TED日本語 - アダム・サドウスキー: ヴァイラルミュージックビデオの作り方

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

新作のミュージックビデオに巨大なルーブ・ゴールドバーグ・マシンを使うアイデアを思いついたバンド、OK Go -- そして、その制作を任されたのがアダム・サドウスキー率いるチームでした。YouTubeであっと間にセンセーションを巻き起こした、その迷宮のような作品の設計と苦労について語ります。

Script

こんにちは 今日は音楽と機械装置 そして 人生について話したいと思います 具体的には 巨大で複雑な装置を ミュージックビデオのために作る過程で 学んだ事について こちらを見てピンと来る人もいるかと思いますが これは僕らが作ったビデオのオープニングです 最後にこのビデオもお見せしますが その前に この話がどう始まったのかを 少しお話ししましょう

僕らが最初にOK Goと会ったとき -- この曲の名前は "This Too Shall Pass"といいますが -- かなり盛り上がりました というのも彼らが 自分たちと一緒に踊れるような装置の制作に 興味を示していたからです これにはとてもワクワクしました だって ほら 彼らは機械と踊る分野では 既に有名でしたからね こちらのビデオ "Here It Goes Again" は YouTubeで5000万回以上視聴されて 4人がランニングマシンの上でダンスしてるのを 定点カメラで撮っているだけですが ハマりやすいし 素晴らしいビデオです 僕らのテンションも上がりました まず 彼らの求める方向性について話し合い 何がやりたいのかを聞いてみると ルーブ ゴールドバーグ マシン的なものを作りたいと

ご存じない方に説明しますと ルーブ ゴールドバーグ マシンというのは 入り組んだ装置と言いますか 信じられないほど緻密に設計された仕組みで 比較的簡単な作業を達成させる装置です そのアイデアで盛り上がって どんな形にするのか あれこれ話し合い 必須条件をまとめて行きました ルーブ ゴールドバーグ マシンと言うのは 作るには制約もありますが 同時に 選択肢も無限だからです

これをミュージックビデオとして表現できるのか 確認する意味もありました 必要事項を見て行きましょう 「十戒」です 簡単なものから順に: 1番目は 魔法は使わない事 画面上で起こる全てが 一般的な視聴者に 簡単に理解してもらう必要があります なので 僕の母親に理解できないような事は ビデオには使えないという事です 2. 装置に彼らを組み込む事 とはいっても 彼らが装置を操るのではなく 装置が彼らに何かしら働きかけると言う事 3. 装置の動きが曲のフィーリングに従う事 つまり 曲がグッと盛り上がってきたら 装置の動きもそれに合わせて より壮大に展開して行く 4. スペースを最大限に使う事 僕らが使ったのは100m四方の倉庫でしたが フロアが1階と2階に別れていて 搬入口もありました 床には巨大な穴も空いていて 実際にそこに カメラとカメラマンをおろして撮影しました 5. 「ずぶ濡れ」にもなりたいというので 喜んで引き受けました 6. 装置自体が曲を再生するようにする事 装置を作動させ ある程度の距離を移動して その途中で何かしら iPodやテープデッキか何かを 再生させて 曲と装置が同調し続けるようにします 同調といえば 装置とリズムを同調させておいて 特定のビートも刻ませたいと言われました 了解 (笑) 8. 時間通りに終わらせる事 つまり 作動時間にズレは許されないという事 なのに彼らは特定の箇所で 音楽を止めて 装置の生の音を使って 曲の一部分を弾きたいとも言ってきた それでも まだ足りないのか 既にここまで複雑な工程を 「一発撮り」で撮りたいって言うんだ

(笑)

(拍手)

ありがとう では 少し数字で このプロセスを振り返ってみよう この装置は89の 異なる工程で構成されていて 85本のテイクを 一応満足いくレベルで カメラに収められましたが その85テイクのうち 実際に完走したのは たったの3回 2台のピアノと テレビは10台壊したかな ホームセンターには優に100回以上足を運び (笑) ハイヒールの片っぽを無くしました 僕らのエンジニアの一人 ヘザー=ナイトが 洒落た夕食から戻ってきて -- ハイヒールを この装置の制作に取りかかるので -- 道具の山と一緒に置いておいたところ 別のエンジニアが何かに使えると考え オシャレな引き金として使われてしまいました これは実際にビデオにも出てきます

そんなわけで ここから何を学んだでしょうか? この装置を作り上げて いくつかの事を 少し客観的に振り返ってみたところ 小さいものは厄介だと気づきました 木製の溝にのった小さな玉などは とても繊細で 湿気や気温 小さい埃などの影響を受けて 溝から外れたり 正確な角度にしないと上手く転がらないとか でも ボーリングの球ならどこでも大丈夫 気温が何度であろうと 行く手に何があったとしても 大体行くべきところに行くんです 小さいものが厄介だといっても 始めなければ 終わらない訳ですから とにかくそれに集中して取り組まなければなりません 厄介であっても そこが必要不可欠でもあるのです

また 設計ほど重要なものはありません (笑) 設計図: クソ面倒くさい事が盛りだくさん 多くの時間を考える事に費やし いくつか実際に作りました 「どんな戦術も眼前の敵には 無力だ」とは言ったもので 僕らの眼前の敵は「物理」でした (笑) それもかなり意地悪なね タイミングや見栄えなどの理由から 装置を取り替えたりするのは ざらでした なので設計も重要ですが 柔軟性も必要です これらはみんな最終的に ボツになったアイデアです また 毎回確実に動くような信頼性が高いものを 最後に持ってくる事も重要です 「小さいものは厄介だ」と言ったように 最初に出てくるレゴの車は 終盤に本物の車になって 再登場するんですが 大きい車は毎回問題なく作動するんです 逆に小さい車は道から外れたりして そっちの方が大変 最後にレゴがひっくり返ったからって 始めっからやり直すなんてご免でしょ? だから そういうものは 最初に持ってくると 失敗したとしても やり直しがきくんです

時に 人生は 厳しい 今回 僕らもその厳しさを十分味わいました 数ヶ月の間 この寒くて狭い倉庫で過ごしましたが その全てが終わった時の 驚くほどの達成感といったら 大切なのは それが良い結果であっても 悪い結果であっても 「これもまた過ぎ行くだろう」ということです

どうもありがとうございました

(拍手) では お待たせしました

問題のミュージックビデオです 我らがOK Goです

みなさんこんにちは OK Goです 何をしてるのかって? グラミー賞を囲んで飲んでるだけさ もうちょっと上手くできると思うんだけど... OK Goです こんな分厚い百科事典を読んで一日過ごした事ある? というか なんだ これ… ごめんごめん もう一回やらせて 百科事典より意味不明なものないかな? ティムの日時計帽子! 新しくなったワルツタワー もうご覧になりましたか? ごめん もう一回やろう (ワンワン) キミたち! 皆さんこんにちは OK Goです 僕らの新しいビデオ "This Too Shall Pass" です (掛声) まだ もうちょっと上手くできると思うんだけど 今ので良かったじゃん

(音楽)

♪ いつまでそうやっているつもりだい? ♪

♪ そんなに引きずるほど抱え込んで ♪

♪ でも引きずるほどのものがない身なら ♪

♪ 死にものぐるいで走る用意をしといた方がいいよ ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 子供達の踊りを止めたいなんて ♪

♪ どういうことだい? ♪

♪ 自分は散々踊ってたくせに ♪

♪ いくら君の頭が固く 膝も曲がらないからって ♪

♪ 子供達に八つ当たりはよしなよ ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ クヨクヨするなよ ♪

♪ これもまた過ぎ行くことなのさ ♪

♪ クヨクヨするなよ ♪

♪ これもまた過ぎ行くことなのさ ♪

♪ いつまでそうやっているつもりだい? ♪

♪ いつまでも落ち込むわけにはいかないのさ ♪

♪ クヨクヨするなよ ♪

♪ これもまた過ぎ行くことなのさ ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

♪ 朝が来たら ♪

(拍手喝采)

Hi there. I'm going to be talking a little bit about music, machines and life. Or, more specifically, what we learned from the creation of a very large and complicated machine for a music video. Some of you may recognize this image. This is the opening frame of the video that we created. We'll be showing the video at the end, but before we do, I want to talk a little bit about what it is that they wanted.

Now, when we first started talking to OK Go -- the name of the song is "This Too Shall Pass" -- we were really excited because they expressed interest in building a machine that they could dance with. And we were very excited about this because, of course, they have a history of dancing with machines. They're responsible for this video, "Here It Goes Again." 50-million-plus views on YouTube. Four guys dancing on treadmills, no cuts, just a static camera. A fantastically viral and wonderful video. So we were really excited about working with them. And we sort of started talking about what it is that they wanted. And they explained that they wanted kind of a Rube Goldberg machine.

Now, for those of you who don't know, a Rube Goldberg machine is a complicated contraption, an incredibly over-engineered piece of machinery that accomplishes a relatively simple task. So we were excited by this idea, and we started talking about exactly what it would look like. And we came up with some parameters, because, you know, building a Rube Goldberg machine has limitations, but it also is pretty wide open.

And we wanted to make sure that we did something that would work for a music video. So we came up with a list of requirements, the "10 commandments," and they were, in order of ascending difficulty: The first is "No magic." Everything that happened on screen had to be very easily understood by a typical viewer. The rule of thumb was that, if my mother couldn't understand it, then we couldn't use it in the video. They wanted band integration, that is, the machine acting upon the band members, specifically not the other way around. They wanted the machine action to follow the song feeling. So as the song picks up emotion, so should the machine get grander in its process. They wanted us to make use of the space. So we have this 10, 000-square-foot warehouse we were using, divided between two floors. It included an exterior loading dock. We used all of that, including a giant hole in the floor that we actually descended the camera and cameraman through. They wanted it messy, and we were happy to oblige. The machine itself would start the music. So the machine would get started, it would travel some distance, reacting along the way, hit play on an iPod or a tape deck or something that would start playback. And the machine would maintain synchronization throughout. And speaking of synchronization, they wanted it to sync to the rhythm and to hit specific beats along the way. Okay. (Laughter) They wanted it to end precisely on time. Okay, so now the start to finish timing has to be perfect. And they wanted the music to drop out at a certain point in the video and actual live audio from the machine to play part of the song. And as if that wasn't enough, all of these incredibly complicating things, right, they wanted it in one shot.

(Laughter)

(Applause)

Okay. So, just some statistics about what we went through in the process. The machine itself has 89 distinct interactions. It took us 85 takes to get it on film to our satisfaction. Of those 85 takes, only three actually successfully completed their run. We destroyed two pianos and 10 televisions in the process. We went to Home Depot well over a hundred times. (Laughter) And we lost one high-heeled shoe when one of our engineers, Heather Knight, left her high-heeled shoe -- after a nice dinner, and returned back to the build -- and left it in a pile of stuff. And another engineer thought, "Well, that would be a really good thing to use" and ended up using it as a really nice trigger. And it's actually in the machine.

So what did we learn from all of this? Well, having completed this, we have the opportunity to step back and reflect on some of the things. And we learned that small stuff stinks. Little balls in wooden tracks are really susceptible to humidity and temperature and a little bit of dust, and they fall out of the tracks, the exact angles makes it hard to get right. And yet, a bowling ball will always follow the same path. It doesn't matter what temperature it is, doesn't matter what's in its way; it will pretty much get where it needs to go. But as much as the small stuff stinks, we needed somewhere to start, so that we would have somewhere to go. And so you have to start with it. You have to focus on it. Small stuff stinks, but, of course, it's essential, right?

What else? Planning is incredibly important. (Laughter) You know, we spent a lot of time ideating and even building some of these things. It's been said that, "No battle plan survives contact with the enemy." I think our enemy was physics -- (Laughter) and she's a cruel mistress. Often, we had to pull things out as a result because of timing or aesthetics or whatever. And so while planning is important, so is flexibility. These are all things that ended up not making it into the final machine. So also, put reliable stuff last, the stuff that's going to run every time. Again, small to large is relevant here. The little Lego car in the beginning of the video references the big, real car near the end of the video. The big, real car works every time; there's no problem about it. The little one had a tendency to try to run off the track and that's a problem. But you don't want to have to reset the whole machine because the Lego car at the end doesn't work, right. So you put that up front so that, if it fails, at least you know you don't have to reset the whole thing.

Life can be messy. There were incredibly difficult moments in the building of this thing. Months were spent in this tiny, cold warehouse. And the wonderful elation that we had when we finally completed it. So it's important to remember that whether it's good or it's bad, "This Too Shall Pass."

Thank you very much.

(Applause) And now to introduce

their music video, we have OK Go.

OK Go: An introduction. Hello TEDxUSC. We are OK Go. What are we doing? Oh, just hanging out with our Grammy. What what! It think we can do better than this. Hello TEDxUSC. We are OK Go. Have you read the "Natural Curiosity Cabinet?" I mean, "Curiosity" -- excuse me. Let me start again. We need some more ridiculous things besides "The Cabinet of Natural Curiosities." Tim's sundial hat. Have you seen the new work they've done to the Waltz Towers? Sorry, start again. (Barking) Dogs. Hello, TEDxUSC. We are OK Go, and this our new video, "This Too Shall Pass." [ unclear ] Kay, we can still do one better I think, yeah. That one's pretty good. It's getting better.

(Music)

♪ You know you can't keep letting it get you down ♪

♪ And you can't keep dragging that dead weight around ♪

♪ If there ain't all that much to lug around ♪

♪ Better run like hell when you hit the ground

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ You can't stop these kids from dancing ♪

♪ Why would you want to? ♪

Especially when you're already getting yours ♪

♪ Cuz if your mind don't move and your knees don't bend

♪ Well don't go blaming the kids again ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

Let it go ♪

♪ This too shall pass

Let it go ♪

♪ This too shall pass

♪ You know you can't keep letting it get you down ♪

♪ No, you can't keep letting it get you down ♪

Let it go ♪

♪ This too shall pass

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

♪ When the morning comes ♪

(Cheering)

Hi there.//

こんにちは

I'm going to be talking a little bit/ about music,/ machines and life.//

今日は音楽と機械装置 そして 人生について話したいと思います

Or,/ more specifically,/ what we learned from the creation of a very large and complicated machine/ for a music video.//

具体的には 巨大で複雑な装置を ミュージックビデオのために作る過程で 学んだ事について

Some of you may recognize this image.//

こちらを見てピンと来る人もいるかと思いますが

This is the opening frame of the video/ that we created.//

これは僕らが作ったビデオのオープニングです

We'll be showing the video/ at the end,/ but/ before we do,/ I want to talk/ a little bit/ about what it is/ that they wanted.//

最後にこのビデオもお見せしますが その前に この話がどう始まったのかを 少しお話ししましょう

Now,/ when we first started talking/ to OK Go --/ the name of the song is "This Too Shall Pass" --/ we were really excited/ because they expressed interest/ in building a machine/ that they could dance with.//

僕らが最初にOK Goと会ったとき -- この曲の名前は "This Too Shall Pass"といいますが -- かなり盛り上がりました というのも彼らが 自分たちと一緒に踊れるような装置の制作に 興味を示していたからです

And we were very excited/ about this/ because,/ of course,/ they have a history of dancing with machines.//

これにはとてもワクワクしました だって ほら 彼らは機械と踊る分野では 既に有名でしたからね

They're responsible/ for this video,/ "Here/ It Goes Again."//

こちらのビデオ "Here It Goes Again" は

50-million-plus views/ on YouTube.//

YouTubeで5000万回以上視聴されて

Four guys/ dancing on treadmills,/ no cuts,/ just a static camera.//

4人がランニングマシンの上でダンスしてるのを 定点カメラで撮っているだけですが

ハマりやすいし 素晴らしいビデオです

So/ we were really excited about working with them.//

僕らのテンションも上がりました

And we sort of started talking/ about what it is/ that they wanted.//

まず 彼らの求める方向性について話し合い

And they explained/ that they wanted kind of a Rube Goldberg machine.//

何がやりたいのかを聞いてみると ルーブ ゴールドバーグ マシン的なものを作りたいと

Now,/ for those of you/ who don't know,/ a Rube Goldberg machine is a complicated contraption,/ an incredibly over-engineered piece of machinery/ that accomplishes a relatively simple task.//

ご存じない方に説明しますと ルーブ ゴールドバーグ マシンというのは 入り組んだ装置と言いますか 信じられないほど緻密に設計された仕組みで 比較的簡単な作業を達成させる装置です

So/ we were excited by this idea,/ and we started talking/ about/ exactly what it would look like.//

そのアイデアで盛り上がって どんな形にするのか あれこれ話し合い

And we came up/ with some parameters,/ because,/ you know,/ building a Rube Goldberg machine has limitations,/ but it also is pretty wide open.//

必須条件をまとめて行きました ルーブ ゴールドバーグ マシンと言うのは 作るには制約もありますが 同時に 選択肢も無限だからです

And we wanted to make/ sure/ that we did something/ that would work for a music video.//

これをミュージックビデオとして表現できるのか 確認する意味もありました

So we came up/ with a list of requirements,/ the "10 commandments,/"/ and they were,/ in order of ascending difficulty:/ The first is "No magic."//

必要事項を見て行きましょう 「十戒」です 簡単なものから順に: 1番目は 魔法は使わない事

Everything/ that happened on screen had to be very easily understood by a typical viewer.//

画面上で起こる全てが 一般的な視聴者に 簡単に理解してもらう必要があります

The rule of thumb was/ that,/ if my mother couldn't understand it,/ then/ we couldn't use it/ in the video.//

なので 僕の母親に理解できないような事は ビデオには使えないという事です

They wanted band integration,/ that is,/ the machine/ acting upon the band members,/ specifically not the other way around.//

2. 装置に彼らを組み込む事 とはいっても 彼らが装置を操るのではなく 装置が彼らに何かしら働きかけると言う事

They wanted the machine action/ to follow the song feeling.//

3. 装置の動きが曲のフィーリングに従う事

So/ as the song picks up/ emotion,/ so should/ the machine get grander/ in its process.//

つまり 曲がグッと盛り上がってきたら 装置の動きもそれに合わせて より壮大に展開して行く

They wanted us/ to make use of the space.//

4. スペースを最大限に使う事

So/ we have this 10,/ 000-square-foot warehouse/ we were using,/ divided between two floors.//

僕らが使ったのは100m四方の倉庫でしたが フロアが1階と2階に別れていて

It included an exterior loading dock.//

搬入口もありました

We used all of that,/ including a giant hole/ in the floor/ that we actually descended the camera and cameraman through.//

床には巨大な穴も空いていて 実際にそこに カメラとカメラマンをおろして撮影しました

They wanted it messy,/ and we were happy/ to oblige.//

5. 「ずぶ濡れ」にもなりたいというので 喜んで引き受けました

The machine/ itself would start the music.//

6. 装置自体が曲を再生するようにする事

So the machine would get started,/ it would travel some distance,/ reacting along the way,/ hit play/ on an iPod/ or a tape deck or something/ that would start playback.//

装置を作動させ ある程度の距離を移動して その途中で何かしら iPodやテープデッキか何かを 再生させて

And the machine would maintain synchronization throughout.//

曲と装置が同調し続けるようにします

And speaking of synchronization,/ they wanted it/ to sync/ to the rhythm/ and to hit specific beats/ along the way.//

同調といえば 装置とリズムを同調させておいて 特定のビートも刻ませたいと言われました

Okay.// (Laughter)/ They wanted it/ to end precisely/ on time.//

了解 (笑) 8. 時間通りに終わらせる事

Okay,/ so now/ the start to finish timing has to be perfect.//

つまり 作動時間にズレは許されないという事

And they wanted the music/ to drop out/ at a certain point/ in the video/ and actual live audio/ from the machine/ to play part of the song.//

なのに彼らは特定の箇所で 音楽を止めて 装置の生の音を使って 曲の一部分を弾きたいとも言ってきた

And/ as if that wasn't enough,/ all of these incredibly complicating things,/ right,/ they wanted it/ in one shot.//

それでも まだ足りないのか 既にここまで複雑な工程を 「一発撮り」で撮りたいって言うんだ

(笑)

(拍手)

ありがとう

So,/ just some statistics/ about what we went through/ in the process.//

では 少し数字で このプロセスを振り返ってみよう

この装置は89の 異なる工程で構成されていて

It took us/ 85 takes to get/ it/ on film/ to our satisfaction.//

85本のテイクを 一応満足いくレベルで カメラに収められましたが

Of those 85 takes,/ only three actually successfully completed/ their run.//

その85テイクのうち 実際に完走したのは たったの3回

We destroyed two pianos and 10 televisions/ in the process.//

2台のピアノと テレビは10台壊したかな

We went to Home Depot well/ over a hundred times.//

ホームセンターには優に100回以上足を運び

(Laughter)/ And we lost one high-heeled shoe/ when one of our engineers,/ Heather Knight,/ left her high-heeled shoe --/ after a nice dinner,/ and returned back/ to the build --/ and left it/ in a pile of stuff.//

(笑) ハイヒールの片っぽを無くしました 僕らのエンジニアの一人 ヘザー=ナイトが 洒落た夕食から戻ってきて -- ハイヒールを この装置の制作に取りかかるので -- 道具の山と一緒に置いておいたところ

And another engineer thought,/ "Well,/ that would be a really good thing/ to use"/ and ended up/ using it/ as a really nice trigger.//

別のエンジニアが何かに使えると考え オシャレな引き金として使われてしまいました

And it's actually/ in the machine.//

これは実際にビデオにも出てきます

So/ what did we learn from all of this?//

そんなわけで ここから何を学んだでしょうか?

Well,/ having completed this,/ we have the opportunity/ to step back/ and reflect on some of the things.//

この装置を作り上げて いくつかの事を 少し客観的に振り返ってみたところ

And we learned/ that small stuff stinks.//

小さいものは厄介だと気づきました

Little balls/ in wooden tracks are really susceptible/ to humidity and temperature and a little bit of dust,/ and they fall out of the tracks,/ the exact angles makes it hard/ to get right.//

木製の溝にのった小さな玉などは とても繊細で 湿気や気温 小さい埃などの影響を受けて 溝から外れたり 正確な角度にしないと上手く転がらないとか

And yet,/ a bowling ball will always follow the same path.//

でも ボーリングの球ならどこでも大丈夫

It doesn't matter/ what temperature/ it is,/ doesn't matter/ what's in its way;/ it will pretty much get/ where it needs to go.//

気温が何度であろうと 行く手に何があったとしても 大体行くべきところに行くんです

But as much/ as the small stuff stinks,/ we needed somewhere/ to start,/ so that we would have somewhere to go.//

小さいものが厄介だといっても 始めなければ 終わらない訳ですから

And so/ you have to start/ with it.// You have to focus/ on it.//

とにかくそれに集中して取り組まなければなりません

Small stuff stinks,/ but,/ of course,/ it's essential,/ right?//

厄介であっても そこが必要不可欠でもあるのです

What else?// Planning is incredibly important.//

また 設計ほど重要なものはありません

(Laughter)/ You know,/ we spent a lot of time ideating/ and even building/ some of these things.//

(笑) 設計図: クソ面倒くさい事が盛りだくさん 多くの時間を考える事に費やし いくつか実際に作りました

It's been said/ that,/ "No battle plan survives contact/ with the enemy."//

「どんな戦術も眼前の敵には 無力だ」とは言ったもので

I think/ our enemy was physics --/ (Laughter)/ and she's a cruel mistress.//

僕らの眼前の敵は「物理」でした (笑) それもかなり意地悪なね

Often,/ we had to pull/ things out/ as a result/ because of timing or aesthetics/ or whatever.//

タイミングや見栄えなどの理由から 装置を取り替えたりするのは ざらでした

And so/ while planning is important,/ so is flexibility.//

なので設計も重要ですが 柔軟性も必要です

These are all things/ that ended up not making it/ into the final machine.//

これらはみんな最終的に ボツになったアイデアです

So also,/ put reliable stuff last,/ the stuff/ that's going to run/ every time.//

また 毎回確実に動くような信頼性が高いものを 最後に持ってくる事も重要です

Again,/ small/ to large is relevant here.//

「小さいものは厄介だ」と言ったように

The little Lego car/ in the beginning of the video references the big, real car/ near the end of the video.//

最初に出てくるレゴの車は 終盤に本物の車になって 再登場するんですが

The big, real car works every time;/ there's no problem/ about it.//

大きい車は毎回問題なく作動するんです

The little one had a tendency/ to try to run off/ the track/ and that's a problem.//

逆に小さい車は道から外れたりして そっちの方が大変

But you don't want to have to reset/ the whole machine/ because the Lego car/ at the end doesn't work,/ right.//

最後にレゴがひっくり返ったからって 始めっからやり直すなんてご免でしょ?

So you put/ that up/ front/ so that,/ if it fails,/ at least/ you know/ you don't have to reset/ the whole thing.//

だから そういうものは 最初に持ってくると 失敗したとしても やり直しがきくんです

Life can be messy.//

時に 人生は 厳しい

There were incredibly difficult moments/ in the building of this thing.//

今回 僕らもその厳しさを十分味わいました

Months were spent in this tiny, cold warehouse.//

数ヶ月の間 この寒くて狭い倉庫で過ごしましたが

And the wonderful elation/ that we had/ when we finally completed it.//

その全てが終わった時の 驚くほどの達成感といったら

So it's important/ to remember/ that whether it's good/ or it's bad,/ "This Too Shall Pass."//

大切なのは それが良い結果であっても 悪い結果であっても 「これもまた過ぎ行くだろう」ということです

Thank you very much.//

どうもありがとうございました

(Applause)/ And now to introduce//

(拍手) では お待たせしました

their music video,/ we have OK Go.//

問題のミュージックビデオです 我らがOK Goです

OK Go:/ An introduction.// Hello TEDxUSC.//

みなさんこんにちは OK Goです

We are OK Go.//

何をしてるのかって?

What are we doing?// Oh,/ just/ hanging out/ with our Grammy.// What/ what!//

グラミー賞を囲んで飲んでるだけさ

It think/ we can do better/ than this.// Hello TEDxUSC.//

もうちょっと上手くできると思うんだけど...

We are OK Go.// Have/ you read the "Natural Curiosity Cabinet?"//

OK Goです こんな分厚い百科事典を読んで一日過ごした事ある?

I mean,/ "Curiosity" --/ excuse me.//

というか なんだ これ… ごめんごめん

Let me/ start again.//

もう一回やらせて

We need some more ridiculous things/ besides "The Cabinet of Natural Curiosities."//

百科事典より意味不明なものないかな?

Tim's sundial hat.//

ティムの日時計帽子!

Have you seen the new work/ they've done to the Waltz Towers?//

新しくなったワルツタワー もうご覧になりましたか?

Sorry,/ start again.//

ごめん もう一回やろう

(Barking)/ Dogs.//

(ワンワン) キミたち!

Hello,/ TEDxUSC.// We are OK Go,/ and this our new video,/ "This Too Shall Pass."//

皆さんこんにちは OK Goです 僕らの新しいビデオ "This Too Shall Pass" です

[ unclear ]/ Kay,/ we can still do one better/ I think,/ yeah.//

(掛声) まだ もうちょっと上手くできると思うんだけど

That one's pretty good.// It's getting better.//

今ので良かったじゃん

(Music)//

(音楽)

/ You know/ you can't keep letting/ it get you down/ //

♪ いつまでそうやっているつもりだい? ♪

/ And you can't keep dragging/ that dead weight/ around //

♪ そんなに引きずるほど抱え込んで ♪

/ If there ain't all that much/ to lug around //

♪ でも引きずるほどのものがない身なら ♪

Better run like hell/ when you hit the ground/ //

♪ 死にものぐるいで走る用意をしといた方がいいよ ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ You can't stop these kids/ from dancing/ //

♪ 子供達の踊りを止めたいなんて ♪

/ Why would you want to?// //

♪ どういうことだい? ♪

Especially/ when you're already getting/ yours/ //

♪ 自分は散々踊ってたくせに ♪

/ Cuz/ if your mind don't move/ and your knees don't bend //

♪ いくら君の頭が固く 膝も曲がらないからって ♪

Well don't go blaming/ the kids again/ //

♪ 子供達に八つ当たりはよしなよ ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

Let/ it go //

♪ クヨクヨするなよ ♪

This too shall pass //

♪ これもまた過ぎ行くことなのさ ♪

Let/ it go //

♪ クヨクヨするなよ ♪

This too shall pass //

♪ これもまた過ぎ行くことなのさ ♪

/ You know/ you can't keep letting/ it get you down/ //

♪ いつまでそうやっているつもりだい? ♪

/ No, you can't keep letting/ it get you down/ //

♪ いつまでも落ち込むわけにはいかないのさ ♪

Let/ it go //

♪ クヨクヨするなよ ♪

This too shall pass //

♪ これもまた過ぎ行くことなのさ ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

/ When the morning comes //

♪ 朝が来たら ♪

(拍手喝采)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

complicate

…'を'複雑にする

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

OK

Oklahoma

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

excited

興奮した

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

treadmill

〈C〉足踏み水車

〈U〉《the ~》車踏み(昔獄内で罰として囚人に踏ませたもの)

〈U〉単調な仕事

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

fantastically

異様に

空想的に

《話》とてもすばらしく

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

rube

いなかっぺ,いなか者

contraption

新案,新くふう;《軽べつして》珍案[物]

incredibly

信じられないほど

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

machinery

《集合的に》《単数扱い》『機械』

《集合的に》機械の部品;機械装置

(社会・政治などの)機構,組織《+『of』+『名』》

accomplish

〈仕事・目的など〉'を'『成し遂げる』,仕上げる(perform)

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

parameter

(数学で)媒介変数,補助変数

(統計で)母数

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

requirement

必要なもの;(…の)必要条件,資格《+『for』+『名』(do-『ing』)》

commandment

神の命令,おきて,戒律

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

ascend

『登る』,『上る』,上昇する

〈地位・声の調子などが〉高くなる,上がる

…‘に'『登る』,'を'『上る』

〈王位など〉‘に'つく,'を'継ぐ

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

viewer

テレビを視聴者

観察者,見物人

ビューアー(スライド・標本などを拡大して見る装置)

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

thumb

『親指』;(手袋などの)親指の部分

〈本のページ〉‘を'親指でめくる

《話》〈ヒッチハイカーが〉〈便乗〉‘を'親指を立てて頼む

ヒッチハイクする

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

integration

統合,集成,完成

(学校や住居における)人種差別の撤廃

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

upon

『…の上に』

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

warehouse

倉庫

〈商品など〉‘を'倉庫に入れる,貯蔵する

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

exterior

『外の』,外面の,外側の

〈C〉外部,外面,外側

〈U〉外観;(絵・劇などの)外景

dock

『波止場』,埠頭(ふとう)

(入港中の船を入れておく)船だまり

(造船,修理用の)『ドック』,船渠(せんきょ)

〈船〉‘を'ドックに入れる

〈2個以上の宇宙船〉‘を'大気圏外で連結させる

〈船が〉ドックにはいる

〈宇宙船が〉大気圏外で連結する,ドッキングする

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

descend

(高い所から低い所へ)『下る』,『降りる』《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(古い時代から新しい時代へ)『伝わる』,系統を引く《+『from』+『名』+『to』+『名』》

身を落とす

〈人などが〉…‘を'下る,降りる;〈道などが〉…‘を'下る

(…の)子孫である

cameraman

(おもに映画・テレビの)カメラマン;カメラ業者,カメラ販売人

messy

(場所・部屋などが)乱雑な,取り散らかした;(物が)汚れた,きたない

やっかいな,面倒な

oblige

〈人〉‘に'『義務を負わせる』,強制する

〈人〉‘に'親切にする,‘の'願いをかなえる

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

tape deck

テープデッキ,テープ装置(アンプとスピーカーが付いていないテープレコーダー)

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

speaking

話をする,談話の

物を言いそうな,表情たっぷりの

話すこと;談話;演説

rhythm

〈U〉『律動,リズム』;韻律

〈C〉(特定の)リズム

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

okay

=OK,O.K.

laughter

『笑い』,笑い声

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

timing

時間の調節;時間を測定[記録]すること

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

shot

shootの過去・過去分詞

applause

『拍手かっさい』;称賛

statistic

統計値,統計量

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

satisfaction

〈U〉(…を)『満足させること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に)『満足すること』《+『at』(『with』)+『名』》

〈C〉満足させるもの(こと)

《文》〈U〉(損害などの)賠償;(借金の)返済;(義務の)履行

〈U〉(決闘などによる)名誉回復の機会

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

piano

『ピアノ』

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

depot

《米》(鉄道の)駅,(バスの)発着所

(軍隊の)物資集積所

置き場,貯蔵所,倉庫

《英》連隊本部

times

…掛ける

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

heather

(Scotlandの荒野に自生する)ヒース属の植物

knight

『騎士』,ナイト,(中世の)武士

『ナイト爵』(しやく),勲爵(くんしゃく)士(英国で国家に功労のあった者に与えられる尊弥で,姓名の前にSirを付けて呼ばれ,baronetの次に位する;呼ぶ時はSir+名またはSir+名+姓でSir+姓のみで用いない.この位は当人一代限り)

チェスのこまの名

…‘に'ナイト爵を授ける

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

opportunity

『機会』,好機

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

stink

悪臭を放つ;(…で)臭い《+『of』+『名』》

《話》鼻持ちならない,ひどく評判が悪い

《話》非常に劣っている

〈場所など〉‘を'いやな臭いにする《+『up』+『名』》

悪臭

《米話》騒動,物議

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

wooden

『木製の』,木造の

(行動などが)不自然な,ぎごちない

(表情などが)生気のない,無表情な

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

susceptible

《名詞の前のみ用いて》感じやすい,多感な

《補語にのみ用いて》《be susceptible to+名》

《補語にのみ用いて》《be susceptible of+名》

humidity

湿気,湿度

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

bowling

球ころがし,(特に)ボーリング[の競技]

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

cruel

(人・行動が)『残酷な』,無慈悲な

『悲惨な』,むごい

mistress

〈C〉(…の)『女主人』,主婦《+『of』+『名』》

〈C〉(犬・馬など動物の)女性の所有者,女の飼い主《+『of』+『名』》

〈C〉《古・文》《おもに英》女の先生

《しばしばthe M-》(…の)女王《+『of』+『名』》

《M-》《古》《呼び掛けのとき婦人の姓名につけて》…さん,…様,…夫人,…嬢

〈C〉情婦,二号(paramour)

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

aesthetic

美学の;審美的な

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

flexibility

柔軟性,しなやかさ;適応性,融通性

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

reliable

『信頼できる』,あてになる,確実な

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

tendency

『傾向』

『性癖』,癖

reset

…‘を'置き直す,並べ直す;〈ボウリングのピン〉‘を'置き直す

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

elation

得意,意気揚々

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

cabinet

『キャビネット』(引出し・たな・仕切などのある箱・戸だな)

《しばしばCabinet》《集合的に》《単数・複数扱い》『内閣』,(内閣の)閣僚連

《英》閣議

《古》小さい個室

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

ridiculous

『おかしな』・『ばかばかしい』,とんでもない

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

sundial

日時計

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

waltz

ワルツ

円舞曲

ワルツを踊る

〈ダンスのパートナー〉‘を'ワルツでリードする

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

unclear

はっきりしない

yeah

=yes

ca

circa

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

lug

…‘を'力を込めて引く,引きずる《+『名』+『along』》

強く引くこと

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

especially

『特に』,特別に;きわだって

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

関連動画