TED日本語 - マーク・フォーサイス: 政治における言葉について

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

政治家は言葉を選んで使い、その言葉で現実を形作り支配しようとします。これは有効な手法なのでしょうか? 語源研究家のマーク・フォーサイスは、ジョージ・ワシントンの称号を“大統領”にした背景等、イギリスとアメリカの政治史からいくつかの面白い政治用語の語源について語ります。そして驚くべき結論に至ります。(ロンドンで行われたTEDxHousesofParliamentから)

Script

オックスフォード英語辞典で お気入りの単語は “snollygoster” です 響きがいいからです “snollygoster” の意味は “ずる賢い政治家” です 19世紀の新聞編集者の定義はもっと素敵でした “snollygoster は政党 綱領 主義に かかわらず公職を目指す人で 大いなる卓越した戯言力によって当選する人のこと” 大いなる卓越した戯言力によって当選する人のこと”

(笑)

“戯言力”って何のことか分かりませんが 言葉と関係あるのでしょう 大事なのは言葉は政治の中核をなし 政治家は言葉を制御しようとする必要を覚えています

例えば イギリス議会が 議事堂で交わされた実際の文言を報道するのを 許可したのは1771年になってからです これが実現したのは ブラス・クロスビー (Brass Crosby)という変わった名前を持つ 勇気ある国会議員のおかげです クロスビーは犯罪者としてロンドン塔に収監されますが 勇気を持ち続け 勇気を持ち続けて闘争し 最終的にロンドン市民の支持を得て勝利しました それからわずか数年後に “as bold as brass”(堂々とした)という表現が初めて使われたのです 多くの人は真鍮(brass)から来ていると思っていますが 実は報道の自由のために 奮闘した人の名前なのです

さて言葉と政治がどう結びつくか 本当にお見せするには 独立直後のアメリカ合衆国に さかのぼる必要があります 当時直面した問題は 彼らの指導者ジョージ・ワシントンを何と呼ぶかでした 称号がなかったのです 共和国の指導者は何と呼ぶべきでしょう?

これが議会で長年に渡り議論されたのです ありとあらゆる提案が出され議論されました 例えば ある人たちが提言したのは ワシントン主席執政官 また別の人は ジョージ・ワシントン殿下 さらに別の人は ワシントン アメリカ合衆国国民自由の擁護者 覚えにくいですね 王と呼ぼうと言う人々もいました 実証試験済だし 王政ではなくても期間限定なら王を選出して 構わないと考えました いい考えだったかも

この議論は3週間にわたり 実に 議員たちはへき易しました ある上院議員の日記には 繰返し “依然 同じ議題” とあります 審議が停滞して皆が飽きた理由は 下院が上院に反発したからです 下院はワシントンが権力に酔うことを恐れました 王と呼ぶと ワシントンや後任が誤解するのを心配したのです

そこで下院は最も謙虚で粗末で哀れな名前を 付けたいと思いました それが “大統領” です “大統領” は以前からあった称号です 誰か小会議を取りまとめる人を指しました 陪審長みたいなものです “主任” あるいは “監視人” と同じ重みです それまでにも小さな植民地協議会や 政府の一部で使われた何もない称号でした

それが上院が反対した理由です 彼らは言いました “なんて馬鹿げている 大統領なんてありえない 条約を結んだり外国の要人と会う人間が “合衆国大統領” だなんて そんなつまらない肩書きで 誰が真剣に取り合ってくれるんだ?”

3週間の議論を経ても 上院は譲歩しませんでした 代わりに “大統領” の称号を当面使うことに合意しました それでも完全に同意してはいないと 明記するよう求めました 上院は 政府の形態が共和制か王政か関係なく 文明国家の民意と執政への敬意 そして 国の代表にふさわしい 主席執政官執務室や大統領以外の呼称 さらに 諸外国と交流する際に合衆国の人々が 物珍しい奇妙な集団と見下されないためには 譲れないと主張しました

この事例から3つの興味深い教訓を学べます 一つ目は私のお気に入りです 私が研究して分かったのは 上院は未だに正式に大統領の称号を承認していません バラク・オバマ “大統領” は期間限定です 上院が行動を起こすのを待っているのです 2つ目は 政府が時限立法と言う場合・・・ (笑) 223年続く可能性があるということです

そして3つ目は とても重要な点です 皆さんにぜひお伝えしたいことは “アメリカ合衆国大統領” という称号は この頃そんなに謙虚に聞こえないでしょう? それは 5千発以上の核弾頭の発射権限を持ち 世界一の経済圏や 無人航空機の群れを動かす権限を有するからでしょう 現実と歴史が称号に威厳を加えたのです 結局 上院が勝ったのです 上院は威厳ある称号を手にしました それから上院が心配していた物珍しさについて 当時は物珍しかったでしょう しかし今 大統領がいる国はいくつあるでしょう? 147 です その理由は皆が 5千発の核弾頭を持つ指導者みたいに思われたいからです

結局 上院が勝ったのです そして下院が負けたのです というのも誰も アメリカ合衆国大統領と呼ばれて 謙虚な気持ちにならないからです 皆さんにお伝えしたい教訓は次のとおりです 政治家は言葉を選んで使い 言葉で現実を形作り支配しようとしますしかし実際には 言葉が現実を変えるより はるかに現実が言葉を変えるのです

ありがとうございました

One of my favorite words in the whole of the Oxford English Dictionary is "snollygoster." Just because it sounds so good. And what snollygoster means is "a dishonest politician." Although there was a 19th-century newspaper editor who defined it rather better when he said, "A snollygoster is a fellow who seeks office regardless of party, platform or principle, and who, when he wins, gets there by the sheer force of monumental talknophical assumnancy."

(Laughter)

Now I have no idea what "talknophical" is. Something to do with words, I assume. But it's very important that words are at the center of politics, and all politicians know they have to try and control language.

It wasn't until, for example,1771 that the British Parliament allowed newspapers to report the exact words that were said in the debating chamber. And this was actually all down to the bravery of a guy with the extraordinary name of Brass Crosby, who took on Parliament. And he was thrown into the Tower of London and imprisoned, but he was brave enough, he was brave enough to take them on, and in the end he had such popular support in London that he won. And it was only a few years later that we have the first recorded use of the phrase "as bold as brass." Most people think that's down to the metal. It's not. It's down to a campaigner for the freedom of the press.

But to really show you how words and politics interact, I want to take you back to the United States of America, just after they'd achieved independence. And they had to face the question of what to call George Washington, their leader. They didn't know. What do you call the leader of a republican country?

And this was debated in Congress for ages and ages. And there were all sorts of suggestions on the table, which might have made it. I mean, some people wanted him to be called Chief Magistrate Washington, and other people, His Highness George Washington, and other people, Protector of the Liberties of the People of the United States of America Washington. Not that catchy. Some people just wanted to call him King. They thought it was tried and tested. And they weren't even being monarchical there, they had the idea that you could be elected King for a fixed term. And, you know, it could have worked.

And everybody got insanely bored, actually, because this debate went on for three weeks. I read a diary of this poor senator, who just keeps coming back, "Still on this subject." And the reason for the delay and the boredom was that the House of Representatives were against the Senate. The House of Representatives didn't want Washington to get drunk on power. They didn't want to call him King in case that gave him ideas, or his successor ideas.

So they wanted to give him the humblest, meagerest, most pathetic title that they could think of. And that title was "President." President. They didn't invent the title. I mean, it existed before, but it just meant somebody who presides over a meeting. It was like the foreman of the jury. And it didn't have much more grandeur than the term "foreman" or "overseer." There were occasional presidents of little colonial councils and bits of government, but it was really a nothing title.

And that's why the Senate objected to it. They said, that's ridiculous, you can't call him President. This guy has to go and sign treaties and meet foreign dignitaries. And who's going to take him seriously if he's got a silly little title like President of the United States of America?

And after three weeks of debate, in the end the Senate did not cave in. Instead, they agreed to use the title "President" for now, but they also wanted it absolutely set down that they didn't agree with it from a decent respect for the opinions and practice of civilized nations, whether under republican or monarchical forms of government, whose custom it is to annex, through the office of the Chief Magistrate, titles of respectability -- not bloody President -- and that in the intercourse with foreign nations, the majesty of the people of the United States may not be hazarded by an appearance of singularity, i.e., we don't want to look like bloody weirdos.

Now you can learn three interesting things from this. First of all -- and this is my favorite -- is that so far as I've ever been able to find out, the Senate has never formally endorsed the title of President. Barack Obama, President Obama, is there on borrowed time, just waiting for the Senate to spring into action. Second thing you can learn is that when a government says that this is a temporary measure -- (Laughter) -- you can still be waiting 223 years later.

But the third thing you can learn, and this is the really important one, this is the point I want to leave you on, is that the title, President of the United States of America, doesn't sound that humble at all these days, does it? Something to do with the slightly over 5,000 nuclear warheads he has at his disposal and the largest economy in the world and a fleet of drones and all that sort of stuff. Reality and history have endowed that title with grandeur. And so the Senate won in the end. They got their title of respectability. And also, the Senate's other worry, the appearance of singularity -- well, it was a singularity back then. But now, do you know how many nations have a president? A hundred and forty-seven. All because they want to sound like the guy who's got the 5,000 nuclear warheads, etc.

And so, in the end, the Senate won and the House of Representatives lost, because nobody's going to feel that humble when they're told that they are now the President of the United States of America. And that's the important lesson I think you can take away, and the one I want to leave you with. Politicians try to pick words and use words to shape reality and control reality, but in fact, reality changes words far more than words can ever change reality.

Thank you very much.

One of my favorite words/ in the whole of the Oxford English Dictionary is "snollygoster."//

オックスフォード英語辞典で お気入りの単語は “snollygoster” です

Just because it sounds so good.//

響きがいいからです

And what snollygoster means/ is "a dishonest politician."//

“snollygoster” の意味は “ずる賢い政治家” です

Although there was a 19th-century newspaper editor/ who defined it rather better/ when he said,/ "A snollygoster is a fellow/ who seeks office regardless of party, platform or principle,/ and who,/ when he wins,/ gets there/ by the sheer force of monumental talknophical assumnancy."//

19世紀の新聞編集者の定義はもっと素敵でした “snollygoster は政党 綱領 主義に かかわらず公職を目指す人で 大いなる卓越した戯言力によって当選する人のこと” 大いなる卓越した戯言力によって当選する人のこと”

(笑)

Now/ I have no idea/ what "talknophical"/ is.//

“戯言力”って何のことか分かりませんが

Something to do with words,/ I assume.//

言葉と関係あるのでしょう

But it's very important/ that words are at the center of politics,/ and all politicians know/ they have to try and control language.//

大事なのは言葉は政治の中核をなし 政治家は言葉を制御しようとする必要を覚えています

It wasn't until,/ for example,/1771/ that the British Parliament allowed newspapers/ to report the exact words/ that were said in the debating chamber.//

例えば イギリス議会が 議事堂で交わされた実際の文言を報道するのを 許可したのは1771年になってからです

And this was actually all down/ to the bravery of a guy/ with the extraordinary name of Brass Crosby,/ who took on Parliament.//

これが実現したのは ブラス・クロスビー (Brass Crosby)という変わった名前を持つ 勇気ある国会議員のおかげです

And he was thrown into the Tower of London/ and imprisoned,/ but he was brave enough,/ he was brave enough/ to take them on,/ and in the end/ he had such popular support/ in London/ that he won.//

クロスビーは犯罪者としてロンドン塔に収監されますが 勇気を持ち続け 勇気を持ち続けて闘争し 最終的にロンドン市民の支持を得て勝利しました

And it was only a few years later/ that we have the first recorded use of the phrase "as bold/ as brass."//

それからわずか数年後に “as bold as brass”(堂々とした)という表現が初めて使われたのです

Most people think/ that's down to the metal.//

多くの人は真鍮(brass)から来ていると思っていますが

It's not.// It's down/ to a campaigner/ for the freedom of the press.//

実は報道の自由のために 奮闘した人の名前なのです

But to really show you/ how words and politics interact,/ I want to take/ you back/ to the United States of America,/ just after they'd achieved independence.//

さて言葉と政治がどう結びつくか 本当にお見せするには 独立直後のアメリカ合衆国に さかのぼる必要があります

And they had to face/ the question of what to call George Washington,/ their leader.//

当時直面した問題は 彼らの指導者ジョージ・ワシントンを何と呼ぶかでした

They didn't know.//

称号がなかったのです

What do you call the leader of a republican country?//

共和国の指導者は何と呼ぶべきでしょう?

And this was debated in Congress/ for ages and ages.//

これが議会で長年に渡り議論されたのです

And there were all sorts of suggestions/ on the table,/ which might have made it.//

ありとあらゆる提案が出され議論されました

I mean,/ some people wanted him/ to be called Chief Magistrate Washington,/ and other people,/ His Highness George Washington,/ and other people,/ Protector of the Liberties of the People of the United States of America Washington.//

例えば ある人たちが提言したのは ワシントン主席執政官 また別の人は ジョージ・ワシントン殿下 さらに別の人は ワシントン アメリカ合衆国国民自由の擁護者

Not/ that catchy.//

覚えにくいですね

Some people just wanted to call/ him/ King.//

王と呼ぼうと言う人々もいました

They thought/ it was tried and tested.//

実証試験済だし

And they weren't even being monarchical there,/ they had the idea/ that you could be elected King/ for a fixed term.//

王政ではなくても期間限定なら王を選出して 構わないと考えました

And,/ you know,/ it could have worked.//

いい考えだったかも

And everybody got insanely bored,/ actually,/ because this debate went on for three weeks.//

この議論は3週間にわたり 実に 議員たちはへき易しました

I read a diary of this poor senator,/ who just keeps coming/ back,/ "Still/ on this subject."//

ある上院議員の日記には 繰返し “依然 同じ議題” とあります

And the reason/ for the delay/ and the boredom was/ that the House of Representatives were against the Senate.//

審議が停滞して皆が飽きた理由は 下院が上院に反発したからです

The House of Representatives didn't want Washington/ to get drunk/ on power.//

下院はワシントンが権力に酔うことを恐れました

They didn't want to call/ him/ King in case/ that gave him/ ideas,/ or his successor ideas.//

王と呼ぶと ワシントンや後任が誤解するのを心配したのです

So they wanted to give/ him/ the humblest, meagerest,/ most pathetic title/ that they could think of.//

そこで下院は最も謙虚で粗末で哀れな名前を 付けたいと思いました

And that title was "President."//

それが “大統領” です

President.// They didn't invent the title.// I mean,/ it existed before,/ but it just meant somebody/ who presides over a meeting.//

“大統領” は以前からあった称号です 誰か小会議を取りまとめる人を指しました

It was like the foreman of the jury.//

陪審長みたいなものです

And it didn't have much more grandeur/ than the term "foreman"/ or "overseer."//

“主任” あるいは “監視人” と同じ重みです

There were occasional presidents of little colonial councils and bits of government,/ but it was really a nothing title.//

それまでにも小さな植民地協議会や 政府の一部で使われた何もない称号でした

And that's/ why the Senate objected to it.//

それが上院が反対した理由です

They said,/ that's ridiculous,/ you can't call him/ President.//

彼らは言いました “なんて馬鹿げている 大統領なんてありえない

This guy has to go and sign treaties/ and meet foreign dignitaries.//

条約を結んだり外国の要人と会う人間が

And who's going to take/ him seriously/ if he's got a silly little title/ like President of the United States of America?//

“合衆国大統領” だなんて そんなつまらない肩書きで 誰が真剣に取り合ってくれるんだ?”

And after three weeks of debate,/ in the end/ the Senate did not cave in.//

3週間の議論を経ても 上院は譲歩しませんでした

Instead,/ they agreed to use/ the title "President"/ for now,/ but they also wanted it absolutely set down/ that they didn't agree with it/ from a decent respect/ for the opinions and practice of civilized nations,/ whether under republican or monarchical forms of government,/ whose custom/ it is to annex,/ through the office of the Chief Magistrate,/ titles of respectability --/ not bloody President --/ and/ that in the intercourse/ with foreign nations,/ the majesty of the people of the United States may not be hazarded by an appearance of singularity,/ i.e.//,/ we don't want to look/ like bloody weirdos.//

代わりに “大統領” の称号を当面使うことに合意しました それでも完全に同意してはいないと 明記するよう求めました 上院は 政府の形態が共和制か王政か関係なく 文明国家の民意と執政への敬意 そして 国の代表にふさわしい 主席執政官執務室や大統領以外の呼称 さらに 諸外国と交流する際に合衆国の人々が 物珍しい奇妙な集団と見下されないためには 譲れないと主張しました

Now/ you can learn three interesting things/ from this.//

この事例から3つの興味深い教訓を学べます

First of all --/ and this is my favorite --/ is/ that so far/ as I've ever been able to find out,/ the Senate has never formally endorsed the title of President.//

一つ目は私のお気に入りです 私が研究して分かったのは 上院は未だに正式に大統領の称号を承認していません

Barack Obama,/ President Obama,/ is there on borrowed time,/ just/ waiting for the Senate/ to spring/ into action.//

バラク・オバマ “大統領” は期間限定です 上院が行動を起こすのを待っているのです

Second thing/ you can learn/ is/ that/ when a government says/ that this is a temporary measure --/ (Laughter) --/ you can still be waiting 223 years later.//

2つ目は 政府が時限立法と言う場合・・・ (笑) 223年続く可能性があるということです

But the third thing/ you can learn,/ and this is the really important one,/ this is the point/ I want to leave/ you on,/ is/ that the title,/ President of the United States of America,/ doesn't sound/ that humble/ at all these days,/ does it?//

そして3つ目は とても重要な点です 皆さんにぜひお伝えしたいことは “アメリカ合衆国大統領” という称号は この頃そんなに謙虚に聞こえないでしょう?

Something to do with the slightly over 5,000 nuclear warheads/ he has at his disposal and the largest economy/ in the world and a fleet of drones and all that sort of stuff.//

それは 5千発以上の核弾頭の発射権限を持ち 世界一の経済圏や 無人航空機の群れを動かす権限を有するからでしょう

Reality and history have endowed/ that title/ with grandeur.//

現実と歴史が称号に威厳を加えたのです

And so/ the Senate won in the end.//

結局 上院が勝ったのです

They got their title of respectability.//

上院は威厳ある称号を手にしました

And also,/ the Senate's other worry,/ the appearance of singularity --/ well,/ it was a singularity back then.//

それから上院が心配していた物珍しさについて 当時は物珍しかったでしょう

But now,/ do you know how many nations have a president?//

しかし今 大統領がいる国はいくつあるでしょう?

A hundred and forty-seven.//

147 です

All/ because they want to sound/ like the guy/ who's got the 5,000 nuclear warheads,/ etc.//

その理由は皆が 5千発の核弾頭を持つ指導者みたいに思われたいからです

And so,/ in the end,/ the Senate won/ and the House of Representatives lost,/ because nobody's going to feel that/ humble/ when they're told/ that they are now the President of the United States of America.//

結局 上院が勝ったのです そして下院が負けたのです というのも誰も アメリカ合衆国大統領と呼ばれて 謙虚な気持ちにならないからです

And that's the important lesson/ I think you can take away,/ and the one/ I want to leave/ you with.//

皆さんにお伝えしたい教訓は次のとおりです

Politicians try to pick/ words/ and use words/ to shape reality and control reality,/ but in fact,/ reality changes words far more/ than words can ever change reality.//

政治家は言葉を選んで使い 言葉で現実を形作り支配しようとしますしかし実際には 言葉が現実を変えるより はるかに現実が言葉を変えるのです

Thank you very much.//

ありがとうございました

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

dictionary

『辞書』,辞典,字引き

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

dishonest

(人が)『不正直な』,不誠実な

(人の行為・手段などが)不正な,ごまかしの

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

regardless

『むとんじゃくな』,不注意な;(…に)むとんじゃくな《+『of』+『名』》

とにかく(anyway)

(…に)かかわらず《+『of』+『名』》

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

sheer

(織物などが)『透けるほど薄い』

『純然たる』,完全な

『垂直に近い』,切り立った

完全に,全く

垂直に,険しく

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

monumental

《名詞の前にのみ用いて》記念碑の[ような]

歴史に洗る;不朽の,不滅の

(大きさ・程度が)とてつもない,途方もない

laughter

『笑い』,笑い声

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

parliament

『議会』,『国会』

《通例P-》《英》議会

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

chamber

部屋(room);(特に)寝室

《複数形で》判事室(公開を要しない事件を審理する部屋)

《英》弁護士の事務室

(立事・司法機関などの)会議場

立法府,司法府

(宮廷などの)接見室,拝謁(はいえつ)の間

(動物体の)小室房

(火器の)薬室

…‘に'部屋を祝備する,'を'部屋に入れる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

bravery

『勇敢に』,『勇気』

《文》華美,美装

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

brass

〈U〉『真ちゅう』(銅と亜鉛の合金)

〈C〉《おもに複数形》真ちゅう製器具

《しばしば複数形で》金管楽器;《the brass[es]》(オーケストラなどの)金管楽器部

〈U〉《話》(…する)ずうずうしさ,厚かましさ《+『to』do》

〈U〉《集合的に》《米俗》高級将校,高官

真ちゅう製の

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

Tower of London

ロンドン塔(テムズ川北岸にある建物;元来は城と要塞、後に監獄として使われた;現在は博物館)

imprison

…‘を'『投獄する』,刑務所に入れる;…‘を'監禁する,閉じ込める

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

won

win の過去・過去分詞

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

campaigner

選挙運動者;従軍者

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

republican

『共和国の』;共和制[政治]の

《『R-』》《『米』》共和党の

共和制論者,共和制主義者

《『R-』》《『米』》共和党員《略》R.,Rep.,Repub.)

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

magistrate

(行政・司法を兼ねる)『行政長官』

(下級裁判所における限定された権限の)治安判事

highness

(…の位置・程度・地位などが)高いこと《+『of』+『名』》

《H-》《His(Her, Your)~》殿下(皇族に対する敬称)

protector

(…から)保護する人(物),保護者《+『against』(『of』)+『名』》

liberty

〈U〉(圧政・支配・束縛などからの)『自由』,独立,解放;(自分の意志で行動・選択する)自由,権利

〈C〉『気まま』,かって;かって気ままな言動

《the ~》(ある場所に出入りする)『権利』,自由《+『of』+『名』》

〈U〉(海軍の)上陸許可(時間)

《複数形で》(王などから与えられた)権利,特権

catchy

調子がおもしろくて覚えやすい

引っ掛かりやすい(tricky)

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

bore

bear(実をつける)の過去形

diary

『日記』,日記帳,日誌

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

senator

(古代ローマの)元老院議員

(米国・カナダ・フランスなどの)『上院議員』

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

delay

…'を'『延期する』,延ばす

〈事故などが〉…'を'『遅らせる』

『ぐずぐずする』,『手間取る』

『遅れ』,遅延

『延期』,猶予

boredom

退屈;〈C〉退屈なこと

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

senate

(古代ローマの)元老院

《the S-》(米国・カナダ・フランスなどの)『上院』

(大学の)評議会,理事会

drunk

drinkの過去分詞

酒に酔って,酔っぱらって

(感動・喜びなどに)酔いしれて,夢中になって《+『with』+『名』》

酔っぱらい

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

successor

(…の)『後任者』,継承者,相続人;(…に)取って代わる者《+to+名》

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

preside

(会合などで)『司会をする,議長をつとめる』《+『at』(『over』)+『名』》;(会食などで)主人役をつとめる《+『over』(『at』)+『名』(do『ing』)》

(事業などを)管理する,支配する,主宰する《+『over』+『名』(do『ing』)》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

foreman

(工場などの)職長,(建設工事などの)監督

陪審長

jury

《集合的に》『陪審』[『員団』](普通民間人12人から成り,裁判において被告の有罪無罪を評決し裁判所に答申する)

《集合的に》(コンテストなどの)審査員

grandeur

(自然などの)雄大さ,壮大さ;(建物などの)威容,豪壮さ;(眺めなどの)壮観《+『of』+『名』》

(人・行為などの)威厳(dignity);(目的などの)崇高(nobility)《+『of』+『名』》

overseer

(工事などの)現場監督

occasional

『時たまの』,時おりの

《文》特別な場合のための

《文》(家具が)予備の,補助の

colonial

植民地の;植民の

《しばしばC-》(後に合衆国となった13州について)英国植民地[時代]の

植民地住民

council

諮問会,『協議会』,評議会・『会議』,協議

地方自治体の議会(州・市・町議会など)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

ridiculous

『おかしな』・『ばかばかしい』,とんでもない

ca

circa

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

treaty

〈C〉(国家間の)『条約』,協定

〈C〉条約(協定)文書

〈U〉《文》(個人間の)約定

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

cave

『ほら穴』,(特に)横穴

〈地盤などが〉陥没する

〈帽子など〉'を'へこます

instead

『その代りとして』,それよりも

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

decent

(社会・道徳的な規範にかなって)『きちんとした』,ふさわしい

《話》『かなりよい』,まあまあの,そう悪くない

《話》《補語にのみ用いて》親切な,寛大な

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

custom

〈U〉〈C〉(社会の)『習慣』,『風習』,慣例

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』

〈U〉(客の商人に対する)ひいき,愛顧,引き立て《集合的に》得意先

《複数形で》関税;《the customs》税関

注文で作った,あつらえの

annex

(…に)〈さらに大きな物〉'を'付け加える,添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈領土・会社など〉'を'併合する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈他人の物〉'を'失敬する

(…への)付加物;建て増し,(…の)別館《+『to』+『名』》

(…の)付属文書(書類),付録《+『to』+『名』》

respectability

尊敬されること;(身分・地位・人格などの)りっぱさ《+『of』+『名』》

《複数形で》世間的な慣習;世間体;《皮肉に》お上品ぶり

bloody

『出血している』(bleeding)

『血まみれの』,血でよごれた

血なまぐさい,残酷な

《英俗》ひどい,忌まわしい(damned)

ひどく(damned)

…'を'血まみれにする

intercourse

(個人や帽団の間の)『交際』,交流,連絡,取引;(思想・気持ちなどの)(…との)相互交換,やりとり《+『between』(『with』)+『名』》

=sexual intercourse

majesty

〈U〉(人・態度などの)『威厳』,『尊厳』;(風景などの)威容《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)至高の力;)…の)最高の権威《+『of』+『名』》

〈C〉《M-》陛下

hazard

危険,冒険;(…にとっての)危険物《+『to』+『名』》

(ゴルフや障害レースの)障害物

〈生命・財産など〉‘を'危険にさらす

…‘を'思い切ってする(言う)

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

singularity

〈U〉奇妙,異常,風変り

〈C〉風変りな点,特徴

〈U〉単独,単一性

weirdo

=weirdie

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

endorse

〈小切手・手形・証書など〉‘に'裏書きをする

〈意見・提案など〉‘を'支持する,是認する,保証する

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

temporary

『一時の』,はかない,仮の

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

warhead

(魚雷・ミサイルなどの)弾頭

disposal

配置,配列

(事件・業務などの)『処置』,処理;処分

(物の)譲渡;売却

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

fleet

『艦隊』

(車・飛行機などの)隊,団《+『of』+『名』》

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

endow

〈学校など〉‘に'『寄付する』,基金を贈る

《しばしば受動態で》(優れた能力・才能などを)〈人〉‘に'『与える』,授ける《+『名』+『with』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

関連動画