TED日本語 - アヤ・ブデール: 光って、鳴って、楽しく学べるブロック

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

電子装置をレゴブロックみたいに簡単に組立てて遊べる電子部品セットというのを想像してみてください。TEDフェローのアヤ・ブデールが紹介するlittleBitsは、ブロックになっていて自由に組み合わせられるシンプルな部品のコレクションで、回路作成をやさしいブロック遊びに変えることによって、創作活動に取り入れられるようにしています。

Script

変に聞こえるかもしれませんけど 私はコンクリートブロックが大好きなんです 最初のコンクリートブロックが製造されたのは1868年のことで その着想はいたってシンプルでした 一定の大きさのセメント製パーツを ぴったり? 積み上げられるようにしたものです コンクリートブロックは瞬く間に 世界でもっともよく使われる建材になりました ブロックを1つずつ積み上げていくことで 建物や橋のように大きなものを 作れるのです そうしてコンクリートブロックは 私たちの時代における基本構成要素となりました

それから100年ほどたった1947年に レゴが作ったのがこれです 「自動結合ブロック」と呼ばれていました 数年という短い期間で レゴブロックはあらゆる家庭へと普及しました これまでに製造されたレゴブロックの数は推計4千億個と言われ 全世界の人が1人75個ずつ持っている計算です すてきな家や橋や建築が エンジニアでなくても作れます レゴが垣根をなくしました レゴがしたことは要するに 現実の世界の構成要素である コンクリートブロックにあたるものを 想像力のために作ったということです

ちょうど同じ年に ベル研究所では 次代の構成要素となる革命的技術が 準備されつつありました そのトランジスタという ちっぽけな部品は 静的なブロックが積み上げられた世界から あらゆるものが反応する世界へと 静的なブロックが積み上げられた世界から あらゆるものが反応する世界へと 私たちを連れて行くことになりました コンクリートブロック同様 トランジスタも1つずつ組み合わせることで

より大きく より複雑な回路を作ることができますが 大きな違いもあって それは トランジスタは専門家向けということです 私たちの時代の基本構成要素が 専門家だけのものになっていることが 私には納得できなかったので それをひとつ変えてやろうと心に決めました 8年前 メディアラボにいたとき エンジニアの力を アーティストや デザイナーが使えるものにする? というアイデアの探求を始めました

そして数年前にlittleBitsを開発し始めました どんなものかご覧に入れましょう littleBitsはそれぞれが特定の 1つの機能を持つ電子部品の集まりで 用意されている部品には ライトや ブザーや モーターや センサなどがあります これの一番の特徴は 磁石で互いにくっつくようになっていることで 間違った繋ぎ方はできません ブロックは種類で色分けされていて 緑は出力 青は電源 ピンクは入力 オレンジは配線です ブロックを繋げていくだけなので すぐに大きな回路も組み上げられるようになります 青と緑を繋げると ライトが点きます 間に調節ツマミを挟んでやると 明るさを変えられるようになります 調節ツマミをパルス部品と 入れ替えてやると このブロックですが 点滅するようになります おまけの効果として ブザーを付け加えてやると 騒音発生器のできあがりです 止めておきましょうね

単純な遊びに留まらず littleBitsは 実のところすごく強力なんです プログラミングや配線やハンダ付けをせずに 直感的に手で簡単に電子装置を 組み立てられます 点滅のスピードを変えたければ このツマミをひねるだけで 速くなったり遅くなったりします littleBitsの背後にあるアイデアは 成長していく部品カタログです 世の中のあらゆる電気操作を 部品としてすぐ使えるものにしたい 明かり 音源 ソーラーパネル モーター・・・あらゆるものを手の届くものにしたいのです 明かり 音源 ソーラーパネル モーター・・・あらゆるものを手の届くものにしたいのです

子どもたちがこれでどんな風に遊ぶか観察していますが 目を見開かせられる体験です 素晴らしいのは子どもたちが 学校で習いもしない身の回りの電子機器の 仕組みを理解するようになることです たとえば終夜灯の仕組みや なぜ自動ドアは人を挟まないのか iPodはどうやってタッチ操作に反応するのかといったことです デザイン学校にもこれを持ち込んで 電子工学などの経験が まったくないデザイナーに littleBitsを素材として遊んでもらっています これはフェルトと紙とペットボトルを使って ジョーディーが作ったものです

(カチャン)

(ブー)

ついこの数週前にも 私たちはlittleBitsを ロードアイランドデザイン学校に持って行き 工学などは全然知らないデザイナーに渡して ボール紙と木と紙で「何か作ってみて」と言いました これは彼らの作ったものの一例ですが 動作を検知して反応する紙吹雪砲です

(笑)

これは私のお気に入りです 工作粘土で作ったロブスターですが・・・ なんと暗がりを怖がります

(笑)

littleBitsは技術者でない人たちのための新しい材料になります 電子部品を素材として使えるようになるのです この素材をあらゆる人に手の届くものにしたくて littleBitsをオープンソースにしました Webサイトに行って回路図をダウンロードすれば自分で作れます 世界のクリエーター 発明家 オープンソース貢献者が協力する世界を広げたいのです この生きて反応する私たちの世界は みんなのものだからです だから皆さん 一緒に創り始めましょう

ありがとうございました

(拍手)

This may sound strange, but I'm a big fan of the concrete block. The first concrete blocks were manufactured in 1868 with a very simple idea: modules made of cement of a fixed measurement that fit together. Very quickly concrete blocks became the most-used construction unit in the world. They enabled us to to build things that were larger than us, buildings, bridges,one brick at a time. Essentially concrete blocks had become the building block of our time.

Almost a hundred years later in 1947, LEGO came up with this. It was called the Automatic Binding Brick. And in a few short years, LEGO bricks took place in every household. It's estimated that over 400 billion bricks have been produced -- or 75 bricks for every person on the planet. You don't have to be an engineer to make beautiful houses, beautiful bridges, beautiful buildings. LEGO made it accessible. LEGO has essentially taken the concrete block, the building block of the world, and made it into the building block of our imagination.

Meanwhile the exact same year, at Bell Labs the next revolution was about to be announced, the next building block. The transistor was a small plastic unit that would take us from a world of static bricks piled on top of each other to a world where everything was interactive. Like the concrete block, the transistor allows you to build

much larger, more complex circuits,one brick at a time. But there's a main difference: The transistor was only for experts. I personally don't accept this, that the building block of our time is reserved for experts, so I decided to change that. Eight years ago when I was at the Media Lab, I started exploring this idea of how to put the power of engineers in the hands of artists and designers.

A few years ago I started developing littleBits. Let me show you how they work. LittleBits are electronic modules with each one specific function. They're pre-engineered to be light, sound, motors and sensors. And the best part about it is they snap together with magnets. So you can't put them the wrong way. The bricks are color-coded. Green is output, blue is power, pink is input and orange is wire. So all you need to do is snap a blue to a green and very quickly you can start making larger circuits. You put a blue to a green, you can make light. You can put a knob in between and now you've made a little dimmer. Switch out the knob for a pulse module, which is here, and now you've made a little blinker. Add this buzzer for some extra punch and you've created a noise machine. I'm going to stop that.

So beyond simple play, littleBits are actually pretty powerful. Instead of having to program, to wire, to solder, littleBits allow you to program using very simple intuitive gestures. So to make this blink faster or slower, you would just turn this knob and basically make it pulse faster or slower. The idea behind littleBits is that it's a growing library. We want to make every single interaction in the world into a ready-to-use brick. Lights, sounds, solar panels, motors -- everything should be accessible.

We've been giving littleBits to kids and seeing them play with them. And it's been an incredible experience. The nicest thing is how they start to understand the electronics around them from everyday that they don't learn at schools. For example, how a nightlight works, or why an elevator door stays open, or how an iPod responds to touch. We've also been taking littleBits to design schools. So for example, we've had designers with no experience with electronics whatsoever start to play with littleBits as a material. Here you see, with felt and paper water bottles, we have Geordie making ...

(Clanging)

(Buzzing)

A few weeks ago we took littleBits to RISD and gave them to some designers with no experience in engineering whatsoever -- just cardboard, wood and paper -- and told them "Make something." Here's an example of a project they made, a motion-activated confetti canon ball.

(Laughter)

But wait, this is actually my favorite project. It's a lobster made of playdough that's afraid of the dark.

(Laughter)

To these non-engineers, littleBits became another material, electronics became just another material. And we want to make this material accessible to everyone. So littleBits is open-source. You can go on the website, download all the design files, make them yourself. We want to encourage a world of creators, of inventors, of contributors, because this world that we live in, this interactive world, is ours. So go ahead and start inventing.

Thank you.

(Applause)

This may sound strange,/ but I'm a big fan of the concrete block.//

変に聞こえるかもしれませんけど 私はコンクリートブロックが大好きなんです

The first concrete blocks were manufactured in 1868/ with a very simple idea:/ modules made of cement of a fixed measurement/ that fit together.//

最初のコンクリートブロックが製造されたのは1868年のことで その着想はいたってシンプルでした 一定の大きさのセメント製パーツを ぴったり? 積み上げられるようにしたものです

Very/ quickly concrete blocks became the most-used construction unit/ in the world.//

コンクリートブロックは瞬く間に 世界でもっともよく使われる建材になりました

They enabled us/ to to build/ things/ that were larger/ than us,/ buildings,/ bridges,/one brick/ at a time.//

ブロックを1つずつ積み上げていくことで 建物や橋のように大きなものを 作れるのです

Essentially concrete blocks had become the building block of our time.//

そうしてコンクリートブロックは 私たちの時代における基本構成要素となりました

Almost a hundred years later/ in 1947,/ LEGO came up/ with this.//

それから100年ほどたった1947年に レゴが作ったのがこれです

It was called the Automatic Binding Brick.//

「自動結合ブロック」と呼ばれていました

And/ in a few short years,/ LEGO bricks took place/ in every household.//

数年という短い期間で レゴブロックはあらゆる家庭へと普及しました

It's estimated/ that over 400 billion bricks have been produced --/ or 75 bricks/ for every person/ on the planet.//

これまでに製造されたレゴブロックの数は推計4千億個と言われ 全世界の人が1人75個ずつ持っている計算です

You don't have to be an engineer/ to make beautiful houses,/ beautiful bridges,/ beautiful buildings.//

すてきな家や橋や建築が エンジニアでなくても作れます

LEGO made/ it accessible.//

レゴが垣根をなくしました

LEGO has essentially taken the concrete block,/ the building block of the world,/ and made it/ into the building block of our imagination.//

レゴがしたことは要するに 現実の世界の構成要素である コンクリートブロックにあたるものを 想像力のために作ったということです

Meanwhile/ the exact same year,/ at Bell Labs/ the next revolution was/ about to be announced,/ the next building block.//

ちょうど同じ年に ベル研究所では 次代の構成要素となる革命的技術が 準備されつつありました

The transistor was a small plastic unit/ that would take us/ from a world of static bricks piled on top of each other/ to a world/ where everything was interactive.//

そのトランジスタという ちっぽけな部品は 静的なブロックが積み上げられた世界から あらゆるものが反応する世界へと 静的なブロックが積み上げられた世界から あらゆるものが反応する世界へと 私たちを連れて行くことになりました

Like the concrete block,/ the transistor allows you/ to build//

コンクリートブロック同様 トランジスタも1つずつ組み合わせることで

much larger, more complex circuits,/one brick/ at a time.//

より大きく より複雑な回路を作ることができますが

But there's a main difference:/ The transistor was only for experts.//

大きな違いもあって それは トランジスタは専門家向けということです

I personally don't accept this,/ that the building block of our time is reserved for experts,/ so I decided to change/ that.//

私たちの時代の基本構成要素が 専門家だけのものになっていることが 私には納得できなかったので それをひとつ変えてやろうと心に決めました

Eight years ago/ when I was at the Media Lab,/ I started exploring/ this idea of how to put the power of engineers/ in the hands of artists and designers.//

8年前 メディアラボにいたとき エンジニアの力を アーティストや デザイナーが使えるものにする? というアイデアの探求を始めました

A few years ago/ I started developing/ littleBits.//

そして数年前にlittleBitsを開発し始めました

Let me/ show you/ how they work.//

どんなものかご覧に入れましょう

LittleBits are electronic modules/ with each one specific function.//

littleBitsはそれぞれが特定の 1つの機能を持つ電子部品の集まりで

They're pre-engineered/ to be light, sound, motors and sensors.//

用意されている部品には ライトや ブザーや モーターや センサなどがあります

And the best part/ about it is they snap together/ with magnets.//

これの一番の特徴は 磁石で互いにくっつくようになっていることで

So you can't put them/ the wrong way.//

間違った繋ぎ方はできません

The bricks are color-coded.//

ブロックは種類で色分けされていて

Green is output,/ blue is power,/ pink is input and orange is wire.//

緑は出力 青は電源 ピンクは入力 オレンジは配線です

So all you need to do/ is snap a blue/ to a green/ and very quickly/ you can start making/ larger circuits.//

ブロックを繋げていくだけなので すぐに大きな回路も組み上げられるようになります

You put a blue/ to a green,/ you can make light.//

青と緑を繋げると ライトが点きます

You can put a knob/ in between and now/ you've made a little dimmer.//

間に調節ツマミを挟んでやると 明るさを変えられるようになります

Switch/ out the knob/ for a pulse module,/ which is here,/ and now/ you've made a little blinker.//

調節ツマミをパルス部品と 入れ替えてやると このブロックですが 点滅するようになります

Add/ this buzzer/ for some extra punch/ and you've created a noise machine.//

おまけの効果として ブザーを付け加えてやると 騒音発生器のできあがりです

I'm going to stop/ that.//

止めておきましょうね

So/ beyond simple play,/ littleBits are actually pretty powerful.//

単純な遊びに留まらず littleBitsは 実のところすごく強力なんです

Instead of having to program,/ to wire,/ to solder,/ littleBits allow you/ to program using/ very simple intuitive gestures.//

プログラミングや配線やハンダ付けをせずに 直感的に手で簡単に電子装置を 組み立てられます

So to make this blink faster or slower,/ you would just turn this knob/ and basically make it pulse faster/ or slower.//

点滅のスピードを変えたければ このツマミをひねるだけで 速くなったり遅くなったりします

The idea/ behind littleBits is/ that it's a growing library.//

littleBitsの背後にあるアイデアは 成長していく部品カタログです

We want to make/ every single interaction/ in the world/ into a ready-to-use brick.//

世の中のあらゆる電気操作を 部品としてすぐ使えるものにしたい

Lights,/ sounds,/ solar panels,/ motors --/ everything should be accessible.//

明かり 音源 ソーラーパネル モーター・・・あらゆるものを手の届くものにしたいのです 明かり 音源 ソーラーパネル モーター・・・あらゆるものを手の届くものにしたいのです

We've been giving littleBits/ to kids/ and seeing them play with them.//

子どもたちがこれでどんな風に遊ぶか観察していますが

And it's been an incredible experience.//

目を見開かせられる体験です

The nicest thing is/ how they start to understand/ the electronics/ around them/ from everyday/ that they don't learn at schools.//

素晴らしいのは子どもたちが 学校で習いもしない身の回りの電子機器の 仕組みを理解するようになることです

For example,/ how a nightlight works,/ or why an elevator door stays open,/ or how an iPod responds to touch.//

たとえば終夜灯の仕組みや なぜ自動ドアは人を挟まないのか iPodはどうやってタッチ操作に反応するのかといったことです

We've also been taking littleBits/ to design schools.//

デザイン学校にもこれを持ち込んで

So/ for example,/ we've had designers/ with no experience/ with electronics whatsoever start to play/ with littleBits/ as a material.//

電子工学などの経験が まったくないデザイナーに littleBitsを素材として遊んでもらっています

Here/ you see,/ with felt and paper water bottles,/ we have Geordie/ making ...//

これはフェルトと紙とペットボトルを使って ジョーディーが作ったものです

(カチャン)

(ブー)

A few weeks ago/ we took littleBits/ to RISD/ and gave them/ to some designers/ with no experience/ in engineering whatsoever --/ just cardboard, wood and paper --/ and told them "Make something."//

ついこの数週前にも 私たちはlittleBitsを ロードアイランドデザイン学校に持って行き 工学などは全然知らないデザイナーに渡して ボール紙と木と紙で「何か作ってみて」と言いました

Here's an example of a project/ they made,/ a motion-activated confetti canon ball.//

これは彼らの作ったものの一例ですが 動作を検知して反応する紙吹雪砲です

(笑)

But wait,/ this is actually my favorite project.//

これは私のお気に入りです

It's a lobster made of playdough/ that's afraid of the dark.//

工作粘土で作ったロブスターですが・・・ なんと暗がりを怖がります

(笑)

To these non-engineers,/ littleBits became another material,/ electronics became just another material.//

littleBitsは技術者でない人たちのための新しい材料になります 電子部品を素材として使えるようになるのです

And we want to make/ this material accessible/ to everyone.//

この素材をあらゆる人に手の届くものにしたくて

So littleBits is open-source.//

littleBitsをオープンソースにしました

You can go on the website,/ download/ all the design files,/ make them yourself.//

Webサイトに行って回路図をダウンロードすれば自分で作れます

We want to encourage/ a world of creators,/ of inventors,/ of contributors,/ because this world/ that we live in,/ this interactive world,/ is ours.//

世界のクリエーター 発明家 オープンソース貢献者が協力する世界を広げたいのです この生きて反応する私たちの世界は みんなのものだからです

So go ahead/ and start inventing.//

だから皆さん 一緒に創り始めましょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

module

(建築・機械工作などの)測定基準;基準単位(寸法)

モジュール(宇宙船の一部を成し,母船から独立して行動できるもの)

cement

『セメント』;接合剤,接着剤

結合,(友情の)きずな

…‘に'セメントを塗る,'を'セメントで固める

〈友情・関係など〉'を'固める,堅く結び付ける

結びつく,固まる

fixed

『固定した』,据え付けの

(視線などが)動かない

確定した,変動しない

八百長の

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

brick

〈C〉(1個の)『れんが』

〈U〉(材料としての)『れんが』

〈C〉(形が)れんがに似た物

れんがの,れんが造りの

〈建築物〉を=れんがで囲う,れんがで作る,…‘に'れんがを敷く《+『in』(『on』)+『名』》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

building block

建築用ブロック

(おもちゃの)積み木

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

automatic

『自動の』,自動装置(機械)の

(行動などが)『無意識の』,機械的な

(銃砲が)自動式の

自動機械

自動式ライフル(ピストル)

binding

義務的な,拘束力ある

〈U〉しばること;〈C〉しばる物

〈C〉製本,装丁

〈U〉縁(‘ふち')取り材料

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

planet

『惑星』,遊星

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

meanwhile

=meantime

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

Bell

ベル(『Alexander Graham』~;米国の科学者,電話を発明した;1847‐1922)

lab

実験室(laboratory)

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

transistor

トランジスター(真空管の代りをする半導体使用の増副装置)

トランジスターラジオ

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

media

mediumの複数形

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

designer

『設計者』,デザイナー

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

electronic

『電子の』,エレクトロンの

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

snap

『パチン』(『ポキン』,『カチッ』,『ピシッ』)『と音をたてる』・〈木の枝などが〉『ポキッと折れる』,〈糸などが〉プツンと切れる・〈戸・ふた・カギなどが〉パチン(カチッなど)と音をたてて(…の状態に)なる《+『形』〈補〉》・(…に)ぱくっとかみつく《+『at』+『名』》・…‘を'『パチン(ピシッ)と音をさせる』・…‘を'ポキッと折る,プツンと切る;…‘を'パチッと締める・〈命令・応答など〉‘を'ピシッと言う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》・《話》〈スナップ写真〉‘を'撮る・〈C〉『ポキッと折れる音』,プツンと切れる音;ビシャッと閉まる音・〈C〉(衣服などの)『スナップ』,留め金

〈C〉ぱっと飛びつくこと(かみつくこと,ひっつかむこと) ・〈C〉(急に襲う)一時の寒気・〈C〉(薄くてぱりぱりとした)ショウガ入りクッキー・=snapshot・〈U〉《話》活気,精力・〈C〉《単数形で》《話》容易なこと,楽な仕事・《話》即座の,急になされた・《話》容易な,楽な・どんぴしゃり,バッチリ

magnet

『磁石』

(魅力などで)(人の注意などを)引く人(もの)《+『of』+『名』》;(…にとって)魅力的な場所(もの)《+『to』(『for』)+『名』》

ca

circa

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

output

生産高

(コンピューターなどの)アウトプット,出力

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

knob

(幹などの)『節』,こぶ

(戸・引き出しなどの)『取っ手』,つまみ,握り

小高い丘;(バター・石炭などの)丸い小さな塊

dimmer

制光装置

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

blinker

《おもに英》=blinder

《米》(通信・警告信号・自動車が曲がる予告などの)明滅灯《英》winder)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

buzzer

ブザー;サイレン

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

instead

『その代りとして』,それよりも

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

solder

はんだ

…‘を'はんだで接ぐ;(はんだでつけるように)…‘を'接ぎ合わせる

intuitive

直観の,直覚の

gesture

〈U〉〈C〉(気持ちや考えを表現するときの)『身ぶり』,手まね,しぐさ

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(うわべにせよ,心からにせよ,礼儀・尊敬・友情などを表す)行為,しぐさ,印

〈人が〉身ぶり(手ぶり)をする;(人が…するように)身ぶり(手ぶり)で示す《+『for』+『名』〈人〉+『to』 do》

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

nightlight

終夜灯(寝室・病室などで夜通しつけたままにしておく明かり)

elevator

《米》『エレベーター』,昇降機(《英》lift)

(揚げ下ろしの設備のある)穀物倉庫

(飛行機の)昇降舵(だ)

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

whatsoever

whatever の強調形

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

felt

feelの過去・過去分詞

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

water bottle

(ガラス製の)飲料水容器

《おもに英》水筒(canteen)

clang

(鐘・よろい・金づちなどの)カーン(ガーン,ガチン)という音

…'を'カーン(ガーン,ガチン)と鳴らす

カーン(ガーン,ガチン)と鳴る

buzz

(ハチ・ハエ・機械などの)『ブンブンいう音』

(人々の)ざわめき

〈ハチ・ハエ・機械などが〉『ブンブンいう』

(…で)〈人々・場所が〉ざわめく《+『with』+『名』》;(特に声を落として)(…を)ひそひそとうわさする(騒ぎたてる)《+『about』+『名』》

ブンブン音をたてて動く;せわしく動き回る《+『about』(around)》

(…を)ブザーで呼ぶ《+『for』+『名』》

〈人〉‘に'ブザーで合図する;(…するよう)〈人〉‘に'ブザーで知らせる《+『名』+『to』do》

《『buzz』+『that 節』》…‘と'ひそひそとうわさする

〈飛行機が〉…‘の'上をブンブン飛ぶ

engineering

『工学』

土木工事

cardboard

厚紙,ボール紙

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

confetti

(結婚式などで散らす)細く切った色紙,紙ふぶき

キャンデー,ボンボン

canon

(教会)の教理,戒律,教会法

(一般に)規準,規範

(正しい典拠とすべき)経典,正典

聖従名簿

《しばしばC-》みさ典文

(音楽で)カノン,典則曲

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

laughter

『笑い』,笑い声

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

lobster

ウミザリガニ(はさみのある大えび);(日本でいう)伊勢えびなど

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

file

やすり

…‘に'やすりをかける;…‘を'やすりで切る(削り取る)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

inventor

(…の)『発明者』,考案者《+『of』+『名』》

contributor

(…への)寄付者《+『to』+『名』(do『ing』)》

(…への)貢献者,寄与者;一助,一因《+『to』+『名』(do『ing』)》

(雑誌・新聞などへの)寄稿家《+『to』+『名』》

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画