TED日本語 - サム・リチャーズ: 共感に関する過激な試み

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ペンシルバニア大学で教鞭をとる社会学者のサム・リチャーズは、TEDxPSUでアメリカ人の聴衆に対して、「共感」を体験させるための思い切った試みを段階を踏んで行います。どうしたら、イラクにおける反乱の動機をアメリカ人たちは認識するだけではなく、 理解することまでできるのでしょうか?さらに踏み込んで、 人が他の人に心から共感して理解することは可能なのでしょうか?

Script

よく学生に質問されます 「社会学ってなんですか?」と 私の答えは「それは人間を 形作っている目に見えない 何かについて学ぶ学問」です すると「見えないものを学ぶ? いったいどうやって?」と聞かれます 私の答えは「自己移入すること」です つまり 理解したい相手に共感することです そこから全てが始まるのだと教えます 自分の立場や見方を離れて 他の人の立場になってみることです

例を挙げてみましょう 例えば100年前に中国が 世界一の大国で 私がその世界に生きてたとします 中国は石炭を求めて アメリカにやってきます そして大量の石炭を見つけます 彼らは すぐに石炭を運び出すようになります 何トンも何トンも 中国にだけではなく世界中に 船や車で運んでいきます そして そこからとてつもない利益を得ます その財で立派な街を作りました 石炭で支えられた街です 一方 ここ アメリカでは 人々は貧困にあえいでいます こういった状況です アメリカでは人々は生きていくのがやっとで なぜ自分たちが貧しいのかすら分かりません そこで私は疑問に思います どうして石炭が沢山あるアメリカが こんなに貧困に陥ってしまうのか? 石炭は儲かるんじゃないのか? そこで私は気づきます 中国は アメリカのほんの一握りの 支配階級にうまく取り入って 彼らとともに富を独占しているのです 一方 アメリカのほとんどの人々は 貧困に苦しんでいます 中国はこの一握りの支配階級に 軍事力と進んだ技術を分け与え 私のような被支配階級の人々が 文句を言わないようにさせているのです なんだか聞き覚えがあると思いませんか?

彼らはアメリカ人を訓練して 石炭を守らせます いたるところに中国のシンボルがあって その存在を誇示しています でも 中国の本国では アメリカをどう思っているのでしょうか? アメリカの事も石炭の事も話題にすらなっていません 人々に聞いてみても 「石炭は必要」と答えるのみです そして「暖房を切るなんてありえない それは無理な相談だ」と言います その態度に私がとても憤慨し 多くのアメリカ人も憤慨して 反乱を起こしても改善するどころか 中国は卑劣な方法でやり返してきます いつの間にか戦車を送り込んで 軍隊を派遣してきます 多くの人が死んでいき とてもつらく苦しい状態です

もしあなたがそんな状況にいたら どう思いますか? 想像できますか?たとえばこのビルを 1歩出たら 周りには戦車と 兵士がうようよいるんです どんな気分か想像してください あなたはどうして軍隊がいるか知っています きっと怒りと恐怖を感じるでしょう それが「共感」するということです 他人の立場や状態になって感じて考えることです どうです?できましたか?

でも これは本番じゃなくて まだ準備運動です さて ここからが本番の 「過激な試み」です 皆さんに次にやっていただきたいのは もし自分がイスラム教徒で― 中東のイラクに住んでいる ごく一般的なイスラム人だと 想像する事です もう少し具体的にしましょう あなたはバグダッドにすむ一般的な中流家庭で 子供の成長を楽しみにしてて 良い暮らしをさせたいと思っています TVや新聞を見ながら 友達とコーヒーを片手に 世界のニュースに気を配っています それどころか 衛星放送で アメリカのCNNすら見ています だから アメリカ人の生活や考え方も知っています 良い生活をするために努力している どこにでもいる一般的な人間です あなたがイラクに住むごく普通の イスラム人だと思ってみてください

さて イラクの一般的なイスラム人に なったところで考えてほしいことが いくつかあります まず この20年以上にわたる イラクへの侵略の原因であり 外国 特にアメリカがイラクに関心を持つのは 石油があるからです 誰もが知ってることです アメリカ人も石油が大切だと知っています なぜなら誰もがイラクの石油を 欲しがっているからです でもそれはイラクの石油です あなたの国の資源です 誰かがその石油を牛耳っています どうしてそうなのか? どうして彼らが石油に目をつけたのか? それは 彼らの社会が石油に しかも外国の石油に 頼っているからです 自国では採れない石油に頼っているからです

そんなアメリカ人たちをどう思いますか? 彼らは金持ちで 大きな家に住み立派な車を持ち 青い眼に金髪で幸せに暮らしています もちろん全部のアメリカ人がそうではありません でもメディアから受ける印象はそうです 石油の恩恵を受けて 大都市を築きあげています 一方 あなたの母国のイラクでは 貧困 絶望 辛苦が満ちています イラクでの生活は楽ではありません 国が貧しいからです あなたが目にするのは 母国の人々の苦しい暮らしぶりです 多くの人が貧困に喘いでいます どう思いますか? 資源を奪った人々の暮らしと あなたの周りで起きていることの違い

そしてアメリカ人は話題にしないが アメリカ人以外は話題にする 軍備についての話 アメリカは世界の軍事の中心で 世界中の軍事費の およそ半分をアメリカは 使っています 世界人口のたった4%の国なのにです あなたはイラクでそれを実感しています 毎日の生活でそれを見せつけられています そのことについて友人と話したり 読んだりもします サダム・フセインが政権にいた頃は アメリカはそれに口を出してきませんでした フセインがクルド人やイランを攻撃しても アメリカは何もしませんでした でも石油が絡んだとたん 口を出してくるようになりました まさに今のようになったわけです アメリカは世界の 民主主義の中心を自負していますが 彼らが援助する国が実際には 民主主義かどうかは関係ないことに気づきます 多くの石油産出国は 民主主義国ではないがアメリカは援助しています おかしな話です

そしてこの2度の侵略戦争や 10年に及ぶイラクへの制裁措置 そして 8年間のアメリカによる占領支配 それに対するイラク人による暴動で 何千何百という人々が 国民が死にました すべて石油のせいです そのことが頭を離れません 議論を交わして 常にそのことを考えています 「どうしてなんだ?」 みんな同じ気持ちです あなたの祖父も 叔父も 父も 息子も 先生も生徒も隣近所の人もです かつての幸せな日々は失われ 突如 苦痛と悲しみに襲われます 国中の誰も彼もが 暴力にさらされています 虐殺や 苦痛をうけたり 皆が恐怖に怯えています イラク国民の全てが 例外なく苦境に喘いでいます

でも ふと気がつきます そうじゃない人たちもいます アメリカ人たちです あなたはその理由を考えます あなたと彼らの違いは何か? 彼らはキリスト教徒でした 十字架と聖書をもったキリスト教徒 聖書には小さな記号があります そこには”米軍”と書いてあります アメリカ人の指導者たちは 子供たちを戦場に 送り込む前や 兵士をこの国に 送り込む前に 教会に行って神に祈ります 神に兵士たちの無事を祈っています 何をでしょう? つまり彼らの望みでは 戦争で死ぬのは敵国の人間で アメリカ人ではないのです だからアメリカ兵の無事を祈るのです でも ひっかかることもあります 不思議な事に アメリカ人は良い行いもしています あなたはそれも知っています 彼らは学校を作り人々を助けています でもひどいこともしています その違いがあなたには理解できません

例えばこの男 ウィリアム・ボイキン 彼はキリストだけが正しい神で 他の神は間違っていると主張している 彼は 中東問題の解決には すべての人がキリスト教徒に 改宗すればいいと主張しています ボイキンはアメリカ人の間では あまり知られてないが あなたは彼を知っている 彼のことを他の人にも伝えます これは由々しき事です ボイキンはイラク駐留米軍では高い地位にいます あなたはこう思います 「なんてことだ 米軍全部が彼と同じに違いない」と さらに別の話も聞こえてきます ジョージ・ブッシュがこの戦いを聖戦と呼んだのです きっとアメリカ人は「聖戦だって? なんだか知らないけど関係ない」と言うかもしれない でもあなたは聖戦の意味を知っています 聖戦はイスラム教に対する戦いの事です 彼らは侵略と征服を行い 資源を持ち出す 反抗すれば殺される すべての説明がつきました あなたはこう思います「なんということだ キリスト教徒が私たちを殺しに来る」 恐ろしいことです 震え上がります 

この男はテリー・ジョーンズ イスラム教の経典 コーランを燃やしました アメリカ人からすれば「あいつはイカれてる ヤツの支持者はたった40人だよ」と 笑い飛ばすような馬鹿げたことです でも君は笑い飛ばせません なぜなら全ての情報が ぴったり当てはまるからです これがアメリカのやり方だと理解します だからイラク人だけではなく 中東全体が アメリカと戦っているんだと気付きます 聖なるコーランを燃やしたのは誰だ? キリスト教徒です 「キリスト教徒は邪悪で意地が悪い それ以外の何者でもない」 イラク人として イスラム教徒として あなたはそう考えるようになります そう考えても不思議ではありません

従兄弟が教えてくれました 「このウェブサイトを見てみろよ」 「キリスト教兵士訓練所」とあります キリスト教徒はどうかしている 彼らは小さな子供を兵士にする訓練をしている 幼い子供を訓練して 兵士として洗脳している そして武器や兵器の扱い方を教えている ウェブサイトには 「米軍」と書いてあります あなたは憤ります 「奴らはどうかしている こんな小さな子供まで戦わせるなんて!」と もちろんアメリカの普通のキリスト教徒は 「ああアレはごく少数の人だけだよ」と知っています でもイラクにいるあなたにはそんなことはわかりません あなたにとってはキリスト教徒は全て同じに見えます インターネットの情報が全てなのです 『キリスト教徒兵士訓練所』 米軍の海兵隊と同じ訓練を 子供たちがやっているのが載っています 「なんということだろう」 あなたは恐ろしくなって 恐怖に打ち震えます

この写真に写っている男たち アメリカ人にとっては身近な存在です 彼らはあなたの生徒や友人たちです でもイラク人にとってはそうではありません イラク人が彼らを見るとき アメリカ人から見たのとは まったく別の存在に映ります アメリカにいては見えないことが 見えてきましたか? アメリカ人から見ればこうです あなた方<イラク人>は間違っている 話を広げすぎている アメリカ人を理解していない これはキリスト教の侵略ではなく 石油だけが理由でもなく 色々な原因のためだ あなた方<イラク人>は勘違いしていることになります 一方あなたは暴動を支持してもいないし アメリカ人を殺したいわけではありません テロリストをかばうつもりもありません ほとんどのイラク人が違います でもそう考える人もいます それが全体の姿なのです さて 次にやることは

今の想像をいったんやめて 元にもどってください アメリカにいる自分に戻ってください この部屋にいる自分自身にです ここからが重要なところです 私たちがいるのはアメリカです この写真の女性を見てください 「彼女に共感できる」 あなたはそう思うでしょう 彼女はあなたの妹かもしれない 妻や親戚や知り合いの 誰でもありえます この写真に写っているどの人にも あなたは簡単に共感できる さて ここで試してみて欲しいのは

最初の中国の例に戻ることです 100年前に中国が支配している世界です 中国とアメリカは石炭の事で対立しています この写真の女性は中国人の女性で アメリカでの石炭に関する暴動で 恋人が死んだので 国旗を受け取っていると想像してみてください 周りの人々は中国兵士です または普通の中国人です 敵対するアメリカ人としてこの写真をどう思いますか? この場面から何を感じますか?

じゃあ元に戻りましょう もう一度写真をみてください 今度はアメリカの米軍兵士と 中東で愛する人を失った アメリカ人の女性として見てください さてここで もう一度イラクに住む イスラム教徒の立場に なってみてください この写真について  この女性について どう思いますか?

いいですか? ついてきてくださいよ 次がとても難しい だからぜひ一緒にやって欲しいんです 彼らは反乱軍の兵士です アメリカ軍に捕まりました アメリカ人を殺そうとしたからです 実際に殺したんです まずは彼らを捕まえたアメリカ人に なってみてください 憤りを感じますか? この男たちを絞首刑に したいと思いませんか? そう思いますか? 共感するのは難しくないはずです できるでしょう 次は反乱軍兵士になってみてください 彼らは残忍な殺人者でしょうか? それとも熱心な愛国者か? どちらでしょうか? 彼らの国で起こっていることへの 彼らの怒りと 恐怖を 感じることができますか? 想像してみてください きっと彼らは 朝に子供を抱き上げて こう言ったかもしれません 「いい子だね すぐに戻るからね お前たちの 命と自由を守るために この国の未来のために 行ってくるよ」と どうですか? 状況を想像できましたか? 難しいですか? 彼らの気持ちが分かりますか? それこそが「共感」です 理解することでもあります

あなたは多分こう思うでしょう なるほど でもどうしてこんなことを? なぜこの例を取り上げたんだ? その理由は 敵対する相手を 想像するのが最も難しいからです 「共感」するのが一番困難な 相手だからです もしあなたが彼らの気持ちを ほんの少しでも共感できたら たった少しだけでも 理解することができて その気持ちで社会全体を 見ることが出来たとしたら 他の状況での共感は簡単です 例えば追い越し車線を ノロノロ運転するドライバーや 思春期の息子や 日曜の朝っぱらから芝刈りをする 近所の嫌な住人に共感して 理解できるようになるのです どんな立場も共感して理解できるようになります よく学生に言うのですが 君の小さな世界を出て 別の誰かの小さな世界に 入ってみなさい それを何度も何度も繰り返しなさい すると突然その小さな世界が 複雑に絡み合って― 大きな複雑な世界を作り出します そして いつのまにか 世界が違って見えるようになります 全てが変わります 生活の全てが変わるんです それが肝心なのです

他の人に共感して その視点で考える 異なる意見に耳を傾けて 自分を啓蒙するのです 私は別にイラクのテロリストを 支持しているわけではありません でも社会学者として 彼らを理解できると 言っているのです あなたも理解できたと思います

ありがとう

(拍手)

My students often ask me, "What is sociology?" And I tell them, "It's the study of the way in which human beings are shaped by things that they don't see." And they say, "So how can I be a sociologist? How can I understand those invisible forces?" And I say, "Empathy. Start with empathy. It all begins with empathy. Take yourself out of your shoes, put yourself into the shoes of another person."

Here, I'll give you an example. So I imagine my life: if a hundred years ago China had been the most powerful nation in the world and they came to the United States in search of coal, and they found it, and, in fact, they found lots of it right here. And pretty soon, they began shipping that coal, ton by ton, rail car by rail car, boatload by boatload, back to China and elsewhere around the world. And they got fabulously wealthy in doing so. And they built beautiful cities all powered on that coal. And back here in the United States, we saw economic despair, deprivation. This is what I saw. I saw people struggling to get by, not knowing what was what and what was next. And then I asked myself the question. I say, "How's it possible that we could be so poor here in the United States, because the coal is such a wealthy resource, it's so much money?" And I realized, because the Chinese ingratiated themselves with a small ruling class here in the United States who stole all of that money and all of that wealth for themselves. And the rest of us, the vast majority of us, struggle to get by. And the Chinese gave this small ruling elite loads of military weapons and sophisticated technology in order to ensure that people like me would not speak out against this relationship. Does this sound familiar?

And they did things like train Americans to help protect the coal. And everywhere, were symbols of the Chinese -- everywhere, a constant reminder. And back in China, what do they say in China? Nothing. They don't talk about us. They don't talk about the coal. If you ask them, they'll say, "Well, you know the coal, we need the coal. I mean, come on, I'm not going to turn down my thermostat. You can't expect that." And so I get angry, and I get pissed, as do lots of average people. And we fight back, and it gets really ugly. And the Chinese respond in a very ugly way. And before we know it, they send in the tanks and then send in the troops, and lots of people are dying, and it's a very, very difficult situation.

Can you imagine what you would feel if you were in my shoes? Can you imagine walking out of this building and seeing a tank sitting out there or a truck full of soldiers? And just imagine what you would feel. Because you know why they're here, and you know what they're doing here. And you just feel the anger and you feel the fear. If you can, that's empathy -- that's empathy. You've left your shoes, and you've stood in mine. And you've got to feel that.

Okay, so that's the warm up. That's the warm up. Now we're going to have the real radical experiment. And so for the remainder of my talk, what I want you to do is put yourselves in the shoes of an ordinary Arab Muslim living in the Middle East -- in particular, in Iraq. And so to help you, perhaps you're a member of this middle class family in Baghdad -- and what you want is the best for your kids. You want your kids to have a better life. And you watch the news, you pay attention, you read the newspaper, you go down to the coffee shop with your friends, and you read the newspapers from around the world. And sometimes you even watch satellite, CNN, from the United States. So you have a sense of what the Americans are thinking. But really, you just want a better life for yourself. That's what you want. You're Arab Muslim living in Iraq. You want a better life for yourself.

So here, let me help you. Let me help you with some things that you might be thinking. Number one: this incursion into your land these past 20 years, and before, the reason anyone is interested in your land, and particularly the United States, it's oil. It's all about oil; you know that, everybody knows that. People here back in the United States know it's about oil. It's because somebody else has a design for your resource. It's your resource; it's not somebody else's. It's your land; it's your resource. Somebody else has a design for it. And you know why they have a design? You know why they have their eyes set on it? Because they have an entire economic system that's dependent on that oil -- foreign oil, oil from other parts of the world that they don't own.

And what else do you think about these people? The Americans, they're rich. Come on, they live in big houses, they have big cars, they all have blond hair, blue eyes, they're happy. You think that. It's not true, of course, but that's the media impression, and that's like what you get. And they have big cities, and the cities are all dependent on oil. And back home, what do you see? Poverty, despair, struggle. Look, you don't live in a wealthy country. This is Iraq. This is what you see. You see people struggling to get by. I mean, it's not easy; you see a lot of poverty. And you feel something about this. These people have designs for your resource, and this is what you see?

Something else you see that you talk about -- Americans don't talk about this, but you do. There's this thing, this militarization of the world, and it's centered right in the United States. And the United States is responsible for almost one half of the world's military spending -- four percent of the world's population. And you feel it; you see it every day. It's part of your life. And you talk about it with your friends. You read about it. And back when Saddam Hussein was in power, the Americans didn't care about his crimes. When he was gassing the Kurds and gassing Iran, they didn't care about it. When oil was at stake, somehow, suddenly, things mattered. And what you see, something else, the United States, the hub of democracy around the world, they don't seem to really be supporting democratic countries all around the world. There are a lot of countries, oil-producing countries, that aren't very democratic, but supported by the United States. That's odd.

Oh, these incursions, these two wars, the 10 years of sanctions, the eight years of occupation, the insurgency that's been unleashed on your people, the tens of thousands, the hundreds of thousands of civilian deaths, all because of oil. You can't help but think that. You talk about it. It's in the forefront of your mind always. You say, "How is that possible?" And this man, he's every man -- your grandfather, your uncle, your father, your son, your neighbor, your professor, your student. Once a life of happiness and joy and suddenly, pain and sorrow. Everyone in your country has been touched by the violence, the bloodshed, the pain, the horror, everybody. Not a single person in your country has not been touched.

But there's something else. There's something else about these people, these Americans who are there. There's something else about them that you see -- they don't see themselves. And what do you see? They're Christians. They're Christians. They worship the Christian God, they have crosses, they carry Bibles. Their Bibles have a little insignia that says "U.S. Army" on them. And their leaders, their leaders: before they send their sons and daughters off to war in your country -- and you know the reason -- before they send them off, they go to a Christian church, and they pray to their Christian God, and they ask for protection and guidance from that god. Why? Well, obviously, when people die in the war, they are Muslims, they are Iraqis -- they're not Americans. You don't want Americans to die. Protect our troops. And you feel something about that -- of course you do. And they do wonderful things. You read about it, you hear about it. They're there to build schools and help people, and that's what they want to do. They do wonderful things, but they also do the bad things, and you can't tell the difference.

And this guy, you get a guy like Lt. Gen. William Boykin. I mean, here's a guy who says that your God is a false God. Your God's an idol; his God is the true God. The solution to the problem in the Middle East, according to him, is to convert you all to Christianity -- just get rid of your religion. And you know that. Americans don't read about this guy. They don't know anything about him, but you do. You pass it around. You pass his words around. I mean this is serious. You're afraid. He was one of the leading commanders in the second invasion of Iraq. And you're thinking, "God, if this guy is saying that, then all the soldiers must be saying that." And this word here, George Bush called this war a crusade. Man, the Americans, they're just like, "Ah, crusade. Whatever. I don't know." You know what it means. It's a holy war against Muslims. Look, invade, subdue them, take their resources. If they won't submit, kill them. That's what this is about. And you're thinking, "My God, these Christians are coming to kill us." This is frightening. You feel frightened. Of course you feel frightened.

And this man, Terry Jones: I mean here's a guy who wants to burn Korans, right? And the Americans: "Ah, he's a knucklehead. He's a former hotel manager; he's got three-dozen members of his church." They laugh him off. You don't laugh him off. Because in the context of everything else, all the pieces fit. I mean, of course, this is how Americans take it, so people all over the Middle East, not just in your country, are protesting. "He wants to burn Korans, our holy book. These Christians, who are these Christians? They're so evil, they're so mean -- this is what they're about." This is what you're thinking as an Arab Muslim, as an Iraqi. Of course you're going to think this.

And then your cousin says, "Hey cuz, check out this website. You've got to see this -- Bible Boot Camp. These Christians are nuts. They're training their little kids to be soldiers for Jesus. And they take these little kids and they run them through these things till they teach them how to say, "Sir, yes, sir," and things like grenade toss and weapons care and maintenance. And go to the website. It says "U.S. Army" right on it. I mean, these Christians, they're nuts. How would they do this to their little kids?" And you're reading this website. And of course, Christians back in the United States, or anybody, says, "Ah, this is some little, tiny church in the middle of nowhere." You don't know that. For you, this is like all Christians. It's all over the Web, Bible Boot Camp. And look at this: they even teach their kids -- they train them in the same way the U.S. Marines train. Isn't that interesting. And it scares you, and it frightens you.

So these guys, you see them. You see, I, Sam Richards, I know who these guys are. They're my students, my friends. I know what they're thinking: "You don't know." When you see them, they're something else, they're something else. That's what they are to you. We don't see it that way in the United States, but you see it that way. So here. Of course, you got it wrong. You're generalizing. It's wrong. You don't understand the Americans. It's not a Christian invasion. We're not just there for oil; we're there for lots of reasons. You have it wrong. You've missed it. And of course, most of you don't support the insurgency; you don't support killing Americans; you don't support the terrorists. Of course you don't. Very few people do. But some of you do. And this is a perspective. Okay, so now, here's what we're going to do.

Step outside of your shoes that you're in right now and step back into your normal shoes. So everyone's back in the room, okay. Now here comes the radical experiment. So we're all back home. This photo: this woman, man, I feel her. I feel her. She's my sister, my wife, my cousin, my neighbor. She's anybody to me. These guys standing there, everybody in the photo, I feel this photo, man. So here's what I want you to do.

Let's go back to my first example of the Chinese. So I want you to go there. So it's all about coal, and the Chinese are here in the United States. And what I want you to do is picture her as a Chinese woman receiving a Chinese flag because her loved one has died in America in the coal uprising. And the soldiers are Chinese, and everybody else is Chinese. As an American, how do you feel about this picture? What do you think about that scene?

Okay, try this. Bring it back. This is the scene here. It's an American, American soldiers, American woman who lost her loved one in the Middle East -- in Iraq or Afghanistan. Now, put yourself in the shoes, go back to the shoes of an Arab Muslim living in Iraq. What are you feeling and thinking about this photo, about this woman?

Okay, now follow me on this, because I'm taking a big risk here. And so I'm going to invite you to take a risk with me. These gentlemen here, they're insurgents. They were caught by the American soldiers, trying to kill Americans. And maybe they succeeded. Maybe they succeeded. Put yourself in the shoes of the Americans who caught them. Can you feel the rage? Can you feel that you just want to take these guys and wring their necks? Can you go there? It shouldn't be that difficult. You just -- oh, man. Now, put yourself in their shoes. Are they brutal killers or patriotic defenders? Which one? Can you feel their anger, their fear, their rage at what has happened in their country? Can you imagine that maybe one of them in the morning bent down to their child and hugged their child and said, "Dear, I'll be back later. I'm going out to defend your freedom, your lives. I'm going out to look out for us, the future of our country." Can you imagine that? Can you imagine saying that? Can you go there? What do you think they're feeling? You see, that's empathy. It's also understanding.

Now, you might ask, "Okay, Sam, so why do you do this sort of thing? Why would you use this example of all examples?" And I say, because ... because. You're allowed to hate these people. You're allowed to just hate them with every fiber of your being. And if I can get you to step into their shoes and walk an inch,one tiny inch, then imagine the kind of sociological analysis that you can do in all other aspects of your life. You can walk a mile when it comes to understanding why that person's driving 40 miles per hour in the passing lane, or your teenage son, or your neighbor who annoys you by cutting his lawn on Sunday mornings. Whatever it is, you can go so far. And this is what I tell my students: step outside of your tiny, little world. Step inside of the tiny, little world of somebody else. And then do it again and do it again and do it again. And suddenly all these tiny, little worlds, they come together in this complex web. And they build a big, complex world. And suddenly, without realizing it, you're seeing the world differently. Everything has changed. Everything in your life has changed. And that's, of course, what this is about.

Attend to other lives, other visions. Listen to other people, enlighten ourselves. I'm not saying that I support the terrorists in Iraq, but as a sociologist, what I am saying is I understand. And now perhaps -- perhaps -- you do too.

Thank you.

(Applause)

My students often ask me,/ "What is sociology?"//

よく学生に質問されます 「社会学ってなんですか?」と

And I tell them,/ "It's the study of the way/ in which human beings are shaped by things/ that they don't see."//

私の答えは「それは人間を 形作っている目に見えない 何かについて学ぶ学問」です

And they say,/ "So/ how can I be a sociologist?//

すると「見えないものを学ぶ?

How can I understand those invisible forces?"//

いったいどうやって?」と聞かれます

And I say,/ "Empathy.//

私の答えは「自己移入すること」です

Start/ with empathy.//

つまり 理解したい相手に共感することです

It/ all begins with empathy.//

そこから全てが始まるのだと教えます

Take yourself/ out of your shoes,/ put yourself/ into the shoes of another person."//

自分の立場や見方を離れて 他の人の立場になってみることです

Here,/ I'll give you/ an example.//

例を挙げてみましょう

So I imagine my life:/ if a hundred years ago/ China had been the most powerful nation/ in the world/ and they came to the United States/ in search of coal,/ and they found it,/ and,/ in fact,/ they found lots of it right here.//

例えば100年前に中国が 世界一の大国で 私がその世界に生きてたとします 中国は石炭を求めて アメリカにやってきます そして大量の石炭を見つけます

And pretty soon,/ they began shipping/ that coal,/ ton/ by ton,/ rail car/ by rail car,/ boatload/ by boatload,/ back/ to China/ and elsewhere/ around the world.//

彼らは すぐに石炭を運び出すようになります 何トンも何トンも 中国にだけではなく世界中に 船や車で運んでいきます

And they got fabulously wealthy/ in doing so.//

そして そこからとてつもない利益を得ます

And they built beautiful cities all powered on that coal.//

その財で立派な街を作りました 石炭で支えられた街です

And back here/ in the United States,/ we saw economic despair,/ deprivation.//

一方 ここ アメリカでは 人々は貧困にあえいでいます

This is/ what I saw.//

こういった状況です

I saw people/ struggling to get by,/ not knowing/ what was/ what and what was next.//

アメリカでは人々は生きていくのがやっとで なぜ自分たちが貧しいのかすら分かりません

And then/ I asked myself/ the question.//

そこで私は疑問に思います

I say,/ "How's it possible/ that we could be so poor here/ in the United States,/ because the coal is such a wealthy resource,/ it's so much money?"//

どうして石炭が沢山あるアメリカが こんなに貧困に陥ってしまうのか? 石炭は儲かるんじゃないのか?

And I realized,/ because the Chinese ingratiated themselves/ with a small ruling class here/ in the United States/ who stole all of that money and all of that wealth/ for themselves.//

そこで私は気づきます 中国は アメリカのほんの一握りの 支配階級にうまく取り入って 彼らとともに富を独占しているのです

And the rest of us,/ the vast majority of us,/ struggle to get by.//

一方 アメリカのほとんどの人々は 貧困に苦しんでいます

And the Chinese gave this small ruling elite loads of military weapons/ and sophisticated technology/ in order to ensure/ that people/ like me would not speak out/ against this relationship.//

中国はこの一握りの支配階級に 軍事力と進んだ技術を分け与え 私のような被支配階級の人々が 文句を言わないようにさせているのです

Does this sound familiar?//

なんだか聞き覚えがあると思いませんか?

And they did things/ like train Americans/ to help protect the coal.//

彼らはアメリカ人を訓練して 石炭を守らせます

いたるところに中国のシンボルがあって その存在を誇示しています

And back/ in China,/ what do they say in China?//

でも 中国の本国では アメリカをどう思っているのでしょうか?

Nothing.// They don't talk about us.// They don't talk about the coal.//

アメリカの事も石炭の事も話題にすらなっていません

If you ask them,/ they'll say,/ "Well,/ you know the coal,/ we need the coal.//

人々に聞いてみても 「石炭は必要」と答えるのみです

I mean,/ come on,/ I'm not going to turn down/ my thermostat.//

そして「暖房を切るなんてありえない

You can't expect that."//

それは無理な相談だ」と言います

And so/ I get angry,/ and I get pissed,/ as do lots of average people.//

その態度に私がとても憤慨し 多くのアメリカ人も憤慨して

And we fight back,/ and it gets really ugly.//

反乱を起こしても改善するどころか

And the Chinese respond in a very ugly way.//

中国は卑劣な方法でやり返してきます

And/ before we know it,/ they send in the tanks/ and then send in the troops,/ and lots of people are dying,/ and it's a very, very difficult situation.//

いつの間にか戦車を送り込んで 軍隊を派遣してきます 多くの人が死んでいき とてもつらく苦しい状態です

Can you imagine/ what you would feel/ if you were in my shoes?//

もしあなたがそんな状況にいたら どう思いますか?

Can you imagine walking/ out of this building and seeing/ a tank sitting out there or a truck full of soldiers?//

想像できますか?たとえばこのビルを 1歩出たら 周りには戦車と 兵士がうようよいるんです

And just/ imagine/ what you would feel.//

どんな気分か想像してください

Because you know/ why they're here,/ and you know/ what they're doing/ here.//

あなたはどうして軍隊がいるか知っています

And you just feel the anger/ and you feel the fear.//

きっと怒りと恐怖を感じるでしょう

If you can,/ that's empathy --/ that's empathy.//

それが「共感」するということです

You've left your shoes,/ and you've stood in mine.//

他人の立場や状態になって感じて考えることです

And you've got to feel/ that.//

どうです?できましたか?

Okay,/ so that's the warm up.//

でも これは本番じゃなくて

That's the warm up.//

まだ準備運動です

Now/ we're going to have/ the real radical experiment.//

さて ここからが本番の 「過激な試み」です

And so/ for the remainder of my talk,/ what I want/ you to do is put yourselves/ in the shoes of an ordinary Arab Muslim/ living in the Middle East --/ in particular,/ in Iraq.//

皆さんに次にやっていただきたいのは もし自分がイスラム教徒で― 中東のイラクに住んでいる ごく一般的なイスラム人だと 想像する事です

And so to help you,/ perhaps/ you're a member of this middle class family/ in Baghdad --/ and what you want/ is the best/ for your kids.//

もう少し具体的にしましょう あなたはバグダッドにすむ一般的な中流家庭で 子供の成長を楽しみにしてて

You want your kids/ to have a better life.//

良い暮らしをさせたいと思っています

And you watch the news,/ you pay attention,/ you read the newspaper,/ you go down/ to the coffee shop/ with your friends,/ and you read the newspapers/ from around the world.//

TVや新聞を見ながら 友達とコーヒーを片手に 世界のニュースに気を配っています

And sometimes/ you even watch satellite,/ CNN,/ from the United States.//

それどころか 衛星放送で アメリカのCNNすら見ています

So/ you have a sense of what the Americans are thinking.//

だから アメリカ人の生活や考え方も知っています

But really,/ you just want a better life/ for yourself.//

良い生活をするために努力している

That's/ what you want.//

どこにでもいる一般的な人間です

You're Arab Muslim/ living in Iraq.//

あなたがイラクに住むごく普通の

You want a better life/ for yourself.//

イスラム人だと思ってみてください

So here,/ let me/ help you.//

さて イラクの一般的なイスラム人に

Let me help you/ with some things/ that you might be thinking.//

なったところで考えてほしいことが いくつかあります

Number one:/ this incursion/ into your land/ these past 20 years,/ and before,/ the reason/ anyone is interested/ in your land,/ and particularly/ the United States,/ it's oil.//

まず この20年以上にわたる イラクへの侵略の原因であり 外国 特にアメリカがイラクに関心を持つのは 石油があるからです

It's all about oil;/ you know/ that,/ everybody knows that.//

誰もが知ってることです

People here back/ in the United States know/ it's about oil.//

アメリカ人も石油が大切だと知っています

It's/ because somebody else has a design/ for your resource.//

なぜなら誰もがイラクの石油を 欲しがっているからです

It's your resource;/ it's not somebody else's.//

でもそれはイラクの石油です

It's your land;/ it's your resource.//

あなたの国の資源です

Somebody else has a design/ for it.//

誰かがその石油を牛耳っています

And you know/ why they have a design?//

どうしてそうなのか?

You know/ why they have their eyes set on it?//

どうして彼らが石油に目をつけたのか?

Because they have an entire economic system/ that's dependent/ on that oil --/ foreign oil,/ oil/ from other parts of the world/ that they don't own.//

それは 彼らの社会が石油に しかも外国の石油に 頼っているからです 自国では採れない石油に頼っているからです

And what else do you think about these people?//

そんなアメリカ人たちをどう思いますか?

The Americans,/ they're rich.//

彼らは金持ちで

Come on,/ they live in big houses,/ they have big cars,/ they/ all have blond hair,/ blue eyes,/ they're happy.//

大きな家に住み立派な車を持ち 青い眼に金髪で幸せに暮らしています

You think/ that.// It's not true,/ of course,/ but that's the media impression,/ and that's like what you get.//

もちろん全部のアメリカ人がそうではありません でもメディアから受ける印象はそうです

And they have big cities,/ and the cities are all dependent/ on oil.//

石油の恩恵を受けて 大都市を築きあげています

And back/ home,/ what do you see?//

一方 あなたの母国のイラクでは

貧困 絶望 辛苦が満ちています

Look,/ you don't live in a wealthy country.//

イラクでの生活は楽ではありません

This is Iraq.//

国が貧しいからです

This is/ what you see.//

あなたが目にするのは

You see people/ struggling to get by.//

母国の人々の苦しい暮らしぶりです

I mean,/ it's not easy;/ you see a lot of poverty.//

多くの人が貧困に喘いでいます

And you feel something/ about this.//

どう思いますか?

These people have designs/ for your resource,/ and this is/ what you see?//

資源を奪った人々の暮らしと あなたの周りで起きていることの違い

Something else/ you see/ that you talk about --/ Americans don't talk about this,/ but you do.//

そしてアメリカ人は話題にしないが アメリカ人以外は話題にする

There's this thing,/ this militarization of the world,/ and it's centered right/ in the United States.//

軍備についての話 アメリカは世界の軍事の中心で

And/ the United States is responsible/ for almost one half of the world's military spending --/ four percent of the world's population.//

世界中の軍事費の およそ半分をアメリカは 使っています 世界人口のたった4%の国なのにです

And you feel it;/ you see it/ every day.//

あなたはイラクでそれを実感しています

It's part of your life.//

毎日の生活でそれを見せつけられています

And you talk about it/ with your friends.//

そのことについて友人と話したり

You read about it.//

読んだりもします

And back/ when Saddam Hussein was in power,/ the Americans didn't care about his crimes.//

サダム・フセインが政権にいた頃は アメリカはそれに口を出してきませんでした

When he was gassing the Kurds/ and gassing Iran,/ they didn't care about it.//

フセインがクルド人やイランを攻撃しても アメリカは何もしませんでした

When oil was at stake,/ somehow,/ suddenly,/ things mattered.//

でも石油が絡んだとたん 口を出してくるようになりました

And what you see,/ something else,/ the United States,/ the hub of democracy/ around the world,/ they don't seem to really be supporting democratic countries all/ around the world.//

まさに今のようになったわけです アメリカは世界の 民主主義の中心を自負していますが 彼らが援助する国が実際には 民主主義かどうかは関係ないことに気づきます

There are a lot of countries,/ oil-producing countries,/ that aren't very democratic,/ but supported by the United States.//

多くの石油産出国は 民主主義国ではないがアメリカは援助しています

That's odd.//

おかしな話です

Oh,/ these incursions,/ these two wars,/ the 10 years of sanctions,/ the eight years of occupation,/ the insurgency/ that's been unleashed/ on your people,/ the tens of thousands,/ the hundreds of thousands of civilian deaths,/ all/ because of oil.//

そしてこの2度の侵略戦争や 10年に及ぶイラクへの制裁措置 そして 8年間のアメリカによる占領支配 それに対するイラク人による暴動で 何千何百という人々が 国民が死にました すべて石油のせいです

You can't help but think/ that.//

そのことが頭を離れません

You talk about it.//

議論を交わして

It's in the forefront of your mind always.//

常にそのことを考えています

You say,/ "How is that possible?"//

「どうしてなんだ?」

And this man,/ he's every man --/ your grandfather,/ your uncle,/ your father,/ your son,/ your neighbor,/ your professor,/ your student.//

みんな同じ気持ちです あなたの祖父も 叔父も 父も 息子も 先生も生徒も隣近所の人もです

Once a life of happiness and joy/ and suddenly,/ pain and sorrow.//

かつての幸せな日々は失われ 突如 苦痛と悲しみに襲われます

Everyone/ in your country has been touched by the violence,/ the bloodshed,/ the pain,/ the horror,/ everybody.//

国中の誰も彼もが 暴力にさらされています 虐殺や 苦痛をうけたり 皆が恐怖に怯えています

Not a single person/ in your country has not been touched.//

イラク国民の全てが 例外なく苦境に喘いでいます

But there's something else.//

でも ふと気がつきます

There's something else/ about these people,/ these Americans/ who are there.//

そうじゃない人たちもいます アメリカ人たちです

There's something else/ about them/ that you see --/ they don't see themselves.//

あなたはその理由を考えます

And what do you see?// They're Christians.//

あなたと彼らの違いは何か?

They're Christians.//

彼らはキリスト教徒でした

They worship the Christian God,/ they have crosses,/ they carry Bibles.//

十字架と聖書をもったキリスト教徒

Their Bibles have a little insignia/ that says "U.S.// Army"/ on them.//

聖書には小さな記号があります そこには”米軍”と書いてあります

And their leaders,/ their leaders:/ before they send their sons and daughters off/ to war in your country --/ and you know the reason --/ before they send them off,/ they go to a Christian church,/ and they pray to their Christian God,/ and they ask for protection and guidance/ from that god.//

アメリカ人の指導者たちは 子供たちを戦場に 送り込む前や 兵士をこの国に 送り込む前に 教会に行って神に祈ります 神に兵士たちの無事を祈っています

Why?//

何をでしょう?

Well,/ obviously,/ when people die in the war,/ they are Muslims,/ they are Iraqis --/ they're not Americans.//

つまり彼らの望みでは 戦争で死ぬのは敵国の人間で アメリカ人ではないのです

You don't want Americans/ to die.// Protect/ our troops.//

だからアメリカ兵の無事を祈るのです

And you feel something/ about that --/ of course/ you do.//

でも ひっかかることもあります 不思議な事に

And they do wonderful things.//

アメリカ人は良い行いもしています

You read about it,/ you hear about it.//

あなたはそれも知っています

They're there/ to build schools and help people,/ and that's/ what they want to do.//

彼らは学校を作り人々を助けています

They do wonderful things,/ but they also do the bad things,/ and you can't tell the difference.//

でもひどいこともしています その違いがあなたには理解できません

And this guy,/ you get a guy/ like Lt.// Gen.// William Boykin.//

例えばこの男 ウィリアム・ボイキン

I mean,/ here's a guy/ who says/ that your God is a false God.//

彼はキリストだけが正しい神で

Your God's an idol;/ his God is the true God.//

他の神は間違っていると主張している

The solution/ to the problem/ in the Middle East,/ according/ to him,/ is to convert you all/ to Christianity --/ just get rid of your religion.//

彼は 中東問題の解決には すべての人がキリスト教徒に 改宗すればいいと主張しています

And you know that.// Americans don't read about this guy.//

ボイキンはアメリカ人の間では

They don't know anything/ about him,/ but you do.//

あまり知られてないが あなたは彼を知っている

You pass it around.// You pass his words/ around.//

彼のことを他の人にも伝えます

I mean/ this is serious.// You're afraid.//

これは由々しき事です

He was one of the leading commanders/ in the second invasion of Iraq.//

ボイキンはイラク駐留米軍では高い地位にいます

And you're thinking,/ "God,/ if this guy is saying/ that,/ then/ all the soldiers must be saying that."//

あなたはこう思います 「なんてことだ 米軍全部が彼と同じに違いない」と

And this word here,/ George Bush called this war/ a crusade.//

さらに別の話も聞こえてきます ジョージ・ブッシュがこの戦いを聖戦と呼んだのです

Man,/ the Americans,/ they're just like,/ "Ah,/ crusade.//

きっとアメリカ人は「聖戦だって?

Whatever.// I don't know."//

なんだか知らないけど関係ない」と言うかもしれない

You know/ what it means.//

でもあなたは聖戦の意味を知っています

It's a holy war/ against Muslims.//

聖戦はイスラム教に対する戦いの事です

Look,/ invade,/ subdue them,/ take their resources.//

彼らは侵略と征服を行い 資源を持ち出す

If they won't submit, kill them.//

反抗すれば殺される

That's/ what this is about.//

すべての説明がつきました

And you're thinking,/ "My God,/ these Christians are coming to kill/ us."//

あなたはこう思います「なんということだ

This is frightening.//

キリスト教徒が私たちを殺しに来る」

You feel frightened.// Of course/ you feel frightened.//

恐ろしいことです 震え上がります 

And this man,/ Terry Jones:/ I mean/ here's a guy/ who wants to burn/ Korans,/ right?//

この男はテリー・ジョーンズ イスラム教の経典 コーランを燃やしました

And the Americans:/ "Ah,/ he's a knucklehead.//

アメリカ人からすれば「あいつはイカれてる

He's a former hotel manager;/ he's got three-dozen members of his church."//

ヤツの支持者はたった40人だよ」と 笑い飛ばすような馬鹿げたことです

They laugh him off.// You don't laugh him off.//

でも君は笑い飛ばせません

Because/ in the context of everything else,/ all the pieces fit.//

なぜなら全ての情報が ぴったり当てはまるからです

I mean,/ of course,/ this is/ how Americans take it,/ so people all/ over the Middle East,/ not just/ in your country,/ are protesting.//

これがアメリカのやり方だと理解します だからイラク人だけではなく 中東全体が アメリカと戦っているんだと気付きます

"He wants to burn/ Korans,/ our holy book.//

聖なるコーランを燃やしたのは誰だ?

These Christians,/ who are these Christians?//

キリスト教徒です

They're so evil,/ they're so mean --/ this is/ what they're about."//

「キリスト教徒は邪悪で意地が悪い それ以外の何者でもない」

This is/ what you're thinking/ as an Arab Muslim,/ as an Iraqi.//

イラク人として イスラム教徒として あなたはそう考えるようになります

Of course/ you're going to think/ this.//

そう考えても不思議ではありません

And then/ your cousin says,/ "Hey cuz,/ check out/ this website.//

従兄弟が教えてくれました 「このウェブサイトを見てみろよ」

You've got to see/ this --/ Bible Boot Camp.//

「キリスト教兵士訓練所」とあります

These Christians are nuts.//

キリスト教徒はどうかしている

They're training/ their little kids/ to be soldiers/ for Jesus.//

彼らは小さな子供を兵士にする訓練をしている

And they take these little kids/ and they run them/ through these things/ till they teach them/ how to say,/ "Sir,/ yes,/ sir,/"/ and things/ like grenade toss and weapons care and maintenance.//

幼い子供を訓練して 兵士として洗脳している そして武器や兵器の扱い方を教えている

And go to the website.//

ウェブサイトには

It says "U.S.// Army"/ right/ on it.//

「米軍」と書いてあります

I mean,/ these Christians,/ they're nuts.// How would they do this/ to their little kids?"//

あなたは憤ります 「奴らはどうかしている

And you're reading/ this website.//

こんな小さな子供まで戦わせるなんて!」と

And of course,/ Christians back/ in the United States,/ or anybody,/ says,/ "Ah,/ this is some little, tiny church/ in the middle of nowhere."//

もちろんアメリカの普通のキリスト教徒は 「ああアレはごく少数の人だけだよ」と知っています

You don't know that.//

でもイラクにいるあなたにはそんなことはわかりません

For you,/ this is like all Christians.//

あなたにとってはキリスト教徒は全て同じに見えます

It's all over the Web,/ Bible Boot Camp.//

インターネットの情報が全てなのです

And look/ at this:/ they even teach their kids --/ they train them/ in the same way/ the U.S.// Marines train.//

『キリスト教徒兵士訓練所』 米軍の海兵隊と同じ訓練を 子供たちがやっているのが載っています

Isn't/ that interesting.//

「なんということだろう」

And it scares you,/ and it frightens you.//

あなたは恐ろしくなって 恐怖に打ち震えます

So these guys,/ you see them.//

この写真に写っている男たち

You see,/ I,/ Sam Richards,/ I know/ who these guys are.//

アメリカ人にとっては身近な存在です

They're my students,/ my friends.//

彼らはあなたの生徒や友人たちです

I know/ what they're thinking:/ "You don't know."//

でもイラク人にとってはそうではありません

When you see them,/ they're something else,/ they're something else.//

イラク人が彼らを見るとき アメリカ人から見たのとは

That's/ what they are to you.//

まったく別の存在に映ります

We don't see it/ that way/ in the United States,/ but you see it/ that way.//

アメリカにいては見えないことが 見えてきましたか?

So here.//

アメリカ人から見ればこうです

Of course,/ you got/ it wrong.//

あなた方<イラク人>は間違っている

You're generalizing.// It's wrong.//

話を広げすぎている

You don't understand the Americans.//

アメリカ人を理解していない

It's not a Christian invasion.//

これはキリスト教の侵略ではなく

We're not just there/ for oil;/ we're there/ for lots of reasons.//

石油だけが理由でもなく 色々な原因のためだ

You have it/ wrong.// You've missed it.//

あなた方<イラク人>は勘違いしていることになります

And of course,/ most of you don't support the insurgency;/ you don't support killing/ Americans;/ you don't support the terrorists.//

一方あなたは暴動を支持してもいないし アメリカ人を殺したいわけではありません テロリストをかばうつもりもありません

Of course/ you don't.// Very few people do.//

ほとんどのイラク人が違います

But some of you do.//

でもそう考える人もいます

And this is a perspective.//

それが全体の姿なのです

Okay,/ so now,/ here's/ what we're going to do.//

さて 次にやることは

Step/ outside of your shoes/ that you're in right now/ and step back/ into your normal shoes.//

今の想像をいったんやめて 元にもどってください アメリカにいる自分に戻ってください

So everyone's back/ in the room,/ okay.//

この部屋にいる自分自身にです

Now here comes the radical experiment.//

ここからが重要なところです

So we're all back home.//

私たちがいるのはアメリカです

This photo:/ this woman,/ man,/ I feel her.//

この写真の女性を見てください 「彼女に共感できる」

I feel her.//

あなたはそう思うでしょう

She's my sister,/ my wife,/ my cousin,/ my neighbor.//

彼女はあなたの妹かもしれない 妻や親戚や知り合いの

She's anybody to me.//

誰でもありえます

These guys/ standing there,/ everybody/ in the photo,/ I feel this photo,/ man.//

この写真に写っているどの人にも あなたは簡単に共感できる

So here's/ what I want you/ to do.//

さて ここで試してみて欲しいのは

Let's go back/ to my first example of the Chinese.//

最初の中国の例に戻ることです

So/ I want you/ to go there.//

100年前に中国が支配している世界です

So it's all about coal,/ and the Chinese are here in the United States.//

中国とアメリカは石炭の事で対立しています

And what I want/ you to do is picture her/ as a Chinese woman/ receiving a Chinese flag/ because her loved one has died in America/ in the coal uprising.//

この写真の女性は中国人の女性で アメリカでの石炭に関する暴動で 恋人が死んだので 国旗を受け取っていると想像してみてください

And the soldiers are Chinese,/ and everybody else is Chinese.//

周りの人々は中国兵士です または普通の中国人です

As an American,/ how do you feel about this picture?//

敵対するアメリカ人としてこの写真をどう思いますか?

What do you think about that scene?//

この場面から何を感じますか?

Okay,/ try this.// Bring/ it back.//

じゃあ元に戻りましょう

This is the scene here.//

もう一度写真をみてください

It's an American, American soldiers,/ American woman/ who lost her loved one/ in the Middle East --/ in Iraq or Afghanistan.//

今度はアメリカの米軍兵士と 中東で愛する人を失った アメリカ人の女性として見てください

Now,/ put yourself/ in the shoes,/ go back/ to the shoes of an Arab Muslim/ living in Iraq.//

さてここで もう一度イラクに住む イスラム教徒の立場に なってみてください

What are you/ feeling and thinking about this photo,/ about this woman?//

この写真について  この女性について どう思いますか?

Okay,/ now follow me/ on this,/ because I'm taking/ a big risk here.//

いいですか? ついてきてくださいよ 次がとても難しい

And so/ I'm going to invite/ you/ to take a risk/ with me.//

だからぜひ一緒にやって欲しいんです

These gentlemen here,/ they're insurgents.//

彼らは反乱軍の兵士です

They were caught by the American soldiers,/ trying to kill Americans.//

アメリカ軍に捕まりました アメリカ人を殺そうとしたからです

And maybe/ they succeeded.// Maybe/ they succeeded.//

実際に殺したんです

Put yourself/ in the shoes of the Americans/ who caught them.//

まずは彼らを捕まえたアメリカ人に なってみてください

Can you feel the rage?//

憤りを感じますか?

Can you feel/ that you just want to take/ these guys/ and wring their necks?//

この男たちを絞首刑に したいと思いませんか?

Can you go there?//

そう思いますか?

It shouldn't be/ that difficult.//

共感するのは難しくないはずです

You just --/ oh,/ man.//

できるでしょう

Now,/ put yourself/ in their shoes.//

次は反乱軍兵士になってみてください

彼らは残忍な殺人者でしょうか? それとも熱心な愛国者か?

Which one?//

どちらでしょうか?

Can/ you feel their anger,/ their fear,/ their rage/ at what has happened in their country?//

彼らの国で起こっていることへの 彼らの怒りと 恐怖を 感じることができますか?

Can/ you imagine/ that maybe one of them/ in the morning bent down/ to their child/ and hugged their child/ and said,/ "Dear,/ I'll be back later.//

想像してみてください きっと彼らは 朝に子供を抱き上げて こう言ったかもしれません 「いい子だね すぐに戻るからね お前たちの

I'm going out/ to defend your freedom,/ your lives.//

命と自由を守るために

I'm going out/ to look out/ for us,/ the future of our country."//

この国の未来のために 行ってくるよ」と

Can you imagine that?//

どうですか?

Can you imagine saying/ that?//

状況を想像できましたか?

Can you go there?//

難しいですか?

What do you think they're feeling?//

彼らの気持ちが分かりますか?

You see,/ that's empathy.//

それこそが「共感」です

It's also understanding.//

理解することでもあります

Now,/ you might ask,/ "Okay,/ Sam,/ so/ why do you do this sort of thing?//

あなたは多分こう思うでしょう なるほど でもどうしてこんなことを?

Why would you use this example of all examples?"//

なぜこの例を取り上げたんだ?

And I say,/ because ...// because.//

その理由は 敵対する相手を

You're allowed to hate/ these people.//

想像するのが最も難しいからです

You're allowed to just hate them/ with every fiber of your being.//

「共感」するのが一番困難な 相手だからです

And/ if I can get you/ to step into their shoes/ and walk an inch,/one tiny inch,/ then imagine the kind of sociological analysis/ that you can do in all other aspects of your life.//

もしあなたが彼らの気持ちを ほんの少しでも共感できたら たった少しだけでも 理解することができて その気持ちで社会全体を 見ることが出来たとしたら

You can walk a mile/ when it comes to understanding/ why that person's driving 40 miles/ per hour/ in the passing lane,/ or your teenage son,/ or your neighbor/ who annoys you/ by cutting his lawn/ on Sunday mornings.//

他の状況での共感は簡単です 例えば追い越し車線を ノロノロ運転するドライバーや 思春期の息子や 日曜の朝っぱらから芝刈りをする 近所の嫌な住人に共感して 理解できるようになるのです

Whatever it is,/ you can go so far.//

どんな立場も共感して理解できるようになります

And this is/ what I tell my students:/ step outside of your tiny, little world.//

よく学生に言うのですが 君の小さな世界を出て

Step/ inside of the tiny, little world of somebody else.//

別の誰かの小さな世界に 入ってみなさい

And then do it again/ and do it again/ and do it again.//

それを何度も何度も繰り返しなさい

And suddenly/ all these tiny, little worlds,/ they come together/ in this complex web.//

すると突然その小さな世界が 複雑に絡み合って―

And they build a big, complex world.//

大きな複雑な世界を作り出します

And suddenly,/ without realizing it,/ you're seeing/ the world differently.//

そして いつのまにか 世界が違って見えるようになります

Everything has changed.//

全てが変わります

Everything/ in your life has changed.//

生活の全てが変わるんです

And that's,/ of course,/ what this is about.//

それが肝心なのです

Attend to other lives,/ other visions.//

他の人に共感して その視点で考える

Listen/ to other people,/ enlighten ourselves.//

異なる意見に耳を傾けて 自分を啓蒙するのです

I'm not saying/ that I support the terrorists/ in Iraq,/ but as a sociologist,/ what I am saying is I understand.//

私は別にイラクのテロリストを 支持しているわけではありません でも社会学者として 彼らを理解できると 言っているのです

And now perhaps --/ perhaps --/ you do too.//

あなたも理解できたと思います

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

sociology

社会学

human being

人,人間

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

sociologist

社会学者

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

empathy

(心理学で)感情移入,共感

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

coal

〈U〉(物質としての)『石炭』;〈C〉(1個の)『石炭』;《複数形で》(燃料用に砕いた)石炭の小塊

〈C〉燃えている燃料;燃えさし

〈船・機関車など〉‘に'石炭を供給する(積み込む)

〈船などが〉石炭を補給する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

rail

〈C〉(かきね・柵(さく)などの)『横棒』,横木;手すり,らんかん,《複数形で》柵,かき

〈C〉(鉄道の)『レール』

〈U〉(輸送機関としての)『鉄道』

〈C〉(物を掛けたりするための)横木,横棒

…‘を'横木(手すり)で囲む,‘に'柵を付ける《+『in(off)』+『名』》

elsewhere

『どこかよそに』,ほかの所で(somewhere else)

fabulously

信じられないほど,途方もなく

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

economic

『経済の』

『経済学の』

despair

〈U〉『絶望』,失望

〈C〉絶望のもと;見放されたもの

(…の)『望みを失う』,(…に)『絶望する』《+『of』+『名』(do『ing』)》

deprivation

〈U〉(特権などの)はく奪

〈C〉喪失,損失

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

ingratiate

気に入られるようにする, 迎合する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

ruling

支配する,統治する

支配的な,優勢な,有力な

(法による)判決,決定

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

elite

《the ~》《複数扱い》えり扱きの人々,エリート,精鋭

〈U〉エリート活字

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

reminder

思い出させる人(もの);(思い出させるための)助言;催促状

thermostat

サーモスタット(暖房器具などの自動温度調節器)

ca

circa

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

piss

おしっこする・…‘を'おしっこでぬらす・「piss誰々off」で「誰々を怒らせる」

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

tank

(液体・ガスなどを入れる)タンク

『戦車』,タンク

…‘を'タンクに蓄える

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

okay

=OK,O.K.

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

remainder

〈U〉《集合的に;複数扱い》残り,残りの人(物)

〈C〉(引き算の)残り;(割り算の)余り

〈特に残本〉‘を'安売りする

yourselves

yourself の複数形

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

Baghdad

バグダッド(トラク共和国の首都)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

coffee shop

《米》(ホテルなどの)軽食堂(朝食などの軽い食事を出す店)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

incursion

(…への)襲撃,侵入,侵略《+『on』(『upon』,『into』)+『名』》

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

stake

(境界標・植物の支えなどの)『くい』

火刑用の柱;《the~》火刑,火あぶり

《しばしば複数形で》(競馬・ゲーム・かけ事などの)かけ金,賞金;(賞金のかかった)レース,(特に)競馬

(…に対する)(金銭的・感情的な)利害関系《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈境界など〉‘を'『くいで印をする』,くいで区画する《+『out』(『off』)+『名』,+『名』+『out』(『off』)》

〈動物など〉‘を'くいにつなぐ;〈植物など〉‘を'くい支える

(…に)〈金・名誉・命など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

《米》〈人〉‘に'(…の)金を出してやる《+『名』+『to』+『名』》

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

suddenly

『突然に』,だしぬけに

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

sanction

〈U〉(支配者・当局の)『認可』,許可,裁可《+『of』+『名』》

〈U〉(一般に)(…の)承認,支持《+『for』+『名』》

〈C〉《複数形で》(国際法で,国際法違反国に加える)『制裁』

〈C〉(正式の)処罰,制裁;(道徳律などの)拘速[力]

〈支配者・当局が〉…‘を'認可する,裁可する,許可する《+『名』(do『ing』)》

(一般に)…‘を'承認する,支持する;〈…すること〉‘を'承認する《+do『ing』》

occupation

〈C〉『職業』,仕事

〈C〉時間の使い方

〈U〉(…を)『占有すること』,(軍隊が)(…を)占領すること《+『of』+『名』》

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

forefront

最前部,最前線

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

grandfather

『祖父』

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

sorrow

〈U〉『悲しみ』,悲哀,悲嘆(grief)

〈U〉後悔,遺憾(regret)

〈C〉『悲しみ』(『後悔』)『の原因』,不幸の種,心配ごと

(…を)悲しむ,気の毒に思う,残念に思う《+『at』(『for, over』)+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

touched

感動した

《話》ちょっと頭がおかしい

worship

(神人などに対する)『崇拝』《+of+名》

(通例教会での)『礼拝』

(…に対する)尊敬,賛美《+of+名》

《W-》《英》《your, his herなどと共に官職名の前に置いて》閣下

…‘を'『礼拝する』,‘に'祈りをささげる

…‘を'『崇拝する』

…‘を'尊敬する,あがめる

(…で)礼拝[式]に出席する《+at+名》

尊敬(賛美)する

Christian

『キリスト者』(教徒)

《話》りっぱな人

『キリストの』;『キリスト教の』,キリスト教徒の

キリスト(キリスト教)を信じる

キリスト教徒にふさわしい

《話》りっぱな

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

crosse

クロス(ラクロス(lacrosse)競技用のラケット)

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

Bible

《the~》『聖書』

〈C〉《b-》権威ある書籍

〈C〉《しばしばb-》(諸宗数の)聖典

insignia

(官職・階級などを示す)記章,バッジ,勲章

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

pray

(神に…を)『祈る』《『to』+『名』〈神〉+『for』+『名』》

《話》(物事を)心から望む《+『for』+『名』》

〈神〉‘に'『祈願する』,祈る

《『pray』+『that』『節』》…であることを心から望む

《文》…‘を'懇願する,請う

《改まった命令文で》どうか(please);《疑問文で》ねえ,もし

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

guidance

『指導』;『案内』;指揮

(児童・生徒の)指導,ガイダンス

(宇宙船・ミサイルなどの)誘導[装置]

obviously

明らかに,明白に

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

William

ウィリアム1世(William 1;1027‐87;1066年英国を改め英国ノルマン王朝初代の王となった.ウイリアム征服王(William the Conqueror)と呼ばれる)

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

idol

『偶像』,偶像神

『アイドル』,崇拝される人(物)

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

Christianity

キリスト教

《集合的に》キリスト教徒

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

commander

(軍隊の)『指揮官』…司令官;(探検隊などの)隊長

海軍中佐;(小型艦艇の)艦長,(大型艦の)副長

invasion

(敵軍の)侵入,侵略《+『of』+『名』》

(人・物の)殺到;(災害などの)襲来《+『of』+『名』》

(権利などの)侵害《+『of』+『名』》

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

crusade

《通例C-》『十字軍』

(社会の悪習に対する)撲滅(改革)運動《+『against』+『名』》;(良いものに対する)支持闘争《+『for』+『名』》

十字軍(聖戦)に加わる

(…の)改革(撲滅)運動に加わる《+『against』+『名』》

ah

『ああ』(悲しみ・嘆き・驚き・同情・喜び・得意・哀れみ・軽べつなどを表す声)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

means

〈C〉《単数・複数扱い》『方法』,『手段』

《複数扱い》『資力』,『財産』,富

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

invade

〈敵が〉…‘に'『侵入する』

〈人が〉…‘に'『押し寄せる』

〈権利など〉‘を'『侵害する』(violate)

〈病気などが〉…‘を'おかす

subdue

…‘を'『抑制する』

…‘を'『征服する』,‘に'打ち勝つ

<光・色・音など>‘を'『和らげる』,弱める

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

hotel

『ホテル』,旅館

manager

(商迭・会社・興行などの)『支配人』,『経営者』(団体・チームなどの)監督,部長

《形容詞を伴って》(仕事・家事を)やりくりする人,切り回す人

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

Iraqi

〈C〉イラク人

〈U〉イラク語

イラクの,イラク人(語)の

cousin

『いとこ』

『親類』,縁者

(性質などが)よく似たもの,兄弟分

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

boot camp

新兵訓練所

nuts

気違いの;気違いじみた

(…に)夢中の《+『about』(『over』)+『名』》

(失望・不幸・拒否・失敗などを示して)ちぇっ,だめだ,くそっ

Jesus

『イエス』(キリスト)

これは驚いた,ちくしょう

sir

《時にS-》《冠詞なしで》《男性の目上の人・見知らぬ人・店の客・上官・先生・議長などに対する敬った丁寧な呼び掛け語として》『あなた』,だんな,先生,(警官などが男性を呼び止めて)おい,君

《S-》〈U〉サー

《しばしばS-》〈C〉《手紙の書き出しのあいさつに用いて》『拝啓』

grenade

手りゅう弾;擲(てき)弾筒の弾;消火弾

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

maintenance

(…の)維持,持続,保全,保守[管理]《+『of』+『名』》

(…の)維持(持続)された状態《+『of』+『名』》

維持費,生活費

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

frighten

(突然)…‘を'ひどく驚かせる,おびえさせる

ひどく怖がる,おびえる

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

photo

『写真』[photographの短縮形]

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

uprising

暴動,反乱

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

insurgent

暴動(反乱)を起こした

暴徒,謀反(むほん)人,反乱者

《米》党議に従わない人,反党分子

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

rage

〈U〉〈C〉『激怒』,憤激

〈U〉〈C〉《おもに文》(風・波などの)『猛威』,激しさ《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情・欲望などの)激しさ,強烈さ《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)熱望,熱情《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《話》(一時的に)『大流行しているもの』

(…に)『激怒する』,憤激する《+『against』(『about,at,over』)+『名』(do『ing』)》

〈風・波などが〉『荒れ狂う』,猛威をふるう

wring

〈ぬれた物〉'を'『絞る』《+out+名,+名+out》

(…から)〈水分〉'を'『絞り出す』,絞り取る《+from(out of)+名》

(人などから)…'を'無理に(努力して)得る《+名+from(out of)+名〈人など〉》

〈手〉'を'握りしめる,もみ絞る

〈首〉'を'強くねじる(ひねる)

〈心〉'を'深く悲しませる

絞り,ねじり

neck

〈C〉(人間・動物の)『首』;首の骨

〈C〉(衣服の)えり

〈C〉首の形をした物

〈U〉〈C〉(食品としての)(羊などの)頚肉(けいにく)

キスして愛撫(あいぶ)し合う

brutal

『けものの』;けもののような;『残酷な』,野蛮な

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

patriotic

愛国の,愛国心の強い

defender

防御する人,擁護者

選手権保持者

弁護士

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

bent

bendの過去・過去分詞

曲がった

《補語にのみ用いて》(…の)決心をした,(…に)熱中した《+on+名(doing)》

《英俗》不正直な

(…に対する)性癖,性向,好み《+for+名》

hug

《副詞[句]を伴って》(特に愛情を持って)…‘を'『抱き締める』;(両腕・ひざなどで)…‘を'ぎゅっと締めつける

(船・車・人などが)…‘に'接近して進む

〈考えなど〉‘に'固執する(cling to)

(特に愛情の印としての)抱擁

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

lives

lifeの複数形

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

sociological

社会学上の,社会学に関する

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

annoy

《しばしば受動態で》〈物事が〉…'を'『困らせる』,悩ませる,いらいらさせる

lawn

『芝生』[『地』]

mornings

(いつも)朝に,朝はたいてい

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

attend

…‘に'『出席する』,参列する,〈学校など〉‘に'通う

〈人〉‘の'『世話をする』,看護をする,‘に'仕える,付き添う

《文》(結果として)〈物事が〉…‘に'伴う,付随する(accompany)

(…に)『注意する』,気をつける,(…を)傾聴する《+『to』+『名』》

(仕事に)励む,専心する《+『to』+『名』》

(…の)面倒をみる,世話をする《+『to』+『名』》

(…に)出席する,参列する《+『at』+『名』》

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

enlighten

(誤って覚えたことなどについて)〈人〉‘に'よく分かるように教える,‘を'教化する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画