TED日本語 - アミット・スード: Webに作る美術館の美術館

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

世界最高の美術館にある美術作品の数々を自宅にいながら見られるところを想像してみてください。まさにそれを実現するために開発されたGoogle Art Projectについて、アミット・スードが話します。

Script

私はアミットと言います 1年半前 Googleで 別な仕事をしていたときに 美術館とアートに関する アイデアを上司に提案しました 本人があそこにいますが やっても良いと言ってくれました 1年半やってきて 9カ国 17の美術館との交渉には 面白い話もいろいろあるんですが 今日はデモだけお見せすることにします これをやることにした理由は いろいろありますが

私個人の理由は このスライドにあるような アクセスの問題です (「休館日 - 日 月 火 水 木」) 私はインドで育ち 素晴らしい教育を受けられ 不満はありませんが 美術館や美術作品に接する機会は ほとんどありませんでした だから世界を旅行して 美術館に行くようになって 多くのことを学べました そしてGoogleで働きながら 美術館をもっと身近に という願いを技術の力で実現すべく 優れた人たちを集めてチームを作り これに取り組み始めたのです

これからデモをご覧に入れ サイトの開始以来 私たちがやってきた 面白いことをいくつかご紹介します 使い方はすごく簡単です GoogleArtProject.comに行くと ここにある数々の美術館を 見て回ることができます ウフィツィ MoMA エルミタージュ アムステルダム国美 ゴッホ美術館 私の好きな ニューヨークの メトロポリタン美術館を選ぶことにしましょう 入り口が2つあります クリックすると パッ そこは美術館の中です どこにいるかは関係ありません ボンベイたろうとメキシコだろうと どこからでも 楽しむことができます いろんな部屋を覗いてみたいですか? フロアマップを開いて クリックするだけで ひとっ飛び 回廊の向こう端まで行きたいですか? 進むだけです お好きなように探索してください

(拍手)

面白くなるのはまだこれからですよ

(笑)

私の好きな絵の前に来ました ピーテル・ブリューゲルの 『穀物の収穫』です プラスマークがありますが 美術館が画像を提供している場合には クリックして 拡大できます 絵に関する様々な メタデータがあります 美術に興味のある人なら 詳しく見たいと思うでしょうが 今は閉じておきます 画像の撮影には ギガピクセル技術を使っています この画像の場合だと 10ギガピクセルもあります 「10ギガピクセルだと何ができるの?」と みんなに聞かれます 10ギガピクセルがどういうものか お見せしましょう 楽々とズームできます ここでは楽しそうなことになっています この人いいですね 表情がなんとも言えません

もっと詳しく見たくなります それでいろいろ見始めたら ここで何かやっているのに気づきました 「おや 何か面白そうだな」と思い 近づいてみると 子どもたちが 何かにものを 投げつけているようです 調べようと思って 美術館の知り合いに聞いてみたら これは「スクウェール」と 呼ばれる遊びで 告解火曜日に 棒をガチョウに 投げつけるのだそうです 人気のある遊びだったようです なんでそんなことをするのか わかりませんが 少し勉強になりました めいっぱい拡大すると 表面の細かいヒビまで見えます 全体像がわかるように ズームアウトしてみましょう ここにいたわけですが・・・ これが絵の全体です

(拍手)

面白いのはこの先です 今度はMoMAに飛んでみましょう こちらもニューヨークにあります 私のもう1つのお気に入りの 『星月夜』です どれほど細かく見られるか ご覧いただきましたが 筆遣いはどうでしょう? ゴッホはこの傑作をどう描いたのか 見られたら素敵ですよね? どんどんズームしていきます この絵で好きな部分です ヒビ割れまで細かく 見ることができます これが『星月夜』です こんな風にご覧になったことは きっとないでしょう

もう1つだけ好きな機能をお見せします 他にもたくさんあるんですが 時間がありません すごくいかしています コレクションといって 誰であろうと お金持ちだろうと 貧乏人だろうと 豪華な家を持っていようといまいと 関係ありません 自分の美術館をネット上に作れるのです このような画像を集めて 自分のコレクションを作れます 「ズームの力」という コレクションを作ってみました ナショナルギャラリーにある ホルバインの『大使たち』に ぐっとズームして それにコメントを付けて 友達に送ったりできます このような名作を見て どう感じたか 意見を交わすことができるのです

まとめになりますが 重要なのは この素晴らしいものをもたらしたのは Googleではないということです 美術館でもありません そう言うべきではないのかもしれませんけど 本当の価値の源は 画家たちにあります それがこれを通して学んだ ささやかな認識です このデジタルメディアによって 画家たちの作品が正当に扱われ ネット上で適切な表現が 与えられることを願っています 私は最近よく聞かれます 「美術館に行く体験自体を 複製しようとしたのか?」 答えはノーです これは実際の体験を補うものです

以上です ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

My name is Amit. And 18 months ago, I had another job at Google, and I pitched this idea of doing something with museums and art to my boss who's actually here, and she allowed me to do it. And it took 18 months. A lot of fun, negotiations and stories, I can tell you, with 17 very interesting museums from nine countries. But I'm going to focus on the demo. There are a lot of stories about why we did this.

I think my personal story is explained very simply on the slide, and it's access. And I grew up in India. I had a great education -- I'm not complaining -- but I didn't have access to a lot of these museums and these artworks. And so when I started traveling and going to these museums, I started learning a lot. And while working at Google, I tried to put this desire to make it more accessible with technology together. So we formed a team, a great team of people, and we started doing this.

I'm going to probably get into the demo and then tell you a couple of the interesting things we've had since launch. So, simple: you come to GoogleArtProject.com. You look around at all these museums here. You've got the Uffizi, you've got the MoMA, the Hermitage, the Rijks, the Van Gogh. I'm going to actually get to one of my favorites, the Metropolitan Museum of Art in New York. Two ways of going in -- very simple. Click and, bang, you're in this museum. It doesn't matter where you are -- Bombay, Mexico, it doesn't really matter. You move around, you have fun. You want to navigate around the museum? Open the plan up, and, in one click, jump. You're in there, you want to go to the end of the corridor. Keep going. Have fun. Explore.

(Applause)

Thanks. I haven't come to the best part.

(Laughter)

So now I'm in front of one of my favorite paintings, "The Harvesters" by Pieter Bruegel at the Met. I see this plus sign. If the museum has given us the image, you click on it. Now this is one of the images. So this is all of the meta-data information. For those of you who are truly interested in art, you can click this -- but I'm going to click this off right now. And this is one of these images that we captured in what we call gigapixel technology. So this image, for example, has close to, I think, around 10 billion pixels. And I get a lot of people asking me: "What do you get for 10 billion pixels?" So I'm going to try and show you what you really get for 10 billion pixels. You can zoom around very simply. You see some fun stuff happening here. I love this guy; his expression is priceless.

But then you really want to go deep. And so I started playing around, and I found something going on over here. And I was like, "Hold on. That sounds interesting." Went in, and I started noticing that these kids were actually beating something. I did a little research, spoke to a couple of my contacts at the Met, and actually found out that this is a game called squall, which involves beating a goose with a stick on Shrove Tuesday. And apparently it was quite popular. I don't know why they did it, but I learned something about it. Now just to get really deep in, you can really get to the cracks. Now just to give you some perspective, I'm going to zoom out so you really see what you get. Here is where we were, and this is the painting.

(Applause)

The best is yet to come -- so in a second. So now let's just quickly jump into the MoMA, again in New York. So another one of my favorites, "The Starry Night." Now the example I showed you was all about finding details. But what if you want to see brush strokes? And what if you want to see how Van Gogh actually created this masterpiece? You zoom in. You really go in. I'm going to go to one of my favorite parts in this painting, and I'm really going to get to the cracks. This is "The Starry Night," I think, never seen like this before.

I'm going to show you my other favorite feature. There's a lot of other stuff here, but I don't have time. This is the real cool part. It's called Collections. Any one of you, anybody -- doesn't matter if you're rich, if you're poor, if you have a fancy house -- doesn't matter. You can go and create your own museum online -- create your own collection across all these images. Very simply, you go in -- and I've created this, called The Power of Zoom -- you can just zoom around. This is "The Ambassadors," based in the National Gallery. You can annotate the stuff, send it to your friends and really get a conversation going about what you're feeling when you go through these masterpieces.

So I think, in conclusion, for me, the main thing is that all the amazing stuff here does not really come from Google. It doesn't, in my opinion, even come from the museums. I probably shouldn't say that. It really comes from these artists. And that's been my humbling experience in this. I mean, I hope in this digital medium that we do justice to their artwork and represent it properly online. And the biggest question I get asked nowadays is, "Did you do this to replicate the experience of going to a museum?" And the answer is no. It's to supplement the experience.

And that's it. Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

My name is Amit.//

私はアミットと言います

And 18 months ago,/ I had another job/ at Google,/ and I pitched this idea of doing something/ with museums/ and art/ to my boss/ who's actually here,/ and she allowed me/ to do it.//

1年半前 Googleで 別な仕事をしていたときに 美術館とアートに関する アイデアを上司に提案しました 本人があそこにいますが やっても良いと言ってくれました

And it took 18 months.//

1年半やってきて

A lot of fun, negotiations and stories,/ I can tell you,/ with 17 very interesting museums/ from nine countries.//

9カ国 17の美術館との交渉には 面白い話もいろいろあるんですが

But I'm going to focus/ on the demo.//

今日はデモだけお見せすることにします

There are a lot of stories/ about why we did this.//

これをやることにした理由は いろいろありますが

I think/ my personal story is explained very simply/ on the slide,/ and it's access.//

私個人の理由は このスライドにあるような アクセスの問題です (「休館日 - 日 月 火 水 木」)

And I grew up/ in India.//

私はインドで育ち

I had a great education --/ I'm not complaining --/ but I didn't have access/ to a lot of these museums and these artworks.//

素晴らしい教育を受けられ 不満はありませんが 美術館や美術作品に接する機会は ほとんどありませんでした

And so/ when I started traveling and going/ to these museums,/ I started learning/ a lot.//

だから世界を旅行して 美術館に行くようになって 多くのことを学べました

And/ while working at Google,/ I tried to put/ this desire/ to make it more accessible/ with technology together.//

そしてGoogleで働きながら 美術館をもっと身近に という願いを技術の力で実現すべく

So we formed a team,/ a great team of people,/ and we started doing/ this.//

優れた人たちを集めてチームを作り これに取り組み始めたのです

I'm going to probably get into the demo/ and then tell you/ a couple of the interesting things/ we've had since launch.//

これからデモをご覧に入れ サイトの開始以来 私たちがやってきた 面白いことをいくつかご紹介します

So,/ simple:/ you come to GoogleArtProject.com.//

使い方はすごく簡単です GoogleArtProject.comに行くと

You look around/ at all these museums here.//

ここにある数々の美術館を 見て回ることができます

You've got the Uffizi,/ you've got the MoMA,/ the Hermitage,/ the Rijks,/ the Van Gogh.//

ウフィツィ MoMA エルミタージュ アムステルダム国美 ゴッホ美術館

I'm going to actually get to one of my favorites,/ the Metropolitan Museum of Art/ in New York.//

私の好きな ニューヨークの メトロポリタン美術館を選ぶことにしましょう

Two ways of going in --/ very simple.//

入り口が2つあります

Click and,/ bang,/ you're in this museum.//

クリックすると パッ そこは美術館の中です

It doesn't matter/ where you are --/ Bombay,/ Mexico,/ it doesn't really matter.//

どこにいるかは関係ありません ボンベイたろうとメキシコだろうと

You move around,/ you have fun.//

どこからでも 楽しむことができます

You want to navigate/ around the museum?//

いろんな部屋を覗いてみたいですか?

Open the plan up,/ and,/ in one click,/ jump.//

フロアマップを開いて クリックするだけで ひとっ飛び

You're in there,/ you want to go/ to the end of the corridor.//

回廊の向こう端まで行きたいですか?

Keep going.// Have fun.//

進むだけです

お好きなように探索してください

(拍手)

Thanks.// I haven't come to the best part.//

面白くなるのはまだこれからですよ

(笑)

So now/ I'm in front of one of my favorite paintings,/ "The Harvesters"/ by Pieter Bruegel/ at the Met.//

私の好きな絵の前に来ました ピーテル・ブリューゲルの 『穀物の収穫』です

I see this plus sign.//

プラスマークがありますが

If the museum has given us/ the image,/ you click on it.//

美術館が画像を提供している場合には

Now/ this is one of the images.//

クリックして 拡大できます

So this is all of the meta-data information.//

絵に関する様々な メタデータがあります

For those of you/ who are truly interested/ in art,/ you can click this --/ but I'm going to click/ this off right now.//

美術に興味のある人なら 詳しく見たいと思うでしょうが 今は閉じておきます

And this is one of these images/ that we captured in what we call gigapixel technology.//

画像の撮影には ギガピクセル技術を使っています

So this image,/ for example,/ has close/ to,/ I think,/ around 10 billion pixels.//

この画像の場合だと 10ギガピクセルもあります

And I get a lot of people/ asking me:/ "What do you get for 10 billion pixels?"//

「10ギガピクセルだと何ができるの?」と みんなに聞かれます

So I'm going to try and show you/ what you really get for 10 billion pixels.//

10ギガピクセルがどういうものか お見せしましょう

You can zoom around very simply.//

楽々とズームできます

You see some fun stuff/ happening here.//

ここでは楽しそうなことになっています

I love this guy;/ his expression is priceless.//

この人いいですね 表情がなんとも言えません

But then/ you really want to go deep.//

もっと詳しく見たくなります

And so/ I started playing/ around,/ and I found something/ going on over here.//

それでいろいろ見始めたら ここで何かやっているのに気づきました

And I was like,/ "Hold on.// That sounds interesting."//

「おや 何か面白そうだな」と思い

Went in,/ and I started noticing/ that these kids were actually beating something.//

近づいてみると 子どもたちが 何かにものを 投げつけているようです

I did a little research,/ spoke to a couple of my contacts/ at the Met,/ and actually found out/ that this is a game called squall,/ which involves beating/ a goose/ with a stick/ on Shrove Tuesday.//

調べようと思って 美術館の知り合いに聞いてみたら これは「スクウェール」と 呼ばれる遊びで 告解火曜日に 棒をガチョウに 投げつけるのだそうです

And apparently/ it was quite popular.//

人気のある遊びだったようです

I don't know/ why they did it,/ but I learned something/ about it.//

なんでそんなことをするのか わかりませんが 少し勉強になりました

Now just to get really deep in,/ you can really get to the cracks.//

めいっぱい拡大すると 表面の細かいヒビまで見えます

Now just to give you/ some perspective,/ I'm going to zoom out/ so you really see/ what you get.//

全体像がわかるように ズームアウトしてみましょう

Here is/ where we were,/ and this is the painting.//

ここにいたわけですが・・・ これが絵の全体です

(拍手)

The best is yet to come --/ so/ in a second.//

面白いのはこの先です

So now let's just quickly jump into the MoMA,/ again/ in New York.//

今度はMoMAに飛んでみましょう こちらもニューヨークにあります

So/ another one of my favorites,/ "The Starry Night."//

私のもう1つのお気に入りの 『星月夜』です

Now/ the example/ I showed/ you was all/ about finding details.//

どれほど細かく見られるか ご覧いただきましたが

But what if you want to see/ brush strokes?//

筆遣いはどうでしょう?

And what if you want to see/ how Van Gogh actually created this masterpiece?//

ゴッホはこの傑作をどう描いたのか 見られたら素敵ですよね?

You zoom in.// You really go in.//

どんどんズームしていきます

I'm going to go/ to one of my favorite parts/ in this painting,/ and I'm really going to get/ to the cracks.//

この絵で好きな部分です ヒビ割れまで細かく 見ることができます

This is "The Starry Night,/"/ I think,/ never seen like this before.//

これが『星月夜』です こんな風にご覧になったことは きっとないでしょう

I'm going to show/ you/ my other favorite feature.//

もう1つだけ好きな機能をお見せします

There's a lot of other stuff here,/ but I don't have time.//

他にもたくさんあるんですが 時間がありません

This is the real cool part.// It's called Collections.//

すごくいかしています コレクションといって

Any/ one of you,/ anybody --/ doesn't matter/ if you're rich,/ if you're poor,/ if you have a fancy house --/ doesn't matter.//

誰であろうと お金持ちだろうと 貧乏人だろうと 豪華な家を持っていようといまいと 関係ありません

You can go and create your own museum online --/ create your own collection/ across all these images.//

自分の美術館をネット上に作れるのです このような画像を集めて 自分のコレクションを作れます

Very simply,/ you go in --/ and I've created this,/ called The Power of Zoom --/ you can just zoom around.//

「ズームの力」という コレクションを作ってみました ナショナルギャラリーにある

This is "The Ambassadors,/"/ based in the National Gallery.//

ホルバインの『大使たち』に ぐっとズームして

You can annotate the stuff,/ send it/ to your friends/ and really get a conversation/ going about what you're feeling/ when you go through these masterpieces.//

それにコメントを付けて 友達に送ったりできます このような名作を見て どう感じたか 意見を交わすことができるのです

So I think,/ in conclusion,/ for me,/ the main thing is/ that all the amazing stuff here does not really come from Google.//

まとめになりますが 重要なのは この素晴らしいものをもたらしたのは Googleではないということです

It doesn't,/ in my opinion,/ even come from the museums.//

美術館でもありません

I probably shouldn't say that.//

そう言うべきではないのかもしれませんけど

It really comes from these artists.//

本当の価値の源は 画家たちにあります

And that's been my humbling experience/ in this.//

それがこれを通して学んだ ささやかな認識です

I mean,/ I hope in this digital medium/ that we do justice/ to their artwork/ and represent it properly online.//

このデジタルメディアによって 画家たちの作品が正当に扱われ ネット上で適切な表現が 与えられることを願っています

And the biggest question/ I get asked/ nowadays is,/ "Did you do this to replicate the experience of going to a museum?"//

私は最近よく聞かれます 「美術館に行く体験自体を 複製しようとしたのか?」

And the answer is no.//

答えはノーです

It's to supplement/ the experience.//

これは実際の体験を補うものです

And that's it.// Thank you.//

以上です ありがとうございました

(拍手)

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

museum

『博物館』;美術館

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

negotiation

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》(物事についての人との)『取り決め』,『交渉』,話し合い《+『with』(『between』)+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

〈U〉(手形などの)換金,譲渡

〈U〉《話》(障害・因難などの)克服

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

complain

(人に…について)『不平を言う』,泣きごとを言う,訴える

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

probably

『たぶん』,『おそらく』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

hermitage

隠者の住み家,いおり

人里離れた一軒家

Van Gogh

バン・ゴッホ(Vincent Van Gogh;1853‐90;オランダの画家)

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

metropolitan

首都の,首都に似た,首都に属する

大都市とその周辺地域より成る(を講成する)

首都の住民,大都市の人

《しばしばM-》(東方教会の)府主教;(カトリック教会の)首都大司教;(英国国教会の)大主教

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

Bombay

ボンベイ(インド最大の商工業中心地)

Mexico

メキシコ合衆国

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

corridor

(片側また両側に部屋が並んでいる)『廊下』

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

applause

『拍手かっさい』;称賛

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

laughter

『笑い』,笑い声

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

harvester

収穫する人,刈り取りをする人

刈り取り機

met

meetの過去・過去分詞

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

priceless

(値ぶみできないくらい)非常に貴重な

《話》すごくおもしろい;ばかげた

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

squall

〈特に赤ん坊や子供が〉

泣きわめく声

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

goose

〈C〉『ガチョウ』;ガチョウの雌

〈U〉ガチョウの肉

〈C〉まぬけ,ばか[な女]

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

Shrove Tuesday

ざんげの火曜日(灰の水曜日(Ash Wednesday)の前日)

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

starry

星の多い,星あかりの

ぴかぴか光る,星のように光る

星形の

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

brush

『ブラシ』,『はけ』,毛筆,画筆

ブラシをかけること;絵筆を使うこと,画法

ブラシに似た物;キツネのしっぽなど

小ぜり合い,いざこざ

(…が)さっとかすること《+『of』+『名』》

(モーターの)ブラシ,刷子

…‘に'『ブラシをかける』,'を'ブラシでこする(みがく,払う)

(ブラシをかけるようにして,手で)…'を'払いのける

(通りすがりに)…'を'さっとかする

(…を)かすめて通る,かする《+『past』(『by』,『against』)+『名』》

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

masterpiece

『傑作』,名作

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

ambassador

『大使』

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

annotate

〈本など〉‘に'注釈する,注をつける

(…について)注釈する《+『on』+『名』》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

properly

『適切に』,妥当に

基準にかなって,正式に

厳密に,正確に

《英話》完全に,ひどく

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

supplement

『補足』,追加

『増補』,補遺,(雑誌などの)付録

(…で)…‘を'補う《+名+with(by)+名(doing)》;…に増補(補遺,付録)をつける

関連動画