TED日本語一覧 (59)

ミッシェル・オバマ: 教育への願い
13:21
2009/05/25
ロンドンの女子校での講演で、ミッシェル・オバマは真剣に教育を受けるよう情熱的に、個人的な経験をもとに訴えかけます。「現状の世界と理想の世界のギャップを埋めるのは、皆さんのような新しい 賢明な世代なのです」と。
ホアキム・デ・ポサダ: マシュマロはまだ食べちゃダメ!
07:15
2009/05/24
TED Uでのこの短い講演で、ホアキム・デ・ポサダが、楽しみを後に取っておくことに関する画期的な実験について、そしてその実験がどのように将来の成功を予見できるものかについて紹介します。子どもたちがマシュマロを食べないよう必死になっている、爆笑ビデオ付です。
イヴ・べアール: スーパー電気バイクのデザイン
03:53
2009/05/22
イヴ・べアールとフォレスト・ノースは、パワフルな流線型の電動バイクMisson Oneを発表する。彼らは昔の(しかし、互いに共通点のある)少年時代のスライドを紹介し、いかに友好関係が共同作業を促進し、夢を共有したかについて伝える。
カロリン・ポロコ:土星の衛星は生命を抱くのか?
04:41
2009/05/21
カッシーニ探査機が土星の衛星の一つ、エンケラドスを通過した際にもたらされた驚くべき新発見について、カロリン・ポロコ氏が語る。衛星にある氷の間欠泉から採集されたサンプルは、地下にある海が生命を抱いている可能性があることを示している。
メアリー・ローチ: あなたの知らないオーガズムに関する10の事実
17:12
2009/05/20
「セックスと科学のイケない関係」の著者、メアリー・ローチが我々の知らない、数世紀にわたる科学的研究の歴史を徹底的に調べ上げ、オーガズムについての一風変わったものから笑いを誘うものまで10の事実を紹介します。
ダン・アリエリー: 我々は本当に自分で決めているのか?
17:27
2009/05/19
「予想通りに不合理」の著者である、行動経済学者ダン・アリエリーは昔ながらの視覚的錯覚や彼独自の思いもよらぬ(時にショッキングな)研究結果を用い、人が何かを決断する際、自分で思っているほど合理的ではないことを証明します。
レイ・アンダーソン: 地球に優しい商業倫理
16:40
2009/05/18
自身の経営する会社で、レイ・アンダーソンは売上を伸ばし、利益を倍増させました。伝統的に産業界の念頭にあった「取る、作る、捨てる」というシステムに革命を起こしました。丁寧にわかりやすく、その地球に優しい商売の魅力あふれる展望を紹介します。
ナチュラリー7: 7人のビートボックス
03:57
2009/05/15
独自のスタイルを持ったR&Bグループのナチュラリー7が、ビートボックスでオーケストラ並みの楽器のグルーヴをパフォーマンスします。曲は"Fly Baby"です。
ハンス・ロスリング: HIV考察 - 新たな事実と驚愕のビジュアルデータ
09:57
2009/05/13
世界で最も致命的であり、且つ最も誤解されている病気、それがHIVです。ハンス・ロスリングがその複雑なリスク要因を解き明かす新たなビジュアルデータを披露します。感染を終わらせる鍵は、薬による治療ではなく、伝染の予防にあると主張しています。
セス・ゴーディン:我々がリードする部族
17:24
2009/05/11
セス・ゴーディンはインターネットがマスマーケティングに終止符を打ち、遠い過去から存在する人間の集団「部族」を再生させたという。共通のアイデアと価値に基づき、部族は普通の人たちが大きな変化をリードし実現させる力を与えるという。彼は私たちにそうしろ、と元気づけます。
アル・ゴア: 元副大統領が気候の傾向を警告
07:45
2009/05/09
TED2009で アル・ゴア元副大統領が世界中からの最近のスライドを見せ、気候の変化は科学者達の予測よりも恐ろしい傾向に進んでいる事を示し、"環境に優しい石炭” に対する彼の意見を明らかにする
ルイズ・フレスコ: 世界中に食料を与える事について語る
18:01
2009/05/08
ルイズ・フレスコはなぜ大量生産されたスーパーマーケット式の白パンを褒め称えるべきなのか説明します。環境保護の観点で健全な大量生産をすれば、世界に食料を与え、その一方で、小さなパン屋や伝統的な生産方法の役割も残す事ができると言います。
トム・シャノン: 重力抵抗彫刻
11:56
2009/05/06
トム・シャノンが重力に抵抗した異空間に存在するような彫刻を次々と紹介していく。彫刻はどれもシンプルな素材を使っている。中にはマグネットやワイヤーを使い、惑星のように空中浮揚し空中をを回るものもある。科学を使い芸術品を作り出すのはまさに神々しい。
ショーン・ゴーリー: 戦争の数理学
07:20
2009/05/04
あらゆるニュースから集めたデータをもとに、ショーン・ゴーリーのチームが照らし出すのは、現代の戦争が持つ驚愕の構造である。 もしかするとそれは、戦争を解きほぐす鍵かもしれない。
ブライアン・コックス: LHCの失敗の原因について
03:30
2009/05/01
TED U 2009で行われたショート・スピーチにおいて、ブライアン・コックスはCERNの超衝突型加速器の最新情報を伝えている。現在行われている修理作業、今までに行われた中で最大規模の科学実験によってなにがもたらされるのかを語る。
サラ・ジョーンズ: グローバル・ビレッジの1人の女性として
21:01
2009/04/29
サラ・ジョーンズは、意固地な年配のユダヤ人女性、早口のドミニカ人の大学生などを陽気で生き生きと演じます。彼女が持つ幅広いキャラクターのほんの一例をTED2009で紹介します。
マイケル・メルゼニッチ: 脳の再構築
23:08
2009/04/28
神経科学者であるマイケル・メルゼニッチが脳の可塑性という驚くべき能力の秘密を紹介します。メルゼニッチは私たちの技能の向上や、損失した機能を取り戻すために、脳の可塑性を活用する方法を研究しています。
アレックス・タバロック: アイデアはいかにして危機を乗り越えるか
14:34
2009/04/27
経済学者であるアレックス・タバロックが、自由貿易とグローバル化により、分断された世界は誰も予想し得なかった「アイデアを共有する、より健康で幸福、豊かなコミュニティー」に形作られると語ります。楽観的なトークにより「陰気な科学」が光を放ちます。
ベン・カチョア: 過ぎ去りしニューヨークを描いたコミック
13:14
2009/04/23
このTed archiveのスピーチでは、漫画家ベン・カチョア氏が自身のコミックストリップを読み上げます。電気スイッチや看板といった物につまった、今昔ニューヨークの核心をつく希望や奇抜さを鋭くシュールに描写しているお話ばかりです。
ネイト・シルバー: 人種は投票に影響を及ぼすか?
10:20
2009/04/22
ネイト・シルバーが政治における人種についての物議をかもす疑問に答えます。果たしてオバマの人種は一部の地域で彼の得票数を削ぐことになったのか? 統計と俗説のぶつかり合うこの魅惑的な講演は、街づくりがいかに寛容さを促進させうるかという驚くべき洞察で締めくくられます。
エリック・ハースマン: テキストメッセージによる危機の報告
03:57
2009/04/21
TEDU 2009で、エリック・ハースマンがグーグル・マップのマッシュアップ「ウシヒディ」について語ります。ウシヒディは、2008年の選挙後の暴力についてケニヤ人が報告・追跡するのを可能にし、その後も他の国々で命を救うために開発が続けられています。
ニールズ・ディフリエント: 座り方の再発明
17:21
2009/04/20
デザインの巨匠ニールズ・ディフリエントが彼の半生とインダストリアル・デザインについて話します。(そしてなぜジェット飛行機のパイロットにならずデザイナーになったか)  人体という所与の条件からどのように椅子を再発明したか、その探求のプロセスについて詳しく説明します。
マーガレット・ワーザイム: 珊瑚と かぎ針編みに見る美しき数学の世界
16:38
2009/04/19
マーガレット・ワーザイムは、数学者が発明したかぎ針編みの手法を用いて、珊瑚礁を再現するプロジェクトを進めています。珊瑚礁の驚くべき側面を紹介し、珊瑚をつくり出す中で見られる双曲幾何学の世界へと案内します。
マシュー・チャイルド: ロッククライミングから学んだ9つのこと
04:49
2009/04/17
このトークはTED University 2009でベテランロッククライマーのマッシュー・チャイルズがロッククライミングがうまくなる9つのポイントについて話します。これらのポイントは海抜ゼロメートルでも役に立ちます。
ティム・フェリス: 恐怖に打ち勝って何でも学ぼう
16:26
2009/04/16
生産性のカリスマ"、ティム・フェリスの楽しくて勇気を与えてくれるエピソードは、「これをやったら最悪どうなるか?」というシンプルな問いこそが、何事も習得する秘訣だと教えてくれる。
ジョアン・クチェラ‐モーリン: アロスフィアの旅
07:12
2009/04/15
ジョアン・クチェラ‐モーリンが、科学的なデータを見て、解釈するための全く新しい方法を紹介します。フルカラーとサラウンドサウンドを使用した、巨大な金属球内部にある「アロスフィア」です。脳内に飛び込み、電子スピンを感じ、分子の音楽に耳を傾けてみてください…
グレゴリー・ストック: 進化こそが人類
17:51
2009/04/14
バイオテクノロジー倫理学者、グレゴリー・ストックによる予言めいたこの講演は2003年、クローン羊のドリーが剥製にされたほんの数日前のことでした。赤ん坊のカスタマイズなど、取り入れられたら人類の進化を加速するであろう新しく、問題視されている未来のテクノロジーについてお話しします。
シャイ・アガシの電気自動車に対する大胆な計画
19:09
2009/04/13
「ハイブリッド自動車の事は忘れてください -- 排ガスを抑制したいなら電気自動車以外にありません」とシャイ・アガシは言います。彼の会社『Better Place』は、2020年までに全ての国を石油非依存にする先鋭的な計画を掲げます。
レニー・グレッソン: 携帯電話との付き合い方について話します
03:46
2009/04/10
この3分の面白い(実際に痛恨の)話ではソーシャル・ストラテジストであるレニー・グレッソンは我々の社会的な世界について話しています.その世界では私たちの今の現実は、あとでインターネットでアップする話ほど面白くはないというのです。
ボニー・バスラー: 細菌はどうやってコミュニケーションするのか
19:00
2009/04/08
ボニー・バスラーは、細菌が化学物質の言葉を用いてお互いにお喋りし、防御と攻撃発動をコーディネイトしていることを発見しました。この発見は医療や産業、そして我々自身への理解に関する驚くべき影響を及ぼします。