TED日本語 - ロマーナ・パイアーソン: 思いもよらない回復の地

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ロマーナ・パイアーソンが22歳の時、彼女は飲酒運転の車にはねられ、18か月もこん睡状態になりました。TED×DUで彼女は、老人ホームで集められた技と知恵によって達成された、自身の驚異的な回復についての物語を語ります。

Script

この話は10年以上誰にも話していませんが、 お話ししたいと思います。 なので、この物語が終わるまで ご清聴ください。 その時私は22歳で 仕事から帰り、犬と一緒に ランニングに行くところでした。 その時はまだ、私の人生が永遠に 変わってしまうなんて思ってもいませんでした。 犬の準備をしている時、 ある男性が飲み屋を出て、 車のカギを取り、車に乗り込み、 どこか知りませんが どこかに行こうとしていました。 私が通りを横切ろうとした時、 頭の中で爆弾が爆発したかのような 感じがしました。 そして地面に手をつき、 首や口など体中から 血が流れていたことだけ 覚えています。

何が起こったかというと、その男性が 信号を無視して、私と犬を轢いたのです。 その犬は車の下で息絶えました。 私は車の前に吹き飛ばされ、 彼は私の足を轢きました。 左足が車輪に絡まってしまったので、 ぐるぐる回りました。 車のバンパーは私の首をかすめ、 ぱっくりと切れてしまいました。 胸も激しく打ちつけました。 大動脈は心臓の裏に行ってしまい、 重要な血管が切れてしまっていたので、 口からどくどくと血が流れていました。 泡立つくらい激しく、 最悪の事態が起ころうとしていました。 何が起こったかはわかりませんが、 近くにいた人が心臓を 動かし続けてくれました。 心臓は震えるくらいだったので、 再び動くようにしてくれていました。 また他の人は、ボールペンを喉に刺し、 呼吸できるよう気道を確保してくれました。 肺もダメになっていたので、 肺を切り開いてピンを差し込んで、大惨事が 起こらないようにしてくれました。 どうにか病院に運ばれ、 氷で包まれ、最終的に 薬漬けのこん睡状態に陥りました。

18か月後、目を覚ましました。 目も見えず、話すこともできず、 歩くことさえできませんでした。 当時の体重は64lbsでした。 病院側も、こんな患者には 何をしていいかわかりませんでした。 実は、彼らは私のことを心気症患者と呼んでいました。 これは別の話なので言及しませんが。 首をくっつけ、心臓を治すために、何度も何度も 手術を受けました。 上手くいくときもあり、ダメなときもありました。 人工的なものを体に入れたり、 足がちゃんと動くように 死んだ人の骨を移植したりもしました。 最終的には、プラスティックの鼻や義歯などを とにかくいろいろ移植しました。 でも、人間のように見えるようになりました。 こういったことについて話すのは、つらい時もありますが、 我慢してください。 50回以上も手術を受けました。 誰も数えてないと思いますが。

病院は、ついに私は退院できると 判断しました。 誰か他に治療が必要な 患者さんを面倒見るために、ベッドを 空けなければいけなかったのでしょう。 誰も、私が回復するなんて思っていなかったのです。 彼らは壁に地図を掛け、ダーツを投げ その矢はここコロラドの老人ホームに当たりました。 「老人ホーム?なんでそんなとこに行く必要がある?」 と、みなさん不思議に思うかもしれません。 でも、今この部屋の中にある 技や知恵といったものが、老人ホームには 存在しているのです。 老人ホームには、ご老人の方々が持つ 技や知恵が集まっていました。 彼らが私たちよりも優れているのは、彼らが 長い人生で 培った知恵を持っているからです。 当時、私にはその知恵が必要でした。

でも、私が彼らの前に現れた時 彼らは何と思ったでしょう。 その時、私は68lbsまで体重が 戻っていました。 髪は生えておらず、 入院着を身に付けていて、 誰かがくれたテニスシューズを履いていました。 片手には白い杖を持ち、もう片方には 医療書類でいっぱいのスーツケースを持っていました。 そこで、ご老人の方々は、 緊急会議を開く必要がある、と気が付きました。 (笑) 彼らはいったん裏に戻り、お互いを見つめあい、 「それじゃあ、私たちはこの子に何ができるかしら? これは一大事だわ」と話し合いました。

彼らは、彼らの持つ知恵や技を 私に合うように組み合わせ 始めました。 しかし、彼らが最初にしなければいけなかったことは 何をすべきか見極めることでした。 私は、普通の人間のように 食べる方法を学ぶ必要がありました。 というのも、当時私は胸の管から血管を通じて 栄養を摂っていたからです。 なので、食べ方を学ぶ必要がありました。 彼らは、そのやり方を教えてくれました。 そして彼らは、「この子には 家具が必要だわ。だってこの子、 部屋の隅っこで寝ているじゃない」と気が付きました。 そこで彼らは倉庫に向かい、 余った家具を集め、ポットや フライパン、ブランケットなどの全てを私に くれました。 次に私が学ぶ必要があったのは、 おしゃれでした。 緑の入院着は脱ぎ、代わりに 花柄の洋服を着ることになりました。

(笑) 髪が戻った時、彼らが私に無理やりやろうとした髪型については 語るつもりはありません。 でも、青色にすることだけは断りました。 (笑)

いろいろあった後、彼らは私に 話し方を教えようと決めました。 話したり、見ることができなかったら 一人の人間として生きていくことはできません。 見ることはさておいて、とにかく私は話すことができるように なる必要がありました。 オフィスマネージャーのサリーが 日中私の面倒を見てくれました。 しかし、子どものように無意識のうちに 学ぶことができないので、 それはとても大変でした。 大人の私は学ぶことを恥ずかしいと思っていました。 しかも、どうやって新しい喉と舌、新しい歯と唇を 調整するかだけでなく、息を吸い込み 言葉を発する方法を 学ばなければいけませんでした。 私は子どものようにふるまい、 学ぶことを拒否しました。

しかし、妙案をもっている人がいました。 彼らは、学ぶことを楽しくしようとしました。 そこで彼らは、夜は私に汚い言葉を教えてくれました。

(笑) 実は、船乗りのように 罵る方法も教えてくれました。 サリーが、私はもう回復したと判断できた 私の最初の一言については、あなたたちの ご想像にお任せします。 (笑)

全ては、そこから始まりました。 偶然にもアルツハイマーを患っていた以前の先生が 私に書き方を教えてくれました。 こののんびりさが、実は私には良かったのです。 なので、次に進みたいと思います。 (笑) 私にとっての一番の鬼門は、 目が見えない人間として、再び信号を渡ることを 学ぶことでした。 目を閉じてみてください。 あなたは、信号を渡らなければいけません。 道がどれくらいの幅か知らないし まっすぐ進んでいるかも分からない。 車は絶え間なく行ったり来たりしており あなたを死の淵に追いやった事故を あなたはそこで経験しています。 私は、2つの障害を乗り越えなければなりませんでした。 1つは、心的外傷後ストレス障害。 当時私は、角やカーブに近づくたびに パニックになっていました。 もう1つは、どうやって 信号を渡ればいいかを理解することでした。

そこで、あるご老人が私のもとに来て、 私を角まで押しやって、こう言いました。 「行けると思ったら杖を突きだしなさい。もしも それが車に当たれば、道を渡っちゃダメよ」と。 (笑) 確かにその通りでした。 しかし、3本目の杖が この試みでダメになってしまった時、 彼らはあることに気が付きました。それは、私に目の見えない 人間として生きられるように 点字学校で技を学ばせる必要があるということ。 そして、私の人生を 変えてくれた盲導犬を 私のために手に入れる 必要があるということでした。 私を助けてくれたご老人たち、そして 盲導犬や身に付けた技のおかげで、私は 大学に戻ることができました。

10年後、私の視力は回復しました。 魔法ではありません。 3つの手術を受け、そのうちの1つは 実験的なものでした。 実は、ロボットを使った手術でした。 私の目の裏側から、血腫が取り除かれました。 私にとっての最大の変化は、 世界は進歩して、私の知らないようなもの たとえば、携帯電話や ノートパソコンなどのあらゆる種類の 技術革新が為されていた ということでした。 目で見ることができなかったので、 視覚的な記憶は色あせ、 どんな触感か、どんな音が聞こえるか、 どんな匂いがするかなどに 記憶は置き換えられていました。

ある日私は部屋の中で、 あるものを見つけました。それはまるで 化け物のような感じがしました。 なので、その周りを回って、 「触るだけだよ」と言ってみて、 実際に触ってみたら、その正体がわかり 「あらやだ。これは洗濯カゴじゃない」と言いました。 (笑) 目が見える人にとっては、それは 当然のことなので、ありとあらゆる物が 異なって見えます。 しかし、目が見えなかったら 感覚で物を記憶することしかできません。

手を見ながら、10年もの私の人生が失われた ということに気が付きました。 何かしらの理由で、私の時は止まり、家族や友人の中だけで だけで時は動いていたと思っていました。 しかし、手を見ると 私の中でも時が経っていた、そして 追いつかなければいけないということに気が付き、 私は動き始めました。 私が事故にあった時、クラウドソージングなどの言葉を 私たちは知りませんでした。 ただ、ある1つの事実、すなわち 私を立て直すため、そして再教育するために みんなが協力してくれたことは確かな事実です。 もしも、みんなが協力してくれていなかったら 私はここにいることはできなかったでしょう。

ご清聴ありがとうございました。

(拍手)

I'm actually going to share something with you I haven't talked about probably in more than 10 years. So bear with me as I take you through this journey. When I was 22 years old, I came home from work, put a leash on my dog and went for my usual run. I had no idea that at that moment my life was going to change forever. While I was preparing my dog for the run, a man was finishing drinking at a bar, picked up his car keys, got into a car and headed south, or wherever he was. I was running across the street, and the only thing that I actually remember is feeling like a grenade went off in my head. And I remember putting my hands on the ground and feeling my life's blood emptying out of my neck and my mouth.

What had happened is he ran a red light and hit me and my dog. She ended up underneath the car. I flew out in front of the car, and then he ran over my legs. My left leg got caught up in the wheel well -- spun it around. The bumper of the car hit my throat, slicing it open. I ended up with blunt chest trauma. Your aorta comes up behind your heart. It's your major artery, and it was severed, so my blood was gurgling out of my mouth. It foamed, and horrible things were happening to me. I had no idea what was going on, but strangers intervened, kept my heart moving, beating. I say moving because it was quivering and they were trying to put a beat back into it. Somebody was smart and put a Bic pen in my neck to open up my airway so that I could get some air in there. And my lung collapsed, so somebody cut me open and put a pin in there as well to stop that catastrophic event from happening. Somehow I ended up at the hospital. I was wrapped in ice and then eventually put into a drug-induced coma.

18 months later I woke up. I was blind, I couldn't speak, and I couldn't walk. I was 64 lbs. The hospital really has no idea what to do with people like that. And in fact, they started to call me a Gomer. That's another story we won't even get into. I had so many surgeries to put my neck back together, to repair my heart a few times. Some things worked, some things didn't. I had lots of titanium put in me, cadaver bones to try to get my feet moving the right way. And I ended up with a plastic nose, porcelain teeth and all kinds of other things. But eventually I started to look human again. But it's hard sometimes to talk about these things, so bear with me. I had more than 50 surgeries. But who's counting?

So eventually, the hospital decided it was time for me to go. They needed to open up space for somebody else that they thought could come back from whatever they were going through. Everybody lost faith in me being able to recover. So they basically put a map up on the wall, threw a dart, and it landed at a senior home here in Colorado. And I know all of you are scratching your head: "A senior citizens' home? What in the world are you going to do there?" But if you think about all of the skills and talent that are in this room right now, that's what a senior home has. So there were all these skills and talents that these seniors had. The one advantage that they had over most of you is wisdom, because they had a long life. And I needed that wisdom at that moment in my life.

But imagine what it was like for them when I showed up at their doorstep? At that point, I had gained four pounds, so I was 68 lbs. I was bald. I was wearing hospital scrubs. And somebody donated tennis shoes for me. And I had a white cane in one hand and a suitcase full of medical records in another hand. And so the senior citizens realized that they needed to have an emergency meeting. (Laughter) So they pulled back and they were looking at each other, and they were going, "Okay, what skills do we have in this room? This kid needs a lot of work."

So they eventually started matching their talents and skills to all of my needs. But one of the first things they needed to do was assess what I needed right away. I needed to figure out how to eat like a normal human being, since I'd been eating through a tube in my chest and through my veins. So I had to go through trying to eat again. And they went through that process. And then they had to figure out: "Well she needs furniture. She is sleeping in the corner of this apartment." So they went to their storage lockers and all gathered their extra furniture -- gave me pots and pans, blankets, everything. And then the next thing that I needed was a makeover. So out went the green scrubs and in came the polyester and floral prints.

(Laughter) We're not going to talk about the hairstyles that they tried to force on me once my hair grew back. But I did say no to the blue hair. (Laughter)

So eventually what went on is they decided that, well I need to learn to speak. So you can't be an independent person if you're not able to speak and can't see. So they figured not being able to see is one thing, but they need to get me to talk. So while Sally, the office manager, was teaching me to speak in the day -- it's hard, because when you're a kid, you take things for granted. You learn things unconsciously. But for me, I was an adult and it was embarrassing, and I had to learn how to coordinate my new throat with my tongue and my new teeth and my lips, and capture the air and get the word out. So I acted like a two-year-old and refused to work.

But the men had a better idea. They were going to make it fun for me. So they were teaching me cuss word Scrabble at night,

(Laughter) and then, secretly, how to swear like a sailor. So I'm going to just leave it to your imagination as to what my first words were when Sally finally got my confidence built. (Laughter)

So I moved on from there. And a former teacher who happened to have Alzheimer's took on the task of teaching me to write. The redundancy was actually good for me. So we'll just keep moving on. (Laughter) One of the pivotal times for me was actually learning to cross a street again as a blind person. So close your eyes. Now imagine you have to cross a street. You don't know how far that street is and you don't know if you're going straight and you hear cars whizzing back and forth, and you had a horrible accident that landed you in this situation. So there were two obstacles I had to get through. One was post-traumatic stress disorder. And every time I approached the corner or the curb I would panic. And the second one was actually trying to figure out how to cross that street.

So one of the seniors just came up to me, and she pushed me up to the corner and she said, "When you think it's time to go, just stick the cane out there. If it's hit, don't cross the street." (Laughter) Made perfect sense. But by the third cane that went whizzing across the road, they realized that they needed to put the resources together, and they raised funds so that I could go to the Braille Institute and actually gain the skills to be a blind person, and also to go get a guide dog who transformed my life. And I was able to return to college because of the senior citizens who invested in me, and also the guide dog and skill set I had gained.

10 years later I gained my sight back. Not magically. I opted in for three surgeries, and one of them was experimental. It was actually robotic surgery. They removed a hematoma from behind my eye. The biggest change for me was that the world moved forward, that there were innovations and all kinds of new things -- cellphones, laptops, all these things that I had never seen before. And as a blind person, your visual memory fades and is replaced with how you feel about things and how things sound and how things smell.

So one day I was in my room and I saw this thing sitting in my room and I thought it was a monster. So I was walking around it. And I go, "I'm just going to touch it." And I touched it and I went, "Oh my God, it's a laundry basket." (Laughter) So everything is different when you're a sighted person because you take that for granted. But when you're blind, you have the tactile memory for things.

The biggest change for me was looking down at my hands and seeing that I'd lost 10 years of my life. I thought that time had stood still for some reason and moved on for family and friends. But when I looked down, I realized that time marched on for me too and that I needed to get caught up, so I got going on it. We didn't have words like crowd-sourcing and radical collaboration when I had my accident. But the concept held true -- people working with people to rebuild me; people working with people to re-educate me. I wouldn't be standing here today if it wasn't for extreme radical collaboration.

Thank you so much.

(Applause)

I'm actually going to share/ something/ with you/ I haven't talked about probably/ in more than 10 years.//

この話は10年以上誰にも話していませんが、 お話ししたいと思います。

So bear/ with me/ as I take you/ through this journey.//

なので、この物語が終わるまで ご清聴ください。

When I was 22 years old,/ I came home/ from work,/ put a leash/ on my dog/ and went for my usual run.//

その時私は22歳で 仕事から帰り、犬と一緒に ランニングに行くところでした。

I had no idea that/ at that moment/ my life was going to change forever.//

その時はまだ、私の人生が永遠に 変わってしまうなんて思ってもいませんでした。

While I was preparing my dog/ for the run,/ a man was finishing drinking/ at a bar,/ picked up/ his car keys,/ got into a car/ and headed south,/ or wherever he was.//

犬の準備をしている時、 ある男性が飲み屋を出て、 車のカギを取り、車に乗り込み、 どこか知りませんが どこかに行こうとしていました。

I was running across the street,/ and the only thing/ that I actually remember/ is feeling like a grenade went off/ in my head.//

私が通りを横切ろうとした時、 頭の中で爆弾が爆発したかのような 感じがしました。

And I remember putting/ my hands/ on the ground/ and feeling my life's blood/ emptying out of my neck and my mouth.//

そして地面に手をつき、 首や口など体中から 血が流れていたことだけ 覚えています。

What had happened/ is he ran a red light/ and hit me and my dog.//

何が起こったかというと、その男性が 信号を無視して、私と犬を轢いたのです。

She ended up/ underneath the car.//

その犬は車の下で息絶えました。

I flew out/ in front of the car,/ and then/ he ran over my legs.//

私は車の前に吹き飛ばされ、 彼は私の足を轢きました。

My left leg got caught up/ in the wheel well --/ spun it around.//

左足が車輪に絡まってしまったので、 ぐるぐる回りました。

The bumper of the car hit my throat,/ slicing it open.//

車のバンパーは私の首をかすめ、 ぱっくりと切れてしまいました。

I ended up/ with blunt chest trauma.//

胸も激しく打ちつけました。

Your aorta comes up/ behind your heart.//

大動脈は心臓の裏に行ってしまい、

It's your major artery,/ and it was severed,/ so/ my blood was gurgling out of my mouth.//

重要な血管が切れてしまっていたので、 口からどくどくと血が流れていました。

It foamed,/ and horrible things were happening to me.//

泡立つくらい激しく、 最悪の事態が起ころうとしていました。

I had no idea/ what was going on,/ but strangers intervened,/ kept my heart moving,/ beating.//

何が起こったかはわかりませんが、 近くにいた人が心臓を 動かし続けてくれました。

I say moving/ because it was quivering/ and they were trying to put/ a beat back/ into it.//

心臓は震えるくらいだったので、 再び動くようにしてくれていました。

Somebody was smart/ and put a Bic pen/ in my neck/ to open up/ my airway/ so that I could get some air/ in there.//

また他の人は、ボールペンを喉に刺し、 呼吸できるよう気道を確保してくれました。

And my lung collapsed,/ so somebody cut me open/ and put a pin/ in there as well/ to stop/ that catastrophic event/ from happening.//

肺もダメになっていたので、 肺を切り開いてピンを差し込んで、大惨事が 起こらないようにしてくれました。

Somehow/ I ended up/ at the hospital.//

どうにか病院に運ばれ、

I was wrapped in ice/ and then eventually put into a drug-induced coma.//

氷で包まれ、最終的に 薬漬けのこん睡状態に陥りました。

18 months later/ I woke up.//

18か月後、目を覚ましました。

I was blind,/ I couldn't speak,/ and I couldn't walk.//

目も見えず、話すこともできず、 歩くことさえできませんでした。

I was 64 lbs.//

当時の体重は64lbsでした。

The hospital really has no idea/ what to do with people/ like that.//

病院側も、こんな患者には 何をしていいかわかりませんでした。

And in fact,/ they started to call/ me/ a Gomer.//

実は、彼らは私のことを心気症患者と呼んでいました。

That's another story/ we won't even get into.//

これは別の話なので言及しませんが。

I had so many surgeries/ to put my neck back together,/ to repair my heart/ a few times.//

首をくっつけ、心臓を治すために、何度も何度も 手術を受けました。

Some things worked,/ some things didn't.//

上手くいくときもあり、ダメなときもありました。

I had lots of titanium put in me,/ cadaver bones to try to get my feet/ moving the right way.//

人工的なものを体に入れたり、 足がちゃんと動くように 死んだ人の骨を移植したりもしました。

And I ended up/ with a plastic nose,/ porcelain teeth and all kinds of other things.//

最終的には、プラスティックの鼻や義歯などを とにかくいろいろ移植しました。

But eventually/ I started to look/ human again.//

でも、人間のように見えるようになりました。

But it's hard sometimes/ to talk about these things,/ so bear/ with me.//

こういったことについて話すのは、つらい時もありますが、 我慢してください。

I had more than 50 surgeries.//

50回以上も手術を受けました。

But who's counting?//

誰も数えてないと思いますが。

So eventually,/ the hospital decided/ it was time/ for me/ to go.//

病院は、ついに私は退院できると 判断しました。

They needed to open up/ space/ for somebody else/ that they thought could come back/ from whatever they were going through.//

誰か他に治療が必要な 患者さんを面倒見るために、ベッドを 空けなければいけなかったのでしょう。

Everybody lost faith/ in me/ being able to recover.//

誰も、私が回復するなんて思っていなかったのです。

So they basically put a map up/ on the wall,/ threw a dart,/ and it landed at a senior home here/ in Colorado.//

彼らは壁に地図を掛け、ダーツを投げ その矢はここコロラドの老人ホームに当たりました。

And I know all of you are scratching your head:/ "A senior citizens/' home?// What in the world are you going to do there?"//

「老人ホーム?なんでそんなとこに行く必要がある?」 と、みなさん不思議に思うかもしれません。

But/ if you think about all of the skills and talent/ that are in this room right now,/ that's/ what a senior home has.//

でも、今この部屋の中にある 技や知恵といったものが、老人ホームには 存在しているのです。

So there were all these skills and talents/ that these seniors had.//

老人ホームには、ご老人の方々が持つ 技や知恵が集まっていました。

The one advantage/ that they had over most of you is wisdom,/ because they had a long life.//

彼らが私たちよりも優れているのは、彼らが 長い人生で 培った知恵を持っているからです。

And I needed/ that wisdom/ at that moment/ in my life.//

当時、私にはその知恵が必要でした。

But imagine/ what it was like for them/ when I showed up/ at their doorstep?//

でも、私が彼らの前に現れた時 彼らは何と思ったでしょう。

At that point,/ I had gained four pounds,/ so I was 68 lbs.//

その時、私は68lbsまで体重が 戻っていました。

I was bald.//

髪は生えておらず、

入院着を身に付けていて、

And somebody donated tennis shoes/ for me.//

誰かがくれたテニスシューズを履いていました。

And I had a white cane/ in one hand and a suitcase full of medical records/ in another hand.//

片手には白い杖を持ち、もう片方には 医療書類でいっぱいのスーツケースを持っていました。

And so/ the senior citizens realized/ that they needed to have/ an emergency meeting.//

そこで、ご老人の方々は、 緊急会議を開く必要がある、と気が付きました。

(Laughter)/ So they pulled back/ and they were looking at each other,/ and they were going,/ "Okay,/ what skills do we have in this room?//

(笑) 彼らはいったん裏に戻り、お互いを見つめあい、 「それじゃあ、私たちはこの子に何ができるかしら?

This kid needs a lot of work."//

これは一大事だわ」と話し合いました。

So they eventually started matching/ their talents and skills/ to all of my needs.//

彼らは、彼らの持つ知恵や技を 私に合うように組み合わせ 始めました。

But one of the first things/ they needed/ to do was assess/ what I needed right away.//

しかし、彼らが最初にしなければいけなかったことは 何をすべきか見極めることでした。

I needed to figure out/ how to eat like a normal human being,/ since I'd been eating through a tube/ in my chest/ and/ through my veins.//

私は、普通の人間のように 食べる方法を学ぶ必要がありました。 というのも、当時私は胸の管から血管を通じて 栄養を摂っていたからです。

So I had to go/ through trying to eat again.//

なので、食べ方を学ぶ必要がありました。

And they went through that process.//

彼らは、そのやり方を教えてくれました。

And then/ they had to figure out:/ "Well/ she needs furniture.//

そして彼らは、「この子には 家具が必要だわ。だってこの子、

She is sleeping in the corner of this apartment."//

部屋の隅っこで寝ているじゃない」と気が付きました。

So they went to their storage lockers/ and all gathered their extra furniture --/ gave me/ pots and pans,/ blankets,/ everything.//

そこで彼らは倉庫に向かい、 余った家具を集め、ポットや フライパン、ブランケットなどの全てを私に くれました。

And then/ the next thing/ that I needed/ was a makeover.//

次に私が学ぶ必要があったのは、 おしゃれでした。

So out went the green scrubs/ and in came the polyester and floral prints.//

緑の入院着は脱ぎ、代わりに 花柄の洋服を着ることになりました。

(Laughter)/ We're not going to talk/ about the hairstyles/ that they tried to force/ on me once/ my hair grew back.//

(笑) 髪が戻った時、彼らが私に無理やりやろうとした髪型については 語るつもりはありません。

But I did say no/ to the blue hair.//

でも、青色にすることだけは断りました。

(笑)

So eventually/ what went/ on is they decided/ that,/ well/ I need to learn to speak.//

いろいろあった後、彼らは私に 話し方を教えようと決めました。

So you can't be an independent person/ if you're not able/ to speak/ and can't see.//

話したり、見ることができなかったら 一人の人間として生きていくことはできません。

So/ they figured not being able to see is one thing,/ but they need to get/ me/ to talk.//

見ることはさておいて、とにかく私は話すことができるように なる必要がありました。

So/ while Sally,/ the office manager,/ was teaching me/ to speak in the day --/ it's hard,/ because/ when you're a kid,/ you take things/ for granted.//

オフィスマネージャーのサリーが 日中私の面倒を見てくれました。 しかし、子どものように無意識のうちに 学ぶことができないので、

You learn things unconsciously.//

それはとても大変でした。

But for me,/ I was an adult/ and it was embarrassing,/ and I had to learn/ how to coordinate my new throat/ with my tongue and my new teeth and my lips,/ and capture the air/ and get the word out.//

大人の私は学ぶことを恥ずかしいと思っていました。 しかも、どうやって新しい喉と舌、新しい歯と唇を 調整するかだけでなく、息を吸い込み 言葉を発する方法を 学ばなければいけませんでした。

So I acted like a two-year-old/ and refused to work.//

私は子どものようにふるまい、 学ぶことを拒否しました。

But the men had a better idea.//

しかし、妙案をもっている人がいました。

They were going to make/ it fun for me.//

彼らは、学ぶことを楽しくしようとしました。

So/ they were teaching me cuss word Scrabble/ at night,//

そこで彼らは、夜は私に汚い言葉を教えてくれました。

(Laughter) and then,/ secretly,/ how to swear like a sailor.//

(笑) 実は、船乗りのように 罵る方法も教えてくれました。

So I'm going to just leave it/ to your imagination/ as/ to/ what my first words were/ when Sally finally got my confidence built.//

サリーが、私はもう回復したと判断できた 私の最初の一言については、あなたたちの ご想像にお任せします。

(笑)

So I moved on/ from there.//

全ては、そこから始まりました。

And a former teacher/ who happened to have/ Alzheimer's took/ on the task of teaching me/ to write.//

偶然にもアルツハイマーを患っていた以前の先生が 私に書き方を教えてくれました。

The redundancy was actually good/ for me.//

こののんびりさが、実は私には良かったのです。

So we'll just keep moving/ on.//

なので、次に進みたいと思います。

(Laughter)/ One of the pivotal times/ for me was actually learning to cross/ a street again/ as a blind person.//

(笑) 私にとっての一番の鬼門は、 目が見えない人間として、再び信号を渡ることを 学ぶことでした。

So close your eyes.//

目を閉じてみてください。

Now/ imagine/ you have to cross/ a street.//

あなたは、信号を渡らなければいけません。

You don't know/ how far/ that street is/ and you don't know/ if you're going/ straight/ and you hear cars/ whizzing back and forth,/ and you had a horrible accident/ that landed you/ in this situation.//

道がどれくらいの幅か知らないし まっすぐ進んでいるかも分からない。 車は絶え間なく行ったり来たりしており あなたを死の淵に追いやった事故を あなたはそこで経験しています。

So/ there were two obstacles/ I had to get/ through.//

私は、2つの障害を乗り越えなければなりませんでした。

One was post-traumatic stress disorder.//

1つは、心的外傷後ストレス障害。

And every time/ I approached the corner/ or the curb/ I would panic.//

当時私は、角やカーブに近づくたびに パニックになっていました。

And the second one was actually trying to figure out/ how to cross/ that street.//

もう1つは、どうやって 信号を渡ればいいかを理解することでした。

So one of the seniors just came up/ to me,/ and she pushed me/ up/ to the corner/ and she said,/ "When you think/ it's time/ to go,/ just stick the cane out there.//

そこで、あるご老人が私のもとに来て、 私を角まで押しやって、こう言いました。 「行けると思ったら杖を突きだしなさい。もしも

If it's hit,/ don't cross the street."//

それが車に当たれば、道を渡っちゃダメよ」と。

(笑) 確かにその通りでした。

But by the third cane/ that went whizzing/ across the road,/ they realized/ that they needed to put/ the resources together,/ and they raised funds/ so that I could go to the Braille Institute/ and actually gain the skills/ to be a blind person,/ and also to go get a guide dog/ who transformed my life.//

しかし、3本目の杖が この試みでダメになってしまった時、 彼らはあることに気が付きました。それは、私に目の見えない 人間として生きられるように 点字学校で技を学ばせる必要があるということ。 そして、私の人生を 変えてくれた盲導犬を 私のために手に入れる 必要があるということでした。

And I was able to return to college/ because of the senior citizens/ who invested in me,/ and also/ the guide dog and skill set/ I had gained.//

私を助けてくれたご老人たち、そして 盲導犬や身に付けた技のおかげで、私は 大学に戻ることができました。

10 years later/ I gained my sight back.//

10年後、私の視力は回復しました。

Not/ magically.//

魔法ではありません。

I opted in for three surgeries,/ and one of them was experimental.//

3つの手術を受け、そのうちの1つは 実験的なものでした。

It was actually robotic surgery.//

実は、ロボットを使った手術でした。

They removed a hematoma/ from behind my eye.//

私の目の裏側から、血腫が取り除かれました。

The biggest change/ for me was/ that the world moved forward,/ that there were innovations and all kinds of new things --/ cellphones,/ laptops,/ all these things/ that I had never seen before.//

私にとっての最大の変化は、 世界は進歩して、私の知らないようなもの たとえば、携帯電話や ノートパソコンなどのあらゆる種類の 技術革新が為されていた ということでした。

And as a blind person,/ your visual memory fades/ and is replaced with how you feel about things/ and how things sound/ and how things smell.//

目で見ることができなかったので、 視覚的な記憶は色あせ、 どんな触感か、どんな音が聞こえるか、 どんな匂いがするかなどに 記憶は置き換えられていました。

So one day/ I was in my room/ and I saw this thing/ sitting in my room/ and I thought it was a monster.//

ある日私は部屋の中で、 あるものを見つけました。それはまるで 化け物のような感じがしました。

So I was walking around it.//

なので、その周りを回って、

And I go,/ "I'm just going to touch/ it."//

「触るだけだよ」と言ってみて、

And I touched/ it and I went,/ "Oh my/ God,/ it's a laundry basket."//

実際に触ってみたら、その正体がわかり 「あらやだ。これは洗濯カゴじゃない」と言いました。

(Laughter)/ So everything is different/ when you're a sighted person/ because you take that/ for granted.//

(笑) 目が見える人にとっては、それは 当然のことなので、ありとあらゆる物が 異なって見えます。

But when you're blind,/ you have the tactile memory/ for things.//

しかし、目が見えなかったら 感覚で物を記憶することしかできません。

The biggest change/ for me was looking down/ at my hands/ and seeing/ that I'd lost 10 years of my life.//

手を見ながら、10年もの私の人生が失われた ということに気が付きました。

I thought/ that time had stood still/ for some reason/ and moved on for family and friends.//

何かしらの理由で、私の時は止まり、家族や友人の中だけで だけで時は動いていたと思っていました。

But when I looked down,/ I realized/ that time marched on for me too/ and/ that I needed to get caught up,/ so I got going/ on it.//

しかし、手を見ると 私の中でも時が経っていた、そして 追いつかなければいけないということに気が付き、 私は動き始めました。

We didn't have words/ like crowd-sourcing and radical collaboration/ when I had my accident.//

私が事故にあった時、クラウドソージングなどの言葉を 私たちは知りませんでした。

But the concept held true --/ people/ working with people to rebuild me;/ people/ working with people to re-educate me.//

ただ、ある1つの事実、すなわち 私を立て直すため、そして再教育するために みんなが協力してくれたことは確かな事実です。

I wouldn't be standing here/ today/ if it wasn't for extreme radical collaboration.//

もしも、みんなが協力してくれていなかったら 私はここにいることはできなかったでしょう。

Thank you so much.//

ご清聴ありがとうございました。

(拍手)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

leash

(犬などをつなぐ)皮ひも,綱,鎖(くさり)

〈犬など〉‘を'皮ひもなどでつなぐ

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

usual

『いつもの』,通例の,おきまりの

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

drinking

飲むこと

(特に過度の)飲酒

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

grenade

手りゅう弾;擲(てき)弾筒の弾;消火弾

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

red light

(危険信号の)赤ランプ

(停止信号の)赤ランプ

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

wheel

『車輪』

《the ~》(自動車の)『ハンドル』,(船の)『舵輪』(steering wheel)

(製陶用の)ろくろ(potter's wheel);紡ぎ車(spinning wheel)

《複数形で》(…の)推進力,原動力;機関,機構《of+『名』》

回転[運動],旋回[運動]

《複数形で》《俗》足,自動車,車

《場所を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'車で運ぶ

〈車〉‘を'動かす

車(車輪)で進む

くるりと回る,向きを変える《+around(about)》

〈鳥が〉輪を描く

《英》〈隊列が〉旋回する

spun

spinの過去・過去分詞

bumper

バンパー(衝激を弱めるため例車・自動車の前後部につける)

非常に大きな

throat

(気管・食道部分としての)『のど』,咽喉部

のど首

のど状の物;(容器などの)首

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

blunt

『切っ先の鈍い』,なまくらの

『ぶっきらぼうな』,無愛想な

…'を'鈍くする,鈍らせる

なまくらになる,鈍る

chest

(ふた付きのじょうぶな)『大箱』,ひつ

《米》たんす(=chest of drawers)

(…の)たんすいっぱい《+『of』+『名』》

『胸[部]』,肺

trauma

外傷

精神的外傷(心に永久的な傷を残すような衝撃)

aorta

大動脈

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

artery

動脈

(道路・水路・鉄道などの)勘線,(通信の)主チャンネル

sever

(全体から)…‘を'切断する《+『名』+『from』+『名』》

(いくつかの部分に)…‘を'分ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

〈関係など〉‘を'断つ

切れる,分かれる,分裂する

gurgle

〈水などが〉ゴボゴボ流れ出る,ドクドク流れる

のどをゴクゴク鳴らす

ゴボゴボという音[擬声語]

foam

(液体表面の)『泡』(あわ)[のかたまり]

《話》=foam rubber

『泡立つ』

泡立って流れる(吹き出る)

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

intervene

(ある事と事,時と時,場所と場所の)『間に起こる』,間に人る《+『between』(『in』)+『名』》

(相対するもの間に)仲裁に入る,(…に)干渉する《+『in』(『between』)+『名』》

〈事が〉じゃまに入る

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

beating

〈C〉打つこと;(罰としての)むち打ち

〈C〉打ち負かすこと;敗北

〈U〉(心臓の)鼓動

quiver

(通例小刻みに,またはわずかに)『震える』

(…の)(通例小刻みの,またはわずかな)震え,震動《+『of』(『in』+『名』》

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

airway

〈C〉航空路

〈C〉(鉱山などの)通風路

《複数形》航空会社

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

pin

『ピン』・留め針・《しばしば複合語を作って》ピンの働きをする物

(留め針の付いた)『記章』,『バッジ』

(木・プラスチック・金属などの)留めくぎ,掛けくぎ(peg);(弦楽器の)糸巻き

《複数形で》《英話》脚(legs)

《a~》《否定文で》ほんのわずか

(ゴルフ・ボウリングの)ピン

(…に)…‘を'『ピンで留める』《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

(人・物事に)〈望み・信頼など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'動けなくする《+『名』+『against』(『to, under』)+『名』》

《話》〈罪・過失など〉‘を'(人の)せいだとする《+『名』+『on』+『名』〈人〉》

catastrophic

悲劇的な,大異変の,破滅的な

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

hospital

『病院』

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

coma

こん睡状態

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

times

…掛ける

titanium

チタン,チタニウム(金属元素;化学記号は Ti)

cadaver

死体(特に解剖・研究用の人間の死体)

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

porcelain

(材料としての)磁器

《集合的に》磁器製品

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

basically

基本的に,根本的に;元来は

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

dart

(武器の)『投げやり』,(投げ矢遊びの)投げ矢

(昆虫の)針

《複数形で》投げ矢遊び

《a~》急激な突進

ダーツ(洋服を体に合わせるための縫いつまみ)

(…に)〈やり・矢,視線など〉'を'投げる,投げかける

(投げ矢のように)『突進する』,さっと動く

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

Colorado

コロラド州(米国西部の州,州都はDenver;《略》『Col.,Colo.,CO』)

《the ~》コロラド川(カリフォルニア湾に注ぐ;Grand Canyonを流れるので有名)

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

senior citizen

《遠回しに》老人,老齢者(特に65歳以上の退職した年金生活者)

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

doorstep

戸口の上がり段(街路に面した家によく見られる)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

bald

(頭が)『はげた』,(人が)『はげ頭の』

(山に樹木がなくて)裸の,(木に)葉のない

(文体など)単調な,飾りのない

あからさまな,露骨な;隠し立てのない

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

scrub

(たわし・ブラシなどで)…‘を'『ごしごしする』(洗う)

(…から)…‘を'こすり落とす《+『名』+『off』(『out』)+『名』》

〈ガスなど〉‘から'不純物を除く

…‘を'延期する;…‘を'取り消す

ごしごしこすってきれいにする

ごしごしとこすること,こすってきれいにすること

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

cane

〈C〉(トウ・タケ・サトウキビなどの)『茎』

〈U〉(用材としての)『トウ』(いす・かごなどを作る)

〈C〉ステッキ,トウヅエ

〈C〉むち

〈C〉サトウキビ

〈人〉'を'むち打って罰する

〈家具〉'を'トウで作る(修理する)

suitcase

スーツケース,(長方形で平たい)小型旅行かばん

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

laughter

『笑い』,笑い声

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

okay

=OK,O.K.

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

first thing

まず最初に,朝一番に

assess

(課税額を決定するために)(…の金額に)〈財産・収入など〉'を'評価する,査定する《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈税金・料金など〉'を'課する,割り当てる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

…'を'評価する,判断する

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

vein

〈C〉『静脈』

〈C〉(植物の)葉脈;(昆虫の)翅脈;(石の)石理;(木の)木目

〈C〉岩脈,鉱脈

〈U〉《しばしば a vein》(…の)傾向,性質《+of+名》

〈U〉《the vein》(…に対する)気分,気持ち《+for+名(doing)》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

furniture

(特にテーブル・いす・ベッドなどの動かせる)『家具』・(集合的) 家具 (a piece of ~ 家具一点); 備品; 調度.

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

locker

ロッカー,錠つき戸だな

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

pot

〈C〉(金属・陶器・ガラス製などの)『つぼ』,かめ,鉢(はち);深なべ・〈C〉びん・つぼ・かめ・なべなどの)1杯分(の分量)《+『of』+『名』》

〈C〉室内用便器(chamber pot)

〈C〉《話》優勝カップ

〈U〉《the pot》《おもに米》(ポーカーなどの)1回の総賭(か)け金

〈C〉《しばしば複数形で》《話》多額[の金]

〈U〉《the pot》《米》(仲間が共同で使えるように出し合う)基金

〈C〉《話》《おもに英》お偉方,大物

〈U〉《属》マリファナ(marijuana)

=potbelly

〈植物〉‘を'鉢植えにする

〈食物〉‘を'容器に入れて保存する

(食用・スポーツとして)〈獲物〉‘を'撃ち殺す

《話》〈子供〉‘を'室内便器に坐らせる

pan

(通例ふたのない片柄の)『平なべ』

平なべ状の物;(はかりなどの)皿;(砂金などを砂利から分ける)選鉱なべ

硬質地層

…‘を'平なべで煮る

〈砂金など〉‘を'えり分ける,選鉱する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

《話》…‘を'こきおろす,酷評する

(…を得るために)選鉱なべで洗う《+『for』+『名』》

blanket

『毛布』

(毛布にように)一面に広がっておおう物

…'を'毛布でおおう,(毛布でおおうように)…'を'一面におおう

包括的な,総括的な

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

polyester

ポリエステル(合成繊維の一種)

floral

花の,花のような,花から成る

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

hairstyle

髪型

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

ca

circa

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

sally

(城兵などの)出撃,突撃

(感情・言動などの)爆発,突発,ほとばしり《+『of』+『名』》

《話》ちょっと旅に出ること

(悪意のない)軽い冗談(皮肉)

出撃する;出かける《+『forth』(『out』)》

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

unconsciously

意識を失って;知らずに,無意識に,何気なく

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

tongue

〈C〉『舌』

〈C〉〈U〉(食用の牛などの)舌,タン

〈C〉『言葉』,言語(language)

〈C〉『言葉遣い』,言い回し

〈C〉話す能力

〈C〉(形・位置・働きが)舌に似たもの

〈C〉細長い岬

〈C〉(靴の)舌革,べろ

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

cuss

《米話》=curse

《形容詞を伴って》(…な)やつ,野郎

=curse

scrabble

(…を求めて)ひっかき回す《+『about for』+『名』》

つかみ合う,苦闘する

書きなぐる

(山などを)よじ登ること

(…の)奪い合い《+『for』+『名』》

《時にS-》つづり字遊び

secretly

内密に,こっそり(in secrecy)

swear

(神などにかけて)『誓う,』宣誓する

(宣誓して)(…を)『証言する』《+to+名(doing)》

『罰当たりな言葉を使う,』(…を)ののしる《+at+名》

(神などにかけて)…を‘誓う,'誓って言う

《話》《swear+that節》…だと断言する,主張する

(…を)〈人〉‘に'誓わせる,宣誓させる《+名+to+名(doing)》

sailor

『水夫』,船員,海員

(海軍士官に対して)水兵

《形容詞を伴って》船に…な人

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

built

buildの過去・過去分詞

「(体が)…にできている,…造りの」の意を表す

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

redundancy

〈U〉余分な言葉を使うこと,冗長,冗漫

余分なもの;不必要な言葉

pivotal

旋回軸の

中枢の,中心となる,重大な

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

curb

(馬の)くつわ鎖,止めぐつわ

拘束,抑制

《米》(歩道を車道と区分するため縁にそって並べた)縁石(《英》kerb)

(止めぐつわで)〈馬〉'を'制御する

〈感情・欲望など〉'を'抑制する

panic

〈C〉〈U〉『あわてふためき,恐慌』,ろうばい

〈C〉経済恐慌,パニック

《単数形で》《米俗》とてもおかしなもの,珍無類なもの

あわてふためく,恐慌に陥る

…‘を'あわてさせる

《米俗》〈観客〉‘を'沸きたたせる

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

magically

魔法のように,不思議に

experimental

実験の,実験に基づく:

実験に使われる,実験用の

実験的な,試験的な

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

laundry basket

洗濯物用かご

tactile

触覚の,触覚による,触知しうる

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画