TED日本語一覧 (61)

ルイズ・フレスコ: 世界中に食料を与える事について語る
18:01
2009/05/08
ルイズ・フレスコはなぜ大量生産されたスーパーマーケット式の白パンを褒め称えるべきなのか説明します。環境保護の観点で健全な大量生産をすれば、世界に食料を与え、その一方で、小さなパン屋や伝統的な生産方法の役割も残す事ができると言います。
トム・シャノン: 重力抵抗彫刻
11:56
2009/05/06
トム・シャノンが重力に抵抗した異空間に存在するような彫刻を次々と紹介していく。彫刻はどれもシンプルな素材を使っている。中にはマグネットやワイヤーを使い、惑星のように空中浮揚し空中をを回るものもある。科学を使い芸術品を作り出すのはまさに神々しい。
ショーン・ゴーリー: 戦争の数理学
07:20
2009/05/04
あらゆるニュースから集めたデータをもとに、ショーン・ゴーリーのチームが照らし出すのは、現代の戦争が持つ驚愕の構造である。 もしかするとそれは、戦争を解きほぐす鍵かもしれない。
ブライアン・コックス: LHCの失敗の原因について
03:30
2009/05/01
TED U 2009で行われたショート・スピーチにおいて、ブライアン・コックスはCERNの超衝突型加速器の最新情報を伝えている。現在行われている修理作業、今までに行われた中で最大規模の科学実験によってなにがもたらされるのかを語る。
サラ・ジョーンズ: グローバル・ビレッジの1人の女性として
21:01
2009/04/29
サラ・ジョーンズは、意固地な年配のユダヤ人女性、早口のドミニカ人の大学生などを陽気で生き生きと演じます。彼女が持つ幅広いキャラクターのほんの一例をTED2009で紹介します。
マイケル・メルゼニッチ: 脳の再構築
23:08
2009/04/28
神経科学者であるマイケル・メルゼニッチが脳の可塑性という驚くべき能力の秘密を紹介します。メルゼニッチは私たちの技能の向上や、損失した機能を取り戻すために、脳の可塑性を活用する方法を研究しています。
アレックス・タバロック: アイデアはいかにして危機を乗り越えるか
14:34
2009/04/27
経済学者であるアレックス・タバロックが、自由貿易とグローバル化により、分断された世界は誰も予想し得なかった「アイデアを共有する、より健康で幸福、豊かなコミュニティー」に形作られると語ります。楽観的なトークにより「陰気な科学」が光を放ちます。
ベン・カチョア: 過ぎ去りしニューヨークを描いたコミック
13:14
2009/04/23
このTed archiveのスピーチでは、漫画家ベン・カチョア氏が自身のコミックストリップを読み上げます。電気スイッチや看板といった物につまった、今昔ニューヨークの核心をつく希望や奇抜さを鋭くシュールに描写しているお話ばかりです。
ネイト・シルバー: 人種は投票に影響を及ぼすか?
10:20
2009/04/22
ネイト・シルバーが政治における人種についての物議をかもす疑問に答えます。果たしてオバマの人種は一部の地域で彼の得票数を削ぐことになったのか? 統計と俗説のぶつかり合うこの魅惑的な講演は、街づくりがいかに寛容さを促進させうるかという驚くべき洞察で締めくくられます。
エリック・ハースマン: テキストメッセージによる危機の報告
03:57
2009/04/21
TEDU 2009で、エリック・ハースマンがグーグル・マップのマッシュアップ「ウシヒディ」について語ります。ウシヒディは、2008年の選挙後の暴力についてケニヤ人が報告・追跡するのを可能にし、その後も他の国々で命を救うために開発が続けられています。
ニールズ・ディフリエント: 座り方の再発明
17:21
2009/04/20
デザインの巨匠ニールズ・ディフリエントが彼の半生とインダストリアル・デザインについて話します。(そしてなぜジェット飛行機のパイロットにならずデザイナーになったか)  人体という所与の条件からどのように椅子を再発明したか、その探求のプロセスについて詳しく説明します。
マーガレット・ワーザイム: 珊瑚と かぎ針編みに見る美しき数学の世界
16:38
2009/04/19
マーガレット・ワーザイムは、数学者が発明したかぎ針編みの手法を用いて、珊瑚礁を再現するプロジェクトを進めています。珊瑚礁の驚くべき側面を紹介し、珊瑚をつくり出す中で見られる双曲幾何学の世界へと案内します。
マシュー・チャイルド: ロッククライミングから学んだ9つのこと
04:49
2009/04/17
このトークはTED University 2009でベテランロッククライマーのマッシュー・チャイルズがロッククライミングがうまくなる9つのポイントについて話します。これらのポイントは海抜ゼロメートルでも役に立ちます。
ティム・フェリス: 恐怖に打ち勝って何でも学ぼう
16:26
2009/04/16
生産性のカリスマ"、ティム・フェリスの楽しくて勇気を与えてくれるエピソードは、「これをやったら最悪どうなるか?」というシンプルな問いこそが、何事も習得する秘訣だと教えてくれる。
ジョアン・クチェラ‐モーリン: アロスフィアの旅
07:12
2009/04/15
ジョアン・クチェラ‐モーリンが、科学的なデータを見て、解釈するための全く新しい方法を紹介します。フルカラーとサラウンドサウンドを使用した、巨大な金属球内部にある「アロスフィア」です。脳内に飛び込み、電子スピンを感じ、分子の音楽に耳を傾けてみてください…
グレゴリー・ストック: 進化こそが人類
17:51
2009/04/14
バイオテクノロジー倫理学者、グレゴリー・ストックによる予言めいたこの講演は2003年、クローン羊のドリーが剥製にされたほんの数日前のことでした。赤ん坊のカスタマイズなど、取り入れられたら人類の進化を加速するであろう新しく、問題視されている未来のテクノロジーについてお話しします。
シャイ・アガシの電気自動車に対する大胆な計画
19:09
2009/04/13
「ハイブリッド自動車の事は忘れてください -- 排ガスを抑制したいなら電気自動車以外にありません」とシャイ・アガシは言います。彼の会社『Better Place』は、2020年までに全ての国を石油非依存にする先鋭的な計画を掲げます。
レニー・グレッソン: 携帯電話との付き合い方について話します
03:46
2009/04/10
この3分の面白い(実際に痛恨の)話ではソーシャル・ストラテジストであるレニー・グレッソンは我々の社会的な世界について話しています.その世界では私たちの今の現実は、あとでインターネットでアップする話ほど面白くはないというのです。
ボニー・バスラー: 細菌はどうやってコミュニケーションするのか
19:00
2009/04/08
ボニー・バスラーは、細菌が化学物質の言葉を用いてお互いにお喋りし、防御と攻撃発動をコーディネイトしていることを発見しました。この発見は医療や産業、そして我々自身への理解に関する驚くべき影響を及ぼします。
ブルース・ブエノ・デ・メスキータ: イランの未来を予測する
20:09
2009/04/07
ブルース・ブエノ・デ・メスキータが、数学的分析手法を用い、戦争、政治勢力の交代、インティファーダ等の人類における複雑な現象を(多くの場合正しく)予想する。簡潔に彼の手法を説明した後で、彼はイランの未来について3つの予想を立てる。
ナサニエル・カーン: ドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」を語る
10:28
2009/04/06
ナサニエル・カーンがドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」からの映像を紹介します。このドキュメンタリー映画は父であるルイス・カーンを理解するための探求の旅です。芸術と愛の関わりを理解したい人すべてに向けられた映画です。
P・W・シンガー: ロボットと戦争の未来
16:06
2009/04/03
戦争でロボットが広範囲に使用されることにより、実際の戦闘がどのように変わっているのかを、 P・W・シンガーが語ります。S.F.にあるようなシナリオが、今ではもう現実になろうとしています。
クリストファー・ディーム: エアストリームのリスタイル
06:21
2009/04/02
2002年のこの画像満載でお送りする、低音ヴォイスの講演では、アメリカの旅行用トレーラーの老舗エアーストリームの再建についてデザイナーのクリストファー・C・ディームが語ります。
ウェリ・ゲーゲンシャッツ: スーパーウィングスーツジャンピング
13:17
2009/04/01
ウィングスーツジャンピングは最先端のエクストリームスポーツです?信じられないくらいの大胆さやわくわくする妙技で、峡谷の間を時速160km以上で滑空します。ウェリ・ゲーゲンシャッツが、どうやって(なぜ)それをやるのか、驚くべき映像で示します。
ジャチェック・ウツコ: デザインは新聞を救えるか?
06:05
2009/03/31
ジャチェック・ウツコは、東ヨーロッパの新聞をリデザインすることで数多くの賞を受賞するだけでなく、購読数を100%まで回復させたポーランドの新聞デザイナーです。良いデザインは新聞を救うことができるのでしょうか?できるのかもしれません。
ジャクリン・ノヴォグラッツ: 貧困からの避難
07:30
2009/03/24
ジャクリン・ノヴォクラッツがナイロビのスラム街で出会ったジェーンという女性との感動的なストーリーを語ります。ジェーンは元売春婦で、彼女の夢は貧困から避難し、医者になり、幸せな結婚をすることでしたが、予想しないかたちで夢が実現します。
ソール・グリフィス: 未来の再生可能エネルギーとしての凧
05:22
2009/03/22
ソール・グリフィスが、彼の新しい会社Makani Powerの仕事について明らかにします。それは、巨大な凧を用いて驚くほど大量の、クリーンで再生可能なエネルギーを作り出すことです。
カマール・メトル: 自分でできるおいしい空気の作り方
14:21
2009/03/21
研究者、カマール・メトルは家庭やオフィスでよく見かける3つの観葉植物を用いることで、よりきれいな空気を取り入れることができると述べています。
アダム・サヴェッジ: 飽くなき探求
15:38
2009/03/19
アダム・サヴェッジが、ドードー鳥に対する情熱について語り始めます。その話は次々に思いがけない展開を見せ、おかしな方向へ進んでいきます。それは、新しい何かを作り出そうとする心が引き起こすエンターテイメント・アドベンチャーそのものと言えるでしょう。
ダン・アリエリー: 私たちのモラルに潜む落とし穴
16:51
2009/03/18
何故、ずるいことをしたり、(時として)盗みを働いても平気だという考え方が生まれてくるのか、行動経済学者のダン・アリエリーがその隠された真実を探ります。ユニークで愉快な実験を通して、彼は人が「予想通りに不合理」で無意識のうちに自分たちの判断を左右されているのだと指摘します。