図

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

cousin

『いとこ』

『親類』,縁者

(性質などが)よく似たもの,兄弟分

Ezra

エズラ(紀元前5世紀のヘブライの預言者)

エズラ書(旧約聖書中のエズラが書いたと信じられている一書)

founder

創設者,設立者

okay

=OK,O.K.

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

strangely

『奇妙に』,変に《通例文頭に用いて》奇妙なことに

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

matricide

〈U〉〈C〉母殺し

母殺しをする者

witch

『女の魔法使い』,魔女,女妖術使い

醜い老婆,鬼ばば

魅惑的な女

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

world war

『世界大戦』

conscientious objector

(信仰・信条に基づく)良心的兵役忌避者(《略》『CO,C.O.』)

pussycat

猫 = pussy cat; お人好し(な女), かわいい人

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

OK

Oklahoma

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

sibling

きょうだい[のひとり](兄・弟・姉・妹のどれか)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

関連動画