TED日本語 - マリカ・サラバイ: 世界を変えるダンス

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ダンサー、女優、政治家であるマリカ・サラバイがTEDIndiaでダンスで改革について語る。芸術は政治的、社会的、個人的な分野に関わらず、最もパワフルな変化をもたらす手段かもしれないと主張する。

Script

ある日、片目の猿が森へやって来ました 木の下で必死にめい想をしている 女性を見つけました 片目の猿はその女性がセクリだと分かりました 彼女はさらに有名なブラーマンの妻でした 彼女が良く見ようと、片目の猿は木に登りました すると、大きな音がして 天が裂けたのです(タン!) インドラ神は空き地に飛び込みました インドラはセクリを見ました ははあ セクリは彼を気にも留めません インドラは彼女を引き寄せ、床に投げ倒し レイプしたのです インドラは姿を消しました(タン!タン!) 彼女の夫、ブラーマンが現れました 彼はすぐに事態を認識しました より崇高な神に申し立て 当然の報いを彼に与えるように願ったのです ビシュヌ神がやってきました

「証人はいるのか?」

「片目の猿だけです」とブラーマンが言いました

その片目の猿は どうしてもセクリの正当性を訴えたかったので 何が起こったかを正確に説明しました ビシュヌ神は判決を下しました

「インドラ神は罪を犯したのだ ブラーマンに対して罪を犯したのであるから 彼は罪を洗い流すことを求められる」

インドラがやって来て 馬を生け贄にしました そのため 馬が殺されました 神は、罪悪感のないブラーマンのエゴが 満たされたことに怒りました 彼女の心は傷つけられ 片目の猿は...私たち人間が言う 正義についてとても困惑しました

インドでは3分に一度レイプが起こっています インドで警察に被害届があるレイプは 全体のたった25パーセント 警察に被害届があった25パーセントのうち 有罪になるケースは4パーセントだけです 当然の報いを得られない女性がたくさんいます

女性に限ったことではありません まわりを見渡して下さい、あなたの国はどうでしょう 罪に問われる人たちには、一定のパターンがあります オーストラリアで刑務所に拘留されている人たちは殆どが先住民です インドではイスラム教徒かインド先住民 または私たちの部族であるナクサルです アメリカでは殆どが黒人です こういった傾向があります 私の話の中では、ブラーマンと神々は 常に彼らの真実を「真実」として語るのです 私たちはみんな片目の猿 または片目ではなく両目の猿になったのでしょうか? 私たちは不正行為の認識をやめたのでしょうか?

おはようございます (拍手) 皆さん、私はこれまでにこの物語を 550回近くも 40か国の聴衆の前で話してきました 学生たち、スミソニアンでの準礼装のディナーなど 何らかの状況に合うたびにお話しました もし、私が同じ集団に 「正義と不正について皆さんに講義したい」などと言ったら 彼らは「ありがとう。でも、他にやることがあるから」と言うでしょう これが芸術の驚くべきパワーです

芸術でこそ出来ることがあるのです 先入観を打ち破り、バリアを張ることはできません あなたを覆い隠しているー 「私はこれ、私はそれ、私はそれ」という仮面 それらをすべて打ち破ります 他では辿り着けないような所に行き着きます 考え方を変えるのが難しい世界では 人の心を動かす伝達手段が必要です

ヒトラーはそれを理解していました ワグナーの音楽で、ナチスとアーリア人の気を立てました ベルルスコーニ氏も理解して メディアとテレビの巨大帝国の頂点に立ったんです 広告代理店の素晴らしい創造的精神 まったく必要ないものを私達に売る人達 彼らも芸術のパワーを理解しています

私は、早い時期にそれを知っていました 私が子供の頃、振付師だった私の母は とても辛い出来事に遭遇しました それは若い花嫁達がグジャラートの田舎町で 自殺している話でした 彼女達は親戚の家族にお金を渡すよう強制されていたのです 私の母はダンス作品を作り、その後ネール首相がその作品を観ました 彼は母のところにやって来て「これは何の話だ?」と聞きました 母は彼に説明し、彼は現在「ダウリーダンス」と呼ばれているー ダンスについて初めての調査を始めました 想像して下さい 今日でも数千人の女性が命を絶つ その調査のきっかけになったダンス作品を

何年も経って、私がピーター・ブルック監督の作品 「マハーバーラタ」でドローピディという女性フェミニストを 演じた時、同じような体験をしました ブロンクスの太った黒人のお母さんが やってきて「その通りだわ!」と言いました その後、ソルボンヌのお洒落な若者達が言っていました 「ドローピディ夫人、私たちはフェミニストではないけど、すごい!」と アフリカの先住民の女性達は 「まさにこれだわ」と言いました これこそ私達が伝達手段として 必要だと思いました

公衆衛生の方に来てもらいました。デュデットも公衆衛生について話しました 世界中で何百万もの人々が 水の感染症によって毎年死んでいます それはきれいな飲み水がないからです インドのような国では 人々は排便の前に石鹸を使うを知らないのです 彼らはどうしているのでしょうか? 汚いと分かっていながら水を飲んでいるのです コレラに感染し、下痢をし、黄疸を発症し 命を落とします 政府はきれいな水を提供できていません パイプラインを建設しようとするのですが、実現しません 多国籍企業が機械を提供しますが、それを購入する余裕がありません 彼らを死なせるのでしょうか?

素晴らしいアイデアがあったのです 単純なアイデアです。誰も得することはないのですが あらゆる分野の衛生に役に立つアイデアでした アジアとインドのほとんどの家には 綿の衣類があります WHOが承認する方法が見つかったのです 8回折り畳んだ清潔な綿の衣類を使って 水を通すと、バクテリアを80%まで減らすことができるのです なぜ政府はこれをテレビで宣伝しないのでしょう? なぜなぜ第三世界各地でポスターになっていないのでしょう? 利益がないからです 誰も見返りを得ることができないからです でも人々にとっては必要なものです そこで1つの方法があります

[ビデオ]女性: ねぇ、豪華な浄水器を買ってよ

男性: 浄水器がどのぐらい高価なのか知っているのか? 機械、木や調理用ガスも必要としない 解決策があるんだぞ

女性: どんな解決策?

男性: 君の綿のサリーを持ってきなさい

男の子: おじいちゃん、解決策を教えてよ

男性: 教えるから、ちょっと待て

女性: どうぞ、お父さん (男性: これは清潔か?) 女性: ええ、もちろん

男性: 私が言うとおりにしなさい。サリーを8つに折り畳むのだ

女性: はい、お父さん

男性: 彼女がやるから数えて (男の子: いいよ、おじいちゃん)

男性: 1、2、3、4つ折 水から細菌をすべて取り除く

コーラス: 1、2、3、4つ折♪ 水から細菌をすべて取り除く♪ 5、6、7、8つ折♪ 飲み水を安全に♪ 5、6、7、8つ折♪ 飲み水を安全に♪

女性: ほら、お父さん。8つ折の綿のサリーができたわ

男性: これが綿のサリーだ これで、きれいな水を作るんだ

(拍手)

日常生活でエスカレートする暴力について ひどく心配していると言って間違いないと思います 大学が紛争解決の講座を創設しようとしている一方 政府は国境での小競り合いを止めさせようとしています 私達は暴力に取り囲まれています。交通渋滞でのイライラ 家庭内暴力 宿題をやらない生徒に先生が暴力を振るって生徒を殺したり 暴力はどこにでもあります なぜその問題に関心を向けるようなことを 日常的にしていないのか?

私達は、子供達や 若者達が 暴力は何かに溺れること 私達が止めることができること そして暴力、怒り、欲求不満を 他人を傷つけない別のものに導く方法が 他にあると教える為に何をしているのでしょうか そういった方法についてお話しましょう

(ビデオ) (笑い) 皆さんは平和を愛する人々です 皆さんの両親は平和を愛する人々です 皆さんの祖父母は平和を愛する人々です 1つの場所に平和がたくさんありますか? そうでなければなぜなのでしょう?

(音楽)

でも、もし... ええ、もし... あなたの中の小さな遺伝子が 生き抜こうとしていたらどうしますか? アフリカでの起源から 各世代を通り抜け、あなたに受け継がれるのかも それは、心の奥深くに隠れている本能です あなたの中にあれば、私の中にもあります

弟のお尻をピシャリと打ったり ゴキブリを踏み潰したり、お母さんを引っかいたり 心の奥底から込み上げる感覚 夫が酔っ払って帰って来て、懲らしめたくなった時 通勤途中に自転車に乗っている人を殺したくなる時 いとこは本当に嫌なやつだから絞首刑にしたいと思う時 外国人の白人、黒人、褐色人を 厳しく非難し、町から追い払う時

それが小さな遺伝子。小さくてささいなこと 見つけるには小さすぎる。生まれつき備わった身を守るもの アドレナリン、殺しは、あなたに意志を与える 置き換えれないので、立ち向かったほうがいい あなたは「ぼうりょくてき」 犠牲者になるか、私のような第一人者になる

さようなら、エイブラハム・リンカーン さようなら、マハトマ・ガンジー さようなら、マーティン・ルーサー・キング こんにちは、この地区のギャング達 あの地区のギャング達を殺してるギャング達 こんにちは、裕福な国の政府達 食料を提供できないほど貧しい国々のー 政府に武器を売っている政府達 こんにちは、文明。こんにちは、21世紀 私達がやってきたことを見て 彼らがやってきたことを見て (拍手)

主流芸術である映画は 社会問題を語るときに、世界中で利用されています 数年前「Rang De Basanti」という映画が公開されました この映画で、何千人もの若者達が突然 社会改革のボランティア活動を志願しました ベネズエラでは、最も人気のあるメロドラマに クリスタルというヒロインが出演していました ドラマでクリスタルが乳癌になった時 7万5千人以上の若い女性達が乳房X線撮影を受けに行きました もちろん「ヴァギナ・モノローグス」についてはご存知ですね 人種問題や民族問題について 語っているコメディアンもいます

なぜでしょう つまり、より良い世界が必要だと みんなの意見が一致していると考えるなら より公正な社会が必要です 障壁を取り除き、人の心に届くということを 私達に絶えず教えてくれている 言語を使わないのはなぜなのでしょう? 世界の計画者、政府、戦略家に 私が言いたいことは 「芸術はおまけのような扱いを受けてきましたが イースト菌であることが必要だ」ということです なぜなら、将来の計画は 目標に達するのが2048年だとすれば 芸術を科学者や 経済学者や 将来の準備を進めるすべての人達と同等に考えない限り 私達は目的を達成できないでしょう これが実際に理解されなければ、成り立ちません

私達が求めるもの、必要とするものは何でしょうか? 計画者とは 正しい生き方とは といった構想を打ち破る必要があります そのため、ここ数年 より良い世界を作ろうとしましたが、失敗しました レイプの被害者は増えています。戦争も増えています 単純なことで死んでいく人々も増えています 何かが変わらなければいけません。そしてそれは私が望むことです 最後の音楽をお願いします

昔、口笛の上手なお姫様がいました (口笛) 父である国王は「口笛を吹くな」と言いました 母である女王は「口笛はやめなさい」と言いました お姫様は止めません (口笛)

何年か経って、お姫様は成長し 若くて美しい女性になりました 口笛ももっと見事に吹くようになりました (口笛) 父である国王は「誰が口笛を吹く姫と結婚するのだ?」と言いました 母である女王は「誰が口笛を吹く姫と結婚するのでしょう?」と言いました

けれども国王には考えがありました 国王はソヴァヤムヴァラを開催すると発表しました すべての王子を招待して、娘より口笛が上手な王子を探すことにしました 「私の娘に勝った者には、王国の半分を譲り渡し 娘と結婚させよう!」 間もなく、宮殿は口笛を吹く王子達で埋め尽くされました (口笛) 口笛が下手な王子もいました 口笛が上手な王子もいました けれども、お姫様に勝てる者はいませんでした

「さて、どうしたらいいのだ?」と国王は言いました 「さて、どうしたらいいのでしょう?」と女王は言いました そのとき、お姫様が言いました。「お父様、お母様、心配しないで いい考えがあるの。王子らの所に行って 自分が負けたかどうか ひとりずつ聞いてみます 誰かが負けを認めたら、それが私の望むものでしょう」

お姫様はそれぞれの王子の所へ行き「私が勝ったことを認めますか?」 すると、「私が?女性に負けた? まさか!いいえ!無理!絶対無理です」と言います ついに、ある王子が言いました 「お姫様、私が負けたことを認めます」と 「あら...」 「お父様、お母様、私の夫になるのはこの人です」とお姫様は言いました (口笛)

ありがとうございました (拍手)

One day a one-eyed monkey came into the forest. Under a tree she saw a woman meditating furiously. The one-eyed monkey recognized the woman, a Sekhri. She was the wife of an even more famous Brahmin. To watch her better, the one-eyed monkey climbed onto the tree. Just then, with a loud bang, the heavens opened. (Claps) And the god Indra jumped into the clearing. Indra saw the woman, a Sekhri. Ah-hah. The woman paid him no heed. So, Indra, attracted, threw her onto the floor, and proceeded to rape her. Then Indra disappeared. (Clap! Clap!) And the woman's husband, the Brahmin, appeared. He realized at once what had happened. So, he petitioned the higher gods so that he may have justice. So, the god Vishnu arrived.

"Are there any witnesses?"

"Just a one-eyed monkey," said the Brahmin.

Now, the one-eyed monkey really wanted for the woman, a Sekhri, to get justice, so she retold events exactly as they had happened. Vishnu gave his judgment.

"The god Indra has sinned, in that he has sinned against ... a Brahmin. May he be called to wash away his sins."

So, Indra arrived, and performed the sacrifice of the horse. And so it transpired that a horse was killed, a god was made sin-free, a Brahmin's ego was appeased, a woman ... was ruined, and a one-eyed monkey was left ... very confused at what we humans call justice.

In India there is a rape every three minutes. In India, only 25 percent of rapes come to a police station, and of these 25 percent that come to a police station, convictions are only in four percent of the cases. That's a lot of women who don't get justice.

And it's not only about women. Look around you, look at your own countries. There is a certain pattern in who gets charged with crimes. If you're in Australia, it's mostly aboriginals who are in jail. If you're in India, it's either Muslims or Adivasis, our tribals, the Naxalites. If you're in the U.S., it's mostly the blacks. There is a trend here. And the Brahmins and the gods, like in my story, always get to tell their truth as The Truth. So, have we all become one-eyed -- two-eyed instead of one-eyed -- monkeys? Have we stopped seeing injustice?

Good morning. (Applause) You know, I have told this story close to 550 times, in audiences in 40 countries, to school students, to black-tie dinners at the Smithsonian, and so on and so forth, and every time it hits something. Now, if I were to go into the same crowd and say, "I want to lecture you about justice and injustice," they would say, "Thank you very much, we have other things to do." And that is the astonishing power of art.

Art can go through where other things can't. You can't have barriers, because it breaks through your prejudices, breaks through everything that you have as your mask, that says, "I am this, I am that, I am that." No. It breaks through those. And it reaches somewhere where other things don't. And in a world where attitudes are so difficult to change, we need a language that reaches through.

Hitler knew it; he used Wagner to make all the Nazis feel wonderful and Aryan. And Mr. Berlusconi knows it, as he sits atop this huge empire of media and television and so on and so forth. And all of the wonderful creative minds who are in all the advertising agencies, and who help corporate sell us things we absolutely don't require, they also know the power of the arts.

For me it came very early. When I was a young child, my mother, who was a choreographer, came upon a phenomenon that worried her. It was a phenomenon where young brides were committing suicide in rural Gujarat, because they were being forced to bring more and more money for their in-laws' families. And she created a dance piece which then Prime Minister Nehru saw. He came to talk to her and said, "What is this about?" She told him and he set out the first inquiry into what today we call Dowry Dance. Imagine a dance piece for the first inquiry into something that even today kills thousands of women.

Many years later, when I was working with the director Peter Brook in "The Mahabharata" playing this feisty feminine feminist called Draupadi, I had similar experiences. Big fat black mamas in the Bronx used to come and say, "Hey girl, that's it!" And then these trendy young things in the Sorbonne would say, "Madame Draupadi, on n'est pas feministe, mais ca? Ca!" And then aboriginal women in Africa would come and say, "This is it!" And I thought, "This is what we need, as a language."

We had somebody from public health. And Devdutt also mentioned public health. Well, millions of people around the world die of waterborne disease every year. And that's because there is no clean water to drink, or in countries like India, people don't know that they need to soap their hands before defecation. So, what do they do? They drink the water they know is dirty, they get cholera, they get diarrhea, they get jaundice and they die. And governments have not been able to provide clean water. They try and build it. They try and build pipelines; it doesn't happen. And the MNCs give them machines that they can not afford. So what do you do? Do you let them die?

Well, somebody had a great idea. And it was a simple idea. It was an idea that could not profit anybody but would help health in every field. Most houses in Asia and India have a cotton garment. And it was discovered, and WHO endorses this, that a clean cotton garment folded eight times over, can reduce bacteria up to 80 percent from water sieved through. So, why aren't governments blaring this on television? Why isn't it on every poster across the third world? Because there is no profit in it. Because nobody can get a kickback. But it still needs to get to people. And here is one of the ways we get it to people.

[ Video ] Woman: Then get me one of those fancy water purifiers.

Man: You know how expensive those are. I have a solution that requires neither machine, nor wood, nor cooking gas.

Woman: What solution?

Man: Listen, go fetch that cotton sari you have.

Boy: Grand-dad, tell me the solution please.

Man: I will tell all of you. Just wait.

Woman: Here father. (Man: Is it clean?) Woman: Yes, of course.

Man: Then do as I tell you. Fold the sari into eight folds.

Woman: All right, father.

Man: And you, you count that she does it right. (Boy: All right, grand-dad.)

Man: One,two,three,four folds we make. All the germs from the water we take.

Chorus: One,two,three,four folds we make. All the germs from the water we take. Five,six,seven,eight folds we make. Our drinking water safe we make. Five,six,seven,eight folds we make. Our drinking water safe we make.

Woman: Here, father, your eight-times folded cotton sari.

Man: So this is the cotton sari. And through this we will have clean water.

(Applause)

I think it's safe to say that all of us here are deeply concerned about the escalating violence in our daily lives. While universities are trying to devise courses in conflict resolution, and governments are trying to stop skirmishes at borders, we are surrounded by violence, whether it's road rage, or whether it's domestic violence, whether it's a teacher beating up a student and killing her because she hasn't done her homework, it's everywhere. So, why are we not doing something to actually attend that problem on a day to day basis?

What are we doing to try and make children and young people realize that violence is something that we indulge in, that we can stop, and that there are other ways of actually taking violence, taking anger, taking frustrations into different things that do not harm other people. Well, here is one such way.

(Video) (Laughs) You are peaceful people. Your parents were peaceful people. Your grandparents were peaceful people. So much peace in one place? How could it be otherwise?

(Music)

But, what if ... Yes. What if ... One little gene in you has been trying to get through? From your beginnings in Africa, through each generation, may be passed on to you, in your creation. It's a secret urge, hiding deep in you. And if it's in you, then it's in me too. Oh, dear.

It's what made you smack your baby brother, stamp on a cockroach, scratch your mother. It's the feeling that wells up from deep inside, when your husband comes home drunk and you wanna tan his hide. Want to kill that cyclist on the way to work, and string up your cousin 'cause she's such a jerk. Oh, dear. And as for outsiders, white, black or brown, tar and feather them, and whip them out of town.

It's that little gene. It's small and it's mean. Too small for detection, it's your built-in protection. Adrenaline, kill. It'll give you the will. Yes, you'd better face it 'cause you can't displace it. You're V-I-O-L-E-N-T. Cause you're either a victim, or on top, like me.

Goodbye, Abraham Lincoln. Goodbye, Mahatma Gandhi. Goodbye, Martin Luther King. Hello, gangs from this neighborhood killing gangs from that neighborhood. Hello governments of rich countries selling arms to governments of poor countries who can't even afford to give them food. Hello civilization. Hello, 21st century. Look what we've ... look what they've done. (Applause)

Mainstream art, cinema, has been used across the world to talk about social issues. A few years ago we had a film called Rang De Basanti, which suddenly spawned thousands of young people wanting to volunteer for social change. In Venezuela,one of the most popular soap operas has a heroine called Crystal. And when, onscreen, Crystal got breast cancer,75,000 more young women went to have mammographies done. And of course, "The Vagina Monologues" we know about. And there are stand-up comics who are talking about racial issues, about ethnic issues.

So, why is it, that if we think that we all agree that we need a better world, we need a more just world, why is it that we are not using the one language that has consistently showed us that we can break down barriers, that we can reach people? What I need to say to the planners of the world, the governments, the strategists is, "You have treated the arts as the cherry on the cake. It needs to be the yeast." Because, any future planning, if 2048 is when we want to get there, unless the arts are put with the scientists, with the economists, with all those who prepare for the future, badly, we're not going to get there. And unless this is actually internalized, it won't happen.

So, what is it that we require? What is it that we need? We need to break down our vision of what planners are, of what the correct way of a path is. And to say all these years of trying to make a better world, and we have failed. There are more people being raped. There are more wars. There are more people dying of simple things. So, something has got to give. And that is what I want. Can I have my last audio track please?

Once there was a princess who whistled beautifully. (Whistling) Her father the king said, "Don't whistle." Her mother the queen said, "Hai, don't whistle." But the princess continued whistling. (Whistling)

The years went by and the princess grew up into a beautiful young woman, who whistled even more beautifully. (Whistling) Her father the king said, "Who will marry a whistling princess?" Her mother the queen said, "Who will marry a whistling princess?"

But the king had an idea. He announced a Swayamvara. He invited all the princes to come and defeat his daughter at whistling. "Whoever defeats my daughter shall have half my kingdom and her hand in marriage!" Soon the palace filled with princes whistling. (Whistling) Some whistled badly. Some whistled well. But nobody could defeat the princess.

"Now what shall we do?" said the king. "Now what shall we do?" said the queen. But the princess said, "Father, Mother, don't worry. I have an idea. I am going to go to each of these young men and I am going to ask them if they defeated correctly. And if somebody answers, that shall be my wish."

So she went up to each and said, "Do you accept that I have defeated you?" And they said, "Me? Defeated by a woman? No way, that's impossible! No no no no no! That's not possible." Till finally one prince said, "Princess, I accept, you have defeated me." "Uh-huh ..." she said. "Father, mother, this man shall be my wife." (Whistling)

Thank you. (Applause)

One day/ a one-eyed monkey came into the forest.//

ある日、片目の猿が森へやって来ました

Under a tree/ she saw a woman/ meditating furiously.//

木の下で必死にめい想をしている 女性を見つけました

The one-eyed monkey recognized the woman,/ a Sekhri.//

片目の猿はその女性がセクリだと分かりました

She was the wife of an even more famous Brahmin.//

彼女はさらに有名なブラーマンの妻でした

To watch her better,/ the one-eyed monkey climbed onto the tree.//

彼女が良く見ようと、片目の猿は木に登りました

Just then,/ with a loud bang,/ the heavens opened.// (Claps)/ And the god/ Indra jumped into the clearing.//

すると、大きな音がして 天が裂けたのです(タン!) インドラ神は空き地に飛び込みました

Indra saw the woman,/ a Sekhri.//

インドラはセクリを見ました

Ah-hah.//

ははあ

The woman paid him/ no heed.//

セクリは彼を気にも留めません

So,/ Indra,/ attracted,/ threw her/ onto the floor,/ and proceeded to rape/ her.//

インドラは彼女を引き寄せ、床に投げ倒し レイプしたのです

Then Indra disappeared.// (Clap!// Clap!//) And the woman's husband,/ the Brahmin,/ appeared.//

インドラは姿を消しました(タン!タン!) 彼女の夫、ブラーマンが現れました

He realized at once/ what had happened.//

彼はすぐに事態を認識しました

So,/ he petitioned the higher gods/ so that he may have justice.//

より崇高な神に申し立て 当然の報いを彼に与えるように願ったのです

So,/ the god Vishnu arrived.//

ビシュヌ神がやってきました

"Are there any witnesses?"//

「証人はいるのか?」

"Just a one-eyed monkey,/"/ said the Brahmin.//

「片目の猿だけです」とブラーマンが言いました

Now,/ the one-eyed monkey really wanted for the woman,/ a Sekhri,/ to get justice,/ so she retold events exactly/ as they had happened.//

その片目の猿は どうしてもセクリの正当性を訴えたかったので 何が起こったかを正確に説明しました

Vishnu gave his judgment.//

ビシュヌ神は判決を下しました

"The god/ Indra has sinned,/ in that he has sinned against ...// a Brahmin.//

「インドラ神は罪を犯したのだ ブラーマンに対して罪を犯したのであるから

May/ he be called to wash away/ his sins."//

彼は罪を洗い流すことを求められる」

So,/ Indra arrived,/ and performed the sacrifice of the horse.//

インドラがやって来て 馬を生け贄にしました

And so/ it transpired/ that a horse was killed,/ a god was made sin-free,/ a Brahmin's ego was appeased,/ a woman ...// was ruined,/ and a one-eyed monkey was left ...//

そのため 馬が殺されました 神は、罪悪感のないブラーマンのエゴが 満たされたことに怒りました 彼女の心は傷つけられ 片目の猿は...私たち人間が言う

very confused/ at what we humans call justice.//

正義についてとても困惑しました

In India/ there is a rape/ every three minutes.//

インドでは3分に一度レイプが起こっています

In India,/ only 25 percent of rapes come to a police station,/ and of these 25 percent/ that come to a police station,/ convictions are only in four percent of the cases.//

インドで警察に被害届があるレイプは 全体のたった25パーセント 警察に被害届があった25パーセントのうち 有罪になるケースは4パーセントだけです

That's a lot of women/ who don't get justice.//

当然の報いを得られない女性がたくさんいます

And it's not only/ about women.//

女性に限ったことではありません

Look/ around you,/ look at your own countries.//

まわりを見渡して下さい、あなたの国はどうでしょう

There is a certain pattern/ in who gets charged with crimes.//

罪に問われる人たちには、一定のパターンがあります

If you're in Australia,/ it's mostly aboriginals/ who are in jail.//

オーストラリアで刑務所に拘留されている人たちは殆どが先住民です

If you're in India,/ it's either Muslims or Adivasis,/ our tribals,/ the Naxalites.//

インドではイスラム教徒かインド先住民 または私たちの部族であるナクサルです

If you're in the U.S.//,/ it's mostly/ the blacks.//

アメリカでは殆どが黒人です

There is a trend here.//

こういった傾向があります

And the Brahmins and the gods,/ like in my story,/ always get to tell/ their truth/ as The Truth.//

私の話の中では、ブラーマンと神々は 常に彼らの真実を「真実」として語るのです

So,/ have we/ all become one-eyed --/ two-eyed/ instead of one-eyed --/ monkeys?//

私たちはみんな片目の猿 または片目ではなく両目の猿になったのでしょうか?

Have we stopped seeing/ injustice?//

私たちは不正行為の認識をやめたのでしょうか?

おはようございます

(Applause)/ You know,/ I have told this story close/ to 550 times,/ in audiences/ in 40 countries,/ to school students,/ to black-tie dinners/ at the Smithsonian,/ and so/ on and so forth,/ and every time/ it hits something.//

(拍手) 皆さん、私はこれまでにこの物語を 550回近くも 40か国の聴衆の前で話してきました 学生たち、スミソニアンでの準礼装のディナーなど 何らかの状況に合うたびにお話しました

Now,/ if I were to go/ into the same crowd/ and say,/ "I want to lecture/ you/ about justice and injustice,/"/ they would say,/ "Thank you very much,/ we have other things/ to do."//

もし、私が同じ集団に 「正義と不正について皆さんに講義したい」などと言ったら 彼らは「ありがとう。でも、他にやることがあるから」と言うでしょう

And that is the astonishing power of art.//

これが芸術の驚くべきパワーです

Art can go through where other things can't.//

芸術でこそ出来ることがあるのです

You can't have barriers,/ because it breaks through your prejudices,/ breaks/ through everything/ that you have as your mask,/ that says,/ "I am this,/ I am/ that,/ I am that."//

先入観を打ち破り、バリアを張ることはできません あなたを覆い隠しているー 「私はこれ、私はそれ、私はそれ」という仮面

No.// It breaks through those.//

それらをすべて打ち破ります

And it reaches somewhere/ where other things don't.//

他では辿り着けないような所に行き着きます

And in a world/ where attitudes are so difficult/ to change,/ we need a language/ that reaches through.//

考え方を変えるのが難しい世界では 人の心を動かす伝達手段が必要です

Hitler knew it;/ he used Wagner/ to make all the Nazis feel wonderful and Aryan.//

ヒトラーはそれを理解していました ワグナーの音楽で、ナチスとアーリア人の気を立てました

And/ Mr.// Berlusconi knows it,/ as he sits atop this huge empire of media and television/ and so/ on and so forth.//

ベルルスコーニ氏も理解して メディアとテレビの巨大帝国の頂点に立ったんです

And all of the wonderful creative minds/ who are in all the advertising agencies,/ and who help corporate sell/ us things we absolutely don't require,/ they also know the power of the arts.//

広告代理店の素晴らしい創造的精神 まったく必要ないものを私達に売る人達 彼らも芸術のパワーを理解しています

For me/ it came very early.//

私は、早い時期にそれを知っていました

When I was a young child,/ my mother,/ who was a choreographer,/ came upon a phenomenon/ that worried her.//

私が子供の頃、振付師だった私の母は とても辛い出来事に遭遇しました

It was a phenomenon/ where young brides were committing suicide/ in rural Gujarat,/ because they were being forced to bring/ more and more money/ for their in-laws/' families.//

それは若い花嫁達がグジャラートの田舎町で 自殺している話でした 彼女達は親戚の家族にお金を渡すよう強制されていたのです

And she created a dance piece/ which then/ Prime Minister Nehru saw.//

私の母はダンス作品を作り、その後ネール首相がその作品を観ました

He came to talk to her/ and said,/ "What is this about?"//

彼は母のところにやって来て「これは何の話だ?」と聞きました

She told him and he set out/ the first inquiry/ into what today/ we call Dowry Dance.//

母は彼に説明し、彼は現在「ダウリーダンス」と呼ばれているー ダンスについて初めての調査を始めました

Imagine/ a dance piece/ for the first inquiry/ into something/ that even/ today kills thousands of women.//

想像して下さい 今日でも数千人の女性が命を絶つ その調査のきっかけになったダンス作品を

Many years later,/ when I was working with the director Peter Brook/ in "The Mahabharata"/ playing this feisty feminine feminist called Draupadi,/ I had similar experiences.//

何年も経って、私がピーター・ブルック監督の作品 「マハーバーラタ」でドローピディという女性フェミニストを 演じた時、同じような体験をしました

Big fat black mamas/ in the Bronx used to come and say,/ "Hey girl,/ that's it!"//

ブロンクスの太った黒人のお母さんが やってきて「その通りだわ!」と言いました

And then/ these trendy young things/ in the Sorbonne would say,/ "Madame Draupadi,/ on n'est pas feministe,/ mais ca?// Ca!"//

その後、ソルボンヌのお洒落な若者達が言っていました 「ドローピディ夫人、私たちはフェミニストではないけど、すごい!」と

And then/ aboriginal women/ in Africa would come and say,/ "This is it!"//

アフリカの先住民の女性達は 「まさにこれだわ」と言いました

And I thought,/ "This is/ what we need,/ as a language."//

これこそ私達が伝達手段として 必要だと思いました

We had somebody/ from public health.// And Devdutt also mentioned public health.//

公衆衛生の方に来てもらいました。デュデットも公衆衛生について話しました

Well,/ millions of people/ around the world die of waterborne disease/ every year.//

世界中で何百万もの人々が 水の感染症によって毎年死んでいます

And that's/ because there is no clean water/ to drink,/ or in countries/ like India,/ people don't know/ that they need to soap/ their hands/ before defecation.//

それはきれいな飲み水がないからです インドのような国では 人々は排便の前に石鹸を使うを知らないのです

So,/ what do they do?//

彼らはどうしているのでしょうか?

They drink the water/ they know is dirty,/ they get cholera,/ they get diarrhea,/ they get jaundice/ and they die.//

汚いと分かっていながら水を飲んでいるのです コレラに感染し、下痢をし、黄疸を発症し 命を落とします

And governments have not been able to provide clean water.//

政府はきれいな水を提供できていません

They try and build it.// They try and build pipelines;/ it doesn't happen.//

パイプラインを建設しようとするのですが、実現しません

And the MNCs give them/ machines/ that they can not afford.//

多国籍企業が機械を提供しますが、それを購入する余裕がありません

So/ what do you do?// Do you let them die?//

彼らを死なせるのでしょうか?

Well,/ somebody had a great idea.//

素晴らしいアイデアがあったのです

And it was a simple idea.// It was an idea/ that could not profit anybody/ but would help health/ in every field.//

単純なアイデアです。誰も得することはないのですが あらゆる分野の衛生に役に立つアイデアでした

Most houses/ in Asia and India have a cotton garment.//

アジアとインドのほとんどの家には 綿の衣類があります

And it was discovered,/ and WHO endorses this,/ that a clean cotton garment folded eight times/ over,/ can reduce bacteria/ up to 80 percent/ from water sieved through.//

WHOが承認する方法が見つかったのです 8回折り畳んだ清潔な綿の衣類を使って 水を通すと、バクテリアを80%まで減らすことができるのです

So,/ why aren't governments blaring this/ on television?//

なぜ政府はこれをテレビで宣伝しないのでしょう?

Why isn't it on every poster/ across the third world?//

なぜなぜ第三世界各地でポスターになっていないのでしょう?

Because there is no profit/ in it.//

利益がないからです

Because nobody can get a kickback.//

誰も見返りを得ることができないからです

But it still needs to get to people.//

でも人々にとっては必要なものです

And here is one of the ways/ we get it/ to people.//

そこで1つの方法があります

[ Video ] Woman:/ Then get me/ one of those fancy water purifiers.//

[ビデオ]女性: ねぇ、豪華な浄水器を買ってよ

Man:/ You know how expensive/ those are.//

男性: 浄水器がどのぐらい高価なのか知っているのか?

機械、木や調理用ガスも必要としない 解決策があるんだぞ

Woman:/ What solution?//

女性: どんな解決策?

Man:/ Listen,/ go fetch/ that cotton sari/ you have.//

男性: 君の綿のサリーを持ってきなさい

Boy:/ Grand-dad,/ tell me/ the solution please.//

男の子: おじいちゃん、解決策を教えてよ

Man:/ I will tell all of you.// Just wait.//

男性: 教えるから、ちょっと待て

Woman:/ Here/ father.// (Man:/ Is it clean?//)/ Woman:/ Yes, of course.//

女性: どうぞ、お父さん (男性: これは清潔か?) 女性: ええ、もちろん

Man:/ Then do/ as I tell you.// Fold/ the sari/ into eight folds.//

男性: 私が言うとおりにしなさい。サリーを8つに折り畳むのだ

Woman:/ All right,/ father.//

女性: はい、お父さん

Man:/ And you,/ you count/ that she does it right.// (Boy:/ All right, grand-dad.//)//

男性: 彼女がやるから数えて (男の子: いいよ、おじいちゃん)

Man:/ One,two,three,four folds/ we make.//

男性: 1、2、3、4つ折

All the germs/ from the water/ we take.//

水から細菌をすべて取り除く

Chorus:/ One,two,three,four folds/ we make.//

コーラス: 1、2、3、4つ折♪

All the germs/ from the water/ we take.//

水から細菌をすべて取り除く♪

Five,six,seven,eight folds/ we make.//

5、6、7、8つ折♪

Our drinking water safe/ we make.//

飲み水を安全に♪

Five,six,seven,eight folds/ we make.//

5、6、7、8つ折♪

Our drinking water safe/ we make.//

飲み水を安全に♪

Woman:/ Here,/ father,/ your eight-times folded cotton sari.//

女性: ほら、お父さん。8つ折の綿のサリーができたわ

Man:/ So this is the cotton sari.//

男性: これが綿のサリーだ

And through this we will have clean water.//

これで、きれいな水を作るんだ

(拍手)

I think/ it's safe/ to say/ that all of us here are deeply concerned/ about the escalating violence/ in our daily lives.//

日常生活でエスカレートする暴力について ひどく心配していると言って間違いないと思います

While universities are trying to devise/ courses/ in conflict resolution,/ and governments are trying to stop/ skirmishes/ at borders,/ we are surrounded by violence,/ whether it's road rage,/ or/ whether it's domestic violence,/ whether it's a teacher/ beating up/ a student/ and killing her/ because she hasn't done her homework,/ it's everywhere.//

大学が紛争解決の講座を創設しようとしている一方 政府は国境での小競り合いを止めさせようとしています 私達は暴力に取り囲まれています。交通渋滞でのイライラ 家庭内暴力 宿題をやらない生徒に先生が暴力を振るって生徒を殺したり 暴力はどこにでもあります

So,/ why are we not doing something/ to actually attend that problem/ on a day/ to day basis?//

なぜその問題に関心を向けるようなことを 日常的にしていないのか?

What are we/ doing to try and make children/ and young people realize/ that violence is something/ that we indulge in,/ that we can stop,/ and/ that there are other ways of actually/ taking violence,/ taking anger,/ taking frustrations/ into different things/ that do not harm other people.//

私達は、子供達や 若者達が 暴力は何かに溺れること 私達が止めることができること そして暴力、怒り、欲求不満を 他人を傷つけない別のものに導く方法が 他にあると教える為に何をしているのでしょうか

Well,/ here is one such way.//

そういった方法についてお話しましょう

(Video) (Laughs)/ You are peaceful people.//

(ビデオ) (笑い) 皆さんは平和を愛する人々です

Your parents were peaceful people.//

皆さんの両親は平和を愛する人々です

Your grandparents were peaceful people.//

皆さんの祖父母は平和を愛する人々です

So much peace/ in one place?//

1つの場所に平和がたくさんありますか?

How could it be otherwise?//

そうでなければなぜなのでしょう?

(Music)//

(音楽)

But,/ what if ...//

でも、もし...

Yes.// What if ...//

ええ、もし...

One little gene/ in you has been trying to get/ through?//

あなたの中の小さな遺伝子が 生き抜こうとしていたらどうしますか?

From your beginnings/ in Africa,/ through each generation,/ may be passed on to you,/ in your creation.// It's a secret urge,/ hiding deep/ in you.//

アフリカでの起源から 各世代を通り抜け、あなたに受け継がれるのかも それは、心の奥深くに隠れている本能です

And/ if it's in you,/ then/ it's in me too.// Oh,/ dear.//

あなたの中にあれば、私の中にもあります

It's/ what made you smack your baby brother,/ stamp on a cockroach,/ scratch your mother.//

弟のお尻をピシャリと打ったり ゴキブリを踏み潰したり、お母さんを引っかいたり

It's the feeling/ that wells up/ from deep inside,/ when your husband comes home drunk/ and you wanna tan his hide.//

心の奥底から込み上げる感覚 夫が酔っ払って帰って来て、懲らしめたくなった時

Want to kill that cyclist/ on the way to work,/ and string up/ your cousin/ 'cause she's such a jerk.// Oh,/ dear.//

通勤途中に自転車に乗っている人を殺したくなる時 いとこは本当に嫌なやつだから絞首刑にしたいと思う時

And/ as for outsiders,/ white, black or brown, tar/ and feather them,/ and whip them/ out of town.//

外国人の白人、黒人、褐色人を 厳しく非難し、町から追い払う時

It's/ that little gene.// It's small/ and it's mean.//

それが小さな遺伝子。小さくてささいなこと

Too small/ for detection,/ it's your built-in protection.//

見つけるには小さすぎる。生まれつき備わった身を守るもの

Adrenaline,/ kill.// It'll give you/ the will.//

アドレナリン、殺しは、あなたに意志を与える

Yes, you'd better face/ it 'cause you can't displace it.//

置き換えれないので、立ち向かったほうがいい

You're V-I-O-L-E-N-T.//

あなたは「ぼうりょくてき」

Cause/ you're either a victim, or/ on top,/ like me.//

犠牲者になるか、私のような第一人者になる

Goodbye,/ Abraham Lincoln.//

さようなら、エイブラハム・リンカーン

Goodbye,/ Mahatma Gandhi.//

さようなら、マハトマ・ガンジー

Goodbye,/ Martin Luther King.//

さようなら、マーティン・ルーサー・キング

Hello,/ gangs/ from this neighborhood killing gangs/ from that neighborhood.//

こんにちは、この地区のギャング達 あの地区のギャング達を殺してるギャング達

Hello governments of rich countries/ selling arms/ to governments of poor countries/ who can't even afford to give/ them/ food.//

こんにちは、裕福な国の政府達 食料を提供できないほど貧しい国々のー 政府に武器を売っている政府達

Hello civilization.// Hello,/ 21st century.//

こんにちは、文明。こんにちは、21世紀

Look/ what we've ...//

私達がやってきたことを見て

look/ what they've done.//

彼らがやってきたことを見て

(拍手)

Mainstream art,/ cinema,/ has been used across the world/ to talk about social issues.//

主流芸術である映画は 社会問題を語るときに、世界中で利用されています

A few years ago/ we had/ a film called Rang De Basanti,/ which suddenly spawned thousands of young people/ wanting to volunteer/ for social change.//

数年前「Rang De Basanti」という映画が公開されました この映画で、何千人もの若者達が突然 社会改革のボランティア活動を志願しました

In Venezuela,/one of the most popular soap operas has/ a heroine called Crystal.//

ベネズエラでは、最も人気のあるメロドラマに クリスタルというヒロインが出演していました

And/ when,/ onscreen,/ Crystal got breast cancer,/75,000 more young women went to have/ mammographies done.//

ドラマでクリスタルが乳癌になった時 7万5千人以上の若い女性達が乳房X線撮影を受けに行きました

And of course,/ "The Vagina Monologues"/ we know about.//

もちろん「ヴァギナ・モノローグス」についてはご存知ですね

And there are stand-up comics/ who are talking about racial issues,/ about ethnic issues.//

人種問題や民族問題について 語っているコメディアンもいます

So,/ why is it,/ that if we think/ that we/ all agree/ that we need a better world,/ we need a more just world,/ why is it/ that we are not using the one language/ that has consistently showed us/ that we can break down/ barriers,/ that we can reach people?//

なぜでしょう つまり、より良い世界が必要だと みんなの意見が一致していると考えるなら より公正な社会が必要です 障壁を取り除き、人の心に届くということを 私達に絶えず教えてくれている 言語を使わないのはなぜなのでしょう?

What I need to say/ to the planners of the world,/ the governments,/ the strategists is,/ "You have treated the arts/ as the cherry/ on the cake.//

世界の計画者、政府、戦略家に 私が言いたいことは 「芸術はおまけのような扱いを受けてきましたが

It needs to be the yeast."//

イースト菌であることが必要だ」ということです

Because,/ any future planning,/ if 2048 is/ when we want to get there,/ unless the arts are put with the scientists,/ with the economists,/ with all those/ who prepare for the future,/ badly,/ we're not going to get there.//

なぜなら、将来の計画は 目標に達するのが2048年だとすれば 芸術を科学者や 経済学者や 将来の準備を進めるすべての人達と同等に考えない限り 私達は目的を達成できないでしょう

And/ unless this is actually internalized,/ it won't happen.//

これが実際に理解されなければ、成り立ちません

So,/ what is it/ that we require?// What is it/ that we need?//

私達が求めるもの、必要とするものは何でしょうか?

We need to break down/ our vision of what planners are,/ of what the correct way of a path is.//

計画者とは 正しい生き方とは といった構想を打ち破る必要があります

And to say all these years of trying to make a better world,/ and we have failed.//

そのため、ここ数年 より良い世界を作ろうとしましたが、失敗しました

There are more people/ being raped.// There are more wars.//

レイプの被害者は増えています。戦争も増えています

There are more people/ dying of simple things.//

単純なことで死んでいく人々も増えています

So,/ something has got to give.// And that is/ what I want.//

何かが変わらなければいけません。そしてそれは私が望むことです

Can I have my last audio track please?//

最後の音楽をお願いします

Once/ there was a princess/ who whistled beautifully.//

昔、口笛の上手なお姫様がいました

(Whistling)/ Her father/ the king said,/ "Don't whistle."//

(口笛) 父である国王は「口笛を吹くな」と言いました

Her mother/ the queen said,/ "Hai,/ don't whistle."//

母である女王は「口笛はやめなさい」と言いました

お姫様は止めません

(口笛)

The years went by and the princess grew up/ into a beautiful young woman,/ who whistled even more beautifully.//

何年か経って、お姫様は成長し 若くて美しい女性になりました 口笛ももっと見事に吹くようになりました

(Whistling)/ Her father/ the king said,/ "Who will marry a whistling princess?"//

(口笛) 父である国王は「誰が口笛を吹く姫と結婚するのだ?」と言いました

Her mother/ the queen said,/ "Who will marry a whistling princess?"//

母である女王は「誰が口笛を吹く姫と結婚するのでしょう?」と言いました

But the king had an idea.//

けれども国王には考えがありました

He announced a Swayamvara.//

国王はソヴァヤムヴァラを開催すると発表しました

He invited all the princes/ to come and defeat his daughter/ at whistling.//

すべての王子を招待して、娘より口笛が上手な王子を探すことにしました

"Whoever defeats my daughter shall have half my kingdom and her hand in marriage!"//

「私の娘に勝った者には、王国の半分を譲り渡し 娘と結婚させよう!」

Soon/ the palace filled with princes whistling.//

間もなく、宮殿は口笛を吹く王子達で埋め尽くされました

(口笛) 口笛が下手な王子もいました

Some whistled well.//

口笛が上手な王子もいました

But nobody could defeat the princess.//

けれども、お姫様に勝てる者はいませんでした

"Now/ what shall we do?"// said the king.//

「さて、どうしたらいいのだ?」と国王は言いました

"Now/ what shall we do?"// said the queen.//

「さて、どうしたらいいのでしょう?」と女王は言いました

But the princess said,/ "Father,/ Mother,/ don't worry.//

そのとき、お姫様が言いました。「お父様、お母様、心配しないで

I have an idea.// I am going to go/ to each of these young men/ and I am going to ask/ them/ if they defeated correctly.//

いい考えがあるの。王子らの所に行って 自分が負けたかどうか ひとりずつ聞いてみます

And/ if somebody answers,/ that shall be my wish."//

誰かが負けを認めたら、それが私の望むものでしょう」

So she went up/ to each/ and said,/ "Do you accept/ that I have defeated you?"//

お姫様はそれぞれの王子の所へ行き「私が勝ったことを認めますか?」

And they said,/ "Me?// Defeated by a woman?//

すると、「私が?女性に負けた?

No way,/ that's impossible!// No no no no no!// That's not possible."//

まさか!いいえ!無理!絶対無理です」と言います

Till/ finally one prince said,/ "Princess,/ I accept,/ you have defeated me."//

ついに、ある王子が言いました 「お姫様、私が負けたことを認めます」と

"Uh-huh ..."// she said.//

「あら...」

"Father,/ mother,/ this man shall be my wife."//

「お父様、お母様、私の夫になるのはこの人です」とお姫様は言いました

(口笛)

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

one-eyed

片目の

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

meditate

(…を)『慎重に考える』,熱考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(特に宗教的な意味で)瞑想(めいそう)する

…‘を'『もくろむ』,企てる

furiously

怒り狂って,激怒して

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

Brahmin

=Brahman

〈C〉《米》教養人(特にNew Englandの保守的で誇り高い上流人をいう)

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

heaven

〈C〉《通例複数形で》『天』,『空』

〈U〉(神・天使などが住む)天国,極楽

〈U〉《H-》『神』(God)

〈C〉〈U〉《話》天国のような場所;非常な幸せ

clap

(短く鋭い)ピシャリ(パチン,バタン,ガタン)という音

《単数形で》平手打ち

〈手〉'を'『パチン』(『パチパチ』)『とたたく』

…'を'ピシャリ(パチン)とたたく(打ちつける)

(激励・あいさつとして)〈人〉'を'ポンとたたく

(ある方向・状態に)…'を'急に動かす,さっと送る

(…に)手をたたく《+『for』+『名』》

ピシャン(パチン,バタン)と音を立てる

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

clearing

(森の一部を伐採して作った)開墾地,小さなあき地

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

heed

〈警告・忠告など〉‘に'注意する,気を付ける

注意する

注意,留意

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

proceed

『取りかかる』,始める

(一度やめてまた)(…を)『続ける』,続行する《+『with』+『名』》

(一度止まってまた)(…へ)進む,前進する《+『to』+『名』》

〈事が〉進行する

rape

〈婦女〉‘を'暴行する,強姦(ごうかん)する

婦女暴行,強姦

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

petition

(正式の)『請願書』,陳情書

『請願』,陳情

…‘に'『請願する』,陳情する

(…を)『請願する』,陳情する《+『for』+『名』》

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

retold

原作を平易に(短く)書き直した

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

sin

〈U〉(宗教・道徳上の)『罪』

〈C〉(宗教・道徳上の)『罪の行為』,罪悪

〈C〉《特におどけて》違反(過失)の行為

(宗教・道徳上の)おきてを破る,罪を犯す

(…に)違反(過失)をする,背く《+『against』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

sacrifice

〈U〉〈C〉(神に…の)『いけにえをささげること』;〈C〉(神への…の)『いけにえ』《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・国家・目的などのために…を)『犠牲にすること』《+『of』+『名』+『for』(『to』)+『名』》,(…のための)犠牲的行為;〈C〉(…のために)犠牲にされるもの《+『for』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉投げ売り[値段];見切品

〈C〉(野球の)犠牲バント,犠打

(神に)〈人・動物など〉‘を'『いけにえにする』《+『名』+『to』+『名』》

(…のために)…‘を'『犠牲にする』《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《話》‘を'投げ売りする

(野球で)〈走者〉‘を'犠打で進める

(神に)いけにえをささげる《+『to』+『名』》

(野球で)犠打を打つ

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

transpire

《話》起こる,生ずる(happen)

〈秘密などが〉もれる,知れる

〈水分・老廃物などが〉出る,排出される

〈水分や老廃物など〉‘を'出す,発散する

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

appease

(特に相手の要求に応じて)〈人・怒りなど〉'を'静める,なだめる,和らげる

〈欲望など〉'を'満たす

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

police station

警察署

conviction

〈U〉〈C〉『確信』,自信

〈U〉《文》説得力,確信を抱かせること

〈U〉有罪宣告;〈C〉有罪判決

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

women

woman の複数形

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

aboriginal

土着の,もとからある

原住民

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

tribal

部族の;部族的な

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

instead

『その代りとして』,それよりも

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

good morning

『おはよう』,こんにちは

《古》さようなら(午前中に別れるとき)

applause

『拍手かっさい』;称賛

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

astonishing

『驚くべき』,びっくりするような

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

ca

circa

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

prejudice

〈U〉〈C〉(…に対する不当な)『先入観』,『偏見』《+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に好意的な)先入観,えこひいき《+『in favor of』+『名』》

〈U〉不利益,損害

(…に対して)…‘に'(不当な)『先入観』(『偏見』)『を抱かせる』《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に対して)…‘に'(好意的な)先入観を抱かせる《+『名』+『in favor of』+『名』,+『名』+『in』 one's 『favor』》

〈立場,見込みなど〉‘を'損なう,だいなしにする

mask

(顔の一部または全部をおおう)『仮面』,覆面

(防護用の)『マスク』,面

(石膏(せっこう)などの)面型

(物・事柄を)覆い隠すもの;見せかけ

〈顔〉‘に'面をかぶせる

(…から)〈物・事柄など〉‘を'隠す《+『名』+『from』+『名』》

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

Hitler

ヒトラー(『Adolf Hitler』;1889‐1945;ドイツ国家社会党(the Nazis)の党首)

Wagner

ワグナー(Richard Wagner:1313‐83;ドイツの作曲家)

Nazi

〈C〉(ドイツの)ナチ党員;《the Nazis》ナチ党(Hitlerが創設したドイツの国家社会主義政党)

ナチ党の

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

Aryan

アーリア人の;アーリア語族の

アーリア人(印欧語を話した先史時代の民族の一員)

アーリア語族(インドヨーロッパ語族の古称)

(ナチス用語で)非ユダヤ系のコーカソイド人

atop

…の上に

(…の)上に,頂上に《+『of』+『名』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

empire

〈C〉『帝国』

〈U〉帝権,絶対支配力

〈C〉(強大な社会・経済組織としての)…帝国

《『‐』》ナポレオンの帝政期(1804‐15)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

creative

『創造力のある』

『独創的な』

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

choreographer

(バレエ・ダンスなどの)振付け師

upon

『…の上に』

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

bride

花嫁,新婦

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

in-law

姻戚(いんせき)(結婚によってできる親戚)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

Nehru

ネール(『Jawaharlal~』;1889‐1964;インド共和国の初代首相1947‐64)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

inquiry

(…についての)『質問』,問い合わせ《+『about』+『名』》

(…の)『調査』,研究《+『into』(『about, on』)+『名』》

dowry

(花嫁の)持参金

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

Peter

ペテロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;聖ペテロ(キリストの12使徒のひとり))

(新約聖書の)ペテロの手紙

brook

…'を'がまんする,忍ぶ,‘に'耐える

feisty

短気な,おこりっぽい

feminine

『女性の』,女の

『女らしい』,女性特有の(womanly)

(男が)めめしい(womanish)

(文法で)女性の

feminist

博女同権主義者,女性解放論者

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

mama

=mamma

Bronx

ブロンクス(New York市5区中の北部の区)

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

trendy

流行の,はやりの,いきな

流行を追う人

madame

〈U〉《M-》…夫人

〈C〉既婚のフランス婦人

pas

(バレエのステップの)踏み足

優先権

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

waterborne

水上に浮かぶ

水上輸送の

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

soap

『石けん』

=soap opera

…‘を'石けんで洗う

defecation

脱糞,排便

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

cholera

コレラ

jaundice

黄疸(おうだん)

ひがみ,ねたみ,偏見

〈人〉‘に'偏見をもたせる;〈見解など〉‘を'ゆがめる

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

pipeline

(石油・ガスなどの)輪送パイプ

《米》情報ルート

〈石油など〉‘を'パイプラインで運ぶ

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

Asia

『アジア』

cotton

『綿』,綿花

綿の木(cotton plant)

『綿布』,もめん

綿糸,もめん糸

綿製の

garment

(dressやcoatなど)衣服[のうちの一品]

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

endorse

〈小切手・手形・証書など〉‘に'裏書きをする

〈意見・提案など〉‘を'支持する,是認する,保証する

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

bacteria

『バクテリア』,細菌

sieve

(目の細かい)ふるい,ざる

…‘を'ふるう,ふるいにかける(sift)

…‘を'ふるい分ける

blare

〈ラッパなど〉'を'鳴り響かせる;…'を'大声で告げ知らせる《+『out』+『名』+『名』+『out』》

大きくやかましく鳴り響く

(らっぱ・角笛などの)耳ざわりな響き

poster

ポスター,びら

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

kickback

強い反動

ぴんはね;リベート

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

expensive

『費用のかかる』,高価な

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

cooking

料理;料理法

料理用の

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

fetch

(行って)〈物〉‘を'『取って来る』;〈人〉‘を'連れて来る

〈返事・笑い・涙など〉‘を'引き出す;〈観客など〉‘を'引きつける

《話》〈商品が〉〈ある値〉‘で'売れる

〈ため測・うめき声など〉‘を'漏らす,出す

(品物を)行って用る;〈猟犬が〉獲物を取って来る

sari

サリー(インド婦人のつける巻き布の衣服)

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

germ

細菌,ばい菌

(植物の)胚(はい),幼芽;(動物の)卵子

原因;(発達の)初期

chorus

《集合的に》『合唱団』

合唱曲

《集合的に》オペラ・ミュージカルのコーラス団(助演の歌手と踊り手の一団)

(歌の各連に続く)合唱節,リフレイン

声をそろえて言うこと

…'を'合唱する

…'を'声をそろえて言う

drinking

飲むこと

(特に過度の)飲酒

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

concerned

《通例名詞の後に用いて》関係のある,かかわりのある

心配そうな,気づかっている

escalate

…‘を'段階的に増す(強める,拡大する)

段階的に増す(強まる,拡大する)

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

lives

lifeの複数形

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

skirmish

小衝突,小ぜり合い

小論争,いざこざ

(…と)小ぜり合い(小論争)をする《+『with』+『名』》

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

rage

〈U〉〈C〉『激怒』,憤激

〈U〉〈C〉《おもに文》(風・波などの)『猛威』,激しさ《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情・欲望などの)激しさ,強烈さ《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)熱望,熱情《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《話》(一時的に)『大流行しているもの』

(…に)『激怒する』,憤激する《+『against』(『about,at,over』)+『名』(do『ing』)》

〈風・波などが〉『荒れ狂う』,猛威をふるう

domestic

『家庭の』,家庭生活の,家事の

『家庭的な』,家事の好きな

(動物などが)『人に飼われている』,飼いならされた

『国内の』,自国の

国産の

(通例女性の)召使い,お手伝い

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

homework

(生徒の)『宿題』,学庭学習

(教師の)授業準備,講義の下調べ

自宅でする仕事;内職

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

attend

…‘に'『出席する』,参列する,〈学校など〉‘に'通う

〈人〉‘の'『世話をする』,看護をする,‘に'仕える,付き添う

《文》(結果として)〈物事が〉…‘に'伴う,付随する(accompany)

(…に)『注意する』,気をつける,(…を)傾聴する《+『to』+『名』》

(仕事に)励む,専心する《+『to』+『名』》

(…の)面倒をみる,世話をする《+『to』+『名』》

(…に)出席する,参列する《+『at』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

indulge

〈欲望など〉‘を'『満足させる』;〈人〉‘の'思いのままにさせる

〈子供など〉‘を'甘やかす

(欲望などを)『満足させる』,(…を)思いのままにする《+『in』+『名』(do『ing』)》

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

frustration

〈U〉(努力・計画などの)失敗,ざ折,落胆,失意;〈C〉(具体的な事柄の)失敗,ざ折

〈U〉(心理学で)欲求不満,フラストレーション

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

peaceful

『平和な』,平和的な,平和を好む

『穏やかな』,静かな

grandparent

祖父母;その一方

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

gene

遺伝子

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

smack

(…の)味,風味《+『of』+『名』》

(…)らしいところ《+『of』+『名』(do『ing』)》

《『smack of』+『名』》(…の)味(香り)がする;(…の)気味がある

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

stamp

〈地面・床など〉‘を'『踏みつける』;〈足〉‘を'踏み鳴らす;…‘を'踏みにじる,踏みつぶす

…‘に'『印』(『判』)『を押す』;(印などを)…‘に'押す《+『名』+『with』+『名』〈印〉》;(…に)〈印など〉‘を'押す《+『名』〈印〉+『on』+『名』》

《しばしば受動態で》(印象などを)〈心など〉に刻みつける《+『名』+『with』+『名』〈印象〉》;(心などに)〈印象など〉‘を'刻みつける《+『名』〈印象〉+『on』(『in』)+『名』》

…‘に'切手(印紙)をはる

(…であると)〈事が〉〈人〉‘を'はっきり示す《+『名』〈人〉+『as』+『名』(『形』)〈補〉》

…‘を'押しつぶす,粉砕する;…‘を'粉々にして(…に)する《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

踏みつける,足を踏み鳴らす;足を踏み鳴らして歩く

〈C〉『切手』(postage stamp),[収入]印紙,証紙

〈C〉『判』,印章;押し型,抜き型

〈C〉(判・押し型などで押した)印,スタンプ,消し印,検印

〈U〉特質,特徴,印

〈U〉種類,型

〈C〉足踏み,踏みつけること,じだんだ

cockroach

ゴキブリ

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

drunk

drinkの過去分詞

酒に酔って,酔っぱらって

(感動・喜びなどに)酔いしれて,夢中になって《+『with』+『名』》

酔っぱらい

tan

〈皮〉‘を'『なめす』(生皮を皮革に変えること)

〈皮膚〉‘を'『日焼けさせる』

《話》…‘を'ひっぱたく

日焼けする

〈U〉黄褐色

〈C〉日焼けした色

〈U〉タンニン(tannin)

褐色の

cyclist

自転車(三輪車,オートバイ)に乗る人

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

cousin

『いとこ』

『親類』,縁者

(性質などが)よく似たもの,兄弟分

jerk

(急に)『ぐいっと引っぱる』(『押す』,『ねじる』,『投げる』)『こと』

(筋肉の)反射運動;けいれん

《米俗》うぶな人;まぬけ

(重量挙げの)ジャーク

《運動を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『急に引っぱる』(『押す』,『ねじる』,『投げる』)

…‘を'ぶっきらぼうに(投げ出すように)言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

『急に』(『ぐいっと』)『動く』

outsider

局外者,第三者

(競馬などで)勝ちめのない馬(騎手)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

tar

タール(石炭・木材を乾留するとできる黒い溶液で,coal tarはこの一種)

…‘に'タールを塗る

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

whip

『むち』;《比喩的に》訓練のむち

(キツネ狩りの)猟犬係

(政党所属議員の出席を督励する)院内乾事

ホイップ(泡立てた卵の白身かクリームで作るデザート)

〈人・動物〉‘を'『むちで打つ』,‘に'むちを当てる

(人・動物に)…‘を'むち打って教え込む《+名+into+名》;(…から)〈悪癖など〉‘を'むちでやめさせる《+名+out of+名》

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『ぱっと動かす』

〈布の縁〉‘を'かがる;〈棒・ロープの端〉‘に'糸(ひも)を巻きつける,‘を'端止めする

(むちで打つように)…‘を'ピシッとたたく,たたきつける

〈卵・クリームなど〉‘を'かき回して泡立てる

《話》(競技などで)…‘を'打ち負かす

〈川・湖など〉‘で'投げ釣りをする

〈こま〉‘を'ひもを打ちつけて回す

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》〈人が〉急に動く(行く,来る,通る)

〈旗などが〉はためく

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈風・雨が〉激しく打つ,しの突くようにたたきつける

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

detection

発見,探知,発覚

(電波の)検波

built-in

(本だななど)作りつけの,はめ込みの

(性格が)生まれつきの

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

displace

…‘に'とって代わる

(…から)〈人〉‘を'強制的に退去させる(移動させる,やめさせる)《+『名』+『from』+『名』》

〈船舶が〉…‘の'排水量を持つ

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

Abraham

アブラハム(聖書で,ヘブライ族の始祖とされる)

Lincoln

リンカン(『Abraham~』;1809‐1865;米国の第16代大統領1861‐65)

Nebraska州の州都

mahatma

マハトマ

(バラモン教の)大知識,大聖

《Mahatma》インドで高貴な人の名に添える敬称

Gandhi

ガンジー(Mohandas Karamchand~;1869‐1948;インド独立運動指導者;Mahatma Gandhi(偉大なる魂ガンジー)とも呼ばれる)

martin

イワツバメ

Luther

ルーテル,ルター(『Martin~』;1483‐1546;ドイツの宗教改革者)

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

gang

(人の)『一団』,群れ《+『of』+『名』》

(悪人の)一味,ギャング団《+『of』+『名』》

《話》親しい仲間,遊び仲間

《米》(特に他のグループと争う青少年の)非行グループ

〈人〉‘を'一団にまとめる(組織する)

一団になる,徒党を組む《+『up』》

killing

殺害;屠殺(とさつ)

《話》(特に商売での)大もうけ

(仕事などが)疲労こんぱいさせる,ひどく骨の折れる

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

cinema

〈C〉『映画館』(《米》movie theater)

《the ~》映画産業;《集合的に》『映画』(《米》movie[s])

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

rang

ringの過去

suddenly

『突然に』,だしぬけに

spawn

(魚・カエルなどの)卵

〈卵・子〉‘を'産む

〈物事〉‘を'生み出す,引き起こす;…‘を'大量に生じる

産卵する

Venezuela

ベネズエラ(南米北部の共和国;首都は Caracas)

soap opera

(テレビ・ラジオの主婦向けの)連続ホームドラマ,メロドラマ[おもに石けん会社がスポンサーになったことから]

heroine

『女性の英雄』

(小説・劇などの)『女主人公』

crystal

〈U〉『水晶』

〈C〉『水晶製品』,水晶玉

〈U〉クリスタルグラス(透明度の高い鉛ガラス);《集合的に》クリスタルグラス製食器類(特にコップ類)

〈C〉『結晶[体]』

〈C〉《米》(時計の)ガラスぶた

『水晶[製]の』;クリスタルグラス製の;透き通った

breast

『胸』,『胸部』;(服の)胸部

『乳房』,乳

《文》胸中,心紳

…'を'胸に受ける,胸に受けて進む

…‘に'雄々しく立ち向かう

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

mammography

(ガン早期発見用の)乳房レントゲン検査

vagina

comic

喜劇の,喜劇的な

こっけいな,おかしな,おどけた

〈C〉《話》喜劇依優,コメディアン,こっけいな人

〈C〉=comic book

《複数形で》=comic strip

racial

人種[上]の,民族の,種族の

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

consistently

一貫して;矛盾なく,きまって

planner

計画者,立案者

strategist

戦術(戦略)家

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

cherry

〈C〉『サクランボ』

〈C〉『サクラの木』

〈U〉サクラ材

〈U〉サクラ色

サクラ色の

cake

〈U〉〈C〉『ケーハ』,洋菓子

〈C〉平たい焼きパン(パンケーキなど)

〈C〉一定の形の塊にした食物

〈C〉(…の)ケーキ状の塊《+『of』+『名』》

固まる,塊になる

(…で)…'を'固める《+『名』+『with』+『名』》,(…に)…'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

yeast

イースト,酵母(パン種・ビール醸造用などに使う)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

economist

経済学者

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

princess

『王女』,皇女,内親王;王家(皇族)の女子

(英国以外の)公爵夫人(《英》duchess)

王妃,親王妃

whistle

『口笛を吹く』;口笛を吹いて合図する

『口笛のような音を出す』;笛を鳴らす;〈鳥が〉ピーピー鳴く

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈弾丸・風などが〉『ピューと音を立てて飛ぶ』,ヒューと吹く

〈曲など〉‘を'『口笛で吹く』

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘に'『口笛で合図をする』

〈矢・銃弾など〉‘を'ヒヴーと放つ

〈C〉『口笛;警笛』,汽笛;ホイッスル

〈U〉〈C〉(笛・風・鳥などの)ピューという音《+of+名》

beautifully

美しく

みごとに

whistling

口笛(笛)を吹くこと;ピュー(ヒュー)と鳴る音

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

prince

『王子』,親王;王家(皇族)の男子

(英国以外の)公爵,…公(《英》duke)

(封建時代の)諸侯,大名

(小国の)王,君主

《文》(…の)王者,大家,第一人者《+『of』(『among』)+『名』》

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

whoever

《名詞節を導く関係代名詞》(先行詞を含む)…『する[ところの]だれでも』

《譲歩節を導く関係代名詞》『だれが…でも』

《疑問代名詞whoの強調形》《話》『いったいだれが』

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

kingdom

〈C〉『王国』

〈C〉(学問・芸術・活動などの独立した)分野,世界,領域

〈C〉(特に自然界を三大区分した)界

〈U〉神(キリスト)の国,御国(みくに)

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

palace

『宮殿』

大邸宅,りっぱな建物

《the ~》《集合的に》《英》王宮の有力者たち

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

correctly

正しく,正確に;正確に言えば

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

関連動画