TED日本語 - シーラ・エルワージー: 非暴力で戦う方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

正々堂々と暴力に対抗するには?平和活動家のシーラ・エルワージーが見識と人間味に溢れる話を通して、我々が国や個人として身につける必要がある、力に頼らずに激しい暴力と戦う方法を教えてくれます。アウン・サン・スー・チー、マハトマ・ガンジー、ネルソン・マンデラといった歴史に名を刻む英雄たち、そして彼らの平和的抗議活動を支えた哲学を例に挙げながら、彼女は非暴力の力とその理由について語ります。(撮影 TEDxエクセター)

Script

戦争防止の助けになろうと活動してきたこの半世紀 常に考えてきたことがあります 力に頼ることなく どうやって 激しい暴力に対抗すればいいのか 暴力を目の当たりにすると それが学校の子供のいじめでも 家庭内暴力でも シリアの町中で 戦車や榴散弾を目前にした時でも 何が一番効果的なのかと考えます 戦うのか 屈するのか 上回る力を使うのか

どうしたら正々堂々と 暴力に対抗できるのかと 子供の頃から考えています 私が13歳の頃の話ですが 実家のリビングにあった白黒テレビに釘付けになったのを憶えています ソ連軍の戦車がブダペストに侵攻し 私と同じような年頃の子供たちが その戦車に自ら身を投じ ひき殺されていました 私は二階に駆け上がり スーツケースに荷物を詰めました

母が上がって来て言いました 「一体何をやっているの?」

私は言いました「ブダペストに行く」と

「一体何のために?」と母は言いました

「子供が殺されてる 大変なことが起きてる」と私は言いました 「子供が殺されてる 大変なことが起きてる」と私は言いました

母は「馬鹿な事を言わないで」と言いました 私は泣き出しました 私の気持ちを理解した母は言いました 「深刻なのは分かったけれど あなたは子供だから助けられない まずは勉強しなさい 私も助けるから でも荷物は片付けなさい」

そこで 私は勉強して アフリカに行き 20代のほとんどをそこで働きました でも 学校は 本当に必要なことを 教えてくれなかったことに気づきました 私が理解したかったのは 暴力や抑圧の仕組みです その後 私はこんなことを発見しました 抑圧に使われる暴力には3種類ある 脅かすための政治的暴力 支配するための肉体的暴力 自信を失わせるための精神的・感情的暴力 それを上回る暴力を使っても 成功するのは ごく希です

ネルソン・マンデラは暴力を信じたために投獄されました その後の27年間 彼とその仲間達は ゆっくりと用心深く 技を磨きました 驚異的な技を身につけて 世界史上 最も悪質と言われた政府の 民主化に成功しました 彼らは非暴力を貫いて それを成し遂げました 力に力で対抗しても効果が無いことに 彼らは気づいたのです

では 効果的な方法とは? これまでに 私は半ダースほどの 効果的な方法を集めました もちろん 他にも方法はあります 最初に必要なのは 変化を起こすことです ここを変えるのです 自分の内面です 自分がコントロールでき 変えることができるのは 抑圧に対する 自分の反応や態度です

それには自分を知る必要があります 自分が何に反応し どんな時にくじけるのか 自分が人より優れているのは何か 人より劣っているのは何か どんな時に諦めて どんな時に立ち上がるのか 瞑想や自己分析は そのような内なるパワーを得るひとつの方法です そのような内なるパワーを得るひとつの方法です もちろん これはあくまでも ひとつの方法です

これについてはサティシと同じように ミャンマーのアウン・サン・スー・チーを崇拝しています 彼女が学生達を率いてラングーンでデモを行った時の事です 彼女が学生達を率いてラングーンでデモを行った時の事です ある角を曲がると機関銃を構えた部隊がいました 彼女はすぐに気づきました 兵士達の引き金にかけた指が震えていたのです 彼女の後ろにいる学生達よりも兵士達は怯えていました 彼女は学生達に座るように言いました そして 彼女は冷静に何のためらいもなく 何の恐れもなく 前へ進み出て 先頭の兵士に歩み寄り 機関銃に手を置き銃口を下げさせました そのお陰で 誰も死にませんでした

恐怖を克服すれば そんなことができます 相手が機関銃ではなく 町中の刃物の争いでも同じです でも それには鍛錬が必要です では どう恐怖に向き合うのか 私は いつも自分に言い聞かせます 恐怖は 自分が注ぐ エネルギーによって肥大化する そして 大きくなりすぎれば 現実になる可能性がある と

午前3時症候群は皆さんもご存じですよね? 心配ごとがあると真夜中に目が覚める 皆さん経験があるようですね 1時間ほど寝返りを打ったりしていると どんどん眠れなくなって 4時頃には こんな大きなモンスターに 頭を押さえつけられている気分です そんな時にできるのは 起き上がって お茶をいれて 子供が隣にいるようなつもりで恐怖と共に座ることです 自分が大人で 恐怖が子供です そして恐怖に語りかけるのです 何が欲しいのか どうして欲しいのか訊ねるのです どうしたら大丈夫になる? どうしたら心配じゃなくなるの? と それから計画を立てて 「さあ もう一度寝て 朝7時半に起きるのよわかった?」と言い聞かせます 「さあ もう一度寝て 朝7時半に起きるのよわかった?」と言い聞かせます

私は日曜日にこれを経験しました ここに来て話をするのが怖かったからです (笑) そこで これをやりました 起き上がってお茶をいれて座ってと 全部やりました そうして今ここにいますまだ少し 怖いですけどね

(拍手)

それが恐怖ですでは怒りはどうでしょう? 不正がある場所には必ず怒りがあります 怒りはガソリンのようなものです まき散らして 誰かがマッチを擦ったら 大火災になります しかし 怒りという燃料をエンジンに注入したら強力なパワーを与えてくれます しかし 怒りという燃料をエンジンに注入したら強力なパワーを与えてくれます 前進する力になります 恐ろしい時を乗り越える 内なる力を与えてくれます

私がこれを学んだのは 核兵器政策の仕事をした時です 私がこれを学んだのは 核兵器政策の仕事をした時です 私も最初は激怒しました 政治家が我々を危険にさらしていることに怒り 議論し 彼らに罪を着せ悪者にしようとしました でも全く役に立ちませんでした 変化のための対話を持つには 怒りをコントロールする必要があります 何かに怒りを感じるのは当然です この場合は核兵器です しかし相手に対して怒ったら望みはありません 彼らも我々と同じ人間です 彼らも自分たちが最善と思うことをやっているのです それを基本に話を進めなければだめです

それが第3のポイントである怒りです そして一番重要なのは 今日の世界で起きている変化です 今日の世界で起きている変化です 20世紀は権力に押さえ込まれていました 政府が国民にどうしろと命令していたのです しかし今世紀に入って変化がありました 一人ひとりからの草の根的パワーが生まれました まるでコンクリートを突き破って生えてくるキノコのようです 先ほどのバンディの話にあったように遠く離れた人々が手を結び 変化を起こそうとしています

ピースダイレクトはかなり早い時期に 激しい紛争地域で最も有効な手段を 知っているのは 現地住民だということに気づきました そこでピースダイレクトは現地住民の活動を支援しました そこでピースダイレクトは現地住民の活動を支援しました 例えば 市民軍の解体や 経済の再建 難民の定住化 少年兵の解放などです 彼らは日々 命を危険にさらしながら この活動を続けています それを通して彼らは気づきました そのような場所で暴力を使う事は 非人道的であるばかりか 効果がなく 再建の原動力となる人の輪を作る方が有効であると 再建の原動力となる人の輪を作る方が有効であると

アメリカ軍もこれに ようやく気づいたのだと思います これまでの彼らの反テロ政策は テロ活動をつぶすことがメインで その妨害になるなら例え民間人でも 「巻き添え被害」として片付けてきました だから アフガニスタンの人々は 侮辱を感じ 激しく怒ったのです それがアルカイダのリクルートを容易にしました 例えば コーランを燃やすなどの行為は 激しい反感を生みました

ですから軍隊の訓練方法も変えなければなりません 変わってきていると思いますが この点では イギリス軍の方がずっと優れています しかし 彼らがそれを始めたのもある人物を見習ったからです それはクリス・ヒュースという非常に優れた米軍中佐です それはクリス・ヒュースという非常に優れた米軍中佐です 彼がイラクのナジャフという町で部下たちを率いていた時のことです 彼がイラクのナジャフという町で部下たちを率いていた時のことです 突然 道の両側の家から大勢の人々が出てきました 叫び声を上げて ものすごく怒った人々が 恐怖におののく若い兵士達を取り囲んだのです 彼らは何が起きたのか分かりませんアラビア語も話せません すると クリス・ヒュースはその群衆の真ん中に歩み出て 武器を頭上に掲げ 地面に突き立てると 「ひざまずけ」と命令しました 防弾チョッキを着て荷物を背負った 大きな兵士達は よろよろと地面にひざまづきました 辺りは静寂に包まれました そして2分ほど経過すると 人々は道をあけて 家へと戻っていきました

非常に賢い行動だと思います 彼は瞬時に判断して実行しました 今 こんな事が様々な場所で起きています 信じられませんか? この30年間で これほど多くの独裁政権が崩壊した理由を 考えたことがありますか? チェコスロバキア 東ドイツ エストニア ラトビア リトアニア マリ マダガスカル ポーランド フィリピン セルビア スロベニア そして チュニジアやエジプト これはただ起きたわけではなく 一冊の本がきっかけでした ボストンにいる80歳の男性が書いた本です ジーン・シャープは「独裁から民主主義へ」という本に 非暴力で抵抗する81種類の方法を書きました この本は26カ国語に翻訳され 世界中に急速に広がりました 世界中の若者から お年寄りまでが彼の方法論を実践しているのです 効果的で成功するからです

これに私は希望を感じます 希望を感じるだけではなく 非常に勇気づけられています ついに人間は手に入れたのです 私がこれまで考えてきた正々堂々と暴力に対抗する 私がこれまで考えてきた正々堂々と暴力に対抗する 現実的で 実践できる方法論を手に入れたのです 先ほどお話しした 技を使い始めたのです 自分を知ることによる内なるパワーの獲得です 恐怖を認め 向き合うこと 怒りを燃料として使うこと 他人に協力すること 共に手を結ぶこと 勇気 そして 最も重要なのは非暴力を貫くこと です

私は非暴力をただ信じているのではありません 信じる必要もありません その力の証拠はあらゆる場所にあります 私たちのような普通の人間が アウン・サン・スー・チーやガンジーやマンデラのような行動を起こしています 私たちの手で 世界史上 最もひどい流血の時代を終わらせることができるのです 心を開いて 決意を固く持ち 繋がることで 抑圧を終わらせることができるのです

そして この心を開くという事こそが この集まりの中で行われている事だと昨日から私は感じています ありがとうございました

(拍手)

In half a century of trying to help prevent wars, there's one question that never leaves me: How do we deal with extreme violence without using force in return? When you're faced with brutality, whether it's a child facing a bully on a playground or domestic violence -- or, on the streets of Syria today, facing tanks and shrapnel, what's the most effective thing to do? Fight back? Give in? Use more force?

This question: "How do I deal with a bully without becoming a thug in return?" has been with me ever since I was a child. I remember I was about 13, glued to a grainy black and white television in my parents' living room as Soviet tanks rolled into Budapest, and kids not much older than me were throwing themselves at the tanks and getting mown down. And I rushed upstairs and started packing my suitcase.

And my mother came up and said, "What on Earth are you doing?"

And I said, "I'm going to Budapest."

And she said, "What on Earth for?"

And I said, "Kids are getting killed there. There's something terrible happening."

And she said, "Don't be so silly." And I started to cry. And she got it, she said, "Okay, I see it's serious. You're much too young to help. You need training. I'll help you. But just unpack your suitcase."

And so I got some training and went and worked in Africa during most of my 20s. But I realized that what I really needed to know I couldn't get from training courses. I wanted to understand how violence, how oppression, works. And what I've discovered since is this: Bullies use violence in three ways. They use political violence to intimidate, physical violence to terrorize and mental or emotional violence to undermine. And only very rarely in very few cases does it work to use more violence.

Nelson Mandela went to jail believing in violence, and 27 years later he and his colleagues had slowly and carefully honed the skills, the incredible skills, that they needed to turn one of the most vicious governments the world has known into a democracy. And they did it in a total devotion to non-violence. They realized that using force against force doesn't work.

So what does work? Over time I've collected about a half-dozen methods that do work -- of course there are many more -- that do work and that are effective. And the first is that the change that has to take place has to take place here, inside me. It's my response, my attitude, to oppression that I've got control over, and that I can do something about.

And what I need to develop is self-knowledge to do that. That means I need to know how I tick, when I collapse, where my formidable points are, where my weaker points are. When do I give in? What will I stand up for? And meditation or self-inspection is one of the ways -- again it's not the only one -- it's one of the ways of gaining this kind of inner power.

And my heroine here -- like Satish's -- is Aung San Suu Kyi in Burma. She was leading a group of students on a protest in the streets of Rangoon. They came around a corner faced with a row of machine guns. And she realized straight away that the soldiers with their fingers shaking on the triggers were more scared than the student protesters behind her. But she told the students to sit down. And she walked forward with such calm and such clarity and such total lack of fear that she could walk right up to the first gun, put her hand on it and lower it. And no one got killed.

So that's what the mastery of fear can do -- not only faced with machine guns, but if you meet a knife fight in the street. But we have to practice. So what about our fear? I have a little mantra. My fear grows fat on the energy I feed it. And if it grows very big it probably happens.

So we all know the three o'clock in the morning syndrome, when something you've been worrying about wakes you up -- I see a lot of people -- and for an hour you toss and turn, it gets worse and worse, and by four o'clock you're pinned to the pillow by a monster this big. The only thing to do is to get up, make a cup of tea and sit down with the fear like a child beside you. You're the adult. The fear is the child. And you talk to the fear and you ask it what it wants, what it needs. How can this be made better? How can the child feel stronger? And you make a plan. And you say, "Okay, now we're going back to sleep. Half-past seven, we're getting up and that's what we're going to do."

I had one of these 3 a.m. episodes on Sunday -- paralyzed with fear at coming to talk to you. (Laughter) So I did the thing. I got up, made the cup of tea, sat down with it, did it all and I'm here -- still partly paralyzed, but I'm here.

(Applause)

So that's fear. What about anger? Wherever there is injustice there's anger. But anger is like gasoline, and if you spray it around and somebody lights a match, you've got an inferno. But anger as an engine -- in an engine -- is powerful. If we can put our anger inside an engine, it can drive us forward, it can get us through the dreadful moments and it can give us real inner power.

And I learned this in my work with nuclear weapon policy-makers. Because at the beginning I was so outraged at the dangers they were exposing us to that I just wanted to argue and blame and make them wrong. Totally ineffective. In order to develop a dialogue for change we have to deal with our anger. It's okay to be angry with the thing -- the nuclear weapons in this case -- but it is hopeless to be angry with the people. They are human beings just like us. And they're doing what they think is best. And that's the basis on which we have to talk with them.

So that's the third one, anger. And it brings me to the crux of what's going on, or what I perceive as going on, in the world today, which is that last century was top-down power. It was still governments telling people what to do. This century there's a shift. It's bottom-up or grassroots power. It's like mushrooms coming through concrete. It's people joining up with people, as Bundy just said, miles away to bring about change.

And Peace Direct spotted quite early on that local people in areas of very hot conflict know what to do. They know best what to do. So Peace Direct gets behind them to do that. And the kind of thing they're doing is demobilizing militias, rebuilding economies, resettling refugees, even liberating child soldiers. And they have to risk their lives almost every day to do this. And what they've realized is that using violence in the situations they operate in is not only less humane, but it's less effective than using methods that connect people with people, that rebuild.

And I think that the U.S. military is finally beginning to get this. Up to now their counter-terrorism policy has been to kill insurgents at almost any cost, and if civilians get in the way, that's written as "collateral damage." And this is so infuriating and humiliating for the population of Afghanistan, that it makes the recruitment for al-Qaeda very easy, when people are so disgusted by, for example, the burning of the Koran.

So the training of the troops has to change. And I think there are signs that it is beginning to change. The British military have always been much better at this. But there is one magnificent example for them to take their cue from, and that's a brilliant U.S. lieutenant colonel called Chris Hughes. And he was leading his men down the streets of Najaf -- in Iraq actually -- and suddenly people were pouring out of the houses on either side of the road, screaming, yelling, furiously angry, and surrounded these very young troops who were completely terrified, didn't know what was going on, couldn't speak Arabic. And Chris Hughes strode into the middle of the throng with his weapon above his head, pointing at the ground, and he said, "Kneel." And these huge soldiers with their backpacks and their body armor, wobbled to the ground. And complete silence fell. And after about two minutes, everybody moved aside and went home.

Now that to me is wisdom in action. In the moment, that's what he did. And it's happening everywhere now. You don't believe me? Have you asked yourselves why and how so many dictatorships have collapsed over the last 30 years? Dictatorships in Czechoslovakia, East Germany, Estonia, Latvia, Lithuania, Mali, Madagascar, Poland, the Philippines, Serbia, Slovenia, I could go on, and now Tunisia and Egypt. And this hasn't just happened. A lot of it is due to a book written by an 80-year-old man in Boston, Gene Sharp. He wrote a book called "From Dictatorship to Democracy" with 81 methodologies for non-violent resistance. And it's been translated into 26 languages. It's flown around the world. And it's being used by young people and older people everywhere, because it works and it's effective.

So this is what gives me hope -- not just hope, this is what makes me feel very positive right now. Because finally human beings are getting it. We're getting practical, doable methodologies to answer my question: How do we deal with a bully without becoming a thug? We're using the kind of skills that I've outlined: inner power -- the development of inner power -- through self-knowledge, recognizing and working with our fear, using anger as a fuel, cooperating with others, banding together with others, courage, and most importantly, commitment to active non-violence.

Now I don't just believe in non-violence. I don't have to believe in it. I see evidence everywhere of how it works. And I see that we, ordinary people, can do what Aung San Suu Kyi and Ghandi and Mandela did. We can bring to an end the bloodiest century that humanity has ever known. And we can organize to overcome oppression by opening our hearts as well as strengthening this incredible resolve.

And this open-heartedness is exactly what I've experienced in the entire organization of this gathering since I got here yesterday. Thank you.

(Applause)

In half a century of trying to help prevent wars,/ there's one question/ that never leaves me:/ How do we deal with extreme violence/ without using force/ in return?//

戦争防止の助けになろうと活動してきたこの半世紀 常に考えてきたことがあります 力に頼ることなく どうやって 激しい暴力に対抗すればいいのか

When you're faced with brutality,/ whether it's a child/ facing a bully/ on a playground or domestic violence --/ or,/ on the streets of Syria/ today,/ facing tanks and shrapnel,/ what's the most effective thing/ to do?//

暴力を目の当たりにすると それが学校の子供のいじめでも 家庭内暴力でも シリアの町中で 戦車や榴散弾を目前にした時でも 何が一番効果的なのかと考えます

Fight back?// Give in?//

戦うのか 屈するのか

Use more force?//

上回る力を使うのか

This question:/ "How do I deal with a bully/ without becoming a thug/ in return?"//

どうしたら正々堂々と 暴力に対抗できるのかと

has been with me ever/ since I was a child.//

子供の頃から考えています

I remember/ I was about 13,/ glued to a grainy black and white television/ in my parents/' living room/ as Soviet tanks rolled into Budapest,/ and kids not much older/ than me were throwing themselves/ at the tanks/ and getting mown down.//

私が13歳の頃の話ですが 実家のリビングにあった白黒テレビに釘付けになったのを憶えています ソ連軍の戦車がブダペストに侵攻し 私と同じような年頃の子供たちが その戦車に自ら身を投じ ひき殺されていました

And I rushed upstairs/ and started packing/ my suitcase.//

私は二階に駆け上がり スーツケースに荷物を詰めました

And my mother came up/ and said,/ "What on Earth are you doing?"//

母が上がって来て言いました 「一体何をやっているの?」

And I said,/ "I'm going/ to Budapest."//

私は言いました「ブダペストに行く」と

And she said,/ "What on Earth for?"//

「一体何のために?」と母は言いました

And I said,/ "Kids are getting killed there.//

「子供が殺されてる 大変なことが起きてる」と私は言いました

There's something terrible happening."//

「子供が殺されてる 大変なことが起きてる」と私は言いました

And she said,/ "Don't be so silly."//

母は「馬鹿な事を言わないで」と言いました

And I started to cry.//

私は泣き出しました

And she got it,/ she said,/ "Okay,/ I see/ it's serious.//

私の気持ちを理解した母は言いました 「深刻なのは分かったけれど

You're much too young/ to help.//

あなたは子供だから助けられない

You need training.// I'll help you.//

まずは勉強しなさい 私も助けるから

But just unpack your suitcase."//

でも荷物は片付けなさい」

And so/ I got some training/ and went/ and worked in Africa/ during most of my 20s.//

そこで 私は勉強して アフリカに行き 20代のほとんどをそこで働きました

But I realized/ that/ what I really needed to know/ I couldn't get from training courses.//

でも 学校は 本当に必要なことを 教えてくれなかったことに気づきました

I wanted to understand/ how violence,/ how oppression,/ works.//

私が理解したかったのは 暴力や抑圧の仕組みです

And what I've discovered/ since is this:/ Bullies use violence/ in three ways.//

その後 私はこんなことを発見しました 抑圧に使われる暴力には3種類ある

脅かすための政治的暴力 支配するための肉体的暴力 自信を失わせるための精神的・感情的暴力

And only very rarely/ in very few cases does it work to use/ more violence.//

それを上回る暴力を使っても 成功するのは ごく希です

Nelson Mandela went to jail believing/ in violence,/ and 27 years later/ he/ and his colleagues had/ slowly and carefully honed the skills,/ the incredible skills,/ that they needed to turn/ one of the most vicious governments/ the world has known into a democracy.//

ネルソン・マンデラは暴力を信じたために投獄されました その後の27年間 彼とその仲間達は ゆっくりと用心深く 技を磨きました 驚異的な技を身につけて 世界史上 最も悪質と言われた政府の 民主化に成功しました

And they did it/ in a total devotion/ to non-violence.//

彼らは非暴力を貫いて それを成し遂げました

They realized/ that using force/ against force doesn't work.//

力に力で対抗しても効果が無いことに 彼らは気づいたのです

So/ what does work?//

では 効果的な方法とは?

Over time/ I've collected about a half-dozen methods/ that do work --/ of course/ there are many more --/ that do work/ and that are effective.//

これまでに 私は半ダースほどの 効果的な方法を集めました もちろん 他にも方法はあります

And the first is/ that the change/ that has to take/ place has to take/ place here,/ inside me.//

最初に必要なのは 変化を起こすことです ここを変えるのです 自分の内面です

It's my response,/ my attitude,/ to oppression/ that I've got control over,/ and/ that I can do something about.//

自分がコントロールでき 変えることができるのは 抑圧に対する 自分の反応や態度です

And what I need to develop/ is self-knowledge/ to do that.//

それには自分を知る必要があります

That means/ I need to know/ how I tick,/ when I collapse,/ where my formidable points are,/ where my weaker points are.//

自分が何に反応し どんな時にくじけるのか 自分が人より優れているのは何か 人より劣っているのは何か

When do I give in?//

どんな時に諦めて

What will I stand up/ for?//

どんな時に立ち上がるのか

And meditation or self-inspection is one of the ways --/ again/ it's not the only one --/ it's one of the ways of gaining this kind of inner power.//

瞑想や自己分析は そのような内なるパワーを得るひとつの方法です そのような内なるパワーを得るひとつの方法です もちろん これはあくまでも ひとつの方法です

And my heroine here --/ like Satish's --/ is Aung San Suu Kyi/ in Burma.//

これについてはサティシと同じように ミャンマーのアウン・サン・スー・チーを崇拝しています

She was leading a group of students/ on a protest/ in the streets of Rangoon.//

彼女が学生達を率いてラングーンでデモを行った時の事です 彼女が学生達を率いてラングーンでデモを行った時の事です

They came around a corner faced with a row of machine guns.//

ある角を曲がると機関銃を構えた部隊がいました

And she realized straight away/ that the soldiers/ with their fingers/ shaking on the triggers were more scared/ than the student protesters/ behind her.//

彼女はすぐに気づきました 兵士達の引き金にかけた指が震えていたのです 彼女の後ろにいる学生達よりも兵士達は怯えていました

But she told the students/ to sit down.//

彼女は学生達に座るように言いました

And she walked forward/ with such calm and such clarity/ and such total lack of fear/ that she could walk right/ up/ to the first gun,/ put her hand/ on it and lower it.//

そして 彼女は冷静に何のためらいもなく 何の恐れもなく 前へ進み出て 先頭の兵士に歩み寄り 機関銃に手を置き銃口を下げさせました

And no one got killed.//

そのお陰で 誰も死にませんでした

So that's/ what the mastery of fear can do --/ not only faced with machine guns,/ but/ if you meet a knife fight/ in the street.//

恐怖を克服すれば そんなことができます 相手が機関銃ではなく 町中の刃物の争いでも同じです

But we have to practice.//

でも それには鍛錬が必要です

So/ what about our fear?//

では どう恐怖に向き合うのか

I have a little mantra.//

私は いつも自分に言い聞かせます

My fear grows fat/ on the energy/ I feed it.//

恐怖は 自分が注ぐ エネルギーによって肥大化する

And/ if it grows very big/ it probably happens.//

そして 大きくなりすぎれば 現実になる可能性がある と

So we all know the three o'clock/ in the morning syndrome,/ when something/ you've been worrying about wakes/ you up --/ I see a lot of people --/ and for an hour/ you toss and turn,/ it gets worse and worse, and/ by four o'clock/ you're pinned to the pillow/ by a monster/ this big.//

午前3時症候群は皆さんもご存じですよね? 心配ごとがあると真夜中に目が覚める 皆さん経験があるようですね 1時間ほど寝返りを打ったりしていると どんどん眠れなくなって 4時頃には こんな大きなモンスターに 頭を押さえつけられている気分です

The only thing to do is to get up,/ make a cup of tea/ and sit down/ with the fear/ like a child beside you.//

そんな時にできるのは 起き上がって お茶をいれて 子供が隣にいるようなつもりで恐怖と共に座ることです

You're the adult.//

自分が大人で

The fear is the child.//

恐怖が子供です

And you talk to the fear/ and you ask it/ what it wants,/ what it needs.//

そして恐怖に語りかけるのです 何が欲しいのか どうして欲しいのか訊ねるのです

How can this be made better?//

どうしたら大丈夫になる?

How can the child feel stronger?//

どうしたら心配じゃなくなるの? と

And you make a plan.//

それから計画を立てて

And you say,/ "Okay,/ now/ we're going/ back/ to sleep.//

「さあ もう一度寝て 朝7時半に起きるのよわかった?」と言い聞かせます

Half-past seven,/ we're getting up/ and that's/ what we're going to do."//

「さあ もう一度寝て 朝7時半に起きるのよわかった?」と言い聞かせます

I had one of these 3 a.m. episodes/ on Sunday --/ paralyzed with fear/ at coming to talk/ to you.//

私は日曜日にこれを経験しました ここに来て話をするのが怖かったからです

(Laughter) So/ I did the thing.//

(笑) そこで これをやりました

I got up,/ made the cup of tea,/ sat down/ with it,/ did it/ all/ and I'm here --/ still partly paralyzed,/ but I'm here.//

起き上がってお茶をいれて座ってと 全部やりました そうして今ここにいますまだ少し 怖いですけどね

(拍手)

So that's fear.// What about anger?//

それが恐怖ですでは怒りはどうでしょう?

Wherever/ there is injustice/ there's anger.//

不正がある場所には必ず怒りがあります

But anger is like gasoline,/ and/ if you spray it around/ and somebody lights a match,/ you've got an inferno.//

怒りはガソリンのようなものです まき散らして 誰かがマッチを擦ったら 大火災になります

But anger/ as an engine --/ in an engine --/ is powerful.//

しかし 怒りという燃料をエンジンに注入したら強力なパワーを与えてくれます

If we can put our anger/ inside an engine,/ it can drive us forward,/ it can get us/ through the dreadful moments/ and it can give us/ real inner power.//

しかし 怒りという燃料をエンジンに注入したら強力なパワーを与えてくれます 前進する力になります 恐ろしい時を乗り越える 内なる力を与えてくれます

And I learned this/ in my work/ with nuclear weapon policy-makers.//

私がこれを学んだのは 核兵器政策の仕事をした時です 私がこれを学んだのは 核兵器政策の仕事をした時です

Because/ at the beginning/ I was so outraged/ at the dangers/ they were exposing us/ to/ that I just wanted to argue and blame/ and make them wrong.//

私も最初は激怒しました 政治家が我々を危険にさらしていることに怒り 議論し 彼らに罪を着せ悪者にしようとしました

でも全く役に立ちませんでした

In order to develop a dialogue/ for change/ we have to deal/ with our anger.//

変化のための対話を持つには 怒りをコントロールする必要があります

It's okay/ to be angry/ with the thing --/ the nuclear weapons/ in this case --/ but it is hopeless/ to be angry/ with the people.//

何かに怒りを感じるのは当然です この場合は核兵器です しかし相手に対して怒ったら望みはありません

They are human beings just/ like us.//

彼らも我々と同じ人間です

And they're doing/ what they think is best.//

彼らも自分たちが最善と思うことをやっているのです

And that's the basis/ on which we have to talk/ with them.//

それを基本に話を進めなければだめです

So that's the third one,/ anger.//

それが第3のポイントである怒りです

And it brings me/ to the crux of what's going on,/ or what I perceive as going on,/ in the world/ today,/ which is/ that last century was top-down power.//

そして一番重要なのは 今日の世界で起きている変化です 今日の世界で起きている変化です 20世紀は権力に押さえ込まれていました

It was still governments/ telling people/ what to do.//

政府が国民にどうしろと命令していたのです

This century/ there's a shift.//

しかし今世紀に入って変化がありました

It's bottom-up/ or grassroots power.//

一人ひとりからの草の根的パワーが生まれました

It's like mushrooms/ coming through concrete.//

まるでコンクリートを突き破って生えてくるキノコのようです

It's people/ joining up/ with people,/ as Bundy just said,/ miles away to bring about/ change.//

先ほどのバンディの話にあったように遠く離れた人々が手を結び 変化を起こそうとしています

And Peace Direct spotted quite early/ on that local people/ in areas of very hot conflict know/ what to do.//

ピースダイレクトはかなり早い時期に 激しい紛争地域で最も有効な手段を 知っているのは

They know best/ what to do.//

現地住民だということに気づきました

So Peace Direct gets/ behind them/ to do that.//

そこでピースダイレクトは現地住民の活動を支援しました

And the kind of thing/ they're doing/ is demobilizing militias,/ rebuilding economies,/ resettling refugees,/ even/ liberating child soldiers.//

そこでピースダイレクトは現地住民の活動を支援しました 例えば 市民軍の解体や 経済の再建 難民の定住化 少年兵の解放などです

And they have to risk/ their lives/ almost every day/ to do this.//

彼らは日々 命を危険にさらしながら この活動を続けています

And what they've realized/ is/ that using violence/ in the situations/ they operate in is not only less humane,/ but it's less effective/ than using methods/ that connect people/ with people,/ that rebuild.//

それを通して彼らは気づきました そのような場所で暴力を使う事は 非人道的であるばかりか 効果がなく 再建の原動力となる人の輪を作る方が有効であると 再建の原動力となる人の輪を作る方が有効であると

And I think/ that the U.S. military is finally beginning to get/ this.//

アメリカ軍もこれに ようやく気づいたのだと思います

Up/ to now/ their counter-terrorism policy has been to kill insurgents/ at almost any cost,/ and/ if civilians get in the way,/ that's written as "collateral damage."//

これまでの彼らの反テロ政策は テロ活動をつぶすことがメインで その妨害になるなら例え民間人でも 「巻き添え被害」として片付けてきました

And this is so infuriating and humiliating for the population of Afghanistan,/ that it makes the recruitment/ for al-Qaeda very easy,/ when people are so disgusted by,/ for example,/ the burning of the Koran.//

だから アフガニスタンの人々は 侮辱を感じ 激しく怒ったのです それがアルカイダのリクルートを容易にしました 例えば コーランを燃やすなどの行為は 激しい反感を生みました

So the training of the troops has to change.//

ですから軍隊の訓練方法も変えなければなりません

And I think/ there are signs/ that it is beginning to change.//

変わってきていると思いますが

The British military have always been much better/ at this.//

この点では イギリス軍の方がずっと優れています

But there is one magnificent example/ for them/ to take their cue from,/ and that's a brilliant U.S. lieutenant colonel called Chris Hughes.//

しかし 彼らがそれを始めたのもある人物を見習ったからです それはクリス・ヒュースという非常に優れた米軍中佐です それはクリス・ヒュースという非常に優れた米軍中佐です

And he was leading his men/ down the streets of Najaf --/ in Iraq actually --/ and suddenly people were pouring out of the houses/ on either side of the road,/ screaming,/ yelling,/ furiously angry,/ and surrounded these very young troops/ who were completely terrified,/ didn't know/ what was going on,/ couldn't speak Arabic.//

彼がイラクのナジャフという町で部下たちを率いていた時のことです 彼がイラクのナジャフという町で部下たちを率いていた時のことです 突然 道の両側の家から大勢の人々が出てきました 叫び声を上げて ものすごく怒った人々が 恐怖におののく若い兵士達を取り囲んだのです 彼らは何が起きたのか分かりませんアラビア語も話せません

And Chris Hughes strode into the middle of the throng/ with his weapon/ above his head,/ pointing at the ground,/ and he said,/ "Kneel."//

すると クリス・ヒュースはその群衆の真ん中に歩み出て 武器を頭上に掲げ 地面に突き立てると 「ひざまずけ」と命令しました

And these huge soldiers/ with their backpacks and their body armor,/ wobbled to the ground.//

防弾チョッキを着て荷物を背負った 大きな兵士達は よろよろと地面にひざまづきました

辺りは静寂に包まれました

And/ after about two minutes,/ everybody moved aside/ and went home.//

そして2分ほど経過すると 人々は道をあけて 家へと戻っていきました

Now/ that/ to me is wisdom/ in action.//

非常に賢い行動だと思います

In the moment,/ that's/ what he did.//

彼は瞬時に判断して実行しました

And it's happening everywhere now.//

今 こんな事が様々な場所で起きています

You don't believe me?//

信じられませんか?

Have you asked yourselves/ why and how/ so many dictatorships have collapsed over the last 30 years?//

この30年間で これほど多くの独裁政権が崩壊した理由を 考えたことがありますか?

Dictatorships/ in Czechoslovakia,/ East Germany,/ Estonia,/ Latvia,/ Lithuania,/ Mali,/ Madagascar,/ Poland,/ the Philippines,/ Serbia,/ Slovenia,/ I could go on,/ and now/ Tunisia and Egypt.//

チェコスロバキア 東ドイツ エストニア ラトビア リトアニア マリ マダガスカル ポーランド フィリピン セルビア スロベニア そして チュニジアやエジプト

And this hasn't just happened.//

これはただ起きたわけではなく

A lot of it is due/ to a book written by an 80-year-old man/ in Boston,/ Gene Sharp.//

一冊の本がきっかけでした ボストンにいる80歳の男性が書いた本です

He wrote/ a book called "From Dictatorship/ to Democracy"/ with 81 methodologies/ for non-violent resistance.//

ジーン・シャープは「独裁から民主主義へ」という本に 非暴力で抵抗する81種類の方法を書きました

And it's been translated into 26 languages.//

この本は26カ国語に翻訳され

It's flown around the world.//

世界中に急速に広がりました

And it's being used by young people/ and older people everywhere,/ because it works/ and it's effective.//

世界中の若者から お年寄りまでが彼の方法論を実践しているのです 効果的で成功するからです

So this is/ what gives me hope --/ not just hope,/ this is/ what makes me feel very positive right now.//

これに私は希望を感じます 希望を感じるだけではなく 非常に勇気づけられています

Because finally human beings are getting it.//

ついに人間は手に入れたのです

We're getting/ practical, doable methodologies to answer my question:/ How do we deal with a bully/ without becoming a thug?//

私がこれまで考えてきた正々堂々と暴力に対抗する 私がこれまで考えてきた正々堂々と暴力に対抗する 現実的で 実践できる方法論を手に入れたのです

We're using/ the kind of skills/ that I've outlined:/ inner power --/ the development of inner power --/ through self-knowledge,/ recognizing and working with our fear,/ using anger/ as a fuel,/ cooperating with others,/ banding together/ with others,/ courage,/ and most importantly,/ commitment/ to active non-violence.//

先ほどお話しした 技を使い始めたのです 自分を知ることによる内なるパワーの獲得です 恐怖を認め 向き合うこと 怒りを燃料として使うこと 他人に協力すること 共に手を結ぶこと 勇気 そして 最も重要なのは非暴力を貫くこと です

Now/ I don't just believe in non-violence.//

私は非暴力をただ信じているのではありません

I don't have to believe/ in it.//

信じる必要もありません

I see evidence everywhere of how it works.//

その力の証拠はあらゆる場所にあります

And I see/ that we,/ ordinary people,/ can do/ what Aung San Suu Kyi/ and Ghandi and Mandela did.//

私たちのような普通の人間が アウン・サン・スー・チーやガンジーやマンデラのような行動を起こしています

We can bring to an end/ the bloodiest century that/ humanity has ever known.//

私たちの手で 世界史上 最もひどい流血の時代を終わらせることができるのです

And we can organize to overcome/ oppression/ by opening our hearts/ as well as/ strengthening this incredible resolve.//

心を開いて 決意を固く持ち 繋がることで 抑圧を終わらせることができるのです

And this open-heartedness is exactly/ what I've experienced in the entire organization of this gathering/ since I got here yesterday.//

そして この心を開くという事こそが この集まりの中で行われている事だと昨日から私は感じています

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

brutality

〈U〉獣性,野蛮,残忍性

〈C〉野蛮な行為

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

bully

弱い者いじめ,がき大将

〈弱い者〉'を'いじめる,おどかす

《話》(…にとって)すてきな,すばらしい《+『for』+『名』》

うまい,でかした

playground

(おもに子供の)『遊び場』,運動場

行楽地

domestic

『家庭の』,家庭生活の,家事の

『家庭的な』,家事の好きな

(動物などが)『人に飼われている』,飼いならされた

『国内の』,自国の

国産の

(通例女性の)召使い,お手伝い

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

shrapnel

榴散(りゅうさん)弾;その破片

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

thug

悪漢;人殺し

glue

『にかわ』,にかわ剤;(一般に)接着剤

…‘を'にかわで付ける

《しばしば受動態で》(…に)…‘を'くっ付けて離さない(離れない),〈視線など〉‘を'くぎ付けにする《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

grainy

粒状の

木目(石目)ある

black and white

〈U〉書き物,印刷

〈C〉白黒写真;ペン画

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

living room

『居間』

soviet

〈C〉(旧ソ連の)地方会議(労働者・農民によって選出され,立法権・行政権を有する)

《the Soviets》『旧ソ連政府』;『旧ソ連人民』

地方会議の

《S-》ソ連の

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

Budapest

ブダペスト(ハンガリー人民共和国の首都)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

mown

mowの過去分詞

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

upstairs

階上へ(で),2階へ(で)

階上の,2階の

階上;2階;(…の)上の階《+of+名》

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

suitcase

スーツケース,(長方形で平たい)小型旅行かばん

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

okay

=OK,O.K.

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

unpack

開いて…‘の'中身を取り出す

(…から)…‘を'取り出す《+名+from+名》

…‘から'荷[など]を降ろす

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

oppression

〈U〉〈C〉(…を)『虐げること』,『圧迫すること』,(…に対する)圧迫,圧制《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)苦難,困苦《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉重苦しい気分,圧迫感

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

intimidate

〈人〉‘を'おびえさせる

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

undermine

…‘の'下を掘る,下に穴(トンネル)を掘る

(浸食作用で)…‘の'土台を壊す(削る)

〈健康・名声など〉‘を'知らないうちに(徐々に)害する,弱める

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

nelson

(レスリングの)首固め

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

carefully

『注意深く』,気をつけて

hone

砥石(特にかみそり用)

(砥石で)〈かみそりなど〉‘を'研ぐ

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

vicious

『悪意のある』,意地悪な,残忍な

(馬が)御しにくい;(他の動物が)どうもうな

《米》ひどい,激しい

《文・今はまれ》『悪徳の』,不道徳の,よこしまな

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

devotion

〈U〉(…への)『深い愛情』《+『to』(『for』)+『名』》

〈U〉(…に労力・時間などを)ささげること,(…への)専念,傾倒《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…への)帰依(きえ),信心,信仰《+『to』+『名』》

《複数形で》宗教的儀式,勤行(ごんぎょう),祈り

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

half-dozen

半ダースの,6個の

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

tick

(時計まどの)カチカチ[という音]

《英語》瞬間

照合(点検)済みの印,チェック

<時計などが>カチカチ音がする《+away》

<時が>過ぎる,経過する∥+by(away)》

《話》<人が>行動する,<機械などが>動く

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

formidable

『恐ろしい』

手ごわい

恐ろしいほどの

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

meditation

〈U〉深く考えにふけること,沈思黙考;(宗教的)瞑想

〈C〉《しばしば複数形で》(ある題目についての)深い論究

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

heroine

『女性の英雄』

(小説・劇などの)『女主人公』

Burma

ビルマ(アジア南東部の共和国;首都はRangoon)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

Rangoon

ラングーン(Burmaの首都で海港)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

protester

異議申し立て人,坑議する人

主張(断言)する人

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

clarity

(思想・文体などの)明快さ,明瞭

(音色の)清澄

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

no one

『だれも』…『ない』

mastery

(…に対する)支配,統御《+『of(over)』+『名』》

(…に)熟達していること,精進していること《+『of』+『名』(do『ing』)》

knife

『ナイフ』,小刀;包丁;短刀

(機械などの)刃

…‘を'ナイフ(短刀)で切る(刺す)

(ナイフで)切るように進む

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

mantra

呪(じゅ)(ヒンズー教で吟唱される文句)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

probably

『たぶん』,『おそらく』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

o'clock

《時間を表す数と共に》…『時』(じ)

(自分の位置を時計の文字盤の中央に置いて)…時の位置(方角)に

syndrome

(疾患の徴候となる一群の)症徴候,症候群

(事件・社会的状態などのパターンを示す)徴候形態

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

pin

『ピン』・留め針・《しばしば複合語を作って》ピンの働きをする物

(留め針の付いた)『記章』,『バッジ』

(木・プラスチック・金属などの)留めくぎ,掛けくぎ(peg);(弦楽器の)糸巻き

《複数形で》《英話》脚(legs)

《a~》《否定文で》ほんのわずか

(ゴルフ・ボウリングの)ピン

(…に)…‘を'『ピンで留める』《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

(人・物事に)〈望み・信頼など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'動けなくする《+『名』+『against』(『to, under』)+『名』》

《話》〈罪・過失など〉‘を'(人の)せいだとする《+『名』+『on』+『名』〈人〉》

pillow

『まくら』

(まくらなどに)〈頭〉‘を'載せる《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

〈頭など〉‘の'まくらになる

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

beside

《位置・場所》…『のそばに』,のわきに,の横に

…と比較して(compared with)

(要点など)をはずれて(apart from)

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

episode

挿話的なでき事(人生の特殊な経験など)

(小説・劇などの中の本筋と直接関係のない)挿話的な事件

laughter

『笑い』,笑い声

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

applause

『拍手かっさい』;称賛

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

spray

(花・葉・実をつけた)小枝;小枝形の装飾;小枝模様

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

inferno

〈U〉地獄(hell)

〈C〉地獄のような所

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

dreadful

『恐ろしい』,ものすごい

実に不快な,ひどく悪い

《話》ひどい,つまらない

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

totally

全く,完全に

ineffective

効果のない,むだな

役に立たない,無能の,無力の

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

hopeless

『希望を失った』

(物事が)『望み(見込み)のない』,絶望的な

《話》どうしようもない,役に立たない

human being

人,人間

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

crux

最も重要な点

難問,なぞ

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

mushroom

キノコ,食用キノコ

キノコ状の物

(キノコのように)早く成長するもの

急速に成長する(広がる,ふえる)

キノコ状に広がる

キノコ狩をする

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

militia

《the ~》国民軍,市民軍(軍事訓練を受けるが非常事態にのみ召集される)

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

resettle

〈人〉‘を'新しい土地に落ち着かせる

新しい土地に落ち着く

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

liberate

(…から)…‘を'自由にする,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈ガス〉‘を'遊離させる《+『from』+『名』》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

humane

『人道的な』,人情味のある,思いやりのある

《まれ》(学問が)人文の,教養の

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

insurgent

暴動(反乱)を起こした

暴徒,謀反(むほん)人,反乱者

《米》党議に従わない人,反党分子

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

collateral

並び合った

二次的な,付随的な(secondary)

証券類を担保とした

傍系の,直系でない

担保,低当,見返り物資

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

infuriate

<人>‘を'激怒させる,憤激させる

humiliate

〈人〉‘の'自尊心を傷つける,‘に'恥ずかしい思いをさせる

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

recruitment

新兵徴募,新会員募集;《古》補充,補強

disgust

(…で)〈人〉‘に'『吐き気を催させる』,むかむかさせる《+『名』+『at』(『with』)+『名』》

(…に対する)『いや気』,嫌悪,むかつき《+『at』(『for, toward』)+『名』》

burning

燃えている,焼けている

燃えるように熱い;強烈な

火急の,差し迫った

Koran

コーラン(イスラム教の経典)

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

magnificent

『壮大な』,壮麗な

すばらしい,無類の

cue

きっかけ(俳優の登場またはせりふの合図),(せりふの)渡し文句

(行動の)きっかけ,合図

…‘に'きっかけ(指示)を与える

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

lieutenant colonel

(米国の)陸軍(空軍,海兵隊)大佐,(英国の)陸軍中佐

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

suddenly

『突然に』,だしぬけに

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

screaming

金切り声(鋭い音)を出す

人を驚かせるような,目立つ

furiously

怒り狂って,激怒して

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

completely

『完全に』,全く,十分に

terrify

‘を'『恐れさせる』,おびやすか

Arabic

アラビアの,アラビア人(語)の

アラビア語

stride

+副(句)(元気よくまたはいばって)大またに歩く・ +前+(代)名〔...を〕またぎ越す,またぐ 〔across,over〕・〈溝(みぞ)などを〉またぐ,またぎ越す・〈道などを〉大またに歩く,闊歩する・〈ものに〉またがる・大またに歩くこと,闊歩・ [通例単数形で] 歩幅; (歩く)ペース・ ひとまたぎ・ [通例複数形で] 進歩,発展

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

throng

『群衆』,(人・物などの)多数の集まり,群れ《+of+名》

〈人々が〉『群がる』,押しよせる

〈場所〉‘に'『群がる』,押し掛ける,‘を'いっぱいにする

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

kneel

(…に)『ひざまずく』,ひざをつく《+『down on』+『名』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

backpack

背のう(リュックサック・ナップサックなど)

リュックサックを背おって行く

〈リュックサックなど〉'を'背おう;〈物〉'を'背のうで運ぶ バックパック[リュックサック](を背負って旅行する), バックパックに入れる

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

wobble

よろよろする,ぐらぐらする,動揺する

〈声などが〉震える

〈意見・気持ちなどが〉ぐらつく

…‘を'よろよろ(ぐらぐら)させる

よろめき,ぐらつき,動揺

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

fell

fallの過去形

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

yourselves

yourself の複数形

dictatorship

〈U〉独裁者の職(任期)

〈U〉独裁政治

〈C〉独裁国

Czechoslovakia

チェコスロバキア(ヨーロッパ中部の国;首都Prague)

East Germany

東ドイツ,ドイツ民主共和国(=German Democratic Republic)

Estonia

エストニア(バルト海に臨むソビエト連邦内の共和国)

Latvia

ラトビア(バルト海東岸にある旧ソ連邦の共和国)

Lithuania

リトアニア(旧ソ連邦内の共和国)

Madagascar

マダカスカル(アフリカ南東岸沖にある共和国)

Poland

ポーランド(ヨーロッパ中部の共和国;首都はWarsaw)

Philippines

フィリピン共和国(正式にはthe Republic of the Philippines)

《複数扱い》フィリピン諸島

Serbia

セルビア(Yugoslaviaを構成する共和熊の一つ)

Tunisia

チュニジア(アフリカ北部の共和国;首都 Tunis)

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

gene

遺伝子

sharp

(刃・先端が)『鋭い』,よく切れる,よく突きささる

(頂上などが)先がとがっている

(道路などが)『急な』,急カーブの,急こう配の

(言葉などが)『厳しい』,辛らつな

(痛みが)『鋭い』,激しい;(寒さなどが)激しい,身を切るような

(食物が)ぴりっとする,辛い

(音が)鋭い,高い

(輪郭などが)はっきりした,くっきりした

(感覚・頭が)鋭い

抜け目のない,すばしこい

油断のない,用心深い

(動作が)速い,機敏な,きびきびした

(身なりの)いきな,スマートな

《名詞の後にのみ用いて》(音が)シャープの,嬰(えい)音の;調[記]号がシャープ(#)の

《名詞の後にのみ用いて》(時間を)きっかり,正碓に

鋭く;急に;油断なく

(音楽で)半音高く

シャープ,嬰音

シャープ記号(#)

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

doable

する(行う)ことができる,なされうる

outline

(物の)『輪郭』,外形《+『of』+『名』》

(…の)輪郭図,線画,略図《+『of』+『名』》

(話・でき事などの)『概要』,あらまし;《複数形で》(…の)要点,眼目《+『of』+『名』》

…‘の'『輪郭を描く』,略図を描く

…‘の'概要を述へる,‘を'概説する

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

cooperate

『協力する』,共同する

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

courage

『勇気』,度胸

importantly

重要性をもって;もったいぶって

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

bloody

『出血している』(bleeding)

『血まみれの』,血でよごれた

血なまぐさい,残酷な

《英俗》ひどい,忌まわしい(damned)

ひどく(damned)

…'を'血まみれにする

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

known

knowの過去分詞

『名高い』,知られた

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

strengthen

…‘を'『強くする』,

『強くなる』,力がつく

resolve

…‘を'『決心する』,『決意する』

〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く

〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する

(構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》

(…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『分解する』《+『into』+『名』》

〈U〉《文》強固な意志,分屈

〈C〉決心,決意

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

gathering

〈U〉(…を)集めること,(…が)集まること《+『of』+『名』》

〈C〉集められた(集まった)もの;(特に)集会,群衆

関連動画