TED日本語 - ビャルケ・インゲルス: ワープスピードで語る3つの建築の物語

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

デンマークの建築家ビャルケ・インゲルスが、写真やビデオを使い、華やかなエコデザインの物語の数々を駆け抜けます。彼の造る建築は外見が自然であるだけでなく、実際に自然の役割を果たします。風を防ぎ、太陽熱を集め、素晴らしい景観を創り出すのです。

Script

建築についての一般的議論は しばしば建築物という最終結果のみに 重点がおかれます ロンドンの最新の塔は キュウリかソーセージか 性のおもちゃか?

そこで僕たちは考えました プロジェクトの背景にある 物語を伝えられる形式を発明できないだろうか 写真やデッサンや言葉を組み合わせて 建築物の物語を伝えられるように しかしそれは発明する必要がないことが分りました 漫画という形で既に存在していたからです

僕らは基本的に 漫画本の形式を使い 舞台裏で プロジェクトがどうやって 臨機応変に適応しながら進化していくかという 物語を語ることにしました 現実の世界でのさまざまな出来事や混乱 機会を通して語るのです その漫画本は"Yes is More"です この本は 僕らの英雄達のアイデアを進化させたものです

これは ミース ファン デル ローエの"Less is More" (質素なほど豊か) 彼はモダニズム革命を引き起こしました 続いてポストモダンの反動が起きます ロバート・ヴェンチューリは"Less is bore" (質素なんて退屈)と唱え 彼の後にはフィリップ ジョンソンが… (笑) 「私は売春婦だ」という言葉で、雑婚というか、 新しい考えに対するオープンさを示しました 最近ではオバマが世界的金融危機の中で "Yes we can!"という楽観主義を打ち出しました

僕達が"Yes is More"で言いたいことは 建築におけるアバンギャルドが 常に自らが反対するものへの否定形で定義づけられることに対し 疑問を投げかけることです 急進的な建築家の典型は 体制に反抗する怒れる若者です あるいは自分の考えに合わない世間に対して不満を抱く 理解されない天才というイメージ 僕らはREVOLUTION (革命)よりはむしろEVOLUTION (進化)に興味があります 世界の変化に臨機応変に 適応することで徐々に 進化するという考えです

実際僕たちのデザインプロセスを一番よく説明しているのは ダーウィンだと思います 彼の有名な進化の木は 僕たちの仕事の仕方を記述した図のようです プロジェクトは一連の デザイン会議を経て進化していきます それぞれの会議で膨大なアイデアが出されます 最良のアイデアのみが生き残ります そして建築的選択のプロセスを通して 大変美しいモデルが選ばれたり 非常に機能的なモデルが選ばれたりします それをかけ合わせることで変種の子供が生まれます そしてこの何代にも渡るデザイン会議を経て ひとつのデザインに到達します

これを文字通り示しているのは 僕達がやったコペンハーゲンの図書館兼ホテルのプロジェクトです デザインプロセスは大変過酷で まるで生存競争のようでした しかし徐々にアイデアが発展していきました 周辺の街と溶け合うような 合理的タワーというアイデア ローマのスペイン階段のスカンジナビア版とでも言うべき 公共の空間が広がり 内側にも 公共の場と 図書館があります

ダーウィンが説明するのは一つのアイデアの進化だけではありません ご覧のように 亜種が枝分かれすることもあります デザイン会議ではよく 素晴らしいアイデアなのだけど 今の文脈には合わないというものがあります しかし他の文化の他の顧客なら ピッタリ当てはまるかもしれません そのため 僕らはどんなアイデアも破棄せず オフィスは 建築の生物多様性の 貯蔵庫みたいになっています 役に立つときが来るかも知れないからです

さて この超高速に語る物語で 僕がやりたいことは 二つのプロジェクトがどのようにして 世界の偶発的出来事に 臨機応変に適応し 進化して行ったかを語ることです 最初の物語は 2010年上海万博の デンマーク館パビリオンのコンペで 昨年 上海へ行ったところから始まります そこで 海宝(Haibao)に出会いました 万博のマスコットです 彼には妙に懐かしいものを覚えました スウェーデン北部のホテルのために 僕たちが設計した建物にそっくりだったのです コンペにそのデザインを提出したとき とても粋な計画だと思いました でもその外見はスウェーデン風とは言いがたく スウェーデンの審査員もそう思わなかったので 僕らは負けました

しかしその後に会った中国人の実業家が そのデザインを見て言ったのです 「あれ、これは漢字の"人"という字ですね」 (笑) そうなんです 中国では "人"をこうやって書くみたいです 念のため確認しました 同じ時期に僕達は 上海の 国際創意産業活動週間に招待されました これは滅多とないチャンスだと思い 風水師を雇い 建物を中国規模の3倍に拡大して 中国に行きました (笑) 「人々の建物」と名づけました 建築模型を熱心に見ている僕たちの通訳の二人です

新聞の一面に掲載され 陳良宇 上海市長も 見に来てくれました 僕達はプロジェクトを説明しました 上海は世界中で 最も高層建築が多い都市です でも彼にとっては まるで根っ子とのつながりが絶たれているようで 中国の古くからの知恵と 進歩的な未来の中国との間にある溝を「人々の建物」が 埋めてくれるかもしれないと 彼は言っていました もちろん僕たちも全く同じ考えであることを伝えました (笑) (拍手) 残念なことに 陳氏は現在汚職で刑務所にいます (笑)

それにしても 海宝はとても親しみがもてます なぜなら彼は実際 漢字で"人"を表し マスコットに選ばれたのも 万博のテーマが「より良い街、より良い生活」だからです そして環境にやさしいということ 環境にやさしいというのはどうも 苦しい思いをして善行をしなければならない ネオプロテスタンティズムみたいになっています

長く温かいシャワーを浴びるのは止める 飛行機で休暇旅行なんてもってのほか だんだんと持続可能な生活とは普段の生活より 面白みにかけると思い始めます そこで僕達は 持続可能な都市が 生活の質を 向上させられる例に焦点を当てたら 面白いんじゃないかと思いました

こうも考えました デンマークと中国を関係づける 何かを見せられないか? 一方は世界最大の国のひとつ、一方は最小の国のひとつ 中国の象徴は龍で 一方デンマークの国歌鳥は白鳥です (笑) 中国にはたくさんの偉大な詩人がいます

でも中国の 公立学校では 安徒生の三つの童話が教えられているのです 僕達の国のアンデルセンです これは 13億人の人が皆 裸の王様や マッチ売りの少女 人魚姫と育ったことを意味します それはまるで デンマーク文化のかけらが 中国文化に溶け込んだかのようです

中国でもっとも有名な観光名所は 万里の長城です 万里の長城は月から見える唯一の人工物です デンマークでもっとも有名な観光名所は人魚姫です 運河ツアーに参加しても見るのは困難です (笑)

これらは二つの都市の違いです コペンハーゲン、上海 モダン、ヨーロピアン しかし上海の発展を調べて分ったのですが 30年前の上海の通りは このように自転車ばかりで 車はありませんでした これが今日の様子です いつも渋滞 多くの場所で自転車は禁止されました

その間コペンハーゲンでは 自転車走行路を拡大しています 3人に1人が自転車で通勤します シティバイクという無料のサービスもあります コペンハーゲンで自転車を借りられます そこで思いついたのは 中国に自転車を再導入したらどうか? 上海に1000台の自転車を寄付します 万博に来たら真っ先にデンマーク館に来てもらい それからデンマーク製の自転車で他のパビリオンを周ってもらうのです

上海もコペンハーゲンも港町です でもコペンハーゲンの水は 泳げるほどきれいになりました 僕達が最初に手がけたプロジェクトのひとつは コペンハーゲン港の水浴場です 公共の場が水の中まで続いています 万博では 国家資金による多くの 宣伝 イメージ 声明がよく見られますが 本物の経験は伴いません 僕たちは自転車の話をするのではなく 試してもらうのです 水の話をする代わりに 100万リットルの港の水をコペンハーゲンから 上海へと船で運びます 勇気のある中国人なら飛び込んで きれいさを肌で感じることができます

コペンハーゲンから中国まで水を運んでくるなんて 持続的とは言えないと反対する人がいるかもしれません でも貨物船は積荷をいっぱいにして 中国からデンマークに行くと 積み荷を空にして戻ってきます 船を安定させるため水を積み込んで だから無料でヒッチハイクすることができます

この港の水浴場の真ん中には 本物の人魚姫をおくつもりです 本物の人魚姫 本物の水 そして本物の自転車 人魚姫が出張中は 中国人の芸術家を招き 人魚姫を再解釈したものを展示します パビリオンの建物は展示場と自転車の ループのようになっていて 展示場に行くと人魚姫とプールが見えます ぶらぶら歩いていくと 屋根の上に自転車を見つけます 飛び乗ってそのまま他の展示会場へ行けます

実際このコンペに優勝したので プロジェクトを説明するため中国で展示会を開きました 驚いたことに中国の国家検閲から 僕達の展示ボードの一つに修正が入りました 最初の訂正は 中国の地図に台湾が抜けていたこと 中国では非常に重大な政治問題なので 追加するつもりです 二番目は 白鳥と龍を対比させた部分ですが 中国当局はこう言いました 「パンダへの変更を提案」 (笑) (拍手)

一方デンマークでは 国の指定記念物を 移動させるというので 人民党が反対意見を申し立てました 人魚姫の移送を禁止する法案を可決しようとしました 僕は初めて国会で意見を述べるよう呼び出されました それは結構おもしろかったです というのも朝の9時から11時まで 彼らはデンマーク経済を救うためには救済資金を 何十億クローネ投入すべきか議論していたのが 11時になると そんな些末な問題の議論は止めて 11時から1時まで 中国に 人魚姫を送るかどうかで激論を交わすのです (笑) (拍手)

結果を言うと 来年の5月から12月までは 人魚姫が見たければ コペンハーゲンにはこないでください 彼女は上海にいます コペンハーゲンに来たら 代わりに中国人の芸術家 艾未未の展示品が見られるでしょう もっとも 中国政府が介入したら― パンダになるかもしれません (笑)

2番目の物語は 僕の自宅から始まります これは僕のアパートです これがアパートから見た風景です 僕達のクライアントがディカプリオのバルコニーと呼んでいる 三角形のバルコニーからの眺めです それがこのような垂直の裏庭を形作っています 天気の良い夏の日には 垂直方向に 半径 10メートル以内のすべての隣人と知合いになれます 建物は四角いブロックをゆがめたような感じになっています ジグザグに組むことで どの部屋も 正面に別なアパートではなく 風景が見られるようになっています

最近までは これが僕のアパートから見える景色でした 僕達のクライアントが隣の土地を購入するまでは 彼は立体駐車場の横にアパートを 建設するつもりでした 僕たちは思いました 退屈な駐車場と向き合った 従来的な部屋の積み重ねにするのはやめて すべての部屋がペントハウスというアパートを 駐車場を土台にして建てたらどうだろう

コペンハーゲンは全くの平地なので 景色の良い南向きの斜面がほしければ 自分で作らなければなりません そして 僕のアパートからの景色を遮らないよう 建物の形を少々削りました (笑) 基本的に駐車場はアパートの土台部分の 日のあたらない場所に位置します

そして日のあたる上の場所に 一層のアパートがあります これは混み合った都市域の中にあって 都市を眺める庭のある素晴らしい郊外のライフスタイルを 実現しています これは 最初の建築モデルです これは去年の夏の航空写真です アパートが駐車場を覆っています 斜勾配エレベーターでアクセスします 実際スイスで使われている製品です スイスの自然には斜勾配エレベーターが必要だからです (笑)

駐車場の外観です 駐車場は自然換気させたかったので 穴をあけてあります 穴のサイズを変えることによって 外壁全体を 巨大な自然換気する ラスタ画像に変えられることに 気付きました 僕達はこのプロジェクトを「マウンテン」と呼んでいたので 日本人のヒマラヤ写真家に エベレスト山の美しい写真を依頼して 壁面全体を3000平方メートルの芸術品に変えました (拍手)

駐車場にもどって 廊下に入ると 車と色彩の空間から 南向きの都市のオアシスへ パラレルワールドを旅するようです アパートは木目で外壁も木造です その先は このような緑の庭です この「マウンテン」に降る雨のしずくは 蓄積されます そして自動灌漑システムが このような庭の景色を1、2年で カンボシアの寺院跡のように 緑でおおいつくされた景色へと 変貌させるでしょう

「マウンテン」は僕達が 建築の錬金術と呼ぶ 最初の建設例です このアイデアは 金ではないけれども 普通のアパートや駐車場という 伝統的な材料を まぜて 付加価値を加えています この場合 人々は 庭のある生活か都市の生活かを 選ぶのでなく 両方もつことが出来ます

建築家は 予定を組むのが難しいです 中央アジアでエコな都市でも造ろうかな というわけにはいきません そういう風に依頼はきません 機会や出来事 そして世の中の事情に 常に臨機応変に順応することが 強いられます

最後の例ですが 最近 昨年の夏 とある北欧の国立銀行を 設計するコンペに優勝しました これが銀行の頭取です 彼がまだ笑っていられた頃の (笑) 首都の中心にあり 僕達はこのチャンスに奮い立ちました 残念ながら それはアイスランドの国立銀行でした

同じ時期 アゼルバイジャンの 大臣の訪問を受けました 彼にあの「マウンテン」を見せると 彼はこの建築物で山を作るというアイデアに 大そう興味をしめしました アゼルバイジャンは中央アジアのアルプスとして知られているからです 首都近くの島に アゼルバイジャンでもっとも美しい7つの山の シルエットを再現するという 都市計画を作ってもらえないかと 頼まれました

僕たちは依頼を引き受けました そうして作った短い映像を ご覧いただこうと思います 僕らはよく短い映像をつくります サウンドトラックで いつも口論になります でもこの場合は選ぶのがしごく簡単でした 基本的にバクーは三日月型の湾で 僕らの計画する島 ジラ島を見渡せます 彼らの国旗の図像に似ています 僕達の主なアイデアは アゼルバイジャンのもっとも美しい山の 地形を象って そして これらを人が住める都市や 建築的構造に移し替えます セントラルパークのような 中央の緑の谷を囲むように それらの山を島に配置します

この興味深い点は その島は現在 砂漠状態で 植物が育ちません 水もなく エネルギーも資源もない 実際僕達は島全体を単体のエコシステムとして設計し 風力で海水淡水化工場を稼動し 水の保温性を使って 建物の冷暖房をします そしてすべての余剰淡水や排水は 有機的に濾過して周辺地形へと流し 徐々に砂漠の島を 緑の 青々とした景色へと変貌させます

都市開発は通常 自然に犠牲を強いますが この場合は 自然を創るといえます そして建物は山のイメージを 思い起こさせるだけでなく 実際に山の役割を果します それらは 風をさえぎり 太陽エネルギーを蓄積し 水を蓄積します ですから これは実際島全体を 一個のエコシステムに変貌させます

僕らは最近マスタープランを提示して それは承認されました そしてこの夏 最初の二つの山の 実施設計図に取りかかります これは中央アジアで最初のカーボンニュートラルの 島になります (拍手) 最後の締めくくりに コペンハーゲンの「マウンテン」が アゼルバイジャンの「セブンピークス」に 進化していく様子をご覧いただけたと思います 少しばかりの運と もうちょっとの進化で 10年後には火星の5つの山ができているかもしれません ありがとうございます (拍手)

The public debate about architecture quite often just stays on contemplating the final result, the architectural object. Is the latest tower in London a gherkin or a sausage or a sex tool?

So recently, we asked ourselves if we could invent a format that could actually tell the stories behind the projects, maybe combining images and drawings and words to actually sort of tell stories about architecture. And we discovered that we didn't have to invent it, it already existed in the form of a comic book.

So we basically copied the format of the comic book to actually tell the stories of behind the scenes, how our projects actually evolve through adaptation and improvisation. Sort of through the turmoil and the opportunities and the incidents of the real world. We call this comic book "Yes is More," which is obviously a sort of evolution of the ideas of some of our heroes.

In this case it's Mies van der Rohe's Less is More. He triggered the modernist revolution. After him followed the post-modern counter-revolution, Robert Venturi saying, "Less is a bore." After him, Philip Johnson sort of introduced (Laughter) you could say promiscuity, or at least openness to new ideas with, "I am a whore." Recently, Obama has introduced optimism at a sort of time of global financial crisis.

And what we'd like to say with "Yes is More" is basically trying to question this idea that the architectural avant-garde is almost always negatively defined, as who or what we are against. The cliche of the radical architect is the sort of angry young man rebelling against the establishment. Or this idea of the misunderstood genius, frustrated that the world doesn't fit in with his or her ideas. Rather than revolution, we're much more interested in evolution, this idea that things gradually evolve by adapting and improvising to the changes of the world.

In fact, I actually think that Darwin is one of the people who best explains our design process. His famous evolutionary tree could almost be a diagram of the way we work. As you can see, a project evolves through a series of generations of design meetings. At each meeting, there's way too many ideas. Only the best ones can survive. And through a process of architectural selection, we might choose a really beautiful model or we might have a very functional model. We mate them. They have sort of mutant offspring. And through these sort of generations of design meetings we arrive at a design.

A very literal way of showing it is a project we did for a library and a hotel in Copenhagen. The design process was really tough, almost like a struggle for survival, but gradually an idea evolved: this sort of idea of a rational tower that melts together with the surrounding city, sort of expanding the public space onto what we refer to as a Scandinavian version of the Spanish Steps in Rome, but sort of public on the outside, as well as on the inside, with the library.

But Darwin doesn't only explain the evolution of a single idea. As you can see, sometimes a subspecies branches off. And quite often we sit in a design meeting and we discover that there is this great idea. It doesn't really work in this context. But for another client in another culture, it could really be the right answer to a different question. So as a result, we never throw anything out. We keep our office almost like an archive of architectural biodiversity. You never know when you might need it.

And what I'd like to do now, in an act of warp-speed storytelling, is tell the story of how two projects evolved by adapting and improvising to the happenstance of the world. The first story starts last year when we went to Shanghai to do the competition for the Danish National Pavilion for the World Expo in 2010. And we saw this guy, Haibao. He's the mascot of the expo, and he looks strangely familiar. In fact he looked like a building we had designed for a hotel in the north of Sweden. When we submitted it for the Swedish competition we thought it was a really cool scheme, but it didn't exactly look like something from the north of Sweden. The Swedish jury didn't think so either. So we lost.

But then we had a meeting with a Chinese businessman who saw our design and said, "Wow, that's the Chinese character for the word 'people.'" (Laughter) So, apparently this is how you write "people," as in the People's Republic of China. We even double checked. And at the same time, we got invited to exhibit at the Shanghai Creative Industry Week. So we thought like, this is too much of an opportunity, so we hired a feng shui master. We scaled the building up three times to Chinese proportions, and went to China. (Laughter) So the People's Building, as we called it. This is our two interpreters, sort of reading the architecture.

It went on the cover of the Wen Wei Po newspaper, which got Mr. Liangyu Chen, the mayor of Shanghai, to visit the exhibition. And we had the chance to explain the project. And he said, "Shanghai is the city in the world with most skyscrapers," but to him it was as if the connection to the roots had been cut over. And with the People's Building, he saw an architecture that could bridge the gap between the ancient wisdom of China and the progressive future of China. So we obviously profoundly agreed with him. (Laughter) (Applause) Unfortunately, Mr. Chen is now in prison for corruption. (Laughter)

But like I said, Haibao looked very familiar, because he is actually the Chinese character for "people." And they chose this mascot because the theme of the expo is "Better City, Better Life." Sustainability. And we thought, sustainability has grown into being this sort of neo-Protestant idea that it has to hurt in order to do good.

You know, you're not supposed to take long, warm showers. You're not supposed to fly on holidays because it's bad for the environment. Gradually, you get this idea that sustainable life is less fun than normal life. So we thought that maybe it could be interesting to focus on examples where a sustainable city actually increases the quality of life.

We also asked ourselves, what could Denmark possibly show China that would be relevant? You know, it's one of the biggest countries in the world,one of the smallest. China symbolized by the dragon. Denmark, we have a national bird, the swan. (Laughter) China has many great poets,

but we discovered that in the People's Republic public school curriculum, they have three fairy tales by An Tu Sheng, or Hans Christian Anderson, as we call him. So that means that all 1.3 billion Chinese have grown up with "The Emperor's New Clothes," "The Matchstick Girl" and "The Little Mermaid." It's almost like a fragment of Danish culture integrated into Chinese culture.

The biggest tourist attraction in China is the Great Wall. The Great Wall is the only thing that can be seen from the moon. The big tourist attraction in Denmark is The Little Mermaid. That can actually hardly be seen from the canal tours. (Laughter)

And it sort of shows the difference between these two cities. Copenhagen, Shanghai, modern, European. But then we looked at recent urban development, and we noticed that this is like a Shanghai street,30 years ago. All bikes, no cars. This is how it looks today; all traffic jam. Bicycles have become forbidden many places.

Meanwhile, in Copenhagen we're actually expanding the bicycle lanes. A third of all the people commute by bike. We have a free system of bicycles called the City Bike that you can borrow if you visit the city. So we thought, why don't we reintroduce the bicycle in China? We donate 1,000 bikes to Shanghai. So if you come to the expo, go straight to the Danish pavilion, get a Danish bike, and then continue on that to visit the other pavilions.

Like I said, Shanghai and Copenhagen are both port cities, but in Copenhagen the water has gotten so clean that you can actually swim in it. One of the first projects we ever did was the harbor bath in Copenhagen, sort of continuing the public realm into the water. So we thought that these expos quite often have a lot of state financed propaganda, images, statements, but no real experience. So just like with a bike, we don't talk about it. You can try it. Like with the water, instead of talking about it, we're going to sail a million liters of harbor water from Copenhagen to Shanghai, so the Chinese who have the courage can actually dive in and feel how clean it is.

This is where people normally object that it doesn't sound very sustainable to sail water from Copenhagen to China. But in fact, the container ships go full of goods from China to Denmark, and then they sail empty back. So quite often you load water for ballast. So we can actually hitch a ride for free.

And in the middle of this sort of harbor bath, we're actually going to put the actual Little Mermaid. So the real Mermaid, the real water, and the real bikes. And when she's gone, we're going to invite a Chinese artist to reinterpret her. The architecture of the pavilion is this sort of loop of exhibition and bikes. When you go to the exhibition, you'll see the Mermaid and the pool. You'll walk around, start looking for a bicycle on the roof, jump on your ride and then continue out into the rest of the expo.

So when we actually won the competition we had to do an exhibition in China explaining the project. And to our surprise we got one of our boards back with corrections from the Chinese state censorship. The first thing, the China map missed Taiwan. It's a very serious political issue in China. We will add on. The second thing, we had compared the swan to the dragon, and then the Chinese state said, "Suggest change to panda." (Laughter) (Applause)

So, when it came out in Denmark that we were actually going to move our national monument, the National People's Party sort of rebelled against it. They tried to pass a law against moving the Mermaid. So for the first time, I got invited to speak at the National Parliament. It was kind of interesting because in the morning, from 9 to 11, they were discussing the bailout package -- how many billions to invest in saving the Danish economy. And then at 11 o'clock they stopped talking about these little issues. And then from 11 to 1, they were debating whether or not to send the Mermaid to China. (Laughter) (Applause)

But to conclude, if you want to see the Mermaid from May to December next year, don't come to Copenhagen, because she's going to be in Shanghai. If you do come to Copenhagen, you will probably see an installation by Ai Weiwei, the Chinese artist. But if the Chinese government intervenes, it might even be a panda. (Laughter)

So the second story that I'd like to tell is, actually starts in my own house. This is my apartment. This is the view from my apartment, over the sort of landscape of triangular balconies that our client called the Leonardo DiCaprio balcony. And they form this sort of vertical backyard where, on a nice summer day, you'll actually get introduced to all your neighbors in a vertical radius of 10 meters. The house is sort of a distortion of a square block. Trying to zigzag it to make sure that all of the apartments look at the straight views, instead of into each other.

Until recently, this was the view from my apartment, onto this place where our client actually bought the neighbor site. And he said that he was going to do an apartment block next to a parking structure. And we thought, rather than doing a traditional stack of apartments looking straight into a big boring block of cars, why don't we turn all the apartments into penthouses, put them on a podium of cars.

And because Copenhagen is completely flat, if you want to have a nice south-facing slope with a view, you basically have to do it yourself. Then we sort of cut up the volume, so we wouldn't block the view from my apartment. (Laughter) And essentially the parking is sort of occupying the deep space underneath the apartments.

And up in the sun, you have a single layer of apartments that combine all the splendors of a suburban lifestyle, like a house with a garden with a sort of metropolitan view, and a sort of dense urban location. This is our first architectural model. This is an aerial photo taken last summer. And essentially, the apartments cover the parking. They are accessed through this diagonal elevator. It's actually a stand-up product from Switzerland, because in Switzerland they have a natural need for diagonal elevators. (Laughter)

And the facade of the parking, we wanted to make the parking naturally ventilated, so we needed to perforate it. And we discovered that by controlling the size of the holes, we could actually turn the entire facade into a gigantic, naturally ventilated, rasterized image. And since we always refer to the project as The Mountain, we commissioned this Japanese Himalaya photographer to give us this beautiful photo of Mount Everest, making the entire building a 3,000 square meter artwork. (Applause)

So if you go back into the parking, into the corridors, it's almost like traveling into a parallel universe from cars and colors, into this sort of south-facing urban oasis. The wood of your apartment continues outside becoming the facades. If you go even further, it turns into this green garden. And all the rainwater that drops on the Mountain is actually accumulated. And there is an automatic irrigation system that makes sure that this sort of landscape of gardens, in one or two years it will sort of transform into a Cambodian temple ruin, completely covered in green.

So, the Mountain is like our first built example of what we like to refer to as architectural alchemy. This idea that you can actually create, if not gold, then at least added value by mixing traditional ingredients, like normal apartments and normal parking, and in this case actually offer people the chance that they don't have to choose between a life with a garden or a life in the city. They can actually have both.

As an architect, it's really hard to set the agenda. You can't just say that now I'd like to do a sustainable city in central Asia, because that's not really how you get commissions. You always have to sort of adapt and improvise to the opportunities and accidents that happen, and the sort of turmoil of the world.

One last example is that recently we, like last summer, we won the competition to design a Nordic national bank. This was the director of the bank when he was still smiling. (Laughter) It was in the middle of the capital so we were really excited by this opportunity. Unfortunately, it was the national bank of Iceland.

At the same time, we actually had a visitor -- a minister from Azerbaijan came to our office. We took him to see the Mountain. And he got very excited by this idea that you could actually make mountains out of architecture, because Azerbaijan is known as the Alps of Central Asia. So he asked us if we could actually imagine an urban master plan on an island outside the capital that would recreate the silhouette of the seven most significant mountains of Azerbaijan.

So we took the commission. And we made this small movie that I'd like to show. We quite often make little movies. We always argue a lot about the soundtrack, but in this case it was really easy to choose the song. So basically, Baku is this sort of crescent bay overlooking the island of Zira, the island that we are planning -- almost like the diagram of their flag. And our main idea was to sort of sample the seven most significant mountains of the topography of Azerbaijan and reinterpret them into urban and architectural structures, inhabitable of human life. Then we place these mountains on the island, surrounding this sort of central green valley, almost like a central park.

And what makes it interesting is that the island right now is just a piece of desert. It has no vegetation. It has no water. It has no energy, no resources. So we actually sort of designed the entire island as a single ecosystem, exploiting wind energy to drive the desalination plants, and to use the thermal properties of water to heat and cool the buildings. And all the sort of excess freshwater wastewater is filtered organically into the landscape, gradually transforming the desert island into sort of a green, lush landscape.

So, you can say where an urban development normally happens at the expense of nature, in this case it's actually creating nature. And the buildings, they don't only sort of invoke the imagery of the mountains, they also operate like mountains. They create shelter from the wind. They accumulate the solar energy. They accumulate the water. So they actually transform the entire island into a single ecosystem.

So we recently presented the master plan, and it has gotten approved. And this summer we are starting the construction documents of the two first mountains, in what's going to be the first carbon-neutral island in Central Asia. (Applause) Yes, maybe just to round off. So in a way you can see how the Mountain in Copenhagen sort of evolved into the Seven Peaks of Azerbaijan. With a little luck and some more evolution, maybe in 10 years it could be the Five Mountains on Mars. Thank you. (Applause)

The public debate/ about architecture quite often just stays on contemplating the final result,/ the architectural object.//

建築についての一般的議論は しばしば建築物という最終結果のみに 重点がおかれます

Is the latest tower in London/ a gherkin or a sausage or a sex tool?//

ロンドンの最新の塔は キュウリかソーセージか 性のおもちゃか?

So recently,/ we asked ourselves/ if we could invent a format/ that could actually tell the stories/ behind the projects,/ maybe/ combining images and drawings and words/ to actually/ sort of tell stories/ about architecture.//

そこで僕たちは考えました プロジェクトの背景にある 物語を伝えられる形式を発明できないだろうか 写真やデッサンや言葉を組み合わせて 建築物の物語を伝えられるように

And we discovered/ that we didn't have to invent/ it,/ it already existed in the form of a comic book.//

しかしそれは発明する必要がないことが分りました 漫画という形で既に存在していたからです

So we basically copied the format of the comic book/ to actually tell the stories of behind the scenes,/ how our projects actually evolve through adaptation/ and improvisation.//

僕らは基本的に 漫画本の形式を使い 舞台裏で プロジェクトがどうやって 臨機応変に適応しながら進化していくかという 物語を語ることにしました

Sort of through the turmoil and the opportunities and the incidents of the real world.//

現実の世界でのさまざまな出来事や混乱 機会を通して語るのです

We call this comic book "Yes is More,/"/ which is obviously a sort of evolution of the ideas of some of our heroes.//

その漫画本は"Yes is More"です この本は 僕らの英雄達のアイデアを進化させたものです

In this case/ it's Mies van der Rohe's Less is More.//

これは ミース ファン デル ローエの"Less is More" (質素なほど豊か)

彼はモダニズム革命を引き起こしました

After him followed the post-modern counter-revolution,/ Robert Venturi/ saying,/ "Less is a bore."//

続いてポストモダンの反動が起きます ロバート・ヴェンチューリは"Less is bore" (質素なんて退屈)と唱え

After him,/ Philip Johnson sort of introduced (Laughter)/ you could say promiscuity,/ or at least openness to new ideas with,/ "I am a whore."//

彼の後にはフィリップ ジョンソンが… (笑) 「私は売春婦だ」という言葉で、雑婚というか、 新しい考えに対するオープンさを示しました

Recently,/ Obama has introduced optimism/ at a sort of time of global financial crisis.//

最近ではオバマが世界的金融危機の中で "Yes we can!"という楽観主義を打ち出しました

And what we'd like to say/ with "Yes is More"/ is basically trying to question/ this idea/ that the architectural avant-garde is almost always negatively defined,/ as who or what we are against.//

僕達が"Yes is More"で言いたいことは 建築におけるアバンギャルドが 常に自らが反対するものへの否定形で定義づけられることに対し 疑問を投げかけることです

The cliche of the radical architect is the sort of angry young man/ rebelling against the establishment.//

急進的な建築家の典型は 体制に反抗する怒れる若者です

Or this idea of the misunderstood genius,/ frustrated/ that the world doesn't fit in/ with his or her ideas.//

あるいは自分の考えに合わない世間に対して不満を抱く 理解されない天才というイメージ

Rather/ than revolution,/ we're much more interested/ in evolution,/ this idea/ that things gradually evolve by adapting and improvising/ to the changes of the world.//

僕らはREVOLUTION (革命)よりはむしろEVOLUTION (進化)に興味があります 世界の変化に臨機応変に 適応することで徐々に 進化するという考えです

In fact,/ I actually think/ that Darwin is one of the people/ who best explains our design process.//

実際僕たちのデザインプロセスを一番よく説明しているのは ダーウィンだと思います

His famous evolutionary tree could almost be a diagram of the way/ we work.//

彼の有名な進化の木は 僕たちの仕事の仕方を記述した図のようです

As you can see,/ a project evolves through a series of generations of design meetings.//

プロジェクトは一連の デザイン会議を経て進化していきます

At each meeting,/ there's way/ too many ideas.//

それぞれの会議で膨大なアイデアが出されます

Only the best ones can survive.//

最良のアイデアのみが生き残ります

And through a process of architectural selection,/ we might choose a really beautiful model/ or we might have a very functional model.//

そして建築的選択のプロセスを通して 大変美しいモデルが選ばれたり 非常に機能的なモデルが選ばれたりします

We mate them.// They have sort of mutant offspring.//

それをかけ合わせることで変種の子供が生まれます

And through these sort of generations of design meetings/ we arrive at a design.//

そしてこの何代にも渡るデザイン会議を経て ひとつのデザインに到達します

A very literal way of showing it is a project/ we did for a library and a hotel/ in Copenhagen.//

これを文字通り示しているのは 僕達がやったコペンハーゲンの図書館兼ホテルのプロジェクトです

The design process was really tough,/ almost/ like a struggle/ for survival,/ but gradually/ an idea evolved:/ this sort of idea of a rational tower/ that melts together/ with the surrounding city,/ sort of expanding the public space/ onto what we refer to/ as a Scandinavian version of the Spanish Steps/ in Rome,/ but sort of public/ on the outside,/ as well as/ on the inside,/ with the library.//

デザインプロセスは大変過酷で まるで生存競争のようでした しかし徐々にアイデアが発展していきました 周辺の街と溶け合うような 合理的タワーというアイデア ローマのスペイン階段のスカンジナビア版とでも言うべき 公共の空間が広がり 内側にも 公共の場と 図書館があります

But Darwin doesn't only explain the evolution of a single idea.//

ダーウィンが説明するのは一つのアイデアの進化だけではありません

As you can see,/ sometimes/ a subspecies branches off.//

ご覧のように 亜種が枝分かれすることもあります

And quite often/ we sit in a design meeting/ and we discover/ that there is this great idea.//

デザイン会議ではよく 素晴らしいアイデアなのだけど

It doesn't really work in this context.//

今の文脈には合わないというものがあります

But/ for another client/ in another culture,/ it could really be the right answer/ to a different question.//

しかし他の文化の他の顧客なら ピッタリ当てはまるかもしれません

So/ as a result,/ we never throw anything out.//

そのため 僕らはどんなアイデアも破棄せず

We keep our office almost/ like an archive of architectural biodiversity.//

オフィスは 建築の生物多様性の 貯蔵庫みたいになっています

You never know/ when you might need it.//

役に立つときが来るかも知れないからです

And what I'd like to do now,/ in an act of warp-speed storytelling,/ is tell the story of how two projects evolved by adapting and improvising/ to the happenstance of the world.//

さて この超高速に語る物語で 僕がやりたいことは 二つのプロジェクトがどのようにして 世界の偶発的出来事に 臨機応変に適応し 進化して行ったかを語ることです

The first story starts last year/ when we went to Shanghai/ to do the competition/ for the Danish National Pavilion/ for the World Expo/ in 2010.//

最初の物語は 2010年上海万博の デンマーク館パビリオンのコンペで 昨年 上海へ行ったところから始まります

And we saw this guy,/ Haibao.//

そこで 海宝(Haibao)に出会いました

He's the mascot of the expo,/ and he looks strangely familiar.//

万博のマスコットです 彼には妙に懐かしいものを覚えました

In fact/ he looked like a building/ we had designed for a hotel/ in the north of Sweden.//

スウェーデン北部のホテルのために 僕たちが設計した建物にそっくりだったのです

When we submitted it/ for the Swedish competition/ we thought it was a really cool scheme,/ but it didn't exactly look like something/ from the north of Sweden.//

コンペにそのデザインを提出したとき とても粋な計画だと思いました でもその外見はスウェーデン風とは言いがたく

The Swedish jury didn't think so either.// So we lost.//

スウェーデンの審査員もそう思わなかったので 僕らは負けました

But then/ we had a meeting/ with a Chinese businessman/ who saw our design/ and said,/ "Wow,/ that's the Chinese character/ for the word/ 'people.'//"/ (Laughter) So,/ apparently/ this is/ how you write "people,/"/ as in the People's Republic of China.//

しかしその後に会った中国人の実業家が そのデザインを見て言ったのです 「あれ、これは漢字の"人"という字ですね」 (笑) そうなんです 中国では "人"をこうやって書くみたいです

念のため確認しました

And at the same time,/ we got invited to exhibit/ at the Shanghai Creative Industry Week.//

同じ時期に僕達は 上海の 国際創意産業活動週間に招待されました

So/ we thought like,/ this is too much of an opportunity,/ so we hired a feng shui master.//

これは滅多とないチャンスだと思い 風水師を雇い

We scaled the building up/ three times/ to Chinese proportions,/ and went to China.//

建物を中国規模の3倍に拡大して 中国に行きました

(Laughter)/ So the People's Building,/ as we called it.//

(笑) 「人々の建物」と名づけました

This is our two interpreters,/ sort of reading the architecture.//

建築模型を熱心に見ている僕たちの通訳の二人です

It went on the cover of the Wen Wei Po newspaper,/ which got Mr.// Liangyu Chen,/ the mayor of Shanghai,/ to visit the exhibition.//

新聞の一面に掲載され 陳良宇 上海市長も 見に来てくれました

And we had the chance/ to explain the project.//

僕達はプロジェクトを説明しました

And he said,/ "Shanghai is the city/ in the world/ with most skyscrapers,/"/ but to him/ it was/ as if the connection/ to the roots had been cut over.//

上海は世界中で 最も高層建築が多い都市です でも彼にとっては まるで根っ子とのつながりが絶たれているようで

And with the People's Building,/ he saw an architecture/ that could bridge the gap/ between the ancient wisdom of China and the progressive future of China.//

中国の古くからの知恵と 進歩的な未来の中国との間にある溝を「人々の建物」が 埋めてくれるかもしれないと 彼は言っていました

So/ we obviously profoundly agreed with him.//

もちろん僕たちも全く同じ考えであることを伝えました

(Laughter) (Applause) Unfortunately,/ Mr.// Chen is now in prison/ for corruption.//

(笑) (拍手) 残念なことに 陳氏は現在汚職で刑務所にいます

(笑)

But/ like I said,/ Haibao looked very familiar,/ because he is actually the Chinese character/ for "people."//

それにしても 海宝はとても親しみがもてます なぜなら彼は実際 漢字で"人"を表し

And they chose this mascot/ because the theme of the expo is "Better City,/ Better Life."//

マスコットに選ばれたのも 万博のテーマが「より良い街、より良い生活」だからです

Sustainability.//

そして環境にやさしいということ

And/ we thought,/ sustainability has grown into being this sort of neo-Protestant idea/ that it has to hurt/ in order to do good.//

環境にやさしいというのはどうも 苦しい思いをして善行をしなければならない ネオプロテスタンティズムみたいになっています

You know,/ you're not supposed to take/ long, warm showers.//

長く温かいシャワーを浴びるのは止める

You're not supposed to fly/ on holidays/ because it's bad/ for the environment.//

飛行機で休暇旅行なんてもってのほか

Gradually,/ you get this idea/ that sustainable life is less fun/ than normal life.//

だんだんと持続可能な生活とは普段の生活より 面白みにかけると思い始めます

So we thought/ that maybe/ it could be interesting/ to focus on examples/ where a sustainable city actually increases the quality of life.//

そこで僕達は 持続可能な都市が 生活の質を 向上させられる例に焦点を当てたら 面白いんじゃないかと思いました

We also asked ourselves,/ what could Denmark possibly show China/ that would be relevant?//

こうも考えました デンマークと中国を関係づける 何かを見せられないか?

You know,/ it's one of the biggest countries/ in the world,/one of the smallest.//

一方は世界最大の国のひとつ、一方は最小の国のひとつ

China symbolized by the dragon.//

中国の象徴は龍で

Denmark,/ we have a national bird,/ the swan.//

一方デンマークの国歌鳥は白鳥です

(Laughter)/ China has many great poets,//

(笑) 中国にはたくさんの偉大な詩人がいます

but we discovered/ that in the People's Republic public school curriculum,/ they have three fairy tales/ by An Tu Sheng,/ or Hans Christian Anderson,/ as we call him.//

でも中国の 公立学校では 安徒生の三つの童話が教えられているのです 僕達の国のアンデルセンです

So/ that means/ that all 1.3 billion Chinese have grown up/ with "The Emperor's New Clothes,/"/ "The Matchstick Girl"/ and "The Little Mermaid."//

これは 13億人の人が皆 裸の王様や マッチ売りの少女 人魚姫と育ったことを意味します

それはまるで デンマーク文化のかけらが 中国文化に溶け込んだかのようです

The biggest tourist attraction/ in China is the Great Wall.//

中国でもっとも有名な観光名所は 万里の長城です

The Great Wall is the only thing/ that can be seen from the moon.//

万里の長城は月から見える唯一の人工物です

The big tourist attraction/ in Denmark is The Little Mermaid.//

デンマークでもっとも有名な観光名所は人魚姫です

That can actually hardly be seen from the canal tours.//

運河ツアーに参加しても見るのは困難です

(笑)

And it/ sort of shows/ the difference/ between these two cities.//

これらは二つの都市の違いです

コペンハーゲン、上海 モダン、ヨーロピアン

But then/ we looked at recent urban development,/ and we noticed/ that this is like a Shanghai street,/30 years ago.// All bikes,/ no cars.//

しかし上海の発展を調べて分ったのですが 30年前の上海の通りは このように自転車ばかりで 車はありませんでした

This is/ how it looks today;/ all traffic jam.//

これが今日の様子です いつも渋滞

Bicycles have become forbidden many places.//

多くの場所で自転車は禁止されました

その間コペンハーゲンでは 自転車走行路を拡大しています

A third of all the people commute/ by bike.//

3人に1人が自転車で通勤します

We have a free system of bicycles called the City Bike/ that you can borrow/ if you visit the city.//

シティバイクという無料のサービスもあります コペンハーゲンで自転車を借りられます

So/ we thought,/ why don't we reintroduce the bicycle/ in China?//

そこで思いついたのは 中国に自転車を再導入したらどうか?

We donate 1,000 bikes/ to Shanghai.//

上海に1000台の自転車を寄付します

So/ if you come to the expo,/ go straight/ to the Danish pavilion,/ get a Danish bike,/ and then continue on that to visit the other pavilions.//

万博に来たら真っ先にデンマーク館に来てもらい それからデンマーク製の自転車で他のパビリオンを周ってもらうのです

Like I said,/ Shanghai/ and Copenhagen are both/ port cities,/ but in Copenhagen/ the water has gotten so clean/ that you can actually swim in it.//

上海もコペンハーゲンも港町です でもコペンハーゲンの水は 泳げるほどきれいになりました

One of the first projects/ we ever did was the harbor bath/ in Copenhagen,/ sort of continuing the public realm/ into the water.//

僕達が最初に手がけたプロジェクトのひとつは コペンハーゲン港の水浴場です 公共の場が水の中まで続いています

So/ we thought/ that these expos quite often have a lot of state financed propaganda,/ images,/ statements,/ but no real experience.//

万博では 国家資金による多くの 宣伝 イメージ 声明がよく見られますが 本物の経験は伴いません

So just like/ with a bike,/ we don't talk about it.//

僕たちは自転車の話をするのではなく

You can try it.//

試してもらうのです

Like/ with the water,/ instead of talking about it,/ we're going to sail/ a million liters of harbor water/ from Copenhagen/ to Shanghai,/ so the Chinese/ who have/ the courage can actually dive in and feel how clean/ it is.//

水の話をする代わりに 100万リットルの港の水をコペンハーゲンから 上海へと船で運びます 勇気のある中国人なら飛び込んで きれいさを肌で感じることができます

This is/ where people normally object/ that it doesn't sound very sustainable/ to sail water/ from Copenhagen/ to China.//

コペンハーゲンから中国まで水を運んでくるなんて 持続的とは言えないと反対する人がいるかもしれません

But in fact,/ the container ships go full of goods/ from China/ to Denmark,/ and then/ they sail empty back.//

でも貨物船は積荷をいっぱいにして 中国からデンマークに行くと 積み荷を空にして戻ってきます

So quite often/ you load water/ for ballast.//

船を安定させるため水を積み込んで

So we can actually hitch a ride/ for free.//

だから無料でヒッチハイクすることができます

And in the middle of this sort of harbor bath,/ we're actually going to put/ the actual Little Mermaid.//

この港の水浴場の真ん中には 本物の人魚姫をおくつもりです

So/ the real Mermaid,/ the real water,/ and the real bikes.//

本物の人魚姫 本物の水 そして本物の自転車

And when she's gone,/ we're going to invite/ a Chinese artist/ to reinterpret her.//

人魚姫が出張中は 中国人の芸術家を招き 人魚姫を再解釈したものを展示します

The architecture of the pavilion is this sort of loop of exhibition and bikes.//

パビリオンの建物は展示場と自転車の ループのようになっていて

When you go to the exhibition,/ you'll see the Mermaid and the pool.//

展示場に行くと人魚姫とプールが見えます

You'll walk around,/ start looking/ for a bicycle/ on the roof,/ jump on your ride/ and then continue out/ into the rest of the expo.//

ぶらぶら歩いていくと 屋根の上に自転車を見つけます 飛び乗ってそのまま他の展示会場へ行けます

So/ when we actually won the competition/ we had to do/ an exhibition/ in China/ explaining the project.//

実際このコンペに優勝したので プロジェクトを説明するため中国で展示会を開きました

And to our surprise/ we got one of our boards back/ with corrections/ from the Chinese state censorship.//

驚いたことに中国の国家検閲から 僕達の展示ボードの一つに修正が入りました

最初の訂正は 中国の地図に台湾が抜けていたこと

It's a very serious political issue/ in China.// We will add on.//

中国では非常に重大な政治問題なので 追加するつもりです

The second thing,/ we had compared the swan/ to the dragon,/ and then/ the Chinese state said,/ "Suggest change to panda."//

二番目は 白鳥と龍を対比させた部分ですが 中国当局はこう言いました 「パンダへの変更を提案」

(笑) (拍手)

So,/ when it came out/ in Denmark/ that we were actually going to move/ our national monument,/ the National People's Party sort of rebelled against it.//

一方デンマークでは 国の指定記念物を 移動させるというので 人民党が反対意見を申し立てました

They tried to pass/ a law/ against moving the Mermaid.//

人魚姫の移送を禁止する法案を可決しようとしました

So/ for the first time,/ I got invited to speak/ at the National Parliament.//

僕は初めて国会で意見を述べるよう呼び出されました

It was kind of interesting/ because in the morning,/ from 9/ to 11,/ they were discussing the bailout package --/ how many billions to invest in saving the Danish economy.//

それは結構おもしろかったです というのも朝の9時から11時まで 彼らはデンマーク経済を救うためには救済資金を 何十億クローネ投入すべきか議論していたのが

And then/ at 11 o'clock/ they stopped talking/ about these little issues.//

11時になると そんな些末な問題の議論は止めて

And then/ from 11/ to 1,/ they were debating/ whether or not to send the Mermaid/ to China.//

11時から1時まで 中国に 人魚姫を送るかどうかで激論を交わすのです

(笑) (拍手)

But to conclude,/ if you want to see/ the Mermaid/ from May/ to December/ next year,/ don't come to Copenhagen,/ because she's going to be in Shanghai.//

結果を言うと 来年の5月から12月までは 人魚姫が見たければ コペンハーゲンにはこないでください 彼女は上海にいます

If you do come to Copenhagen,/ you will probably see an installation/ by Ai Weiwei,/ the Chinese artist.//

コペンハーゲンに来たら 代わりに中国人の芸術家 艾未未の展示品が見られるでしょう

But/ if the Chinese government intervenes,/ it might even be a panda.//

もっとも 中国政府が介入したら―

パンダになるかもしれません (笑)

So the second story/ that I'd like to tell/ is,/ actually starts in my own house.//

2番目の物語は 僕の自宅から始まります

This is my apartment.//

これは僕のアパートです

This is the view/ from my apartment,/ over the sort of landscape of triangular balconies/ that our client called the Leonardo DiCaprio balcony.//

これがアパートから見た風景です 僕達のクライアントがディカプリオのバルコニーと呼んでいる 三角形のバルコニーからの眺めです

And they form this sort of vertical backyard/ where,/ on a nice summer day,/ you'll actually get introduced to all your neighbors/ in a vertical radius of 10 meters.//

それがこのような垂直の裏庭を形作っています 天気の良い夏の日には 垂直方向に 半径 10メートル以内のすべての隣人と知合いになれます

The house is sort of a distortion of a square block.//

建物は四角いブロックをゆがめたような感じになっています

Trying to zigzag it to make sure/ that all of the apartments look at the straight views,/ instead of into each other.//

ジグザグに組むことで どの部屋も 正面に別なアパートではなく 風景が見られるようになっています

Until recently,/ this was the view/ from my apartment,/ onto this place/ where our client actually bought the neighbor site.//

最近までは これが僕のアパートから見える景色でした 僕達のクライアントが隣の土地を購入するまでは

And he said/ that he was going to do/ an apartment block next/ to a parking structure.//

彼は立体駐車場の横にアパートを 建設するつもりでした

And we thought,/ rather than doing a traditional stack of apartments/ looking straight/ into a big boring block of cars,/ why don't we turn all the apartments/ into penthouses,/ put them/ on a podium of cars.//

僕たちは思いました 退屈な駐車場と向き合った 従来的な部屋の積み重ねにするのはやめて すべての部屋がペントハウスというアパートを 駐車場を土台にして建てたらどうだろう

And/ because Copenhagen is completely flat,/ if you want to have/ a nice south-facing slope/ with a view,/ you basically have to do/ it yourself.//

コペンハーゲンは全くの平地なので 景色の良い南向きの斜面がほしければ 自分で作らなければなりません

Then/ we sort of cut up/ the volume,/ so we wouldn't block the view/ from my apartment.//

そして 僕のアパートからの景色を遮らないよう 建物の形を少々削りました

(笑) 基本的に駐車場はアパートの土台部分の 日のあたらない場所に位置します

And up/ in the sun,/ you have a single layer of apartments/ that combine all the splendors of a suburban lifestyle,/ like a house/ with a garden/ with a sort of metropolitan view,/ and a sort of dense urban location.//

そして日のあたる上の場所に 一層のアパートがあります これは混み合った都市域の中にあって 都市を眺める庭のある素晴らしい郊外のライフスタイルを 実現しています

This is our first architectural model.//

これは 最初の建築モデルです

This is an aerial photo taken last summer.//

これは去年の夏の航空写真です

アパートが駐車場を覆っています

They are accessed through this diagonal elevator.//

斜勾配エレベーターでアクセスします

It's actually/ a stand-up product/ from Switzerland,/ because in Switzerland/ they have a natural need/ for diagonal elevators.//

実際スイスで使われている製品です スイスの自然には斜勾配エレベーターが必要だからです

(笑)

And the facade of the parking,/ we wanted to make/ the parking naturally ventilated,/ so we needed to perforate/ it.//

駐車場の外観です 駐車場は自然換気させたかったので 穴をあけてあります

And we discovered/ that by controlling the size of the holes,/ we could actually turn the entire facade/ into a gigantic,/ naturally ventilated,/ rasterized image.//

穴のサイズを変えることによって 外壁全体を 巨大な自然換気する ラスタ画像に変えられることに 気付きました

And/ since we always refer to the project/ as The Mountain,/ we commissioned this Japanese Himalaya photographer/ to give us/ this beautiful photo of Mount Everest,/ making the entire building/ a 3,000 square meter artwork.//

僕達はこのプロジェクトを「マウンテン」と呼んでいたので 日本人のヒマラヤ写真家に エベレスト山の美しい写真を依頼して 壁面全体を3000平方メートルの芸術品に変えました

(拍手)

So/ if you go back/ into the parking,/ into the corridors,/ it's almost/ like traveling into a parallel universe/ from cars and colors,/ into this sort of south-facing urban oasis.//

駐車場にもどって 廊下に入ると 車と色彩の空間から 南向きの都市のオアシスへ パラレルワールドを旅するようです

The wood of your apartment continues outside becoming the facades.//

アパートは木目で外壁も木造です

If you go even further,/ it turns into this green garden.//

その先は このような緑の庭です

And all the rainwater/ that drops on the Mountain is actually accumulated.//

この「マウンテン」に降る雨のしずくは 蓄積されます

And there is an automatic irrigation system/ that makes sure/ that this sort of landscape of gardens,/ in one or two years/ it will sort of transform/ into a Cambodian temple ruin,/ completely covered in green.//

そして自動灌漑システムが このような庭の景色を1、2年で カンボシアの寺院跡のように 緑でおおいつくされた景色へと 変貌させるでしょう

So,/ the Mountain is like our first built example of what we like to refer/ to/ as architectural alchemy.//

「マウンテン」は僕達が 建築の錬金術と呼ぶ 最初の建設例です

This idea/ that you can actually create,/ if not gold,/ then at least/ added value/ by mixing traditional ingredients,/ like normal apartments and normal parking,/ and in this case actually offer people/ the chance/ that they don't have to choose/ between a life/ with a garden or a life/ in the city.//

このアイデアは 金ではないけれども 普通のアパートや駐車場という 伝統的な材料を まぜて 付加価値を加えています この場合 人々は 庭のある生活か都市の生活かを 選ぶのでなく

They can actually have both.//

両方もつことが出来ます

As an architect,/ it's really hard/ to set the agenda.//

建築家は 予定を組むのが難しいです

You can't just say/ that now/ I'd like to do/ a sustainable city/ in central Asia,/ because that's not really/ how you get commissions.//

中央アジアでエコな都市でも造ろうかな というわけにはいきません そういう風に依頼はきません

You always have to sort of adapt/ and improvise to the opportunities and accidents/ that happen,/ and the sort of turmoil of the world.//

機会や出来事 そして世の中の事情に 常に臨機応変に順応することが 強いられます

One last example is/ that recently/ we,/ like last summer,/ we won the competition/ to design a Nordic national bank.//

最後の例ですが 最近 昨年の夏 とある北欧の国立銀行を 設計するコンペに優勝しました

This was the director of the bank/ when he was still smiling.//

これが銀行の頭取です 彼がまだ笑っていられた頃の

(Laughter)/ It was in the middle of the capital/ so we were really excited by this opportunity.//

(笑) 首都の中心にあり 僕達はこのチャンスに奮い立ちました

残念ながら それはアイスランドの国立銀行でした

At the same time,/ we actually had a visitor --/ a minister/ from Azerbaijan came to our office.//

同じ時期 アゼルバイジャンの 大臣の訪問を受けました

We took him/ to see the Mountain.// And he got very excited by this idea/ that you could actually make mountains/ out of architecture,/ because Azerbaijan is known as the Alps of Central Asia.//

彼にあの「マウンテン」を見せると 彼はこの建築物で山を作るというアイデアに 大そう興味をしめしました アゼルバイジャンは中央アジアのアルプスとして知られているからです

So/ he asked us/ if we could actually imagine an urban master plan/ on an island/ outside the capital/ that would recreate the silhouette of the seven most significant mountains of Azerbaijan.//

首都近くの島に アゼルバイジャンでもっとも美しい7つの山の シルエットを再現するという 都市計画を作ってもらえないかと 頼まれました

So we took the commission.//

僕たちは依頼を引き受けました

And we made this small movie/ that I'd like to show.//

そうして作った短い映像を ご覧いただこうと思います

We quite often make little movies.//

僕らはよく短い映像をつくります

We always argue a lot/ about the soundtrack,/ but in this case/ it was really easy/ to choose the song.//

サウンドトラックで いつも口論になります でもこの場合は選ぶのがしごく簡単でした

So basically,/ Baku is this sort of crescent bay/ overlooking the island of Zira,/ the island/ that we are planning --/ almost/ like the diagram of their flag.//

基本的にバクーは三日月型の湾で 僕らの計画する島 ジラ島を見渡せます 彼らの国旗の図像に似ています

And our main idea was to sort of sample/ the seven most significant mountains of the topography of Azerbaijan/ and reinterpret them/ into urban and architectural structures,/ inhabitable of human life.//

僕達の主なアイデアは アゼルバイジャンのもっとも美しい山の 地形を象って そして これらを人が住める都市や 建築的構造に移し替えます

Then/ we place these mountains/ on the island,/ surrounding this sort of central green valley,/ almost/ like a central park.//

セントラルパークのような 中央の緑の谷を囲むように それらの山を島に配置します

And what makes it interesting is/ that the island right now is just a piece of desert.// It has no vegetation.//

この興味深い点は その島は現在 砂漠状態で 植物が育ちません

It has no water.// It has no energy,/ no resources.//

水もなく エネルギーも資源もない

So we actually sort of designed the entire island/ as a single ecosystem,/ exploiting wind energy to drive the desalination plants,/ and to use the thermal properties of water/ to heat/ and cool the buildings.//

実際僕達は島全体を単体のエコシステムとして設計し 風力で海水淡水化工場を稼動し 水の保温性を使って 建物の冷暖房をします

And all the sort of excess freshwater wastewater is filtered organically/ into the landscape,/ gradually transforming/ the desert island/ into sort of a green, lush landscape.//

そしてすべての余剰淡水や排水は 有機的に濾過して周辺地形へと流し 徐々に砂漠の島を 緑の 青々とした景色へと変貌させます

So,/ you can say/ where an urban development normally happens at the expense of nature,/ in this case/ it's actually creating/ nature.//

都市開発は通常 自然に犠牲を強いますが この場合は 自然を創るといえます

And the buildings,/ they don't only sort of invoke/ the imagery of the mountains,/ they also operate like mountains.//

そして建物は山のイメージを 思い起こさせるだけでなく 実際に山の役割を果します

They create shelter/ from the wind.//

それらは 風をさえぎり

太陽エネルギーを蓄積し

They accumulate the water.//

水を蓄積します

ですから これは実際島全体を 一個のエコシステムに変貌させます

So we recently presented the master plan,/ and it has gotten approved.//

僕らは最近マスタープランを提示して それは承認されました

And this summer/ we are starting the construction documents of the two first mountains,/ in what's going to be the first carbon-neutral island/ in Central Asia.//

そしてこの夏 最初の二つの山の 実施設計図に取りかかります これは中央アジアで最初のカーボンニュートラルの 島になります

(Applause)/ Yes, maybe just to round off.//

(拍手) 最後の締めくくりに

So/ in a way/ you can see/ how the Mountain/ in Copenhagen sort of evolved into the Seven Peaks of Azerbaijan.//

コペンハーゲンの「マウンテン」が アゼルバイジャンの「セブンピークス」に 進化していく様子をご覧いただけたと思います

With a little luck and some more evolution,/ maybe/ in 10 years/ it could be the Five Mountains/ on Mars.//

少しばかりの運と もうちょっとの進化で 10年後には火星の5つの山ができているかもしれません

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

contemplate

…'を'『よく考える』,熟考する

…'を'じっと見つめる

…'を'予想する,期待する

じっくり考える,熟考する

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

architectural

建築術(学)の;建築の

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

gherkin

(酢づけにする)小キュウリ

sausage

『ソーセージ』,腸詰め

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

format

(書籍の)体裁,型,判

(ラジオ・テレビ番組などの)構成

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

drawing

〈U〉『線で描くこと』,線描

〈C〉(鉛筆・ペン・クレヨンなどによる)『絵』,『スケッチ』,デザイン,製図

〈U〉線画(デッサン)の技法

〈C〉くじ引き,抽選

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

comic book

漫画本,漫画雑誌

basically

基本的に,根本的に;元来は

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

adaptation

〈U〉適応,順応

〈U〉脚色,翻案;〈C〉翻案物,改作物

improvisation

〈U〉即席にすること

即興誌,即興曲,即興演奏

turmoil

騒ぎ,混乱,動揺

opportunity

『機会』,好機

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

obviously

明らかに,明白に

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

van

有蓋トラック,ほろつきトラック(家具・商品・家畜などの運搬用に使われる)

《英》=boxcar

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

modernist

現代主義者,現代替美者,モダニスト

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

bore

bear(実をつける)の過去形

Philip

ピリポ(キリストの12使徒のひとり)

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

promiscuity

ごたまぜ,乱雑

乱婚,乱交

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

whore

売春婦(prostitute)

optimism

楽天主義

楽観,のんき

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

avant-garde

(芸術の)前衛,アバンギャルド;アバンギャルドの芸術家たち

アバンギャルドの,前衛的な

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

negatively

否定的に

消極的に

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

cliche

陳腐なきまり文句;月並みな考え

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

rebel

(統治者・政府に対する)『反逆者』,(権威に対する)反抗者

《『R』‐》(南北戦争時の)南部連邦軍人

《俗》南部の白人

反逆の,反抗の

(…に)反逆する,反抗する《+『against』+『名』》

(…を)ひどくきらう《+『against』(『at』)+『名』(do『ing』)》

establishment

〈U〉(…の)『設立』,設置;確立,樹立;制定;立証《+『of』+『名』》

〈U〉(確立された)『制度』,秩序

《the E-》『体制』,権力機構;英国国教会

〈C〉(土地・家財道具・使用人などを含む)住居,家,世帯

〈C〉(公共または私設の)施設,機構(営業所・事業所・店・ホテル・食堂・学校・病院・図書館など);《集合的に》施設(機構)を構成する人々

misunderstood

misunderstandの過去・過去分詞

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

gradually

『だんだんに』,徐々に

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

improvise

〈詩〉‘を'即席で作る;〈音楽など〉‘を'で演奏する(歌う);〈劇など〉‘を'即興で演じる

…‘を'ありあわせで作る

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

diagram

説明図,略図;図表,予定表,グラフ;図解

…‘を'図解する,図示する,‘の'図表を作る

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

selection

〈U〉《時にA~》『選ぶこと』,選抜,選出;(…から)選び出すこと《+『from』(『out of, among』)+『名』》

〈C〉(…から)『選び抜かれた人』(『物』);(…の)抜粋,選集《+『from』(『of』)+『名』》

〈C〉《単数形で》(商店などの)品揃え

〈U〉淘汰(とうた):natural selection自然淘汰

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

mutant

突然変異種(堤)

offspring

《単数・複数扱い》(人間や動物の)『子;子孫』

(…から)生じたもの,(…の)結果,所産《+『of』+『名』》

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

literal

(訳などが)原文の語句に忠実な

(比喩(ひゆ)的でなく)文字通りの意味の

(人が)字句の意味にこだわる想像力のとぼしい

事実通りの,誇張のない

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

hotel

『ホテル』,旅館

Copenhagen

コペンハーゲン(デンマークの首都)

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

Scandinavian

スカンジナビア[人,語]の;北欧[人,語]の

スカンジナビア人;北欧人

スカンジナビア語,北欧語(Danish,Swedish,Icelandic,Norwegianを含むゲルマン語の一群)

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

Spanish

《the ~》《集合的に》『スペイン人』

『スペイン語』

『スペイン』[人]『の』;スペイン語の

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

Rome

『ローマ』(現イタリア首都;古代ローマ帝国の首都);(古代)ローマ帝国(Roman Empire)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

subspecies

(生物分類学上の)亜種

branch

『枝』

『支流』,支脈,支線;分家

『支店』,『支部』,支局

(学問の)『部門』,分科

枝を出す,枝を広げる

(川・道・鉄道などが)分岐する

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

happenstance

偶然のでき事

Shanghai

シャンハイ(上海)(中国中第一の貿易港市)

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

Danish

デンマーク(Denmark)の;デンマーク人(語)の

デーン人(Dane)の

デンマーク語

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

pavilion

パビリオン(公園・博覧会などの展示・休憩・娯楽などに用いる装飾的な謙物)

(1と同じ目的の)大型テント

《英》(競技場などの)選手席,観客席・(病院の)病棟;別館

Expo

大博覧会

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

mascot

マスコット(幸運をもたらすと考えられる人・物・動物)

strangely

『奇妙に』,変に《通例文頭に用いて》奇妙なことに

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

Swedish

スウェーデンの;スウェーデン人(語)の

《the ~》《集合的に;複数扱い》スウェーデン人

〈U〉スウェーデン語

scheme

(仕事・活動の)『計画』,案《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

『陰謀』,策謀,計略

…‘を'計画する;〈良くないこと〉‘を'たくらむ《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)計画する;たくらむ《+『for』(『against』)+『名』(do『ing』)》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

jury

《集合的に》『陪審』[『員団』](普通民間人12人から成り,裁判において被告の有罪無罪を評決し裁判所に答申する)

《集合的に》(コンテストなどの)審査員

lost

loseの過去・渦去分詞

『失った』,なくなった,紛失した

『負けた』;(賞などを)取りそこなった

(時間・労力などが)『浪費された』・破壊された(destroyed)

《補語にのみ用いて》(…に)夢中になった,没頭した《+『in』+『名』》

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

businessman

『実業家』;『実務家』

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

republic

『共和国』;共和政体

《R-》(フランス革命から喚代までの,フランスの)共和制

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

checked

格子(こうし)じまの,チェックの

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

proportion

《the~》(…に対する…の)『割合』,比率《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…との)『調和』,均衡《+『to』+『名』》

〈C〉部分;割り前,分け前

《複数形で》大きさ

〈U〉比例

…‘の'調和をとる;(…に)…‘を'釣り合わせる《+『名』+『to』+『名』》

interpreter

通訳[者]

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

wen

(特に頭部の)こぶ,はれもの

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

mayor

『市長』;町長

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

skyscraper

摩天楼,超高層ビル

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

progressive

(行列などが)『前進する』,進んで行く

(事態が)進展する,進行する

『進歩的な』,革新的な

(病気・暴力などが)次第に悪くなる(広がる)

(課税が)累進的な

(文法で)進行[形]の

進歩的な人,革新主義者

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

profoundly

深く

十分に

心から

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

applause

『拍手かっさい』;称賛

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

corruption

(官吏などの)不正行為,汚職

堕落

(物の)腐敗

(原文の)改悪;(言語の)なまり

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

shower

《しばしば複数形で》『にわか雨』,にわか雪(あられ) ・(涙・弾丸・祝福・批判などの)『雨』,(…の)洪水《+『of』+『名』》・《米》共同して金を集めてお祝いのプレゼントを贈ること,祝い品贈呈会(特に結婚や出産を控えた婦人を祝って贈物をするパーティー) ・(また『shower bath』) ・『シャワー』・…に『水を注ぐ』・…を『降り注ぐ』・《itを主語にして》にわか雨が降る・(…に)降り注ぐ《+『on』(『upon』)+『名』》

シャワーを浴びる

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

Denmark

デンマーク(北欧の王国;首都はCopenhagen)

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

dragon

『リュウ,竜』(翼とうろこがあり,火を吐く伝説上の怪獣)

swan

『ハクチョウ』(白鳥),スワン

《the S-》白鳥座

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

public school

《スコットランド・米・カナダ》公立初等(中等・高等・大)学校

《英》パブリックスクール(全寮制の私立中等学校;主として大学進学の予備教育を目的とする)

curriculum

(学校の)教科課程

fairy

『妖精』(ようせい)

妖精の

妖精のような,優美な

tale

(事実・伝説・架空の)『話』,物語

作り話,うそ

《複数形で》告げ口,中傷

Christian

『キリスト者』(教徒)

《話》りっぱな人

『キリストの』;『キリスト教の』,キリスト教徒の

キリスト(キリスト教)を信じる

キリスト教徒にふさわしい

《話》りっぱな

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

emperor

皇帝;(日本の)天皇

clothes

『衣服』,着物

(シーツ・毛布など)寝具,夜具(bedclothes)

matchstick

マッチ棒[の1本];(特に)その燃えさし[の1本]

mermaid

(女の)人魚

fragment

(…の)『破片』,断片《+『of』+『名』》

(特に詩文などの)未完の部分,断章《+『of』+『名』》

ばらばらになる,砕ける

…‘を'ばらばらに壊す

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

tourist

[観光]旅行者,観光客

観光旅行[用]の

attraction

〈U〉『引力』

〈C〉(人を)引きつける力,魅力となる物(事)《+『for』+『名』》

〈C〉呼び物,出し物

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

canal

『運河』

(食道・気菅などの)導菅

(火星の苗面に見える)運河状の地形

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

urban

都市(都会)の

都市に住む

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

bike

=bicycle

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

jam

ジャム

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

forbidden

forbidの過去分詞

禁じられた,禁制の

meanwhile

=meantime

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

commute

《文》(別のものに)…'を'振り替える,切り替える《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

〈刑罰・責務など〉'を'(軽いものに)代える《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈電流〉'を'整流する

(…間を)定期(回数)券で通勤する《+『between』+『名』》,(…から…まで)定期で通勤する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(定期券による)通勤

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

bath

『入浴』;水浴び

(また《おもに米》『bathtub』,《話》『tub』)浴槽(よくそう),ふろ[がま]

『浴室』(bathroom);

《複数形で》(古代の)大浴場

(化学作用を与えるための)浴液;電解そう

‥'を'入浴させる

入浴する

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

propaganda

(特定の主義・主張の)『宣伝』;宣伝活動

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

instead

『その代りとして』,それよりも

sail

〈C〉〈U〉『帆』;《集合的に》一隻の帆全部

〈C〉帆のような物;風車の羽根,カエデの種子の羽根など

〈C〉《単複同形で》帆船;船

〈C〉《単数形で》(短い)船旅,船遊び;〈U〉《時にa sail》航程

《副詞[句]を伴って》〈船が〉『航海する』

(…から…へ)『出航する』《+『from』+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人が〉『船で旅をする』,航海する

ヨットを操る,帆走する

《副詞[句]を伴って》すべるように進む(飛ぶ);〈人が〉さっそうと歩く

〈人・船などが〉〈海・川など〉‘を'渡る

〈船〉‘を'操る,走らせる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

courage

『勇気』,度胸

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

ballast

底荷,脚(あし)荷(船に安定を与えるために船底に積む石・鉄など)

(気救の)砂袋

(鉄道・道路に敷く)バラス,じゃり

《比喩(ひゆ)的に》安定させるもの

〈船〉‘に'底荷を積む;〈鉄道〉‘に'バラスを敷く

hitch

(かぎ・ロープ・皮ひもなどで)(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'ぐいと動かす,引き上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)引っかかる《+『on(onto)』+『名』》

=hitchhike

引っかけ結び

(進行などの)思いがけない支障(障害)

急激な動き,ぐいと引くこと

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

correction

〈U〉『訂正』,修正,調整

〈C〉訂正箇所,訂正の書き入れ

〈U〉(よくするための)処罰,叱責(しっせき)

censorship

検閲,検閲制度

検閲官の職

first thing

まず最初に,朝一番に

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

Taiwan

台湾

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

panda

パンダ(中国南部,チベットに住むアライグマ)

national monument

国定の史(名)跡,国定天然記念物

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

parliament

『議会』,『国会』

《通例P-》《英》議会

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

bailout

(飛行機事故や経済危機からの)緊急脱出

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

o'clock

《時間を表す数と共に》…『時』(じ)

(自分の位置を時計の文字盤の中央に置いて)…時の位置(方角)に

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

December

『12月』({略}『Dec.』)

probably

『たぶん』,『おそらく』

installation

〈U〉(装置などの)取り付け,据え付け

〈U〉(人の)任命,就任

〈C〉(取り付けた)装置,設備

〈C〉軍事施設

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

intervene

(ある事と事,時と時,場所と場所の)『間に起こる』,間に人る《+『between』(『in』)+『名』》

(相対するもの間に)仲裁に入る,(…に)干渉する《+『in』(『between』)+『名』》

〈事が〉じゃまに入る

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

triangular

三角の;三角形(柱,錐の)

3人(三つ組)から成る;三者を含む

balcony

『バルコニー』,露台

(劇場の)2階さじき

vertical

『垂直の』,直立した,縦の

垂直線(面);垂直位置

backyard

裏庭

家の後ろの

radius

半径

(行動・活動・能力なのどの)及ぶ範囲《+『of』+『名』》

橈骨(とうこつ)(上腕の骨の一つ)

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

distortion

〈U〉(話・真実・事実などを)ゆがめること,曲げて伝えること

〈U〉(形の)ゆがみ,ねじれ;〈C〉ゆがんだ(ねじれた)もの

(光の)ひずみ,収差

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

zigzag

Z字形,いなずま形,ジグザグの線(装飾・道路など)

Z字形の,いなずま形の,ジグザグの

Z字(いなずま)形に,ジグザクに

ジグザグになる;ジグザグに進む

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

parking

駐車

(臨時の)駐車場;空地

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

boring

退屈な,うんざりする

penthouse

ひさし,差し掛け屋根

(ビルの屋上などに作った,通例テラスつきの)屋上住宅

podium

指揮台,演壇

completely

『完全に』,全く,十分に

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

slope

『傾斜する』,坂になる

…‘を'傾斜させる,‘に'勾配をつける

〈C〉『坂』,斜面,スロープ

〈C〉〈U〉『勾配(こうばい)』,傾斜

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

occupy

〈場所・空間〉‘を'『占める』,ふさぐ;〈時間〉‘を'とる,占める

〈地位〉‘を'占める

〈軍隊〉…‘を'占領する,占拒する

(ある時間)…‘に'居る

《受動態で,またはoneselfを目的にして》(…で)〈人〉‘の'時間をとる,‘を'手いっぱいにさせる《+『名』+『by』(『with, in』)+『名』(do『ing』)》

deep space

太陽系外宇宙

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

suburban

郊外の

郊外じみた,やぼったい,偏狭な

lifestyle

生き方,生きざま

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

metropolitan

首都の,首都に似た,首都に属する

大都市とその周辺地域より成る(を講成する)

首都の住民,大都市の人

《しばしばM-》(東方教会の)府主教;(カトリック教会の)首都大司教;(英国国教会の)大主教

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

aerial

《名詞の前にのみ用いて》空気の,大気の

航空の

空中に生長する

(空気のように)希薄な,軽やかな

アンテナ

photo

『写真』[photographの短縮形]

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

diagonal

対角線の,対角面の

斜めの;斜め模様の

対角線,対角面

斜線

斜め模様

elevator

《米》『エレベーター』,昇降機(《英》lift)

(揚げ下ろしの設備のある)穀物倉庫

(飛行機の)昇降舵(だ)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

facade

(建物の)正面(front)

(物の)外観;見せかけ

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

ventilate

〈部屋・坑内など〉‘を'『換気する』,‘に'通風する

〈ある問題・疑問など〉‘を'世に問う,世評に訴える

perforate

…‘に'穴をあける,‘を'突き通す

〈紙など〉‘に'ミシン目を入れる,(穴で)切り取り線をつける

(…に)穴をあける,(…を)貫通する《+『into(through)』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

gigantic

『巨大な』,ものすごく大きな(huge)

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

commission

〈U〉〈C〉(任務・職権などの)『委任』,委託;委任状

〈U〉(委任された)『権限』,職権

〈C〉(権威筋より発せられた)命令,指示;責務,任務

〈C〉委任された仕事,頼まれごと;(…する)依頼,注文《+『to』 do》

《集合的に》『委員会』

〈U〉(商取引における)委託,代理業務;〈C〉(委託業務に対する)手数料,口銭

〈U〉(犯罪などを)犯すこと,遂行《+『of』+『名』》

〈C〉将校任命辞令;〈U〉将校の地位

〈人〉‘に'権限を与える,特別の依頼をする

〈将官に〉任命する

〈船など〉'を'就航させる

photographer

写真をとる人,(特にプロの)写真家

mount

…‘を'『登る』(ascend, climb)

〈馬・車〉‘に'『乗る』,〈台の上など〉‘に'上がる,乗る

(馬などに)〈人〉‘を'『乗せる』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…の上に)…‘を'『載せる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'据え付ける,はめる,取り付ける,はる《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

〈劇〉‘に'舞台装置や衣装を用意する

〈攻撃など〉‘を'仕掛ける;〈作戦など〉‘を'展開する

『登る』,上がる《+『up』》

『馬』(乗用の動物)『に乗る』

(数・量において)ふえる,(程度において)高まる,強まる《+『up』》

乗用の動物,(特に)馬

台紙;(宝石などの)台;(顕微鏡用の)スライド板

Everest

エベレスト山(『Mount』(『Mt.』)『~』;ヒマラヤ山脈にある世界最高峰;8,848m)

corridor

(片側また両側に部屋が並んでいる)『廊下』

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

oasis

オアシス,砂漠の緑地

(一般に)憩いの場所

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

rainwater

雨水,天水

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

automatic

『自動の』,自動装置(機械)の

(行動などが)『無意識の』,機械的な

(銃砲が)自動式の

自動機械

自動式ライフル(ピストル)

irrigation

潅漑(かんがい)

(傷口などの)洗浄

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

temple

こめかみ,側頭

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

alchemy

錬金術(中世および文芸復興期に金属を黄金に変え,また不老長寿をもたらす物質の探究を目標とした術)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

gold

『金』,黄金(おうごん)

《集合的に》『金貨』(gold coins)

金銭,富,財宝

黄金色,金色

《しばしば…of goldの形で》(金のように)価値のあるもの;純真,親切

『金の』,金製の

金色の

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

ca

circa

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

Asia

『アジア』

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

Nordic

北欧人の(特にスカンジナビアのゲルマン人種をいう)

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

smiling

にこにこした,微笑している

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

Iceland

アイスランド(北大西洋の独立共和国;首都はReykjavik)

visitor

(…からの)『訪問者』,泊り客,見物人《+from+名》,(…への)訪問者《+to+名》

minister

『聖職者』,牧師

(英国・欧州諸国・日本の)『大臣』

(…駐在)『公使』(大使(ambassador)の次の位で,大使が派遣されていない国において自国政府を代表する)《+『to』+『名』》

(人の)面倒を見る,(…に)尽くす,仕える《+『to』+『名』》

Alps

アルプス山脈

Central Asia

中央アジア

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

recreate

…‘を'再び作る,作り直す

silhouette

影絵,シルエット(特に,黒く塗りつぶした人の横顔の絵)

(明るい背景に浮かぶ)黒い輪郭,影法師

(一般に)輪郭,全体の姿

《受動態で》(…を背景に)…‘の'影(シルエット)を見せる《+『against』+『名』》

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

soundtrack

サウンドラック(発声映画のフィルムの端の録音帯)

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

crescent

〈C〉三日月,弦月

〈C〉三日月形の物;《おもに英》三日月形の広場(街路);《米》三日月形パン

《the C-》(トルコの)新月旗;トルコ国(軍)

三日月形の

次第に増大する

bay

『湾』,『入り江』

overlook

…‘を'『見落とす』,見逃す

‥‘を'『大目に見る』,‘に'目をつぶる

〈人が〉…‘を'『見おろす』

〈場所が〉…‘を'『見渡せる』,見おろす

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

topography

〈U〉地形学,(ある地域の)地形図作成

〈C〉地形,地勢

inhabitable

住む(居る)ことができる,住むのに適した

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

vegetation

(ある地域の)植物

《集合的に》植物,草木

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

ecosystem

生態系

exploit

英雄的行為,めざましい功績,偉業

〈鉱山・資源など〉‘を'『開発する』;〈機会など〉‘を'活用する

…‘を'食いものにする,搾取する

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

thermal

熱の,熱による

熱い

(暖まった)上昇気流

property

動産

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

excess

〈U〉《時にan~》(…の…に対する)超過《+『of』+『名』+『over』+『名』》

〈U〉(…の)『不節制』《+『at』+『名,』+『in』 do『ing』》;《複数形で》度を超えた行為,不行跡;暴飲,暴食

超過の,余分の

freshwater

淡水の,淡水性の;淡水産の

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

organically

有機的に,組織的に

lush

(草木が)生い茂った,青草の多い

《話》豊富な,ぜいたくな

expense

〈U〉『支出』,出費

〈C〉出費の原因

〈U〉《時にan,》(…の)『費用』《+『of』+『名』》

〈U〉損失,犠牲

《複数形で》経費,諸経費

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

invoke

(救いを求めて)〈神〉‘に'呼びかける,祈願する

…‘を'懇願する

〈悪魔など〉‘を'呼び出す

〈法律など〉‘に'訴える

imagery

《集合的に》像,心像

(文学における)比喩(ひゆ)的表現

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

shelter

〈U〉(雨・風,攻撃などからの)『保護』,避難

〈C〉(…からの)『避難所』,隠れ場所《+『from』+『名』》

(…から)…‘を'『おおい隠す』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'保護する,かばう《+『名』+『from』+『名』》

(…から)『避難する』,避ける,隠れる《+『from』+『名』》

accumulate

…'を'『蓄積する』,ためる

『たまる』,ふえる

solar energy

太陽エネルギー

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

luck

『運』,巡り合わせ

『幸運』

Mars

マルス(ローマ神話の戦争の神;ギリシア神話のAresにあたる)

火星

関連動画