TED日本語 - エイミー・カディ: ボディランゲージが人を作る

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私たちのするボディランゲージは、自分に対する他の人の見方に影響しますが、自分自身の見方にも影響します。社会心理学者のエイミー・カディは、自信のないときでも自信に溢れる「力のポーズ」を取ることで、脳内のテストステロンやコルチゾールのレベルが変化し、成功できる見込みも変わるのだと言います。

Script

皆さんに ひとつ無料で 技術不要の人生術をお教えしましょう 姿勢を2分間 変えるだけでいいんです ただその前に自分の体を今 どんな風にしているか確認していただきたいと思います 体を小さく縮こめている人はどれくらいいますか? 背中を丸める脚を組む 足首を絡める あるいは腕をしがみつくようにする それから逆に 体を大きく広げることもあります (笑) やっている人いますね (笑) 今 自分がどんな風にしているかに注意を払ってください 後でその話をしますけど それを少し変えるだけで 人生を大きく変えられる可能性があるんです

私たちはボディランゲージに目を引かれます 特に他の人のボディランゲージに 興味を引かれます 私たちは 何かこういうぎこちないやり取りとか (笑) 笑顔とか 蔑んだ視線に関心を向けます あるいはぎこちないウインクだとか 握手なんかもそうです

十番地に着きました ラッキーな警官がアメリカ大統領と 握手を交わします それに英国首相とも・・・しません (笑いと拍手)

握手するかしないかというだけのことが 何週間も話題にされBBCや ニューヨーク・タイムズまで取り上げます ですからボディランゲージ ?私たち社会科学者は 「非言語行動」と呼んでいますが それもまた一種の言葉コミュニケーションなんです コミュニケーションは人と人との交流です 相手のボディランゲージは自分に何を伝えているのか? 自分のボディランゲージは相手に何を伝えているのか?

ボディランゲージをそのように見るのは妥当だと信ずべき理由がたくさんあります ボディランゲージの効果やそれが人の判断に もたらす影響を社会科学者は 多くの時間をかけて研究してきました 人はボディランゲージから大まかな判断や推測をします そしてその判断が人生において大きな意味を持つ場面 ? 誰を採用し 誰を昇進させ 誰をデートに誘うかといったときに 大きく影響するんです たとえばタフツ大学のナリニ・アンバディは 医者と患者の間の実際のやり取りを撮した 30秒の無音のビデオを見ただけで 医者が訴えられることになるかどうかを その医者の感じ良さから予想できることを示しました 医者の能力自体はあまり関係がなく その人が好きかどうか 患者との接し方がどうかの方が大きいんです もっと劇的な例では プリンストンのアレックス・トドロフは 候補者の顔を1秒見ての判断によって 議員選や州知事選の結果を 70%の精度で 予測できることを示しました デジタルな世界でさえ 顔文字をうまく使うことで ネット上での話を有利に進められます でもまずい使い方をすると酷い結果にもなります 私たちが他の人をどう判断し他の人が私たちをどう判断するかに 非言語的な部分が影響するのは分かりますが 私たちが忘れがちなのは 自分の非言語行動に影響されるのは他人だけでなく 自分もだということです

私たちの考えや感情や 生理は 自分の非言語行動の影響を受けるのです どういった非言語行動を問題にしているのかですが 私は社会心理学者で偏見の研究をしていて 競争意識の強いビジネススクールで教えています そのため 人の力関係に興味を持つようになりました 特に非言語的な力や支配の表現に 関心があります

力や支配の非言語表現がどんなものかというと こういうものです 動物の世界では体を広げます 自分を大きく見せ体を伸ばし 広い空間を占めようとし 要は 広げるというのが基本です これは霊長類だけでなく動物の世界に広く共通しています 人間もまた同じことをします (笑) これは力を持った人が絶えずしているという面もあれば 力を感じる瞬間にするという面もあります これの特に興味深い点は この力の表現がいかに古くからあって普遍的かということです この誇らしさの表現に関しては ジェシカ・トレーシーによる研究があります 運動競技で勝ったときには 目の見える人も生まれつき盲目の人も 同じように このポーズをするのが分かりました ゴールラインを切って勝利したとき 他の人がそうするのを見たことがあるかに関係なく こんな風にするんです 腕をVの字に突き上げあごをやや前に突き出します 一方で 無力だと感じる時はどうでしょう? ちょうど逆のことをします縮こまり 体を丸め 小さくなります他の人と接触すまいとします この場合も 人と動物は同じようにします この写真は 強い力と弱い力が 一緒になった場合です 力に関して人は 相手の非言語行動を補完しようとします すごく力を持った人が一緒にいるとき 私たちは体を小さくします 同じようにではなく逆のことをするんです

教室の中でこういう行動を観察していて気付くことがあります MBAの学生の間では多岐にわたる 非言語的な力の表現が見られます 群れのボスを絵に描いたような人たちがいて 授業の始まる ずっと前に教室に来てど真ん中に陣取ります その場を支配しようとでも言うかのようです そして席に座ると体を大きく広げます 手を挙げる時もこんな感じです 教室に入ってくるとき 萎縮しているように見える人もいます 顔にも体にも表れています 席に座り体を小さくします 手を挙げるときもこんな感じです これについて気付くことが2つあります 1つは 驚くことでもありませんが 性別に関係があるようだということです 女性は男性よりもこんな姿勢を取りがちです 女性は概して男性より力がないと感じているので 驚くことでもないでしょうでも もう1つ気付くのは どれほど積極的に授業に参加しているかにも ある程度関係しているということです これはMBAの教室では特に重要なことで 成績の半分は授業中の発言によって評価されるからです

ビジネススクールは 男女間の成績のギャップという問題を抱えています 元々同じくらいの資質があっても 男女で成績に差が付いてしまうんですが これはある部分 授業への参加姿勢によるものです だから私は考えるようになりました 授業に積極的に参加するこんな感じの学生がいますが それを形だけでも真似したならもっと積極的に 参加できるようになるのだろうか?

バークレー校にいる共同研究者のデーナ・カーニーと私は フリをしているうちに できるようになるものなのか知りたいと思いました しばらくの間見かけを繕っていたら 実際に力強い行動をするようになるのだろうか? 他の人が自分をどう思い どう感じるかは非言語行動による部分が大きい というのは分かっていて沢山の証拠があります 私たちの疑問は 自分で自分のことをどう思い?どう感じるかも 非言語行動に大きく依存するのかということです

そう思われる証拠がいくつかあります たとえば 私たちは楽しいときに笑います でも割り箸を 口にこんな風に挟んで 無理に笑顔を作っても楽しい気持ちになります 両方向なんです力についても同じで 力強く感じる時 こんな風に 大きく振る舞いがちですが でも力に溢れたフリをするだけでも 力強くなったように感じるんです

それで2番目の疑問は 心が体に変化を及ぼすのは分かりますが 体もまた心に変化を及ぼすのかということです この力強さの文脈において心と言うとき 何を指しているのかというと 思考や感覚 それに 思考や感覚を生み出すある種の生理的なもの 私の場合は特に ホルモンに注目しています 力溢れる心と 無力な心というのは どんな風のものでしょう? 力溢れる人は当然のこととして より断定的で 自信を持ち楽天的です 運任せのゲームにおいてさえ勝てると感じています それにまた抽象的に考える傾向があります よりリスクを取ります 力溢れる人と無力な人には多くの違いがあります 生理的にも ある重要な2つのホルモンに違いが見られます 支配性のホルモンであるテストステロンと ストレスのホルモンであるコルチゾールです 霊長類の群れの中で 力を持つボスはテストステロンが多く コルチゾールが少ないですが 力強く有能なリーダーもまた テストステロンが多くコルチゾールが少ないのです これは何を意味するのでしょう? 力について考えるとき みんなテストステロンに目を向けます 何しろ支配性を司るものですから しかし力というのは ストレスへの反応にも現れます 支配的な力を持つテストステロン溢れるリーダーが ストレスに過敏なことを期待するでしょうか? 違うでしょう 力強く 断定的 支配的であり ストレスに動じないどっしりとした人を期待するはずです

霊長類の群れにおいて ある個体が突然ボスの役割を 引き継ぐことになったとき 数日内に その個体のテストステロンの値は大きく上昇し コルチゾールの値は大きく下がります だから少なくとも表面的なレベルで 体が心を形作りうるのと同様に 役割の変化も 心を形作りうるという証拠があるわけです では役割の変化があると何が起きるのか? そういうことを些細な形で やったとき何が起きるのか? 2分間 この格好で立っていれば 力強く感じられるようになるのか?

それでやってみました研究室に人を集めて ちょっとした実験をしたんです みんなにそれぞれ力強いポーズか 無力なポーズを 2分間してもらいました ポーズを5種類ずつ見ていただきましょう これが1つ さらに2つ メディアに「ワンダーウーマンのポーズ」と 紹介されました さらにもう2つ 立ってやるのもあれば座ってやるのもあります こちらは無力なポーズです 縮こまって体を小さくします これは特に力の弱いポーズです 首に触るのは 身を守ろうとしているのです 実験の方法ですがみんな集まったら 小瓶に唾液を取ってもらい 2分間 これかこれをやってくださいと言います 彼らにポーズの写真は見せません 力の概念を伝えたくないからです力を感じてほしいのです それで2分間これをやってもらい それから いろいろな場面で「どれほど力強く感じるか」を聞きます ギャンブルする機会を与え それからまた唾液のサンプルを取ります それで終了そういう実験です

分かったのは リスク耐性?今の場合ギャンブルですが 力強いポーズをした人は 86%が賭に出ます 力の弱いポーズでは 60%の人しかやらず大きな違いが出ます テストステロンについては 実験前の値を基準として力強いポーズの人たちは 20%増加し 力の弱いポーズの人は10%減少しました ここでも2分間でこんな違いが出たのです コルチゾールの方は力強いポーズの人で 25%の減少 力の弱いポーズでは15%増加しました 2分間のポーズがホルモンの変化をもたらし 脳の状態を変え 断定的で 自信を持ち落ち着いた状態や ストレスに弱い 落ち込んだような状態になったのです そういう感覚はみんな経験したことがありますよね? そういうわけで非言語行動は 他人がどう見るかだけでなく 自分で自分のことを どう思いどう感じるかも決めるのです そして体は心に影響を及ぼします

そこで次の疑問は力のポーズを 数分間することが 本当に人生を意味ある形で変えるのかです やったのは あくまで実験室の中でのわずか数分のタスクでしたが これは現実に どう応用できるのでしょう? そこが みんな関心のあるところですから それで私たちは考えてこれが使える状況は 自分が値踏みされる状況 社会的な脅威を感じる状況だろうと思いました たとえば友達からの評価ランチの席でのティーンのような ある人にとって それは教育委員会でのスピーチや 売り込みをする時かもしれないし このような講演か あるいは就職面接かもしれません 多くの人が体験していて身近に感じるものとして 面接を 私たちは選びました

私たちがこの研究結果を公表すると 様々なメディアに取り上げられ「では 就職面接では こうすべきなんですよね?」と言われました (笑) 私たちは驚いて 違います そういう意味じゃありませんと訂正しました 面接の場ではどうかこんなことしないでください 思い出してほしいのは これは他の人へのメッセージというよりは 自分へのメッセージだということです 就職面接に臨む前はどんな風にしているでしょう? こんな風ですよね?座って携帯をいじり 誰かを押しのけようなんてしません 手帳を見て 背を丸め 体を小さくします でも本当は こんな風にしたほうがいいんです トイレにでも行って 2分間やるんです これを実験しようと思い 研究室に人を集め 力強い あるいは力のないポーズをした後に ストレスの強い面接を受けてもらいました 5分間の面接をし録画して 後で評価をします 面接官は非言語的フィードバックを与えないよう訓練されています だからこんな感じです こんな人に面接されるのを想像してください 5分間まったく無反応ですよ詰問でもされた方がまだマシです みんなこれを嫌いますマリアンヌ・ラフランスが言うところの 「社会的流砂の中に立つ」状態です コルチゾールが急増します そういう面接を受けるときに 何が起きるのかを知りたかったのです それから その録画テープを4人の人に見てもらいました 彼らは仮説のことも実験の条件も知りません 誰がどのポーズをしたかも知りません そして録画テープを見た後に「この人を採用したい」 と彼らが言ったのは みんな 力のポーズを取った人でした「あっちは採用したくない 全体として こっちの人を高く評価する」と 何がそうさせているのか?話す内容ではありません その人が話す態度が重要なんです 私たちは能力を示す条件を評価していると思っています 「話はどれだけ筋道立っているか」 「内容は良いか」「資質はあるか」 でもそういったものに効力はなく態度こそ影響を与えるものなんです 基本的に面接では本当の自分が表れます 考えを述べるにしても重要なのは その人を表すものとしてであって 言ったこと自体ではないのです つまり態度が 効果を生み出し効果を伝えるものだということです

体が心に 影響を及ぼし 心が行動に 影響を及ぼし 行動が結果に 影響を及ぼすという話をすると みんな 「なんかフリをしているみたいだ」と言います だから私は「できるまでフリをしなさい」と言うんですが そんな風にしてまで やりたいとは思わないペテンみたいだ ニセ者みたいに感じたくはない そんな風にしても「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じるだけだと これには個人的にすごく共感します 自分がニセ者で「ここにいるべき人間じゃない」 と感じるのがどういうものか私自身体験があるからです

私は19歳の時にひどい自動車事故に遭いました 車から放り出され地面を何度も転がり 頭部外傷リハビリ病棟で目覚めました 大学も休学し IQが標準偏差2個分も下がったのを知って ショックを受けました 自分のIQを知っていたのは優れた頭脳を見出され この子は天才だと言われていたからです 復学しようと ずっと努力していましたが みんなに言われました「卒業は無理だよ 他にできることがきっとあるよ 大学に行ってもうまくいきっこない」 すごく苦しみました自分の核となる アイデンティティを奪われるということ 私の場合 頭がいいということでしたが それを奪われることほど無力に感じるものはありません 私はまったく無力に感じました 努力しては幸運を掴みさらに努力するというのを繰り返し

ようやく大学を卒業できました 他の子たちより4年長くかかりました そして私の擁護者であり指導教員であるスーザン・フィスクに受け入れられ プリンストンに辿り着きましたが 「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じていました ニセ者です プリンストンでは最初の年に 20人を前に 20分のスピーチをする というのがあるんですが そこで正体を晒すことになるのを恐れ 前の晩にスーザンに電話をして「辞めます」と伝えました すると彼女は言いました 「あなたは辞めない私はあなたに賭けたんだから いてもらう あなたはここにいてやるべきことをやるの できてるフリをしなさい やるように言われた講演をすべてこなし ひたすらやり続け 怖かろうが 脚がすくもうが 体外離脱を体験しようが こう思えるようになるまで続けるのよ“ああ やれている! 本物になったんだ!ちゃんと やっている”」 たからそうしました大学院に5年いて 最初ノースウェスタンに行き それからハーバードに行きました ハーバードにいく頃には あまり考えなくなっていましたが それまでずっと 「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じていたんです

ハーバードでの最初の年の終わりのことですが それまで授業中に一言も発言しなかった学生がいたので私は「ねえ 授業にちゃんと参加しないと 落第するよ」と言ってやったら後でその子が部屋にやってきて その子のことは そんなに知らなかったんですが すっかり打ちひしがれた様子でやってくると 言ったんです 「私ここにいるべき人間じゃないんです」 この瞬間です2つのことに気付きました 1つは いつの間にか そんな風に感じなくなっていたことでも彼女はそう感じていて それがどんなものか私は誰よりも知っていました もう1つは 彼女はここにいるべきだ ということです フリをしていれば本当にそうなれるんだと だから言いました「あんたはここにいるべき人間よ! 明日はできるフリをしなさい 力に溢れるフリを そして・・・」 (拍手) 「教室に行って 最高の意見を言うの」 それでどうなったかというと彼女は最高の意見を言って みんな振り向いていました 「誰だろう? あんな子がいたのに気が付かなかった」(笑)

何ヶ月か経って 彼女がまたやってきましたが 単にフリをして やりおおせただけではなく フリを続けて本当になったのが分かりました 彼女は変わったんです だから皆さんに言いたいんですフリをしてやり過ごすのではなく フリを本物にしてくださいと それが本当に自分のものになるまでやるんです

最後にお伝えしたいのは 小さな変化が大きな違いに繋がるということです たった2分間の 積み重ねですが この次ストレスを感じる評価される場面に臨むとき やってみてくださいエレベーターの中で トイレの個室で自分の部屋で やってみてほしいんです 脳を その状況に最適な状態にし テストステロンを上げコルチゾールを下げるんです せっかくのチャンスに「自分らしさが出せなかった」なんて事にならないように 「自分がどんな人間か言ってやろう見せてやろう」 という気持ちになってください

そして お願いしたいのは 力のポーズを試し この科学を広めてください すごく簡単なんですから エゴで言っているのではありません みんなに教え共有してください これが一番役立つのは リソースも 技術もステータスも 力もない人たちです 1人でできるんですから 必要なのは自分の体と1人になれる2分間だけです それが彼らの人生を大きく変えることになるはずです ありがとうございました (拍手) (スタンディングオベーション)

So I want to start by offering you a free no-tech life hack, and all it requires of you is this: that you change your posture for two minutes. But before I give it away, I want to ask you to right now do a little audit of your body and what you're doing with your body. So how many of you are sort of making yourselves smaller? Maybe you're hunching, crossing your legs, maybe wrapping your ankles. Sometimes we hold onto our arms like this. Sometimes we spread out. (Laughter) I see you. (Laughter) So I want you to pay attention to what you're doing right now. We're going to come back to that in a few minutes, and I'm hoping that if you learn to tweak this a little bit, it could significantly change the way your life unfolds.

So, we're really fascinated with body language, and we're particularly interested in other people's body language. You know, we're interested in, like, you know - (Laughter) - an awkward interaction, or a smile, or a contemptuous glance, or maybe a very awkward wink, or maybe even something like a handshake.

Narrator: Here they are arriving at Number 10, and look at this lucky policeman gets to shake hands with the President of the United States. Oh, and here comes the Prime Minister of the - - No. (Laughter) (Applause) (Laughter) (Applause)

Amy Cuddy: So a handshake, or the lack of a handshake, can have us talking for weeks and weeks and weeks. Even the BBC and The New York Times. So obviously when we think about nonverbal behavior, or body language -- but we call it nonverbals as social scientists -- it's language, so we think about communication. When we think about communication, we think about interactions. So what is your body language communicating to me? What's mine communicating to you?

And there's a lot of reason to believe that this is a valid way to look at this. So social scientists have spent a lot of time looking at the effects of our body language, or other people's body language, on judgments. And we make sweeping judgments and inferences from body language. And those judgments can predict really meaningful life outcomes like who we hire or promote, who we ask out on a date. For example, Nalini Ambady, a researcher at Tufts University, shows that when people watch 30-second soundless clips of real physician-patient interactions, their judgments of the physician's niceness predict whether or not that physician will be sued. So it doesn't have to do so much with whether or not that physician was incompetent, but do we like that person and how they interacted? Even more dramatic, Alex Todorov at Princeton has shown us that judgments of political candidates' faces in just one second predict 70 percent of U.S. Senate and gubernatorial race outcomes, and even, let's go digital, emoticons used well in online negotiations can lead to you claim more value from that negotiation. If you use them poorly, bad idea. Right? So when we think of nonverbals, we think of how we judge others, how they judge us and what the outcomes are. We tend to forget, though, the other audience that's influenced by our nonverbals, and that's ourselves.

We are also influenced by our nonverbals, our thoughts and our feelings and our physiology. So what nonverbals am I talking about? I'm a social psychologist. I study prejudice, and I teach at a competitive business school, so it was inevitable that I would become interested in power dynamics. I became especially interested in nonverbal expressions of power and dominance.

And what are nonverbal expressions of power and dominance? Well, this is what they are. So in the animal kingdom, they are about expanding. So you make yourself big, you stretch out, you take up space, you're basically opening up. It's about opening up. And this is true across the animal kingdom. It's not just limited to primates. And humans do the same thing. (Laughter) So they do this both when they have power sort of chronically, and also when they're feeling powerful in the moment. And this one is especially interesting because it really shows us how universal and old these expressions of power are. This expression, which is known as pride, Jessica Tracy has studied. She shows that people who are born with sight and people who are congenitally blind do this when they win at a physical competition. So when they cross the finish line and they've won, it doesn't matter if they've never seen anyone do it. They do this. So the arms up in the V, the chin is slightly lifted. What do we do when we feel powerless? We do exactly the opposite. We close up. We wrap ourselves up. We make ourselves small. We don't want to bump into the person next to us. So again, both animals and humans do the same thing. And this is what happens when you put together high and low power. So what we tend to do when it comes to power is that we complement the other's nonverbals. So if someone is being really powerful with us, we tend to make ourselves smaller. We don't mirror them. We do the opposite of them.

So I'm watching this behavior in the classroom, and what do I notice? I notice that MBA students really exhibit the full range of power nonverbals. So you have people who are like caricatures of alphas, really coming into the room, they get right into the middle of the room before class even starts, like they really want to occupy space. When they sit down, they're sort of spread out. They raise their hands like this. You have other people who are virtually collapsing when they come in. As soon they come in, you see it. You see it on their faces and their bodies, and they sit in their chair and they make themselves tiny, and they go like this when they raise their hand. I notice a couple of things about this. One, you're not going to be surprised. It seems to be related to gender. So women are much more likely to do this kind of thing than men. Women feel chronically less powerful than men, so this is not surprising. But the other thing I noticed is that it also seemed to be related to the extent to which the students were participating, and how well they were participating. And this is really important in the MBA classroom, because participation counts for half the grade.

So business schools have been struggling with this gender grade gap. You get these equally qualified women and men coming in and then you get these differences in grades, and it seems to be partly attributable to participation. So I started to wonder, you know, okay, so you have these people coming in like this, and they're participating. Is it possible that we could get people to fake it and would it lead them to participate more?

So my main collaborator Dana Carney, who's at Berkeley, and I really wanted to know, can you fake it till you make it? Like, can you do this just for a little while and actually experience a behavioral outcome that makes you seem more powerful? So we know that our nonverbals govern how other people think and feel about us. There's a lot of evidence. But our question really was, do our nonverbals govern how we think and feel about ourselves?

There's some evidence that they do. So, for example, we smile when we feel happy, but also, when we're forced to smile by holding a pen in our teeth like this, it makes us feel happy. So it goes both ways. When it comes to power, it also goes both ways. So when you feel powerful, you're more likely to do this, but it's also possible that when you pretend to be powerful, you are more likely to actually feel powerful.

So the second question really was, you know, so we know that our minds change our bodies, but is it also true that our bodies change our minds? And when I say minds, in the case of the powerful, what am I talking about? So I'm talking about thoughts and feelings and the sort of physiological things that make up our thoughts and feelings, and in my case, that's hormones. I look at hormones. So what do the minds of the powerful versus the powerless look like? So powerful people tend to be, not surprisingly, more assertive and more confident, more optimistic. They actually feel that they're going to win even at games of chance. They also tend to be able to think more abstractly. So there are a lot of differences. They take more risks. There are a lot of differences between powerful and powerless people. Physiologically, there also are differences on two key hormones: testosterone, which is the dominance hormone, and cortisol, which is the stress hormone. So what we find is that high-power alpha males in primate hierarchies have high testosterone and low cortisol, and powerful and effective leaders also have high testosterone and low cortisol. So what does that mean? When you think about power, people tended to think only about testosterone, because that was about dominance. But really, power is also about how you react to stress. So do you want the high-power leader that's dominant, high on testosterone, but really stress reactive? Probably not, right? You want the person who's powerful and assertive and dominant, but not very stress reactive, the person who's laid back.

So we know that in primate hierarchies, if an alpha needs to take over, if an individual needs to take over an alpha role sort of suddenly, within a few days, that individual's testosterone has gone up significantly and his cortisol has dropped significantly. So we have this evidence, both that the body can shape the mind, at least at the facial level, and also that role changes can shape the mind. So what happens, okay, you take a role change, what happens if you do that at a really minimal level, like this tiny manipulation, this tiny intervention? "For two minutes," you say, "I want you to stand like this, and it's going to make you feel more powerful."

So this is what we did. We decided to bring people into the lab and run a little experiment, and these people adopted, for two minutes, either high-power poses or low-power poses, and I'm just going to show you five of the poses, although they took on only two. So here's one. A couple more. This one has been dubbed the "Wonder Woman" by the media. Here are a couple more. So you can be standing or you can be sitting. And here are the low-power poses. So you're folding up, you're making yourself small. This one is very low-power. When you're touching your neck, you're really protecting yourself. So this is what happens. They come in, they spit into a vial, we for two minutes say, "You need to do this or this." They don't look at pictures of the poses. We don't want to prime them with a concept of power. We want them to be feeling power, right? So two minutes they do this. We then ask them, "How powerful do you feel?" on a series of items, and then we give them an opportunity to gamble, and then we take another saliva sample. That's it. That's the whole experiment.

So this is what we find. Risk tolerance, which is the gambling, what we find is that when you're in the high-power pose condition,86 percent of you will gamble. When you're in the low-power pose condition, only 60 percent, and that's a pretty whopping significant difference. Here's what we find on testosterone. From their baseline when they come in, high-power people experience about a 20-percent increase, and low-power people experience about a 10-percent decrease. So again,two minutes, and you get these changes. Here's what you get on cortisol. High-power people experience about a 25-percent decrease, and the low-power people experience about a 15-percent increase. So two minutes lead to these hormonal changes that configure your brain to basically be either assertive, confident and comfortable, or really stress-reactive, and, you know, feeling sort of shut down. And we've all had the feeling, right? So it seems that our nonverbals do govern how we think and feel about ourselves, so it's not just others, but it's also ourselves. Also, our bodies change our minds.

But the next question, of course, is can power posing for a few minutes really change your life in meaningful ways? So this is in the lab. It's this little task, you know, it's just a couple of minutes. Where can you actually apply this? Which we cared about, of course. And so we think it's really, what matters, I mean, where you want to use this is evaluative situations like social threat situations. Where are you being evaluated, either by your friends? Like for teenagers it's at the lunchroom table. It could be, you know, for some people it's speaking at a school board meeting. It might be giving a pitch or giving a talk like this or doing a job interview. We decided that the one that most people could relate to because most people had been through was the job interview.

So we published these findings, and the media are all over it, and they say, Okay, so this is what you do when you go in for the job interview, right? (Laughter) You know, so we were of course horrified, and said, Oh my God, no, no, no, that's not what we meant at all. For numerous reasons, no, no, no, don't do that. Again, this is not about you talking to other people. It's you talking to yourself. What do you do before you go into a job interview? You do this. Right? You're sitting down. You're looking at your iPhone -- or your Android, not trying to leave anyone out. You are, you know, you're looking at your notes, you're hunching up, making yourself small, when really what you should be doing maybe is this, like, in the bathroom, right? Do that. Find two minutes. So that's what we want to test. Okay? So we bring people into a lab, and they do either high- or low-power poses again, they go through a very stressful job interview. It's five minutes long. They are being recorded. They're being judged also, and the judges are trained to give no nonverbal feedback, so they look like this. Like, imagine this is the person interviewing you. So for five minutes, nothing, and this is worse than being heckled. People hate this. It's what Marianne LaFrance calls "standing in social quicksand." So this really spikes your cortisol. So this is the job interview we put them through, because we really wanted to see what happened. We then have these coders look at these tapes,four of them. They're blind to the hypothesis. They're blind to the conditions. They have no idea who's been posing in what pose, and they end up looking at these sets of tapes, and they say, "Oh, we want to hire these people," -- all the high-power posers -- "we don't want to hire these people. We also evaluate these people much more positively overall." But what's driving it? It's not about the content of the speech. It's about the presence that they're bringing to the speech. We also, because we rate them on all these variables related to competence, like, how well-structured is the speech? How good is it? What are their qualifications? No effect on those things. This is what's affected. These kinds of things. People are bringing their true selves, basically. They're bringing themselves. They bring their ideas, but as themselves, with no, you know, residue over them. So this is what's driving the effect, or mediating the effect.

So when I tell people about this, that our bodies change our minds and our minds can change our behavior, and our behavior can change our outcomes, they say to me, "I don't -- It feels fake." Right? So I said, fake it till you make it. I don't -- It's not me. I don't want to get there and then still feel like a fraud. I don't want to feel like an impostor. I don't want to get there only to feel like I'm not supposed to be here. And that really resonated with me, because I want to tell you a little story about being an impostor and feeling like I'm not supposed to be here.

When I was 19, I was in a really bad car accident. I was thrown out of a car, rolled several times. I was thrown from the car. And I woke up in a head injury rehab ward, and I had been withdrawn from college, and I learned that my I.Q. had dropped by two standard deviations, which was very traumatic. I knew my I.Q. because I had identified with being smart, and I had been called gifted as a child. So I'm taken out of college, I keep trying to go back. They say, "You're not going to finish college. Just, you know, there are other things for you to do, but that's not going to work out for you." So I really struggled with this, and I have to say, having your identity taken from you, your core identity, and for me it was being smart, having that taken from you, there's nothing that leaves you feeling more powerless than that. So I felt entirely powerless. I worked and worked and worked, and I got lucky, and worked, and got lucky, and worked.

Eventually I graduated from college. It took me four years longer than my peers, and I convinced someone, my angel advisor, Susan Fiske, to take me on, and so I ended up at Princeton, and I was like, I am not supposed to be here. I am an impostor. And the night before my first-year talk, and the first-year talk at Princeton is a 20-minute talk to 20 people. That's it. I was so afraid of being found out the next day that I called her and said, "I'm quitting." She was like, "You are not quitting, because I took a gamble on you, and you're staying. You're going to stay, and this is what you're going to do. You are going to fake it. You're going to do every talk that you ever get asked to do. You're just going to do it and do it and do it, even if you're terrified and just paralyzed and having an out-of-body experience, until you have this moment where you say, 'Oh my gosh, I'm doing it. Like, I have become this. I am actually doing this.'" So that's what I did. Five years in grad school, a few years, you know, I'm at Northwestern, I moved to Harvard, I'm at Harvard, I'm not really thinking about it anymore, but for a long time I had been thinking, "Not supposed to be here. Not supposed to be here."

So at the end of my first year at Harvard, a student who had not talked in class the entire semester, who I had said, "Look, you've gotta participate or else you're going to fail," came into my office. I really didn't know her at all. And she said, she came in totally defeated, and she said, "I'm not supposed to be here." And that was the moment for me. Because two things happened. One was that I realized, oh my gosh, I don't feel like that anymore. You know. I don't feel that anymore, but she does, and I get that feeling. And the second was, she is supposed to be here! Like, she can fake it, she can become it. So I was like, "Yes, you are! You are supposed to be here! And tomorrow you're going to fake it, you're going to make yourself powerful, and, you know, you're gonna - "(Applause) (Applause) "And you're going to go into the classroom, and you are going to give the best comment ever." You know? And she gave the best comment ever, and people turned around and they were like, oh my God, I didn't even notice her sitting there, you know? (Laughter)

She comes back to me months later, and I realized that she had not just faked it till she made it, she had actually faked it till she became it. So she had changed. And so I want to say to you, don't fake it till you make it. Fake it till you become it. You know? It's not - Do it enough until you actually become it and internalize.

The last thing I'm going to leave you with is this. Tiny tweaks can lead to big changes. So this is two minutes. Two minutes,two minutes,two minutes. Before you go into the next stressful evaluative situation, for two minutes, try doing this, in the elevator, in a bathroom stall, at your desk behind closed doors. That's what you want to do. Configure your brain to cope the best in that situation. Get your testosterone up. Get your cortisol down. Don't leave that situation feeling like, oh, I didn't show them who I am. Leave that situation feeling like, oh, I really feel like I got to say who I am and show who I am.

So I want to ask you first, you know, both to try power posing, and also I want to ask you to share the science, because this is simple. I don't have ego involved in this. (Laughter) Give it away. Share it with people, because the people who can use it the most are the ones with no resources and no technology and no status and no power. Give it to them because they can do it in private. They need their bodies, privacy and two minutes, and it can significantly change the outcomes of their life. Thank you. (Applause) (Applause)

So I want to start/ by offering you/ a free no-tech life hack,/ and all it requires of you is this:/ that you change your posture/ for two minutes.//

皆さんに ひとつ無料で 技術不要の人生術をお教えしましょう 姿勢を2分間 変えるだけでいいんです

But/ before I give it away,/ I want to ask/ you/ to right now do a little audit of your body/ and what you're doing/ with your body.//

ただその前に自分の体を今 どんな風にしているか確認していただきたいと思います

So/ how many of you are sort of making yourselves smaller?//

体を小さく縮こめている人はどれくらいいますか?

Maybe/ you're hunching,/ crossing your legs,/ maybe wrapping/ your ankles.//

背中を丸める脚を組む 足首を絡める

Sometimes/ we hold onto our arms/ like this.//

あるいは腕をしがみつくようにする

Sometimes/ we spread out.// (Laughter)/ I see you.// (Laughter)/ So I want you/ to pay attention/ to/ what you're doing/ right now.//

それから逆に 体を大きく広げることもあります (笑) やっている人いますね (笑) 今 自分がどんな風にしているかに注意を払ってください

We're going to come back/ to that/ in a few minutes,/ and I'm hoping/ that if you learn to tweak/ this a little bit,/ it could significantly change the way/ your life unfolds.//

後でその話をしますけど それを少し変えるだけで 人生を大きく変えられる可能性があるんです

So,/ we're really fascinated with body language,/ and we're particularly interested/ in other people's body language.//

私たちはボディランゲージに目を引かれます 特に他の人のボディランゲージに 興味を引かれます

You know,/ we're interested in,/ like,/ you know - (Laughter) -/ an awkward interaction,/ or a smile,/ or a contemptuous glance,/ or maybe/ a very awkward wink,/ or maybe even/ something/ like a handshake.//

私たちは 何かこういうぎこちないやり取りとか (笑) 笑顔とか 蔑んだ視線に関心を向けます あるいはぎこちないウインクだとか 握手なんかもそうです

Narrator:/ Here/ they are arriving at Number 10,/ and look at this lucky policeman gets to shake/ hands/ with the President of the United States.// Oh,/ and here comes the Prime Minister of the - - No.// (Laughter) (Applause) (Laughter) (Applause)//

十番地に着きました ラッキーな警官がアメリカ大統領と 握手を交わします それに英国首相とも・・・しません (笑いと拍手)

Amy Cuddy:/ So a handshake,/ or the lack of a handshake,/ can have us/ talking for weeks and weeks and weeks.//

握手するかしないかというだけのことが 何週間も話題にされBBCや

Even the BBC and The New York Times.//

ニューヨーク・タイムズまで取り上げます

So obviously/ when we think about nonverbal behavior,/ or body language --/ but we call it/ nonverbals/ as social scientists --/ it's language,/ so we think about communication.//

ですからボディランゲージ ?私たち社会科学者は 「非言語行動」と呼んでいますが それもまた一種の言葉コミュニケーションなんです

When we think about communication,/ we think about interactions.//

コミュニケーションは人と人との交流です

So/ what is your body language communicating to me?//

相手のボディランゲージは自分に何を伝えているのか?

What's mine communicating to you?//

自分のボディランゲージは相手に何を伝えているのか?

And there's a lot of reason/ to believe/ that this is a valid way/ to look at this.// So social scientists have spent a lot of time/ looking at the effects of our body language,/ or other people's body language,/ on judgments.//

ボディランゲージをそのように見るのは妥当だと信ずべき理由がたくさんあります ボディランゲージの効果やそれが人の判断に もたらす影響を社会科学者は 多くの時間をかけて研究してきました

And we make sweeping judgments and inferences/ from body language.//

人はボディランゲージから大まかな判断や推測をします

And those judgments can predict/ really meaningful life outcomes like who we hire or promote,/ who we ask out/ on a date.//

そしてその判断が人生において大きな意味を持つ場面 ? 誰を採用し 誰を昇進させ 誰をデートに誘うかといったときに 大きく影響するんです

For example,/ Nalini Ambady,/ a researcher/ at Tufts University,/ shows/ that/ when people watch 30-second soundless clips of real physician-patient interactions,/ their judgments of the physician's niceness predict/ whether or not that physician will be sued.//

たとえばタフツ大学のナリニ・アンバディは 医者と患者の間の実際のやり取りを撮した 30秒の無音のビデオを見ただけで 医者が訴えられることになるかどうかを その医者の感じ良さから予想できることを示しました

So it doesn't have to do/ so much/ with whether or not that physician was incompetent,/ but do we/ like that person/ and how they interacted?//

医者の能力自体はあまり関係がなく その人が好きかどうか 患者との接し方がどうかの方が大きいんです

Even more dramatic,/ Alex Todorov/ at Princeton has shown us/ that judgments of political candidates/' faces/ in just one second predict 70 percent of U.S.// Senate and gubernatorial race outcomes,/ and even,/ let's go digital,/ emoticons used well/ in online negotiations can lead to you claim more value/ from that negotiation.//

もっと劇的な例では プリンストンのアレックス・トドロフは 候補者の顔を1秒見ての判断によって 議員選や州知事選の結果を 70%の精度で 予測できることを示しました デジタルな世界でさえ 顔文字をうまく使うことで ネット上での話を有利に進められます

If you use them poorly,/ bad idea.// Right?//

でもまずい使い方をすると酷い結果にもなります

So/ when we think of nonverbals,/ we think of how we judge others,/ how they judge us/ and what the outcomes are.//

私たちが他の人をどう判断し他の人が私たちをどう判断するかに 非言語的な部分が影響するのは分かりますが

We tend to forget,/ though,/ the other audience/ that's influenced by our nonverbals,/ and that's ourselves.//

私たちが忘れがちなのは 自分の非言語行動に影響されるのは他人だけでなく 自分もだということです

We are also influenced by our nonverbals,/ our thoughts and our feelings and our physiology.//

私たちの考えや感情や 生理は 自分の非言語行動の影響を受けるのです

So what nonverbals am I talking about?//

どういった非言語行動を問題にしているのかですが

I'm a social psychologist.// I study prejudice,/ and I teach at a competitive business school,/ so it was inevitable/ that I would become interested/ in power dynamics.//

私は社会心理学者で偏見の研究をしていて 競争意識の強いビジネススクールで教えています そのため 人の力関係に興味を持つようになりました

I became especially interested/ in nonverbal expressions of power and dominance.//

特に非言語的な力や支配の表現に 関心があります

And what are nonverbal expressions of power and dominance?//

力や支配の非言語表現がどんなものかというと

Well,/ this is/ what they are.//

こういうものです

So/ in the animal kingdom,/ they are about expanding.//

動物の世界では体を広げます

So you make yourself big,/ you stretch out,/ you take up/ space,/ you're basically opening/ up.//

自分を大きく見せ体を伸ばし 広い空間を占めようとし

It's about opening up.// And this is true/ across the animal kingdom.// It's not just limited/ to primates.//

要は 広げるというのが基本です これは霊長類だけでなく動物の世界に広く共通しています

And humans do the same thing.// (Laughter)/ So they do this/ both when they have power sort of chronically,/ and also/ when they're feeling/ powerful/ in the moment.//

人間もまた同じことをします (笑) これは力を持った人が絶えずしているという面もあれば 力を感じる瞬間にするという面もあります

And this one is especially interesting/ because it really shows us how universal and old/ these expressions of power are.//

これの特に興味深い点は この力の表現がいかに古くからあって普遍的かということです

This expression,/ which is known as pride,/ Jessica Tracy has studied.// She shows/ that people/ who are born with sight/ and people/ who are congenitally blind do this/ when they win at a physical competition.//

この誇らしさの表現に関しては ジェシカ・トレーシーによる研究があります 運動競技で勝ったときには 目の見える人も生まれつき盲目の人も 同じように このポーズをするのが分かりました

So/ when they cross the finish line/ and they've won,/ it doesn't matter/ if they've never seen anyone do it.//

ゴールラインを切って勝利したとき 他の人がそうするのを見たことがあるかに関係なく

They do this.//

こんな風にするんです

So the arms up/ in the V,/ the chin is slightly lifted.//

腕をVの字に突き上げあごをやや前に突き出します

What do we do/ when we feel powerless?// We do exactly/ the opposite.// We close up.// We wrap ourselves up.//

一方で 無力だと感じる時はどうでしょう? ちょうど逆のことをします縮こまり 体を丸め

We make ourselves/ small.// We don't want to bump/ into the person next/ to us.//

小さくなります他の人と接触すまいとします

So again,/ both animals and humans do the same thing.//

この場合も 人と動物は同じようにします

And this is/ what happens/ when you put together high and low power.// So what we tend to do/ when it comes to power is/ that we complement the other's nonverbals.//

この写真は 強い力と弱い力が 一緒になった場合です 力に関して人は 相手の非言語行動を補完しようとします

So/ if someone is being really powerful/ with us,/ we tend to make/ ourselves/ smaller.// We don't mirror them.//

すごく力を持った人が一緒にいるとき 私たちは体を小さくします

We do the opposite of them.//

同じようにではなく逆のことをするんです

So I'm watching/ this behavior/ in the classroom,/ and what do I notice?// I notice/ that MBA students really exhibit the full range of power nonverbals.//

教室の中でこういう行動を観察していて気付くことがあります MBAの学生の間では多岐にわたる 非言語的な力の表現が見られます

So you have people/ who are like caricatures of alphas,/ really coming/ into the room,/ they get right into the middle of the room/ before class even starts,/ like they really want to occupy/ space.//

群れのボスを絵に描いたような人たちがいて 授業の始まる ずっと前に教室に来てど真ん中に陣取ります その場を支配しようとでも言うかのようです

When they sit down,/ they're sort of spread out.//

そして席に座ると体を大きく広げます

They raise their hands/ like this.//

手を挙げる時もこんな感じです

You have other people/ who are virtually collapsing/ when they come in.// As soon/ they come in,/ you see it.//

教室に入ってくるとき 萎縮しているように見える人もいます

You see it/ on their faces and their bodies,/ and they sit in their chair/ and they make themselves tiny,/ and they go like this/ when they raise their hand.//

顔にも体にも表れています 席に座り体を小さくします 手を挙げるときもこんな感じです

I notice a couple of things/ about this.//

これについて気付くことが2つあります

One,/ you're not going to be surprised.//

1つは 驚くことでもありませんが

It seems to be related to gender.//

性別に関係があるようだということです

So women are much more likely/ to do this kind of thing/ than men.//

女性は男性よりもこんな姿勢を取りがちです

Women feel chronically less powerful/ than men,/ so/ this is not surprising.// But the other thing/ I noticed/ is/ that it also seemed to be related/ to the extent/ to/ which the students were participating,/ and how well/ they were participating.//

女性は概して男性より力がないと感じているので 驚くことでもないでしょうでも もう1つ気付くのは どれほど積極的に授業に参加しているかにも ある程度関係しているということです

And this is really important/ in the MBA classroom,/ because participation counts/ for half the grade.//

これはMBAの教室では特に重要なことで 成績の半分は授業中の発言によって評価されるからです

So business schools have been struggling with this gender grade gap.//

ビジネススクールは 男女間の成績のギャップという問題を抱えています

You get these equally qualified women and men/ coming in/ and then/ you get these differences/ in grades,/ and it seems to be partly attributable/ to participation.//

元々同じくらいの資質があっても 男女で成績に差が付いてしまうんですが これはある部分 授業への参加姿勢によるものです

So I started to wonder,/ you know,/ okay,/ so you have these people/ coming in/ like this,/ and they're participating.// Is it possible/ that we could get people/ to fake it/ and would it lead them/ to participate more?//

だから私は考えるようになりました 授業に積極的に参加するこんな感じの学生がいますが それを形だけでも真似したならもっと積極的に 参加できるようになるのだろうか?

So my main collaborator Dana Carney,/ who's at Berkeley,/ and I really wanted to know,/ can you fake it till you make it?//

バークレー校にいる共同研究者のデーナ・カーニーと私は フリをしているうちに できるようになるものなのか知りたいと思いました

Like,/ can you do this just/ for a little while/ and actually experience a behavioral outcome/ that makes you seem more powerful?//

しばらくの間見かけを繕っていたら 実際に力強い行動をするようになるのだろうか?

So we know/ that our nonverbals govern/ how other people think and feel about us.// There's a lot of evidence.//

他の人が自分をどう思い どう感じるかは非言語行動による部分が大きい というのは分かっていて沢山の証拠があります

But our question really was,/ do our nonverbals govern/ how we think/ and feel about ourselves?//

私たちの疑問は 自分で自分のことをどう思い?どう感じるかも 非言語行動に大きく依存するのかということです

There's some evidence/ that they do.//

そう思われる証拠がいくつかあります

So,/ for example,/ we smile/ when we feel happy,/ but also,/ when we're forced to smile/ by holding a pen/ in our teeth/ like this,/ it makes us/ feel happy.//

たとえば 私たちは楽しいときに笑います でも割り箸を 口にこんな風に挟んで 無理に笑顔を作っても楽しい気持ちになります

So/ it goes both ways.// When it comes to power,/ it also goes both ways.// So/ when you feel powerful,/ you're more likely/ to do this,/ but it's also possible/ that/ when you pretend to be powerful,/ you are more likely/ to actually feel powerful.//

両方向なんです力についても同じで 力強く感じる時 こんな風に 大きく振る舞いがちですが でも力に溢れたフリをするだけでも 力強くなったように感じるんです

So the second question really was,/ you know,/ so we know/ that our minds change our bodies,/ but is it also true/ that our bodies change our minds?//

それで2番目の疑問は 心が体に変化を及ぼすのは分かりますが 体もまた心に変化を及ぼすのかということです

And when I say minds,/ in the case of the powerful,/ what am I/ talking about?//

この力強さの文脈において心と言うとき 何を指しているのかというと

So I'm talking/ about thoughts and feelings/ and the sort of physiological things/ that make up/ our thoughts and feelings,/ and in my case,/ that's hormones.// I look at hormones.//

思考や感覚 それに 思考や感覚を生み出すある種の生理的なもの 私の場合は特に ホルモンに注目しています

So/ what do the minds of the powerful/ versus the powerless look like?//

力溢れる心と 無力な心というのは どんな風のものでしょう?

So powerful people tend to be,/ not surprisingly,/ more assertive and more confident,/ more optimistic.//

力溢れる人は当然のこととして より断定的で 自信を持ち楽天的です

They actually feel/ that they're going to win even/ at games of chance.//

運任せのゲームにおいてさえ勝てると感じています

They also tend to be able to think more abstractly.//

それにまた抽象的に考える傾向があります

So there are a lot of differences.// They take more risks.//

よりリスクを取ります

There are a lot of differences/ between powerful and powerless people.//

力溢れる人と無力な人には多くの違いがあります

Physiologically,/ there also are differences/ on two key hormones:/ testosterone,/ which is the dominance hormone,/ and cortisol,/ which is the stress hormone.//

生理的にも ある重要な2つのホルモンに違いが見られます 支配性のホルモンであるテストステロンと ストレスのホルモンであるコルチゾールです

So/ what we find/ is/ that high-power alpha males/ in primate hierarchies have high testosterone and low cortisol,/ and powerful and effective leaders also have high testosterone and low cortisol.//

霊長類の群れの中で 力を持つボスはテストステロンが多く コルチゾールが少ないですが 力強く有能なリーダーもまた テストステロンが多くコルチゾールが少ないのです

So/ what does/ that mean?// When you think about power,/ people tended to think only/ about testosterone,/ because that was about dominance.//

これは何を意味するのでしょう? 力について考えるとき みんなテストステロンに目を向けます 何しろ支配性を司るものですから

But really,/ power is also about how you react to stress.//

しかし力というのは ストレスへの反応にも現れます

So do/ you want the high-power leader/ that's dominant,/ high/ on testosterone,/ but really stress reactive?//

支配的な力を持つテストステロン溢れるリーダーが ストレスに過敏なことを期待するでしょうか?

Probably not,/ right?// You want the person/ who's powerful and assertive and dominant,/ but not very stress reactive,/ the person/ who's laid back.//

違うでしょう 力強く 断定的 支配的であり ストレスに動じないどっしりとした人を期待するはずです

So we know/ that in primate hierarchies,/ if an alpha needs to take over,/ if an individual needs to take over/ an alpha role sort of suddenly,/ within a few days,/ that individual's testosterone has gone up/ significantly/ and his cortisol has dropped significantly.//

霊長類の群れにおいて ある個体が突然ボスの役割を 引き継ぐことになったとき 数日内に その個体のテストステロンの値は大きく上昇し コルチゾールの値は大きく下がります

So/ we have this evidence,/ both/ that the body can shape the mind,/ at least/ at the facial level,/ and also/ that role changes can shape the mind.//

だから少なくとも表面的なレベルで 体が心を形作りうるのと同様に 役割の変化も 心を形作りうるという証拠があるわけです

So/ what happens,/ okay,/ you take a role change,/ what happens/ if you do that/ at a really minimal level,/ like this tiny manipulation,/ this tiny intervention?//

では役割の変化があると何が起きるのか? そういうことを些細な形で やったとき何が起きるのか?

"For two minutes,/"/ you say,/ "I want you/ to stand like this,/ and it's going to make/ you feel more powerful."//

2分間 この格好で立っていれば 力強く感じられるようになるのか?

So this is/ what we did.// We decided to bring/ people/ into the lab/ and run a little experiment,/ and these people adopted,/ for two minutes,/ either high-power poses or low-power poses,/ and I'm just going to show/ you/ five of the poses,/ although they took on only two.//

それでやってみました研究室に人を集めて ちょっとした実験をしたんです みんなにそれぞれ力強いポーズか 無力なポーズを 2分間してもらいました ポーズを5種類ずつ見ていただきましょう

So here's one.//

これが1つ

A couple more.//

さらに2つ

This one has been dubbed the "Wonder Woman"/ by the media.//

メディアに「ワンダーウーマンのポーズ」と 紹介されました

Here are a couple more.//

さらにもう2つ

So/ you can be standing/ or you can be sitting.//

立ってやるのもあれば座ってやるのもあります

And here are the low-power poses.//

こちらは無力なポーズです

So you're folding up,/ you're making/ yourself/ small.//

縮こまって体を小さくします

This one is very low-power.//

これは特に力の弱いポーズです

When you're touching/ your neck,/ you're really protecting yourself.//

首に触るのは 身を守ろうとしているのです

So this is/ what happens.// They come in,/ they spit into a vial,/ we/ for two minutes say,/ "You need to do/ this or this."//

実験の方法ですがみんな集まったら 小瓶に唾液を取ってもらい 2分間 これかこれをやってくださいと言います

They don't look at pictures of the poses.// We don't want to prime/ them/ with a concept of power.// We want them/ to be feeling power,/ right?// So two minutes/ they do this.//

彼らにポーズの写真は見せません 力の概念を伝えたくないからです力を感じてほしいのです それで2分間これをやってもらい

We then ask them,/ "How powerful do you feel?"// on a series of items,/ and then/ we give them/ an opportunity/ to gamble,/ and then/ we take another saliva sample.//

それから いろいろな場面で「どれほど力強く感じるか」を聞きます ギャンブルする機会を与え それからまた唾液のサンプルを取ります

That's it.// That's the whole experiment.//

それで終了そういう実験です

So this is/ what we find.// Risk tolerance,/ which is the gambling,/ what we find/ is/ that/ when you're in the high-power pose condition,/86 percent of you will gamble.//

分かったのは リスク耐性?今の場合ギャンブルですが 力強いポーズをした人は 86%が賭に出ます

When you're in the low-power pose condition,/ only 60 percent,/ and that's a pretty whopping significant difference.//

力の弱いポーズでは 60%の人しかやらず大きな違いが出ます

Here's/ what we find on testosterone.//

テストステロンについては

From their baseline/ when they come in,/ high-power people experience about a 20-percent increase,/ and low-power people experience about a 10-percent decrease.//

実験前の値を基準として力強いポーズの人たちは 20%増加し 力の弱いポーズの人は10%減少しました

So again,/two minutes,/ and you get these changes.//

ここでも2分間でこんな違いが出たのです

Here's/ what you get on cortisol.// High-power people experience about a 25-percent decrease,/ and the low-power people experience about a 15-percent increase.//

コルチゾールの方は力強いポーズの人で 25%の減少 力の弱いポーズでは15%増加しました

So two minutes lead to these hormonal changes/ that configure your brain/ to basically be either assertive, confident and comfortable,/ or really stress-reactive,/ and,/ you know,/ feeling sort of shut down.// And we've all had the feeling,/ right?//

2分間のポーズがホルモンの変化をもたらし 脳の状態を変え 断定的で 自信を持ち落ち着いた状態や ストレスに弱い 落ち込んだような状態になったのです そういう感覚はみんな経験したことがありますよね?

So it seems/ that our nonverbals do govern/ how we think/ and feel about ourselves,/ so it's not just others,/ but it's also ourselves.//

そういうわけで非言語行動は 他人がどう見るかだけでなく 自分で自分のことを どう思いどう感じるかも決めるのです

Also,/ our bodies change our minds.//

そして体は心に影響を及ぼします

But the next question,/ of course,/ is can power posing for a few minutes really change your life/ in meaningful ways?//

そこで次の疑問は力のポーズを 数分間することが 本当に人生を意味ある形で変えるのかです

So this is in the lab.// It's this little task,/ you know,/ it's just a couple of minutes.// Where can you actually apply this?// Which we cared about,/ of course.//

やったのは あくまで実験室の中でのわずか数分のタスクでしたが これは現実に どう応用できるのでしょう? そこが みんな関心のあるところですから

And so/ we think/ it's really,/ what matters,/ I mean,/ where you want to use/ this is evaluative situations/ like social threat situations.// Where are you/ being evaluated,/ either by your friends?// Like for teenagers/ it's at the lunchroom table.//

それで私たちは考えてこれが使える状況は 自分が値踏みされる状況 社会的な脅威を感じる状況だろうと思いました たとえば友達からの評価ランチの席でのティーンのような

It could be,/ you know,/ for some people/ it's speaking at a school board meeting.// It might be giving a pitch/ or giving a talk/ like this/ or doing a job interview.//

ある人にとって それは教育委員会でのスピーチや 売り込みをする時かもしれないし このような講演か あるいは就職面接かもしれません

We decided/ that the one/ that most people could relate to/ because most people had been through was the job interview.//

多くの人が体験していて身近に感じるものとして 面接を 私たちは選びました

So we published these findings,/ and the media are all over it,/ and they say,/ Okay,/ so/ this is/ what you do/ when you go in for the job interview,/ right?// (Laughter)/ You know,/ so we were of course horrified,/ and said,/ Oh my/ God,/ no,/ no,/ no,/ that's not/ what we meant at all.//

私たちがこの研究結果を公表すると 様々なメディアに取り上げられ「では 就職面接では こうすべきなんですよね?」と言われました (笑) 私たちは驚いて 違います そういう意味じゃありませんと訂正しました

For numerous reasons,/ no,/ no,/ no,/ don't do that.//

面接の場ではどうかこんなことしないでください

Again,/ this is not about you/ talking to other people.//

思い出してほしいのは これは他の人へのメッセージというよりは

It's you/ talking to yourself.// What do you do/ before you go into a job interview?// You do this.//

自分へのメッセージだということです 就職面接に臨む前はどんな風にしているでしょう?

Right?// You're sitting/ down.// You're looking/ at your iPhone --/ or your/ Android,/ not trying to leave/ anyone/ out.//

こんな風ですよね?座って携帯をいじり 誰かを押しのけようなんてしません

You are,/ you know,/ you're looking/ at your notes,/ you're hunching up,/ making yourself small,/ when really/ what you should be doing maybe is this,/ like,/ in the bathroom,/ right?// Do/ that.// Find/ two minutes.//

手帳を見て 背を丸め 体を小さくします でも本当は こんな風にしたほうがいいんです トイレにでも行って 2分間やるんです

So/ that's/ what we want to test.// Okay?//

これを実験しようと思い

So we bring people/ into a lab,/ and they do either high-/ or low-power poses again,/ they go through a very stressful job interview.//

研究室に人を集め 力強い あるいは力のないポーズをした後に ストレスの強い面接を受けてもらいました

It's five minutes long.// They are being recorded.//

5分間の面接をし録画して

They're being judged also,/ and the judges are trained to give/ no nonverbal feedback,/ so they look like this.// Like,/ imagine/ this is the person/ interviewing you.//

後で評価をします 面接官は非言語的フィードバックを与えないよう訓練されています だからこんな感じです こんな人に面接されるのを想像してください

So/ for five minutes,/ nothing,/ and this is worse/ than being heckled.//

5分間まったく無反応ですよ詰問でもされた方がまだマシです

People hate this.// It's/ what Marianne LaFrance calls "standing in social quicksand."//

みんなこれを嫌いますマリアンヌ・ラフランスが言うところの 「社会的流砂の中に立つ」状態です

So this really spikes your cortisol.//

コルチゾールが急増します

So this is the job interview/ we put them through,/ because we really wanted to see/ what happened.//

そういう面接を受けるときに 何が起きるのかを知りたかったのです

We then have/ these coders look at these tapes,/four of them.//

それから その録画テープを4人の人に見てもらいました

They're blind/ to the hypothesis.// They're blind/ to the conditions.//

彼らは仮説のことも実験の条件も知りません

They have no idea/ who's been posing in what pose,/ and they end up/ looking at these sets of tapes,/ and they say,/ "Oh,/ we want to hire/ these people,/" --/ all the high-power posers --/ "we don't want to hire/ these people.//

誰がどのポーズをしたかも知りません そして録画テープを見た後に「この人を採用したい」 と彼らが言ったのは みんな 力のポーズを取った人でした「あっちは採用したくない

We also evaluate these people much more positively overall."//

全体として こっちの人を高く評価する」と

But what's driving it?// It's not about the content of the speech.//

何がそうさせているのか?話す内容ではありません

It's about the presence/ that they're bringing/ to the speech.//

その人が話す態度が重要なんです

We also,/ because we rate them/ on all these variables related to competence,/ like,/ how well-structured is the speech?// How good is it?// What are their qualifications?//

私たちは能力を示す条件を評価していると思っています 「話はどれだけ筋道立っているか」 「内容は良いか」「資質はあるか」

No effect/ on those things.// This is/ what's affected.//

でもそういったものに効力はなく態度こそ影響を与えるものなんです

These kinds of things.// People are bringing their true selves,/ basically.// They're bringing/ themselves.//

基本的に面接では本当の自分が表れます 考えを述べるにしても重要なのは

They bring their ideas,/ but as themselves,/ with no,/ you know,/ residue over them.//

その人を表すものとしてであって 言ったこと自体ではないのです

So this is/ what's driving the effect,/ or mediating the effect.//

つまり態度が 効果を生み出し効果を伝えるものだということです

So/ when I tell people/ about this,/ that our bodies change our minds/ and our minds can change our behavior,/ and our behavior can change our outcomes,/ they say to me,/ "I don't --/ It feels fake."// Right?//

体が心に 影響を及ぼし 心が行動に 影響を及ぼし 行動が結果に 影響を及ぼすという話をすると みんな 「なんかフリをしているみたいだ」と言います

So/ I said,/ fake/ it till you make it.// I don't --/ It's not me.//

だから私は「できるまでフリをしなさい」と言うんですが

I don't want to get there/ and then still feel like a fraud.//

そんな風にしてまで やりたいとは思わないペテンみたいだ

I don't want to feel/ like an impostor.//

ニセ者みたいに感じたくはない

I don't want to get/ there only/ to feel like I'm not supposed to be here.//

そんな風にしても「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じるだけだと

And that really resonated with me,/ because I want to tell/ you/ a little story/ about being an impostor and feeling/ like I'm not supposed to be here.//

これには個人的にすごく共感します 自分がニセ者で「ここにいるべき人間じゃない」 と感じるのがどういうものか私自身体験があるからです

When I was 19,/ I was in a really bad car accident.//

私は19歳の時にひどい自動車事故に遭いました

I was thrown out of a car,/ rolled several times.//

車から放り出され地面を何度も転がり

I was thrown from the car.// And I woke up/ in a head injury rehab ward,/ and I had been withdrawn from college,/ and I learned/ that my I.Q. had dropped by two standard deviations,/ which was very traumatic.//

頭部外傷リハビリ病棟で目覚めました 大学も休学し IQが標準偏差2個分も下がったのを知って ショックを受けました

I knew my I.Q./ because I had identified with being smart,/ and I had been called/ gifted as a child.//

自分のIQを知っていたのは優れた頭脳を見出され この子は天才だと言われていたからです

So I'm taken out of college,/ I keep trying to go back.//

復学しようと ずっと努力していましたが

They say,/ "You're not going to finish/ college.//

みんなに言われました「卒業は無理だよ

Just,/ you know,/ there are other things/ for you/ to do,/ but that's not going to work out/ for you."//

他にできることがきっとあるよ 大学に行ってもうまくいきっこない」

So I really struggled with this,/ and I have to say,/ having your identity taken from you,/ your core identity,/ and for me/ it was being smart,/ having/ that taken from you,/ there's nothing/ that leaves you/ feeling more powerless/ than/ that.//

すごく苦しみました自分の核となる アイデンティティを奪われるということ 私の場合 頭がいいということでしたが それを奪われることほど無力に感じるものはありません

So I felt entirely powerless.// I worked/ and worked/ and worked,/ and I got lucky,/ and worked,/ and got lucky,/ and worked.//

私はまったく無力に感じました 努力しては幸運を掴みさらに努力するというのを繰り返し

Eventually/ I graduated from college.//

ようやく大学を卒業できました

It took me/ four years longer/ than my peers,/ and I convinced someone,/ my angel advisor,/ Susan Fiske,/ to take me on,/ and so I ended up/ at Princeton,/ and I was like,/ I am not supposed to be here.//

他の子たちより4年長くかかりました そして私の擁護者であり指導教員であるスーザン・フィスクに受け入れられ プリンストンに辿り着きましたが 「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じていました

I am an impostor.//

ニセ者です

And the night/ before my first-year talk,/ and the first-year talk/ at Princeton is a 20-minute talk/ to 20 people.// That's it.//

プリンストンでは最初の年に 20人を前に 20分のスピーチをする というのがあるんですが

I was so afraid of being found out/ the next day/ that I called her/ and said,/ "I'm quitting."//

そこで正体を晒すことになるのを恐れ 前の晩にスーザンに電話をして「辞めます」と伝えました

She was like,/ "You are not quitting,/ because I took a gamble/ on you,/ and you're staying.//

すると彼女は言いました 「あなたは辞めない私はあなたに賭けたんだから いてもらう

You're going to stay,/ and this is/ what you're going to do.//

あなたはここにいてやるべきことをやるの

You are going to fake/ it.//

できてるフリをしなさい

You're going to do/ every talk/ that you ever get asked to do.//

やるように言われた講演をすべてこなし

You're just going to do/ it/ and do it/ and do it,/ even if you're terrified/ and just paralyzed/ and having an out-of-body experience,/ until you have this moment/ where you say,/ 'Oh/ my gosh,/ I'm doing/ it.//

ひたすらやり続け 怖かろうが 脚がすくもうが 体外離脱を体験しようが こう思えるようになるまで続けるのよ“ああ やれている!

Like,/ I have become this.// I am actually doing this.'//"/ So/ that's/ what I did.// Five years/ in grad school,/ a few years,/ you know,/ I'm at Northwestern,/ I moved to Harvard,/ I'm at Harvard,/ I'm not really thinking/ about it anymore,/ but for a long time/ I had been thinking,/ "Not supposed to be here.// Not supposed to be here."//

本物になったんだ!ちゃんと やっている”」 たからそうしました大学院に5年いて 最初ノースウェスタンに行き それからハーバードに行きました ハーバードにいく頃には あまり考えなくなっていましたが それまでずっと 「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じていたんです

So/ at the end of my first year/ at Harvard,/ a student/ who had not talked in class/ the entire semester,/ who I had said,/ "Look,/ you've gotta participate/ or else/ you're going to fail,/"/ came into my office.// I really didn't know her/ at all.//

ハーバードでの最初の年の終わりのことですが それまで授業中に一言も発言しなかった学生がいたので私は「ねえ 授業にちゃんと参加しないと 落第するよ」と言ってやったら後でその子が部屋にやってきて その子のことは そんなに知らなかったんですが

And she said,/ she came in totally defeated,/ and she said,/ "I'm not supposed to be here."//

すっかり打ちひしがれた様子でやってくると 言ったんです 「私ここにいるべき人間じゃないんです」

And that was the moment/ for me.// Because two things/ happened.//

この瞬間です2つのことに気付きました

One was/ that I realized,/ oh my gosh,/ I don't feel like that anymore.// You know.//

1つは いつの間にか そんな風に感じなくなっていたことでも彼女はそう感じていて

I don't feel/ that anymore,/ but she does,/ and I get/ that feeling.//

それがどんなものか私は誰よりも知っていました

And the second was,/ she is supposed to be here!//

もう1つは 彼女はここにいるべきだ ということです

Like,/ she can fake it,/ she can become it.//

フリをしていれば本当にそうなれるんだと

So I was like,/ "Yes, you are!// You are supposed to be here!//

だから言いました「あんたはここにいるべき人間よ!

And tomorrow/ you're going to fake/ it,/ you're going to make/ yourself powerful,/ and,/ you know,/ you're gon/na - "(Applause) (Applause) "And you're going to go/ into the classroom,/ and you are going to give/ the best comment ever."//

明日はできるフリをしなさい 力に溢れるフリを そして・・・」 (拍手) 「教室に行って 最高の意見を言うの」

You know?// And she gave the best comment ever,/ and people turned around/ and they were like,/ oh my God,/ I didn't even notice her/ sitting there,/ you know?// (Laughter)//

それでどうなったかというと彼女は最高の意見を言って みんな振り向いていました 「誰だろう? あんな子がいたのに気が付かなかった」(笑)

She comes back/ to me/ months later,/ and I realized/ that she had not just faked it till she made it,/ she had actually faked it till/ she became it.//

何ヶ月か経って 彼女がまたやってきましたが 単にフリをして やりおおせただけではなく フリを続けて本当になったのが分かりました

So she had changed.//

彼女は変わったんです

And so I want to say/ to you,/ don't fake/ it till you make it.//

だから皆さんに言いたいんですフリをしてやり過ごすのではなく

Fake/ it till you become it.// You know?// It's not - Do it enough/ until you actually become it/ and internalize.//

フリを本物にしてくださいと それが本当に自分のものになるまでやるんです

The last thing/ I'm going to leave/ you/ with is this.//

最後にお伝えしたいのは

Tiny tweaks can lead to big changes.//

小さな変化が大きな違いに繋がるということです

So this is two minutes.//

たった2分間の

Two minutes,/two minutes,/two minutes.//

積み重ねですが

Before you go into the next stressful evaluative situation,/ for two minutes,/ try doing/ this,/ in the elevator,/ in a bathroom stall,/ at your desk/ behind closed doors.//

この次ストレスを感じる評価される場面に臨むとき やってみてくださいエレベーターの中で トイレの個室で自分の部屋で

That's/ what you want to do.// Configure/ your brain to cope the best/ in that situation.//

やってみてほしいんです 脳を その状況に最適な状態にし

Get/ your testosterone up.// Get your cortisol down.//

テストステロンを上げコルチゾールを下げるんです

Don't leave that situation feeling like,/ oh,/ I didn't show them/ who I am.//

せっかくのチャンスに「自分らしさが出せなかった」なんて事にならないように

Leave that situation feeling like,/ oh,/ I really feel/ like I got to say/ who I am and show/ who I am.//

「自分がどんな人間か言ってやろう見せてやろう」 という気持ちになってください

So I want to ask/ you first,/ you know,/ both to try power/ posing,/ and also/ I want to ask/ you/ to share the science,/ because this is simple.//

そして お願いしたいのは 力のポーズを試し この科学を広めてください すごく簡単なんですから

I don't have/ ego involved in this.// (Laughter) Give it away.// Share it/ with people,/ because the people/ who can use it/ the most are the ones/ with no resources and no technology and no status and no power.// Give it/ to them/ because they can do it/ in private.//

エゴで言っているのではありません みんなに教え共有してください これが一番役立つのは リソースも 技術もステータスも 力もない人たちです 1人でできるんですから

They need their bodies,/ privacy and two minutes,/ and it can significantly change the outcomes of their life.//

必要なのは自分の体と1人になれる2分間だけです それが彼らの人生を大きく変えることになるはずです

Thank you.// (Applause) (Applause)//

ありがとうございました (拍手) (スタンディングオベーション)

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

posture

〈U〉(一般的な)姿勢;〈C〉(特定の)姿勢,(モデルなどのとる)ポーズ

〈C〉《通例単数形で》態度,身のこなし;気構え,心組み

(不自然に・気どって)ポーズ(姿勢)をとる

(…らしく)気どる,ふるまう《+『as』+『名』》

audit

会計検査(監査)

決算報告[書]

…‘の'会計検査(監査)をする

《米》(大学の講義)'を'聴講する

会計検査(監査)をする

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

yourselves

yourself の複数形

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

hunch

〈両肩・背中など〉‘を'丸める

前かがみの(うずくまった)姿勢をとる

〈C〉(せむし・ラクダなどの)こぶ(hump)

《単数形で》《話》(…という)感,六感《+『that節』》

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

ankle

『足首』,くるぶし

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

laughter

『笑い』,笑い声

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

tweak

〈耳・鼻〉‘を'つまむ,ひねる

(耳・鼻を)引っ張ること,ひねること

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

significantly

意味ありげに,意味深長に

unfold

〈折りたたまれたもの〉‘を'『広げる』,開く

〈計画など〉‘を'しだいに明らかにする(知らせていく)

〈花びらなどが〉『広がる』,開く

〈物事が〉(しだいに)はっきりしてくる,分かってくる;展開する

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

body language

ボディーランゲジ(相手に意志・感情を伝えようとしてする身振りや表情など)

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

contemptuous

(人・態度などが)軽べつを示す,人をばかにした(scornful)

glance

『ちらっと見る』,一目見る;(…を)ちらっと見る《+『at』+『名』》

〈光などが〉きらめく,きらりと光る

(…を)『ちらっと見ること』,いちべつ,一目,一見《+『at』(『into,over,through』)+『名』》

(光の)ひらめき,きらめき,閃(せん)光

(弾丸など)かすめてそれること

wink

(合図として)(…に)『目くばせする』,ウインクする《+at+名》

〈人・両眼が〉『まばたきする』,まばたく

《英》きらきらする,〈星・光が〉またたく(《米》blink)

《古》(眠くて)目をつむる

〈目〉‘を'まばたきさせる;(…に)〈目〉‘を'ウインクして合図する《+名+at+名》

〈涙など〉‘を'まばたきして払いのける《+back(away)+名,+名+back(away)》

〈同意など〉‘を'ウインクで合図する

《英》〈光・灯など〉‘を'点滅させる(《米》blink)

〈C〉ウインク,目くばせ

〈C〉まばたき,またたき;(光の)きらめき

〈U〉《しばしば a wink》《通例否定文で》またたく間,一瞬間(の…)《+of+名》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

handshake

握手

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

policeman

警官,巡査

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

applause

『拍手かっさい』;称賛

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

BBC

British Broadcasting Corporation 英国放送協会

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

obviously

明らかに,明白に

nonverbal

言葉によらない,言葉にならない

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

valid

(理論・理由などが)『妥当な』,しっかりした根拠のある

(契約・法律などが)『合法的な』,正式な手続きを踏んだ

(ある期間,またある条件のもとで)有効な

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

sweeping

(広い範囲を)『一掃する』,大きくさっと動かす

『広範囲の』,全面的な;決定的な

《複数形で》掃き集めたもの,ごみ,くず

〈U〉掃除

inference

〈U〉推量,推論,推測

〈C〉推量の結果,結論

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

meaningful

有意義な,意義のある

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

researcher

研究者,調査員

tuft

(羽毛・髪などの)ふさ《+of+名》

(…の)やぶ,木立ち,茂み《+of+名》

…‘を'ふさで飾る,‘に'ふさをつける

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

soundless

音をたてない,静かな

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

physician

『医者』;(特に)『内科医』

niceness

とてもよいこと,すばらしさ,けっこうなこと

精密さ

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

incompetent

(人が)無能な,無力な;(物・仕事などが)役に立たない

無能力者

(法律上)無資格者

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

candidate

(…の)『候補者』,志願者《+『for』+『名』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

senate

(古代ローマの)元老院

《the S-》(米国・カナダ・フランスなどの)『上院』

(大学の)評議会,理事会

gubernatorial

総督の;(米国の)州知事の

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

negotiation

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》(物事についての人との)『取り決め』,『交渉』,話し合い《+『with』(『between』)+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

〈U〉(手形などの)換金,譲渡

〈U〉《話》(障害・因難などの)克服

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

poorly

『貧しく』,乏しく,不十分に

『へたに』,まずく

健康がすぐれない,病身な

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

physiology

生理学

生理,機能

psychologist

心理学者

prejudice

〈U〉〈C〉(…に対する不当な)『先入観』,『偏見』《+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に好意的な)先入観,えこひいき《+『in favor of』+『名』》

〈U〉不利益,損害

(…に対して)…‘に'(不当な)『先入観』(『偏見』)『を抱かせる』《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に対して)…‘に'(好意的な)先入観を抱かせる《+『名』+『in favor of』+『名』,+『名』+『in』 one's 『favor』》

〈立場,見込みなど〉‘を'損なう,だいなしにする

competitive

競争の,競争による

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

dynamics

〈U〉《単数扱い》『力学』,動力学

《複数扱い》(一般的な意味で)『動力』,原動力

《複数扱い》(音楽の)強弱法

especially

『特に』,特別に;きわだって

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

dominance

優越,優勢;支配

animal kingdom

動物界

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

primate

霊長類の動物(人間・サルを含む);《複数形で》霊長類

(英国国教会の)大主教;(カトリック教の)首座大司教

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

chronically

慢性的に

常習で絶えず

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

pride

〈U〉『自尊心』,自尊

〈U〉『得意』,自慢,誇り

〈U〉『高慢』,『うぬぼれ』,思い上がり

〈C〉《単数形で》(…の)『自慢の種』,誇りにする物《+『of』+『名』》

〈C〉(特にライオン・クジャクの)群れ《+『of』+『名』》

《『pride』『oneself』『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》…‘を'自慢する

studied

熟慮した

わざとらしい,故意の

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

chin

『あご』(下あごの先端)

(鉄棒で)懸垂をする

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

powerless

力の無い,無能な

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

close up

(映画で)大写し,クローズアップ;近接写真

《話》精密な観察

bump

衝突;ごつんと当たること

ゴツン,ドスン[という音]

打ちこぶ

ばたんと,どしんと

…‘に'突き当たる,ぶち当たる;(…に)…'を'突き当てる《+『名』+『on(『against』)+『名』》

(…に)突き当たる《+『into』(『against』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈車が〉ガタガタ揺れて通る

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

complement

(あるものを完全にするため)(…を)補う物(事)《+『of』+『名』》

補語(文法で文の成分の一つ)

(必要な)全数,全量;(船の)定員

…を補足する,補う

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

classroom

『クラスルーム』,教室

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

exhibit

〈感情・性質など〉‘を'『表す』,『示す』

…‘を'『出品する』,陳列する

出品物,陳列品

《米》展覧会,展示会(exhibition)

(法律上の)証拠書類(物件)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

caricature

〈C〉風刺漫画,漫画;風刺文

〈U〉〈C〉風刺画法(描写),漫画化

〈C〉声帯模写,物まね

…'を'風刺的に描く,漫画化する

alpha

アルファ(ギリシア語アルファベットの第1字A,α;英語のA,aに相当)

アルファ星(星座の主星)

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

occupy

〈場所・空間〉‘を'『占める』,ふさぐ;〈時間〉‘を'とる,占める

〈地位〉‘を'占める

〈軍隊〉…‘を'占領する,占拒する

(ある時間)…‘に'居る

《受動態で,またはoneselfを目的にして》(…で)〈人〉‘の'時間をとる,‘を'手いっぱいにさせる《+『名』+『by』(『with, in』)+『名』(do『ing』)》

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

virtually

事実上,実質的には

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

surprised

驚いた,びっくりした

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

gender

(名詞・代名詞の)性

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

men

manの複数形

women

woman の複数形

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

attributable

(原因などが)(…の)せいにできる,(…に)起因する;(…に)備わった;(…の)作と考えられる《+『to』+『名』》

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

okay

=OK,O.K.

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

collaborator

(特に芸術・学問での)協力者;合作者,共同研究者

(敵国・占領軍などへの)内通者

Berkeley

バークレイ(米国カルフォルニア西部の都市)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

teeth

tooth の複数形

pretend

…‘の'『ふりをする』,‘に'見せかける

《話》《『pretend』『to』do》…すると言い張る,主張する

(遊びで)…‘の'まねごとをする

『見せかける』,『取り繕う』,まねごとをする

(知識・才能などがあると)自負する,自任する《+『to』+『名』》

(王位などの権利があると)主張する《+『to』+『名』》

おもちゃの,空想上の

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

physiological

生理学上の;生理的な

hormone

ホルモン

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

surprisingly

驚くほどに

assertive

断定的な,独断的な

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

optimistic

楽天主義の;楽観的な,のんきな

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

hierarchy

聖職の階級組織

聖職位階制政治

(一般に)階級組織,職階制;階層

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

reactive

反作用の;化学反応を示す…反動的な

probably

『たぶん』,『おそらく』

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

suddenly

『突然に』,だしぬけに

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

minimal

最小の,極小の,最近の

manipulation

(…の)巧妙な扱い,操作《+『of』+『名』》

(自分の利益のための)ごまかし,小細工

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

lab

実験室(laboratory)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

dub

《文または古》(国王がナイトの爵位授与式で)〈武人〉‘を'剣で肩を軽くたたいて(ナイトに)叙する《+『名』+『名』〈補〉》

(…と)…‘に'あだな(名称)を付ける《+『名』+『名(形)』〈補〉》

media

mediumの複数形

sitting

〈U〉座ること,着席・〈C〉(読書・モデル・その他の仕事などをするために)座ること,ポーズをとること;一座りの時間;一仕事

〈C〉(議会・法廷などの)開会[期間],開廷[期間]

〈C〉(鳥の)巣ごもり,抱卵[期];1回に抱く卵

〈C〉(教会・劇場などの)座席

〈C〉(多人数に出す)1回分の食事の用意

座っている;(鳥が)卵を抱いている

(議会などで)現職の

《英》(ある場所に)現住の

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

spit

〈つば・食べ物など〉‘を'『吐く』,吐き出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…に)〈悪口など〉‘を'吐き出すように言う《+『out』+『名』+『at』+『名』》

(…に向かって)『つばを吐く』《+『at』(『in』,『into』,『on』,『upon』)+『名』》

つば(saliva)

vial

=phial

prime

(重要さ・価値などにおいて)『首位の』,『主要な』

『最上等の』,最高品質の

(数が)素数の;公約数のない

〈U〉《the ~》(…の)『全盛期』・最盛期・青春・盛り《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《文》(…の)初期,初め《+『of』+『名』》

=prime number

〈旧式の火器〉‘に'火薬を詰める

〈ポンプ〉‘に'呼び水をする

〈キャブレター〉‘に'燃料を入れる

〈画面・壁など〉‘に'下塗りする

(…を)〈人〉‘に'前もって教え込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

《話》(飲食物を)〈人〉‘に'詰め込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

item

『項目』;『種目』,品目;箇条

『新聞記事』;(新聞記事の)一節

(項目を数え上げるとき)一つ(…);さらにまた,同様に

opportunity

『機会』,好機

gamble

(…で)『かけごとをする』,とばくをする《+『at』+『名』》;(…に)かける《+『in』(『on』)+『名』》

(…にかけて)のるかそるかの冒険をする《+『on』+『名』》;(…をかけて)一か八がやってみる《+『with』+『名』》

(…に)〈金・名誉など〉‘を'『かける』《+『名』〈金など〉+『on』+『名』》

…‘を'かけごとで失う,とばくでする《+『away』+『名,』+『名』+『away』》

『かけごと』,『ばくち』

《a ~》一か八かの冒険

saliva

だ液,つば

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

tolerance

(自分と異なる他人の意見・行動などを許す)寛大,寛容・我慢(がまん),忍耐力

(薬品・毒物などに対する)耐性,抗毒性

公差,許容誤差

gambling

かけごと(とばく)をすること

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

whopping

巨大な,でっかい

とても

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

baseline

基線

(テニスコートの)ベースライン

(野球の)ベースライン

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

decrease

…'を'『減らす』

『減る』,少なくなる

〈U〉〈C〉(…の)『減少』,縮小《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)減少量(額)《+『in』(『of』)+『名』》

hormonal

ホルモンの,ホルモンの影響を受けた

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

evaluate

…‘を'評価する,‘の'数量を見積る

lunchroom

(特に学校・工場の)食堂

school board

教育委員会;《英》学務委員会(1870‐1902年まで公立小学校を管理運営した)

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

finding

〈U〉〈C〉発見すること・〈C〉発見物;《しばしば複数形で》拾得物・〈C〉(裁判官による)判決,(陪審の)評決・《複数形で》・(調査・研究などの)結果,結論

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

horrify

…‘を'ぞっとさせる,こゎがらせる(frighten)

《階》…‘を'あきれさせる

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

numerous

『非常に多い』,多数の(very many)

多数から成る(を含む)

android

人造人間

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

quicksand

流砂(りゅうしゃ),砂地獄(人・動物がはまり込む危険な砂地)

spike

大くぎ;(鉄道用)いぬくぎ

(へいの忍び返しなどの)先のとがった突起

スパイク(野救・陸上競技用の靴底の金具)

(…に)…‘を'大くぎで打ちつける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'大くぎ(スパイク)を打ちつける

〈人〉‘を'すぱいくしゅ‐ずで傷つける;すぱいくする

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

hypothesis

仮説,仮定,前提

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

poser

難題,難問

(絵・写真の)モデル

=poseur

positively

『断固として;積極的に』

《話》『全く,本当に』

《米》(質問に答えて)そのとおり,もちろん

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

variable

『変わりやすい』,一定しない,気まぐれの

変えられる,可変の,調節できる

《英》《遠回しに》(演技などが)むらがある

変化するもの,変化しやすいもの

(数学で)変数

competence

〈U〉能力,適性・〈U〉(法律上の)権限・力量・《まれ》《a~》相当の資産

qualification

〈U〉『資格を与えること』,『資格があること』,〈U〉『資格』,能力;《複数形で》『免許状』,資格証明書

〈U〉〈C〉制限;条件;修正

affected

影響された,作用を受けた

感動した

(病気などに)冒された

self

(他人と区別して)『自己』,自分,自身

〈C〉(人・物の)本質,個性;性格の一面

〈U〉私利,私欲,私心

同じ材料でできた,共ぎれの

residue

残り,残余;残留物

mediate

〈紛争・相違点など〉‘を'調停する,仲裁する

〈妥協・和解・同意など〉‘を'仲裁して成立させる

(両者の)調停をする《+『between』+『名』》

仲介者(媒介物)を通じての,間接の

fraud

〈T〉詐欺,ごまかし,

〈C〉詐欺行為,不正手段,

〈C〉にせ物,まやかし物

〈C〉ぺてん師,くわせ者

impostor

詐欺師,へてん師;名前をかたる人,詐祢者

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

resonate

〈音が〉反響する,鳴り響く

〈部屋などが〉共鳴する

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

ward

〈C〉『病棟』,病室

〈C〉(刑務所の)監房

〈U〉(未成年者などの)後見,保護;〈C〉被後見人

〈C〉(行政区画の)『区』

〈U〉警備,見張り

〈危険・病気など〉‘を'避ける,‘から'身を守る《+off+名,+名+off》

withdraw

(…から)…‘を'『引っ込める』《+名+from+名》

(…から)…‘の'身を引かせる,‘を'退かせる《+名+from+名》

(…から)…‘を'引き出す,回収する《+名+from+名》

〈申し出・約束など〉‘を'取り消す,撤回する

『引き下がる』;(…から,…へ)退く《+from(into)+名》

(…から)身を引く《+from+名(doing)》

よける,身をかわす

取り消す,撤回する

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

deviation

〈C〉〈U〉(…から)外れること,(…からの)脱線,逸脱《+『from』+『名』》

〈C〉偏差;磁針の自差

traumatic

外傷性の;精神的損傷の

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

angel

『天使』

(美しさ・親切さなどで)天使のような人

守護神,守り神

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

gosh

えっ,おや(軽い喜び・驚きを表す)

grad

(大学の)卒業生

northwestern

北西の;北西へ向かう

北西からの

北西部特有の

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

semester

(米国・ドイツなどの大学の二学期制の)一学期,前(後)期(通例15‐18週)

ta

ありがと

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

totally

全く,完全に

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

elevator

《米》『エレベーター』,昇降機(《英》lift)

(揚げ下ろしの設備のある)穀物倉庫

(飛行機の)昇降舵(だ)

stall

(1頭を入れる)馬小屋(牛舎)の一仕切り

(部屋の中の)小仕切り

《おもに英》《しばしば複合語を作って》売店,屋台商,露店;商品陳列台

(教会の内陣または聖歌隊度にある)聖職者席

《通例複数形で》《英》(劇場・映画館の)1階前方の[特別]席

(飛行機の)失速,(車の)失速,エンスト

(指を保語するゴム製などの)指サック

《話》(時間かせぎの)口実,ごまかし,引き延ばし

(特に,太らせるために)〈家畜〉‘を'小屋に入れる

〈障害などが〉…‘を'止める,妨げる

(積み過ぎなどのために)〈エンジン・車など〉‘を'止める,‘に'エンストを起こさせる

(特に,口実・ごまかしなどによって)〈人〉‘を'待たせる,引き止める《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

〈エンジン・車などが〉止まる;〈飛行機が〉失速する

(特に,口実・ごまかしなどによって)引き延ばす,ごまかす,確答(決定)を避ける

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

cope

対抗する;(難局に)対処する,打ち勝つ《+『with』+『名』》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

関連動画