TED日本語 - マルテ・スピッツ: あなたの携帯会社は見張っている

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

あなたの携帯会社は、使用者のどんな情報を収集しているのでしょうか?マルテ・スピッツが、彼の契約しているドイツの携帯会社に対して、自身に関する情報の開示を要求した時は、情報収集についてそれほど心配はしてませんでした。数回に渡って要求が無視され、訴訟を経て、スピッツは35,830行に渡るデータを受け取りました。このデータは、ほぼ一分単位で更新されている彼の人生の6ヶ月を映し出すものでした。

Script

こんにちは これは私の携帯電話です 携帯電話には皆さんの生活を変える力があります さらに皆さんに個人としての自由を与えてくれます 携帯電話があれば シリアでの人道に反する罪を撮影できます 携帯電話があれば ツイートを投稿して エジプトで抗議運動を始めることができます 携帯電話があれば 歌を録音してSoundCloud にアップロードして 有名になることができます 携帯電話にはこれら全てを可能にする力があります

私は1984年に生まれ ベルリンに住んでいました 当時のこの街を見てみましょう 何十万もの人が変革を求めて立ち上がり 抗議している様子です これは1989年の秋のことです 立ち上がり 変革を求め抗議している この人々が皆 ポケットの中に 携帯電話を持っていたらどうなるでしょうか?

この中で携帯電話を持っている人はいますか? 挙げてみてください 携帯電話を挙げて 挙げてください! 挙げて下さい アンドロイドやブラックベリーを おお たくさんいますね 今日はほとんどの人が携帯電話をお持ちのようです

本日お話しするのは私と私の携帯電話について そしてそれがいかに私の人生を変えたかについてです こちらについて話しましょう ここに35,830行に渡る情報があります 生のデータです どうしてこんな情報がここにあるのでしょうか? なぜなら2006年の夏に 欧州委員会がある指令を出したからです

データ保全指令と呼ばれるものです この指令はヨーロッパの携帯電話会社や インターネットサービス会社に 使用者に関する幅広い情報を保管するよう命じるものです 誰が誰に電話するか?誰が誰にメールを送るか? 誰が誰にテキストメッセージを送るか? 携帯電話をどこで使用したか これら全ての情報が携帯電話会社やプロバイダーによって 少なくとも6ヶ月 最長2年間分保管されています

ヨーロッパ中の人々が「こんなものは求めていない」と 立ち上がったのでした データの保管は望んでいないと叫んだのです 今日のデジタル時代において我々は自己決定を求めており 携帯会社やインターネット会社が私たちに関する あらゆる情報を保管することは望んでいません 彼らは弁護士やジャーナリスト 神父らで 彼らはみな「我々はこれを望まない」と言いました

そしてここから分かるように多くの人々が ベルリンの通りにくりだして 「恐怖ではなく 自由を」と叫びました これは第二のシュタージだと言う人もいます シュタージは東ドイツ時代の秘密警察です

これはうまくいくのか?と私は疑問に思っています 我々に関する全ての情報を蓄えるなんて 本当に出来るでしょうか? 私が携帯電話を使用するたびに? なので私が契約をしているドイツテレコムに尋ねました 当時はドイツで最大の携帯会社でした 彼らが蓄えている私に関する 全ての情報を送るよう求めました 何度も何度も要求したんですが くだらない回答ばかりで まともな回答は得られませんでした

しかし私はこの情報を手元に欲しいんだと説明しました なぜならこの情報は私の人生の記録だからです この情報の取得を求めた私は 彼らを相手に裁判を起こそうと決めました しかしドイツテレコムは反対して あなたにこの情報は提供できないと言いました 最終的には 私は彼らと和解をしました 私は訴訟を取り下げて 彼らは情報を全て私に送ることになりました ちょうどその頃 ドイツ憲法裁判所が 今回のEUの指令を施行することは 違憲であるという判決を下したためです

CDが入ったこの不格好な 茶封筒が送られてきました そして このCDに先ほどお見せした 35,830行に渡る情報が入っていました 最初に見たときは「よし 非常に大きなファイルだ 問題ない」と思いました でもしばらくしてから これは私の人生だと 気付きました これはファイルに収められた 私の人生の6ヶ月なんだと

私はどうすべきなのか?と少し当惑しました なぜなら私がどこにいて 夜どこで寝て 何をしているか分かってしまうんですから その後 私はこの情報を共有したいと言いました これを公表したい 人々にデータ保全指令が何を意味するのか示したかったんです

Zeit OnlineやOpen Data Cityを使って公表しました これは私の人生の6ヶ月間を可視化したものです 拡大したり縮小したりできますし 巻き戻したり早送りもできます 私の行動を全て見ることができます 私がフランクフルトからケルンまで どのような路線を行くのか その間に何回 電話をするのかさえ分かってしまいます

この情報によりこれら全てが可能になるんです ちょっとぞっとしますね でもこのことは私だけの問題ではありません 私たち全員に関わることです 初めは私が妻に電話をし 妻が私に電話したりと 何度か通話するだけです 更に 私に電話をしてくる友人がいて 彼ら同士でも通話をします あなたがあなたに電話をして そんなこんなでネットワークは 本当に大きなものになります

でも 皆さんの通信記録や 通話回数から就寝時間まで分かります 全てが分かってしまうんです 誰がグループのリーダーであるかも分かります この情報をがあれば 皆さんの 交際状況が分かってしまいます この情報を入手できれば 皆さんの人間関係を支配することができます

これは中国やイランのような国々のための青写真です これは皆さんの人間関係を調べ上げるための青写真です なぜなら誰が誰と通話をして 誰が誰にEメールを送っているか分かるからです この情報があればこれら全てが可能となります この情報はヨーロッパでは最低6ヶ月間 最長では2年間保管されます

冒頭でお話したように 1989年の秋にベルリンで 立ち上がった人々みんなが ポケットに携帯電話を持っていたらどうなるでしょうか? シュタージはこの抗議の参加者を特定できたでしょうし 抗議の裏にいる 指導者たちが事前に発覚していたら 抗議は決して起こらなかったでしょう ベルリンの壁崩壊はなかったでしょう その影響で鉄のカーテンの崩壊もなかったでしょう 今日では国家機関や企業は 私たちに関する情報をオンライン オフライン問わず できるだけ蓄えたいと思っています 彼らは私たちの生活を追跡する能力を欲しており 情報をいつまでも確保していたいのです

しかし自己決定とデジタル時代に生きることは 矛盾することではありません しかし今日 自己決定のためには闘う必要があります そのためには毎日闘っていかなくてはいけません 家に帰ったら プライバシーは21世紀の財産であり 時代遅れではないことを 友人に伝えてください 家に帰ったら企業や国家機関側に 情報を蓄積する能力が少しあるからといって そうする必要はないということを伝えてください もし私のことを信じられなければ 携帯会社に尋ねてみてください 皆さんのどんな情報を蓄えているのかと

今後 皆さんが携帯電話を使うときは必ず思い出して欲しいと思います デジタル時代における自己決定を求めて 闘っていかなければならないことを ありがとうございました

(拍手)

Hi. This is my mobile phone. A mobile phone can change your life, and a mobile phone gives you individual freedom. With a mobile phone, you can shoot a crime against humanity in Syria. With a mobile phone, you can tweet a message and start a protest in Egypt. And with a mobile phone, you can record a song, load it up to SoundCloud and become famous. All this is possible with your mobile phone.

I'm a child of 1984, and I live in the city of Berlin. Let's go back to that time, to this city. Here you can see how hundreds of thousands of people stood up and protested for change. This is autumn 1989, and imagine that all those people standing up and protesting for change had a mobile phone in their pocket.

Who in the room has a mobile phone with you? Hold it up. Hold your phones up, hold your phones up! Hold it up. An Android, a Blackberry, wow. That's a lot. Almost everybody today has a mobile phone.

But today I will talk about me and my mobile phone, and how it changed my life. And I will talk about this. These are 35,830 lines of information. Raw data. And why are these informations there? Because in the summer of 2006, the E.U. Commission tabled a directive.

This directive [ is ] called Data Retention Directive. This directive says that each phone company in Europe, each Internet service company all over Europe, has to store a wide range of information about the users. Who calls whom? Who sends whom an email? Who sends whom a text message? And if you use your mobile phone, where you are. All this information is stored for at least six months, up to two years by your phone company or your Internet service provider.

And all over Europe, people stood up and said, "We don't want this." They said, we don't want this data retention. We want self-determination in the digital age, and we don't want that phone companies and Internet companies have to store all this information about us. They were lawyers, journalists, priests, they all said: "We don't want this."

And here you can see, like 10 thousands of people went out on the streets of Berlin and said, "Freedom, not fear." And some even said, this would be Stasi 2.0. Stasi was the secret police in East Germany.

And I also ask myself, does it really work? Can they really store all this information about us? Every time I use my mobile phone? So I asked my phone company, Deutsche Telekom, which was at that time the largest phone company in Germany, and I asked them, please, send me all the information you have stored about me. And I asked them once, and I asked them again, and I got no real answer. It was only blah blah answers.

But then I said, I want to have this information, because this is my life you are protocoling. So I decided to start a lawsuit against them, because I wanted to have this information. But Deutsche Telekom said, no, we will not give you this information. So at the end, I had a settlement with them. I'll put down the lawsuit and they will send me all the information I ask for. Because in the mean time, the German Constitutional Court ruled that the implementation of this E.U. directive into German law was unconstitutional.

So I got this ugly brown envelope with a C.D. inside. And on the C.D., this was on. Thirty-five thousand eight hundred thirty lines of information. At first I saw it, and I said, okay, it's a huge file. Okay. But then after a while I realized, this is my life. This is six months of my life, into this file.

So I was a little bit skeptical, what should I do with it? Because you can see where I am, where I sleep at night, what I am doing. But then I said, I want to go out with this information. I want to make them public. Because I want to show the people what does data retention mean.

So together with Zeit Online and Open Data City, I did this. This is a visualization of six months of my life. You can zoom in and zoom out, you can wind back and fast forward. You can see every step I take. And you can even see how I go from Frankfurt by train to Cologne, and how often I call in between.

All this is possible with this information. That's a little bit scary. But it is not only about me. It's about all of us. First, it's only like, I call my wife and she calls me, and we talk to each other a couple of times. And then there are some friends calling me, and they call each other. And after a while you are calling you, and you are calling you, and you have this great communication network.

But you can see how your people are communicating with each other, what times they call each other, when they go to bed. You can see all of this. You can see the hubs, like who are the leaders in the group. If you have access to this information, you can see what your society is doing. If you have access to this information, you can control your society.

This is a blueprint for countries like China and Iran. This is a blueprint how to survey your society, because you know who talks to whom, who sends whom an email, all this is possible if you have access to this information. And this information is stored for at least six months in Europe, up to two years.

Like I said at the beginning, imagine that all those people on the streets of Berlin in autumn of 1989 had a mobile phone in their pocket. And the Stasi would have known who took part at this protest, and if the Stasi would have known who are the leaders behind it, this may never have happened. The fall of the Berlin Wall would maybe not [ have been ] there. And in the aftermath, also not the fall of the Iron Curtain. Because today, state agencies and companies want to store as much information as they can get about us, online and offline. They want to have the possibility to track our lives, and they want to store them for all time.

But self-determination and living in the digital age is no contradiction. But you have to fight for your self-determination today. You have to fight for it every day. So, when you go home, tell your friends that privacy is a value of the 21st century, and it's not outdated. When you go home, tell your representative only because companies and state agencies have the possibility to store certain information, they don't have to do it. And if you don't believe me, ask your phone company what information they store about you.

So, in the future, every time you use your mobile phone, let it be a reminder to you that you have to fight for self-determination in the digital age. Thank you.

(Applause)

Hi.// This is my mobile phone.//

こんにちは これは私の携帯電話です

A mobile phone can change your life,/ and a mobile phone gives you/ individual freedom.//

携帯電話には皆さんの生活を変える力があります さらに皆さんに個人としての自由を与えてくれます

With a mobile phone,/ you can shoot a crime/ against humanity/ in Syria.//

携帯電話があれば シリアでの人道に反する罪を撮影できます

With a mobile phone,/ you can tweet a message/ and start a protest/ in Egypt.//

携帯電話があれば ツイートを投稿して エジプトで抗議運動を始めることができます

And/ with a mobile phone,/ you can record a song,/ load/ it/ up to SoundCloud/ and become famous.//

携帯電話があれば 歌を録音してSoundCloud にアップロードして 有名になることができます

All this is possible/ with your mobile phone.//

携帯電話にはこれら全てを可能にする力があります

I'm a child of 1984,/ and I live in the city of Berlin.//

私は1984年に生まれ ベルリンに住んでいました

Let's go back/ to that time,/ to this city.//

当時のこの街を見てみましょう

Here/ you can see/ how hundreds of thousands of people stood up/ and protested for change.//

何十万もの人が変革を求めて立ち上がり 抗議している様子です

This is autumn 1989,/ and imagine/ that all those people/ standing up/ and protesting for change had a mobile phone/ in their pocket.//

これは1989年の秋のことです 立ち上がり 変革を求め抗議している この人々が皆 ポケットの中に 携帯電話を持っていたらどうなるでしょうか?

Who in the room has a mobile phone/ with you?//

この中で携帯電話を持っている人はいますか?

Hold it up.//

挙げてみてください

Hold your phones up,/ hold your phones up!//

携帯電話を挙げて 挙げてください!

Hold/ it up.// An Android,/ a Blackberry,/ wow.//

挙げて下さい アンドロイドやブラックベリーを おお

That's a lot.// Almost everybody/ today has a mobile phone.//

たくさんいますね 今日はほとんどの人が携帯電話をお持ちのようです

But today/ I will talk about me and my mobile phone,/ and how it changed my life.//

本日お話しするのは私と私の携帯電話について そしてそれがいかに私の人生を変えたかについてです

And I will talk about this.//

こちらについて話しましょう

These are 35,830 lines of information.//

ここに35,830行に渡る情報があります

生のデータです

And why are these informations there?//

どうしてこんな情報がここにあるのでしょうか?

Because in the summer of 2006,/ the E.U.// Commission tabled a directive.//

なぜなら2006年の夏に 欧州委員会がある指令を出したからです

This directive [ is ] called Data Retention Directive.//

データ保全指令と呼ばれるものです

This directive says/ that each phone company/ in Europe,/ each Internet service company/ all over Europe,/ has to store/ a wide range of information/ about the users.//

この指令はヨーロッパの携帯電話会社や インターネットサービス会社に 使用者に関する幅広い情報を保管するよう命じるものです

Who calls/ whom?// Who sends/ whom an email?//

誰が誰に電話するか?誰が誰にメールを送るか?

Who sends/ whom a text message?//

誰が誰にテキストメッセージを送るか?

And/ if you use your mobile phone,/ where you are.//

携帯電話をどこで使用したか

All this information is stored for at least six months,/ up to two years/ by your phone company or your Internet service provider.//

これら全ての情報が携帯電話会社やプロバイダーによって 少なくとも6ヶ月 最長2年間分保管されています

And all over Europe,/ people stood up/ and said,/ "We don't want this."//

ヨーロッパ中の人々が「こんなものは求めていない」と 立ち上がったのでした

They said,/ we don't want/ this data retention.//

データの保管は望んでいないと叫んだのです

We want self-determination/ in the digital age,/ and we don't want/ that phone companies/ and Internet companies have to store/ all this information/ about us.//

今日のデジタル時代において我々は自己決定を求めており 携帯会社やインターネット会社が私たちに関する あらゆる情報を保管することは望んでいません

They were lawyers,/ journalists,/ priests,/ they/ all said:/ "We don't want this."//

彼らは弁護士やジャーナリスト 神父らで 彼らはみな「我々はこれを望まない」と言いました

And here/ you can see,/ like 10 thousands of people went out/ on the streets of Berlin/ and said,/ "Freedom, not fear."//

そしてここから分かるように多くの人々が ベルリンの通りにくりだして 「恐怖ではなく 自由を」と叫びました

And some even said,/ this would be Stasi 2.0.//

これは第二のシュタージだと言う人もいます

Stasi was the secret police/ in East Germany.//

シュタージは東ドイツ時代の秘密警察です

And I also ask myself,/ does it really work?//

これはうまくいくのか?と私は疑問に思っています

Can they really store all this information/ about us?//

我々に関する全ての情報を蓄えるなんて 本当に出来るでしょうか?

Every time/ I use my mobile phone?//

私が携帯電話を使用するたびに?

So I asked my phone company,/ Deutsche Telekom,/ which was at that time/ the largest phone company/ in Germany,/ and I asked them,/ please, send me/ all the information/ you have stored about me.//

なので私が契約をしているドイツテレコムに尋ねました 当時はドイツで最大の携帯会社でした 彼らが蓄えている私に関する 全ての情報を送るよう求めました

And I asked them once,/ and I asked them again,/ and I got no real answer.// It was only blah blah answers.//

何度も何度も要求したんですが くだらない回答ばかりで まともな回答は得られませんでした

But then/ I said,/ I want to have/ this information,/ because this is my life/ you are protocoling.//

しかし私はこの情報を手元に欲しいんだと説明しました なぜならこの情報は私の人生の記録だからです

So/ I decided to start/ a lawsuit/ against them,/ because I wanted to have/ this information.//

この情報の取得を求めた私は 彼らを相手に裁判を起こそうと決めました

But Deutsche Telekom said,/ no,/ we will not give you/ this information.//

しかしドイツテレコムは反対して あなたにこの情報は提供できないと言いました

So/ at the end,/ I had a settlement/ with them.//

最終的には 私は彼らと和解をしました

I'll put down/ the lawsuit/ and they will send me/ all the information/ I ask for.//

私は訴訟を取り下げて 彼らは情報を全て私に送ることになりました

Because in the mean time,/ the German Constitutional Court ruled/ that the implementation of this E.U. directive/ into German law was unconstitutional.//

ちょうどその頃 ドイツ憲法裁判所が 今回のEUの指令を施行することは 違憲であるという判決を下したためです

So I got this ugly brown envelope/ with a C.D. inside.//

CDが入ったこの不格好な 茶封筒が送られてきました

And/ on the C.D.//,/ this was on.//

そして このCDに先ほどお見せした

Thirty-five thousand eight hundred thirty lines of information.//

35,830行に渡る情報が入っていました

At first/ I saw it,/ and I said,/ okay,/ it's a huge file.// Okay.//

最初に見たときは「よし 非常に大きなファイルだ 問題ない」と思いました

But then/ after a while/ I realized,/ this is my life.//

でもしばらくしてから これは私の人生だと 気付きました

This is six months of my life,/ into this file.//

これはファイルに収められた 私の人生の6ヶ月なんだと

So/ I was a little bit skeptical,/ what should I do with it?//

私はどうすべきなのか?と少し当惑しました

Because you can see/ where I am,/ where I sleep at night,/ what I am doing.//

なぜなら私がどこにいて 夜どこで寝て 何をしているか分かってしまうんですから

But then/ I said,/ I want to go out/ with this information.//

その後 私はこの情報を共有したいと言いました

I want to make/ them/ public.//

これを公表したい

Because I want to show/ the people/ what does data retention mean.//

人々にデータ保全指令が何を意味するのか示したかったんです

So together/ with Zeit Online and Open Data City,/ I did this.//

Zeit OnlineやOpen Data Cityを使って公表しました

This is a visualization of six months of my life.//

これは私の人生の6ヶ月間を可視化したものです

You can zoom in and zoom out,/ you can wind back and fast forward.//

拡大したり縮小したりできますし 巻き戻したり早送りもできます

You can see every step I take.//

私の行動を全て見ることができます

And you can even see/ how I go from Frankfurt/ by train/ to Cologne,/ and how often/ I call in between.//

私がフランクフルトからケルンまで どのような路線を行くのか その間に何回 電話をするのかさえ分かってしまいます

All this is possible/ with this information.//

この情報によりこれら全てが可能になるんです

That's a little bit scary.//

ちょっとぞっとしますね

But it is not only about me.//

でもこのことは私だけの問題ではありません

It's about all of us.//

私たち全員に関わることです

First,/ it's only like,/ I call my wife/ and she calls me,/ and we talk to each other/ a couple of times.//

初めは私が妻に電話をし 妻が私に電話したりと 何度か通話するだけです

And then/ there are some friends/ calling me,/ and they call each other.//

更に 私に電話をしてくる友人がいて 彼ら同士でも通話をします

And after a while/ you are calling you,/ and you are calling you,/ and you have this great communication network.//

あなたがあなたに電話をして そんなこんなでネットワークは 本当に大きなものになります

But you can see/ how your people are communicating with each other,/ what times/ they call each other,/ when they go to bed.//

でも 皆さんの通信記録や 通話回数から就寝時間まで分かります

You can see all of this.//

全てが分かってしまうんです

You can see the hubs,/ like who are the leaders/ in the group.//

誰がグループのリーダーであるかも分かります

If you have access/ to this information,/ you can see/ what your society is doing.//

この情報をがあれば 皆さんの 交際状況が分かってしまいます

If you have access/ to this information,/ you can control your society.//

この情報を入手できれば 皆さんの人間関係を支配することができます

This is a blueprint/ for countries/ like China and Iran.//

これは中国やイランのような国々のための青写真です

This is a blueprint/ how to survey your society,/ because you know/ who talks to/ whom,/ who sends/ whom an email,/ all this is possible/ if you have access/ to this information.//

これは皆さんの人間関係を調べ上げるための青写真です なぜなら誰が誰と通話をして 誰が誰にEメールを送っているか分かるからです この情報があればこれら全てが可能となります

And this information is stored for at least six months/ in Europe,/ up to two years.//

この情報はヨーロッパでは最低6ヶ月間 最長では2年間保管されます

Like I said at the beginning,/ imagine/ that all those people/ on the streets of Berlin/ in autumn of 1989 had a mobile phone/ in their pocket.//

冒頭でお話したように 1989年の秋にベルリンで 立ち上がった人々みんなが ポケットに携帯電話を持っていたらどうなるでしょうか?

And the Stasi would have known/ who took part/ at this protest,/ and/ if the Stasi would have known/ who are the leaders/ behind it,/ this may never have happened.//

シュタージはこの抗議の参加者を特定できたでしょうし 抗議の裏にいる 指導者たちが事前に発覚していたら 抗議は決して起こらなかったでしょう

The fall of the Berlin Wall would maybe not [ have been ] there.//

ベルリンの壁崩壊はなかったでしょう

And in the aftermath,/ also not the fall of the Iron Curtain.//

その影響で鉄のカーテンの崩壊もなかったでしょう

Because/ today,/ state agencies and companies want to store/ as much information/ as they can get about us,/ online/ and offline.//

今日では国家機関や企業は 私たちに関する情報をオンライン オフライン問わず できるだけ蓄えたいと思っています

They want to have/ the possibility/ to track our lives,/ and they want to store/ them/ for all time.//

彼らは私たちの生活を追跡する能力を欲しており 情報をいつまでも確保していたいのです

But self-determination/ and living in the digital age is no contradiction.//

しかし自己決定とデジタル時代に生きることは 矛盾することではありません

But you have to fight/ for your self-determination today.//

しかし今日 自己決定のためには闘う必要があります

You have to fight/ for it/ every day.//

そのためには毎日闘っていかなくてはいけません

So,/ when you go home,/ tell your friends/ that privacy is a value of the 21st century,/ and it's not outdated.//

家に帰ったら プライバシーは21世紀の財産であり 時代遅れではないことを 友人に伝えてください

When you go home,/ tell your representative only/ because companies/ and state agencies have the possibility/ to store certain information,/ they don't have to do/ it.//

家に帰ったら企業や国家機関側に 情報を蓄積する能力が少しあるからといって そうする必要はないということを伝えてください

And/ if you don't believe me,/ ask your phone company/ what information/ they store about you.//

もし私のことを信じられなければ 携帯会社に尋ねてみてください 皆さんのどんな情報を蓄えているのかと

So,/ in the future,/ every time/ you use your mobile phone,/ let/ it be a reminder/ to you/ that you have to fight/ for self-determination/ in the digital age.//

今後 皆さんが携帯電話を使うときは必ず思い出して欲しいと思います デジタル時代における自己決定を求めて 闘っていかなければならないことを

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

tweet

(小鳥の)さえずり,チュッヂュッ

さえずる,チュッチュッと名く(chirp)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

Berlin

ベルリン(もとドイツの首都で,現在は東西ドイツ領に分かれる)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

autumn

『秋』(北半球では秋分から冬至まで,南半球では北半球の春分から夏至まで)

爛熟(ちんじゅく)期,衰退期,初老期

秋の

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

android

人造人間

blackberry

黒イチゴ[の実,木](木イチゴの一種;黒色の実がたくさんできる)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

raw

(食物が)『生の』,『料理されていない』

(物が)『原料のままの』,加工されていない

(皮膚が)『赤むけの』,傷口のあいた;(…で)赤むけの《+『with』+『名』》

(人が)経験のない,未熟な;(…に)不慣れの《+『to』+『名』》

湿気があって寒い

《話》ひどい

data

『資料』,事実;情報

commission

〈U〉〈C〉(任務・職権などの)『委任』,委託;委任状

〈U〉(委任された)『権限』,職権

〈C〉(権威筋より発せられた)命令,指示;責務,任務

〈C〉委任された仕事,頼まれごと;(…する)依頼,注文《+『to』 do》

《集合的に》『委員会』

〈U〉(商取引における)委託,代理業務;〈C〉(委託業務に対する)手数料,口銭

〈U〉(犯罪などを)犯すこと,遂行《+『of』+『名』》

〈C〉将校任命辞令;〈U〉将校の地位

〈人〉‘に'権限を与える,特別の依頼をする

〈将官に〉任命する

〈船など〉'を'就航させる

directive

指令,命令,訓令

指導的な,指示的な

retention

保持(維持)すること;保持(維持)された状態

保持(維持)する力

記憶(力)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

provider

供給者

datum

dataの単数形

既知の事実

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

lawyer

『弁護士』;法律学者

journalist

ジャーナリスト

priest

(一般に)『聖職者』,僧,神官

(カトリック教会・英国国教会の)司祭

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

East Germany

東ドイツ,ドイツ民主共和国(=German Democratic Republic)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

lawsuit

訴訟[事件]

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

settlement

〈U〉〈C〉(…の)『解決』,決定《+『of』+『名』》;定住,身を固めること

小さい村,村落,部落

〈U〉植民,移民

〈C〉(特に初期の)植民地(colony)

〈U〉(貸借などの)清算,決算

(またsettlement house)〈C〉(恵まれない人の福祉に奉仕する)隣保事業館,セツルメント

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

constitutional

体質の,生まれつきの;構成上の

憲法の,立憲の

《話》健康のための散歩

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

unconstitutional

憲法違反の;(特に合衆国憲法に)違憲の

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

envelope

『封筒』

包むもの

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

okay

=OK,O.K.

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

file

やすり

…‘に'やすりをかける;…‘を'やすりで切る(削り取る)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

skeptical

疑い深い,懐疑的な

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

Cologne

ケルン(ライン川に臨む西ドイツの都市)

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

times

…掛ける

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

blueprint

(建築・機械の設計図の)青写真

(詳細な)計画

…'を'青写真にとる

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

aftermath

(事件・災害などの)余波,結果

iron curtain

《the~》鉄のカーテン(第二次世界大戦後の旧ソ連と西欧間の障壁)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

offline

(コンピューターが)オフラインの(親コンピューターから独立して作動する)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

contradiction

否定,反ばく

矛盾

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

outdated

=out-of-date

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

reminder

思い出させる人(もの);(思い出させるための)助言;催促状

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画